子供と6年ぶりに行った藤子F不二雄ミュージアム

宿河原駅のドラえもんローソンを後にして、徒歩で藤子・F・ミュージアム
を目指す。
20180218-16.jpg

徒歩で訪れる人向けに、道標があるので迷うことはない。
20180218-17.jpg

ミュージアムへ行く途中にある二ヶ領用水。
20180218-18.jpg

登戸からバスで行くと、味気ないものがあるが、こうやって子供をつれて
歩くのもなかなか良いものである。

次はエスパー魔美。
20180218-19.jpg

その次はパーヤンか。
20180218-20.jpg

21エモンのモジャ公とドンモ。
20180218-21.jpg

オブジェを見ているうちに1km以上の道のりを歩く。
20180218-22.jpg

ミュージアムに到着。
20180218-23.jpg

このミュージアムは2回来たことがあり、最初に来たのは長女が2歳の時
で、当時は長女がぐずってしまい、あまり楽しめなかった。

それから、友人と1回来たことはあったのだが、子供と来るのは6年ぶり
になる。


6年前の行列の印象が強かったので混んでいると思いきや、人気も沈静化
し、かなり空いていた。
20180218-24.jpg

きれいなジャイアンも全然待つことなく遊ぶことができた。
20180218-25.jpg

水に沈んだきれいなジャイアン。
20180218-26.jpg


6年前にはあまり余裕はなかったが、トイレの注意書きも結構こっている
ことを発見した。
20180218-27.jpg

広場に出る。このぐらいの混雑ぶりがちょうど楽しめる。
20180218-28.jpg

1歳だった長女に手こずったという印象が強かったが、子供も手がかから
なくなり楽である。
20180218-29.jpg

お土産屋を見る。
20180218-30.jpg

「どうだ、うまいか、おいしいかどっちだ?」
20180218-31.jpg

ジャイアンシチューの皿である。

ジャイアンは歌が下手という設定であるが、料理も相当下手で、ジャイアンシチュー
の巻とか、恐怖のジャイアンピザなどで、とんでもない料理をのび太たちに振る舞う。



帰りはバスで帰宅。バスにはパーマンの展示がされていた。
20180218-32.jpg

今回も1時間程度の滞在だったが、楽しめることができた。
20180218-33.jpg


20180218-34.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2018年02月21日 04:07 ] 川崎市 | TB(-) | CM(4)

川崎新町探訪

元祖ニュータンタンメン本舗 川崎京町店に行くために、南武線の尻手駅
から、南武支線に乗って川崎新町で降りた。

川崎新町にはチャリで行ったほうが早いのだが、南武支線に乗ったことも
ないのでわざわざ電車でやってきた。

川崎新町到着。
20180128-12.jpg

最近まで駅名プレートが旧国鉄のものだったのだが新しくなった。

駅の連絡通路が、なんとなく近未来風。
20180128-13.jpg

南武支線の案内図。川崎新町からは、尻手、浜川崎の両州店まで4分の距離にある。
20180128-14.jpg


川崎新町の駅舎。
20180128-15.jpg

Suicaの読み込み機は無人駅のものであるが、駅員はいるようである。

小田緑地。緑はないが・・・
20180128-16.jpg

サラ金などの案内板も錆びていて時代と土地柄を物語っている。
20180128-17.jpg

商店街の方に向かう。
20180128-18.jpg

掲示板が土地柄を表しているようである。
20180128-19.jpg

韓国家庭料理とお惣菜の店。
20180128-20.jpg

マルエツ。
20180128-21.jpg

近くでタンタンメンを食べた後再び、周囲を散策する。
20180128-22.jpg

自民、公明、共産など、節操なくポスターがバシバシ貼られている。
20180128-23.jpg

特に何の変哲もないドラッグストア。
20180128-24.jpg

こちらはまいばすけっと。
20180128-25.jpg

まいばすけっとと言えば、あまり安売りのイメージはないのだが、土地柄からか
缶コーヒーが27円で売っていた。

商店街に似つかわしくない、金・プラチナ現金買取。
20180128-26.jpg

ただ、もう営業はしていないようである。


マーケットプレイス ヒルマ。
20180128-27.jpg

トチオトメが399円と結構安い。さすが庶民の街のスーパーである。
20180128-28.jpg

この辺の安売りスーパーで双璧をなしているフレッシュの方は営業していなかった。
20180128-29.jpg

もう少し散策してみる。
20180128-30.jpg

セブンイレブンがあるのだが、ほとんど客は入っておらず。
20180128-31.jpg

駐車場には長時間駐車している車に、注意の紙が挟まれていた。
20180128-32.jpg

恐らく、タンタンメン屋の客だろう。この客の入りだと、このセブンイレブンが
潰れるのも時間の問題だろう。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2018年01月31日 04:35 ] 川崎市 | TB(-) | CM(0)

小田栄駅

私が月に1~2回程度行くイトーヨーカドーの川崎店の近くに、
来週の3/26に「小田栄駅」という新駅ができるというので、イトーヨーカドー
に行ったついでに、ちょっと駅の近くまで足をのばしてみることにした。

小田栄駅は南武線の支線である浜川崎駅と新川崎駅の間にできる駅で
位置関係は以下のようになっている。赤い目印が小田栄駅の場所。
20160313-11.jpg


イトーヨーカドー川崎店に到着。
20160313-01.jpg

イトーヨーカドー以外にコーナンとかブックオフ、スポーツ用品店など
もあり、この地域ではなかなかのショッピングセンターになる。
20160313-02.jpg

イトーヨーカドーの近くには巨大マンションもある。
20160313-03.jpg

この辺は工場とか学校の跡地だったらしく、そこにこのように
巨大マンションが乱立している様子は、私が住んでいる横浜市鶴見区と
状況は同じである。

巨大マンションのそばを通り小田栄駅に向かう。
20160313-04.jpg

子どもの飛び出し注意。関東は飛び出し坊やではなく看板が主流。
20160313-05.jpg

小田栄の踏切に差し掛かった。
20160313-06.jpg

イトーヨーカドー側から踏切に向かって左側が浜川崎方面、
20160313-07.jpg

右側が川崎新町方面のホームとなっている。
20160313-08.jpg

おそらくこの駅も、他の南武線支線と同じく無人駅で、Suicaを読取機で
読ませるタイプなのだろう。
20160313-09.jpg

来週のオープンまで間もないが、簡単な駅なので工事日はギリギリなのだろうか。
20160313-10.jpg

南部支線は、浜川崎駅から尻手駅までの路線なのだが、列車の本数が
1時間に1~3本で終電も22時代という、鶴見線と同じようなローカル路線
であり、バス路線も発達している区域なので、正直ここに新駅を作っても
あまり客は増えないだろうと思う。


小田栄駅の時刻表がまだ無いので隣の川崎新町の時刻表
20160313-12.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年03月17日 04:39 ] 川崎市 | TB(-) | CM(0)

川崎南部市場

先日、さんま祭りで川崎の南部市場に行ったが、そのまま帰るのも味気
ないので、適当に散策してみることにした。

川崎には南部市場と北部市場があって、北部市場の方は宮前区といっ
て内陸の方の住宅街の近くにあり、南部市場は幸区の尻手駅から歩い
てすぐのところにある。

朝7時ごろというのに、なかなかの客足だった。
20150912-20.jpg

業務用の品物が並んでいるが、業務スーパーとかでも見慣れているの
でそれほど新鮮味はない。
20150912-18.jpg

ひもの屋
20150912-19.jpg

やはり、街のスーパーよりも魚介類が安い。
20150912-21.jpg

さんま祭りでさんまを食べる人々。
20150912-22.jpg

閉店時間は12時までとあった。午前中に終了するとはさすが朝市である。
20150912-23.jpg

いくらが一塊で1,500円。普通のイクラの価格から考えるとかなり安い。
20150912-24.jpg

さんまだけでは全然腹が膨れていないので寿司屋に寄ることにした。
20150912-25.jpg

有吉の番組が来たと、ミーハーな宣伝もあった。
20150912-26.jpg

この店のおすすめ。市場寿司丼1,620円。
20150912-27.jpg

めちゃくちゃボリュームがある。
20150912-28.jpg

大食漢の旅好きおやじでも、もうい屋になるぐらいのネタの量である。

この南部市場は旅好きおやじの自宅から自転車で来れる場所にある
ので、また朝に寿司が食べたくなったら来たいと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年09月25日 04:25 ] 川崎市 | TB(-) | CM(0)

東扇島東公園

1年前に川崎港のちどり公園から、海底トンネルを使って東扇島まで行った
ときの様子をブログに書いた。

昨日は車で東扇島にある東公園に行ってきたのでレポートしたい。

ちどり公園の入口。車通りは殆ど無いので停車させて写真を撮る。
20150905-01.jpg

海底トンネルを使い東扇島に行く。
20150905-02.jpg

私は運転していたので、海底トンネルの様子は撮影できなかったが、車の
海底トンネルの左側が、あの徒歩用の海底トンネルだと思うと、ちょっと
懐かしい気分になった。

東扇島到着。
20150905-03.jpg

ファミマなどのコンビニもあったのだが、この日は東扇島で音楽イベントが
あったため、コンビニに駐車できないようになっていた。

カーナビがあるのに道に迷いながら、ようやく東扇島東公園の近くまできた。

マルちゃんでお馴染みの東洋水産の物流倉庫か何か。
20150905-04.jpg

車を駐車場に停め、東扇島公園の人工海浜みさき広場に行ってみる。
20150905-05.jpg

「約50年ぶりに復活した川崎ではじめての人口海浜です。」とあった。

20150905-06.jpg

川崎といえば川崎病という公害病の名前がつくぐらいの公害都市という
イメージが昭和の高度経済成長時代につき、この島も汚かったと思うのだが、
今は色んな魚が取れる釣り場になるぐらい、きれいな海を取り戻せた。

ただ、遊泳を許しているほどではないのだろう。
20150905-07.jpg

ちなみに、東扇島の隣の隣の島が羽田空港なので、飛行機の離発着が
頻繁に見えたりする。

さて、足海水浴でもするかと思ったら人工海浜に油の流入とのこと。
20150905-08.jpg

残念ながら立入禁止である。

20150905-09.jpg

公園で2人の子供を遊ばせる。
20150905-10.jpg

この日はBAYCAMP2015とかいう音楽イベントで、公園も移動制限がされて
いていた。
20150905-11.jpg

東燃ゼネラル石油の石油コンビナートが見える。
20150905-12.jpg

クレーンの船が前を横切る。
20150905-13.jpg

太平洋セメントの貨物船。
20150905-14.jpg

消化不良であるが、公園を後にした。
20150905-15.jpg

油の流入は今年の6月1日からあったみたいで、 防除の方法は調整中との
ことである。

油の流入が無くなった時また遊びに来たいと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年09月06日 04:18 ] 川崎市 | TB(-) | CM(0)

都会の近くの秘境駅(鶴見線 大川駅)

最近、夜明けの時間も早くなってきたので、鶴見線にある秘境駅である大川駅
に行ってみることにした。

秘境駅なら、別に朝早く行く必要ないではないかという声が聞こえてきそうで
あるが、この駅には朝早く行かなければならない理由があるのである。

朝7時に、JR鶴見駅に到着。
20150228-01.jpg


改札を入る。
20150228-02.jpg

鶴見駅では一度改札に入っただけでは、京浜東北線の列車にしか乗ることが
できず、鶴見線に乗るには、もう一回改札を通らないといけない。

初めて来た人は迷うだろう。

ただ、鶴見線に乗る人というのは、地元民か臨海部の会社に行く人、そして
鉄道マニアぐらいなので、混乱する人は少数だろう。

大川駅行き。7:10発の列車を待つことにする。
20150228-03.jpg

鶴見線の路線図。
20150228-04.jpg

このように海芝浦、扇町、大川行きの3系統がある。

路線の色使いを見ると、某宗教団体の三色旗のように見えなくもないが、
色の三原色でもあるので、考え過ぎである。

鶴見駅は鶴見線の終点でもある。
20150228-05.jpg


海芝浦行きをやり過ごして、大川駅行きの電車に乗る。
20150228-06.jpg

土曜日の朝なのに結構混雑している。
20150228-07.jpg

客層から見て、早番の方たちなのかな。

安善駅で半分以上の人が降りた。
20150228-08.jpg

大川駅到着。
20150228-09.jpg

大川駅は川崎市にあるのだが、JR的には横浜市の扱いとなっている
駅である。

運賃設定を考えると、同じ市町村の扱いにした方がいいのだろう。

これが大川駅。
20150228-10.jpg

列車の横は雑草が茂っている。
20150228-11.jpg

大川駅の時刻表。
20150228-12.jpg

よく見ていただくと分かる通り、休日には3本しか列車が来ない。

だから、朝早めに来ることにしたのである。
まあ、8時台でも18時台に来てもいいのであるが・・・

通勤の皆様。
20150228-14.jpg

大川駅は、戦前の「製紙王」大川財閥の当主にちなんでつけられた名前の駅
なのだが、今となっては日清製粉の鶴見工場や、昭和電工の川崎事業所、
三菱化工機の川崎製作所などの通勤の足として機能しているのである。


古い踏切。
20150228-13.jpg

その昔、手押しにより日清製粉鶴見工場に運ぶ専用線として機能していた
らしいのだが、小麦粉の輸送がトラックに切り替えられたことにより、
1997年に廃止され、いまとなっては線路は草で覆われていて、踏切も機能
し無くなったそうである。

Wikipediaより
貨物取扱があった頃の手押しによる入替作業(2006年10月3日)
270px-Okawa_irekae.jpg

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年03月03日 04:39 ] 川崎市 | TB(-) | CM(0)

川崎港へのサイクリング(後編)

一昨日に続き、日曜日に行った川崎港へのサイクリングの後編の話である。

いい忘れていたが、日曜日の目的地は川崎のちどり公園にある海底トンネルである。

地図で言うと次の赤い線の部分である。
20140928_map.jpg

ちどり公園への道。人通りがほとんどない。
20140928-17.jpg

公園内部も人気が全くない。一昔前のヤンキーがタムロしていそうな場所で少し怖かった。
20140928-18.jpg

海底トンネルの近くまできた。
20140928-19.jpg

海底トンネルの歩行者用道路の案内板。草木も鬱蒼としてっている。
20140928-20.jpg

人道の入り口まで来た。「人道」って・・・
20140928-21.jpg

これが海底トンネルの入り口である。
20140928-22.jpg

左上の道路標識であるが、自転車と歩行者専用道路の標識の構図である。

自転車の部分を青く塗り潰して使っているのだろう。

恐る恐るトンネルの中に入る。
20140928-23.jpg

壁がかけているようなところもある。沖縄の海軍壕公園を思い出す。
20140928-24.jpg

非難扉の向こう側は車道で、車がビュンビュン飛ばしており危険である。
20140928-26.jpg

930m+70mでこのトンネルの長さは1kmである。

1km近く先まで誰もいない。少し怖い。誰かがいてもその人が襲ってきそうで怖い。
20140928-25.jpg

小学校の頃、未来の移動手段として地下の道路が目的地とつながっている様子を
想像したことがあったが、実際に体験してみるとあまりいいものではないことが、
30年の時を経てわかった気がした。

ドンネルはあちこちにスピーカが設置されており、自転車は押して歩いてくださいと
いうアナウンスが繰り返し流れている。
20140928-27.jpg

監視カメラも結構な頻度で見かけた。
20140928-28.jpg

こうでもしないと、ホームレスが住み着き一般人が通れなくなると思われるが、
こうやって監視してもらっていると治安が守られるのだろう。

結構階段が急で自転車を押して歩くのはキツイ。
20140928-29.jpg

ようやく東扇島側に到着。
20140928-30.jpg

川崎港を横切る船。
20140928-31.jpg

何人か釣り人がいたりして、日曜日の夕方を楽しんでいるようだった。

再びトンネルを渡り、ちどり公園側へ。

あんまり、ムカついていそうにない落書き。
20140928-32.jpg

結構自転車に乗ったので、甘いモノが食べたくなりコンビニへ。
20140928-33.jpg

ポートストアではなく普通のファミリーマートだった。

ここのところ、港湾部がマイブームの旅好きおやじ。

これで、横浜港、川崎港と制覇したので、今度は東京側の港湾部を攻めてみたいと
思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2014年10月01日 04:03 ] 川崎市 | TB(-) | CM(2)

川崎港へのサイクリング(前編)

ここのところ、関東地方は週末の天気が晴れ続きである。

昨日も家でだらだら過ごしていると、嫁が掃除をするというので外に行くことにした。

2週続けて横浜の港湾部に行ってきたので、昨日は川崎の港湾部に行くことにした。
ただし、今回の目的地は車を停める場所がないので、長女を置いて1人でチャリで
出かけることにした。

産業道路にさしかかり、この交差点を左に曲がった。
20140928-01.jpg

先ほどの交差点までは住宅地であるので人通りは多かったのだが、この交差点を
曲がると急に人通りがなくなった。
20140928-02.jpg

ホームレスの家がチラホラ。いわゆる不法占拠である。
20140928-03.jpg

東京の都心部などから追い出されたホームレスはこういった人口密度の低いところ
に移住してきたのだろう。

池上町を横切る。こちらは不法占拠の本拠地である。
20140928-04.jpg

1年前に通った時には、独特な主張をしたかんばんが色々あったのだが、なぜか
なくなっていた。

代わりに白い猫がいっぱいいた。
20140928-05.jpg

ちなみにこのへんの小動物はかなり野生化しており、でかい鳩の死骸を咥えるカラス
などもおり、少し怖かった。

池上町を通り過ぎると、行き止まりになった。
20140928-06.jpg

中を見ているとそれなりに新しい自転車が並べられていた。
20140928-07.jpg

自転車にはタグがつけられている。恐らく川崎駅の駅前に不法駐輪された自転車が
撤去されここに持って来られたのだろう。

行き止まりだったので、陸橋をわたって更に真っ直ぐ行くことにした。

ドキュソ落書き発見。
20140928-08.jpg

「君達はゴルフとカラオケしかせんのかね。茶パツロン毛野郎。チャリンコ乗りながら
 PHSかけてんじゃねぇ。アホ!人マネザル。皆で同じかっこしてんな。ユニホームか」

PHSと言ったあたり、10年ぐらい前の落書きかもしくは書いた人の頭のなかが10年
前から時間が経過していないのかのいずれかであろう。

今はスマホの時代である。

川崎の工場群。夜に撮影に来ると結構きれいなのかもしれない。
20140928-09.jpg

先週、本牧ふ頭のセメント工場が写っていたがここにもあり。
20140928-10.jpg

太平洋セメントというと、あまり一般消費者に馴染みがないだろうが、日本最王手
のセメント会社である。色んなセメント会社が合併した会社だが、大元は、京浜工業
地帯を発展させ一代で財閥を築いた浅野総一郎の作った浅野セメントで、JR南部線
なども元は浅野財閥の所有していた鉄道会社であったりする。

昭和を感じさせる工場群。
20140928-11.jpg

川崎港に到着。
20140928-12.jpg

人通りがいないかと思っていると、ロケ班がいた。
20140928-14.jpg

何のロケかわからないが、血糊がついた服を着た人がいたりした。

つり禁止のかんばん。何年ものだろうか。
20140928-15.jpg

目的地のちどり公園に到着。
20140928-16.jpg

(後編に続く:明日は月末で書評の日なので明後日に)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2014年09月29日 04:05 ] 川崎市 | TB(-) | CM(0)

夢見ヶ崎動物公園

昨日は嫁が近くのショッピングモールに次女と行くというので、午前中は長女と
出かけることにした。

東京方面に遊びに行くことも考えたが、試験勉強の時間も取りたかったので、
昼過ぎには帰ってこれるところということで、川崎市にある夢見ヶ崎動物公園
に行くことにしたのである。

夢見ヶ崎動物公園は、鹿島田駅から徒歩20分とホームページに書いてあったの
で鹿島田駅まで行った。
20140405-01.jpg

鹿島田駅は川崎駅から南武線という路線に乗る。私も通勤で利用している。
南武線のイメージは沿線にNECや富士通の工場があり、ブルーカラー路線と言わ
れたり沿線に競馬場や競艇場があることから通称「ギャンブルライン」とも言わ
れるためあまりいいイメージはない。

ただ、東京から近いこともあり、首都圏のサラリーマンたちの通勤に便利なため、
このようにタワマンがどんどん建設されはじめていたりする。
20140405-02.jpg

さすがに駅から動物公園まで20分は長女にとってきついので、歩かせたりおんぶ
したりした。
20140405-03.jpg

新川崎駅付近。
20140405-04.jpg

ようやく動物公園の入り口に辿り着いた。
20140405-05.jpg

娘をおんぶしたり抱っこしたりして歩いたので、この急な坂にはうんざりさせられた。

高台に上がるのはたまにならいいが、住むのはきついと思った。
20140405-06.jpg

ここのところ関東地方は天気が悪いので桜の状態が心配だったが、とりあえず綺麗に
さいていた。
20140405-07.jpg

この動物公園の周辺は昔古墳があったとのこと。
20140405-08.jpg

古墳の中心は大阪や奈良かと思っていたが、このような関東にまであるとは意外だった。

動物園の入口。露店でたこ焼きを売っていたので買って娘と山分けして食べた。
20140405-10.jpg

入り口の手すりの一部がすずめの形をしているのだが、毛糸の服を着せており芸
がこまかい。
20140405-12.jpg

この夢見ヶ崎動物公園は、入園料無料ではあるのだが、肉食獣やキリン、象など
の人気動物はいないので少し地味な印象である。
20140405-09.jpg

孔雀の羽根を広げている姿を見ることができてラッキーである。
20140405-13.jpg

このような遊具もあり、長女を遊ばせて午前中を過ごした。
20140405-14.jpg

夢見ヶ崎という名称は、ドラマとかアニメで出てきそうな名前であるが、名前の
由来は、江戸城を作った太田道灌がここに築城する予定だったが、悪夢を見て築城
をやめたことから由来しているとのことである。

今度来るときは川崎駅からバスで来るか、車を使うことにしたい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2014年04月06日 04:36 ] 川崎市 | TB(-) | CM(2)

藤子F不二雄ミュージアム

昨日は、川崎にある藤子F不二雄ミュージアムまで出かけた。

このミュージアムは、川崎市の登戸駅の近くにある。自宅の最寄駅からは、
電車で約2時間の距離である。

藤子F不二雄ミュージアムは、前もってローソンでチケットを購入しておく必要
があり、日付も指定される。
こういった情報を知らずに当日フラッと行って入れなかったりする人もいると
思う。ネットで調べていくということは前提なのだろうか。

さて、昨日の話に戻して、登戸駅に到着後、ロータリーのところにドラえもん
のバスが止まっていた。藤子F不二雄直通の川崎市バスである。

市バスの1日乗車券はこのように、藤子不二雄の漫画のイラストが書かれて
おり、市をあげて盛り上げているという感じだった。



私が乗ったのはパーマンとオバQのイラストのバスである。

バスのナンバープレートを見ると「2112」で統一されている。2112はドラえもん
の生まれ年である。細かいところまで凝っている。



バスで10分ほどで、藤子F不二雄ミュージアムに到着した。
入り口前には、オバQ、パーマン、キテレツ大百科、ドラえもんなどのフィギュア
が飾られていた。



入り口の1F部分は、藤子不二雄の漫画の原画が展示されているため、
撮影は禁止である。

入ってすぐ、音声ガイドの機械を渡される。
新しいもの好きの娘に取られてしまい、私は音声ガイドを使えなかった。

ドラえもんやキテレツ大百科の原画を音声ガイドを聞きながら楽しむ主旨の
ものだったが、原画だけをみて楽しむことにした。

ドラえもんやパーマンなどのおなじみのものだけではなく、藤子不二雄が若
いころに書いたと思われる、「みどりの守り神」の原画もあり、興味深かった。

ただ、娘が暴れるのでゆっくり見られず出てきた。

原画の展示部分が終われば、子供向けのアトラクションである。
まずは、ドラえもんと一緒になって漫画を読む人々。


ここは「みんなの広場」といって、藤子不二雄のキャラクターのちょっとした
おもちゃが色々とおいてあった。
15:00からとなりにあるドラえもんシアターを見るために、おもちゃで遊んで
いる娘を引き剥がすと、大泣きしてしまった。
それでも、映画を観る頃には収まるだろうと思っていたのだが、全然おさま
らず、だっこを降ろせときかない。

映画館を泣きながら駆けまわる娘・・・

仕方なく、娘を連れて映画を観るのは諦めた。
昨日来てた人達へ。ごめんなさい。



シアターを出て、おもちゃで遊ばせると「パパなんかきらい」と言われてしまっ
た。ギクッとしたが、色々と言葉を覚えてくれていて嬉しくも思った。

3F部分は庭になっている。これはのび太の恐竜でお馴染みのぴーすけである。



どこでもドアでは、いろんな子供が遊んでいた。


パーマンとパーマン2号。他にも、土管が置いているドラえもんの空き地など
もあった。


オバQと一緒に写真を撮るところでは、フレームにピントがあってしまい、被写
体がピンぼけしてしまう。
ただ、ブログに載せるには調度良かった。


ちなみに、知っている人は多いと思うが、藤子不二雄はある時期から、
「藤子F不二雄」と「藤子不二雄A」で別々に活動している。
私も、子供の頃は藤子不二雄漫画が好きだったが、大人になって遠ざかっ
ていたので、名前が分かれていることは知っていたのだが、興味もなくなっ
ていたので調べることもなかったのだが、
藤子不二雄Aが安孫子素雄先生、藤子F不二雄が藤本弘先生のことで、
徐々に2人の路線が分かれてしまい、1987年にコンビを解消したそうである。
(仲が悪くなったのではないらしい)

ちなみに、怪物くんや忍者ハットリくんは藤子不二雄Aのものなので、この
ミュージアムにはなかった。

最後に、「キレイなジャイアン」を見て帰った。


帰りのバスは、キテレツ大百科だった。つり革や停車ボタンはコロ助のモチーフ。


もう少し楽しむつもりでいたのだが、滞在時間は1時間30分程度。
幼児が遊べるようなアトラクションは少なく、いまいち楽しめなかった。
しかし、原画などをじっくり観ると1日近くかかると思われ、娘が大きくなったら
もしくは、一人でもう一回来てみたいと思う。

追伸
「みどりの守り神」がニコニコ動画で見られた。面白いので是非見てほしい。
http://www.nicozon.net/watch/sm7122871



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月05日 05:26 ] 川崎市 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
 ・情報処理安全確保支援士試験合格
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
560位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
104位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム