2015年中国旅行記(紹興・上海編)

かなり時間が経ってしまったが、ようやくシルバーウィークの中国旅行記
の後編の編集が終わったので公開したい。

観光的には魯迅や紹興酒の故郷である紹興と、上海の代表的な観光地
を周った。

前編である上海・南京編はどちらかと言うと、政治的な内容が多かったと
思うが、後編の紹興・上海編は、中国人の仕事ぶりをサブテーマとして
書いてみた。

人間、緊張感とか危機感を持たなければならないということは、嫌なこと
であるが、こういった感覚を持たなくなったら、怠けてしまうということが
目の当たりに出来た。

これは、ソ連などの東側諸国が崩壊した要因の一つである。

日本のようにやり過ぎた顧客サービスがいいとは言わないが、中国の
ように店員があからさまに怠けるという状態よりもずっといいと思った。

2015年中国旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/travel/201509China/index.htm


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2015年11月03日 03:42 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

2015年中国旅行記(上海・南京編)

シルバーウィークの9月19日から23日にかけて、上海、南京、紹興を旅した。

旅行目的では、中国がいちばん行っている旅先であるが、行くたびに
色々発見もあり面白い。

旅行記を編集していると、あれも、これも書きたいという感じになり、写真の
枚数では今までの旅行記の中で最多となってしまった。

初日の上海、2日の南京ともただの旅行記ではなく、古代から近代史に
絡めたレポートになっているので、時間が許すのであれば読んでいただ
きたい。

ここ最近、仕事やプライベート、試験勉強などで時間が取りにくく、いつも
よりも編集作業に手こずっており、時間はかかると思うが後編も書くので
楽しみにしていただけると幸いである。

余談だが、旅行で行った南京に纏わる話で、10月に入り南京大虐殺文書
がユネスコの世界記憶遺産に登録されてしまったのは非常に残念なこと
である。

その不名誉を大きく報道しない日本のマスコミはもっと残念である。

日本は、ユネスコに拠出している支援金を全額凍結すべきである。

2015年中国旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/travel/201509China/index.htm

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年10月12日 04:03 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

2015年上海・南京・紹興旅行のしおり

今日から、シルバーウィークの5日間、一人で中国に行く。

毎年、有給休暇をとって海外に行っているので会社の人間に話していたの
だが、今回は言う必要も仕事の調整も要らないし、会社が休みなので、
いちいち仕事のことを気にかける必要もないことがうれしい。

旅行はだいたい次のような感じで行動する予定である。
[]内は交通機関での移動を表す。色は路線の色と合わせている。


■9月19日(土)

移動日:成田 →上海浦東空港

9:50
 成田ターミナル1 NH919便 (飛行時間3時間5分) 

11:55
 空港到着
 ・磁浮線(リニアモーターカー)で龍陽路駅へ(50元:時間7分30秒)
  [7号線 龍陽路 - 東安路 - 徒歩9分]

13:30
 ホテル到着(上海雅舎賓館 1,216元)
  [ホテル - 徐家匯 徒歩25分]
 フランス租界(徐家匯天主教堂、思南公館)
  [1号線 徐家匯 - 黄陂南路 ]
 新天地(新天地、中共第一次全国代表大会会址紀念館)
  [1号線 黄陂南路 - 人民広場 - 徒歩 南京東路]
 外灘、豫園
  [10号線 南京東路 - 常熟路 - 7号線 常熟路 - 東安路]

18:00
 南京、紹興新幹線チケット受け取り(1,220元)



■9月20日(日)

終日:南京観光

6:00
 ホテル出発
  [7号線 東安路 - 常熟路 - 1号線 - 上海火車駅 ]

7:00
 上海駅
  [上海 - 南京 新幹線1時間40分]

8:40
 南京駅
  [1号線 南京駅 - 新街口 - 2号線 雲錦路]
 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館
  [2号線 雲錦路 - 苜蓿園 ]
 明孝陵、中山陵、孫権の墓
  [2号線 苜蓿園 - 大行宮 ]
 総統府
  [2号線 大行宮 - 新街口 ]
 新街口
  [1号線 新街口 - 中華門 ]
 中華門、太平天国歴史博物館
  [1号線 三山街 - 南京駅 ]

18:00
 南京駅
  [南京 - 上海 新幹線1時間39分]

19:39
 上海駅


■9月21日(月)
終日:紹興観光

6:00
 ホテル出発
  [7号線 東安路 - 静安寺 - 2号線 - 虹橋火車駅 ]

9:05
 上海虹橋駅
  [上海虹橋 - 紹興北 新幹線1時間13分]

10:18
 紹興北駅
  [BRT(路線バス) 紹興北駅 - 人民路口]

 魯迅故里
 沈園
  [中興中路を徒歩で]
 八字橋、長橋
 紹興博物館
 中国黄酒博物館

18:54
 紹興北駅
  [紹興北 - 上海虹橋 新幹線1時間26分]

20:22
 上海虹橋駅


■9月22日(火)

終日:上海観光

 ホテル出発
  [4号線 東安路 - 上海体育館 - 1号線 - 錦江楽園 ]

9:30
 錦江楽園

13:00
  [1号線 錦江楽園 - 常熟路 - 7号線 静安寺 ]
 静安寺
  [2号線 静安寺 - 陸家嘴 ]
 東方明珠塔、高層ビル群
  [2号線 陸家嘴 - 世紀大道 - 9号線 打浦橋]
 田子坊
  [9号線 打浦橋 - 肇嘉浜路 - 7号線 東安路 ]
 ホテル着


■9月23日(水)
上海浦東 → 成田


13:05発
 上海浦東 NH920便 (所要時間2時間50分)

16:55 成田着

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年09月19日 03:34 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

中国旅行での両替について

前回、ドイツに海外旅行に行った時、最終日にフランクフルトの駅で現地通貨
が不足してしまい、キャッシュカードでお金をおろした。

すると、レートが日本や現地の銀行で換金するよりいいことに気づいた。

ぐぐってみると、次のようなサイトが出てきた。

人民元に両替する際のレート・手数料が有利なのは?
http://www.c-study.net/2015/03/exchange-japanese-yuan-to-chinese-yuan

サイトを参照すると2015年の8月時点でお得な換金方法が載っていた。

日本円1万円を現地通貨に換金する場合、中国の空港で換金すると
444元、日本の空港内で換金しても467元ぐらいなのだが、
クレジットカードの場合496元と50元近くも違うそうなのである。

クレジットカードでキャシングした場合、返済は60日後になり、さらに
リボ払いなどになってしまうので、リボ払い残高が多くて放置していると
結局利息で損をしてしまうこともある。

この利息についてカード会社に電話して繰り上げ返済した場合、
実質509元にもなってしまうのである。
(振込手数料のない新生銀行なのでこういう技ができるのだが)

その差額65元。1人民元あたり19円で計算すると、1万円につき1,235円
も違ってくるのである。

このことを知ってしまえば、空港で換金するという気は起きないと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年09月15日 05:24 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

京杭大運河

2006年から、毎年1ヶ所以上は行ったことのない世界遺産に行くことにして
いるのだが、今年はまだ行っていない。

上海に行くついでに、どこか世界遺産がないかと調べると、
・蘇州の古典園林
・杭州西湖の文化的景観
・明・清王朝の皇帝墓群(南京)
・京杭大運河

があるが、上の2つは1度行ったことがあるし、3つ目の世界遺産も北京
にあるものではあるが行ったことがあるので、4つ目の京杭大運河を見て
みることにした。

京杭大運河は、中国の北京から杭州までを結ぶ、総延長2500kmに及ぶ
大運河で、隋に時代の610年に完成後、現在でも利用されている。

ただ単に運河だけを見てもしかたがないので、象徴的な場所として、
紹興にある八字橋に行くことにした。

紹興といえば日本では紹興酒で有名なので、紹興酒でも飲みながら、
中国の江南地方の雰囲気を味わってきたいと思う。
hachijibashi.jpg

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年09月07日 04:09 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

孫権ゆかりの地

三国志の3つの国の君主のうち、一番地味なのが呉の君主孫権である。

その孫権が、西暦212年に本拠地を会稽(現在の紹興市)から秣陵に移し、
建業と改名した土地が現在の南京である。

父親の孫堅と、兄の孫策の地盤と臣下を引き継ぎ、赤壁の戦いで曹操
の侵攻を、夷陵の戦いで劉備を食い止め、最終的には魏や蜀よりも、
長く続いた王朝、呉を築きあげた名君である。

ただし、名君だったのは呉の皇帝に即位するまでで、晩年は自らの優柔
不断から、袁紹や劉表などと同じく後継者争いを招き、陸遜などの名臣を
失い、大きく落ちたと言われている。

そんな呉の孫権の墓が、南京市にあるという。

今回の南京訪問の目的は、南京大虐殺紀念館がどういったものなのか
を見に行くことが目的であるが、サブの目的として孫権ゆかりの地も訪ね
てみたいと思う。

kengyo_2015.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年08月30日 04:04 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

上海中心

私が前回上海に行ったのは、2007年なので今から8年前になる。

当時から上海のランドマークといえば、東方明珠塔でその高さは468mである。

ツアコンの陳さんがヨー・ロッ・パと教えてくれたので今でも高さを覚えている。

当時の写真を眺めているとこんな写真が出てきた。
20150808-01.jpg
(2007年4月29日 旅好きおやじ撮影)

あれから、上海万博が開催されたり、高層ビルがどんどん立ち風景も結構
様変わりしてきた。
20150808-02.jpg

この写真を見ると明珠塔の右側にビルがいっぱい立っているのがわかる。

違うアングルから見るとこんな感じ。
20150808-03.jpg

明珠塔も他の高層ビルに圧倒され、目立たなくなっている。

この写真では建設中である右にある高い建物が「上海中心」と言われ、
高さが632mあり、高層ビルとしては、ドバイのブルジュ・ハリファについで
世界第2位だそうである。

東京スカイツリーが634mなので、これより高いビルにしなかったのは、
中国人としては大人な態度であり、大阪の役人も見習って欲しいところである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年08月21日 04:10 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

上海・南京・紹興旅行の準備2(宿泊ホテル)

9月に行く上海旅行で宿泊するホテルは「上海雅舎賓館(ASSET HOTEL)」
というところである。

1泊304人民元(約6,080円)で、物価の高い上海としては安ホテルではあるが、
地下鉄の駅からは近く、朝食も出て、日本人の評判もそこそこ良い。

5日連続でお世話になるホテルとしては申し分ないだろう。

場所は、上海の中心から若干外れるが駅から近ければ問題なしである。
shanghai_201508.jpg

外観はこんな感じ。
shanghai_201508-2.jpg

泊まり心地とかは、また旅行記や4travelなどで紹介したいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年08月18日 04:52 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

上海・南京・紹興旅行の準備1(新幹線チケット)

9月の5連休で上海にいくが、5連休全てを旅行に使うので初日と最終日の
航空券をとって、2ヶ月近くが経ったが、ようやく旅行の60日前になったので、
新幹線のチケットを予約できるようになった。

中国の新幹線は混んでいる時は、すごい並ぶらしいので、多少お金がか
かっても、旅行代理店に頼むことにした。

新幹線のチケットには身分証明書が必要らしく、申込用紙の他にパスポート
のコピーもスキャナでとって、JPEG画像を送った。

上海を拠点にして、南京、紹興との往復チケットをそれぞれとるのだが、
南京は南京大虐殺紀念館が月曜日休みということもあり、9/20(日)に、
紹興は次の日の9/21(月)で取ることにした。

9/20(日)(1等席で往復600元 約11,970円)
G7002便 07:00上海駅発 8:39南京着
G7023便 18:00南京駅発 19:39上海着

9/21(月)(1等席で往復470元 約9,400円)
G7505便 09:05上海発 10:18 紹興北着
G7588便 18:27紹興発 19:50 上海着

とした。

チケットは前日にホテルまで届けてもらえるが、追加で150元取られてしま
うが、やむを得ない。

中国の新幹線は、4年前に一度脱線して死傷者を出したこともあるので、
安全はやや不安であるが、多分何も起きないだろう。
chinasuperexpress.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年07月26日 04:10 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

今年は上海とその周辺ヘ行く

今年は9月に5連休があるので、往復の旅費ができるだけ安く行ける海外はない
かと調べてみたが、最近行った台湾や反日色が濃い韓国を除くと、安くていける
のは中国ぐらいしか無いので、中国に行くことにした。

上海には8年前に行っているが、豫園と外灘を駆け足で通り過ぎたぐらいちょっと
しか滞在していなかったこともあり、上海とその周辺の都市に行くことにした。

[1]9月19日(土) NH919
 東京(成田) - 上海(浦東)
 09:50発11:55着
 エコノミー:S / OK

[2]9月23日(水) NH920
 上海(浦東) - 東京(成田)
 13:05発16:55着
 エコノミー:S / OK

で運賃が64,990円である。

具体的にどこに行こうかは、まだこれから決めるが、
少なくとも、
・上海の定番観光地(外灘、豫園、東方明珠塔など)
・チャッキーのイッツアスモールワールドが見られる錦江楽園
・上海ディズニーランドの出来具合の確認
・南京に新幹線で足を伸ばして南京大虐殺記念館
に行って、

あとは、世界遺産の大運河や、紹興酒で有名な紹興なに足を伸ばせれば
足を伸ばしたい。

あとは、上海雑技団の演技も見たいと思っている。


関連記事
中国文化に触れる旅(上海と南京)(2012/3/17)
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-entry-477.html


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年06月03日 04:43 ] 中国 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
196位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム