旅好きおやじの日記 TOP  >  マレーシア

2012年 マレーシア・シンガポール旅行記

先々週の金曜日から月曜日の4日間、マレーシアとシンガポールへ旅行へ行った。

以下のようなスケジュールである。

2/17
成田→クアラルンプール

2/18
クアラルンプール→マラッカ

2/19
マラッカ→シンガポール

2/20
シンガポール→成田

旅行にいく前は、仕事が忙しいこと、自分に属人化している仕事があること
などから、もしかしたら行けないかもしれないと思ったりもしたが、理解の
ある上司、部下および運にも助けられ何とか旅立つことができた。

今回の旅行には制約を課し、総費用を10万円で抑えるのも苦労した点の一つ
であった。

何はともあれ、ホームページの方も更新したので、お時間がある人は見て
欲しい。

2012年 マレーシア・シンガポール旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/travel/201202Malaysia/index.htm


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2012年02月26日 05:12 ] マレーシア | TB(-) | CM(2)

東インド会社

東インド会社といえば、高校の世界史の時間に習う単語の中でもひときわ異彩
を放つ単語なので覚えている人も多いのではなかろうかと思う。

東インド会社とは、ヨーロッパ各国にあるアジア地域との貿易の独占権を持つ
会社である。イギリスによって1600年に、オランダによって1602年に作られた
ものである。オランダのものは初めての株式会社としても知られている。

設立当時は、大航海時代のトップバッターだったポルトガルが衰退しかかって
いる状態で、スペインが全盛の頃である。

これらの国は、宣教師がまず現地でキリスト教を布教した後に、武力を盾に不
平等な貿易をさせ、アジア地域を植民地にしていった。

幸い、日本は当時、戦国時代が終わった頃で、鉄砲の数もべらぼうに多く、秀
吉や家康がキリスト教に警戒感があったため、他のアジア地域のようにはなら
なかった。もし、信長が生きておりキリスト教奨励路線を続けているとどういう
歴史になっていたかと考えるのも面白いものである。

オランダはこのあと、マラッカをポルトガルから奪い、東インド会社は、今で言う
マレーシアとインドネシア地域一帯との貿易を独占し、やがて植民地化した。

東インド会社は日本とも貿易をし、長崎の出島に商館などを持ったが、アジア
地域との貿易は、日本との貿易頼りで赤字だったという。

その後、イギリスも台頭し始めるので、マラッカはイギリスの手に渡り、第2時
世界大戦中は日本の植民地となり、その後再びイギリスが植民地化しようと
戻ってきた頃にはマレーは独立した。

ここでいう、マラッカはポルトガル、オランダ、イギリス、日本などの支配を
受けた。また華僑(中国または台湾国籍の在マレー外国人)や華人(マレー国籍
をとった元中国人、台湾人)が多いので、中華的な影響も受け、色々な文化が
混じっているという。

2/18~19とマラッカにいる。観光するのが今から楽しみである。

マラッカの写真



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年02月14日 04:07 ] マレーシア | TB(-) | CM(0)

ペトロナス・ツインタワー

マレーシアの象徴の一つに、ペトロナス・ツインタワーというビルがある。



結構有名な話なので知っている人も多いが、このビルの建設は当初、日本の
ハザマが受け持つことになっていた。

しかし、政治的な圧力を使った韓国のサムスン物産が割り込んできて、日韓
共同で行うということになり、1号棟を日本が、2号棟を韓国が受け持つことに
なった。

これだけなら、まだ、ありがちのような話の気もする。その後、日本と同じ設計
にするという建前で、日本の設計図を勝手にコピーし作ったのだが、出来上がっ
た韓国側のビルは当初の設計より0.8cm傾いてしまったとのことである。 

そのことをサムスン物産は日本の設計図が悪いからだと言い訳しているそう
である。 
さらにさらに悪いのは、何者かにより、英語版のWikipediaなどが度々更新さ
れ、1号棟が韓国、2号棟が日本が建てたというように書き換えられるという。
(ちなみに本日時点では英語版も日本語版も書き換えられていないし、翻訳
 機能で韓国版も日本語に訳してみたが事実はねじ曲げられていないようで
 ある)

実際には、日本側のビルに比べ 韓国側のビルは人気がないそうで、
「昼は2本、夜は1本」というように、韓国側のビルは日本側に比べ暗いそうで
ある。
(写真でも右側が暗い気がする)

クアラルンプールに行ったらそのことを確かめてみたいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年02月12日 04:39 ] マレーシア | TB(-) | CM(4)

マレーシア・シンガポール旅行で泊まるホテル

2月17日から20日に、誕生日休みを利用してマレーシアとシンガポールに行く
ことにしている。

今回の旅行は3泊4日であるが、移動しながらの旅行になるので、3日とも別々
のホテルに泊まる。

自分で予約して、このように別々のホテルに泊まるのは今回の旅行がはじめ
てである。

1泊目は、クアラルンプールのシティンホテルマスジットジャメである。

宿泊費は3,300円、朝食付きである。
近くには、クアラルンプールにある大きなイスラム寺院があり、地下鉄の駅
からも近いので、ペトロナスツインタワーや中華街、国立モスクなどの市内
の観光地に行くには便利なところだろう。

2泊目は、マラッカのベイビューホテルである。

宿泊費は6,500円、朝食付きである。
マラッカの中心地である、オランダ広場から少し歩かなければならないらし
いが、マラッカは中心街以外は目ぼしい観光地も無いので、少し離れてい
ても、あまり問題はないだろう。 

3泊目は、シンガポールのフレグランスホテルである。

宿泊費は4,300円、朝食なしである。

シンガポールのホテルはマレーシアと比べると物価が高いため、1泊10,000円
以上する所も多いため、少し都心からはずれたところで宿泊することにした。

とはいうものの、地下鉄の駅は近いので不便ではない。

ただ、少し難がある。

シンガポールは性産業が公営化されているのだが、その地区であるゲイラン
地区のど真ん中にあるのである。

ホテルの周りには、体を売る女性が大量に立って客引きをしているというが、
相手にしなければトラブルに巻き込まれることもないだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年01月14日 04:34 ] マレーシア | TB(-) | CM(0)

マレーシア・シンガポール旅行計画

来年の操業カレンダーがほぼ確定した。

3連休が4回ほどある。これに1日有給をつけると東南アジア方面に遠出がで
きる。

ということで、まず第1弾として2月の誕生日休暇を利用して、マレーシアとシ
ンガポールに行こうと計画中である。

費用は100,000円以内。

航空券が67,000円、ホテル代がそれぞれ別のホテルで14,000円とすると、
食事代込とおみやげ代、交通費込みで19,000円以内に抑える必要がある。

シンガポールはともかく、マレーシアは物価も安いので十分だろう。

今回、行きと帰りの空港が異なる。

韓国旅行では図らずしも、行きと帰りの空港が違ってしまったが、今回は計
画段階で空港が違う。

ということは、旅行のルートをシンガポール→マレーシアとするか、マレーシ
ア→シンガポールとするか迷うところである。

価格面ではどちらを選択してもほとんど変わらなかったので、マレーシア→
シンガポールルートにしてみたいと思う。

旅程案を作ってみた。あとは航空券の手配と宿泊ホテルの予約、そして、
妻の説得である。

■2/17
 JAL723便 成田2→クアラルンプール (11:30 - 18:30)8時間
 到着後KILAエクスプレス(35RM 約875円)
 http://www.tourismmalaysia.or.jp/hot/airport.htm
 20:00頃到着

■2/18
 12:00までに観光+食事
 バスで15:00にマラッカ到着しホテルにチェックイン
 http://melakajp.com/access/030.html
 マラッカの観光

■2/19
 チェックアウト後、バスでシンガポールへ移動
 12:00頃シンガポール到着
 シンガポール観光

■2/20
 6:00出発 チャンギ空港へ
 MRT(東西線)で空港へ2.6シンガポール・ドル(約160円 30分)
 JAL712便 シンガポール→成田2 (08:20 - 16:10)6時間


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月06日 05:30 ] マレーシア | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1001位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
178位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム