旅好きおやじの日記 TOP  >  国内旅行

2017年広島・岡山旅行記

先月、広島と岡山に旅行に行ってきた。

100名城めぐりのため、めったに行くことのない中国地方に行ってきて合計6つ
の城のスタンプがゲットできた。

2日間とも朝から晩まで歩き周って非常に疲れた。

岡山は結局公共交通機関を使ったが、レンタカーを使っても県内の4つの城を
全部回るのは難しかったかもしれない。

そういう意味でも、公共交通機関を使ったのは正解だったかもしれない。

旅行記にしてみたので、お時間がある人は見てほしい。

2017年広島・岡山旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/domestictrip/201702Okayama/index.htm

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年03月15日 04:53 ] 広島県 | TB(-) | CM(0)

桃太郎の話

岡山で鬼ノ城に行ったとき、最寄りの服部駅に以下の様な看板があった。

20170225-0a.jpg


「鬼ノ城のお話」

皆が小さい頃に読んだ「桃太郎」の話の舞台となった山がある
のじゃが、鬼の城と書いて鬼ノ城とよぶんじゃ。鬼といわれた
のは百済の王子で名を温羅といった。たいそうな乱暴者でみ
んなを大変困らせていたそうな。そこで、温羅退治に大和
朝廷がつかわしたのが吉備津彦命じゃった。けどな、本当は
この地にとって大切な道具だった鉄を伝えた心のやさしい鬼
じゃったとも言われているんじゃ。


と書かれている。

まあ、あの地域の人は昔から乱暴者で人を困らせていたのか、ただ、
いちおう話の最後にフォローも入っており、名文だなと思いながら読んで
いたのだが、電車を待つ時間退屈なので桃太郎の話をWikipediaで読ん
でみた。

桃太郎というのは、桃が川から流れてきて、桃を割ったら桃太郎が出て
きたというのが現代の解釈だが、明治時代初期は違っていて、桃を食べ
て若返ったお爺さんとお婆さんの間に桃太郎が生まれたという話の方が
主流だったらしい。

他にも、流れてきたのは桃ではなく人間の女性で、爺さんがその女性を
孕ませて、婆さんが産婆としてとりあげた男の子が桃太郎だったという
お話もあったという。

どちらの話も、現実的な感じがするが、子供向けではないことから、今
の桃を割って出てきた子供が桃太郎だという空想的な話になったのだろう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月27日 04:04 ] 岡山県 | TB(-) | CM(0)

岡山城巡り計画変更

今日、レンタカーを借りて岡山城、鬼ノ城、備中松山城、津山城の4城を周る
計画を立てていたが、鬼ノ城や備中松山城までの狭い3kmの細道を車で移
動するのは私の運転技術では危なそうなので、計画を変更し、徒歩や乗り
合いタクシーを使うことにした。

この計画変更で、津山城に行くことはできなくなったが、鳥取城か、赤穂城
をめぐる時に組み合わせて来れればよいだろう。

鳥取城、赤穂城、津山城の3城は、鬼ノ城や備中松山城ほどアクセスしにくい
場所にないのでこのほうが良い計画だろう。

旅程は以下のように変更した。

6:54 岡山駅出発
7:31 服部駅到着。徒歩で鬼ノ城へ。
   (他の人の訪問記をみると歩くものではないらしい。)
9:00 鬼ノ城到着。散策および駅までの帰路。
11:56 服部駅出発
12:36 備中高梁到着
12:50 乗り合いタクシーでふいご峠。備中松山城見学。
14:40 ふいご峠出発
15:06 備中高梁駅到着。(もし間に合わなかったら 15:28出発)
15:39 岡山駅到着(乗り遅れたら16:22)
その後、岡山電気軌道で岡山城へ17:00までに到着できれば見物&スタンプ
押しは出来そうである。

かなりハードな1日になりそうだが頑張ろうと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月25日 04:32 ] 岡山県 | TB(-) | CM(0)

夜の原爆ドーム

昨日の夜から、広島にいる。5年ぶりである。

広島、岡山の城をめぐるのが目的なのだが、広島に来たのだから原爆ドーム
は見ておこうと思いホテルにチェックインする前に寄ってみたのである。

このようにライトアップされており、夜に行っても観光ができるようになっている。
20170223-01.jpg

ただ昼間とは違い、夜はほとんど人がおらず心細くなってくるのである。

崩れた原爆ドーム。
20170223-02.jpg

今はこんなに明るいが、被爆直後は火で薄暗く、火が消えた後は真っ暗だった
はずである。
20170223-03.jpg

いくらライトアップされていても、普通の観光資源ではなく、負の遺産という
ことで、何かを訴えているように感じる。
20170223-04.jpg

人が何人かいて原爆ドームについて話していた。
20170223-05.jpg

20170223-06.jpg

20170223-07.jpg

ライトアップされた原爆ドームを見て昼とは違った形で、原爆について、平和について
考えることができるので、これはこれでありだと思うが、今月の5日ごろまではイルミ
ネーションをやっていたそうである。

「原爆ドーム イルミネーション」でググるとその様子を見ることができるが、
中にはディズニーランドじゃないんだからというような電飾もあり、合成写真
だと信じたいが、もし本当の写真ならこういう電飾は、戦争の悲惨さを後世に
残そうという建物の主旨と違うので、いい感じはしなかった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月24日 04:51 ] 広島県 | TB(-) | CM(0)

日本科学未来館(2017年2月)

先週の土曜日に1年ぶりぐらいにお台場にある日本科学未来館に行って来た。

前回はモノレールで来たが、今回はりんかい線でやってきた。

お台場といえばフジテレビだが、今回はフジテレビに用事はない。
20170218-01.jpg

ガンダムで記念撮影したあと、科学未来館まで歩いた。
20170218-02.jpg

子供連れだと結構ある距離であるが、さすが旅好きおやじの娘達はなんともない。
20170218-03.jpg

到着した頃、ちょうどアシモのショーをやるというので見ることにした。
20170218-04.jpg


アシモというと2000年ごろのロボットなのだが、当時よりも歩行速度が上がったり、
関節数が倍以上になったりと、色々とパワーアップしたようである。
20170218-05.jpg

未来逆算思考という展示物。
20170218-06.jpg

50年後に暮らす子孫たちに、どんな地球を贈ることができるのかを考えさせる
ゲームだが、20年ぐらいのところでゲームオーバとなってしまった。
20170218-07.jpg

よくわからないロボットが徘徊していた。これでも内部構造はかなりすごいのだろう。
20170218-08.jpg

地球肉まんと、9次MENというものを購入。
20170218-09.jpg

お台場の風景を見ながらの食事はなかなか美味しかった。
20170218-10.jpg


帰りにお土産屋で、組合せ爆発のフカシギおねえさんのクリアファイルを購入
して帰る旅好きおやじであった。
20170218-11.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月23日 04:21 ] 東京都 | TB(-) | CM(0)

羽田空港見物

この前の日曜日、子供がどこかに連れて行けと言ってきた。そういえば2人とも
飛行機を間近で見たことがないと言うので羽田空港にでも行こうということに
なった。

うちから空港まではわりと近いが、旅行でもしない限り空港など行くこともない
ので、子供にとっては良い機会かなと思った。

国内線ターミナルの駅で降りる。
20170212-01.jpg

空港ぐらいでしか見ることのないモビットの夏菜のポスターをみると、旅行
に行くようでワクワクする。

ちょっと古いネタになるが、空港らしく日本を象徴するPPAPのお菓子が
売っていた。
20170212-02.jpg

展望デッキまで向かう。
20170212-03.jpg

このエレベータをみて、子供は2人ともドラえもんみたいとはしゃいでいた。
20170212-04.jpg

飛行機の発着が見られる展望台。
20170212-05.jpg

外で見ることもできる。
20170212-06.jpg

もう、半年以上飛行機に乗っていないのでそろそろ乗りたいものである。
20170212-07.jpg

なんかよくわからない牛の置物。
20170212-08.jpg


空港のショップも、そのへんのショッピングモールとちょっと品揃えが違って
いて楽しい。子供も大喜びである。
20170212-09.jpg

次に国際線ターミナルに移動することにした。
20170212-10.jpg


国際線のターミナルまでは少し離れておりバスで移動する。無料である。
20170212-11.jpg

国際線ターミナル到着。
20170212-12.jpg

上の階に向かう。
20170212-13.jpg

やはり、国際線だけあり日本らしい雰囲気の店が多い。
20170212-14.jpg


店もハローキティーとかドラえもんといった日本を代表するキャラクターグッズ
も多かった。
20170212-15.jpg


飛行機のシミュレータも200円でできるようなので並んでみたが、混んでいたの
でやめて違うところに向かうことにした。
20170212-16.jpg


折り紙とかのワークショップをやっていたので、子供を遊ばせるのにちょうど
よかった。
20170212-17.jpg

帰りはトルコアイスを購入。
20170212-18.jpg

長女は、トルコ人のおじさんにからかわれ、長いスプーンについたアイスを
取ろうとすると違うところに持って行かれたりしていたが、後ろに客が並んで
いるのにちょっとしつこかった。

まあ、こういう空気がよめないところが日本人とは違うところか。

アイスを食べて帰っていると、コーンの下にアイスのカバーの紙があった。
20170212-19.jpg


あのトルコのおっさん恐るべし!

家に帰って、長女がこのことを笑いながら日記に書いていた。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月22日 04:35 ] 東京都 | TB(-) | CM(2)

日本100名城訪問記 その26(佐倉城 2017/02/13)

日本100名城、26番目の訪問は佐倉城である。

今年最初の100名城訪問となる。

佐倉といえば、佐倉しおりという昔のアイドルを思い出してしまうが、いまいち
パッとしないアイドルだったなと言う印象があった。

全然関係の話になってしまった。

千葉の戦国大名というと、南総里見八犬伝の里見氏が有名で佐倉城のあたりは、
千葉氏の支配地域で、里見氏にちょくちょく侵攻されていたが、北条氏康と姻戚関係
を結び北条氏をもとに所領を守った。

そんな千葉氏が戦国時代に築城を開始したが、完成したのは江戸時代になってからで
ある。

江戸時代は佐倉藩の藩庁が置かれ、城主は江戸幕府の要職に着くことが多かったという。

千葉駅から成田行きに乗り換え、佐倉駅で降りた。
20170213-23.jpg

この佐倉市付近は江戸時代に城下町として栄えたため、七福神などの文化も栄えた。
20170213-24.jpg

駅から佐倉市へのルートを確認。
20170213-25.jpg

やたらこのような像がある。サザエさんを実写的にするとこんな感じか。
20170213-26.jpg

丘を登る。
20170213-27.jpg

がけの石や岩を竹で支えていた。地震がおきると危ないかもしれない。
20170213-28.jpg

武家屋敷を目指す。
20170213-29.jpg

訪問したのは月曜日だったので、休館日だったようだ。
20170213-30.jpg

ヒヨドリ坂を下ったり、また別の坂を上ったりで、
20170213-31.jpg

ようやく、佐倉城址公園センターに到着。
20170213-32.jpg

百名城スタンプはこの場所で押せる。
20170213-33.jpg

スタンプゲット。ゴム版タイプだったのに強く押してしまったのでにじんでしまった。
20170213-34.jpg

城周辺を目指す。
20170213-35.jpg

せっかくの休みだったのに、お客さんが操業日だったこともあり、仕事の電話が
かかってきて電話応対なり指示なりをしながら時間が潰れてしまった。

仕事の電話を待ちながらもやもやしながら佐倉城付近を散策する。

佐倉城主堀田正睦。
20170213-36.jpg

ハリス。
20170213-37.jpg

ペリーが来たあとハリスが日米修好通商条約の調印を求めてきたときに相手を
したのが堀田正睦であった。

天守跡。
20170213-38.jpg

日本歴史民俗資料館に寄ろうと思ったが、月曜日だったので休みだった。
20170213-39.jpg

このあと、しばらくさっきの仕事の電話の応対をして休日を潰される旅好き
おやじであった。

佐倉城データ
別名鹿島城
城郭構造連郭式平山城
天守構造御三階櫓(独立式層塔型3重4階 1616年 非現存)
築城主鹿島親幹
築城年天文年間か
主な改修者千葉邦胤、土井利勝
主な城主鹿島親幹、千葉邦胤、土井利勝、堀田氏
廃城年1873年(明治6年)
遺構堀、土塁
指定文化財佐倉市史跡
再建造物
位置千葉県佐倉市(北緯35度43分19.16秒 東経140度13分0.18秒)
交通手段京成電鉄京成本線「京成佐倉」駅から徒歩約20分。
JR総武本線「佐倉」駅から徒歩約25分
スタンプ佐倉城址公園管理センター



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月19日 04:50 ] 千葉県 | TB(-) | CM(0)

熊野神社太田権現

千葉にある日本100名城の佐倉城を見に行く前に、隣の物井駅に「珍」スポット
があるというので、寄ってみることにした。

物井駅で下りる。
20170213-01.jpg

JRで成田空港に行く時に通り道の駅になるのだが、特段用事もないので降りる
のははじめてである。


駅前の風景。完全に田舎の駅。
20170213-02.jpg

1年以上ぶりの千葉。久しぶりにマックスコーヒーが飲める。
20170213-03.jpg

3つ並んでいるマックスコーヒーの一番左が缶の色がちょっと濃いので、思わず
選んでしまったが、同じ味だと思われる。

物井駅から大通りをひたすら歩き、敬愛大学を目印に左に曲がる。
20170213-04.jpg

目指す熊野神社は太田地区という場所にあり、このガードレールを目印に歩く。
20170213-05.jpg

周りは何もない畑だけである。
20170213-06.jpg

ただこんな畑も、40年前は極左の連中にそそのかされた地元の農民たちが
成田空港反対のデモをやっていたのだろう。

成田空港で活躍の場を失った不逞の輩共は、現在では沖縄の高江とか
辺野古で暴れているが、あいつらは本当に日本の害である。

感情的になるのを抑え、坂を上がり熊野神社に向かう。
20170213-07.jpg

Google MAPをみるとこのあたりが熊野神社の裏側のようである。
20170213-08.jpg

神社の境内。
20170213-09.jpg

小便器と和式の大便器がむき出しになっており、もはやトイレとしての機能が
果たされていない。
20170213-10.jpg

何か、意味ありげな祠があるので裏に回ってみることにした。
20170213-11.jpg

ドキドキ。
20170213-12.jpg

なにかおみくじのようなものが障子に結ばれているがおみくじにしては太い。
20170213-13.jpg

なんだこりゃ~。張り形だらけではないか。
20170213-14.jpg

これは大きい。
20170213-15.jpg

ダンボールにいっぱい詰められた張り形の上にはなぜか「愛のコリーダ」のビデオが。
20170213-16.jpg

ニスで塗られたわりときれいなモノ。
20170213-17.jpg

わけのわからん江戸時代の人の肖像画。
20170213-18.jpg

度肝を抜かれたのがこの絵馬。絵馬にはリアルなモノが2本。
20170213-22.jpg

あれ?でかい張り形の裏に何やらピンクの物体を発見。
20170213-19.jpg

よく見ると、旅好きおやじが毎日ビデオで見ているあの物体ではないか。
20170213-20.jpg

昔、このあたりに住んでいた百姓が熊野参拝のさいに、わらじの中に入ってい
た石を持ち帰り、その石を祀るため熊野神社が作られた。
その後、なぜかその石が成長し、巨大な男根のような形になってしまったため、
性病、子授けの神様として祀られることになったそうである。

昔は社の中の小石を一つ借りていき、願い事がかなうと二つにして返していた
そうだが、いつの頃からか木の男根を奉納するようになったとのこと。

そこまでは、昔ばなしっぽいが、「愛のコリーダ」の裏ビデオやらピンクロータ
を奉納する人の神経って一体…

そんなことを考えながら物井駅に戻るのだが、駅の名前までエロく感じて
いる旅好きおやじであった。
20170213-21.jpg

追伸
 この神社のご利益なのか、昨日は会社の女性と、今日は芸能人と事を致す
 夢を見ました。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月15日 04:22 ] 千葉県 | TB(-) | CM(0)

平塚総合公園のふれあい動物園

いちご狩りに行った帰りに平塚総合公園に寄った。

この日は、「いちにち・ふれあい動物村」というイベントをやっているので、
寄ることにしたのである。

動物園でも動物に触れ合うことができるのだが、その大規模版といったところ
だろうか。
20170122-12.jpg

気のような遊具を見つけると、
20170122-14.jpg

2人の子供は走って遊び始めた。
20170122-13.jpg

なかなか子供も多く遊びに来ており賑やかである。
20170122-15.jpg

遊具で遊ばせた後、動物村に行ってみた。
20170122-20.jpg

うさぎやハムスター
20170122-16.jpg

ハリネズミ
20170122-17.jpg


20170122-18.jpg

山羊など
20170122-19.jpg

結構色んな種類の草食動物に触れ合うことができ、しかも、お金は
駐車場代と動物の餌代以外かからない。

平塚まで来る機会などそうそうないが、またいちご狩りに来ることが
あれば、また総合公園に寄ってみたいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月26日 04:08 ] 神奈川県ほか | TB(-) | CM(0)

いちご狩り

先週、NHKの9時のニュースをコナミスポーツのエアロバイクに乗りながら見て
いると、神奈川県の秦野市でいちご狩りが始まった旨のニュースをやっていた。

次女がいちご好きということもあり、家族で行ってみようと思いGoogleで
調べてみると、秦野市のいちご農家まで60kmも離れており遠いので、もっと
近くでいちご狩りができるところはないか更に調べてみると、平塚や海老名
でもいちご農家があることがわかった。

海老名よりも平塚のほうが土地勘もあるので、平塚の高梨いちご園という
いちご農家に予約をして、日曜日に行くことにした。

車で約2時間かけて平塚の高梨いちご園に到着。
20170122-01.jpg

駐車場は満杯だったので、裏にある駐車場に案内される。
20170122-02.jpg

車を停め受付に寄る。
20170122-03.jpg

小学生以上は1,700円、未就学児は900円とこのこと。

コンデンスミルクの入った容器を渡された。

ビニールハウスに案内され中に入る。食べ放題の時間は30分とのこと。
20170122-04.jpg

青い葉の下の方に赤いいちごがなっているのが遠くからもわかる。
20170122-05.jpg

この日は「紅ほっぺ」という種類のいちごが提供された。
20170122-06.jpg

この大きさなら、ひとパック5~600円が相場といったところだろうか。

小さないちごは無視し、大きないちごばかりを食べる。
20170122-07.jpg

子供の手の半分ぐらいの大きさのいちご。
20170122-08.jpg

でかいのが続々と見つかる。
20170122-09.jpg

色んな形のいちごとかを楽しむことができた。
20170122-10.jpg

30分って短いかと思っていたが、20分で腹一杯になり、一応私は元を取った
つもりだが、他の3人は元を取らずに満腹になっていた。

まあ、こういういちご狩りはスーパーで買ういちごとは違い、思い出なども
セットになったものなので、家族全員で6,000円の出費というのも、まあ、
しゃーないかと思う旅好きおやじであった。
20170122-11.jpg

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月25日 04:49 ] 神奈川県ほか | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



読書メータ
旅好きおやじさんの読書メーター 旅好きおやじさんの読書メーター 旅好きおやじの今読んでる本 旅好きおやじの最近読んだ本
ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1496位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
287位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム