日本100名城訪問記 その34(長篠城 2017/05/03)

日本100名城、34番目の訪問は長篠城である。

「長篠の戦い」という単語は、日本の歴史で習う戦国時代の出来事の中でも、
かなり有名な部類の戦いで、小学生の時に社会科が苦手だったという人でも
知っている出来事の一つではないだろうか。

最近の小学校6年生の社会科学習指導案の、戦国時代の天下統一に関する小単元
を見ても、武田信玄の強さとか、織田軍が最強騎馬隊の武田氏をなぜ倒すことが
できたのかみたいなことを考えさせる様になっていたりする。

それほど有名な長篠であるが、東海道新幹線の通り道から少し外れているため、
なかなか訪問しにくい場所にある。


新幹線で行く場合、豊橋駅で降りたあと、飯田線という聞きなれない路線に乗っ
て、長篠城という駅で降りる。
20170503-14.jpg


駅舎は城の入り口をモチーフとしているが、待合室となっており駅員は常駐して
いないし、券売機もない。
20170503-16.jpg

駅前の略地図を見て位置関係を確かめる。
20170503-63.jpg

駅を出たあとは少し歩いて左に曲がると、道なりに行ける。
20170503-17.jpg


のぼりが上がっているが、ゴールデンウィークに行われるイベント用である。
20170503-18.jpg

長篠城址到着。この建物はスタンプが設置している長篠城址史跡保存館。
20170503-19.jpg

入り口。立体絵に磔になっている男がいるが、長篠の戦いの重要人物の1人である。
20170503-20.jpg

名前を鳥居強右衛門(とりいすねえもん)という。

足軽という一番下っ端の身分でありがながら、こうやって歴史に残るというのは
異例である。
武田軍に囲まれた長篠城で敵軍に捕まり、城兵に降伏するように伝令せよと武田
軍から命令されるが、反対に城兵に徳川軍の援軍がもうすぐくるからと伝令し城
兵の士気を上げたため、長篠城は持ちこたえることができ、教科書で習う長篠の
戦いのエピソードにつながっていくのである。


保存館の入場料は210円。
20170503-64.jpg

入り口でスタンプを押すことができる。
20170503-65.jpg

甲冑。
20170503-66.jpg

当時の織田、徳川、武田の勢力図。
20170503-21.jpg

すねえもんの偉業が説明されていた。
20170503-22.jpg

長篠の戦いといえば鉄砲というイメージがある。
20170503-23.jpg

鉄砲も活躍したが、鉄砲を活躍させることができたのは、武田騎馬隊の突撃を
とめることができた、堀や馬防柵のおかげで、そこに武田軍をおびき寄せるこ
とができた戦略面によるところが大きい。

小学校でこういったことを教えても退屈になるので、鉄砲というセンセーショナル
な武器を使ったことを全面に出しているのだろう。

城の庭
20170503-24.jpg

土塁。
20170503-26.jpg

城から少し離れたところに馬場信房の墓があるので行ってみた。
20170503-67.jpg

馬場信房の墓。
20170503-68.jpg

信長の野望などのゲームをする人にとっては、この信房はぜひとも手に入れたい
武将の一人である。

長篠合戦の前にすでに武田信玄は病気でなくなっており、大将はその息子の
武田勝頼に変わっていた。
この戦いで、武田四天王の馬場信房、内藤昌豊、山県昌景、高坂昌信のうち、
高坂を除く3人の武将は戦死し、武田氏の滅亡を早めたという。

信玄が亡くなり、武将たちが死に場所を求めたためというが、武田軍の戦い
のスタイルが指揮官クラスが前面に出て戦うというものだったため、たとえ
信玄が合戦を指揮していても同じぐらいの犠牲は出たのだろう。

ただし、信玄の場合、そもそもこんな愚かな戦いに誘導されることはなかっ
たと思うが。

長篠城データ
別名末広城、扇城
城郭構造平城
天守構造
なし
築城主菅沼元成
築城年永正5年(1508年)
主な改修者奥平信昌、徳川家康
主な城主菅沼氏、奥平氏
廃城年天正4年(1576年)
遺構曲輪、土塁、空堀、石垣
指定文化財
国の史跡(城跡の一部)
再建造物
なし
位置愛知県新城市(北緯34度55分22.14秒 東経137度33分35.45秒)
交通手段JR豊橋駅から飯田線58分長篠駅下車徒歩8分
スタンプ新城市長篠城址史跡保存館窓口(火曜日定休)



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年05月26日 04:50 ] 愛知県 | TB(-) | CM(0)

2017年東海・近畿旅行記

ゴールデンウイークに、100名城めぐりの一環として、東海、近畿地方でまだ
訪問していない城に行ってきた。

城巡りだけだと単調になるので、途中経路にある観光地なども同時に回った。

訪問した100名城のうち、2つは日本三大山城と言われる岩村城と高取城と
いうことで、城巡りというより登山であり、非常に疲れた。

これで、東海地方の東海、近畿地方の100名城は松阪城と兵庫県の5つの
城の6城だけとなった。

お時間がある人は見てほしい。

2017年東海・近畿旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/domestictrip/201705Tokaikinki/index.htm



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年05月22日 04:14 ] 愛知県 | TB(-) | CM(0)

2017年 ゴールデンウィークの予定

今年のゴールデンウイークは、5/1と5/2を休めば9連休となるわけだが、私は
この2日間は普通に出勤する予定なので、5/3~5/7の5日間の休みとなる。

人間、あまり休みが多くストレスから離れると、ダメになるので、このぐらいの
休みがちょうどよいように思う。

ゴールデンウィークは妻子が実家に帰ることもあり、私は暇である。

5日もあるのだから、今年の目標である40名城登城を目指すため、城巡りを
することにした。

現在以下のように33名城に登場している。
20170407.png

図を見てわかるように、東海地方、近畿の東部、兵庫県が空白となっていて
連続していないことがわかる。

これは個人的に非常に気持が悪い。

このうち、兵庫県については実家に帰ったついでに寄ることもできるので、後
回しにして東海地方、近畿の東部の城を攻めようと思う。

5月3日は妻子を見送った後、新幹線の豊橋駅まで行き、そこから愛知県の
長篠城を目指す。
この日はこれだけにして、名古屋のカプセルホテルに泊まる予定である。

5月4日は朝早くから名古屋を出て、岐阜県の岩村城をめざし、昼過ぎに滋賀
県北部の小谷城を目指したいと思う。
泊まるところは決めていないが、草津か伊賀上野辺りがよさそうである。

5月5日は三重県の伊賀上野城に寄った後、奈良県の高取城を目指し、大阪
のカプセルホテルに泊まる。

5月6日は大阪でゆっくりした後、今回は実家に寄らず、横浜に戻ろうと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年04月08日 04:20 ] 愛知県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その13(岡崎城 2016/10/25)

日本100名城、13番目の訪問は岡崎城である。


岡崎城は、徳川家康生誕の城として有名である。築城は1455年三河守護代
西郷氏が築城したが、その後、松平氏が西郷氏を破り城主となる。

1542年に竹千代(後の徳川家康)に生まれる。織田氏や今川氏の人質となり
この城を離れたが、桶狭間の戦いで今川義元が討ち死にすると、今川氏が
放棄した岡崎城に入り、今川氏から独立する。

そんな歴史の舞台になった城である。

岡崎城の最寄り駅は名鉄東岡崎駅になる。
20161025-22.jpg


行きも帰りも 岡ビル百貨店。
20161025-23.jpg


1年半ぶりに岡ビル百貨店にも入ってみたが、3階でキッチン「こも」が
孤軍奮闘していた。
20161025-24.jpg


人口約38万人というそこそこの都市でありながら、駅前は寂れており
場末感たっぷりである。
20161025-25.jpg

車文化の愛知県の地方都市ともなると、電車を利用せず、車を使って
イオンモール岡崎などの郊外のショッピングモールのほうが集客できる
のだろう。

乙川の橋を渡り、
20161025-26.jpg

乙川沿いに西側に歩いていく。
20161025-27.jpg

竹千代通りを歩く。
20161025-28.jpg

岡崎公園に到着。東岡崎駅から歩いて15分ぐらい。
20161025-29.jpg

天守閣に向かう。
20161025-30.jpg

龍城神社。東照宮(徳川家康を祀る神社)の一つである。
20161025-31.jpg

岡崎城。松が邪魔で城の全景が撮れない。
20161025-32.jpg

200円払って天守閣の中に入る。
20161025-33.jpg

スタンプゲット。
20161025-34.jpg

天守閣の上層階に上がる。
20161025-35.jpg

甲冑。
20161025-36.jpg

岡崎城の地図。
20161025-37.jpg

顔出しパネル。
20161025-38.jpg

天守閣から岡崎市の風景を望む。
20161025-39.jpg

この日は1日4城をめぐることにしていたので、このぐらいにして次の城に
向かう旅好きおやじであった。

岡崎城データ
別名龍城
城郭構造梯郭式平山城
天守構造複合連結式望楼型3重3階(1617年築・非現存)
復興(1959年(昭和34年)再・RC造)
築城主西郷稠頼・頼嗣(三河国守護仁木氏の守護代)
築城年享徳元年(1452年)(享徳4年説あり)
主な改修者松平清康、田中吉政
主な城主西郷氏、松平氏、田中氏、本多氏、水野氏
廃城年明治6年(1873年)
遺構石垣、堀
指定文化財岡崎城跡(岡崎市指定史跡)
再建造物天守・門
位置愛知県岡崎市(北緯34度57分22.71秒 東経137度9分31.7秒)
交通手段名鉄「東岡崎駅」徒歩15分
スタンプ岡崎城天守1階



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年11月18日 04:06 ] 愛知県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その12(名古屋城 2016/10/25)

日本100名城、12番目の訪問は名古屋城である。

戦国時代好きにとっては、「なごやじょう」といえば、織田信長が生誕した
「那古屋城」のことを思い出すが、「那古屋城」は信長が清須に移ったとき
に廃城となった。
いまの「名古屋城」は、徳川家康が九男義直のために、天下普請によって
築城された城である。

以後、尾張徳川家の尾張藩の居城として、明治時代まで利用された。

名古屋城全体は、名城公園として整備され、地下鉄名城線に名城公園という
駅もあるが、天守へは市役所駅が近い。
20161025-01.jpg

7番出口を出ると、城の城門のような出口に出る。
20161025-03.jpg

これが市役所。
20161025-02.jpg

名城公園のご案内で道を確かめる。
20161025-04.jpg

名古屋城には過去に2回来たことがあるが、1回も天守閣に上ったことはない。
20161025-05.jpg


入場料は500円だが、この日は天守閣2階で「描かれた名古屋城、映された名古屋城」
という特別展がやっているので800円払って入った。
20161025-06.jpg

入場口の係員がスタンプを持っており、いちいちお願いしないといけない。
20161025-07.jpg

ここでも菊花展がやっていた。初代城主徳川義直。
20161025-08.jpg

加藤清正像。
20161025-09.jpg

関ヶ原の戦いが終わり、徳川家は権威を盤石にするため、大名たちを疲弊させる
ために「天下普請」であちこちに作った。

加藤清正もこの名古屋城を普請する際にこのように陣頭指揮をとったという。

さらに城門をくぐる。
20161025-10.jpg

今年(2016年)に復元された本丸御殿。
20161025-11.jpg

金屏風など絢爛豪華な部屋がこれでもかというぐらいあった。
20161025-12.jpg

いよいよ名古屋城天守閣に近づく。
20161025-13.jpg

名古屋で観光というと名古屋城ぐらいしかないと、地元の人も自虐的に言うが、
そのため、休日に行っても大行列のためなかなか中に入れなかった。

今回は、2日有給をとって東海道線城巡りをしており、平日ということもあり
すんなり入れた。
20161025-14.jpg

金のしゃちほこ。
20161025-15.jpg

「尾張名古屋は城で持つ」とよく言われるが、この金のしゃちほこはすべてが金
でできていたため、この鯱が溶かして使われずに名古屋城があるうちは、尾張
藩は財政的に安泰だという意味らしい。

木枠の名古屋城模型。
20161025-16.jpg

城巡りで甲冑ばかり撮っていたので、たまには刀でも撮ってみる。
20161025-17.jpg

明治時代の名古屋城。
20161025-18.jpg

せっかくの名古屋城も、太平洋戦争での空襲により焼夷弾の餌食になり消失して
しまう。再建されたのはその14年後の1959年である。

徳川の籠。
20161025-19.jpg

6階はなぜか入れないようになっていた。
20161025-20.jpg

7階の展望台からの景色。
20161025-21.jpg

念願の名古屋城に上れて、満足しながら次の城、岡崎城に向かう旅好きおやじ
であった。

名古屋城データ
別名金鯱城、金城、柳城、亀屋城、蓬左城
城郭構造梯郭式平城
天守構造連結式層塔型5層5階地下1階1612年築 (非現存)
1959年再建(SRC造・外観復元)
築城主徳川家康
築城年慶長14年(1609年)
主な改修者名古屋城再建委員会
主な城主尾張徳川家
廃城年1871年(明治4年)
遺構櫓3棟・門3棟、庭園、石垣、堀
指定文化財国の重要文化財(櫓3棟、門3棟)
再建造物大小天守、正門
位置愛知県名古屋市(北緯35度11分7.77秒 東経136度53分56.71秒)
交通手段地下鉄名城線「市役所駅」7番出口より徒歩5分
スタンプ名古屋城正門改札所、東門改札所



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年11月17日 04:24 ] 愛知県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その11(犬山城 2016/10/24)

日本100名城、11番目の訪問は犬山城である。

戦国時代に多少詳しい私でも、犬山城といってもいまいちピンとこない城で
あるが、1537年に織田信長の叔父、織田信康によって築かれた城で、現存する
最古の城とのことである。

しかも、江戸時代の尾張藩付家老の成瀬氏が城主になってから、明治、大正、
昭和、平成と2004年まで城主でその後、財団法人犬山城白帝文庫の所有になり
現在に至っているという。

昭和27年に国宝に指定されいる。


最寄り駅は名鉄犬山駅。名鉄名古屋から犬山線で直通で行ける。
20161024-47.jpg

ちなみに、この日は名鉄岐阜駅から各務原(かかみがはら)線、犬山線と乗り
ついで行った。

犬山駅を降り徒歩で犬山城に向かう。
20161024-48.jpg

駅前は場末感に満ちているが、少し歩くと、
20161024-49.jpg

このように城下町の風情に変わる。
20161024-50.jpg

なかなかいい雰囲気である。
20161024-51.jpg

徒歩10分ぐらいで犬山城の麓の三光稲荷神社に到着。
20161024-52.jpg

ドラクエ3のジパングのような鳥居をくぐる。
20161024-53.jpg

入場料金550円を払う。
20161024-54.jpg

犬山城
20161024-55.jpg

立派な城である。つい最近まで個人所有というのもすごい話である。
20161024-56.jpg

靴を脱ぎ中に入る。場内に石垣があった。
20161024-57.jpg

甲冑。
20161024-58.jpg

急な階段。
20161024-59.jpg

今回の旅で、数カ所、城の天守閣に入ったがどこもこんな感じ。

昔の人はせいぜい人生50年だったので、足腰が立たなくなるまで
老いるということはなかったので、問題はなかったのだろう。

天守閣最上階からの風景。
20161024-60.jpg

木曽川方面。
20161024-61.jpg

スタンプは門2階の管理事務所に設置されてある。
20161024-62.jpg

スタンプゲット。
20161024-63.jpg

門2階事務所は入場口より奥にあるので、スタンプをゲットするためには
残念ながら550円を支払わなければならない。

犬山城データ(Wikipediaより)
 別名    白帝城
 城郭構造  平山城
 天守構造  複合式望楼型 3層4階地下2階(1620年改)
 築城主   織田広近
 築城年   1469年(文明元年)
 主な改修者 織田信康
 主な城主  織田氏、豊臣氏、石川氏、平岩氏、成瀬氏
 廃城年   1871年(明治4年)
 遺構    現存天守、石垣、土塁
 指定文化財 国宝(天守)
 再建造物  櫓、門(模擬)
 位置    愛知県犬山市(北緯35度23分17.96秒 東経136度56分21.34秒)
 交通手段  名鉄犬山駅より徒歩10分


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年11月13日 04:07 ] 愛知県 | TB(-) | CM(0)

2015年東海3県旅行記

今年のゴールデンウイークは、昨年に引き続き東海地方の3県を旅した。

昨年は岐阜、愛知、静岡だったが、今年は静岡に変わり三重県を旅した。

新日本DEEP案内で紹介されていた渡鹿野島とか岡ビル百貨店、保見団地や
セクハラ寿司といったスポットを中心にしながら、戦国時代のお城や伊勢神宮と
いった、定番的なスポットも周ることができ、充実した旅をすることができた。

ホームページでは旅を総括した内容にしているのでおとなしめに書いているが、
面白かったスポットについては、個別にこのブログでも紹介してみたいと思う。

2015年東海3県旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/domestictrip/201505Tokai/index.htm

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年05月11日 04:17 ] 愛知県 | TB(-) | CM(0)

2014年東海3県旅行記

少し遅くなったがゴールデンウィークに、岐阜・愛知・静岡の東海3県を旅行し
たときの旅行記が出来上がった。

私は大阪生まれ、大阪育ちであるが、社会人になり関東に来たので、里帰りの
際には東海道新幹線を使うのだが、殆どの場合この3県は素通りするだけで、
名古屋駅と岐阜羽島駅、熱海駅以外では降りたことがなかった。

今回は、名古屋で降りて下呂温泉で1泊、名古屋で2泊目で、帰りは浜松駅と
静岡駅に途中下車し、街の様子を観に行ったりして3日間を過ごした。

途中、会社で仕事をしていた部下から緊急の電話がかかったりして、十分に
リラックスはできなかったが、楽しむことはできた。

2014年東海3県旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/domestictrip/201405Tokai/index.htm

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2014年05月15日 04:38 ] 愛知県 | TB(-) | CM(0)

名古屋での元旦

昨日は、元旦恒例のブレイク氏との初詣に出かけた。

私も、ブレイク氏も大阪の人間なので今までの初詣は京都や神戸の神社にし
か出かけていなかったのだが、昨年、伊勢神宮に出かけたことをきっかけに、
初詣は京阪神を離れるようになった。

今回は、熱田神宮である。

前の日は、心斎橋のカプセルホテルに宿泊し、朝の8:00に大阪のなんばを出
発し、近鉄アーバンライナーで約2時間乗って、名古屋駅に到着した。



名古屋駅で東海道線に乗り換え、隣の隣の駅である熱田駅に向かった。



熱田駅を降りると、「電波学園」という学校法人の看板があった。



5分ほど歩くと、熱田神宮に到着した。



時間は午前、10時から11時の間なのだが、ストレスを感じない込み具合で
あった。



本宮に向かう。



ちなみに、熱田神宮といえば、信長ファンにとっては絶対押さえておきたい神社
である。
1560年、駿府・遠江・三河、つまり、現在の静岡県全域と愛知県の2/3を押さえ、
最も天下に近かった大名である今川義元が、上洛(京へ向かうこと)しようとし
た際、信長の領地に攻めいった。

絶体絶命の織田信長は、雨になることを予測し田楽狭間で休憩する義元を、
奇襲する際、この神社で戦勝祈願をし、見事に義元を討ち果たし、その後、
戦国一の大大名になりあがったのである。



私も、昨年は資格試験で負け続けたので、今年こそはと賽銭箱に100円玉を
投げ祈った。



不況のせいかもしれないが、あまりお札は投げられていなかった。

次に、おみくじをひいた。



結果は小吉である。

仕事運である商売は他人の世話をすれば良い。
学業つまり資格の勉強は、怠らず励むべし。なるほど。
旅行は行きて吉、病気は治る。
転居は移らぬ方が良い。引越したばかりなので移ることは無いが、会社の事
務所移転があるので少し心配か。
方角は南よし。そういえば、今年は東南アジアと沖縄に行くかな。
全部良いように解釈できそうなお告げである。



熱田神宮を参拝した後は、名古屋駅にある「世界の山ちゃん」という手羽先
屋に入った。



手羽先がなかなかうまかった。

昨年も、伊勢神宮の参拝の後、名古屋駅の近くの飲み屋で手羽先を食べ、あまり
感動もなかったのだが、こちらの手羽先は塩コショウが効いているばかりではなく、
肉が骨からするっと抜け非常に食べやすいのである。



手羽先を食べた後は、名古屋城に向かうため地下鉄を2本乗り継いだ。
残念ながら、名古屋城は閉まっていた。



仕方が無いので、入り口から名古屋城を撮って帰ることにした。



一年の計は元旦にありというが、おいしい手羽先を食べることもできたし、
おみくじも小吉ながら内容は良いようである。

今年一年もいい年でありますようにと思いながら、JR名古屋駅の改札の前で
大阪へ帰るブレイク氏と別れる旅好きおやじであった。

ただ、娘も今年3歳を迎え、記憶が大人になっても残ってくる時期になる。

娘が親離れする頃、恐らく今後12~3年は、ブレイク氏と元旦を一緒に過ごす
こともないだろう。ブレイクさんも来年は元旦を家族で迎えてください。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年01月02日 03:13 ] 愛知県 | TB(-) | CM(2)

来年の初詣

元旦といえば初詣である。

年末年始は大阪に帰省することが多いが、このブログに遊びに来てくれる
ブレイク氏とつるむことが多い。

思い出してみると、
2010 - 11の年末年始は伊勢神宮(ブレイク氏)
2009 - 10の年末年始はUSJ(ブレイク氏)
2008 - 09の年末年始は仕事でドツボに嵌り精神的にまいり妻の実家で寝込む
2007 - 08の年末年始はインド(妻)
2006 - 07の年末年始は神戸の生田神社(ブレイク氏)
2005 - 06の年末年始は鎌倉の鶴岡八幡宮(妻)
という感じである。

今年も年末年始に大阪に帰省する予定であるので、ブレイク氏とは西日本の神
社に初詣に行きたいと考えている。

特に元旦は、ぷりきっつあんとは都合が合わないため、つるむことはほとんど
無いのだが、もし、ぷりきっつあんがこのブログを見てくれていたら、提案してみ
たい。来年の元旦は3人で初詣するのはどうだろうか?

できれば、織田信長が桶狭間の戦いの際、戦勝祈願に行った熱田神宮に行き
いろいろな意味で必勝祈願をしたいと考えている。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月18日 00:15 ] 愛知県 | TB(-) | CM(2)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
817位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
155位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム