日本100名城訪問記 その24(箕輪城 2016/12/13)

日本100名城、24番目の訪問は箕輪城である。

長野出張の日、朝早く家を出発し高崎で降りてバスで箕輪城まで行った。

高崎から箕輪城へのバスがそれほど出ていないので、午後1に長野の出張先
に間に合うためには、かなり余裕を持って家を出なければならないため、
家を6時前に出た。

箕輪城の城主だった長野業正は猛将として知られ、武田信玄を手こずらせた
武将である。

信長の野望などのゲームでも、かなり評価が高く、業正を手に入れると、
その後の展開がかなり楽になることを思い出した。

また、長野業正の子孫には、元フジテレビアナウンサーの長野智子がいると
いうのも豆知識のうちの1つである。

北陸新幹線で長野に行く途中の高崎駅で途中下車。
20161213-01.jpg

ゆるキャラぐんまちゃん。中央競馬のゆるキャラと配色とかよくにている。
20161213-02.jpg

高崎駅。時刻は7:55分。写真を撮っていると、55分発のバスが54分に発車
してしまった。
20161213-03.jpg

次の箕郷行きバスが来たのが20分後。
20161213-04.jpg

バスで30分。
20161213-05.jpg

スタンプの置いている箕郷支所の最寄りである四ツ谷バス停で降りる。
20161213-06.jpg

ようこそ箕郷へ。まずは高崎市の箕郷支所でスタンプをもらいに行く。
20161213-07.jpg

高崎市役所の箕郷支所。
20161213-08.jpg

入り口の受付でスタンプを貸してもらい、スタンプゲット。
20161213-09.jpg

スタンプを押したあと、箕輪城に向かう。箕輪城まで徒歩30分かかる。
20161213-10.jpg

小学校には箕輪城の地図とか子どもたちの書いた箕輪城の絵が展示してあった。
20161213-11.jpg

10分ぐらい歩き箕輪城跡の入口に到着。
20161213-12.jpg

搦手口。いわゆる城の裏門である。
20161213-13.jpg

郭馬出西虎口門。実は復元されてまだ一ヶ月も立っていないというできたてホ
ヤホヤの復元された門。
20161213-14.jpg

本丸の方向に向かう。
20161213-15.jpg

かなり整備されているが観光客はほとんどいない。
20161213-16.jpg

箕輪城跡の石碑。
20161213-17.jpg

本丸のあった場所。
20161213-18.jpg

武田信玄は「業正ひとりが上野にいる限り、上野を攻め取ることはできぬ」と
嘆いたと言われるが、長野業正が亡くなったあと、信玄は大いに喜び、
「これで上野を手に入れたも同然」と述べて、すぐに軍を上野に向けた。

その後、武田四天王の一人内藤昌豊がこの城に入ったという。

箕輪城データ
別名梯郭式平山城
城郭構造なし
天守構造
築城主長野業尚
築城年1512年(永正9年)
主な改修者武田氏、北条氏、井伊氏
主な城主長野業正、内藤昌豊、滝川一益、北条氏邦、井伊直政
廃城年1598年(慶長3年)
遺構石垣、土塁、空堀、馬出し、井戸
指定文化財国の史跡
再建造物
位置群馬県高崎市(北緯36度24分17.8秒 東経138度57分3.5秒)
交通手段JR高崎駅-群馬バス箕郷行き30分(箕郷支所)-城跡へは更に徒歩30分
スタンプ高崎市役所箕郷支所



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2016年12月27日 04:41 ] 群馬県 | TB(-) | CM(0)

昼下がりの館林

B29の墜落地点を見に行った後は、館林駅で昼食を取ろうと思い駅を出るこ
とにした。

館林といえば、日本一暑い街で有名であるとともに、IT関係で言うと富士通
のデータセンタなどがある土地でもあり、ついでに寄ってみたかった土地で
ある。

館林駅に到着。
20150823-27.jpg

駅を降りると市民大学講座のポスター。
20150823-28.jpg

おひとりさまの老後の上野千鶴子氏、ラストニンジャーの笹野高史氏、
バタコさんの声優佐久間レイ氏など、こんな地方都市の講演にしては
著名人揃いである。

駅の建物。
20150823-29.jpg

館林市は赤城山からのフェーン現象、赤城山・秩父山が暖められてできる
低気圧により、東京や埼玉のヒートアイランド現象で暖められて空気がひっ
ぱられてくる影響で熱が集まり、日本で最も暑い街の一つになり、40℃をこ
えることもざらにある。

しかし、この日は8月の真夏にも関わらずなぜか涼しく、30℃しか無かった。
20150823-30.jpg

このような看板があることが暑さの街たる所以だろう。
20150823-31.jpg

また、この館林はぶんぶく茶釜で有名な街らしく、館林うどんなるものが
名物らしいので食堂を探すことにした。

良さそうなうどん屋発見。
20150823-32.jpg

隣のうどんのおみやげ屋は開いていたのだが、食堂は閉まっていた。
20150823-33.jpg

日曜日の昼という、かきいれどきではあるのだが、2時半という時間帯もあり、
うどんもうりきれたのだろうか。

しかし、行く店、行く店、準備中だったり定休日だったり。
20150823-34.jpg

営業しているのかどうかすらわからない一角
20150823-35.jpg

地方都市にありがちなスナック。
20150823-36.jpg

フィリピンバー。この街のサラリーマンの生活がなんとなく想像がつく。
20150823-37.jpg

しかし、腹が減った。何やら良さそうな店がある。
20150823-38.jpg

何じゃこの看板の絵文字は。
20150823-39.jpg

空きっ腹で死にそうである。

ガーン。結局この店も営業していないではないか。
20150823-40.jpg

結局館林駅前の食べ物屋は全滅であった。

確かに時間帯は悪かったのだが、空いている店が1軒ぐらいあってもよさそう
なのだが、ファミレスやチェーン店もなく、館林を後にすることにした。
20150823-41.jpg

りょうもうという名の特急に乗り、東京に帰って行く旅好きおやじであった。
20150823-42.jpg

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年08月28日 04:00 ] 群馬県 | TB(-) | CM(0)

B29墜落地点(後編)

昨日はB29墜落時、米兵の遺体をお寺に葬った日本人の話をしたが、今回
は実際に墜落した地点に行ってみることにした。

清岩寺を出た旅好きおやじは、B29の墜落地点に向かうのであった。
20150823-14.jpg

昼食にしたかったのだが、周りには店も何もない。

このような、居住者がいなくなったであろう空き家もあった。
20150823-15.jpg

B-29追悼式の寺。清岩寺。
20150823-16.jpg

ちなみに清岩寺で検索すると、埼玉県にも同じ名前の寺がありしかも、
そう遠くない。

寺の名前だけでなく、寺の所在地についてもしっかり調べてこなければ、
間違いそうになるわけである。

B29墜落地点まで400m。
20150823-17.jpg

用水路の水も住んでいて綺麗である。
20150823-18.jpg

またまた、見渡すかぎりの農道である。
20150823-19.jpg

何やら赤い旗が建てられている。雀よけにしては1ヶ所しかなく違和感がある。
20150823-20.jpg

B29爆撃機墜落地点の説明書きがあった。
20150823-21.jpg

地図を頼りに行ってみると、先ほどの赤い旗は2機の爆撃機のうち、
Deaner Boy 224815の墜落地点ということであることがわかった。

20150823-22.jpg

もう一機の爆撃機、Slicks Chicks 224784の墜落地点の方向を見ると、
赤い印があった。
20150823-23.jpg

結構遠いが向かってみることにした。

着いてみると、灯油入れの容器だった。紛らわしい。
20150823-24.jpg

しかし、先ほどの田んぼの方向が墜落地点のようである。

墜落地点の方を望遠レンズで見ると、鶴が一羽止まっていた。
20150823-25.jpg


もう見るべきところはないので、最後にSlicks Chicks 224784の尾翼が落ち
た地点に向かう。

すると、昨日のブログで紹介した栃木と群馬の県境である旭橋の地点
だった。
20150823-26.jpg

Slicks Chicks 224784については800m以上離れた地点に胴体と尾翼が
散らばったわけである。

結局この墜落では米軍の兵隊が無くなり民家は無傷だったのだが、
同日、直線距離1kmも離れていない隣町の足利市百頭町では、軍事施設
とは無縁な位置集落が集中爆撃され33人の一般の人達が犠牲となった
そうである。

国と国の争いで、両国の尊い命が失われた戦争の悲惨さと平和の尊さを
後世に伝える必要があると、先ほどの看板に書かれていたわけであるが、
全くそのとおりであると思い、県駅に戻る旅好きおやじであった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年08月26日 04:00 ] 群馬県 | TB(-) | CM(0)

B29墜落地点(前編)

先の大戦で、「超空の要塞」と言われたB29という爆撃機で、アメリカは
日本各地の都市という都市を空襲をした。

当時、東洋最大の飛行機メーカーの中島飛行機の太田工場に向かって、
そのB29はサイパン島のテアニン基地を飛び立ったのだが、群馬県の邑楽
(おうら)町の上空でB29同士が接触し墜落してしまうわけである。

その話を聞き、今週の日曜日1人家にいても暇なので、現場に行ってみる
ことにしたのである。

そのB29の墜落地点は群馬県邑楽町にあるのだが、電車と歩きだけで行く
場合は、隣の栃木県足利市にある県(あがた)駅で降りることになる。

県駅到着。
20150823-01.jpg

駅員のいない無人駅になる。
20150823-02.jpg

駅前には店も何もない。

駅を降りて、踏切はわたらずに左に曲がると見渡すばかりの農道である。
20150823-03.jpg

iPadでGoogle Mapを見ながら進むわけであるが、WiFiルータの電波を元に
現在地が表示されるわけであるが、GPS機能はないのでかなり不正確である。

本当に、こっちで方向はあっているのかと思いながら、交差点に差し掛かると、
「邑楽」の文字が。
20150823-04.jpg

いちおう、こっちであっていたわけである。

途中、やっているのかやっていないのか解らない廃工場などもあった。
20150823-05.jpg

栃木県と群馬県の県境の矢場川の旭橋に到着。
20150823-06.jpg

橋を渡ると、邑楽町が発行した「フンは持ち帰ろう」の札があった。
20150823-07.jpg

清岩寺に到着。
20150823-09.jpg

人っ子一人おらず、カラスが飛んでいるだけである。

1945年2月10日、B29が墜落した。

地元の住民たちは、B29の乗組員の遺体を飛行機から出し、火葬して
手厚く対応し、この寺に納骨したと言われている。
20150823-10.jpg

鬼畜米英と言われたアメリカ人も、死んでしまったら仏教的には仏様である。
野ざらしにするとか、遺体を痛めつけるという感覚は少なくとも日本人には
ないのである。

その後、戦争が終わり、遺骨はアメリカに返され、B29の搭乗員たちは故郷
の土にかえることができたと言うわけである。

日本を空襲し、憎むべき相手であるはずのB29の乗組員を火葬後、遺骨を
アメリカに送り、68年後、このようにB29墜落搭乗員慰霊碑が建てられた。
20150823-11.jpg

「ここ秋妻の空に散った23名の勇士の御霊に哀悼の誠をささげるとともに日米
 両国の有効と世界平和を希求いたします。」

この話は、テキサス親父というYoutuberが世界に発信され、日本人に対し
敬意を表する人が多数現れたと言われている。

戦後70年の今年、ケネディ元大統領のおいマクスウェル・テイラー・ケネディ
がこの地を訪れ、日米合同追悼式を行われた。
20150823-12.jpg

「人間の持つ残酷さを克服し、この人生を平穏なものにしよう。
 日本の皆さんに心から感謝を込めて」

かつて、敵味方に別れ戦った日米も、戦後70年友好国として続けていけた
というのは、奇跡のうちの一つだろう。
20150823-13.jpg

(後編へ続く)


字幕【テキサス親父】俺が日本を愛する理由 -Vol.12 - 戦争現地編


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年08月25日 04:03 ] 群馬県 | TB(-) | CM(0)

北陸新幹線途中下車の旅(安中榛名編)

3月14日に北陸新幹線の長野から金沢間が開通して、巷の話題になっている。

たまたま、昨日は長野に出張だったこともあり、この北陸新幹線に乗った。

打ち合わせの開始は午後であり、それまで時間があるので、予てから降りた
かった駅で途中下車することにした。

まず最初に降りたのが、新幹線の秘境駅として有名な「安中榛名駅」である。

まもなく「あんなかはるな~」のアナウンスに、新幹線の扉に行く。
20150318-01.jpg

安中榛名に到着した。
20150318-02.jpg

降りた人は、私を含めて10人程度だった。
20150318-03.jpg

「午前中、東京で仕事をしていました。」「さっきまで軽井沢で買い物をしていました。」
20150318-04.jpg

東京でも、軽井沢でも簡単に行けるとよいう事が言いたい、住宅を売るための
キャッチコピーか何かだろうか。

改札口。新幹線駅だけあり設備は最新である。
20150318-05.jpg

駅の売店は「峠の釜めし」とうどん屋だけである。
20150318-06.jpg

峠の釜めし屋で少し遅い朝食を取ろうと、売店の店員に聞いてみたが、
これから注文するとのことで置いていないという。

朝8時からこの駅で朝食を食べるなど想定もしていないだろうからそれはそうだろう。

駅前は駐車場になっており、タダで使うことができるようである。
20150318-07.jpg

タクシーなども止まっておらず、自家用車かレンタカーを使うのが前提なのだろう。

駅前には店も何もないが、駅舎はこんなに立派である。
20150318-08.jpg

駅前の地図を見てどこか行けるところはないかと調べたが、歩いてどうこうできる
距離ではなさそうである
20150318-09.jpg

すこし、駅前を散策してみることにした。
20150318-10.jpg

車も、人通りも数えるほどしかいない。
20150318-11.jpg

向こうには山があり、まさに秘境駅である。
20150318-12.jpg

駅前に唯一建物があった。
20150318-13.jpg

2013年3月まで、ここにデイリーヤマザキ安中榛名店があったものだが、採算が
取れなかったのか閉店し、駅前には商業施設が全くない状態となったそうである。

なぜか、交通整理をしているじいさんが1人。
20150318-14.jpg

この爺さんがいるおかげで、車も人も来ない交差点の信号を、旅好きおやじと、
もう一人のおっさんがちゃんと守っている風景が、田舎っぽくてのどかである。

びゅうヴェルジェ安中榛名の看板
20150318-15.jpg

300平米の土地付き一戸建てが3,000万円弱と、都会では考えられない破格で
売られていた。

この安中榛名駅、中曽根康弘が地元に恩を売るために作ったと言われているが、
真相はよくわからない。

この駅の周りに住宅をたてて、新幹線通勤をする人たちの需要を見込み、2003年
頃から売り出しているそうだが、12年経った駅前の風景がこれである。

東京から安中榛名まで1時間という時間で行けるのだが、通勤費は片道で5,000円
ほどになる。
1ヶ月定期で108,530円にもなり、さすがにここからの新幹線通勤の通勤費を払う
会社もないだろうし、自腹などもっての外である。

また、繁華街まで離れているこの駅の近くに家を買っても、車があっても不便な
のでなかなか、ここで定住しようと思う人はいないだろう。

駅に戻ると、うるさい犬が駅前にくくられていて、うるさいと思いながら次の途中
下車駅に向かう旅好きおやじであった。
20150318-16.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年03月19日 04:30 ] 群馬県 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1001位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
178位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム