日本100名城訪問記 その38(高取城 2017/05/05)

日本100名城、38番目の訪問は高取城である。

日本三大山城のうち2つにはすでに訪問し、最後の訪問になったのがこの高取城
であるのだが、駅から歩く距離や山道の険しさなどからして、今までに一番攻略
の難しい城だった。

公共交通機関で行く場合、近鉄吉野線の壺阪山駅が最寄り駅になるのだが、それ
でも徒歩で行くと120分もかかるので、自転車を借りれる隣の飛鳥駅でレンタル
サイクルで行くことにした。

飛鳥駅。
20170505-28.jpg

駅前には明日香レンタサイクルをはじめ、貸自転車屋が複数ある。
20170505-30.jpg

壺阪山駅の近くまでは、ひと丘越えて自転車で15分ほどかかる。
20170505-35.jpg

城下町はなだらかな勾配の坂。
20170505-36.jpg

100名城のスタンプが設置されている観光案内所「夢創館」。
20170505-38.jpg

外のベンチの脇に透明な蓋がされて置かれている。


100名城スタンプゲット。
20170505-38B.jpg

あとから知ったのだが建屋内にもスタンプが設置されている。
外にあるのは、夜とかに訪問したときのためのものだったのかもしれない。


自転車で高取山に向かう。
20170505-39.jpg


舗装されているので自転車で行けるが、勾配がどんどん増えていくため、
押して歩くしかなくなってくる。
20170505-40.jpg


さらに行くと、宗泉寺のある場所で舗装が終わるため自転車をおいて登る。
20170505-73.jpg

高取城址の碑。ここから本格的な登山が始まる。
20170505-41.jpg

山道。
20170505-42.jpg

夏に行くと、草が茂りマムシがでると聞いていたが、手入れさていたのか
思ったほどではなかった。

とりあえず石畳の道になっているのでそれにそって歩けば良い。


「岩屋不動」という矢印がある。
20170505-75.jpg

矢印につられて歩いていってしまったが、行き止まりになってしまった。

よくわからず、道になっていないところを歩いていったが、木が倒れて
いたり、とても人が歩ける状態ではなかったので、間違っていたことに
気づく。


セオリー通り、石に沿って歩く。
20170505-43.jpg

本丸まで760m。
20170505-44.jpg


また山道。
20170505-45.jpg

ようやく天守閣の石垣っぽいものが見えてきた。
20170505-46.jpg

本丸は右。
20170505-47.jpg

くねくねしていて、視界を遮られる。
20170505-76.jpg

あの山道を攻めて天守の近くについたら今度はここで鉄砲で一網打尽にできる。
20170505-77.jpg

天守広場。
20170505-78.jpg

高取城から見た風景。標高556mの山にほぼ歩きでたどり着くのは大変で、
山に登りきったあとの風景はまた格別である。
20170505-48.jpg

この高取城を改修した戦国武将筒井順慶という人物、信長の野望をプレイした
人ならわかるが、筒井順慶という武将は内政値が高いので内政要員として働
かせるぐらいで、目立ったエピソードのない武将というイメージしかなかった。

しかし、この城に登ってみて筒井順慶に興味をもち調べたところ、戦国の梟雄
松永久秀と渡りあった人物で、また、寺社仏閣があったり土豪がひしめき合っ
ており治めにくい大和という国を統治していた人物ということで、大変有能な
武将であることを認識できた。

また、「元の木阿弥」「洞ヶ峠を決め込む」ということわざも、筒井順慶にまつ
わるエピソードが元となっているということも知ることができた。


ゴールデンウイークに5城制覇し、勢力図がより増えることとなった。
20170526.png



高取城データ
別名芙蓉城、鷹取城、高取山城
城郭構造連郭式山城
天守構造
連立式3重3階地下1階(非現存)
築城主越智邦澄
築城年元弘2年(1332年)
主な改修者筒井順慶、本多利久
主な城主越智氏、筒井氏、本多氏、小出氏、植村氏
廃城年明治6年(1873年)
遺構石垣、堀、井戸など多数
指定文化財
史跡(国指定)
再建造物
なし
位置奈良県高取郡高取町(北緯34度25分45.99秒 東経135度49分36.57秒)
交通手段近鉄吉野線壺阪山駅から徒歩約120分
スタンプ高取町観光案内所「夢創館」




おまけ

ネットを見ると、飛鳥から高取城へ行った人の所要時間などの情報があまり
なかったので、以下に載せておく。


12:43 飛鳥駅をレンタルサイクルで出発
12:57 壺阪山駅付近
13:08 夢想館
13:23 高取城まで2.5km地点
13:32 宗泉寺。自転車はここまで。
14:06 猿石
14:19 千早門
14:12 大手門
14:27 本丸
ここまで約1時間45分

14:33 本丸から下山
15:07 宗泉寺、自転車移動開始
15:15 夢想館
15:19 壺阪山
15:35 飛鳥駅
下山開始から飛鳥駅まで約1時間2分



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年06月03日 04:16 ] 奈良県 | TB(-) | CM(0)

宗教都市天理探訪(後編)

商店街の途中に大きな屋根の巨大な建造物。
20160326-16.jpg

台湾の台北にある圓山大飯店のような建物で、圧倒的な存在感である。

これは「おやさとやかた」という建物で、現在26棟が竣工し、教義研究、
教育施設、病院、信者詰所など、さまざまな目的に使われているという。


さらに商店街を進んでいく。
20160326-17.jpg

商店街を抜けると正月の初詣のときのように露天が並んでいた。
20160326-18.jpg

この日の翌々日に学生おぢばがえりというイベントがあると垂れ幕にも
あったのだが、この日は特にイベントもないのに人通りが多い。
20160326-19.jpg


天理教の神殿が見えてきた。
20160326-20.jpg

お寺とも違う独特な建造物である。
20160326-21.jpg

すごい信者の数である。
20160326-22.jpg

神殿には信者でなくても入れるようである。
20160326-23.jpg

裏側に回ってみることにした。
20160326-24.jpg

先程よりも多い人の数である。
20160326-25.jpg

天理市の人口が6万7千人であるが、その1/10ぐらいは集まっている感じである。
20160326-26.jpg

生かされていることに感謝しようというのは、私もそう思う。
20160326-27.jpg

天理教は江戸時代末期に成立した新宗教の一つで、神道の一派として活動して
いた時期もあり、神道系宗教とみなされていることがあるが、教団側では神道では
なく、新宗教諸派と称しているという。

まち全体が宗教団体で、しかもそれが街に溶け込んでいるというのは、日本でも
この天理市だけだということである。

天理教本部を去って行く旅好きおやじであった。
20160326-28.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年04月03日 04:04 ] 奈良県 | TB(-) | CM(0)

宗教都市天理探訪(前編)

このブログでははじめて奈良について書くことになる。

月1程度の出張で関西に帰っているわけであるが、今回は奈良県の
天理市に行くことにした。

天理といえば、高校野球の強い天理高校を思い浮かべることもあるが、
やはり、なんといっても天理教の印象が強いだろう。

天理教というのはよく聞く宗教であるが、一体どんな宗教なのかという
とよく理解していなかったこともあり、見に行くことにしたのである。

JR奈良から桜井線、最近では万葉まほろば線というのかな?に乗って
天理駅に到着した。
20160326-01.jpg

この列車は和歌山線につながっていることもあり、真田幸村が関ヶ原の
戦いで西軍についたため蟄居させられた土地である九度山にちなんで
列車も今年の大河ドラマの真田丸のデザインになっていた。

ようこそ おかえり。
20160326-03.jpg

この「ようこそ おかえり」というのは天理市のいたるところに掲げられて
いるが、天理教ではこの天理の地が人類の故郷とされるため、
このように「ようこそ おかえり」となっているそうである。

改札口は2つあるがもう一つは閉じられていた。
20160326-04.jpg

おそらく、天理市外の天理教の信者が何かの祭りの時に大量に来た時に
さばくための改札口だろう。普段は閉じられている。

天理駅。
20160326-07.jpg

天理教の法被をきた人たちもちらほらいた。
20160326-08.jpg

学生のようである。後ろを歩いた。

道にタバコが落ちており、前の学生たちが「これはあかんやろー」と言いながら
道端のタバコを拾っていた。

駅の道端にタバコが落ちていても普通は拾わないが、街を綺麗にするという
意識がこういった草の根レベルであるのだろう。


奈良時代を髣髴とさせるマスコットキャラ。
20160326-06.jpg

早速、天理の中心方面に歩いていくこととした。
20160326-05.jpg

商店街が見えてきた。商店街の入り口はシャッターが閉じられていた。
20160326-09.jpg

商店街に入っていった。
20160326-10.jpg

商店街の上の方には「ようこそ おかえり」ではなく「いらっしゃいませ」
20160326-11.jpg

著作権にうるさいネズミのぬいぐるみが飾られていた。
20160326-12.jpg

中心街に行くと、かなりの混雑になってきた。
20160326-13.jpg

書店には、天理教の本が並んでいた。
20160326-14.jpg

平日の千日前レベルの混雑ぶりであった。
20160326-15.jpg

(後編に続く)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年04月02日 04:06 ] 奈良県 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
674位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
142位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム