加齢臭対策その2(柿渋石鹸)

無水エタノールはめんどくさいので、もう一つ安価な体臭対策として調べた
ところ、良さそうだと思って買ったのがこの柿渋石鹸である。

20180609-06.jpg
20180609-07.jpg
20180609-08.jpg

2個入りで499円。

石鹸は、少し強い刺激臭はあるのだが、それに慣れてしまうと、むしろここち
良ささえある。

実際に使ってみたが、夜にこれで体を洗うと翌夜ぐらいまでは、ワキのニオイ
を抑えてくれた。

柿渋の成分である、タンニンの一種、ジブオールの構造式は
jibuoru_2018.jpg

こんな感じでベンゼン環だらけの構造だが、この柿渋がニオイの成分を
別の物質に変えることにより、ニオイをなくす働きがあるというのである。

石鹸1つが250円で、3週間程度は使えるので、リーズナブルな加齢臭対策
として、お勧めである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2018年06月20日 04:25 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

加齢臭対策その1(無水エタノール)

何を隠そう、私は体臭がきついほうだと思う。

冬場は特に問題ないのだが、夏場は毎日朝行く前と、夜はスポーツクラブで
シャワーを浴び、しかも、朝行く前にはAg+でワキのニオイを抑えているにも
関わらず、夕方にはワキが臭ってくるのである。

嫁からは指摘されていたし、最近では2人の娘からもいわれるようになった。

シャワーやAg+だけでは効果が薄い、ということで、2つ試してみた。

まず、最初に試したのは無水エタノールである。
20180609-04.jpg
20180609-05.jpg

注射のあとに、消毒するあれである。

エタノールはC2H5OHで表される。

エタノールの構造式は
c2h5oh_2018.jpg

でオレンジのところは疎水性(脂溶性)といって脂に溶けやすく、水色のところ
は親水性といって水にも溶けやすいので、細胞膜の脂質を溶かしたり、
脱水したりして細菌を殺してしまうのである。
(人間の皮膚は、層が厚いため少量であれば無害)

このエタノールは、ニオイのもととなる細菌類を殺菌するため、無菌状態が
つづき、2日程度は臭い匂いを封じ込めてくれる。

ただし、殺菌を効果的にするためにはコツがあり、買ってきた無水エタノール
をそのまま使っても、すぐに蒸発するので効果が薄くなるため、エタノールを
70%水を30%ぐらいで薄めることで、細菌には一番作用するという。

効果があるのはいいのだが、液体であり使いにくいということと、体臭防止の
ために使うには、100mlでも800円と、割と高額であることや、また、アルコー
ルなので、脇のような薄い皮膚組織では、使いすぎるとかぶれの原因にも
なるので、1ヶ月近く試してみたが、面倒くさくなってやめてしまった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2018年06月19日 04:36 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

上がり続ける米国株

米国株に投資しはじめて、3ヶ月が経とうとしている。

350万円の投資に対し、そのリターンが約43万円となった。

20180615-01.jpg

20180615-02.jpg

AmazonとAlphabetが堅調なのに加え、新たに投資したネットフリックス、
セールスフォース・ドットコム、エスエーピーもいい調子で値上がりしている。

値動きがいまいちな、オラクルやマイクロソフトもあるが、この調子で行くと
評価益50万円突破ももうすぐである。

そんな中で、すごい値動きを示しているのがネットフリックスである。

20180615-03.jpg

日本に住んで普通に生活していても、ネットフリックスの凄さはわからない
が、いまや時価総額ではディズニーを抜き、メディア業界最大の企業と
なっている。

そして、今週アメリカの電話会社AT&Tがタイムワーーナーを買収したとき、
買収したAT&Tは株価が下がり、その影響を受けてネットフリックスは、爆上
げした。

次の日AT&Tの株価は反発したが、ネットフリックスは引き続き株価を維持
している。

ただ、バブル的な感じもするので、株価が500円ぐらいになったら、一旦
手放したいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2018年06月16日 05:57 ] 金融商品 | TB(-) | CM(0)

ソフビのウルトラ6兄弟とレオ

週末に、川崎ルフロンにあるヨドバシカメラに子供を連れて暇つぶしに行く
ことが多い。

そんな中、年甲斐もなく、ウルトラマンのソフビ人形をおみやげに買って帰る
というのが、ここ数ヶ月続いた。

そして、ついにウルトラマン6兄弟とレオが揃ったのである。
20180526-01.jpg

私のような昭和世代の40代のおっさんにとっては、ウルトラマンと言えば
ウルトラマン6兄弟とレオである。(父、母、キング、アストラもいるが)

ウルトラマン80も、オンタイムで見ていたが、6兄弟やレオとは思い入れも
ぜんぜん違う。

せっかくなので、ウルトラマンについて、いろいろと設定を調べてみると、
私が気づかなかった(昭和の時代にはなかった?)設定がいるようである。

まず、ウルトラマンにはシルバー族とレッド族がおり、シルバー族は、
ウルトラマン、ゾフィー、帰ってきた、エースの4人で、レッド族はセブン、
タロウ、レオになる。

レッド族は体力、筋力に優れ、シルバー系は光線系の技が得意だという。
確かに言われてみたらそうかもしれない。
セブンはアイスラッガーがあるし、レオは空手殺法がウリである。

タロウはレッド族でありながら、父と母はシルバー族なので、隔世遺伝と
されており、見かけはレッド族だが、技はシルバー族に近いのか、などと
年甲斐もなく想像して、楽しんだ。

ウルトラマン80で私はウルトラマンを卒業したが、その後、ブルー族などと
いう種族もでたりして、このシリーズは52年も続いている。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2018年06月14日 04:48 ] 商品 | TB(-) | CM(2)

私が、今、Apple株を買わない理由

米国株投資をはじめてから、次のような銘柄を購入した。

・Amazon
・Alphabet(Google)
・Facebook
・Netflix
・NVIDIA
・Microsoft
・Oracle
・SAP
・Salesforce
・Walmart

Walmart以外は、全て、IT関連株というか、ハイテク関連株というか、まあ、
2017年以降の米国株ブームで、人気銘柄とされる、グロース株(成長株)
と言われる株を中心に買っている。

この中に、Appleの文字がない。

Appleは、時価総額世界第1位の会社であり、投資するなら真っ先に検討す
る銘柄であるはずである。

私は、このAppleに投資先としては、魅力を感じていない。

iPhoneやiPadは使いやすい製品で、ユーザーとして、私も愛用しているの
だが、それ以外にこれといった製品もなく、成長する材料が見当たらない
のである。

私が、株を買う場合、その会社のサービスや製品の利用者がまだまだ増
えそうか?という観点と、新しいサービスを創造して既存の客からもっと金
を引き出せるか?という観点で見ている。

・AmazonやAlphabetは常に新しいことに挑戦している
・Facebookはこれから世界単位で見るとこれからもっと広告ビジネスが成長
 しそうである
・Netflixも加入者増加が加速している
・NVIDIAはAIでまだまだこれから使われそう
・MicrosoftはWindosw10…ではなく、Office365のサブスクリプション化が加速
 し、買い切り版がなくなることによる企業の乗り換え需要と、HoloLensへの
 期待がある
・SAP、Oracle、Salesforceは、レガシーシステムを使っている企業のシステム
 刷新需要がまだまだある
・WalmartもAmazonに対抗し、協業戦略でGoogleなどと組んで活路を見出し
 ていることや、フリップカートを買収しインドに進出している

など、今後1年間は安心とか、3年は持ってば得をするなどとの期待が大いに
できるからである。
(Netflixだけは、売り時が見にくいため、注意は必要だが)

一方、AppleのiPhoneやiPadというのは先進国では十分に行き渡っており、
製品が故障しない限り需要がないし、発展途上国には高すぎる買い物に
なるため、消費者の手が届かない。中国向けにはファーウェイという競合
があるためiPhoneの売行きがよくなることも期待できないだろう。

それでも、私は、この6月4日に行われた、AppleのWWDCというカンファレン
スで、iPad miniの新製品の発表を期待していた。

が、裏切られた。

一個人の感想であるが、今回もしiPad miniを発表していれば、株は購入の
まな板に乗っていたし、iPad miniも喜んで買っていただろう。
iPadなど、殆どの部品が共通部品で、外見の機構部品的なところだけが、
違うだけの製品で、なぜ、こんなにもiPad miniを出さないのか理解もできな
いし、iPhoneXのようなダサい製品を売る的外れ感も気にいらない。

また、ソフトウェアビジネスについても、iCloudなどがあるが、地味である。

今は時価総額世界一かもしれないが、そのうち、コカコーラとか、
ジョンソン・エンド・ジョンソン、P&G、マクドナルドの株のようなバリュー株と
いわれる、高配当銘柄に変わっていくのだろう。

もし、私がAppleの株を買うとしたら、アメリカが不景気になり、配当銘柄を
買ったほうがお得だと思われるようになったときか、apple glassesで再び
返り咲きを果たすときだろう。

それは、ここ1~2年先はないだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2018年06月11日 04:45 ] 金融商品 | TB(-) | CM(0)

ネットフリックスへの投資

Netflix_2018.jpg


ここ最近、テレビ以外にも、無料動画配信のYoutubeやニコニコ動画、動画
以外のサービスも付加され格安のAmazon Primeのビデオで動画を楽しむ
人も多い。

一方で、有料の動画配信も月額1,000円弱で、dTV、Hulu、そしてNetflixと
いったサービスも加入者を増やしている。

日本にいて、さほど動画に関心がなければ、Netflixも数ある動画配信サー
ビスの一つぐらいにしか思わないのだが、アメリカでは会員数を急増させて
おり、全世界での加入者数が1億人を超え、2018年の第1四半期でさらに
741万人も会員数を増加させている。

価格は、最高のプレミアム会員でも1450円/月なので、映画を1本見るより
安い。

ただ、これだけでは、Netflixに加入しようという気持ちにはならないのだが、
何でアメリカで、こんなに会員数を増やしているのかというと、Netflixで作っ
たオリジナルのドラマなどのクオリティが映画並みに高く、話題が話題を
呼んで加入数を増やし、それが、株価につながっているのである。

オリジナルドラマへの金の使い方が半端なく、売上の8割を制作費に投入して
いるというのである。
(日本のゴールデンタイムのTV番組の10倍以上の制作費)

もともと、Netflixは日本のTSUTAYAと同じ、DVDのレンタル会社であった
わけであるが、ネット配信に目をつけ、そこまでなら凡人でも思いつくレベル
であるが、この会社の凄いところは、さらにコンテンツの良さというところ
に目をつけ、巨額の投資をすることでイノベーションが起きたわけである。

日本では、イノベーションしきれなかったTSUTAYAだけではなく、イノベー
ションという言葉と全く無縁で、既得権の上にあぐらを書き、視聴者をバカ
にし、怠け呆けて努力することを忘れた日本の民放TV局は、こういう頭のいい
会社に、どんどん売上を奪われると思われる。

日本国民としては、こういう外資にどんどん日本の金が流れていくというのは
由々しき事態ではあるのだが、しょうもない偏向報道しかできない日本の
民放TV局のほうがよっぽど日本のためにはなっていないので、こういう良質
なサービスであれば、日本の金が海外に流れていくのは時代の流れということで
受け入れざるを得ないだろうと考える。






おとといの報告から、Netflixを購入し、FacebookとMicrosoftを買い足した。
昨日の市場では、FANG株が利益確定で売りが増えたため、
買ったばっかりのNetflixとFacebookをはじめ、好調だったAmazon、Googleも
値下がりした。

そんな中、クラウド関連株SAPとOracle、Salesfoceは微増しており、人気株と
はまた違った値動きを見せている。
20180609-01.jpg
20180609-02.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2018年06月09日 05:26 ] 金融商品 | TB(-) | CM(0)

エスエーピーへの投資

SAP_2011_logo.png

月曜日に、新たに投資した2つの米国株のうち、セールスフォース・ドットコム
はすでに紹介したが、もう一つはエスエーピーである。

このエスエーピーは、ERPという企業活動をしていく上で必要不可欠な、
販売、購買在庫、人事、財務会計、管理会計といった業務のシステム群を、
予め仕立てた形で販売しているドイツの会社で、ERPでは世界最大の会社
である。

ドイツの会社がなぜ、米国株?と疑問に思う方がいるかも知れないが、ドイ
ツの会社であっても、ニューヨーク証券取引所に上場しているので米国株
である。

日本の会社でも、トヨタ自動車やNTTドコモといった会社はニューヨーク証券
取引所に上場しており、米国で売り買いされている。

さて、エスエーピーであるが、我々IT業界の人間には「サップ」という呼び名
で呼ばれることが多いが、日本での正式名称は「エスエーピー」である。

私のような古くからいるIT業界の人間にとって、エスエーピーはシステムを
再構築する際に、必ず検討対象となる。

検討対象にはなるが、最初に落とされるのは「高い」という理由で、しばらく
検討のまな板に乗ったとしても、自社の業務プロセスを変えたくないのでカ
スタマイズすると検討が進めばカスタマイズ費用がバカ高くなるという理由
で、さらに検討が進めば維持費とか次回更新の費用が費用対効果にあわ
ないという理由で、見送られるため、特に業務プロセスを変えたがらない
日本の企業では、エスエーピーと聞くと、失敗事例を挙げられることが多い。

しかし、アメリカのような、経営が強く、ごちゃごちゃ言ってくる人間には、
「明日から会社に来なくていい」と首切りの対象になるドライな国なので、
従業員は、多少使いにくかろうが、そのまま受け入れるし、それが、最も
費用対効果がいいので、多くの企業で導入されているわけである。

日本では、ERPというとクラウドで使うには、レスポンスとかセキュリティが
心配という声も数年前まではあったが、最近はクラウドも実用的になった
ことや、自前でシステムを再構築すると維持のために開発言語を知って
いるシステム要員をいつまでもかかえないといけないとか、そもそも、昔
から使っているシステムを再構築する能力がなくなっている企業に、この
エスエーピーは受け入れられ始めているようである。

エスエーピーという会社も、ERPのパッケージのクラウド対応ができること
になり、その導入企業が増えたことや、自前でSAP HANAという高速のデー
タベースを持ち脱Oracleができたこと、そして、IoTやAIといった先進的な
分野にも投資し、ERPの一部にしていることなどから、投資家たちにも評
価を受けている。

そんな、成長がもっと期待されるエスエーピーであるが、アメリカのITの
人気株であるFANG(Facebook,Amazon,Netflix,Google)やら、マイクロソフト、
NVIDIAといった流行り銘柄ではないため、まだまだ、多くの人に目をつけら
れていないということで、今回投資するに至った。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2018年06月08日 04:31 ] 金融商品 | TB(-) | CM(0)

セールスフォース・ドットコムへの投資

salesforce_201806.jpg


月曜日に、早速、アメリカのクラウド関連株に投資した。

投資したクラウド関連株は、マイクロソフト、オラクルへの追加投資と、
セールスフォース・ドットコム、エスエーピーである。

それぞれ、先週末は結構上げたIT関連株なので、低い指値で買い注文して
いたのだが、市場が始まった途端、それぞれ1%近い上昇があったので、
マイクロソフトは101ドルで13株、セールスフォース・ドットコムは130ドル
10株の指値注文をし直し、エスエーピーとオラクルはそれほど乱高下
しない株なので成行でエスエーピーは11株、オラクルは26株注文した。

さて、新規投資のセールスフォース・ドットコムについてである。

セールスフォース・ドットコムは、マイクロソフトやオラクルのような知名度は
ない。
私のようなIT屋が業務アプリケーションを組むときに必要になってくるのは
自社でプラットフォームを持つ場合に必要になってくるマイクロソフトの
WindowsやオラクルのSolarisといったOS部分や、マイクロソフトの
SQL*ServerやオラクルのOracleDBで、これが一昔前のトレンドだった。

セールスフォース・ドットコムのSalesforceというプラットフォームは、OSや
DBのような技術寄りの部分の知識は必要なく、ハードも用意すること無い。
よって、技術屋でなくてもアプリケーションが組めてしまうのである。
(アプリ設計、DB設計のスキルは必要だがインフラやプログラムといった
 部分は不要になる)

これが、何を表すかというと、技術屋がシコシコとアプリを組む時間を削減
して、短期間に業務システムが構築できてしまうということであり、今まで
自前で作っていたシステムが、このSalesforceで作ったアプリに置き換えら
れてしまう可能性があるわけである。
(大規模なアプリケーションはSalesforceで作るのは難しいので、 あくまで
 中小規模のテーブル数(データ種類)の少ないシステムに限られるが)

セールスフォース・ドットコムはもともとは、顧客関係管理(CRM)や営業支援
ツール(SFA)を提供する会社だったが、カスタムアプリケーションの構築も
できるようになってからは、適用するサービスの幅が広がっている。

今後、企業で使われている、比較的簡単なアプリケーションが、この
Salesforceに置き換えられていく動きがレガシーシステムの置き換えという
世の中の動きからも加速すると思われ、また、私が会社でこれから導入し
ようとしているシステムのプラットフォームが、Salesforceを基盤にしている
ことから、自分の身近なところまでやって来たということで、今回、投資す
るという判断に至った。


6/6の朝時点の資産状況
20180606-01.jpg
20180606-02.jpg

今回新規投資した、セールスフォース・ドットコム、マイクロソフト、エスエーピー
は買い注文時の手数料分以上のプラスになったが、オラクルはちょっとマイナ
スになった。

しかし、すごいのはAmazonとAlphabetで、ここのところ毎日あげおり、この
月、火で+7万円近くになった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2018年06月06日 04:17 ] 金融商品 | TB(-) | CM(0)

米国株に追加投資の準備

3月の下旬から米国株に投資し、合計200万円をITを中心とするハイテク株
に投資している。

AmazonやMicrosoft、Facebook、NVIDIAは軒並み利益が出て順調だった
が、Googleの親会社であるAlphabetについては、決算が良好など好材料が
あったにも関わらず2ヶ月ずっと株価が低迷し、投資した時期も悪かった
せいもあり、米ドル建てで株価がずっと回復せず、ずっと含み損がでていた。
(投資時より円安のおかげで円建てではプラスにはなることもあったが)

それが、先週の木金で5%近く爆上げしたのである。

Alphabetの子会社ウエイモに関する自動運転サービスのニュースに市場
が反応したものと見られている。
(GM株が12.9%も上がっていたので)

これで、投資した株は、お遊びで1株ずつ買ったOracleとWalmart以外は、
米ドル建てで含み益が出たことになり、+約28万円となった。
(OracleとWalmartも買ったときより上がっているが、手数料が評価額を
 押し上げてしまっている)

20180601-01.jpg
20180601-02.jpg

これだけ儲かるならと、150万円をさらに米国株に投資することにする。

AmazonやNVIDIAはちょっと割高になってしまっているし、Googleは株価へ
の反応も悪いこともあり、他の株に追加投資することにする。

今決めているのは、クラウド関連株である。

OracleとMicrosoftには追加投資をするが、他の銘柄にも投資したい。

ERPのSAPや、CRMのSalesforceを検討している。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2018年06月04日 04:30 ] 金融商品 | TB(-) | CM(0)

証券会社がひた隠す 米国債投資法

証券会社がひた隠す 米国債投資法



ここのところ、アメリカの長期金利(10年もの国債の利回り)が3%を超えて
いる。

こういう数字を見せつけられると、日本の債権というのは如何に効率の悪い
投資であることを思い知らされる。

私も、確定拠出年金で米国の債権(社債や国債)の投資信託に入っているこ
とになっているが、もう少し研究しておこうと思い、この本を購入した。

債権というのは、利子の受け取り方に2種類あり、

額面価格(と同額またはほぼ同価格)購入し、利子の受取日になったら、
債権の利札(クーポン)に価値が発生するクーポン債と、

債権を割引価格で購入し、償還期日までは利子を受け取れないが、償還期
日になったら額面金額を受け取れる、ゼロクーポン債というものがある。

(昔、簿記の勉強をやっていた身からすると利札とは懐かしい響きである)

クーポン債というのは、例えば1,000,000の債権で年利率3%の10年ものだ
とすると、毎年30,000円のクーポンを10回にわたって受け取れるので、
10年間の合計で300,000円(税引前)受け取れることになる。

一方、ゼロクーポン債というのは、年利率3%だとしたら、(1.03)10=1.344
を1,000,000円から割った、744,093円で購入し、1,000,000円受け取れるこ
とになり、255,906円の利子がついたことになる(税引前)。

利益にかかる税を20%とすると、投資に対するリターンは、
前者は1,000,000円に対して300,000円から税20%を引き240,000円になる
のに対し、
後者は744,093円に対し、255,906円から税20%を引いた204,725円の金額
を受け取れる。

仮に744,093円を1,000,000円に換算すると275,133円となり、後者のほう
が有利であることがわかる。

これだけ差がつくのは、後者は複利が効いていることに加え、税金とし
て毎年取られるお金もジャンプし投資にまわせているためである。

10年ものだと、あまり大した差ではないが、米国債には30年ものというも
のがあり、(1.03)30=2.427になるので、30年後に1,000,000円受け取れる債
権を411,986円で買えることになる。
(20%の税金を持っていかれるので、受け取れるのは882,397円になるが、
 それでもお金は2.14倍になっている。)

30年後に2.14倍になる資産を購入できるということは、定期預金や生命保
険などよりもずっと有利な投資法になるというわけである。

ただし、30年間引き出せない(引き出すと格安になってしまう)というこ
と自体、人生が順風満帆に行けばいいが、そうでない場合、結構辛い投資
になるだろう。あくまで、年金の代わりの投資といったところだろうか。

ただ、10年ものなどでも、複利はあまり効かないが、日本の国債や定期預
金に預けるぐらいなら、ずっと良い投資になるだろう。
(為替リスクもあるが、今後の日本の国力低下を考えると円高にはなりに
 くい、と推定され、キャピタルゲインも得られると思われる)

私は、まだ、米国株のほうが有利だと思っているので、外債は確定拠出年
金で入っている投資だけで、それ以上やる気はない。

本は、米国債のことが中心だったが、日本の投資信託の悪辣なこと(信託報
酬が5%近くになり、ファンドマネージャが5%以上でまわせないと赤字に
なる)や、タンス預金や日本円での定期預金はインフレリスクがあるので
(物価が倍になったら、いくら元本が保証されても預金価値は半値になる)

考え直したほうが良いこと書かれていたりして、金融リテラシを高めたい
初心者向けにはなかなか良い本だった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2018年05月28日 04:38 ] 金融商品 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
 ・情報処理安全確保支援士試験合格
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
560位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
104位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム