旅好きおやじの日記 TOP  >  地球科学・天文学

次の首都圏巨大地震を読み解く

今月のニュースで、元東大教授で米国生まれの地震学者ロバート・ゲラーさ
んが、イギリスの科学雑誌ネイチャーで、「日本政府は地震予知ができぬこと
を認めるべき」と論考をしていたことが書かれていた。

偶然、そのとき私はこの本を読んでおり、科学的な地震の余地は無理だと
わかった。

関東大震災や東日本大震災で、いつ首都圏直下型地震が起きてもおかしく
ないので、その備えをしましょうと政府、行政は言っているが、東海地震など
はもう40年も前からいつ来てもおかしくないと言われているのに、未だに来て
いない。だから準備はしているが心のなかでは油断しまくっており、いざ地震
が来てもうまく対応ができないのではないかという。

日本列島で記録に残っている地震は千年前後であり、それに対してプレー
トとか活断層の活動は何十万年周期に及ぶ場合もあるのだから千年程度
のデータでは記録にない地震には全く対処ができないという。

それだったら、万が一今自分がいる場所で仮に地震が起きたらちゃんと、
命を守れる行動をできる抗震力をつけるべきであるというのがこの本の主張
だった。

確かに、いつ来るかわからない地震というのは、一生遭遇しない可能性のほう
が高いわけで、気を抜きながら準備した気になっているよりも、最低限、地震や
津波が起きても命だけは守ると考えたほうが合理的なのだと思った。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年05月25日 04:41 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

隕石でわかる宇宙惑星科学

この本を読んで、隕石の成分と太陽系の話、隕石がどこから来るのか、
隕石に含まれるダイヤモンドのでき方などなど、隕石にまつわることに
ついて勉強できた。

太陽系ができる頃、高温のガス状態でよくかき混ぜられたため、太陽系
の岩石内の元素の同位体比を調べるとよく一致する。

ただし、少数ではあるがそれまでに観測された隕石の同位体比と違う
隕石もあり、その隕石を元に太陽系でどういうことがあったかを調べる
「同位体科学」なる分野があることを知ることができた。

あと、隕石は太陽系外から来ることは確率的にほとんどゼロであるこ
とや、元々宇宙に散らばっている岩石だけではなく、月や火星に隕石
が衝突したあと、月や火星の重力の影響を超えるスピードで飛び出し
た岩石もあることもわかった。

あと、隕石に含まれているダイヤモンドであるが、地球でできるものと
過程が違っているらしい。

ダイヤモンドは地中の奥深くで高熱・高圧力によってできるということ
が知られているが、宇宙では真空のような低圧下で、水素とメタン
のような炭化水素の放電によりできる説が濃厚だという。

あと、隕石って東急ハンズでも売っていることがこの本を読んだ後、
ググッて知ることができた。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年02月28日 04:44 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

竜巻のふしぎ

森田さんのお天気でもおなじみの、フリーのお天気キャスターの本。

竜巻だけにスポットを当てた珍しい本である。

当然、竜巻について詳しく書かれているのだが、結構いろいろな知識を
得ることができた。

竜巻といえばロープのような、龍のような細長い形をしているものだと
思っていたが、実はもうすこし太い透明の円筒状のものであり、真ん中
が雲の塊になっており、そこに色が付いているということがわかった。

竜巻は、台風のように何日にも渡るものではなく、10分程度で消滅して
しまうため予測が難しく、過去には映像もなかったのだが、最近のスマ
ホの普及により結構ニュースでも見られるようになった。

アメリカがツイスターなどの映画でも話題になったように竜巻王国なの
は、西にロッキー山脈、東にアパラチア山脈があるため、北からの風と
南からの風の逃げ場がなく、竜巻になりやすいのだという。

日本では竜巻が起きにくいと思っていたが、そうでもなく、面積あたり
にすると、竜巻王国の半分ぐらいの頻度で起きているという。

一度起きると、局地的には台風よりも被害が大きくなるので、さらに
予測技術が発達して欲しいが、やはり大気が不安定な日には外に
出ずに家でじっとしているのが一番いいと思った。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年10月15日 04:02 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

命を守る気象情報

2年ぐらい前から、天気予報とかで「いのちを守る行動」というキーワードが
よく聞くようになった。

これは、2013/8から、重大な災害の危険性が高まった場合に、発表される
特別警報の運用が開始されたからである。

その「いのちを守る」というキーワードがこの本のタイトルでは使われている。

人類の文明により、地球の自然現象による被害は、かなり少なくなったと言
われている。

昭和30年台までは台風が来たら1,000人単位で死者が出ていたわけであ
るが、今は台風に関するかなりリアルタイムな情報まで知ることができるの
で、台風自体の被害で亡くなる方は少なくなった。

といっても、台風にともなって起きる大雨とか、急に発生する竜巻という気
象現象は、突発的で局地的なものなので、予測が難しく、今でも100人前後
の死者が出てしまうという。

この本では、台風、大雨、雷、竜巻、大雪、夏の暑さ、地震、火山などの気
象現象から、極力危険を避けるためのノウハウが書かれていた。
といってもそういう気象状況になったら危険と思われるところから離れると
いう当たり前のことが書かれていたが、この当たり前のことがなかなかで
きないものでもあると思った。

あと、雷に関する話では、結構昔からの常識ってまずいものが多いという
ことがわかった。
雷がなったら木の下に隠れろというが、これは非常に危険なことで、木に
落ちた雷から側撃雷を受けることがあるという話や、雷があると金属を外せ
と言われるが、金属をつけていたほうがその金属で電気を受けるのでけが
をするのはその金属の周りだけで、金属をつけていないと体全体に及ぶと
か、ゴムの長靴とかを履くと良いというのも、雷のような高電圧には無力で
あることなどためになった。

一番いいのは大気が不安定なときには極力外に出ないということだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年10月09日 04:50 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

新しい高校地学の教科書

私の高校の頃は、高校で習う理科の中で、物理、化学は理工系、生物は医学や
薬学、農学系の受験科目でもあるので勉強する人は多かった。

地学って高校での履修者割合は7%前後だったと言われているが、2012年度から
高校では理科4科目のうち、3科目以上を選択することになったので、履修者は
25%に増加したと言われている。
日本地球惑星科学連合より)

そんな地学であるが、ひさしぶりに地学に関する本を読んでみた。

私も中学のときに、地学を勉強したが、その勉強の中に鉱物の種類を丸暗記した
ことがあり、花崗岩、閃緑岩、斑糲岩、流紋岩、安山岩、玄武岩と今でも覚えてい
るが、無味乾燥の暗記で何も面白くなかった。

この本では、そういう岩石が作られるプロセスなども紹介されており、今更ながら
そうだったのかと理解できた。
岩にもマグマが固まってできた火成岩、岩石が水や砂に運ばれてそれが固化
してできた堆積岩、熱や圧力で元の岩石から変形した変成岩にわかれるそうであ
る。

中学での学習は結果だけ丸暗記だったが、成り立ちも含めて覚えると頭に残るし
人にも説明できるのである。

この本には、岩石だけではなく、プレートテクトニクスや、過去の地球を読み解く話、
大気、海洋などもこういった調子で書かれていたため、勉強になった。

また、日本付近というのは、地震、火山、台風、降雨量と結構特殊な場所であるこ
とを改めて実感できた。

また、気が向いたら他の話も記事にしてみたいと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年03月12日 04:21 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

津波災害

2010年に起きたチリ沖地震津波で、避難勧告が出されたにも関わらず、実際
に避難した人は3.8%に過ぎなかったことがきっかけとなって、2010/12に
この本は出版されているのだが、この本の出版の3ヶ月後に3.11東日本大震災
が発生し、津波被害が起きたのである。

この本の中には、三陸沖の津波は最も警戒しなければならないことが書かれ
ている。

結局、警鐘を鳴らす人がいたとしても、それをちゃんと受け止めて避難行動
につながらないことが問題で、どれだけ人々に津波の被害の恐ろしさを伝え
るかが課題であるということも書かれていた。

確かに、私もあれだけの大惨事を目の当たりにしても、避難についてちゃん
と考えていなかったので、こういう本を借りたわけである。

東京湾も例外ではない。

例えば1703年の元禄関東津波では、横浜の野毛で3-4mの津波が来たとされて
いるのである。

津波と通常我々が言っている海の波というのは別物であることをちゃんと把握
しておく必要がある。

津波は通常我々が言っている波とは違い、長周期の波なので、我々人間ぐらい
のスケールで見ると、ただの早い水の流れであり、その水には砂や色んな物が
混じっており、秒速1~2mのスピードで流れてくるので、たとえ50cmの津波でも、
濡れたサンドペーパ状態になり、足をやけどしたりするし、1mにもなると立っても
いられないほどの力が加わるということも分かった。

あと、津波は波であり、岸にあたって屈折や回折、反射が行われ、波同士が
合成され、レンズのように振幅が増大したり、方向が計算ではなかなか予測
がつかず、経験則に頼らなければならないことも分かった。

そういう経験則が、三陸沖とか中南海地震での過去からの言い伝えにであった
りするのである。
また、津波の発生にも周期があることが、地層などの研究からもわかっている。
前回の津波の際、人的被害がなかったら津波の発生自体記録されていないわ
けであるから、今まで津波がなかった土地だからと言って安心できないことも
分かった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月17日 04:19 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

図解 シェールガス革命

数年前からシェールガスが夢のエネルギーと言われ、最近では「プロミスドランド」とい
う映画で、シェールガス採掘の負の部分について描かれていた。

夢のエネルギーではあるが、乱開発するととんでもないしっぺ返しをくらうエネルギー
なのだろう。

シェールガスとは、地下2~3kmにある頁岩に含まれている天然ガスなのだが、その
採取に大量の水を使うらしく、最大の埋蔵量を誇る中国では水不足のため採取しよ
うとしても輸送コストが掛かり採算が合わないらしく、水が豊富にあるアメリカの1人
勝ちになるということである。

このあおりを受けて、採掘技術や採掘のための素材技術でトップシェアを誇っている
日本の企業に追い風が吹くというのである。

また石油の1/4程度のコストのシェールガスが普及すれば、石油や天然ガスの恩恵
を受けていたロシアや中東の存在感は薄れ、自動車や航空機などの燃料が安くな
ることにより交通の分野でも革命が起き、コストの関係で、これらを生産する工場を
中国から自国に戻すことができるので、中国も衰退するという。

著者の描いたシナリオの通りに行くとは思えないが、少なくとも日本の企業にとって
追い風なのは確かであり、この本を読んで元気をもらった感じがした。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2014年11月16日 04:59 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

トコトンやさしい海底資源の本

タイトルは「トコトンやさしい海底資源の本」であるが、海底資源については半分ぐらい
しか書いておらず、海底とはとか、岩石とは、貴金属って何みたいなことや地球温暖化
やオゾン層の破壊の話などが半分にわたって書かれており、本のタイトルと内容があっ
ていなかった。

海底資源については、メタンハイドレートや天然ガスだけが海底資源ではなく、熱水も
資源になるのは意外だった。

海底熱水はその圧力のため400℃の熱でも蒸発しないで液体の状態なのだが、その
熱もエネルギーが火力発電所1基に相当する20万~100万kWに相当するらしい。

しかもこの熱水はエネルギーとして取り出さなくても自然に海底から噴出して、地球の
大気に放出されてしまうので、発電に使おうが使うまいが地球温暖化に影響がないと
いう。

ただし、こういうエネルギーは遠洋にあるので、蓄電技術と合わせないと使い物になら
ず、昔なら全く成り立たなかったが、技術の発達した現代だからこそ成り立つ発電技術
だと思った。

あと、潮の満ち引きの潮汐エネルギーとか、海の底と表面の温度差を利用した発電
技術なども開発されており、こういった技術がもっと発達してエネルギー問題を少しで
も緩和できるといいなと思った。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2014年10月27日 05:58 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

温泉の科学

秋から冬にかけて温泉に行きたくなる季節である。

温泉と言っても色んな効能があり、どんな違いがあるのか?

科学的に説明してくれているのがこの本である。

温泉の分類といえば効能、効能といえば温泉の科学的な成分(泉質)だけかと考え
ていたのだが、温度、液性(pH)、浸透圧などでも分類されるという。

温泉の条件は
・25℃以上
・特定の成分(18成分)が規定濃度以上であること
・溶存物質総量が1000mg/kg以上
のいずれか1つを満たせばよいという。

これはどういうことかというと、海の近くの土地で穴を掘り海水由来の水が出てきたら
温度が何度であろうと温泉と呼べるというのである。

こう考えると、海の近くに「天然温泉」と謳う施設があるのは不思議な話ではないと
思った。

あと、この本によると酸性温泉は肌がツルツルになるから「美肌の湯」、アルカリ性
温泉は肌がヌルぬるすることにより、角質が取り除かれ肌が綺麗になることから
「美白の湯」とか「美人の湯」と言われるらしい。

私が浸かった温泉では、島根の玉造温泉が美肌の湯、和歌山の龍神温泉が美人
の湯と言われていたが、玉造温泉のpH値が8.1、龍神温泉のpHが7.8とどちらも
pH7以上でありアルカリ性であり、これらの呼称は割といい加減なのかもしれない。

おっさんである旅好きおやじにとってはどうでもいい話である。

他にも色んなうんちくが書かれており、読んでて楽しかったが、本に写っている温泉
の写真は男湯が多く、これを女湯にしてくれるともっと楽しい本だと思った。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2014年10月09日 04:11 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

ロッシュの限界

地球も月も自分自身の重力で球体を保っているが、これを近づけたらどうなるだろ
うか?

英語版のWikiの画像をつなぎあわせてGIFアニメーションを作ってみた。
rochelimit.gif

月が地球に近づくと、ある距離になると潮汐力と言って、月の表側と裏側で地球から
の重力の不釣合いがおき、月のほうが崩れてしまうのである。

この崩れる限界の距離をロッシュの限界という。

地球と月の距離は380,000kmあるが、地球と月が10,145kmまで近づくとこの現象が
起きるらしい。

天才バカボンのオープニングでは、地球が月にぶつかり地球が壊れていたが、
ぶつかる前に崩れる可能性もあるのである。
(地球と月の接近スピードによってはあのオープニングのほうが正しいのかも知れない)

土星の輪っかも衛星が近づきすぎて崩れた結果らしい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2014年07月30日 04:50 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1041位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
217位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム