旅好きおやじの日記 TOP  >  その他資格・雑感

資格に関するうっすい記事

ネットサーフィンをしていると、

資格を取得しても、仕事が出来る様にはならない。」という記事があった。

上のタイトルはリンクにもなっているが、記事の内容を要約すると、

・資格は実務では全く役に立たない
・資格の勉強をする暇があるなら場数を踏め
 資格なんかを推奨しない会社も出始めており資格なんて古い
・社会で出世する為には資格よりも「経験値」
 資格など飾りでしかなく、必要なのは経験と自信である

みたいな感じの記事である。

私も、資格自体の効用はそれほどあるとは思っていない。

仕事をしていく上で答えを見つけ成果を上げるためには自分の頭を使って
考えるものであるというのは、記事の主張として認めるが、だから資格は無意
味というのは論理の飛躍というものであり、非常に短絡的な主張である。

私は、ITと会計の資格しか知らないが、ER図も書けなかった、Oracleも知ら
なかった人間がこれらの知識を習得できたのは、資格がきっかけだし、
簿記なんてやろうと思ったのは、そこに資格があったからである。
日商簿記という資格がなく、他の知識のように文献しかなかったら、
興味も示せていなかっただろう。
管理職は、空気のように会計を扱わなければならないので、簿記の勉強を
しておらず、かつ資格のような良いツールがなかったら相当苦労したに違い
ない。

「資格を取得して仕事ができるようになった」と思っている。

若者は経験が浅いのだから、こんなミスリードさせるような有害な記事を
書いているライターが存在している事自体、非常に残念である。

おそらく、ライターも若いのだろう。
経験を積んで仕事ができる人間が書いた記事とはとても思えなかった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2015年06月04日 04:16 ] その他資格・雑感 | TB(-) | CM(0)

資格を取ると貧乏になります

一昔前は、弁護士や公認会計士、税理士などの難関資格をとったら一生食べてい
けると言われたものである。

しかし、各資格とも近年はそうとも言えなくなってきている。

弁護士の場合、規制緩和や法科大学院の乱立で司法試験合格者が増えたのに
対し、それに加え、司法書士の業務範囲の拡大などで競合も増え、仕事の取り合
いになっているという。

公認会計士は、J-SOX法の導入前に人がたくさん必要だからということで、
監査法人が金融庁に合格者を増やすように泣きついたこともあり、この10年で
人数が2倍になったのはいいが、J-SOXの仕事は一度仕組みを作ればルーチン
になるので人が要らなくなり、2006~2008年の入社組からリストラされたと
いう。
また公認会計士は試験に受かってから実務経験が必要になるのだが、監査法人
にも就職できず公認会計士も名乗れない状態だという。

公認会計士は税理士に鞍替えが可能なのだが、税理士の仕事もシェアドサービ
スやクラウドの影響で非常に安価にできるようになってきたため、将来性はな
いという。

この本を読んでいると、資格なんか取らずに普通に企業に就職すればよいかと
思えてしまう。人が増えて供給過多になっては確かだろうが、弁護士や公認会
計士は需要がそれほど減ったわけではないので、資格の上にあぐらをかかず、
企業の人間のように普通に努力し、相手に配慮して営業活動をしていれば、別
にお先真っ暗というわけでもないのではないだろうかと思う。

なぜそう思ったかというと、筆者の文調も少し下品で挑戦的な感じを受けたの
で、オーバに書き過ぎではという印象を受けたからである。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2014年03月21日 04:20 ] その他資格・雑感 | TB(-) | CM(2)

司法書士との接触

私のような健全?(笑)な社会人にとっては、裁判や借金の利息の過払い分の
請求とは無縁なので、一生のうち司法書士と接触することなど、不動産登記ぐ
らいしか無いだろう。

今回、新築マンションを購入するので、不動産登記で司法書士事務所にお世話
になった。

接触と言ってもほとんど無く、不動産の登記手続きが終わり本人確認をするた
めの電話のみだった。

不動産登記といえば、LECの自習室で「合格ゾーン 記述式過去問題集」を開け
て勉強していた人たちを思い出してしまう。

また、30代の前半の頃に冷やかしで「司法書士になろう」か何かの本を買った
こともあったが、その本を読んでこれは無理だと思ってやめてしまった。

ちなみに以前同じ職場にいた同僚ともそういう話で盛り上がったことがあり、
彼の場合、仕事をやめ2回ぐらいでこの試験に受かたのだが、事務所では司法
書士をやる傍らIT関係のおもりをしているという。

さて、費用は権利登記費用と建物表題登記費用で18万円前後なのだが、費用
に関しては高いか安いかわからないことや、独占業務でもあるので、引越し
業者とは異なり、まあこんなものなのかと言ったところだろうか。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2014年02月27日 04:39 ] その他資格・雑感 | TB(-) | CM(0)

宅建主任者からの重要事項の説明

マンション購入にあたり不動産屋と売買契約をした。

売買契約の際、宅建主任者から重要事項の説明を受けた。

その際、宅建主任者証を提示されそれをテーブルにおいていた。

私は生まれてこの方、不動産屋とは全く付き合いがなかったのだが、宅建につい
てかじってたことがあったので、不動産の売買や貸借契約の際に必ず行わなけれ
ばならない「重要事項の説明」のことは知っていた。

売買契約書と重要事項説明書について説明を受けたが、書類がすごく分厚いこと
もあり、かいつまんで説明される。

説明を受ける中、詳しく聞きたいことが2回ほどあり、突っ込んで聞いたが、
ほとんどの購入者は説明されても理解して帰っている人はいないそうである。

「重要事項の説明」は独占業務であり、宅建主任者じゃないとできない。

情報処理や簿記資格のような検定試験とは違い、実際に持っていることが法的な
効力を持つ資格というものはいいものだなと思った。

私は資格マニアだが、そのような資格は自動車の運転免許しか持っていない。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2014年02月06日 04:59 ] その他資格・雑感 | TB(-) | CM(2)

宅建試験勉強ゆるやかに始動

昨日は春の情報処理試験のエンベデッドスペシャリストの参考書について話をした。

4月までは、この資格を中心に勉強はするものの業務経験が無いので、一発合格は
難しいのではないかと感じている。
(とは言え最善は尽くすつもりであるが)

今年の目標の一つに資格試験への合格がある。
どんな試験でもいいのではなく、情報処理試験であれば高度レベル、その他の試験
ならそこそこ難しい資格へ合格することが目標である。

もし、エンベデッドスペシャリストが落ちていたとした場合、次も情報処理試験となると
かなりモチベーションが低くなりそうなので、秋は宅建を受けることにした。

宅建は取得しても、それを生かして転職などとは考えていないが、家を購入する際に
役立つだろうと考えるからである。

宅建といえば、2004年に申し込みはしたものの、準備したのが遅く7月頃だったことも
あり、権利関係までは勉強したが、宅建業法や法令上の制限といった分野は、自分
にとって未知の分野だったこともあり勉強が進まなかったため、受験しなかった過去
がある。

今年は、この時の反省から、4月中旬の情報処理試験が終わったらすぐに準備する
つもりである。
ただし、いきなり切り替えるのも難しいと思うので、1月から4月はエンベデッドスペシャ
リストの勉強に飽きた時に気分転換に勉強したいと思う。

週末に、宅建主任者のブレイク氏に電話をかけ、参考書のアドバイスを頂き、まずは
「まる覚え 宅建塾2013年度版」を購入した。

権利関係は結構好きな分野でもあるので、結構覚えている。

本格的な過去問の勉強や予想問題の勉強は4月下旬以降に行うことにして、当面は
この本で勉強していきたい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月08日 04:34 ] その他資格・雑感 | TB(-) | CM(2)

中小企業診断士

仮にITストラテジストに受かっているとすれば、次の目標を考える必要がある。

情報処理完全制覇、中小企業診断士、宅建

などが目標の候補として挙げられる。

この中でも、中小企業診断士は非常に私にとっては受けたい資格なのであるが、
いろいろな制約があり受けるのを躊躇している。

中小企業診断士の試験と合格後の話について触れてみよう。

まず、中小企業診断士は、1次試験、2次試験にパスし、15日間の実務補習を
修了して初めてなることができる。

1次試験は8月の土日に行われる。以下の7科目がある。

A 経済学・経済政策
B 財務・会計
C 企業経営理論
D 運営管理
E 経営法務
F 経営情報システム
G 中小企業経営・中小企業政策

各100点で平均60点以上で1科目でも40点に満たない場合不合格である。

私の場合、Bは簿記1級の知識があるのでアカウンティングはおさらい程度で、
ファイナンシングを勉強すればいい。
CとDはITストラテジストの勉強をやる中で、襷に長しの勉強をやっていたので、
経営理論、生産管理、販売管理、店舗管理などの知識もあるので、少し勉強す
れば1次試験のレベルに達するであろう。昨年はこの2科目の中小企業診断士
の教科書をひと通り読んだりもした。
Fの難易度は基本情報処理試験から応用情報技術者試験の間と言われているの
で、無勉でもいけるだろう。

こう考えると、1次試験のための勉強はかなりアドバンテージがある。

2次試験の筆記試験は10月に行われ、以下の4科目がある。
事例1(組織・人事)
事例2(マーケティング・流通)
事例3(生産・技術)
事例4(財務・ファイナンス)

文章題で、設問に答える形である。少し問題文を見てみたが、情報処理試験の
ように国語力重視ではなく、「助言ができること」を試されているので、知識を組
み合わせて答えるものがあるので、勉強時間に比例して点数も伸びそうな気が
する。
ただ、傾向や対策をつかむ意味で一定の勉強時間が必要そうである。

2次試験の筆記に合格すると、12月に口述試験が行われる。
口述試験といえば、昔なら緊張して台本通りの答えしかできなかったと思うが、
本社に来てから人前で話すのが当たり前のようになっていることもあり、アド
リブはきくだろうし、そもそも2次試験の内容について追加質問について、口頭
で答えるというものなので、頭が真っ白になるようなこともないだろう。

ここまでなら、今から努力すれば、来年は合格または、合格できなくてもいい線
まで行くかもしれない。

しかし、ここからなが難関である。

15日間の実務補習がある。

この補修は連続ではなく飛び飛びの日程ではあるのだが、ある程度、固まって
平日に休暇をとる必要がある。

管理職なので、なかなかまとまった休みが取りづらいし、今の部門の実務にあま
り関係ないので、会社に事情を話しても協力的ではないだろう。

ただ、猶予期間は2次合格から3年間あるので、無理やりやれば、会社に言うこと
なく受けることはできるだろう。

晴れて中小企業診断士になったとする。すると、5年間で30日以上の経営診断
業務に従事するか、座学研修や論文審査などを5回以上行わなければならず、
維持のコストもバカにならない。

自己満足のためだけに取るには、あまりにコストがかかりすぎるのである。

1次試験には手が届きそうなだけに、受けたい気持ちは満々なのだが、後のこと
を考えると、受けることはできない。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年11月23日 03:45 ] その他資格・雑感 | TB(-) | CM(0)

私の資格感

昨日は、嫁と子供が嫁の実家に帰っており、1日じゅう強い雨だったので家で
お留守番をしていた。

私が、毎日チェックするブログは、このブログによくコメントをくれるブレイク氏の
ブログ、部下のブログ、そして、みよちゃんのブログと美月先生のブログである。

みよちゃん?美月先生?だれ?と、このブログを読んでいるほとんどの人が思
うと思うが、この2人はどちらもIT教育の会社の代表であり、私のような情報処
理試験の受験者に有用な情報を提供してくれる。

気分転換に過去の記事を読んでみると、
みよちゃんのブログでは、プロマネ教育において資格の重要性を訴えたところ、
企業の担当者は資格よりも、対人関係が重要だと一蹴されたとか、
美月先生のブログでは、企業の担当者から、
「自分は○○社の社員だから,講師が効率良くポイントを教えてくれさえすれば,
 講義以外で勉強しなくても合格できる。私は仕事で忙しいのだから,そうすべ
 き。」ということをアンケートに書いた某有名会社の社員もいた
と書かれていた。

どの業界でも、アホなお客には苦労をさせられているということがよくわかった。

さて、日本の商習慣は概ね買い手市場である。

このため、売り込み側の良い点などを尊重せず、自社の都合ばかり突きつけてく
るアホな買い手も多い。

当然私もサラリーマンを20年近くやってきているので、売り手にもなったことがあ
るし、買い手にもなったことがある。

買い手になった場合は、売り手に対し何かと強い態度に出なければならないの
だが、それでも、相手の自尊心を傷つけることだけは絶対にやってはいけないと
思っている。

友人の会社の大得意先である某大手食品会社は、友人の会社の自尊心を傷つ
けるような交渉をしてくるので、友人の会社の社員たちの間では、その大手食品
会社の商品の不買運動が起きているそうで、私もそれを聞いて、その大手食品
会社の商品は買わないようにしている。
そのような徳のない交渉をしている担当がいるというのは、その会社の管理職や
経営層がなっていないので、そのような会社の商品を口に入れたくはないので
ある。

自分が大企業の人間だから、大きなお得意さんだから、中小企業や業者(どちら
も失礼な言い方ですが)は自分のいうことを聞け的な交渉をする輩の話をブログ
で見たり、人から聞いただけで、非常に腹が立つのである。

さて、所属会社、役職、学歴、資格といろいろ人間にはステータスがある。

これらは、第1印象をあげるという効果がある。
資格も学歴も持っていれば、それだけ努力をしたり地頭が良かったりと、ある程
度の相関関係があるからである。
ただし、これは参考情報でしかない。少し話をすれば相手の実力や人柄は、
ある程度察することができるからである。

つまり、40代にもなると、残念ながら資格や学歴そのものの効果は、酒飲み話
のおつまみ程度のしか価値がない。
そんなことより、自分は今まで何をやってきたかと、自分はこれから何ができるの
かということが評価され、それらが一番大事なのである。

ここを勘違いしている人は、せっかく頑張ったのにこんなはずではなかったと、
後悔するのだと思う。

残念ながら学歴は取り戻すことができないし、取り戻す必要もないが、資格は、
勉強をしたり、そのために読書をすることで、対象の業界の知識を体系的に学
べるわけであり、その人の知識の深さや、人間性までも成長させてくれ、結局
は対人能力をあげることにつながるとても有効なツールであると私は思う。

みよちゃん「自分らしい働き方」より
http://blog.livedoor.jp/yasuyukimiyoshi/archives/51850855.html


美月先生「わくすたブログ」より
http://mizukix.cocolog-nifty.com/wakuwaku/2012/09/post-934a.html



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年09月24日 04:25 ] その他資格・雑感 | TB(-) | CM(2)

会社から独立した人たち

私の会社はIT会社なので、資格といえば情報処理試験である。

ただ、この資格はあくまでITの土俵の中でしか評価されない。

私は、IT資格をいくつか取得し、これに加え日商簿記1級も取得している。
この資格はIT業界の人間が取るのは珍しいが、すぐ隣りの業界であるコンサル
業界であれば取得者も多いと聞く。

私の前の職場から、2人ほど、畑違いの士業の資格をとった人がいる。
その職場というか事務所の人数が9人ほどであるから、そのうち2人が士業の資
格をとって独立したというのは、確率的にはすごいことのような気がする。

その士業とは弁理士と司法書士である。

もう、どちらとも縁はないが、司法書士の方とは年賀状上では付合いだけはして
いる。
風のうわさでは、司法書士事務所においてサーバのおもりをしているという。 
今どんな感じなのか、いつかはまた飲み会などを企画してみたいと思っている。

弁理士といえば、親会社の同期も取得し現在独立している人がいる。

先日、同期会があった。

本当であれば、この弁理士の同期とも昔に戻ってバカ話でもしたいところであっ
たのだが、クライアントとの関係上、ライバル会社の弁理士をしているということ
もあり、カルテル的な疑いがかかるのを気にして飲み会に参加しなかった。

士業は、我々会社員と違い、プライベートの時間もこういう制約がつきまとうとい
う意味で少し気の毒だった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年05月09日 04:13 ] その他資格・雑感 | TB(-) | CM(0)

宅地建物取引主任者

このブログによく訪問してくれる友人のブレイク氏は、昨年、宅地建物取引主任
者(以後:宅建)に合格した。

私も、過去にこの宅建の願書を出したことがあるのだが、民法ぐらいしか勉強で
きず、準備不足のため非受験だった。確か2004年のことである。

この宅建の試験は秋に行われるが、情報処理試験の秋の試験と同日に開催さ
れる。

秋に行われる情報処理試験は
・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
・ITストラテジスト試験
・システムアーキテクト試験
・ネットワークスペシャリスト試験
・情報セキュリティスペシャリスト試験
・ITサービスマネージャ試験

で、私はこの中でITストラテジスト、ネットワークスペシャリスト、
情報セキュリティスペシャリストの3試験がまだ受かっていない。

私ももう40歳なので、今更、30代ぐらいの人が取るネットワークスペシャリスト、
情報セキュリティスペシャリストの試験を受けようにもモチベーションが保てな
い。 
情報セキュリティスペシャリストは春にも受けることが可能である。さらに、この
試験は昔、技術者側と利用者側が別の試験で、利用者側の資格である情報
セキュリティアドミニストレータには受かっており、私の会社的には同じ扱いに
されてしまっているため、受かっても報奨金が出ない。

なので、ITストラテジストに受かれば、報奨金のでない情報セキュリティスペ
シャリストや自分の人生の旬が過ぎてしまったネットワークスペシャリストよ
りも、報奨金はでないが全く別分野である宅建を受けたいという気持ちが強く
なっている。

今更、宅建をとって転職しても今の給料は望めないだろうが、ブレイク氏によ
ると、家を買うために宅建の知識があると役に立つという話を聞き、なるほどと
思った。

家を買って所有するのか、賃貸で一生利用し続けるのか、損得勘定をまだして
いるわけではないが、家を買うという選択をした場合、この宅建の資格が役に立
つと思う。

そう考えると、宅建の勉強をするのが今から楽しみである。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年03月04日 05:08 ] その他資格・雑感 | TB(-) | CM(2)

資格図鑑

資格図鑑という本を図書館で借りて読んだ。

私は資格取得が趣味である。

一時期、一生会社人間でいるのが嫌で、独立して税理士になりたいと思いと、
当時ちょうど仕事が一段落したタイミングが合い、売掛金とか買掛金とか言った
言葉も全く知らない素人のような状態から、簿記3級~1級の参考書と問題集
で勉強を繰り替えし、独学で日商簿記1級を取得した。

私は、理系なので税理士の受験資格を得るための、商学や経済学の単位を
とっていなかったので、日商簿記1級の合格が必要だったのだ。

税理士試験の願書を提出するために、ちょうど初夏で暑くなった5月の下旬頃
に、有給休暇をとり、国税庁のある大手町まで行った。
確か願書の受付期間が10日ほどしか無かったと思う。
 
願書も出したし、税理士の勉強のうち、とりあえず簿記論と財務諸表論だけで
もとっておくかと思い、勉強を始めたところ、千葉で新しく始まるプロジェクトの
メンバに選出され、この密かな計画が露と消えてしまったのである。

さて、この本を見る限り、資格を取得し、当時夢見ていた独立をしても、その
あとが、正念場で、あまり夢を見ないほうがいいということが書かれている。

私も移り気なので、税理士だけではなく司法書士や公認会計士なども視野に
入れたこともあったが、そのいずれも独立しても、営業力がなければ、会社
勤めのときの給料とあまり変わらない旨のことがこの本には書かれている。

特に、組織が嫌で独立しようとした私のような人間に、独立して営業力が
備わっていたかというと甚だ疑問であり、今より幸せな人生が送れていたか
というと正直言って分からない。

ただ、士業は会社のように倒産の心配もない。社会性のなかった30歳の頃か
ら10年間で営業力さえ身につけることができていれば、それはそれで安定して
いたとは思われる。

もし、当時会社をやめて税理士になっていたら、その後、大阪八尾市あたり
の税理士事務所で10年ほど修行して、独立を考えていた頃だと思われるので、
それはそれで面白い40歳だったのかもしれない。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年08月14日 04:31 ] その他資格・雑感 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
937位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
191位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム