旅好きおやじの日記 TOP  >  イギリス

ウェストミンスターの鐘とビッグ・ベン

イギリスの首都ロンドンにあるウェストミンスター寺院にある大きな時計は
1859年に竣工し、150年以上もの間、時を刻んでいる。

この時計台の通称をビッグ・ベンといい、イギリスの象徴とされ、ピーター
パンなどのおとぎ話に出てくるぐらい昔からある建物である。

このビッグ・ベンにいくには地下鉄のウェストミンスター駅で降りる。
20080809-04.jpg

地上に出るとすぐそこに、ウエストミンスター寺院がある。
20080809-53.jpg

ロンドンといえば2階建てバスであるが、本当にそこら中走っている。
20080809-54.jpg

最近だと、大回覧車のロンドン・アイも、ロンドンを代表するランドマーク
である。
20080809-55.jpg

とはいっても、ロンドンといえばこのビッグ・ベンである。
20080809-07.jpg

ビッグ・ベンの周辺を歩いていると、15分おきに「キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン~」と
聞き慣れた鐘の音が聞こえる。

そう学校のチャイムである。

厳密に言うと、学校のチャイムよりは若干テンポが早く、音階も微妙に違うが。

日本でこの「キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン~」が広まったのは、1954年に
発明家の石本邦雄がイギリスのBBC放送をよく聞いていて、その時に
このチャイムの音を聞いていて、これを学校のチャイムに採用しようと
考えたかららしい。

ウェストミンスター寺院全体を見るためには橋を渡る。
20080809-56.jpg

やはり、美しい建物である。
20080809-57.jpg

ちなみに、ウエストミンスターのビッグ・ベンの時計は、1ペンスコインを
錘として使い、乗せたり取り除いたりして時間を微調整するというイギリ
スらしいローテクをも大切にする粋な時計で、ずっと時を刻んでいたの
だが、最近は時計が壊れかけており、時間が正確に刻めなくなり、修理
するためには70億円もかかるらしい。

今となっては、時間など腕時計を見ればわかるだろうということで、
廃止論者もいるそうだが、やはり、ロンドンといえばこのビッグ・ベンを思い
出すので、ぜひとも70億円掛けてでも直して欲しいところである。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2016年02月10日 04:20 ] イギリス | TB(-) | CM(0)

大英博物館での夫婦喧嘩

私が旅行好きなのは、このブログのタイトルから明らかであるが、妻も旅行好
きである。

子供が出来る前は2人で海外旅行によく行ったものだが、私の強行軍旅行に
はついていけないようである。

3年前の夏休みにイギリスに旅行に行った。

その日は、郊外にある世界遺産の「キュー・ガーデンズ」という植物園に行った
後、「ナショナル・ギャラリー」で美術鑑賞をし、「大英博物館」を回るコースを組
んでいた。

大英博物館は、イギリスが帝国だった頃、世界の各地から集めたものを展示
している博物館で、じっくり観ると1日でも足りないぐらいの規模で、敷地面積も
広い。

一緒に色々と見て回ったのだが、博物館の端の方にある「サットン・フーの仮面」
を観に行きたいと言ったら、突然キレて、「一人でみに行ってくれば?」と言って
帰ってしまった。

そのときは理由がわからず、一人でサットン・フーの仮面を見て満足できたのだ
が、 その後、翌日に行くベルギー旅行のため、セントパンクラス駅の下見をして、
一人でパスタ屋に入り夕食を食してホテルに戻ると、妻がすでにホテルに戻って
いた。

その日、お互いに一言も口を聞かなかったのは言うまでもない。

当日の旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/travel/200808British/20080810-2.htm


サットン・フーの仮面



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年09月20日 04:59 ] イギリス | TB(-) | CM(0)

ルールブリタニア(イギリス)

現在、世界で一番話されている言葉といえば英語である。

ちょうどいいタイミングで産業革命が成功し、南アフリカ、中東諸国、インド、
ビルマやマレーシア、オーストラリア、カナダなどを支配し太陽が沈まない
国と言われ、一時期植民地だったアメリカの力も手伝って、英語は全世界に
普及した。

イギリスには、国歌「神よ女王陛下を守り給え」の他に、国民に親しまれて
いる歌がある。

ルールブリタニア(統べよ、ブリタニア)という曲である。

ブリタニアとは、イギリスを擬人化した女神のことで、イギリスでは女王が国
を統治するのも、恐らくこのブリタニアが影響しているのかも知れない。

ルールブリタニアは、サッカーの国際試合を観戦していると、イングランド
サポーター席から聞こえることもあるし、ロールプレイングゲームの元祖で
あるウルティマシリーズでも似たようなメロディーがテーマ曲になっている。

イギリスは世界に覇を唱えていたが、第2次世界大戦後、その地位を完全
にアメリカにとって変わられた。

世界に覇を唱えていた頃、アヘン戦争などで見せた、自分の国さえよければ
他はどうでも良いといった下品さは消え、カネ、カネ、戦争、カネの品のない
アメリカや中国などの大国と比べ、品があって好きな国の一つである。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年07月05日 04:46 ] イギリス | TB(-) | CM(0)

非常に複雑なロンドンの地下鉄(イギリス)

3年前にロンドンに行ったときのこと、ヒースロー空港からホテルに向かうため、
途中で地下鉄のディストリクト線に乗り換えた。

このディストリクト線であるが、以下のようになっている。


中心のアールズコート駅から西に行く場合、同じ線名にもかかわらず、5分岐
になっているのである。

日本でも、東京メトロの丸の内線が二分岐になっているので、分かりにくいが
それ以上に分かりにくいのである。

それでも終点の駅を5つ押さえておけばよいかというと、そうではなく終点では
ない行き先の電車もあるので、ディストリクト線に乗り慣れていないと非常に
混乱する。

私も、ロンドンに着いた初日にホテルに向かうときに2回乗り間違えてしまった。
その時は、地元の人達も多く乗り間違えていましたので相当複雑なのだろう。

さすがに5日間も乗りまくっていると慣れたが、初めてイギリスにいく人には、
いくらガイドブックで見ていても難しいと思う。

ロンドンの地下鉄の中。イメージとは違い綺麗である。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年07月01日 04:19 ] イギリス | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
674位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
142位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム