90年代 全名曲ミリオンヒット 1990-2000

最近、ふと90年代全名曲ミリオンヒットというYoutubeの動画を見た。

やはり、ミリオンヒットの曲ばかりなので、ほとんど知っている曲ではある
のだが、たまに知らない曲があったり、当時から20年以上ぶりに聞いた
曲などもあった。

曲を聞いていて、2つぐらい面白いなと思った。

まず、一つは曲を聞いていると当時の自分の精神状態とか、当時の出来
事、もう思い出すこともなくなっていた当時関係のあった人々、自分が好き
でやっていたこと、仕事など、結構事細かく色々と思い出せたことである。

やっぱり、1992年~1993年ぐらいの、学生生活の終わりから社会人生活
の初め頃のことがやはり、自分の人生の一番の転機でもあるので、思い
出せてよかった。

最近、生活がマンネリ化しているのであれば、聞いてみて当時の自分を
懐かしむのも面白いと思う。

もう一つはアーティストのその後を知りながら、こいつはこの時輝いて
いたけど、あとは悲惨だよなと何か、予言者の気分になってみることが
できることである。

例えば、あんなに輝いていたのにシャブ中で逮捕された人とか、仲違い
で解散してしまった国民的グループ、自殺か事故かよくわからなく亡く
なった女性ボーカル、親を殺されたり結婚したり離婚したりと波乱万丈の
人生を歩んだ女性ボーカル、国会議員のセンセイになってしまった少女
ユニットのメンバなどなど。

また、人気ユニットの中で当時とは人気が大きく入れ替わっていることも
芸能人の人生の予測不可能なところなども面白かった。

まあ、一度聞いてみると得るものがあるはずなのでお試しあれ。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年07月23日 04:40 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

今川氏真

毎週金曜日は川崎で唐揚げを食べた後、ラゾーナ川崎のコナミでトレーニン
グしている。

ちょうど、ランニングをする時間にNHKで「歴史秘話ヒストリア」という番組を
みており、これを毎週楽しみにしている。

先週は今川氏真の特集をやっていた。

信長の野望などのゲームから入った私のような人間にとって、氏真は、
有能な武将で父親の今川義元とは違い、全く役に立たない雑魚武将
という印象を持つことになる。

桶狭間の戦いで義元が死んだ後、氏真は
「余は戦を好まぬ、天下よりも風雅に生きん」
と言うところぐらいが最大の見せ場であり、雑魚武将なので興味もなかった。

番組を見て、この天下よりも風雅に生きんの意味がよくわかった。

桶狭間の後、親の敵である織田信長や、旧知の仲である徳川家康に武士
としてのプライドを全く持たず近づき、蹴鞠の名手として見世物にされながら、
戦国武将たちは戦に明け暮れる中、氏真は僅かな俸禄で京やら畿内を旅し
歌を読みまくったという。

そんな教養の高さや公家との人脈が、天下泰平の世の中では長所となり、
2代将軍秀忠や、3代将軍家光の配下で活躍し、今川家の教えである
「今川状」は寺子屋の教科書となり、その子孫は幕末に15代将軍の助命
嘆願に一役買ったという。

戦国の時代に、武将としては役立たずでも、他の才能を使い活躍し、
お家を存続させた氏真という武将の人生。

なかなかいいものを見せてもらった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年07月17日 05:38 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

想定外のボーナス

6/20がボーナスだった。

会社に行く前に銀行に振り込まれている額を確認すると、昨年度より30万円
以上も多くなっていた。

嘘だろうと思いながら会社に行き、賞与明細を見ると嘘ではなく、額面で40
万円以上も上がっていた。ほとんど200万円と言っていい額である。

自分は何人かの上司なので、部下のボーナス額を確かめることができるの
だが、みんな1~6万円ぐらいの上がり幅だった。

これは、恐らく昨年度のビッグプロジェクトを成功裏に納めたことに対する
報酬なのだろう。

仕事に対する評価がここまで露骨に出るというのも、ちょっと笑ってしまった。

多分来年度は、この水準を維持できず、また下がるのだろうとは思う。

高い給料のわりには、働きが悪いと目をつけられないように、貰った報酬
分の結果を出そうと、明日から頑張っていこうと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年06月23日 04:26 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

夜の実家からの電話

先週の6/10土曜日、夜10時過ぎに携帯が鳴り始めた。

こんな時間に誰からだろうと思い、電話を手に取ると実家の電話番号から
である。

うちの実家の両親は、2人とも74歳なのでいつ倒れたり、亡くなったりしても
おかしくはない年なので、電話に出る瞬間、「とうとう来たか」という思い、
電話に出た。

すると、苦しそうな母の声からだった。

母の話を聞いてみると、逆流性食道炎がひどく、不整脈もおき死にそうな
ので、救急車に電話をしたほうがいいかという相談だった。

こういう緊急を要する場合、本来なら父が救急車を呼ぶかどうか判断す
るべきなのだろうが、父は我が道を行くマイペースな人間なので、母がこう
なっても我関せず、母親が相談したら舌打ちをする始末だったという。

ここまで読めばなんとひどい父親なのだろうか、と普通思うのだが、父の
気持ちもわからないでもない。母親は体が弱く50過ぎぐらいから、いつ
死んでもおかしくないと事あるごとに弱音を吐くし、几帳面すぎる母親が
キャンキャンうるさいのは私も実家にいた頃は経験していた。
そんな母なので、いつの日か父は聞く耳を持たなくなってきたのかも知
れない。

話は戻って、そんなしんどいのなら迷わず救急車を呼べと私は言い、
母親もそうすると言って、電話を切った。

救急車が出動して病院に行ったであろう30分後に、父親と話そうと、
実家に電話をかけてみると、母親が出た。
何で、救急車を呼ばないか聞くと、さっきよりましになったし、夜に救急
車を呼ぶのは近所迷惑になると言いながら、母の体調も落ち着いた
様子だったので、私は電話をしながら、ネットで検索し、大阪市の
「救急安心センター おおさか」の電話で相談するように伝えた。

さらに30分後、電話をすると救急安心センターの回答としては、救急車を呼
んだほうがいいと言われたが、結局、月曜日に病院に行くと判断したという。

月曜日に電話をして、今日は必ず病院に行くようにといったら、だいぶ
楽になったので、定期的に行っている来月の月初に行くという話になった。

私は、来月病院に行ったら必ず6/10の土曜日の話はするようにと言って
電話を切った。

父親が頼りないこと、いつも冗談半分で病気で来年は生きていないという
が夜に電話をかけてくるようになった母親のこと、などを考えると、いつ、
万が一のことがあっても、冷静に準備ができるようにしなければならないと
あらためて思った。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年06月13日 04:02 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

ブログランキングの状況

私のブログの右側に、ブログ村と人気ブログランキングの順位を貼っている。

ブログ村の方は、PVといってブログに対してアクセスしてきた人数の多いもの
順に並んでいる。

私のブログは1日に300アクセスぐらいあり、PVに直すと100~150ぐらいを
彷徨っており、オヤジブログではこれで10位から15位ぐらいとなっている。

一方、人気ブログランキングの方は、先週1度1位に返り咲いたが、
「新幹線通勤日記」さんと「独身リーマン&猫一匹」さんが強く、彼らがブロ
グを更新しようものなら、私などすぐに3位以下に転落してしまう。

ブログランキングの場合、固定ファンをつけるかつけないかがランキングの
上位に食い込む条件となる。

2強さんは、新幹線通勤、猫とテーマを持っており固定ファンがつくが、私
の場合、旅というテーマを持っているが半分以上関係ないことを書いていて、
しかも、カテゴリのテーマが分散しており、面白くない人にとっては面白くない
と思うので、多分飽きられやすいのだろう。

ただ、サラリーマンブログというのはそれほどレベルが高いわけではなく、
10人の固定ファンが毎日ブログランキングに投票すればそれだけで、INポ
イントが700になり、1位になってしまう。

仲のいい知り合いに教えれば多分クリアできてしまうのだろう。

それよりもすごいと思うのは、彼らのブログを見ると100拍手とか平気で
ついていることである。私のブログなどは、多くて2拍手、よくて1拍手で
殆どの場合0拍手である。

固定ファンをつけたいと思う一方、知り合いには教えたくない、自分の書
きたい時に書きたいことを書く方針は崩したくないので、まあ、いつもの
ようにやっていこうと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年04月10日 06:02 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

飲み会地獄からの開放

私が会社の飲み会嫌いであることは、たびたびこのブログで吐き出している
のだが、今月はなんと4回も飲み会があった。

そのうち3つは昨年のプロジェクトの打ち上げと称して、ベンダからの接待が
2回、お客様への接待が1回あった。

この他にも、部門の女性が管理職に登用され、パートナーさんだった男性が
社員に登用されたためのお祝い回が1回あった。

プロジェクト完了系の飲み会は、全部ベンダか我が社の交際費だったので
いわゆるタダ飲みであった。

飲み会の好きな方にとっては、月に3回もタダ酒が飲めて羨ましいと思われる
が、飲み会嫌いにとってはたとえタダ酒であっても、1回につき貴重な2~3時
間を奪われ、家に帰るのが遅くなり、酔っ払っているのでスポーツクラブにも
いけないし、家に帰っても読書や勉強などもできず、ダラダラネットをするかテ
レビを見るぐらいしか選択肢がなく、貴重な1日を潰された気分になりすごい
嫌になる。

飲み会が嫌いとはいえ、仕事としてそれなりに会話もするし、表面上盛り上が
リもするのだが、心のなかでは時計ばかり気にしている。

ただでさえ、今月はミャンマーに5日いっていたのに、それに4日加わり、9日も
生活のペースが乱れてしまった。
(旅行の方は大いに楽しかったが)

しかも防風通聖散を1ヶ月近く飲み、1kgほど痩せたのにこの4つの飲み会で
リバウンドである。

いいことが何もない。

4つの飲み会が終わり、同僚たちと別れた瞬間、とてつもない開放感に包まれた。

この開放感というのは半端なく心地の良いものであったが、かといってこの開
放感を得るために飲み会に参加するのは本末転倒であり、やはり飲み会には
参加したくない。

来月のプロジェクト完了のお祝いということで、お客さんの接待があるのだが、
もう勘弁してほしいのが本音である。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年03月29日 05:41 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

劉備が好きになれない

三国志の主人公といえば、劉備玄徳である。

劉備が好きという方も多いと思うので、こんな記事を書くなとおしかりを受け
そうだが、私は劉備が好きになれない。

劉備といえば、関羽、張飛と共に桃園の誓いで義兄弟となり、後漢末期の
乱世に出て、董卓、曹操などと対峙しながら、親戚筋の劉表の本拠地であ
る荊州に客分として入り、諸葛亮孔明を得て、劉表なき荊州を得て、隣の
益州も得て、呉の孫権と対立したため荊州を取られ義弟の関羽も死に、
弔い合戦の夷陵の戦いの時に白帝城で没するという人生を送るのは、三
国志ファンであればご存知だろう。

そんな劉備であるが、物語を見てても、弟の関羽や張飛、また宿将の趙雲
軍師の孔明や、龐統、敵方の曹操や呂布などと比べると軍事や政治につい
て特筆すべきような物語もない。

劉備のエピソードといったら、劉備は漢王朝の末裔と言っておきながら、
劉璋の治める益州を軍事行動により獲得したり、益州をとったら荊州を孫権
に返すと言っておきながら返さなかったり、せっかく趙雲が曹操軍の大軍勢
の中、命がけで助けた劉備の息子を投げつけたりと、はたしてこれが、人徳
の人なのかと思えるものが多く、いまいち好きになれない。

もし、私が趙雲で、自分の君主の子供が曹操軍の軍勢の中にあり、命がけ
で助けたのに、その子供を投げつけられたとしたら、カチンと切れて、たとえ
その後、劉備が
「こんな子供のために、趙雲みたいな有能な部下をなくすところだった!」
と言われても、では俺の働きは何のためだったのかと、感激することはなく、
劉備の元を去り、曹操軍か孫権軍にでも仕官するだろう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年03月24日 04:34 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

横浜市民が利用できる図書館が増えた

昨日、図書館で本を借りた時、レシートに宣伝で、横浜市民は川崎市・鎌倉市
藤沢市・大和市の図書館で本を借りれるようになったことを知った。

川崎市の図書館で本を借りられるようになったのはとてもありがたい。

ただし、横浜の図書館で、川崎の図書を借りられるのではなく、直接川崎市
にある図書館でカードを作らなければならない。

通勤定期で行ける範囲に、川崎市川崎図書館と中原図書館があるので、
この2館で借りられるだけでもありがたく、中原図書館に至っては夜9時まで
営業しているので、会社帰りにちょっと寄ってみて何か本を借りて帰るなんて
こともできるようになった。

ちなみに、図書館のうち、一般市民が借りることができる公立図書館の蔵書
数でみてみると、意外にも東京都民が借りられる蔵書数は少なく、東京都立
中央図書館(約1,763千冊)といくつかの区立図書館なのに対し、大阪市民は
大阪市立図書館(約3,821千冊)と大阪府立図書館(約2,612千冊)、横浜市民
は横浜市立図書館(約4,090千冊)と神奈川県立図書館(約919千冊)となって
いた。

今回のサービス拡大により、横浜市民は、これに川崎市の図書館の蔵書数
(約1,931千冊)や鎌倉市、藤沢市、大和市の本も借りられるようになったので、
大阪市民を越えてしまったようである。

ちなみに、私は東京に勤務しているのでその気になると、23区のいくつかの
区の本も借りられるが、通勤の動線上に図書館がないため、わざわざ東京の
図書館の利用カードは作る必要はないだろう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年03月05日 05:25 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

年収1000万円超え

昨日、仕事が比較的暇だったので、人事給与システムにある自分の2016年
の給与所得の源泉徴収で年収を確認してみたところ、10,216,377円となって
いた。

管理職になる前は800万前後だったのに、管理職になると毎年給料が上がっ
ていて、とうとう1000万円を超えてしまったようである。

ちなみに、年収1000万円以上というのは、

国税庁の平成27年分 民間給与実態統計調査
https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan/gaiyou/2015.htm

によると、40代であれば9.6%いるらしい。

1000万円というと大台とか言われる金額だが、そんなに珍しいわけでもない
ようだ。

主婦の掲示板サイト大手小町をみると、よく自慢のタネにされ、大概は、夫
の年収が1000万円になったが、そんなに生活は楽ではないというスレがたち
上がったあと、わたしも、わたしも的なレスが入り、そのうち30代で年収1000
万円という夫自慢が入り、2,000万円、3,000万円というスレが入り、アホか?
お前も働け!と思いながら楽しんでいると、水を指すような「自慢するな」と
いうレスが入り収束していくのがお決まりのパターンである。

そういえば、私が大学に入ったとき、親がNHKの職員とかで、年収1000万円
あると自慢していた有吉(実名)というやつを思い出してしまうのだが、彼は
今頃、親の年収を越えたのだろうか?

親の年収でリッチ自慢をしたつもりなのだろうが、
「お前はどうやねん!」

と、ちょっと羨みながら心のなかでツッコんでいた。

私がその彼の親の年収と同じ年収になってしまった。

当時の物価と今の物価を消費者物価指数で比較しても殆ど変わっていない
ので、彼の家庭と裕福度はあまり変わらないだろうが、はっきり言って大した
ことがないし、それを子供に自慢させるというのは、その家庭の教育的にい
かがなものだったのかと思ったのが、個人的な感想である。

ちなみに、私は、年収がいくらになろうが、貯蓄にまわるだけなので、子供が
でき持ち家になった以外は、自分の生活水準は10年前とほとんど変わって
いない。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年03月04日 05:29 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

介護「準備」休暇の話

先週、働き方改革に関する講演を聞いたのだが、その中で介護休暇の話は
自分にとってすごいためになった。

研修の中で、短編ドラマを見せられた。

内容はこんな感じだった。

40代の働き盛りの社員の1人暮らしの父親が腰を折り介護しなければなら
なくなったと病院から連絡が入り、会社を1週間休んだ。
入院の諸手続きを終えた後、1ヶ月後に退院しリハビリが必要という。
上司にそのことを告げたところ、その会社には半年の介護休暇があるから
使ってリハビリに付き合うことになった。
容態が半年では回復しなかったため、結局離職を決断し会社を辞めたと
いう結末だった。

このドラマについて本当はどうしたら良かったでしょうか?という議論を
後ろの机の人と会話することになったのだが、みんなテレワークとかそう
いった話ぐらいしか解決策として思い浮かばなかった。

正解は、介護休暇をとって、その間に、ケアマネージャーやヘルパーと
いったサービスを使い、介護の負担を減らして職場に復帰するとのことで
あった。

介護が必要になった場合、要介護認定を受ければ介護保険もおり、金銭
的な負担も軽減できるので、介護というのはなにも会社を辞める話ではな
いということが説明された。

確かに、ケアマネージャー、デイサービス、要介護認定などの言葉はよく
聞くがこうやって関連付けて話してもらい、ようやく介護休暇の目的がわ
かった。

自分だけでなく、部下がそういう状態になった時に職場が回らなくなるので
こういった介護に備えておくのも職場のリスク管理の一つであるということで
締めくくられた。

その講演では「介護休暇」という名前は名前が悪く皆誤解してしまって
いるが、「介護準備休暇」という名前にするべきだという話をされていたが
まさにそのとおりだと思った。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月26日 04:55 ] 日記 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
817位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
155位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム