VAIO社の最寄り駅 豊科

パソコンを某会社グループに展開している仕事をしている関係上、某日、
VAIO社の工場見学に招待された。

VAIO社に向かう前に最寄り駅である豊科でも見学しようと散策するこ
とにした。

VAIO社の最寄り駅豊科駅に到着。
20171017-01.jpg

なんかよくわからない裸婦像。
20171017-02.jpg

大糸線という線で松本駅からやってきた。
20171017-03.jpg

豊科駅舎
20171017-06.jpg

安曇野市豊科・掘金観光案内
20171017-04.jpg

わさび畑とか北アルプス連峰が観光資源のようである。


駅前の風景。
20171017-05.jpg

数件おみやげ物屋があったが、観光客はほとんどいなかった。


駅前を適当に歩くことにした。
20171017-07.jpg

やってるのか、やっていないのかよくわからない飲み屋。
20171017-08.jpg

駅から数分歩いたところにセブンイレブンがあった。
20171017-09.jpg

さらに5分ほど歩くとイオンもあった。
20171017-10.jpg

イオンに入ろうとすると、現地集合で落ち合う予定の上司を見かけた。
20171017-11.jpg

やばい、と思い、物陰に隠れる旅好きおやじ。

松本山雅FCのグッズ売り場もあった。
20171017-12.jpg

萌えキャラのケーキ屋
20171017-13.jpg

スーパーやまいち豊科店。
20171017-14.jpg

やっているのか、やっていないのか覗いてみることにした。

ダンボールなどが散らかっており、営業している様子はなかった。
20171017-15.jpg

どっかの民家では昔の看板が何点か飾られていた。
20171017-16.jpg

20171017-17.jpg

VAIO社、元SONYの企業城下町なので、それなりに栄えているかと思い、
集合時間の一時間前ぐらいに来てみたが、イオンに客を奪われたスーパー
とか、やっているのかやっていないのかわからないラウンジとかしかなく、
いまいち盛り上がりに欠ける駅前探訪だった。

その後、VAIO社の工場見学をさせていただき、ラインの様子とか、落下
試験などの耐久試験の様子などを見せていただき、新商品の紹介もして
いただいた。

会社のラインナップの確認をする予定だったはずなのだが、個人用にも
VAIOを欲しくなった旅好きおやじだった。

嫁用のパソコンがボロボロなので買い換えようと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年10月22日 04:10 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その19(松本城 2016/11/24)

日本100名城、19番目の訪問は松本城である。

現代では、姫路城や彦根城と並び、国宝となっており名城中の名城で、松本
城というと知らない人がいないほど有名であるが、戦国時代には深志城と
呼ばれていた。

元々信濃守護の小笠原氏で、武田信玄に城を落とされたあと、武田四天王の
一人である馬場信房の城になる。
武田氏滅亡後、徳川配下であった小笠原氏の手に戻り松本城と改名された。

その後、徳川の宿老である石川数正の手に渡り、その後改築が進み、江戸
時代に現在のような城になったという。

松本城の最寄り駅は松本駅となる。
20161124-66.jpg

駅からは歩いて10分弱ぐらいの距離。
20161124-09.jpg

国宝松本城到着。
20161124-10.jpg

600円払い城門に入る。
20161124-12.jpg

スタンプは入口入ってすぐの管理事務所に設置されている。
20161124-70.jpg

スタンプゲット。
20161124-71.jpg

雪の松本城に入る。
20161124-15.jpg

靴を入れるビニールカバーを渡される。
20161124-17.jpg

階段を使って上に上がる。
20161124-19.jpg

ところどころ、矢を射る穴や鉄砲を打つ穴も有る。城に住むというのは難しそうだ。
20161124-21.jpg

手すりが竹と縄なので、体重の重い私にとってはちょっと怖い。
20161124-22.jpg

甲冑。
20161124-67.jpg

ミニ大砲。
20161124-69.jpg

上の階に行けば行くほど階段が急になる。
20161124-24.jpg

最上階。
20161124-25.jpg

最上階から見た松本の街。
20161124-27.jpg

江戸時代の状態で現代まで保存され国宝になっている松本城。

また、大きく立派な城であり、私が見た目以上の中では一二を争うレベルの
名城だった。

松本城データ
別名深志城、烏城
城郭構造梯郭式+輪郭式平城
天守構造連結式望楼型(1593年頃か1615年築)
複合連結式層塔型5重6階(1633年改)

築城主小笠原貞朝、石川数正・康長父子
築城年1504年(永正元年)
主な改修者松平直政
主な城主小笠原氏、石川氏、松平氏、堀田氏、水野氏、松平氏(戸田氏)
廃城年1871年(明治4年)
遺構石垣、土塁、堀
指定文化財国宝(天守)、国の史跡
再建造物黒門、太鼓門
位置長野県松本市(北緯36度14分20.76秒 東経137度58分8.83秒)
交通手段JR松本駅徒歩15分
スタンプ松本城管理事務所



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月13日 04:24 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その18(高遠城 2016/11/23)

日本100名城、18番目の訪問は高遠城である。

高遠城と行っても、武田信玄についてそれなりの知識がある人にしか知名度の
ない城である。

この城は、武田信玄が諏訪氏を滅ぼした後、信濃の進出拠点となり、その後
四男の勝頼の城となる。
その後、何度か城主が変わり、武田氏が滅ぼされた後、江戸時代になり高遠藩
の城として明治維新まで残る。

最寄り駅はJR東海の飯田線の伊那市駅となる。
20161123-41.jpg

伊那市駅からはJRバスで高遠駅まで移動する。30分程度。
20161123-42.jpg

高遠駅。
20161123-45.jpg

高遠駅から高遠城址まで歩いて15分程度かかる。
20161123-99.jpg

途中で突き当たりになるが、左に行っていいか右に行っていいか看板がない。
20161123-47.jpg

100名城スタンプは高遠町歴史博物館にある。
20161123-100.jpg


これまで17城ほど見てきたが人の目の届かないところにスタンプが置かれているのは
初めてである。盗難がちょっと心配である。
20161123-101.jpg

スタンプゲット。
20161123-102.jpg

高遠湖の風景。
20161123-103.jpg

紅葉の美しい季節であるが店も開店していない。
20161123-104.jpg

ググって調べてみると、この高遠城は桜の時期だけがかき入れのようである。

桜まつりなどの写真はここの風景がよく使われている。
20161123-57.jpg

天守跡の城門
20161123-56.jpg


紅葉が赤く染まってきれいである。
20161123-105.jpg

かつては、高遠城にスタンプが設置されていたのだが、人の目の届く高遠町歴史博物館に
移されたと書かれていた。
20161123-106.jpg

100名城スタンプがなければ、高遠城など一生来なかったことだろうと、思いながら
この場を去る旅好きおやじであった。

高遠城データ
別名兜山城
城郭構造平山城
天守構造なし
築城主不明
築城年不明
主な改修者武田信玄
主な城主高遠氏、秋山氏、武田氏、仁科氏、下條氏、保科氏、毛利氏、京極氏、鳥居氏、内藤氏
廃城年1872年(明治5年)
遺構石垣、土塁、堀
指定文化財国の史跡
再建造物
位置長野県伊那市(北緯35度49分59.08秒 東経138度3分46.09秒)
交通手段JR伊那市駅-JRバス30分高遠駅下車-徒歩15分
スタンプ伊那市立高遠町歴史博物館




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月12日 04:17 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)

松本サリン事件現場

松本の旅行記では、観光地を中心に周ったわけであるが、松本といえば、
今から22年前に起きた、あの事件の現場として日本中を騒がせたことが
あった。

そう、松本サリン事件である。

この事件で、実行犯が捕まっていれば、地下鉄サリン事件が起きなかっ
たわけだから、警察の捜査やマスコミのあり方ともに色々と考えさせら
れる事件であった。

事件が起きたところはどういうところなのかということで、松本観光ついで
に寄ってみたわけである。

その現場は松本城の北にある。
20161124-53.jpg

城門は南側にあるので堀沿いに北側へ移動する。
20161124-54.jpg

教会があり、その西側の路地を北に進んでいく。
20161124-55.jpg

南イタリア料理屋とか、観光客向けの店はこの辺りまで。
20161124-57.jpg

ちょっと歩くと、もう住宅街になる。
20161124-58.jpg

香ばしいポスターも色々と貼られている。
20161124-59.jpg

このあたりが、まさに松本サリン事件が起きた現場なのである。


向う側にあるのが旧河野氏宅である。この駐車場にサリンを積んだ車が停まり
犯行におよんだわけである。
20161124-60.jpg


事故物件公示サイト「大島てる」で位置関係を確かめてみたい。
20161124-65.jpg

赤のバッテンがサリン噴霧車が停まっていたところ。

オウムが攻撃しようとしていたのは松本地方裁判所の宿舎なのだが、
風向きの関係で、松本地方裁判所宿舎の西側にあった生命保険会社の寮や、
開智ハイツ、松本レックスハイツなどで死者が出て、犯行現場の北にある
旧河野氏宅でも奥さんが被害にあったわけである。

この毒ガス攻撃により、その日のうちに7名の方が亡くなり、660名の方が
負傷したという。
(その後、河野氏の奥さんもサリン中毒による低酸素脳症のため14年間
 意識が戻らぬまま、8人目の犠牲者となった。)

現在児童公園になっている場所が生命保険会社の寮の跡地。
20161124-61.jpg

松本地方裁判所の宿舎
20161124-62.jpg

当時事件に巻き込まれた松本レックスハイツ。
20161124-63.jpg

開智ハイツ。
20161124-64.jpg

この事件では、第一発見者の河野氏が容疑者とされ、マスコミは連日による犯人
扱いをして報道した。

その後、事件の犯人がオウム関係だとわかったあと、マスコミ各社は河野さんに
謝罪したわけであるが、週刊新潮は未だに謝罪もしていないという。

マスコミの身勝手さというのは、いつまでたっても治らない。

そう憤りを感じながら、この現場から去っていったのであった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月02日 04:23 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)

2016年山梨・長野旅行記

先週の24日に長野出張があり、前日が祝日だったので、また前泊する
ことにした。

いつもなら北陸新幹線で長野に行くところ、今回は、昔の信濃路の行き
方である中央本線で松本で前泊した。

途中にある、甲府城、武田氏館、高遠城、松本城のスタンプをゲットする
ためである。

お城巡りが中心となったが、晩秋の紅葉の信濃路を訪問できて、よい
気分転換になった。

旅行記にしてみたので、お時間がある人は見てほしい。

2016年山梨・長野旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/domestictrip/201611Matsumoto/index.htm



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年11月30日 04:44 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その5(上田城 2016/10/18)

日本100名城、5番目の訪問は上田城である。

上田といえば、今年は大河ドラマ真田丸で注目を浴びている場所である。

上田城は、本能寺の変の翌年1583年に徳川家康の命令で北の上杉氏に対峙する
ために真田昌幸が築城した城である。

そもそも徳川が嫌いだった昌幸は、2年後に上杉氏に願い出て増築し、上杉を
利用して邪魔者だった徳川軍を撃退し力を伸ばしたわけである。
さらに、その後、関ヶ原の戦いでも徳川と敵対し、家康の息子秀忠の軍勢を
釘付けにして撃退した。

残念ながら、関が原の戦いでは西軍が負けてしまい、秀忠に勝った昌幸・信繁
親子は家康により高野山の九度山に流されてしまう。

そんな上田城は、上田駅が最寄り駅となる。
20161018-21.jpg

上田へは北陸新幹線の「はくたか」もしくは「あさま」に乗って、東京駅から
1本で行けて便利な場所にある。

2年近く上田駅をウォッチしているが、細かいところで色々と改装されていおり、
駅の左の六文銭のマークも最近できたものである。

駅前は真田丸関連一色である。
20161018-22.jpg

駅を降りて左に曲がる。
20161018-23.jpg

ちょっと場末感が漂う飲み屋街。
20161018-24.jpg

商店街を抜け右に曲がる。
20161018-25.jpg

あとは道なりに歩く。
20161018-26.jpg

上田城址到着。
20161018-27.jpg

平日の昼間だと言うのに、客が次々と来る。
20161018-28.jpg

その前に、100名城のスタンプを押すために、城の手前にある上田市観光会館に寄る。
20161018-29.jpg

1階はおみやげ物屋で、スタンプは2階にある。
20161018-30.jpg

いろんなスタンプラリーをやっているが、100名城のスタンプは受付の席に
あるので、いちいち許可を受けなければならない。

スタンプゲット。
20161018-31.jpg

真田丸大河ドラマ館。1月に来たときと比べ客足は比較にならないぐらい多かった。
20161018-32.jpg

食べ物屋も並んでおり、なかなか盛況である。
20161018-33.jpg

遠足の小学生たち。
20161018-34.jpg

同じ日に行った小諸城も小学生が遠足に来ていた。
ちなみに、うちの長女もこの日は遠足だったという。

上田城の櫓門。
20161018-35.jpg

天守閣のあった場所は真田神社となっている。
20161018-36.jpg

最後にクイズです。さてこの顔のような記号はなんでしょう?
20161018-37.jpg










答えは○が2つで二の丸、「ハ」と「シ」の文字がかかれており、「二の丸橋」と
読むそうである。

ちなみに横面に答えが書いているのだが…

上田城データ(Wikipediaより)
 別名     尼ヶ淵城
 城郭構造  梯郭式平城
 天守構造  不明
 築城主   真田昌幸
 築城年   1583年(天正11年)
 主な城主  真田氏、仙石氏、松平氏
 廃城年   1874年(明治7年)
 遺構     櫓、石垣、土塁、堀
 指定文化財 長野県宝(南櫓、北櫓、西櫓)
 国の史跡
 再建造物  門
 位置     長野県上田市(北緯36度24分14.12秒 東経138度14分41.26秒)
 交通手段  北陸新幹線「上田駅」から徒歩12~15分


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年10月21日 04:26 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その4(小諸城 2016/10/18)

日本100名城、4番目の訪問は小諸城である。

小諸城址の最寄り駅の小諸は、東京からだと北陸新幹線で軽井沢まで行き
しなの電鉄でまで行くか、同じく北陸新幹線で佐久平まで行きJR小海線で
行く。

時刻によっては、30分以上到着時間に差が出るので、事前に調べて行っ
たほうがよい。

小諸城は、武田信玄によって築城されたという説と、その軍師山本勘助が
築城したという説があるという。

小諸駅。しなの電鉄とJRの駅が同じ構内にある。こちらはしなの電鉄の駅看板
20161018-01.jpg

りのんちゃん。久しぶり。
20161018-02.jpg

小諸駅を乗り継ぐのは何度かあったが、降りたのは1年ぶりぐらい。
20161018-03.jpg


駅舎もしなの電鉄のもので、小さくJR東日本と書かれていた。
20161018-04.jpg

駅前の風景。
20161018-05.jpg

小諸駅は元々、在来線の特急駅停車駅でそこそこ栄えていたのだが、長野
オリンピック開催のため、新幹線が佐久市を通ることになったため、利用者が
減り、商業販売額も昔の1/3になったという。

さて、話を小諸城に戻して、駅の北東側に大手門がある。
20161018-06.jpg


くらしかる浪漫館。やっているのか、いないのかわからない施設だが、調べて
みると2002年から休館中とのこと。
20161018-07.jpg

これが大手門。
20161018-09.jpg

駅の反対側(西側)に行く。
20161018-10.jpg

こちらには懐古園という施設があり、小諸城があった場所とされる。
20161018-11.jpg

スタンプは懐古園の事務所に設置している。
20161018-12.jpg

思いっきり体重をかけてスタンプを押してみたが、ぐちゃぐちゃになってしまった。
20161018-13.jpg

紙を上から貼るために別の紙に押してみた。
20161018-14.jpg

上から貼るとインチキと思われるかもわからないので、スタンプの台紙を消しゴム
などで消して再度、軽く押してみたところ、きれいに押せた。
20161018-15.jpg

今後判子を押すときは、力を入れすぎないよう気をつけよう。

せっかくなので、懐古園の庭園を散歩することにした。他の施設の入場券も
含めて500円した。


懐古園の蕎麦屋。寅さん御用達の店だったらしく部屋の中には色々写真が
飾られていた。
20161018-16.jpg

くるみそばを頼んだが、なかなかの美味だった。

紅葉も始まったという感じか。
20161018-17.jpg

本丸近くの石垣。
20161018-18.jpg

本丸跡。
20161018-19.jpg

懐古園神社となっていた。
20161018-20.jpg

小諸城データ(Wikipediaより)
 別名        酔月城 穴城 白鶴城 鍋蓋城
 城郭構造     平山城
 天守構造     不明3重
 築城主       武田信玄
 築城年      1554年(天文23年)
 主な改修者    仙石秀久
 主な城主      武田氏、仙石氏、牧野氏など
 廃城年       不明
 遺構        大手門、三之門、天守台、石垣、空堀
 指定文化財    重要文化財(大手門、三之門)
 位置        長野県小諸市(北緯36度19分38.41秒 東経138度25分2.09秒)
 交通手段     しなの電鉄・JR小海線「小諸駅」から徒歩3分


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年10月20日 04:48 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)

権堂アーケード街 リターンズ

7月に長野に出張したときに長野の中心街、権堂のアーケード街の様子をレポート
したが、そのときにお約束したとおり、9月の出張でも権堂アーケード街に行って
きたので、その様子をレポートしてみたい。

今回は、長野駅の近くのホテルから権堂までは歩いていったのだが、それほど
距離はない。

権堂の中心にあるイトーヨーカドー。
20160904-125.jpg

まあ、普通のイトーヨーカドーである。
20160904-126.jpg

このイトーヨーカドーは長野電鉄と提携して、買物額に応じて帰りの長野電鉄乗車券を
無料で発行する「お帰りきっぷ」のプレゼントが行われているという。

5Fに上がるとレストラン街。珈琲専科 ブラジル。
20160904-127.jpg

この喫茶店は普通の喫茶店ではなく、隣接する映画館を経営しているという。

やっている映画が渋い。
20160904-128.jpg

係員が不在なときは、和食処鈴之助 珈琲専科 ブラジルまでご連絡ください。
20160904-129.jpg

権堂アーケード街を散策。
20160904-130.jpg

街のシンボル「勢獅子」
20160904-131.jpg

アーケード街には昔ながらの映画館もある。長野松竹相生座・長野ロキシー。
20160904-132.jpg

建物は1892年に芝居小屋として完成し、1919年から映画館となっており、
建物については映画館としては日本一古い。

やっている映画が、ここもミニシアター系で渋い。
20160904-133.jpg

さらにアーケード街が散策したが、スキンヘッドのおっさんが横並びに歩いたり、
カラオケから大声で歌いながら出て来るアホを立て続けに見て、身の危険を感じた
旅好きおやじはカメラを隠し、そーっと歩くことにした。

よほどのことがないと身の危険を感じないが、久しぶりにちょっと怖い思いをした。

チンピラどもがいなくなり、取材再開。
20160904-134.jpg

アーケード街から20mぐらいまではこのように渋い飲み屋もある。
20160904-135.jpg

ここまでで、更に先に行くとスナックなどがあるが閉店していた。
20160904-136.jpg

アラビアンナイト。ここもテナント募集。
20160904-137.jpg

日曜の夜だからなのか、かなり閑散としていた。
20160904-139.jpg

秋葉遊園地というのがあった。
20160904-140.jpg

遊園地と言ってもただの公園だった。
20160904-141.jpg


権堂アーケード街からホテルに帰る途中、普通の映画館があった。
話題作とかハリウッドとかはここで上映されていた。
20160904-142.jpg

帰りはしんどかったので電車でホテルまで戻った。
20160904-143.jpg

前のおばちゃんが、イトーヨーカドーのおかえり切符を使っていた。


関連記事
権堂アーケード街(2016/7/6)
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-entry-2041.html



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年09月24日 04:40 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その2(松代城 2016/09/05)

日本100名城、2番目の訪問は松代城である。

甲斐の武田晴信(信玄)が、信濃を侵攻した際、北信の豪族である村上義清ら
城を追われ長尾景虎(上杉謙信)をたより、川中島の戦いへと発展するのだが、
その際に築城されたのが海津城で、これが徳川の世になったときに松代城
となる。

その後、真田信之が入城し、明治維新まで真田氏の居城となった。

その松代城は長野県長野市にあり、長野駅からバスで移動できる。
20160905-02.jpg

3番乗り場の停留場に松代行きのバスは止まる。
20160905-03.jpg

いろんな方面のバスが止まるが、松代と書いたバスに乗れば良い。
20160905-04.jpg

バスでだいたい35分で松代駅に到着する。
20160905-17.jpg

バス停の名前は松代駅となっているが、現在松代駅は廃止されている。
20160905-20.jpg

徒歩で5分程度のところに真田邸がある。
20160905-23.jpg

真田邸に入るのは有料であるが、スタンプは真田邸の前で押すことが
できるため、スタンプを押すだけなら料金がかからない。
20160905-56.jpg

スタンプゲット。
20160905-30.jpg

真田邸は内部公開されており、今年であれば大河ドラマ「真田丸」
の特別展示もやっている。
20160905-25.jpg


真田邸から松代駅に戻る途中で松代城跡に寄ることを勧められた。
20160905-29.jpg

城門。
20160905-57.jpg

天守閣があった場所。
20160905-31.jpg

城壁は再現されており、徳川の世で幕末までこの地を収めた真田氏の
治世を偲ぶことができる。
20160905-58.jpg


松代城データ(Wikipediaより)
 別名      海津城、貝津城、長野城
 城郭構造    輪郭式平城
 天守構造    不明
 築城主     武田信玄
 築城年     1560年(永禄3年)
 主な改修者   田丸直昌、森忠政
 主な城主    武田氏、森氏、真田氏、田丸氏
 廃城年     1873年(明治6年)
 遺構       石垣、土塁、堀
 指定文化財   国の史跡
 再建造物    太鼓門、堀、石垣、土塁など
 位置       長野県長野市(北緯36度33分57.99秒 東経138度11分45.62秒)
 交通手段    北陸新幹線「長野駅」から3番バスのりばよりバスで「松代」行き
           35分「松代駅」徒歩2分

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年09月20日 04:49 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)

サントミューゼ

月曜日に長野出張があったので、早めの新幹線に乗って上田で降りること
にした。

現在、大河ドラマで「真田丸」という戦国ドラマをやっており、私も最近は、
忙しくて録画データが1ヶ月分ぐらい溜まったいるのだが、久しぶりに、
ちゃんと見ている大河ドラマでもある。

この真田丸の大河ドラマ館が今年1月にオープンし、このブログでもレポー
トしたが、7月に入りサントミューゼ(上田美術館)でも、この真田丸と
タイアップした特別展をやるというので、行くことにしたのである。

上田駅は繁華街や上田城に面しているお城口と、その裏側の温泉口という
出口があり、サントミューゼは温泉口から言ったほうが早い。
20160725-01.jpg

温泉口は、お城口と比べ商業施設は少ないので、降りる人もまばらである。
20160725-02.jpg

向こうに見える茶色い建物には自衛隊の事務所があるため、このように自衛官
も募集したりしている。
20160725-03.jpg

プレハブのタイ料理屋がのどかである。
20160725-04.jpg

アリオ上田。私が見た地方のショッピングモールの中ではかなり賑わっている。
20160725-05.jpg

サントミューゼに到着。
20160725-06.jpg

真田丸の特別展をやっていた。1,200円であるが入ることにした。
20160725-07.jpg

エントランスも真田丸。
20160725-08.jpg

真田丸の後半の役者のポスターが貼られていた。
20160725-09.jpg

残念ながら中は撮影禁止。
20160725-10.jpg

真田信繁の甲冑とか、信繁の肖像画、戦国の歴史を大きく変えた書状、
教科書でしか見たことのない絵巻物など、全国の美術館などから集結した
真田ゆかりの展示物。

1,200円払う価値は十分にあった。

美術館のレストランで早めの食事を採ることにした。
20160725-11.jpg

6種の六文銭おやきランチを購入。
20160725-12.jpg

おやきは美味しかったのだが、ビニールで包まれているのがちょっと興ざめ
と言った感じか。

上田駅に戻り、長野に出張に向かう旅好きおやじであった。


2016年NHK大河ドラマ特別展「真田丸」


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年07月30日 04:13 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
632位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
132位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム