明孝陵(南京)

モンゴル人の作った元という王朝も、長年の支配に綻びができ紅巾の乱とい
う反乱が起きた。

その紅巾の乱に加わった乞食僧である朱元璋は、元を討伐し1368年に南京
で即位し国号「明」の皇帝となった。

そんな朱元璋の陵墓が南京にある。

その陵墓は明孝陵といい、北京の外れにある明十三陵などとともに、
「明・清王朝の皇帝墓群」として世界遺産登録されている。

明孝陵は、南京地下鉄の明孝陵・首宿園が最寄り駅になる。
20150920-176.jpg

地下鉄を降りる。
20150920-177.jpg

南京は、北京や上海のように外国人に人気のある観光地でもないので、売り子
もりんご飴かなんかよくわからない国内客向けのものを売っている。

20150920-178.jpg
明孝陵といっても山1つぐらいあり、ここには明の皇帝朱元璋以外にも、
三国志の呉の皇帝の孫権や、中華民国を建国した孫文などの皇帝級の人物
の墓が集中しており、他にも蒋介石の嫁で日本を陥れた宋美齢の邸宅など
もあり、わりと中国の歴史に思いを馳せられる場所でもある。

途中、孫権の博物館などを見学したので、駅から1時間ぐらいかかって
明孝陵に到着

世界遺産の碑。
20150920-074.jpg

明孝陵の案内図。
20150920-181.jpg

一本道を歩き、陵墓に向かう。
20150920-076.jpg

当時30年余りの歳月をかけて、10万人の作業者を使って1381年に完成したという。
20150920-077.jpg

治隆唐宋。
20150920-078.jpg

明の朱元璋の統治は、唐太宗の李世民、宋太祖の趙匡胤を越えたと称えた碑文である。


孝陵と書かれているのは明楼といわれ方城という石垣の上に立てられている。
20150920-079.jpg

朱元璋の絵が飾られている。
20150920-182.jpg

朱元璋の肖像はこのように顎がしゃくれたコミカルなものもあれば、
白髪の仁君みたいなものもあったりする。

この朱元璋は、明を建国した後は、それまで忠義を尽くしてきた部下を
粛清したという。

漢の劉邦も最大の功臣である韓信を粛清したが、生い立ちといい晩年の
状況といいよく似ている。

お土産を買おうと思ったが、あまり歴史とは関係のないペロペロキャンデー
とか、恐らくディズニーに許可を取っていないであろうミッキーやミニーの
キャンデーが売られていた。
20150920-183.jpg


皇帝トランプとかも売られていたが、荷物になるので買わず。
20150920-184.jpg


日本ではガイドブックさえ売られていない南京であるが、北京や上海と
いった有名な観光地に飽きた方は、南京を旅行してみてはいかがだろうか。
20150920-185.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2018年03月10日 04:44 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

紹興の咸亨酒店と孔乙己(コンイーチー)

中学のときの教科書で阿Q正伝という小説を習う。

中国の紹興出身の小説家の魯迅の作品である。

その魯迅は日本にも医学で留学しており、仙台医学専門学校の藤野先生が
小説に出てきたりしている。

阿Q正伝や狂人日記は、印象的な小説だったので、今でも印象に残っている。

そんな魯迅の小説に出てくる咸亨酒店と孔乙己について書いてみたい。

咸亨酒店は新幹線の紹興北駅からバスで30分強の魯迅故里にある。
20150921-171.jpg

魯迅故里の商店街をぬけたところに咸亨酒店がある。
20150921-040.jpg

入り口にヒョロっとした老人の像がある。
20150921-173.jpg

この人物が孔乙己(コンイーチー)である。

孔乙己は科挙という秀才の試験に落ち、また、商人にもなることができず、
書物を書き写したりして一日の糧を得ていたが、怠け心からそれも、やらなく
なり貧困を極めながらも、酒をやめることができず、落ちぶれていく。

孔乙己が飲んでいた咸亨酒店に居合わせた人々は、中途半端な学問しか身
につけられなかった孔乙己を笑い者にし、その咸亨酒店で小僧をつとめてい
た「私」も一緒になって笑うのだが、ある日、孔乙己が、ぼろぼろの姿で現れ
て一杯の酒だけ飲むと、それっきり姿を見せなくなるというストーリーの小説
である。

学問への誇りを捨てられず、かといって働かない怠けものだから金もなく、
最後に消えていくという、示唆にとんだ内容となっている。


小説の「私」になった気持ちで店の中に入ってみる。
20150921-172.jpg

入り口は、立ち飲みコーナ。

小説の中で孔乙己や底辺労働者が立ち飲みしていた場所。

日本語も英語も通じないであろう店に恐る恐る入る。
20150921-174.jpg

なかなかいい感じの店である。
20150921-041.jpg

メニューは実際にカウンターに行って店員に欲しいものを告げる。
20150921-042.jpg

カウンターではカネを払うのではなく、プリペイドカードを買う。
20150921-176.jpg

豚の角煮とか桃とかを頼む。
20150921-043.jpg

皿には咸亨 1894と書かれており歴史を感じる。
20150921-175.jpg

プリペイドカードで勘定を払い店を出る。
20150921-177.jpg

科挙制度と礼教(儒教)が生み出した、無為な人物の存在を批判したこの話、
何か、昔の万年司法試験浪人生とか、勉強しかせず、それを世の中の役に
立てることができない不要な人間の話であり、現代にも通じる話だと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2018年03月08日 04:16 ] 中国 | TB(-) | CM(2)

中国共産党第一次全国代表大会会址記念館

中国共産党の全国代表大会が今年の10月に開かれた。

この大会は、中華人民共和国より上にある中国共産党の最高機関で、
5年に1回開かれ、今年で第19回目になる。

日本人の私にとってみれば、北朝鮮がこの大会にあわせてミサイル実験
でもやってくれれば、中国のメンツを潰せて面白かったのにと思ったが、
残念ながら何も起きなかった。

この中国共産党の全国代表大会が初めて開催されたのは、支那大陸が
孫文の国民党政権の時代である、1921年(大正10年)7月のことである。

そんな、第1回全国代表大会が開かれた歴史的な場所が、中国随一の
シャレオツタウン「新天地」のはずれにある。
20150919-070.jpg

「新天地」というのは上海のフランス租界のあった場所で、西洋のブラン
ドショップやカフェが立ち並び、白人が多く闊歩している場所でもある。


チケット配布場所。
20150919-072.jpg

タダである。

毛主席ゆかり、共産党のルーツな場所なのでお金を取られることはない。



チケットはこれであるが、タダならこういう立派なチケットを作るのは
もったいないと思った。さすが採算を考えない共産主義国である。
20150919-071.jpg


入り口。
20150919-074.jpg


ソ連の旗みたいな旗が入り口にある。
20150919-113.jpg

これはソ連の旗ではなく、中国共産党旗である。

中国は中華人民共和国という国家より、共産党のほうが上にあり、国より
偉いのである。

ちなみに、このマークは「ツチカマ」と言われ、農民と労働者の団結を表
し、マルクス・レーニン主義の共産主義や共産党のシンボルとして使われ
ている。

1854年4月とある。上海租界が始まったときの外国人による警察のマーク。
20150919-075.jpg

大砲なども展示されている。
20150919-076.jpg


まだ、中華民国時代の展示物も数多くあった。
20150919-078.jpg


共産党の人物パネル。
20150919-080.jpg


こういう場所で共産党大会が開かれたのだろうか?
20150919-114.jpg

当時の党員は57人とも50数名ともいわれているが、その正確な数字は
明らかになっていない。
毛沢東が起立して話しているが、この段階では一党員に過ぎなかった。
20150919-081.jpg

若い頃は目鼻立ちもはっきりしていてイケメンだったようである。
20150919-115.jpg

第一回共産党大会の日程表。
20150919-116.jpg

日中戦争あたりの展示パネル。
20150919-118.jpg

統計情報も展示されていたが、信憑性はどうだろうか?
20150919-119.jpg

八路軍の面々。
20150919-120.jpg

中国では、国共内戦という国民党と共産党の内戦があり、ほうほうの体
ですごい長距離を逃げ回っていたという歴史があるが、本国ではどう
伝えられているのだろうか?

おみやげ物屋。毛沢東のおなじみの写真。
20150919-082.jpg

日本風にデフォルメされたフィギュアなどもあった。
20150919-117.jpg

中国共産党は、ソ連のコミンテルンにより支援を受けながら結成された
わけであるが、戦時中はあまりコミンテルンの言うことを聞いていなかっ
たという。また、ソ連が表立って中国共産党を応援すると、アメリカは確
実に国民党についてしまい明らかな代理戦争が始まる可能性があり、
第2次世界対戦で国力を著しく失いアメリカとの衝突を避けたかったソ連
は、戦後まもなくは、中国共産党を表立っては支援しなかったという。

それでも、中国共産党が中国を統一したのは、蒋介石率いる国民党の腐
敗は激しく、戦時中は焦土作戦で街を焼き払い国民の支持を受けられず、
兵士の士気が著しく低かったのに対し、農民層を大事にしていた毛沢東
は農村部の圧倒的な支持を受けていたこと、またソ連から表だって支援
は受けられなかったとは言え、満州にあった日本軍の武器兵器を、事実
上ソ連から得ることができたことにある。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年12月20日 04:33 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

2015年中国旅行記(紹興・上海編)

かなり時間が経ってしまったが、ようやくシルバーウィークの中国旅行記
の後編の編集が終わったので公開したい。

観光的には魯迅や紹興酒の故郷である紹興と、上海の代表的な観光地
を周った。

前編である上海・南京編はどちらかと言うと、政治的な内容が多かったと
思うが、後編の紹興・上海編は、中国人の仕事ぶりをサブテーマとして
書いてみた。

人間、緊張感とか危機感を持たなければならないということは、嫌なこと
であるが、こういった感覚を持たなくなったら、怠けてしまうということが
目の当たりに出来た。

これは、ソ連などの東側諸国が崩壊した要因の一つである。

日本のようにやり過ぎた顧客サービスがいいとは言わないが、中国の
ように店員があからさまに怠けるという状態よりもずっといいと思った。

2015年中国旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/travel/201509China/index.htm


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年11月03日 03:42 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

2015年中国旅行記(上海・南京編)

シルバーウィークの9月19日から23日にかけて、上海、南京、紹興を旅した。

旅行目的では、中国がいちばん行っている旅先であるが、行くたびに
色々発見もあり面白い。

旅行記を編集していると、あれも、これも書きたいという感じになり、写真の
枚数では今までの旅行記の中で最多となってしまった。

初日の上海、2日の南京ともただの旅行記ではなく、古代から近代史に
絡めたレポートになっているので、時間が許すのであれば読んでいただ
きたい。

ここ最近、仕事やプライベート、試験勉強などで時間が取りにくく、いつも
よりも編集作業に手こずっており、時間はかかると思うが後編も書くので
楽しみにしていただけると幸いである。

余談だが、旅行で行った南京に纏わる話で、10月に入り南京大虐殺文書
がユネスコの世界記憶遺産に登録されてしまったのは非常に残念なこと
である。

その不名誉を大きく報道しない日本のマスコミはもっと残念である。

日本は、ユネスコに拠出している支援金を全額凍結すべきである。

2015年中国旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/travel/201509China/index.htm

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年10月12日 04:03 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

2015年上海・南京・紹興旅行のしおり

今日から、シルバーウィークの5日間、一人で中国に行く。

毎年、有給休暇をとって海外に行っているので会社の人間に話していたの
だが、今回は言う必要も仕事の調整も要らないし、会社が休みなので、
いちいち仕事のことを気にかける必要もないことがうれしい。

旅行はだいたい次のような感じで行動する予定である。
[]内は交通機関での移動を表す。色は路線の色と合わせている。


■9月19日(土)

移動日:成田 →上海浦東空港

9:50
 成田ターミナル1 NH919便 (飛行時間3時間5分) 

11:55
 空港到着
 ・磁浮線(リニアモーターカー)で龍陽路駅へ(50元:時間7分30秒)
  [7号線 龍陽路 - 東安路 - 徒歩9分]

13:30
 ホテル到着(上海雅舎賓館 1,216元)
  [ホテル - 徐家匯 徒歩25分]
 フランス租界(徐家匯天主教堂、思南公館)
  [1号線 徐家匯 - 黄陂南路 ]
 新天地(新天地、中共第一次全国代表大会会址紀念館)
  [1号線 黄陂南路 - 人民広場 - 徒歩 南京東路]
 外灘、豫園
  [10号線 南京東路 - 常熟路 - 7号線 常熟路 - 東安路]

18:00
 南京、紹興新幹線チケット受け取り(1,220元)



■9月20日(日)

終日:南京観光

6:00
 ホテル出発
  [7号線 東安路 - 常熟路 - 1号線 - 上海火車駅 ]

7:00
 上海駅
  [上海 - 南京 新幹線1時間40分]

8:40
 南京駅
  [1号線 南京駅 - 新街口 - 2号線 雲錦路]
 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館
  [2号線 雲錦路 - 苜蓿園 ]
 明孝陵、中山陵、孫権の墓
  [2号線 苜蓿園 - 大行宮 ]
 総統府
  [2号線 大行宮 - 新街口 ]
 新街口
  [1号線 新街口 - 中華門 ]
 中華門、太平天国歴史博物館
  [1号線 三山街 - 南京駅 ]

18:00
 南京駅
  [南京 - 上海 新幹線1時間39分]

19:39
 上海駅


■9月21日(月)
終日:紹興観光

6:00
 ホテル出発
  [7号線 東安路 - 静安寺 - 2号線 - 虹橋火車駅 ]

9:05
 上海虹橋駅
  [上海虹橋 - 紹興北 新幹線1時間13分]

10:18
 紹興北駅
  [BRT(路線バス) 紹興北駅 - 人民路口]

 魯迅故里
 沈園
  [中興中路を徒歩で]
 八字橋、長橋
 紹興博物館
 中国黄酒博物館

18:54
 紹興北駅
  [紹興北 - 上海虹橋 新幹線1時間26分]

20:22
 上海虹橋駅


■9月22日(火)

終日:上海観光

 ホテル出発
  [4号線 東安路 - 上海体育館 - 1号線 - 錦江楽園 ]

9:30
 錦江楽園

13:00
  [1号線 錦江楽園 - 常熟路 - 7号線 静安寺 ]
 静安寺
  [2号線 静安寺 - 陸家嘴 ]
 東方明珠塔、高層ビル群
  [2号線 陸家嘴 - 世紀大道 - 9号線 打浦橋]
 田子坊
  [9号線 打浦橋 - 肇嘉浜路 - 7号線 東安路 ]
 ホテル着


■9月23日(水)
上海浦東 → 成田


13:05発
 上海浦東 NH920便 (所要時間2時間50分)

16:55 成田着

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年09月19日 03:34 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

中国旅行での両替について

前回、ドイツに海外旅行に行った時、最終日にフランクフルトの駅で現地通貨
が不足してしまい、キャッシュカードでお金をおろした。

すると、レートが日本や現地の銀行で換金するよりいいことに気づいた。

ぐぐってみると、次のようなサイトが出てきた。

人民元に両替する際のレート・手数料が有利なのは?
http://www.c-study.net/2015/03/exchange-japanese-yuan-to-chinese-yuan

サイトを参照すると2015年の8月時点でお得な換金方法が載っていた。

日本円1万円を現地通貨に換金する場合、中国の空港で換金すると
444元、日本の空港内で換金しても467元ぐらいなのだが、
クレジットカードの場合496元と50元近くも違うそうなのである。

クレジットカードでキャシングした場合、返済は60日後になり、さらに
リボ払いなどになってしまうので、リボ払い残高が多くて放置していると
結局利息で損をしてしまうこともある。

この利息についてカード会社に電話して繰り上げ返済した場合、
実質509元にもなってしまうのである。
(振込手数料のない新生銀行なのでこういう技ができるのだが)

その差額65元。1人民元あたり19円で計算すると、1万円につき1,235円
も違ってくるのである。

このことを知ってしまえば、空港で換金するという気は起きないと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年09月15日 05:24 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

京杭大運河

2006年から、毎年1ヶ所以上は行ったことのない世界遺産に行くことにして
いるのだが、今年はまだ行っていない。

上海に行くついでに、どこか世界遺産がないかと調べると、
・蘇州の古典園林
・杭州西湖の文化的景観
・明・清王朝の皇帝墓群(南京)
・京杭大運河

があるが、上の2つは1度行ったことがあるし、3つ目の世界遺産も北京
にあるものではあるが行ったことがあるので、4つ目の京杭大運河を見て
みることにした。

京杭大運河は、中国の北京から杭州までを結ぶ、総延長2500kmに及ぶ
大運河で、隋に時代の610年に完成後、現在でも利用されている。

ただ単に運河だけを見てもしかたがないので、象徴的な場所として、
紹興にある八字橋に行くことにした。

紹興といえば日本では紹興酒で有名なので、紹興酒でも飲みながら、
中国の江南地方の雰囲気を味わってきたいと思う。
hachijibashi.jpg

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年09月07日 04:09 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

孫権ゆかりの地

三国志の3つの国の君主のうち、一番地味なのが呉の君主孫権である。

その孫権が、西暦212年に本拠地を会稽(現在の紹興市)から秣陵に移し、
建業と改名した土地が現在の南京である。

父親の孫堅と、兄の孫策の地盤と臣下を引き継ぎ、赤壁の戦いで曹操
の侵攻を、夷陵の戦いで劉備を食い止め、最終的には魏や蜀よりも、
長く続いた王朝、呉を築きあげた名君である。

ただし、名君だったのは呉の皇帝に即位するまでで、晩年は自らの優柔
不断から、袁紹や劉表などと同じく後継者争いを招き、陸遜などの名臣を
失い、大きく落ちたと言われている。

そんな呉の孫権の墓が、南京市にあるという。

今回の南京訪問の目的は、南京大虐殺紀念館がどういったものなのか
を見に行くことが目的であるが、サブの目的として孫権ゆかりの地も訪ね
てみたいと思う。

kengyo_2015.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年08月30日 04:04 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

上海中心

私が前回上海に行ったのは、2007年なので今から8年前になる。

当時から上海のランドマークといえば、東方明珠塔でその高さは468mである。

ツアコンの陳さんがヨー・ロッ・パと教えてくれたので今でも高さを覚えている。

当時の写真を眺めているとこんな写真が出てきた。
20150808-01.jpg
(2007年4月29日 旅好きおやじ撮影)

あれから、上海万博が開催されたり、高層ビルがどんどん立ち風景も結構
様変わりしてきた。
20150808-02.jpg

この写真を見ると明珠塔の右側にビルがいっぱい立っているのがわかる。

違うアングルから見るとこんな感じ。
20150808-03.jpg

明珠塔も他の高層ビルに圧倒され、目立たなくなっている。

この写真では建設中である右にある高い建物が「上海中心」と言われ、
高さが632mあり、高層ビルとしては、ドバイのブルジュ・ハリファについで
世界第2位だそうである。

東京スカイツリーが634mなので、これより高いビルにしなかったのは、
中国人としては大人な態度であり、大阪の役人も見習って欲しいところである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年08月21日 04:10 ] 中国 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
 ・情報処理安全確保支援士試験合格
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
560位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
104位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム