日本100名城訪問記 その47(明石城 2017/07/10)

日本100名城、47番目の訪問は明石城である。


明石城江戸時代に入った1618年に小笠原忠真によって築城された。

この小笠原忠真は松本城→明石城→小倉城と、あちこちの城主を任された
人物である。

小笠原氏について調べてみたら、清和源氏の流れを組む由緒正しい家柄で、
阿波、石見、京都、信濃といった諸国に分家がある。

小笠原忠真は信濃小笠原氏のさらに分家の府中小笠原氏であるが、戦国時
代に早々に武田信玄に駆逐されたイメージしかないが、流浪しながらも、
最終的に徳川家に仕え、戦功をたて、城持ち大名になったというのは、
なかなかすごいことだと思う。


明石城はアクセスが非常に良く、JR明石駅の目の前にある。
20170710-39.jpg

JR明石駅の前の横断歩道を渡る。
20170710-40.jpg

すぐに外堀がある。
20170710-68.jpg

明石公園がまさに明石城址で、入ったところに公園事務所がある。
20170710-64.jpg

労せず、100名城スタンプゲット。
20170710-65.jpg

あとは適当に城跡を散策。
20170710-66.jpg

石垣と階段。
20170710-43.jpg


20170710-44.jpg

城壁
20170710-45.jpg

天守台。
20170710-46.jpg

天守跡。
20170710-47.jpg

天守あとから見た明石の街。
20170710-69.jpg


これで、兵庫県で分断されていた中国地方と近畿地方以東の地図が
繋がったのと、近畿のすべての100名城に訪問したこととなった。
20170710-70.jpg

明石城
別名喜春城、錦江城
城郭構造連郭梯郭混合式平山城
天守構造なし(天守台はあり)
築城主小笠原忠真
築城年1618年(元和4年)
主な改修者松平直常
主な城主松平氏(越前系)
廃城年1874年(明治7年)
遺構櫓、石垣、堀、移築門
指定文化財
国の重要文化財(巽櫓・坤櫓)、国の史跡
再建造物
位置兵庫県明石市(北緯34度39分10.07秒 東経134度59分30.47秒)
交通手段JR山陽本線「明石」駅・山陽電鉄本線「山陽明石」駅から徒歩5分
スタンプ明石公園サービスセンター受付窓口



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年08月19日 04:19 ] 兵庫県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その46(篠山城 2017/07/10)

日本100名城、46番目の訪問は篠山城である。

幼少時代、大阪に住んでいた私にとって、丹波篠山といったら、すごい遠く
の山奥という印象しかない。

そんな丹波篠山の山奥に来ることができたのも、100名城スタンプと巡り合った
おかげだろう。

この篠山城は、江戸時代に入ってから徳川家康により築城された。

こんな山奥に、何で征夷大将軍が築城したのかと、一瞬疑問に思ったが、
まだ豊臣氏が健在な頃なので、豊臣氏や西国大名に睨みを利かせる意味で
建てられたということを知ってなるほどと思った。

最寄り駅はJR福知山線 篠山口駅。
20170710-25.jpg

駅から神姫グリーンバスに乗る。
20170710-57.jpg

バスで約50分
20170710-26.jpg

二階町バス停で降りる。
20170710-59.jpg

歩いて5分で篠山城址がある。
20170710-27.jpg

門をくぐる。
20170710-28.jpg

訪れたのが月曜日なので、閉館していた。
20170710-29.jpg

閉館はしていたが、100名城スタンプを押すことはできた。
20170710-60.jpg

大書院の端。
20170710-30.jpg

二の丸御殿跡。
20170710-31.jpg

二の丸御殿跡からみた大書院。
20170710-32.jpg

天守台。
20170710-61.jpg

天守台は作られたが城郭が堅固すぎるため天守閣は作らられなかったという。
20170710-62.jpg

天守台から、波多野氏の城である八上城のあった高城山が見える。
20170710-63.jpg


八上城は波多野氏攻めをしていた明智光秀の母親が磔になった場所
であり、織田信長の因縁の場所の一つなので、戦国フリークとしては
そちらにも行きたかったが、時間の関係上行けなかった。

竹田城
別名桐ヶ城
城郭構造輪郭式平山城
天守構造なし(天守台はあり)
築城主徳川家康
築城年1609年(慶長14年)
主な改修者
主な城主形原松平家、青山氏
廃城年1871年(明治4年)
遺構石垣、堀
指定文化財
国の史跡
再建造物御殿
位置兵庫県篠山市(北緯35度4分22.16秒 東経135度13分5.71秒)
交通手段JR福知山線「篠山口」神姫グリーンバス20分「二階町」下車徒歩5分
スタンプJR竹田駅、山城の郷、竹田城観覧料収受所、情報館天空の城



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年08月18日 04:47 ] 兵庫県 | TB(-) | CM(0)

娘とのメール

毎年、夏休みには嫁と子どもたちが嫁の実家に帰る。

嫁が首都高を経由して、千葉の実家まで運転するのだが、嫁にはいつも
家についたらメールをするように、と言っている。

今回から、この役割を小2の長女にやらせることにした。

長女にはキッズ携帯を持たせているが、メール機能を最近使えるように
なった。

ただ、まだ、メールの質問に対して答えるという感じで、タイミングとかは
心得ていないようである。

嫁たちが家を出てから、ちょうど実家につく頃合いに、私が

「ついた?」

とメールすると、普通ならすぐに「まだ」とか返すのだが、30分ぐらい経っ
て本当に家についてから「ついた」とメールが来るのである。

メールは手に持っており、返そうと思えばすぐに返せるのにである。

まあ、最初のうちはこんな感じかも知れないが、そのうち、慣れてくるだろう。

いや、単に眠っていて、家についてメールを見て気づいただけなのかもしれ
ない。嫁の実家から帰ってきたら聞いてみようと思う。

そんな何でもない、メールのやり取りだが、長女と会話的なメールをした
のは今回が初めてだったので、思い出になった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年08月17日 04:35 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その45(竹田城 2017/07/10)

日本100名城、45番目の訪問は竹田城である。

竹田城は室町時代に山名氏により築城された城で、山名氏配下として隣の
赤松氏討伐に功のあった太田垣氏の居城となる。

その後、太田垣氏は地味に毛利元就や織田信長とこの竹田城で戦って最終
的には滅亡している。

そういった地味な竹田城ではあるが、平成に入ってから映画「天と地と」
でロケ地に使われ、その後100名城に任命されてから、天空城として話題
になるように映画のロケ地やCMで使われ、日本のマチュピチュとして
脚光を浴びた。

平成に入って表舞台に出た城とでも言うべきか。


最寄り駅はJR播但線の竹田駅となるが、車で移動するなら隣の和田山駅でもよい。
20170710-05.jpg

竹田駅舎。わりと立派である。
20170710-18.jpg

100名城スタンプは竹田駅にもるのだが、せっかく押すのであれば城に近い
設置所で押したいので駅で押すのはやめておいた。

矢印に従い竹田城に向かう。
20170710-06.jpg

城は駅の裏側の虎伏山にあるので踏切を渡る。
20170710-07.jpg

登山道の入口が神社になっている。
20170710-08.jpg

神社への階段ではなく、左脇の山道にそれる
20170710-09.jpg

獣が里に降りてこないように、柵を開け閉めしなければならない。
20170710-53.jpg

最初は割とお穏やかな山道。
20170710-10.jpg

しかし、階段は割りと急なので夏場に登るのはこたえる。
20170710-11.jpg

桟道とまでは行かないが割と細い道なので、気をつけて登らないと危ない。
20170710-12.jpg

勾配のきつい山道の800mはかなり疲れる。
20170710-54.jpg

ようやく舗装された道路に出た。
20170710-13.jpg

竹田城受付。
20170710-14.jpg

観覧料に500円取られる。このような辺鄙な場所の山城の保存には
このぐらい取らないとやっていけないか。まあやむを得まい。

スタンプをゲット。
20170710-56.jpg

500円取るだけあって割と整備されている。
20170710-15.jpg

雲海とまでは行かないが、多少霧があり雰囲気は出ている。
20170710-16.jpg

見頃は9月~11月の濃霧の日だと言われている。
20170710-17.jpg

城の歴史は地味でも、日本全国でこれだけ脚光を浴びられたのだから、
城としては幸せだろう。

地下の太田垣一族が現代の竹田城の様子を見たらどう思うのだろうか。

竹田城
別名天空の城、虎臥城、安井ノ城
城郭構造梯郭式山城
天守構造不明(天守台有り)
築城主山名宗全(伝承)
築城年1431年(永享3年)(伝承)
主な改修者羽柴秀長、赤松広秀(斎村政広)
主な城主太田垣氏、羽柴秀長、桑山重晴、赤松広秀
廃城年1600年(慶長5年)
遺構石垣、堀、井戸など
指定文化財
国の指定史跡
再建造物なし
位置兵庫県朝来市(北緯35度18分1.89秒 東経134度49分44.09秒)
交通手段JR播但線「竹田」駅 徒歩50分
スタンプJR竹田駅、山城の郷、竹田城観覧料収受所、情報館天空の城



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年08月16日 04:20 ] 兵庫県 | TB(-) | CM(0)

東芝解体 電機メーカが消える日

東芝解体 電機メーカが消える日



私が大学生の頃は、理系の学生の人気企業は家電メーカだった。

成績の良いもの順で教授推薦を受けていた。

まるで、ブランド大学を選ぶかのように、就職する企業も決めていた。

私は学校の成績がトップクラスでも何でも無かったので、そんな優良だっ
た企業にはかすりもしなかったが、今頃、そのような企業に行った人たち
は生き残っているのだろうか…。

そのような優良企業に行けなかったが、熾烈すぎる競争に晒されず、今
まで同じ会社で続けられたのは、ある意味運が良かったのだと思う。

私が大学の頃より少し前に、電電ファミリー(東芝、日立、NEC、富士通)
と言われている会社が羽振りが良かったのは、電電公社が作って欲しい通
信機器の仕様を出し、それを言われるがまま作っていたいればよかったか
らで、よく、電電公社が赤字になれば、国民から電話料金を値上げして徴
収しているモデルがあったからだという。


同じように、東京電力が電気料金を自由に操作し、電力ファミリー(三菱
重工、日立、東芝)を養っていたのと同じモデルであるという。

確かに、そのような半社会主義国のような競争のない世界にいると、
経営も頭を使ったものではなくなっていくというのは理にかなっている。

では、実力で天下を取った企業たちはどうであろうか。

シャープやソニーなどは、花形製品を多く出したが、トップ企業になった
あと、それまでのやり方を見直さず、消費者のニーズよりも自分たちが良
いと信じたものを優先して作ったことで、 望まれていない機能を製品に
付加したため、製品の定価が下がらず、シンプルな機能を残して原価を削
ぎ落としていった中国や韓国、台湾と言った新興国に負け、いろんな事業
が海外に安く買われていったという。

いくら優秀な人間を揃えても、トップが戦略を間違う、ないしは、仕事を
ちゃんとしないと、悲惨な末路が待っているということがよくわかる本
だった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年08月15日 04:30 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

横浜大世界

先日、みなとみらいのランドマークタワーにあるトリックアートに行って、
長女が気に入ったので、別のトリックアートをということで、今度は次女も
連れて、中華街にある横浜大世界に行った。

連休初日のこの日、嫁は実家への帰省の用意があったので、3人で行くこと
にした。

石川町到着。
20170811-01.jpg


夏休みの初日で雨ということで、ガラガラだろうと思っていたら予想に
反して中華街は混雑していた。
20170811-02.jpg


中華街に来たときにはいつも無視していた横浜大世界に到着。
20170811-03.jpg

中華街にフランスの旗とはまた場違いな。

なんでもベルばらの部屋という企画展みたいなものをやっているらしい。


チケットは大人1,300円、こども600円。
20170811-04.jpg

お金を払うと、エレベータに乗る。
20170811-05.jpg

8階に移動
20170811-06.jpg

まあいろいろなトリックアートがあり、こどもと写真を撮りながら楽しんだ。
20170811-07.jpg


フォンテーヌブロー派の乳首つまむ絵。
20170811-08.jpg

教育に悪いが、乳首をつまみながらこどもに写真を撮ってもらった。

ちなみに絵の名前は「ガブリエル・デストレとその妹」

渦巻きを見てムンクの叫びをみると背景が揺らぐ。
20170811-09.jpg

結構有名な絵画をモチーフにしたトリックアートがあって楽しかった。

階を下がっていくとレーザーショーとかもあったが、すぐに飽きた。
20170811-10.jpg

ベルばらのオスカル。
20170811-11.jpg

ベルばらと言えば子供の頃、よくアニメでやっていたが、女の子用のアニメ
だったので、見ることもなかった。

どういうストーリーか全く知らないが、フランスの歴史を知っている今になっ
て見てみると面白いかもしれない。

平衡感覚を狂わせるトンネル。
20170811-12.jpg

水面に触れるとアニメーションされる絵。
20170811-13.jpg

エンベデッドシステムスペシャリスト取得の旅好きおやじは、こどもの
動きを捉えるカメラと、それに合わせて水面をアニメーションさせる技
術があるのだろうと想像した。

他にも、シャボン玉に入るアトラクションとかもあり、なかなか楽しかっ
た。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年08月14日 04:52 ] 横浜市 | TB(-) | CM(0)

やっと入ったWindows10のCreators Update

うちにあるパソコン4台のうち、3台が自分用である。

このうち1台は5年前に購入したWindows8のパソコンをWindows10にアップ
グレードしたものであるが、7月の下旬から旧に重くなり始めた。

調べてみると、立ち上げた都度、毎回、Windows10の更新プログラム1703
つまり、Creators Updateのプログラムがダウンロードされ、更新する準備
をするようである。

しかし、結果は更新に失敗している。

この動作を、毎回パソコンを立ち上げるたびに行い、毎回数時間、パソコン
のハードディスクがカラカラ周り、裏で色々しているため、操作が重く感じる
のである。
(60%ぐらいの性能になった感じの動き方)

他のパソコンは、1ヶ月以上前にCreators Updateに上がったのに、このパソ
コンだけいつもそういう動きをしていた。

私は、パソコンとかiPadとかのバージョンは最新にしなければ落ち着かない
性分なので、これにいつもイライラさせられていた。


そんななか、今週リリースされた1607(いわゆるAnniversary UPDATE)の
更新プログラムが出ていたので試しに適用したところ、Anniversary
UPDATEのアップデートがされたあと、Creator UPDATEも入るようになった。

詳細はよくわからないが、ネットなどの情報によるとハードウェアのドライバ
の何かが古すぎて、すんなりとCreators Updateにはならなかったと推測
できそうだ。

これでようやく落ち着いたわけだが、Windows10の大型アップデートの都度、
こんな感じでは先が思いやられる。

こういったハード依存があると、売ったパソコンのサポートまでしているうち
の会社としては、問合せ対応に追われ余計な工数が発生しまくるわけで、
結構、切実な問題であることも認識してしまった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年08月13日 04:39 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

スパイダーマン ホームカミング

昨日は、日中は子供2人を中華街に連れていき遊んだ後、19時頃から
川崎のコナミに行き、体幹系のトレーニングをして映画に行った。

昨日観たのは、スパイダーマン ホームカミングである。

(物語の世界ではなく、)現実の世界では米ソニー・ピクチャーとマーベル
との権利関係という大人の問題がなくなってアベンジャーズと共演できる
ようになった。

これまでのスパイダーマンは、蜘蛛の研究とかそういったものにより主人
公が特殊能力を身につけるというストーリーが王道なのだが、今回のス
パイダーマンは、アイアンマンの世界観を受け継いでおり、おなじみの赤
いスーツは、アイアンマンの研究所のハイテクスーツの位置づけである。

スパイダーマンというピンでもやれるコンテンツが、アベンジャーズに入る
ということは、ディズニープリンセスで言うと、アナと雪の女王が、白雪姫
やシンデレラと言ったプリンセスコンテンツに入るようなもので、もったいな
いような気もした。

今後、スパイダーマン色を潰さないよう、アベンジャーズの一員として、頑
張って欲しいものである。

映画のストーリーであるが、アベンジャーズ悪役たちで戦ったときに生じた
廃品を拾って、改造して兵器にして売る奴が今回の悪役という一風変わった
設定が面白かった。

spidermanhomecomming.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年08月12日 05:30 ] 洋画 | TB(-) | CM(0)

ようこそ「多変量解析」クラブへ

ようこそ「多変量解析」クラブへ



ビッグデータというキーワードが数年前から流行り、ここ1、2年はデータサ
イエンスというキーワードを聞くようになった。

データの分析といえば、大学3年のときに勉強した多変量解析と、このブ
ログを書きはじめて、何冊か多変量解析の本を読んだりした。

前に読んだのが、5年前であり、細かい部分の記憶がちょくちょく欠落して
いたので、また勉強しようとこの本を借りた。

多変量解析についての解説本だと思っていたのだが、なぜか萌えキャ
ラが出てくる本だった。

その萌えキャラたちは、とある高校の数学クラブの女子高生なのだが、
1人は数学に詳しく、もう2人はそれほどでもない。

それなのに、会話の内容が、多次元尺度構成法とか主成分分析、な
どの多変量解析の用語や、それの基本となる行列の固有値や固有
ベクトルと言った大学で習う知識をバシバシ使いこなしており、すごい
違和感があった。

なので、まったく知識のない人が読んだら、撃沈するだけの本だったが、
それでも根気よく読むと、多変量解析をどういう場面で使うのかがわか
るようにはなっていた。

他の本でもうちょっと勉強しようと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年08月11日 04:36 ] 数学 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その44(赤穂城 2017/07/09)

日本100名城、44番目の訪問は赤穂城である。

赤穂城は1466年頃に築城され、1世紀半後、姫路藩主の池田輝政の弟長政
が赤穂領主となる。
その後、輝政の弟→輝政の次男→五男→六男と継ぐが、六男の輝興が発狂
したことで改易となり、その後、浅野氏が継ぐことになる。

その浅野氏の浅野内匠頭が吉良上野介に切りかかり、切腹の沙汰がくださ
れたあと、浅野氏の家臣が吉良氏に仇討ちした事件が赤穂事件、いわゆる
忠臣蔵の話である。

吉良上野介が浅野内匠頭に意地悪をしまくって、浅野内匠頭が怒り吉良上
野介に切りかかったと言うが、吉良上野介が意地悪をした証跡はなく、善政
を敷いた政治家で、反対に浅野内匠頭が切れやすい男という話が残ってお
り、忠臣蔵は創作であると言われている。

JR赤穂線 播州赤穂駅で降りる。
20170709-41.jpg

駅には忠臣蔵の文字が。
20170709-43.jpg

播州赤穂駅舎
20170709-44.jpg

駅前には忠臣蔵の主人公大石内蔵助像。
20170709-45.jpg

赤穂城までは駅から一直線で行ける。
20170709-47.jpg

赤穂城に到着。
20170709-49.jpg

外堀。
20170709-85.jpg

大石内蔵助の屋敷跡。
20170709-50.jpg

本丸跡は堀から少し歩いたところにある。
20170709-51.jpg

赤穂城本丸付近。
20170709-52.jpg

城門。
20170709-86.jpg

城門の裏にスタンプが置いてあったのでスタンプゲット。
20170709-87.jpg

櫓門。
20170709-53.jpg

櫓門の中。
20170709-54.jpg

忠臣蔵というと、大石内蔵助の仇討ちの美談という話を聞いていたが、
そうでもないということがわかって、訪れた価値はあった。


赤穂城
別名加里屋城、大鷹城
城郭構造変形輪郭式平城
天守構造建造されず
築城主岡光広
築城年1466年(文正元年)?1483年(文明15年)
主な改修者池田長政、浅野長直
主な城主池田氏、浅野氏、森氏
廃城年1873年(明治6年)
遺構石垣、堀
指定文化財国の史跡、名勝(本丸庭園、二の丸庭園)
再建造物櫓・門、庭園(復元中)
位置兵庫県赤穂市(北緯34度44分44.41秒 東経134度23分20.34秒)
交通手段JR赤穂線「播州赤穂」駅 徒歩15分
スタンプ赤穂城本丸櫓門下、赤穂市立歴史博物館



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年08月10日 04:22 ] 兵庫県 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
182位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム