旅好きおやじの日記 TOP  >  エンベデッド

エンベデッドシステムスペシャリストの午後問題で気づいたこと

エンベデッドシステムスペシャリスト試験では、4年連続で午後1を通過できな
い状態に陥っている。

一度問題を解いてしまえば、解き方を覚えてしまうので2回目以降はなんとか
なってしまうのだが、ここ最近は初見の問題が多く、毎回はじめて解くときには
苦杯を舐めさせられている状況である。

これでは、たまたま過去問に似た問題が、午後1、午後2の両方で出題されな
い限り合格ができない。

そんなことを悩みながら、1つ気づいたことがあった。

何の事はない。問題をちゃんと読んで設問を解いていないのである。
当たり前のことができていないのである。

なぜ、ちゃんと読まずに設問を解いていなかったのかというと、今まで受けた
試験が、問題文をいちいち全部読むことが非効率で、それに適した解き方を
していたためである。

ITストラテジストやシステム監査技術者というのは、問題となる課題やその役
割における考え方のプロセスがだいたい同じなので、問題文を全部読まなく
ても、わかっていることをいちいち読まなくても良く、端折ることができる。

ネットワークスペシャリストは問題文の問題の位置設問の場所が対応づいて
いるので、解き方が固定できる。

例えば、問題文が
[第1章]
[第2章]
[第3章]
だったら、
設問1 :[第1章]からXXを答えよ
設問2 :[第2章]からXXを答えよ
設問3 :[第3章]からXXを答えよ

と言った具合である。

これに対してエンベデッドシステムスペシャリスト試験は

例えば、問題文が
[第1章]
[第2章]
[第3章]
だったら、
設問1 :[第1章]~[第3章]まで読んでXXを答えよ
設問2 :[第1章]~[第3章]まで読んでXXを答えよ
設問3 :[第1章]~[第3章]まで読んでXXを答えよ

となるので、単純にネットワークスペシャリストの3倍の脳内のワーキングメモリ
が必要となる。

さらにネットワークスペシャリストと違い、装置の仕様が広すぎ、世の中にある
いろんな装置が題材となるためパターン化もできず、また、ちょっとした補足や
ら、注意書きを1個でも見落とすと装置仕様が捉えられないようになっている。

結局のところ全部を読まないと解けないのである。

装置仕様さえ捉えることができてしまえば、組込みシステムとしての動作のパ
ターンやら不具合のパターンやらは同じなので、装置仕様を捉えることが勝負
の分かれ目となる。

どうやったら問題文全体を捉えて、設問に解答できるかが目下の課題である。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年03月23日 04:57 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

2016年のエンベデッド試験午後のハードの問題を解いて

エンベデッドシステムスペシャリスト試験の午後の問題はソフトウェアを選択する
つもりなのだが、まだ試験日まで時間もあるため、ハードウェアの問題も勉強して
みることにした。

ハードの問題は選択する気はないが、たまに午後1の共通問題で新しいことを問われ
それが、過去のハードの問題に出てなかったかを確認するためである。

午後1の問3がLEDを用いたイルミネーションシステムで、LEDが16個ついた装置を
カスケード接続してLEDの点灯や点滅を制御するもので、ディズニーランドとか
で使用するような装置、
午後2の問1が自動車の運転支援システムで、前方の障害物やその動きを確認し、
ヘッドライトをロービーム、ハイビームに制御したり、ステレオカメラを利用し
て相手との距離を測ったりするシステムである。
ヘッドライトも前方だけでハイとローだけだと思ったら、今は前方を6方向にわ
けて制御できるようになったのか、これは人では制御できないなと思った。

午後1は全く歯が立たなかったが、PWM制御でのカウンタの使われ方やら、アドレス
の操作方法、プリスケジューラによる分周についてどうやっているのかという概要
がわかって、勉強してみてよかった。

午後2については、設問1はエンベデッドを全く知らなくても問題をちゃんと読めば
答えられる問題で、こんな問題とソフトの難しい問題を同じ次元で評価されるとい
うのも、なんかやりきれない感じであった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年03月18日 04:55 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

2016年のエンベデッド試験午後2の問2

2016年の午後2の問2は資源調査用無人海底探査機の問題である。

日常生活を送っていく上で、お目にかかるようなこともない装置である。

こういった問題が出題されたら、どう解いたらよいのか気が動転してしまい
パニクってしまう私だが、こんな問題が出た時にこそ受験者のほとんどが
知らないような問題が出てくれてありがとうと心の余裕を持てるようにしたい
ところである。

他の過去問を見てもそうなのだが、問題文最初から、最初の[]までの間の
説明は装置の概要を知るうえで非常に重要な部分であるということを、
問題を解いてそのあと解答を分析して改めて知ることができた。

あと、午後2の問題は分量が多く、いちいち全部読んでいると時間が足り
なくなるという焦る気持ちが出てきてしまうが、中途半端な理解で設問を
解くと、まず正解にたどり着かず、解いてみたが30点前後しか解答できな
かった。

ただ、ちゃんと参考書を読み込むと、設問で問われていることを飛ばして
解答していることが多く、
例えば、設問1(2)(a)では、
「探索機の各構成要素は自己診断機能を持ち、故障を検出することがで
 きる。
 探索機が自律航行できないような装置状態と判断できるのは、どの構成
 要素を検出した場合か。制御部、バッテリ及びバラストユニットを除いて
 表1の構成要素から選んですべて答えよ。」

という問題では、表1だけを見てそれらしいものを抜き出してしまって間違っ
たがそうではなく、設問文にある「自律航行」とはなんぞやということを、
問題文から探せばちゃんと、[探索機の位置の管理と自律航行の制御方法]
という箇所があり、そこで使っている装置、不要なものを読めばただの抜出
問題となってしまうのである。

恐らく、2013年度以前の問題であれば、私が最初やったような浮ついた解
き方でもなんとかなったのかもしれないが、最近の午後2でこのような解き
方は禁物であることが身にしみてわかった。

ちゃんと設問を分解して、何を問題文から探してどう解答することを求めら
れているかということを意識して解けば50点ぐらいは行きそうである。

残り10点をいかに解けるようにするかが今後の学習の鍵になってくると思う。

他の感想だが、精度の高いデータを記憶域に保存するタスクと、精度の低い
データを記憶域に保存するタスクがある場合、データ精度の高いタスクの優
先度を低くしておかないと、データの低いデータが記憶域に保存されることに
なってしまう旨の問題が設問2(3)で(a)35文字、(b)75文字、(c)65文字も答えさ
せる問題が出ていたが、(a)が解ければ(b)(c)が芋づる式に解くことができ、
解けなければ3問も落としてしまうため非常にバランスの悪い問題構成なので、
ここができたか否かで合格者と不合格者の差がついたのだと思われる。

あと、通信データの種類では「音響測位」「音響通信」「音響計測」と3種類
のデータがあり、注意しておかないと混同してしまう、頭の回転の鈍い私に
とっては非常に混乱する問題だった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月21日 04:12 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

組込みソフトエンジニアを極める

エンベデッドシステムスペシャリストというペーパー試験の勉強以外で、仕事
で全く関わっていない私にとって、組込み技術者の現場感覚がわかるいい本
だった。

エンベデッドシステムスペシャリストでは、製品の動作仕様とタスク仕様が与
えられて、それを短時間で理解し解答できる能力が求められるのだが、この
本で出て来る現場の課題である、時間分割の壁、機能分割の壁については
私が知る限り問題にもなっていないわけで、現場とはちょっと違う方向に行っ
ている試験だということを認識できた。

かといって試験で求められる能力に意味が無いとは思わないが。

実際の現場では、製品の機能が増える中、複数のタスクを決められた短い
時間の中で動作させるためにはどうしたらよいかとか、製品の今後の展望、
この本では例え話として、レジの組込みシステムが題材になっているが、
今の時代に即した言い方で言い直すと、例えばビットコイン決済というのが
将来必須の機能になるのかならないのかを予測した上で設計方針を決め、
タスクをどう分割するかとか、再利用の観点も含めて検討しなければならな
いということで、個人のプログラマに依存していると効率的ではないなという
のもすごくよくわかった。

この本に出てくる架空の登場人物の中で、古いプログラムしか知らない課長
が部下にはバカにされているセリフが節々にあったが、最後にはその課長が
長年レジの世界ではお客さんの意見とかレジのあり方と向き合った人である
ので、評価されていたのが救いだった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月17日 04:04 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

2016年のエンベデッド試験午後1の問2

2016年の午後1の問2は食券自動販売機の問題である。

多分、松屋とかの入り口に置いているタッチパネル式の食券販売機を題材に
しているのではないかと思われる。

我々客から見ると、そういう自動販売機の部分しか見えてこないが、エンベ
デッドシステムスペシャリストの問題では、キッチンプリンタとか裏側にあ
る装置まで出てくるので面白い。


この問題も題材としてはオーソドックスな問題ではあるのだが、解答の数も
多く、時間のない中端折って読んでしまって題意を捉えられず、見当違いな
解答をしてしまった問題だった。

後から読み返してみれば、問題文に解答が書かれているようなもので、答を
見てしまうと、なんだそういうことかと思えるのだが、はじめて問題を解い
ているときにはそこまで考えが至らないようである。

例えば、設問3(3)では、自動券売機が1台ではなく複数台となり、親機と子機
として制御する方式に変更された場合に、注文タスクの動作がどう変わるか
を穴埋めにした問題なのだが、
空欄だけを見て、空欄に該当する変更前の注文タスクの動作から連携して
そうなタスクへの動作を考えて解答したわけであるが、
解答のアプローチとして全く間違っていたため、
(3)aを「食券の印字をシリアル通信タスク」
(3)bを「食券印字の親機への指示とLAN通信タスク」
という解答にしてしまった。

設問3で問われているのは「変更の概要」であり、変更されていない部分は問
われていないわけである。
しかし、私は変更されていない部分について一生懸命タスクの動作を書いて
いたわけである。

本当は、変更されたことによって何が変わったのかを、設問3で与えられた概
要をちゃんと読み、変更前と何が変わっていたのかを辿っていけば、2台に
なると注文番号も1台のときから変わっているし、「販売可能数」や「注文番号」も、
管理するタスクが制御タスクから注文タスクに変わっていることに気づきやす
かったのではないかと思う。

とはいえ、短い45分という時間の中、これに気づき正しい解答を導く実力が
私には全然備わらないのが情けない限りである。

まあ、設問3で事細かに書かれているのだから、問題文や変更前のタスクの
説明などに答えがあるわけではなく、設問3の記述に答がありそうだと割り
切って考えることが大切なのかもしれない。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月10日 04:16 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

2016年のエンベデッド試験午後1の問1

4月のエンベデッドシステムスペシャリスト試験に向けて勉強しており、午後
の勉強をしている。

2015年より以前の問題は去年の受験のため何度か解いており、問題や解答の
仕方が記憶に残ってしまっている。

2016年の試験問題は、本試験のとき以来なので新鮮な気持ちで解いてみた。

午後1の問1は、カーオーディオシステムの問題で
・USBのメモリを突っ込めばそのメモリにあるファイルを再生する
・スマホとカーオディオをUSBケーブルで接続し、スマホで再生した音楽を
 カーオーディオから流す
といった2つの機能をもつ機器についての問題である。

この問題では、この2つの機能を切り分けて考えることが肝であり、問題文に
はちゃんと明示もされているわけだが、問題文の分量も多く、焦って2つの機
能を切り分けず解いてしまう罠に落ちてしまうと正解が導けないようになって
いる。

当たり前の話だが。

今回難しかったのは、タスクの概要説明について、USB再生機能とスマホ再生
機能のうち、USB再生機能のタスク説明しか与えられておらず、スマホ再生機
能におけるタスクの動作は問題文から推測しなければならなかったため、案の
定こんがらがってしまい50%前後しか解けなかった。

やはり、時間がないからといって、斜め読みは禁物であることを再認識した。
(かといって丁寧に読み込むには時間がかかるので、難しいのだが)


2017年版のSE社のエンベデッドシステムスペシャリストの情報処理教科書にも
書かれていることだが、長い問題文の中から、いかにその装置の「概要」を
捉えるかが大切であり、
①システムの構成要素は何か
②それぞれの構成要素で行っている処理は何か
③構成要素間で受け渡されるデータは何か
を押さえられるようにするためにもっと訓練しなければならないと思った。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年02月06日 04:04 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

2017年春期エンベデッドシステムスペシャリスト試験申し込み

1月12日から情報処理試験の申し込みが始まっていたようだ。

今回も、エンベデッドシステムスペシャリスト試験の申込みを行う。

試験の難易度も年々上がっているように感じられ、やればやるほど午後の
点数は下がっていくので、いつ合格できるのやらといった感じであるが、
今年も懲りず申し込んでみようと思う。

このブログでも、去年の午後のソフトウェアの問題について、午後1の2問と
午後1の1問について所感などを書いてみたい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月28日 04:24 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

平成28年度 エンベデッドシステムスペシャリスト試験 不合格

昨日、春のエンベデッドシステムスペシャリストの合格発表があった。

平成28年度 春期   エンベデッドシステムスペシャリスト試験  成績照会

受験番号  ES338-XXXX の方は,   不合格   です

午前Ⅰ得点
***.**点
午前Ⅱ得点
92.00点
午後Ⅰ得点
49点
午後Ⅱ得点
---点
満点,合格基準は次のとおりです。
時間区分
満点
基準点
午前Ⅰ試験
100点
60%以上
午前Ⅱ試験
100点
60%以上
午後Ⅰ試験
100点
60%以上
午後Ⅱ試験
100点
60%以上


4度目の不合格である。

同じ試験で4回も落ちるというのは初めての経験である。

よほどこの分野に向いていないのだろう。

統計資料をみると、合格率はなんと17.2%である。5~6人に1人は受かっている
それほど難しいとはいえない試験ということもできる。

得点分布をみると、午前2は上位3%に入っているのに、午後1は下位20%つまり
5人いたら1番下の成績である。

この得点の取り方からすると、知識だけはあるのにそれを応用できない勉強
バカの典型のようである。

勉強すればするほど、点数が落ちていくというのもドツボにはまっている状態
である。

今回は、計算間違いと時間配分のミスが大きいと思うが、多分、エンベデッド
のことを知らないというよりは、この試験への取り組み方が根本的に間違って
いるのだろう。

といっても、情報処理試験全制覇は、私のライフワークでもあるので、来春は
5度目の試験を受けたいと思う。

今度こそ、受かりたい・・・・(涙)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月18日 01:07 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

TACとITEC(2016年春エンベ)

先週の水曜日と木曜日にITECが、金曜日にTACがエンベデッドシステム
スペシャリストの解答予想が発表された。

採点結果であるが、ITEC基準で午後1が48、午後2が40、TACが午後1が
43、午後2が39だった。

ちなみに合格点は60点であり、合格におぼつかない点数である。

ただ、ITECやTACの解答予想はあてにならず、去年のネスペなどはTAC
基準で36点であるにもかかわらず、24点誤差の60点で受かったし、また、
今年は2chの感想でも、ITECの講評でも難しいという評価になっている
こともあり、まだ、不合格と決めつける必要もないだろうと思う。

結局、相対評価で合格が決まるので、午後1については通過しているよ
うな気もするが、午後2については、問2設問2(3)の測位タスクと自律航
行タスクの優先度について、時間が足りない状況で慌てて書いたことも
あり、TACとITECとは逆の答をしてしまっており、この部分だけで、19点
もあるので、ここで落としているだろう。

ただし、問2設問2(3)については優先度に関してはTACもITECも同じく
測位タスク>自律航行タスクの優先度になっているが、その理由は2社
で割れているので、他の有力な理由があるならば、私の解答になって
いる可能性もあるので、IPAの正式解答を待ちたいと思う。

この自己採点をもって、2016年春のエンベデッドシステムスペシャリスト
の試験勉強は終了し、とりあえず4月中は試験のことを忘れ、GW明け
から情報セキュリティスペシャリストの参考書を探したいと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年04月26日 04:30 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

2016年のエンベデッドシステムスペシャリスト試験の午後2解答をさらす

昨日に引き続き、エンベデッドシステムスペシャリストの午後2試験の
私の解答をさらす。

解答欄を見ていただいてわかるように、解答の分量がかなり多い。

設問の数とかは例年と同じぐらいだが、記述する量が多く、問1のハー
ドウェアと比べ、私の選んだ問2のソフトウェアは解答欄だけで1.5倍ぐ
らいあった。

みんなの感想とか見ても難しいと言っているし、計算問題が複雑で
正解率も低くなるだろうから、相対的に午後1は通過したような気が
するのだが、設問3がほとんど解けなかった午後2で撃沈していると思う。

ソフトウェアが今後もこういう傾向が続くのであれば、私の頭ではいく
ら勉強しても太刀打ちできない。

ハードウェアも選択肢することができるように勉強方法を変えることも
検討したい。

午後2
問2
設問1
(1)a.あらかじめ設定した深度に到達した
 b.浮上指示の制御要求を地上局から受信
 c.中継機から位置通知を受信
 d.位置通知が受信できず一定時間経過した
 e.探査計画データが最後の通過地点まで到達
(2)(a)スラスタ、速度センサユニット、深度センサ、音響通信ユニット、無線通信ユニット
  (b)探査機の姿勢及び向きが計測時点と変わった。
  (c)分割番号が上限まで振られてしまい、データが古いまま送信される
  (d)時系列で中継機で受信できるようにするため
(3)a.0.13
  b.0.2
設問2
(1)(a)f.探査計画情報
   g.位置通知
   h.深度計速
   i.深度計速開始
   j.計測通知
  (b)自律航行タスク、測位タスク、情報管理タスク
  (c)通信タスクに中断中である旨の通知を送信する。
(2)(a)位置通知、自律航行停止
  (b)通信管理タスクから音響通信ユニットからのデータを受信
  (c)情報送信要求
(3)(a)「測位タスク<自律航行タスク」を文で書いた
  (b)自律航行タスクで計測した現在位置が、測位タスクからの測位通知
   により現在位置情報が上書きされてしまう。
  (c)スラスタを制御する情報が更新後の値で計算されてしまうため、
   予定した位置に航行できなくなる。
設問3
(1)(a)空欄
  (b)空欄
(2)(a)不正な制御要求がされ、探査機を第3者に制御される
 (b)空欄
 (c)空欄

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年04月19日 04:50 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



読書メータ
旅好きおやじさんの読書メーター 旅好きおやじさんの読書メーター 旅好きおやじの今読んでる本 旅好きおやじの最近読んだ本
ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
183位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム