東武宇都宮からJR宇都宮までの夜の散歩(後編)

昨日からの続きである。

JR宇都宮周辺の飲食店はほとんどが餃子店であった。
20151110-19.jpg


「宇味家」と書いて「うまいや」
20151110-20.jpg


典満餃子。
20151110-21.jpg

典満というと三国志フリークだった私にとっては、猛将典韋の息子を思い浮かべる。


1Fがもちっと餃子、2Fが宇味家と餃子屋ばっかりである。
20151110-22.jpg


駅前で一番多いのがこの宇都宮餃子館。健太餃子。
20151110-23.jpg

中に入ってみることにした。
20151110-24.jpg

12種食べ比べセットと健太餃子を頼んだ。
20151110-25.jpg

餃子や水餃子などが来た。
20151110-26.jpg

色んな味の餃子があるが、ベースである餃子の味は同じなので似たりよったり
ではあったが、その中でも激辛餃子だけはもう食べたくなかった。


宇都宮駅周辺もクリスマスイルミネーションで飾られ始めていた。
20151110-27.jpg


わけのわからんフリチン像。
20151110-28.jpg

東京DEEP案内ではもっと詳しく紹介されていた。
http://japandeep.info/utsunomiya/

東口に向かう。
20151110-29.jpg

わけのわからんゴジラ像。
20151110-30.jpg

健太餃子の石像。
20151110-31.jpg

わけのわからん相撲取り。
20151110-32.jpg


健太の野原。
20151110-33.jpg


健太とその恋人。
20151110-34.jpg


餃子で腹一杯になって、目でも腹一杯になった。
20151110-35.jpg


ちなみに県外の人からすると一番有名なのは宇都宮みんみんであるが、駅前の半数は
健太餃子だった。
20151110-36.jpg


また栃木に来ることがあると思うので、今度はみんみんか、餃子の正嗣にでも思い
ながら、家路につく旅好きおやじであった。
20151110-37.jpg



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2015年11月14日 04:24 ] 栃木県 | TB(-) | CM(0)

東武宇都宮からJR宇都宮までの夜の散歩(前編)

今週、栃木に出張があった。

一種のお気楽出張だと思っていたのだが、お客さんに囲まれてしまい
突っ込みまくられヘトヘトになって仕事を終えた。

しんどい出張だったが、せっかく栃木に来たのだから宇都宮にでも寄る
ことにした。

東武宇都宮に到着。
20151110-01.jpg

連続15年餃子に日本一の宇都宮市にようこそ!
20151110-02.jpg

宇都宮といえば餃子で有名である。
毎年、静岡県の浜松市と餃子の1年の1世帯あたりの餃子購入額を競って
いるのもこれまた有名である。

2010年まで15年連続で1位だった宇都宮市であるが、震災後の2011年から
浜松市に2年連続で1位の座を奪われ、その後1位、2位を行き来していると
いう、他県の人間にとってはどうでもいいが、当事者にとっては真剣な争い
が繰り広げられているという。

夜7時だというのに東武百貨店もしまっており、都心の深夜のような状況。
20151110-03.jpg

また、健太餃子の看板。
20151110-04.jpg

宇都宮市の餃子の始まりは、戦前から宇都宮の陸軍第14師団が満州配備され、
戦後に宇都宮出身の軍人が餃子の製法を持ち帰ったことであるといわれる。

その後、餃子を扱う料理店が200店にも及ぶと言われる。

また健太餃子。
20151110-05.jpg

こちらにも餃子店。
20151110-06.jpg

早速、JR宇都宮駅まで歩く。駅前のオリオン通り。
20151110-07.jpg

東武宇都宮駅からJR宇都宮駅まで2km離れており、徒歩で言うと30分弱かかる
が初めて来た街なので、散歩も楽しいものである。

ヨーロピアンショークラブモスクワ。地方都市にありがちな店。
20151110-08.jpg

また健太餃子。(さっきと同じ店舗である。)
20151110-09.jpg

オリオン通の広場。人があまりいない。
20151110-10.jpg

夜7時過ぎなので商店街が開いていないのか、そもそもシャッター通りなのか不明。
20151110-11.jpg


なんかよくわからない黒人たちが突っ立っていた。絡まれないようにしないと。
20151110-12.jpg

オリオン通りとバンバ通りの交差点の付近がいちばん賑わっている所らしいのだが、
このように閑散としていた。

オリオン通りは栃木県最大の繁華街と言われ、宮っ子(宇都宮の人たち)は
この界隈を「マチ」と呼ぶらしいのだが、夜で歩くとかあまりないのだろうか。

JR宇都宮から自宅まで電車に乗る時間も長いので、MAGAドンキ内にある、
北関東最大級の大型書店喜久屋書店で本を購入。
20151110-13.jpg


JR宇都宮駅までこの大通をひたすら歩く。
20151110-14.jpg

大通りは、駅前と違いほとんど餃子屋は見られない。

タイ料理屋やら、ネパール料理屋などアジア系の店も多い。
20151110-15.jpg

向こうにJR宇都宮駅が見えてきた。
20151110-16.jpg

大通にはほとんどなかった餃子屋かJRの駅前になるとまた現れる。
20151110-17.jpg

川の向こうにも。
20151110-18.jpg

JR宇都宮駅の周りには、繁華街である東武宇都宮駅からオリオン通りより
も数多くの餃子屋がある。

その様子は後編で紹介したい。

(後編へ続く)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年11月13日 04:44 ] 栃木県 | TB(-) | CM(0)

秋の鬼怒川温泉旅行 後編

昨日に続いて鬼怒川温泉の旅行記である。

朝食は8:00からと少し遅いこともあり、鬼怒川温泉駅を適当に散策した。

鬼が寝てる像。


昨日は言い忘れたが、日光に来た目的は紅葉を見るためである。


朝食後、市バスに乗り日光江戸村に向かった。

図書館で借りた観光ガイドを持参していったのだが、日光江戸村の入場料を
見てみると、大人1人4,500円もするというのである。

嫁と、行くのやめようかという話になったが、せっかく日光に来て、江戸村に行く
のは、もう一生ないかもしれない。少し高いと思ったが行くことにした。

江戸村のチケットを大人2枚分購入。 娘は未就学児なので無料。


日光江戸村の入り口。チケットを確認する係員から江戸時代の町人の格好を
していた。


江戸村を歩いていると、江戸時代というのはこんな感じだったのかと、色々と思い
をはせながら歩いていた。

最初に、甲賀の忍者屋敷というところに行った。 

妊婦や小さなお子様はご遠慮下さいとのことだったので私だけで入った。
途中揺れている場所や傾いている場所などがあり、気持ち悪かった。

次に同じような感じで地獄寺というお化け屋敷があった。


地獄側が入口である。いきなり「ここを覗いてください」とあったので覗いてみると、
幽霊になった自分が写っていた。 

そして、葬式のお花のような部屋に入り、いきなり
「お前は、死んだのじゃー」
と言われた。
短いような長いような人生だったが、とうとう死んでしまったのか…

と、思うこともなく閻魔大王が何か言っている。


あと、いろいろな地獄を見て絶望的になったところで、お釈迦様の間に入り生き
返るという内容だった。

お化け屋敷や不思議館では4,500円は高いなあと思っていると、ちょうど水芸の
ショーをやっていた。 

江戸時代もこんな舞台芸術があったのだろうなと思いながら面白く見ていた。


水芸の芸者。


次に、文化劇場 若松屋で花魁の芝居をやっていたので入ることにした。


花魁とは「おいらん」と言って、江戸の吉原の高級遊女のことで、遊びだけでなく
教養なども兼ね備え、大名の夜のお相手をする人ということである。

会場は満員になっており、2~300人は入っていたと思う。
最初に、前説の人がこの中から1人だけ選んで一緒に芝居をするという。

前説の人と目があった人を選ぶというので、私を含めみんな一斉に目を反らした。

結局、真ん中のほうに座っている、鈴木さんという人が選ばれ、大名を扮していた
が、ほとんど簡単なセリフだけだった。 

これだったら、私でもできるかと思った。


途中娘がトイレに行くというので、嫁と一緒にいったん出たりと、全部は見ることが
できなかったが、なかなか面白かった。

昼食をとった後、北町奉行所で遠山の金さんをやるという。


遠山の金さんと言えば、中学校のころ帰宅部だった私は、だいたい4時ご
ろに帰宅していたのだが、その時再放送でやっていたので毎日見ていた。
私のころは杉良太郎だったのだが、大ファンだった。

芝居が始まった。金さん登場。 いなせのちょんまげ姿。


単なる時代劇ではなく、現代の言葉なども織り交ぜられながら、コメディー的な
ショーであり、これがめちゃくちゃ面白い。 最近の吉本よりずっとおもしろい。

金さんと今回の下手人の悪徳占い師。


チャンバラシーン。


桜吹雪登場である。


演技が始まる前に、おひねりを入れる薄紙を渡されたが、この芝居があまりに
面白かったので、100円玉を包んで投げた。


ストーリーを言ってしまうと、これから行く人の楽しみを奪ってしまうので書かない
が、日光江戸村に行く機会がないという人は、Youtubeで誰かが、撮ったビデオが
あるので見てみるのも面白いと思う。

娘は寝てしまっていたので、暖をとるために、にゃんまげ劇場に入る。
つまらない映画だったので、私だけ適当に散策した。

水木しげるの妖怪のような館もあった。


徳川家康公。


最後に空蝉という忍者ショーをみた。近くで見たのでかなり迫力があった。
これには、嫁がおひねりを投げていた。


江戸村のキャラクターにゃんまげ。


最初は高いと思った4,500円だったが、払ったお金以上の楽しさを提供してくれた
江戸村には感謝である。

次はいつになるかわからないが、また来たいと思った。

鬼怒川温泉駅に戻り、無料の足湯場があったので、嫁が土産を買っている間
娘と2人で足湯を楽しんだ。


4:33の特急に乗った。

電車の中で浅草駅よりも東京スカイツリー駅で降りたほうが帰りの京急線で座れ
る可能性が高いと思ったので、東京スカイツリー駅で降りた。


行きに眠っていてスカイツリーを見ることができなかった娘に、スカイツリーを見
せることができた。 「ほら、スカイツリーだよー」と娘もご満悦である。


2日間の短い小旅行だったが、こうやって一泊旅行で家族旅行に来たのは、
実家などに帰る以外は初めてだった。

もう少しすると2人目が生まれ、しばらくはこういった遠出はできないが、
次は、車で行けるような熱海とか箱根あたりに行ってみたいものである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年11月20日 05:01 ] 栃木県 | TB(-) | CM(2)

秋の鬼怒川温泉旅行 前編

土曜日から昨日まで、鬼怒川温泉まで家族旅行に行っていた。

鬼怒川温泉ってどこにあるの?という人もいると思うので場所を説明すると、
栃木県日光市にある。

日光は観光都市として有名で、東照宮や世界遺産に指定されている地区もあれ
ば、奥日光と言って中禅寺湖付近もあるが、この鬼怒川は日光の中心の北側に
位置する。

この鬼怒川は、私が新入社員の時の社員旅行に来て以来である。

浅草駅に到着。


特急券つき乗車券を購入し、自動改札に乗ると、私も嫁もなぜか引っかかった。

私の場合、後ろから人が来ていなかったので何もなかったが、嫁のほうは後ろ
から、口の悪い男が来て、引っかかっている嫁に早く行けと言ったり、切符をと
るとそれは俺のだとか、ガーガー言ってまくしてた。
その男はさっさと向うへ行ってしまったのだが、私も日頃からストレスも溜まって
いる。
日頃、会社では敵を作らないように心掛けている旅好きおやじも、何のしがらみ
もない奴には遠慮はいらない。
この程度の男なら、十分言葉攻めで、ねじ伏せて恥をかかせてやりたかったの
だが、逃げられてしまった。

特急スペーシアに乗る。


電車に乗っても、さっきの男のことがムカついていた。

2時間ほど電車に乗って、鬼怒川温泉駅に到着。



13時過ぎに到着して、つるやという食堂で、ゆば入りのラーメンを食べた。

旅館のチェックインは15:00なので、先に東武ワールドスクウェアに行くことに
した。トムとマイムがお出迎え。


入り口では八百屋のように野菜を売っていた。

チケットを購入して中に入る。最初は現代日本ゾーン。国会議事堂から。


東京スカイツリー。娘もスカイツリーが好きなので大喜びである。
ちなみに、娘は浅草では、本物のスカイツリーを寝ていたので見れなかった。


遅れたが、東武ワールドスクウェアの模型は1/25である。東京スカイツリーは
ご存じのとおり634mなので、25mと少しである。結構迫力がある。

東京タワー。333mだから、13m強。


エンパイヤステートビルと今は無きツインタワーが並んで立っている。


エジプトゾーン。ピラミッドも結構大きい。娘はラクダの人形に飛びついていた。


イタリアのローマにあるコロッセオ。


次はロシアのワシリー寺院がある。後ろにはパリのエッフェル塔やバチカンの
サンピエトロ寺院、ピサの斜塔も写っている。


ドイツのノイシュバンシュタイン城。一度行ってみたい場所である。


イタリアのヴェネチアのドゥカーレ宮殿。


アジアゾーンではタージマハルがあった。


中国ゾーンに行ったところ、あるはずの故宮がない。


これから修復し、来年リニューアルOPENとのことである。


私が中国に行った時も、故宮の大和殿が工事中で完全な姿を見ることができな
かった。故宮とは縁がないのだろうか。

来年、台湾の高雄に行く予定だが、高雄の竜虎塔もあった。


私も、海外旅行が好きなのでいろんなところに行ったが、ここで紹介しきれなて
いない、イギリスのビッグベンやタワーブリッジ、バッキンガム宮殿、フランスの
凱旋門やヴェルサイユ宮殿、中国の万里の長城や天壇などを見て、旅行に行っ
た時のことを思い出していた。

また、スペインの観光地の模型を見ていて見ごたえがあったので、機会があれば
ぜひ行きたいと思った。

再び、日本ゾーンに戻る。清水の舞台。


中の人形もかなり芸が細かく、毎年年末に発表される今年の漢字もあった。


書体も同じで芸が細かい。

今週の土曜日行く予定の厳島神社。


最後に、特にどこというわけではないが、理想的な動物公園という名の模型が
あった。


そこには、なぜかウルトラマンエースがいた。


ウルトラマン45周年記念 クイズ「ウルトラマンを探せ!」 in 東武ワールドスクエ
アというイベントを今年の3月までやっていたが、その時の名残のようである。

この日は家族連れということもあり、2~3時間ほどしか滞在できなかったが、
各模型も想像以上によくできており、今度1人で来て、入り浸りたいと思った旅好
きおやじである。

後編へ続く。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年11月19日 04:39 ] 栃木県 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
157位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム