旅好きおやじの日記 TOP  >  自然科学・工学

ヒューマン・エラー

20年前に出た本であるが、人間系の話はコンピュータとは違い、今でも十分
に役立つ本だった。

仕事に活かせそうな話としては多層防護、取扱説明書、事故分析に関する
ところである。

多層防護では、異常そのものの発生を防止すること、異常が発生した場合
波及拡大を防止するという二層防護はよく知られる。さらに異常が拡大した
ときにその影響が緩和されるような対策も必要ということで、三層でものを
考える癖をつけたいと思った。

取扱説明書もただ書けばいいというものでなく必要なことが書かれている
ことが重要であるが、なにかその取扱説明書に書かれていないことで事故
がおきると色々と書くという対策をしてしまいがちである。
すると、どこに書かれているかわからないという現象がおきるわけで、
取扱説明書を読む対象がどんな人かを想定してわからせるような記述を
するということに頭を使わなければならない。
なかなか、そういう頭を使ったマニュアルというのは作るのは難しいが、
色んな人にレビューしてもらって完成度を挙げていくしか無いと心得た。

事故分析についてもいいことが書いてあった。
事故分析ではいわゆる「素人論理」がまかり通る。
「素人論理」とは「結果論」のことである。
「結果論」が展開できるということは、そのような事故の発生は予測できて
当然ということになり、事故の当事者がなぜその予測に従って予め対策
を立てなかったことを責めることになる。

11月におきた、神宮外苑でのおがくずが電球の熱で発火し子供が1人亡
くなった事故のあと、大学生が常識がないという意見が支配的だったが、
まさにこれが「素人論理」であり、大学生がなぜそういう考えに至らなかっ
たかを分析し対策をしなければ同じ事故はまたおきるだろう。

結果論の誤謬から逃れるためには、
・事実との付きあわせる
・順問題として(実験などによって)解いてみる
・複数の分析者の間で討論する
ということが書かれていた。

うちの上司も、事故が起きた都度この本に書かれていたことを徹底させるが
なかなか勉強しているなと思った。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年01月05日 04:49 ] その他工学 | TB(-) | CM(0)

トコトンやさしい コンカレント・エンジニアリングの本

私が15年ほど前、新しい生産管理システム導入プロジェクトに携わっていた
とき、目標の中のキーワードに「コンカレントエンジニアリング」というものが
あった。

そのプロジェクトでは、PDL(設計管理システム)とスクラッチの生産管理シス
テムとを連携させ、設計部門、生産部門の情報共有をはかり、納期短縮
コスト削減、品質向上をしましょうというものだった。

当時、自分が運用や保守を担当した従来の生産管理システム以外の世界
を知らなかったということもあり、新しいことに参画できるという喜びもあった。

結局、プロジェクトは立ち上がったが設計管理システム、生産管理システム
はそれぞれ独立してしまい、連携機能は使われることはなかった。

この本を読んで、なぜ、プロジェクトが失敗したのかよくわかった。

結局、ツールを導入しただけでコンカレント・エンジニアリングができるので
はなく、商品企画、製品開発、設計、設備、製造などの部門が全社的な
目的を共有し、製品を企画して廃止するまでのライフサイクルをどうしてい
くかを考えていかなければ無理であり、そういう土壌がなかったということ
である。

製造の問題点を設計の段階から製造側に指摘させ手戻りを少なくするフロ
ントローディングや、設計側の課題を製造側に早めに提示し製造側に案を
出させるアーリーソーシングなどの考えを積極的に取り入れていくことが
コンカレントエンジニアリングということがわかった。

本の途中で、どこかでみた概念図があるなと思って出展を見てみると、
当時のプロジェクトで導入したPDMだった。

そのPDMツールはこの著者の会社であるデンソーさんでは、ちゃんと
機能していたのだろう。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年11月06日 04:21 ] その他工学 | TB(-) | CM(0)

交流のしくみ

「交流のしくみ」というタイトルの本ではあるが、交流を知るためには、ちゃんと
直流についても理解しなければならないので、本の最初の1/3は電気について
直流をベースに解説してくれているが、これがなかなかわかりやすい。

高校のとき、コイルの自己誘導とかいまいちよく理解できず、苦手だった印象
が残っているが、この本の解説を読んで、きちんと理解できた。

電流を流すことによって、コイルから磁界が発生するが、それを妨げる磁界が
発生するため、電源をつけてもすんなりと電流が流れないようになっている
ということである。

あと、三相交流の話では、単に電流や電圧の向きが時間の経過の中が交互
に入れ替わるという話だけではなく、3本の電線に120°づつ位相をずらした
交流の電圧をかけた場合、3本の両端で電圧、電流の和が0になる。

これにより大電力送電に適していたりするらしく、また、回転する磁界が得ら
れるため、これを応用して交流モータが作られていることがわかった。

3phase_AC_wave.gif
三相交流電圧の波形



あと、インバータ。

論理回路でNOT回路のことをインバータというが、直流を交流にする技術も
インバータというのはなぜなのか、ということがエンベデッドシステムの勉強
のときには分からなかったっが、
「電圧を変換する」といえば、昔は、交流から直流にするしか用途がなかった
という歴史がずっと続いており、20世紀後半ごろから直流から交流に
「逆変換」する技術が生まれ、「逆」だからインバータと呼ばれるようになった
とのことである。

インバータは弱電の世界では、デジタルをアナログに変換するが、強電の
世界では直流を交流にすることというのは、私にとって、いい発見だった。

40代のおやじなら

「とりかえるーならインバータ、ナッショナルーのインバータ」

というCMが記憶にある人が多いと思うが、このインバータ技術により、世の
直流モータは、回転数や向きを制御しやすく小型化可能な交流モータに
置き換わっていったのである。

あの、CMが時代の転機の一つだったのかと、しみじみ思う、旅好きおやじ
であった。






最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年10月29日 04:19 ] 電気・電子工学 | TB(-) | CM(0)

最新「鉄」の基本と仕組み

鉄は紀元前25世紀に普及したと言われる人類と関わりの深い金属であり、
産業の区分でも「鉄鋼」と「非鉄金属」と、鉄とそれ以外といった分類をされる
ほど特別な存在である。

そんな鉄について、歴史やら、化学的な話、宇宙の始まりから鉄という元素
ができるまで、製法など、コレでもかと言うぐらい鉄に関して説明されている
本ではあるのだが、鉄に対する愛が強すぎて、鉄に関する著者の曲の譜面
まで載せており、これには流石に誰もついていけないだろうし、本の冗長な
部分であった。

この本を読んで知ることができたのは、鉄は常温では磁性を帯び体心立方
格子の結晶構造(α鉄)をとっているが、911℃~1392℃になると面心立方
格子(γ鉄)になり磁性を失い、1392℃~1536℃になると再び体心立方格子
(δ鉄)になり、1536℃以上になると鉄は液体になるということである。






最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年10月05日 04:29 ] 化学 | TB(-) | CM(0)

アルミの科学

アルミは天然の状態では他の元素と結びついて、様々な化合物に変身して
いたため、古代から使われていた鉄や銅と違い、人間が本格的に使うよう
になってから、まだ1世紀とちょっとしか経っていない。

アルミは最初1825年に発見された後、30年後のパリ万博で展示された時
にはまだ貴重な金属で、金や銀ぐらいの扱いを受けていたのだが、1886年
に発明された電解法という方法を使って、氷晶石などのアルミ化合物を高
温で溶かした液を電気分解することで取り出されることがわかると、一気に
広まり、1852年には1ポンドあたり545ドルかかっていたのが、1890年に2ド
ルで作れるようになり、更に30セントぐらいで作られるようになり、普及して
いったという歴史を持つ。

アルミは他の金属と違い、加工もしやすく軽く、磁気も帯びず、他の金属と
混ぜて合金にすると丈夫にもなるのでアルミ缶やアルミ箔だけではなく、
車やバイク、新幹線、飛行機、建物の材料、印刷のための印刷板など、
想像しているより色んな用途で利用されていることが勉強できた。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年09月26日 04:34 ] 化学 | TB(-) | CM(0)

振動する世界

振動と言えば揺れることで、高校物理では単振動について習うが、工学的
には、振動を抑えるための技術として振動学が発展してきたという。

揺れというと地震に対する免震技術が一番最初に思い浮かび、その技
術として、磁場をかけると粘性が変化するようなMR流体というものがあ
り、これが応用されているという。

他にも電圧をかけると粘性が変化するER流体というものもあり、これは
車のブレーキに応用されているという。

そんな、揺れを抑えるための学問についてこの本が書かれていたが、
一番興味があったのはそこではなく、ニュートンとフックの話だった。

ニュートンは誰でも知っている偉人で万有引力を発見した人であり、
フックの方はいささかマイナーになるが、物理で必ず勉強する、
力とバネの長さの関係を表すフックの法則を見つけた人である。

振動は慣性力(ニュートンの力)と復元力(フックの力)がケンカして
互いにやり取りをする現象なのだが、こういった物理法則の上だけでは
なく、この2人は折り合いが悪いことで有名だったらしく、何かと対立し、
フックの死亡後にイギリスの王立協会の会長になったニュートンは
教会の建物の移転の際にフックの肖像をすべて捨てたという話である。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年09月23日 04:10 ] その他工学 | TB(-) | CM(0)

データ分析の基本と業務

自分の仕事で使うデータ分析といっても、平均や加重平均、あとはせいぜい
散布図でプロットを打って、相関分析や回帰分析(最小二乗法)する程度しか
しないので、この本に書かれている他の基本的なデータ分析の手法と活用例
は参考になった。

数学で習った相乗平均こと幾何平均は時系列のデータを使って成長率を計
算で使うことや、聞きなれない調和平均は交流回路の抵抗値の計算で既に
知っているという話とそれだけでなく仕事の生産性の分析をする際に役に立
つことなど、分析の活用例が載っていることがよかった。

あとは、大学で習ったはずだがさっぱり忘れている、主成分分析もEXCEL
の機能であるソルバーを使えば、複数の属性、例えば学校の科目の英語、
国語、数学、理科、社会といった点数から、生徒の得意な傾向が、英語、
国語、社会という文系科目が得意な生徒と、数学、理科といった理系科目
が得意な生徒が出てきて、主成分に文系科目、理系科目とあぶりだせる
ことができ、これがマーケティングでの傾向分析に役立てることができる
などがわかった。

あと、データマイニングの手法として、同時に起こる可能性の高い現象の
組み合わせを見つけるアソシエーション・ルールでは、マーケティングの
世界でよく言われるビールの売れ行きからいっしょに紙おむつが買われて
いるというのを見つけることができたり、次の行動を予測するシーケンスと
いう手法では、顧客の年齢や性別によって次に買うものを推測できるので、
メールマガジンで商品を紹介するといったことができるという。

他にもいろいろと紹介されていたが、私ぐらいのデータ分析しか仕事で使っ
ていない人が読むにはちょうどいい本だった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年08月26日 04:47 ] 数学 | TB(-) | CM(0)

消えた反物質

同じようなタイトルの本を4年前にも読んだことがある。

燃えつきた反宇宙(2012/3/28)
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-entry-480.html

あれから、量子力学に関して、いろいろな本を読み漁っているが、ノーベル
賞受賞者の小林先生の本ということで、興味深く読んだ。

ノーベル賞は2008年に受賞し「小林・益川理論」と「CP対称性の破れ」の起源
の発見から、1970年代にそれまで3種類しかないとされていたクォークが3世代
以上(6つ以上)あることを予言というか提唱した。

その後、20年かけて1995年までに6つのクォークが発見され、小林・益川理論
の正しさが実証され、ノーベル賞の受賞に至ったわけである。

そのCP対称性の破れという理論が、物質と反物質の話に関係してくる。

反物質とは陽電子とか反陽子など、電荷が逆になっている粒子であるが、
我々の周りには、特殊な条件下以外で反物質を見つけることができない。

宇宙ができた時には、双方とも存在したが、物質と反物質が反応し対消滅
した結果、物質のほうが量が多かったからか?

と4年前に読んだ「燃えつきた反宇宙」前述した本を読んだときは思ってい
たが、そうではなく弱い力が作用することにより粒子の電荷やらパリティ
対称性(鏡に映したように対象にしても物理的に変わらないこと)を破って
しまうことが原因であるということを把握することができた。

このCP対称性の破れから、強い力の理論である量子色力学という理論を
生み出たり、高エネルギーの加速装置を使った実験をしたりして、直接観測
することのできないクォークの種類を6種類だと理論づけし、素粒子物理学の
基礎を作ったのが日本人であるというのは誇らしい限りである。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月29日 04:59 ] 量子・宇宙・相対論 | TB(-) | CM(0)

宇宙は無数にあるのか

宇宙のありかたを決める6つの数があるという。

N:重力の弱さを示す数(電気のクーロン力÷重力)
ε:核融合率。核融合の前後でどれだけ質量が軽くなるかを示す数
Ω:物質の密度を示す数
λ:真空のエネルギーの大きさ
Q:銀河団など大きな構造のまとまり具合
D:次元

この6つの数のバランスが少しでも崩れていたとするならば、惑星が
存在できない世界、ヘリウム以上の重い元素の存在できない世界となり
人間は存在できない。

この6つの数が、人間にとって非常にバランスよく構成されているのは、
なぜか?

この6つの数が色々な値をとる宇宙が無数にあり、たまたま、人間に都合
のよい宇宙がこの宇宙なのだという。

人間が存在できているから、この宇宙の6つの数がバランスよい値を
取っているのである。

また、6つの数のバランスの悪い宇宙は、そもそも観測者が存在し得ない
宇宙であり、そんな宇宙など存在しているといえるのか?

なんとも、面白い哲学的な話である。

でも、宇宙が無数に存在するという仮説も、宇宙が1つしかないという仮説
もともに検証しようがないし、1つしか無いと考えるより無数に存在すると
考えたほうが面白いと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月22日 04:30 ] 量子・宇宙・相対論 | TB(-) | CM(0)

まだ誰も解けていない科学の未解決問題

最近、数学とか物理のいわゆる「未解決問題」に興味があるため、その界隈
の本を読み漁っている。

そんな中で、竹内先生の分かりやすそうな未解決問題の本があるので、
図書館で借りてみた。

この本を読んで2点ほど書きたい。

12個の未解決問題が挙げられ、物理や数学だけではなく身近な未解決問題
にもこの本では触れられていたが、その中でも「心脳問題」が一番興味深かっ
た。

我々人間を構成する物質は分子からできており、いろんな化学反応やら、
電気信号により生命活動をしているわけだが、その中でも我々の「意識」と
いうのは、物理や化学でいうと何でできているのか?というと色々な説は
あるものの何も解決していないという。

心と体については哲学的なアプローチについては、昔、高校の現代社会な
どで習った覚えはあるが、科学的なアプローチなど考えたこともなかったので
これから深堀して調べたいテーマの一つになった。

あと、もう一つは「問題」に関する考え方である。

我々社会人は「問題」には未解決であるのが当たり前だと思えるわけであるが、
学生のころには解決している問題についてその解き方を教えられる。

学生は、学校で解答のある問題ばかりといていたので、社会に出て未解決な
問題にぶち当たるわけであるが、そこで世の中は未解決の問題もあるのだと
思える人間と思えない人間がいて、そこで最初の振り分けが始まるのだと
改めて思った。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月15日 04:44 ] 生物 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



読書メータ
旅好きおやじさんの読書メーター 旅好きおやじさんの読書メーター 旅好きおやじの今読んでる本 旅好きおやじの最近読んだ本
ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
254位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム