旅好きおやじの日記 TOP  >  2011年11月

2011年11月 ベスト書籍ランキング

今月は12冊読んだ。

いまいち、興味のなかったTPPについても考える機会を設けてみた。
国について考え、自分なりの意見をもつことは、有権者としては大事である。

若い頃は、選挙に行かなかったり、知人に頼まれてある政党や候補者に投票し
たこともあったが、これが国を売る行為であることが最近良くわかってきた。

電話での選挙運動は公職選挙法違反にならないが、何も考えずに候補者を選
ぶという行為について、今になって思うと、なんて罪な行為をしたのだろうと思う。

有権者1人1人が自分で考え自分の意見を持ちレベルを上げないと、政治のレベ
ルや国のレベルは上がらない。

今の与党のレベルは、これ則ち国民のレベルなのだと思う。

■第1位:TPP亡国論(購入)



今月、このブログでTPPについて書いてはみたものの、ネットや新聞、ニュース
などで読むことはあったが、1冊の本をまとまって読んだことはなかったので、
評判の本を読んで見ることにした。

この本を読んで初めてわかったのは、日本の関税は決して高くなく、むしろ安い
方だということである。

TPPへの参加を検討していたとき、平成の開国という人間がいたが、関税が低い
のに「国を開きます」と言ってしまったばっかりに、さらに不利な状況を日本人が
自らつくり出してしまい、いままで日本が国として政策的にやっていたことが、非
関税障壁となって自ら取り払わなければならない状況になるかもしれないのであ
る。

江戸時代の開国で江戸幕府は滅びた。
昭和の開国で大日本帝國も滅びた。
平成の開国は失敗して、歴史に学ばない民主党政権だけが滅びて欲しいとこ
ろである。

物事を考える時、ひとつの立場での意見を読んで感化されても、それは受け売り
としか言わないので、TPP賛成派の意見なども含めて色々と読んでみて、自分な
りの意見を固めたいと思う。


■第2位:朝鮮学校「歴史教科書」を読む(購入)



私だけなのかもしれないが、韓国と北朝鮮、どっちが嫌いか?と聞かれると、迷
わず韓国と答える。

これは、韓国はまだ国として救いようがあるので何とかできるという気持ちがある
が、北朝鮮は救いようのない異次元の世界で何ともならない世界のような気が
するからである。

もっとも、韓国の場合、日本の恩を竹島の不法占拠というアダで返されていると
いうのもあるのだが。

さて、この異次元世界である北朝鮮の日本への出先機関に「朝鮮学校」があり、
この学校に対する無償化に関してたびたび議論になっている。

私も人の親なので朝鮮学校の生徒に対して、ホンの少しだけであるがかわいそ
うに思っている部分があった。本国の政治方針が悪いばっかりに子供が犠牲に
なっているからである。

この本を読んで、さらに生徒たちをかわいそうに思った。

朝鮮学校に行きたくて通っているのではなく、本国にいる親戚や知り合いに危害
が及ぶ恐れがあるから、親はいやいや朝鮮学校に通わせているというケースも
あるからである。

しかし、この本で朝鮮学校の教科書に書かれている事実を知り、日本国民として、
断じて朝鮮学校という団体に対して無償化を許してはならないとも思った。

早く、金体制が崩壊すればよいのに。

そうすれば、朝鮮学校に行こうとする人もいなくなり、自ずと淘汰されるのにと思う。

■第3位:わかる生化学(図書館)



この本については11/29(火)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20111129.html


■第4位:要求を仕様化する技術 表現する技術(図書館)



私もシステムの現場に18年いる。

このうちプログラムの保守(この本で言う派生開発)は半分以上の10数年携わっ
ているが、プロジェクトを組んだ純粋な開発の経験は6年程度であまり多いとは
言えない。

いま振り返ってみると、機能にしか目が行かなかったプロジェクトは失敗して、
要求をちゃんと押さえたプロジェクトは成功していたと思う。
(ここでいう失敗というのは予算どおり行かなかったという失敗である)

この本では、システム開発で作る「機能仕様書」という、システムの機能を定義し
た仕様書は、ユーザの要求が落としきれていない場合、設計レベルでの手戻りが
発生してしまうので、「要求仕様書」を作るべきだと説いている。

確かに、私が最初に携わったシステムでは「機能仕様書」を作り、ユーザにそれを
承認してもらうという形を取ったため、追加開発が多発し予算どおりに収まらなかっ
た。

お客さんの仕様のバラツキが多いプロジェクトでは、設計者側が要求を仕様化す
る技術をみにつけ、この追加開発を押さえないと、お客さんも設計者側も不幸に
なる。

この本を読んで、要求の仕様化の大切さを再認識した。

ただ、amazonの書評にもあるように、読みにくい本ではあった。


■第5位:日本人の9割に英語はいらない(購入)



この本については11/15(火)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20111115.html

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2011年11月30日 05:12 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

生化学がわかる

中学から高1にかけて生物の分野を勉強した。

有機化学について習うのは高2以降なので、
例えば「デンプンが唾液に含まれるアミラーゼという酵素で糖に分解される」
といわれても、化学式を使うこともなく、言葉の通り覚えるしかなかった。

他に、ATPとか核酸と言われてもそのまま覚えるしかなかった。

これが、有機化学を学んだ後に学ぶと、すんなり理解できる。

生化学と言う分野は、中学と高校では生物の分野でで習うが、化学の一分野
になっているようである。

この本は、先生と学生の会話調でストーリが進み、高校の化学について理解
度が不足している人が読んでもわかりやすく理解ができるようになっている。
原子、分子、有機化学などの高校化学の復習から始まり、体と食事、代謝の
生化学、遺伝子、細胞の章に分かれている。

全てをこのブログで紹介するのも難しいので、我々が食事で取る三大栄養素
について書いてみたい。
食物の三大栄養素とは、糖質・脂質・タンパク質である。


■糖質
 糖質は炭水化物とも言われ、Cn(H2O)nの化学式で表わされ、文字通り炭素
 原子が水化したものである。
 代表的な糖はブドウ糖で、C6(H2O)6となる。有機化学では構造が大事なの
 で、構造式で記述することが多く、この構造式の中でもC-Hの結合部分を省
 略して書かれる。

 この考え方に基づき、構造式を書くと下図左のようになるが、光学異性体
 が存在し得る分子の場合、右のように手前と奥が分かるように太い線と細い
 線で書く場合がある。
 

 デンプンというのは、このブドウ糖が酸素原子で鎖状に繋がったもので下の
 式になる。
 

 これが唾液に含まれる酵素アミラーゼにより麦芽糖になり、麦芽糖は小腸
 でマルターゼという酵素によりブドウ糖に分解されるのである。
 
 通常の化学反応は、高温や高圧などの過酷な条件で起きることが多いが、
 生物が分泌する酵素が触媒となり、常温で化学反応がおこりやすくなる。
 生体というのは絶妙なしくみでできているのを思い知らされる。

■脂質
 脂質というのは、脂肪酸を含むものの総称である。
 脂肪酸とはカルボキシル基(-COOH)を持つもので、酢酸(CH3COOH)なども
 脂肪酸である。

 脂肪酸は不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸に分類される。

 ここでいう飽和とは炭素間の結合が水素で飽和しているという意味である。
 言い換えると、不飽和脂肪酸は炭素間の結合にニ重結合、または、三重結合
 を含むもの、飽和脂肪酸は、炭素間の結合がすべて一重結合になっているも
 のである。

 

 不飽和脂肪酸は常温で液体のことが多く植物油や魚の脂に多く含まれ、飽和
 脂肪酸は常温で固体のことが多く、鳥類や哺乳類の脂に多く含まれる。

 これらの脂肪酸が生体で化学反応を起こすためには、液体の状態である必要
 があるのだが、鳥類や哺乳類などの恒温動物は体温が高いため、飽和脂肪
 酸の状態で脂質を溜め込んでいるのである。

 植物や魚が体にいいというのはこういうことから来るのかもしれない。

■タンパク質
 タンパク質は筋肉などの成分で、アミノ酸が鎖状に繋がったものである。
 アミノ酸とはアミノ基(-NH2)とカルボキシル基(-COOH)を持つものである。
 アミノ酸同士でアミノ基とカルボキシル基で脱水結合により(-NH-CO-)で
 結合しタンパク質になる。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月29日 04:37 ] 化学 | TB(-) | CM(0)

市原ぞうの国

自宅の引越しまで1ヶ月を切った。

千葉の思い出にと先週に引き続き近所(といっても30kmあるが)で観光できる
ところに行こうと思い、市原ぞうの国に出かけることにした。



市原ぞうの国は動物園で、象以外にもトラやライオン、下の写真にあるように
ダチョウや普通の犬などもいたりするのだが、動物園としては象の数が多いの
でこの名前がついたとのことである。



また、NHKの子供番組などを見ていると、この動物園のものと思われる風景
が映っていることもある。

この動物園の見所は1日に3回ほど開催される象のショーである。


下の写真の子象は、このぞうの国で生まれ、今年で4歳になる。
ちなみに、誕生日はうちの娘と同じ5月3日である。


この子象は名前をゆめ花ちゃんという。日本で生まれた子象はこのゆめ花ちゃん
が2例目で、象の母親が子象を育てる自然保育に成功しており、世界でも珍しい
例とのことである。


ショーでは、象の鼻で子供を持ち上げたり、写真のように女の子に帽子を被せる
ものもあった。


中には寝ている人をまたいで通るという危ないものもあった。


やはりゆめ花は人気者で、最後に絵を披露してくれた。


絵を描くのに時間がかかっていたが、下のように上手に絵が出来上がっていた。


ショーの最後には、象に1,000円札を渡すと鼻で受け取り、鼻でぬいぐるみと
交換してくれる。

記念にと思い、ぬいぐるみを買ってみた。
鼻の先が手のように折れ曲がり、1,000円札をもっていき、象の鼻水のついた
袋にくるまれた象のぬいぐるみをもらった。

入園料は大人1,800円と少し高いが、象以外にも直に触れることができる動物
も多いのでまあ元は取ったと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月28日 05:52 ] 千葉県 | TB(-) | CM(2)

新少林寺

昨日は、土曜日だが出勤日だった。会社に出社している人間は半数ほどで、
みんなも流しモードだったこともあり、仕事を早く切り上げ映画を観ることにし
た。

この映画はめちゃくちゃ面白い。

今年観た映画をこのブログで見返してみたのだが、ダントツ1位である。

時代は1912年の辛亥革命の直後、中国大陸では軍閥が割拠する時代である。

ある将軍が戦いに負けて少林寺に逃げ込むが、無慈悲に殺してしまうアンディ・
ラウ演じる主役の将軍。

これ以降の話は物語の核心に触れるし、何度も良い意味で期待を裏切ってくれ
るストーリは、映画館で観て欲しい。

少林寺と言いながら、カンフーアクションに終始しないヒューマンドラマである。

映画を観終わって、ららぽーとから自宅に帰るまで、エンディングの音楽を心の
なかで口ずさんでしまう良い映画だった。

この映画の楽しみ方の1つとして、日本人俳優に似ている人を思い浮かべながら
見ると面白い。
オダギリジョーと福山雅治を足して2で割った俳優、カズと武田を足して2で割った
俳優、大塚寧々とのりぴーを足して2で割った女優、井手らっきょ、スキンヘッドの
高嶋政宏や平井堅が出てくるのである。


私にとって今年No1の映画だった。エンディングロールを観ているとき、凝縮され
たストーリーがどんどん蘇ってきた感覚があった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月27日 04:51 ] 洋画 | TB(-) | CM(2)

家族サービス

私が独身の頃、結婚したくないと思っていた理由の一つに家族サービスがあっ
た。

よく、ゴールデンウィークや夏休みに行楽地にマスコミが取材に行き、お父さん
たちが家族サービスで疲れて寝ているさまを強調して映していたことを間に受
けていた。

平日は仕事で夜遅くまで残業して、疲れている土日や休日も家族のために行き
たくもない遊園地や観光地に行ってさらに疲れなければならない。世の父親たち
のテレビで映されている様子を見ると結婚っていいことはないなと思っていた。

しかし、実際に家族を持ってみると、家族サービスという言葉自体がネガティブな
言葉であると思うようになってきた。

家族サービス→奉仕活動→いやいややる仕事、と負の連想をしてしまう。

今の私は、子供が楽しむ姿を見ていると自分も楽しいので、全然苦にもならない
し、サービスなどという言葉もでてこない。

実際に、独身の頃は眼中になかった遊園地や観光地に家族ですすんで行くよう
になり、自分自身も楽しんでいるので、これもあまりいい言い方ではないが、私
のほうがサービスされてるぐらいである。

なので、会社の同僚などと、へりくだって話すときでも、家族サービスという言葉
自体使わないことにしているし、もし、この言葉を使っている人を見たら、その人
の考え方自体を哀れに思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月26日 05:34 ] サービス | TB(-) | CM(2)

ソーラー・ダイナモライト

昨日の記事と少し関連しているが、通勤経路の一部に自転車を使っているため、
夜間はライトを灯火して走る。

自転車のタイヤで発電するライトは、電球が切れやすく、私の自転車もとっくの
昔に切れてしまっている。

このため、カバンに小型の懐中電灯を装着して走っている。

先代の懐中電灯は乾電池式でのLED電球で、耐久時間は50時間程度なのだ
が、衝撃に弱いのかどうなのか分からないが、電池と接触する金具が変形しや
すくよく壊れていた。(と言っても金具を元に戻せば使えた)

この作業が非常に面倒くさかったので、そろそろ懐中電灯を替えようかどうかを
考えていたのだが、幸か不幸かこの懐中電灯を中国旅行の際なくしてしまった。

新たに購入する懐中電灯は太陽光発電にしよう、最近の電球はLEDなので、多
分あるはずだと思い、東京駅のエキナカのショップを探すと890円で売っていた。



この懐中電灯は、太陽光と手動発電の2ウェイになっており、太陽光に8時間
あてていると30分、手動発電だと1分ハンドルをグルグル回すと5分の点灯が
可能である。

私の自転車の通勤時間は30分なのだが、この懐中電灯に太陽光をあててい
る時間など1時間も無いので、手動発電をしなければならない。

朝の通勤などで信号待ちをしている時間を利用して発電をしているのだが、
時間が足りなくて、家につく頃にはかなり暗くなっている。

買って失敗のようだ。今度はUSBの充電の懐中電灯を探してみようと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月25日 05:11 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

自転車防犯指導

通勤の際、家から最寄り駅までは自転車を使っている。

夜になると、たまに警察官が防犯指導として自転車に乗っている人に簡単な
質問をしており、私もたまに質問される。

当初は、ライトの無灯火への注意だけだったのだが、最近はライトをつけてい
る人に対しても呼び止め質問してくるのである。

このとき、必ず、鍵を2重化するように注意される。

私の住む自治体では自転車泥棒が多いため、警察はこのように指導している
らしいのである。

私の自転車はボロく、盗むような価値のあると思えないので、無視していたの
だが、毎回同じ注意を受けるのが面倒になり、ダイヤル鍵を買ってしまった。

このダイヤル鍵は警察官からの質問対策のためのもので、フェイク鍵なので、
当然のことながら、一度も鍵をかけたことがない。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月24日 05:27 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

おやじの英検2級受験記

このブログでは12個のカテゴリの中から、気分に合わせて記事を決めている。
一応、バランスは取りながらやっているが、資格に関するネタは、試験勉強を
開始した時、受験前後、合格発表後ぐらいしか書くことがないので、他に比べ
遅れをとりがちである。

最近は、情報処理試験やIT関連の資格しか受けていないが、情報処理に偏り
がちなので、昔受けた英検受験記でも書いてみたい。
実際に受験したのは2008年の1月なので、4年前である。

傾向も変わっているかもしれないが、30 Overの受験者の方に参考になるの
ではと思い、書いてみることにする。

私の当時のTOEICの点数は400点台をウロウロとしているような状況で点数
が伸び悩んでいた。

TOEICは合格・不合格というものがなく、例えばTOEIC 600を超えたと言って
もいまいち達成感がない。

せっかくなら、英検をと思い半年ぐらいかけて勉強した。1回目は不合格で、
2回目に合格している。

■1次試験
 この試験はボキャブラリーが重要視されるため、文法だけを集中的に勉強し
 て臨んだ1回目は脆くも惨敗した。
 苦手な単語力をつけるため、Duo Selectなどでボキャビルしたところ、何と
 かギリギリ合格を果たした。
 受験者は高校生(特に女子)が多い中、私のようなおやじ受験者も20%程度
 いた。

 参考書は以下のものを使用した。英検は旺文社の試験と揶揄されることがあ
 り、傾向をつかむ意味では非常に参考になったが、解説がもう少し欲しかった
 気がする。
 


■2次試験
 試験管は40代後半と思われる日本人女性が面接官だった。
 とりあえず沈黙が無ければ、多少なら文法事項が間違っていようが合格点
 はくれると言われている2次試験であるが、4人に1人は落ちるというので、
 緊張して臨んだ。
 問題の題材は「世界遺産の保護とゴミ問題」でそれに関する質疑応答が主
 だった。世界遺産好きの私としてはラッキーな題材だった。
 試験官はバリバリのジャパニーズイングリッシュだったので、あまり発音は
 重視していないようだ。 

 2次試験では、問われることにも傾向がある。総合的な問題集では1次対策
 が主で2次対策は記述も少ないので、2次試験に特化した参考書を、別途
 購入したほうがいいと思う。
 私が勉強していた頃には、「Be Brave! 面接対策 英検2級」というあすとろ
 出版から出ている本があり、すごく良かったのだが2010年度を最後に出版を
 やめてしまったようである。

ちなみに、受験結果であるが、1次試験49/75(最低点:44)、2次試験22/33(最
低点:19)とギリギリの合格だった。

おやじだからといって、諦めなければ英検2級は取れるのである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月23日 05:26 ] 英語 | TB(-) | CM(0)

図解雑学 倫理

私が高校の時に「現代社会」という科目があったが、私が高校の時はこの科目
で、若干、倫理学についても触れたと思う。

時は変わって、今の高校では「現代社会」「政治経済」「倫理」の3科目が、
「公民科」として受験科目になっているらしい。

今の倫理科目では、
「正義と悪」「男と女」「親と子」「生と死」「仕事とお金」「常識とは」「環境問題」
など、まさに現代の社会人のあり方、つまり「道徳」を学ぶ科目のようである。

私が高校の時に習った「現代社会」では、倫理に少し触れるものの、ソクラテ
スやプラトン、ニーチェなどの哲学者の経歴や、考え方を中心に勉強したの
でイマイチ面白みに欠けた。

この本は、倫理について噛み砕いて書かれていて結構わかり易かった。

日本の道徳教育は、小学校ではきちんとやるが、中学校になると何を習った
かいまいち覚えていない。校庭に出て遊んでいたような記憶もある。

高校になると、現代社会で哲学者について習う。

日本にマナーの基本ができていない人間が多いのは、こういった倫理教育が
不足しているからだと思う。
そういう私も、自分も今頃になって倫理的にまずかった行動をとり反省するこ
とも多く、親からのしつけだけでなく学校からも倫理について学びたかったと思う。

特に、ある程度判断力ができた高校生には、受験勉強だけではなく、道徳教育
の一貫として現代社会に直結する倫理を学ばせるのは重要だと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月22日 04:55 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

加曽利貝塚

来月、横浜に引っ越すことになった。 そうそう千葉へ来られる機会もなくなる。

また、昨日は嫁が年賀状を印刷したいという。

娘は珍しいもの好きなので、プリンタから年賀状が印刷されている様子を見た
ら、おもちゃにされるのはほぼ確実である。これは我が家の常識である。

ということで、近隣にこのブログでも紹介できるスポットがないかを調べてみる
と「加曽利貝塚」があった。

非常に懐かしい響きである。小学校6年の社会科と中学2年の歴史で習って
以来の響きのような気がする。

特に小学校6年の頃には、縄文時代にハマったことがあり、縄文式土器を作っ
たり火おこし器を作って火をおこしたこともある。

これは、時間つぶしに持って来いと思い、車で30分ぐらいのところにある加曽
利貝塚まで出かけた。

加曽利貝塚に到着


非常に閑散としており、駐車場には係員が2名いる程度で、観光客というより
地元の人と思われる人が何人かいる程度であった。

加曾利貝塚博物館に60円を払って入る。


写真の地図は小さいが、一応展示してあったので載せておく。

縄文時代の頃は今より海の高さが3m程高いと言われており、千葉市などは
海の底にあった。そのため海岸よりも数km離れたところに貝塚が見つかると
のことである。

縄文式土器や石器、当時の人の人骨なども展示されてあった。
60円でこれらが見られるのは非常に安いが、客は5~6名しかいなかった。


博物館を出てしばらく辺りを散策していると、縄文時代の仮装をしたおばさん
に呼び止められ、竪穴式住居を見て行ってはどうかと言われた。

海外旅行の多い私は本能的に怪しいと思ってしまったが、よく考えればここは
日本である。
すぐに警戒を解いた。するとそのおばさんは加曽利貝塚について色々と話して
くれ、あれよあれよといううちに竪穴式住居に着いた。

竪穴式住居の内部


竪穴式住居の内部で火で暖を取ったり、きのみ(胡桃の実)を食べる体験をさ
せてもらった。

次に火おこし器である。


小学校のときに自由研究で作ったことを思い出す。娘が不思議そうに見ていた。

他にも、ぶんぶんゴマやどんぐり笛などももらい、思わぬ縄文体験ができた。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月21日 05:22 ] 千葉県 | TB(-) | CM(2)

遅ればせながらTPPについて

久しぶりに時事・世相について書いてみる。

私は、今のところTPPには反対である。

賛成派の人間は輸出企業の経営者などである。

目の上のたんこぶである関税が撤廃されれば自社の製品をもっと海外に売る
ことができる。

私が小泉政権時代から嫌いだった竹中平蔵などは推進派の急先鋒である。
彼は、日本がどうなるかより自分の学説を自己主張することのほうが優先して
いるので信用しないほうがいい。
小泉改革後、規制緩和されすぎて、雇用が不安定になったのは彼のせいであ
るが、最近またノコノコとテレビに出てきてすまし顔である。

推進派の主張としては、TPPに参加すると雇用が生まれるが参加しないと失
業者が増えるとか、GDPの1.5%にしかならない農業を保護するために残り
98.5%を犠牲にするのかなど最もらしいことを言う。
さらに、ナショナリズムを煽る人は、TPPはアメリカと日本による中国包囲網
という人もいる。

関税が撤廃されれば、日本の米は生き残れないと言われている。その他の農
作物もおなじで、砂糖などもダメだろう。
農作物は輸入に頼ればいいという主張もある。
これに対する反論は、食料は戦略物資であるということである。貿易相手国に
食糧不足が起きると自国を優先するのである。これでは胃袋を不安定な外国
に握られているようなものである。

さらに反論として、米を作るための肥料や田畑を耕すための農機具の動力源
である石油は輸出に頼っているので、農作物だけを保護しても意味が無いと
いう。

そんなことはない。田畑というのは一度耕作をやめてしまうともう一度元の状
態に戻すのに何年も時間がかかるので、貿易相手国が輸出しないといってき
たら終わりなのである。

動力や肥料については、いざとなったら人間の力に頼ることもできる。
今年の地震の時の節電のように工夫ができる。しかし農地が荒れてしまえば
食料が得られないのである。
(外国が援助してくれるだろうという甘い期待はあるが)

今、TPPは工業Vs農業の戦いのようにされているが、医療やサービス業も自
由化されるのである。

どこかのブログで読んだが、アメリカ製の薬で問題が起きた場合、いままで
のように日本国を相手に裁判するのではなく、アメリカを相手に裁判しなけ
ればならない。弁護士もTPP基準になる。
裁判を起こすだけでもすごい障壁になるのである。貿易障壁を撤廃する代わ
りに他の障壁ができることになる。

さらに、サービス業も、海外の安い業者が参入してくるので、今の日本の水
準は期待できないだろう。

このように考えると、TPPに賛成している人間を見ると魂をアメリカに売って
いるとしか見えない。
グローバリズムを履き違えているとしか思えないのである。

ただ、私の分析も全然足りていないと思うので、本を読んで勉強したいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月20日 05:30 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(4)

2011年 重慶旅行記

先週の金曜日から日曜日の3日間、中国の重慶に旅行へ行った。

以下のようなスケジュールである。

11/11
東京→上海(経由)→重慶

11/12
重慶→大足→重慶

11/13
重慶→上海(経由)→東京

重慶は、旧日本軍が戦略爆撃をやったということもあり、反日感情が強いと
言われているが、実際に行ってみると全くそんなことはなかった。

今回の旅行も、色々とトラブルが発生し、それに対処することが冒険のよう
で楽しかった。

また、このブログで紹介したツアコンの蘇さんは、いろいろな面で期待以上
だった。

何はともあれ、ホームページの方も更新したので、お時間がある人は見て
欲しい。

2011年 重慶旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/travel/201111China/index.htm



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月19日 00:01 ] 中国 | TB(-) | CM(2)

ITベンダの売込み

部門長をしていると、大小様々なITベンダの営業から売込みにやってくる。

私はシステム運用部門の部門長なので、運用に関する商品や、商品を使った
ソリューションに関する売込みを中心にやってくるのである。

例えば、オペレーションの自動化、ITILツールや資産管理ツールといった定番
のものから、最近はスリム化というキーワードを持って売り込みに来る。

スリム化とは、管理レベルが低い保守部門やユーザ部門の資産について、使
かわれているかどうかを調べて、不要な資産を洗出し削除したり、退避したり
することをさす。

例えば、メインフレームの中から稼動していないCOBOL資産や、ファイルサー
バに保存されていて何年も参照や更新していないものや、重複している資産を
検知するといったものである。

売込みを聞いていると、色々なことが見えてくるので面白い。
営業の商品の売込み方は自分の参考にもなるし、同じソリューションでも、価
格設定が倍以上違うもの、こんなものよく持ってくるなという価値のないものな
どさまざまである。

ベンダの話を聞いていると、インターネットでシコシコと調べていてもわからない
こともつかめ、得るものも大きいのだが、玉石混交であるため、時間の無駄にな
ることも多い。
いちいち全てを相手にしていられないが、かといって商品パンフレット等では、
いいことしか書いていないため、結局聞かなければわからないのである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月18日 05:14 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

無印「悪」品

無印良品の商品は、衣類、文房具、食べ物などいろいろとバラエティーにも
富んでいて、気に入って購入するものが多い。

小型のメモ帳のようなノートも、その内の一つであるが、先日、とてもいただ
けないマイナーチェンジをした商品があった。

「ノート・6mm横罫」という商品である。

今までのノートは、インドネシア製で、普通のノートと同じく左綴じだった。
小さくて、持ち運びに便利なので、電車の中で勉強をするときには、しっくり
とくるサイズであった。

先日、このノートが切れたので、追加で購入したところ、このノートが右閉じ
に変わっているのである。

ノートといえば、左綴じだろう。これは私が小学生の頃から慣れ親しんできた、
常識といってもいいぐらいのものだったので、その常識を覆されてしまった
ような感覚になってしまった。

また、このノートが日本製に変わっていたが、珍しく日本製より、インドネシア
製のほうが良いと感じた瞬間だった。
(商品企画段階の問題なので、どこで作っても一緒だが…)

一部の人から見たら、「ノートがどうであれ左綴じとして使えばいいじゃん」
と言うような話かもしれないが、新しい方だと、ノートを後ろから使っている
ようで、嫌な気分になる。

資格などの勉強をして、行き詰まってくると、こういうどうでもいいと思われる
ところが、異様に気になり、勉強のやる気を無くす(言い訳を作る)のである。

左が新しいの商品、右が今までの商品である。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月17日 05:20 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

高分子化学

炭素を含む化合物のうち、CやCOやCO2などの構造が簡単なものを除いたも
のを有機化合物という。CH4は構造が簡単なのに有機化合物に分類されるの
で、構造が簡単と言うよりもCとHが含まれていると有機化合物といったほうが
よいのかもしれない。

有機化合物はC-Hの-Hの部分が、-OH(アルコール)、-CHO(アルデヒド基)、
-COOH(カルボキシル基)などに置換したり、C=Cの二重結合が外れる付加反
応がおきたり、炭素同士を酸素でつなぐエーテルなどもあり、豊富に化合物が
つくることができる。

これらの反応はレゴのようにいくらでもつなぐことが出来る。
こうして10,000以上の原子でできたものを高分子という。自然にできた高分
子の代表例は生体である。

Cと同じ性質をもつケイ素Siも高分子を構成することができ、これを無機高分子
というが、有機高分子と比べると種類が少ない。

自然界にある高分子は珍しいものではなく、身の回りの製品も高分子であふれ
ているが、珍しい性質を持つ高分子も開発されている。

例えば、電気を通す高分子、磁気を帯びる高分子、鉄より硬いプラスチック、
土に埋めるとバクテリアが分解してくれる衣類などである。

こういった、高分子の研究開発が、我々の暮らしを便利にしてくれ、環境にもや
さしいものであると思うので、今後も高分子の開発に注目したい。

参考文献。有機、高分子の分野でこの齋藤先生の本はほんとうに多い。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月16日 05:25 ] 化学 | TB(-) | CM(0)

日本人の9割に英語はいらない

タイトルに惹かれて購入した。

この本では、
「頭の悪い人ほど英語を勉強する」
「英語を社内公用語とした楽天やユニクロには惑わされるな」
「インターナショナルスクールを出て成功した人はいない」
と、衝撃的なことが書かれている。

私も、学生の頃から英語が苦手で、社会人になってからも昇進試験で必要だ
からという理由で勉強した口なので、あまり英語が好きではない。

このため、こういった衝撃的なタイトルに惹かれて購入してしまった。
最初のうちは、テンポもよく面白い本だなと読んでいると、徐々に、
「そこまで言わなくても」という、悪態をついたような乱暴な文体に嫌悪感が生
まれてきた。

著者は中央大学を卒業しマイクロソフトの社長を経験したようだが、どうも、重
度の学歴コンプレックスのようある。

乱暴な文調も、本の真ん中に入ってくると極まっており、ヒラリー・クリントンが
日本に来た時、彼女に質問した東大生の英語の質問を小学生の質問のようだ
とバカにしたり、東大生が折り紙サークルで作った作品が話題になり、
「東大に入っていながら折り紙サークルか?呆れてしまう」
と書いていたのには、読んでいる方が呆れてしまった。

別に、東大に入っていようが、ハーバード大に入っていようが、折り紙を折るこ
と自体は別になんの問題はなく、人の趣味にまで口出しするなと言いたくなっ
た。

しかし、著者の意見である英語を勉強する暇があったら読書しろという意見
には大賛成である。

私も管理職試験に受かると同時に英語の勉強をやめて、読書や仕事に関係
する勉強に重点を置くようになったが、伸び悩んでいた英語を勉強している時
よりも、読書のほうが知識が自分のものになったような気がしている。

もし、あの時のころから惰性で英語の勉強を続けていると、読書による充実感
は得ることができていないだろう。

この本を読んでいて残念だったのは、著者が英語ができても付加価値にはな
らないから読書をしろと言っている割には、著者自身が読書によって人格が磨
かれていないことであった。

また、著者の言う「英語が必要な日本人は1割」というのは言い過ぎの感はある。
海外旅行をしていると、片言でもいいので英語は話せたほうがいい。

私も英語が好きではないが、必要性は感じており上達したいという気持ちはある。
ただ、私のようなSE管理職でかつ1児の父親には、英語以上に優先度が高い
ことが、仕事・プライベートで山のようにあり、その費用対効果を考えると優先度
を下げざるを得ないといったところである。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月15日 05:04 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

中国からのインターネットアクセス

昨夜、中国での3日間の旅行から帰ってきた。

旅行での出来事などは、本家のホームページで書くとして、今日は、中国から
のインターネットアクセスについて触れてみたい。

今回の旅行では、スマートフォンを持っていった。

海外からのスマートフォンでインターネットにアクセスする場合、3GやGSMな
どの携帯電話用の無線通信方法を利用する方法と、WiFiを利用する方法の
2通りがある。
前者の場合、画像つきのサイトにアクセスしようものなら、パケット代が膨大に
なり、気にせず使っていると、20万円近くの請求が来るという笑えない話を耳
にすることがある。
後者の場合、無線LANのアクセススポットからアクセスする方法で、有料のも
のと無料のものがある。

今回の旅行では、5箇所ほどアクセスポイントが見つかった。
CMCCや01CKG01Tというアクセスポイントは、空港や地下鉄で電波を拾う
ことができた。これらは恐らく公衆無線LANのアクセスポイントと思われるが、
IDとパスワードを入れなければならないため、使うことができなかった。

Hilton Chongqing_1というアクセスポイントは泊まったヒルトンホテル・重慶の
アクセスポイントだが、これも同じくIDパスワードを入れなければならず使えな
かった。

CMCC-Starbuksというアクセスポイントは、スタバのアクセスポイントである。
これも同じくIDパスワードを入れなければならないのだが面白いことを発見し
た。

指定するURLによっては、スタバのログインのサイトが表示されたりされなかっ
たりするのである。
例えば、自分が利用している図書館や、日本の情報処理推進機構(IPA)の
URLにアクセスしようとすると、スタバのログインサイトが表示され、このブログ
や私のホームページにアクセスしようとしても、指定されたURLは見つかりま
せんと表示された。

ココログやOCN、アメブロやライブドアブログでも同じ現象が発見された。

最後に、SPIA-guest(Airport Free WIFI)というアクセスポイントであるが、これ
は上海浦東国際空港のアクセスポイントである。こちらもIDパスワードを入れ
る画面が表示されるが、無視して進めばインターネットが利用できる。

そこで、色々試してみたのだが、図書館、IPA、ココログ、ライブドアブログ、
アメブロ、2ch、GoogleはOKだったが、このブログ(DTIブログ)やOCNブログ
には、URLが見つからないと表示された。
私のホームページ(ドリームトレインインターネット)にはアクセスできた。

昔に比べ、中国からのインターネットアクセスが緩和されているとは言うものの、
個人のブログなどは、中国共産党の悪口が書けるわけで、こういった規制をさ
れているものと思われる。

最後に、上海浦東国際空港から私のホームページにアクセスした証跡を添付
して終わりにしたい。

中国からのアクセスを示すGoogleアナリティクス画面


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月14日 06:41 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

有機化学を知るための基礎知識

今年の7月ぐらいから自然科学に関する本を読むようになったが、もっぱら、
数学と物理の本だったので、化学の本を読んだのは4ヶ月ぶりぐらいである。

高校では、物理化学(理論化学とも言う)、無機化学、有機化学の3分野を習
うが、有機化学のボリュームは全体の1/4程度なのではないだろうか。

有機化学は化学の中で暗記のイメージの強いため、私はいまいち好きになる
ことができなかった。

大学等で習う有機化学は、最初に分子における電子雲や、混成軌道、分子内
の電気的な偏りなどを習うが、これを知ることにより分子の立体構造が把握で
き、どういった反応が起きやすいかわかり、暗記をしなくてもピンとくるようにな
るそうである。

残念ながら、今回読んだ有機化学に関する2冊の本ではそこまでの理解はで
きなかったが、分子の基本的なことが学べてよかったと思う。

高校で学習した以上の知識を得ることができた。
■電子雲
 高校では原子の構造について学ぶ。
 原子核の周りを電子が周っている、太陽と惑星のようなモデルを教えられる。
 周っている電子には定員があり、一番内側のK殻では電子が2つ、次の外側
 のL殻には8つ、さらに外側のM殻には8つといったように教えられる。

 高校の時に習う原子のボーアモデル


 しかし、実際の原子の形状はボーアモデルのようなものではなく、K殻は原
 子核を中心とした球形のどこかに2個の電子が存在し、L殻はK殻の外側に
 球形のどこかに2個の電子が存在し、残りの電子は、原子核を中心とした
 3つの直交軸上に長細い鉄アレイの形状の軌道に電子が存在し、下のよう
 なモデルになるとのことである。

重ね合わせると

 上記のモデルも炭素原子を表す。
 炭素の場合、1s軌道と2s軌道に2個ずつ、pxとpyに1個ずつの電子が存在
 すると本には解説されていたので、上記の絵は間違っているのかと思ったが、
 他の原子が近づくと、2s軌道の電子のうち1個がpzに移動するので間違いで
 はないらしい。


■原子間の結合と分子間の結合
 高校の時に、原子間の結合については、共有結合、イオン結合、金属結合を
 学ぶ。
 (イオン結合と金属結合は今回の説明の主旨からずれるので説明を省略する)

 原子核の外側の球形の軌道のどこかに電子が存在するという話をさきほどし
 たが、共有結合の場合、外側を回る電子を2つ以上の原子核で共有すること
 になる。

 最も簡単な水素分子の場合、s軌道が結合性軌道に変わり次のようになる。


 これが、水素と炭素の結合をした場合には、炭素原子のs軌道とp軌道の混成
 がおき、魚のような形の軌道に変化する。


 メタン分子の場合、正四面体の中心に炭素原子があり、sp混成軌道を4つ形
 成する。それぞれのsp混成軌道は1つずつ電子を持っているので、水素原子
 の1s軌道の電子1個とあわせて、電子を2個ずつ共有する。


 水分子については、結合の手が2本になるので、下のような形になる。
 (水分子のsp混成軌道説で表現。2p軌道説もあるがここでは省略) 

 次に分子間に働く力の話をしたい。

 水分子全体では中性だが、このモデルの水素原子つまり黄色い部分が
 プラスに帯電し、酸素原子の近くはマイナスに帯電するため、分子の電
 荷に偏りがある。このため、酸素原子の部分が他の分子の水素分子とくっ
 つきやすくなる。これを水素結合という。


 分子間力には他に、ファンデルワールス力というものもある。これも分子
 の電荷の偏りによって生じる弱い分子間力である。 

 なお、物理で力の統一理論に「弱い力」というものが出てくるので、全く関係
 がない。
■構造式
 有機化学の世界では、同じ元素構成でも構造が違うと、全く性質の異なった
 分子ができるため、構造式というものを用いる。
 メタンやプロパンなど比較的簡単な分子であれば、CとHを用いた構造式を
 書いてもいいのだが、複雑になってくると、見るのも嫌になってくる。
 高校ではベンゼン(C6H6)についてだけ、CやHを省略した構造式を習った。


 大学では、ベンゼンだけでなく他の有機化合物も線だけで書く。

 ブタン(C4H10)の構造式


 上図のようにギザギザの線で、線の両端と、折れる部分が炭素原子を表し
 線が結合の手を表す。1本だと単結合、2本だと二重結合になる。
 炭素の結合の仕方が決まれば開いてる結合手にHが埋まっている限りそ
 れを省略して書くのである。
 こうすれば複雑な有機化合物も簡単に書くことができる。


参考サイト
Wikipedia(混成軌道)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B7%E6%88%90%E8%BB%8C%E9%81%93


一番参考になったサイトchemistryland.com
http://www.chemistryland.com/CHM151S/09-CovalentBonds/Covalent.html


How Aoms Work(How Stuff Works(ものごとのしくみ))
http://science.howstuffworks.com/atom.htm


Hydorogen Bond in Ice(氷の水素結合)(UCL)
http://mdp2.phys.ucl.ac.uk/Talks/Ice/Ice.html


参考文献
有機化学の本はこの著者のものが多い


高校生の範囲から大学1年生までの知識がわかりやすくかかれている良書


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月13日 06:00 ] 化学 | TB(-) | CM(0)

声の小さいマクドナルドの店員

マクドナルドに行ったときのことである。

その時は昼食の時間だったので、お客も多くザワザワしていた。

注文時に応対した店員について、少し声が小さいなと気になりながらも購入
する商品を伝えた。

注文が終わり、「注文がお済みになったお客様はこちらでお並びください」と
言われたので、受け取り待ちの行列の後で待っていた。

その店員が私を呼んでいるようなのだが、案の定、声が小さくて聞こえなかっ
た。

私が頼んだのは、ビッグマックの単品だったので、遠くから見ればわかるの
で、事無きを得たのだが、恐らく厳しい客からは、いくつかクレームを受けて
いることだろう。

マクドナルドもマクドナルドで、人手不足は仕方が無いのかもしれないが、
もう少し声の大きい店員を雇うか、面接の時に声が小さいと気づいたら、発
声練習などをさせてサービスできる最低限の要件をクリアしてから、お客さ
んの前にだして欲しいと思った。

それが無理な場合でも、声の小さな店員をフロントに立たせるのではなく、
厨房にまわってもらうなどの工夫は店側でもできると思う。

そんなこんなで、マクドナルドについてぐぐってみると、
「ビッグマッククラブ抜き」という裏メニューがあるそうで、ビッグマックのハン
バーグとハンバーグの間に挟んでいるパン(クラブという)を抜くと、美味しい
と噂されている。

今度、是非、この声の小さい店員にあったらビッグマッククラブ抜きを頼ん
でみようと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月12日 06:00 ] サービス | TB(-) | CM(2)

今日から3日間、重慶へ行ってきます

今日から3日間重慶へ旅行に行く。

1年ぶりの海外1人旅である。

今年の夏に友人と海外に行き、楽しみを共有できそれはそれで面白かったが、
1人旅も自由度が高く、全く気を使う必要が無いので別の面白さがある。

ANAのマイレージで、同じスターアライアンスの中国国際航空の特典航空券を
予約した。

今日乗るのは、成田8:55発のCA158便である。上海で乗り継ぎがあるという。

成田には2時間前に到着しておきたいので、始発電車で出発う予定だ。

ホテルは、重慶のヒルトンホテルで、ホテルに到着するのは17:00頃になるだ
ろう。ホテルは重慶市街の三角州になっているところのど真ん中なので、いろ
いろと散策したいと思う。

2日目は朝の8:00から、世界遺産の大足石刻に行く。
ツアーコンダクターは女性とのことだが、正直言うと若いとうれしい。
ツアーの終了は16:00頃になるが、ツアコンが良い人で彼女の予定がなければ、
お金を払って街を案内して貰う予定である。

さて、どんな旅行になることやら。

帰国したら、また本家のホームページに旅行の様子を書いてみたいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月11日 04:19 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

2歳6ヶ月の娘

今月の3日で2歳6ヶ月になった娘

数ヶ月前は、2語文が出ないなどと心配していたが、いらない心配だった。
今では簡単な会話が成り立つようになってきたので、おままごとをして一緒に
遊んでいる。

娘「おーちょう(包丁)ちょーだい」
娘「(包丁のおもちゃで野菜のおもちゃを切っている)」
娘「パーパ、どーぞ、おいしいよ」
私「むしゃむしゃ」
娘「だいこん、おいしい」
私「おいしいね」
娘「ちちご(いちご)、おいしい」
私「おいしいね」
娘「えび、たって(食べて)」
 「おしし(おすし)もあるよ」
娘「メロンおいしー。」

また、アンパンマン型のボールを見つけると、
「アンパンマンかおよー」とバタコさんの真似をしてボールを投げてくる。

結構、おしゃべりな娘なので、相手をするのが大変で、嫁が家事をしており、娘
の相手をしていると、まったく何もできないのが、嬉しい悩みのひとつである。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月10日 05:10 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

ヒルトン重慶

いよいよ、今週末から重慶に出発する。

すでに2日目の大足の世界遺産のツアーの手配も地元の業者に依頼済みで
ある。
ちなみに、手配担当が劉さんという男性で、当日のツアコンが蘇さんという女
性である。

それぞれ、劉備と蘇飛の子孫だろうか?

劉備は超メジャー武将だが、蘇飛は超マイナー級で三国志通でも、すぐに名
前が出てこないのではないだろうか?

解説すると、蘇飛は劉表の配下の黄祖の部下であるが、呉の甘寧と仲のよい
人物で、後に甘寧の計らいで呉に使えた人物である。
シミュレーションゲームの三國志であれば、能力が60前後で可もなく不可もな
くと言った感じで、ゲーム上の顔写真はモンタージュのような雑魚武将の扱い
を受けているのではないかと思う。

雑談はさておき、2日目の蘇さんは女性で、運転手と私の3人でツアーに行く
ことになると思う。

蘇さん。どんな人だろうか?全く想像がつかないが当日の楽しみにしておきた
いと思う。

重慶では、11日~13日にヒルトンホテルに宿泊する。

重慶は大都市なのでホテルも当然色々あるのだが、重慶のことを詳しく書い
た観光ガイドの本が日本では市販されていないこともあり、あまり辺鄙なとこ
ろに泊まっても当日の旅行が楽しめないだろうと思いメジャーで便利で安心
できるところを選んだ。
カールトンやシェラトンなどもあたってみたが、街の中心部から離れているので、
街のど真ん中にあるヒルトンを選ぶことにした。

ヒルトンといえば、日本で1泊すると30,000円前後が相場だろうと思うが、重
慶では7,500円であり、日本のそのへんのビジネスホテル級の値段である。

ただ、中国とはいえヒルトンのサービスを受けることができるので少し楽しみ
にしている。

ヒルトン・重慶ホテル




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月09日 05:26 ] 中国 | TB(-) | CM(0)

会社違い

最近、このブログで、記事を投稿した時や、コメントを登録したときに、
「dti your request timed out. please retry the request.」
と出てしまうことがある。

長文を書いていて、このメッセージが出ると、今までの時間を返せと言いたく
なる。

早速、私のプロバイダであるDTI(ドリームトレインインターネット社)にクレー
ムのメールを送った。

1日たって、返ってきたメールは
「お問い合わせのDTIブログについては、サービス名に「DTI」とございます
 が、こちらは弊社提供のサービスでなく、他社様が提供されているサービス
 でございますため、ご案内ができかねます。」
である。

おいおい、いくら他社と入っても同じDTIだろう。
私も他社と仕事をすることが多い。例えばの話だが、「富士通」と「富士通XX
サービス」という関連会社があったとして、私の会社と3社で仕事をした場合、
仮に富士通XXサービスに問題があっても、富士通も一緒に謝る。
いくら、会社が違うといっても、グループ会社は第3社からみたら同じ会社と
して扱う。

「それなのにDTIの回答はなんだ!」と思い2通目のクレームメールを出した。
メールを出した後、このDTIブログの会社を調べてみると、「DTI Service」と
いう、アメリカの会社で、日本のDTI(ドリームトレインインターネット)と資本関
係もなく、全く関係のない会社であることがわかった。

つまり、私のメールは言いがかりだったのである。

2通目のメールに対して、1通目のメールの担当の上司から謝罪のメールが来
たが、私の早とちりだったので、このタイミングで最初のメールについて詫びた。

DTI(ドリームトレインインターネット)はプロバイダ、DTI Serviceは、ブログの運
営会社で、名前が似ているが全くの別会社である。
恐らく私と同じ早とちりをする人も多いだろう。

DTIについては毎月お金を払っているが、DTI Serviceにつていては、タダで
ブログを使っていることに今頃気づいた。
まあ、タダだし、他にクレームしている人もいるので、DTIに対する時よりテンショ
ンも下がっており、メールをする気にはなれなかった。

dti your request timed out. please retry the request.が出た場合の対応

F5キーを押下したら再投稿できる。ただしその後、ブラウザ全体が文字化けした
状態になるので、画面に表示される画像の文字をそのまま入力し、ボタンを
押せば良い。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月08日 05:55 ] サービス | TB(-) | CM(0)

1911 辛亥革命

夏休みに映画を見に行ったときに、予告編でこの映画をやっていた。歴史物に
目がない私は、早くこの映画を見たいと常日頃から思っていた。

当日の土曜日、インターネットでこの映画の批評を見ると、あまりいいことが書
かれていなかった。

見るのを止めようかとも思ったが、来週は旅行で見ることができないし、再来週
は、「アントキノイノチ」を見ると決めている私にとっては、今見ておかないと、二
度と見ることもないと思い、重い腰を上げてシネコンに行った。

30億円かけた戦闘シーンは見所であるのだが、あまりに戦闘シーンが多いた
めか、すぐに飽きてしまった。

また、孫文はなんとなく神輿に担がれた大将っぽく、いまいち迫力にかけ、ジャッ
キー・チェン演じる黄興が軸というわけでもない。
袁世凱演じる役者が、うまく立ちまわっている様子を表しており一番熱演だった。

映画批評サイトにあるように、話が淡々と進むので、中国の歴史を知らない人
にとっては眠くなるような内容で、そこそこ勉強している私でも、退屈な場面が
多い映画だった。

ただ、見なければよかったと言われるとそうでもない。
ラストシーンは、それまで君主制を敷いていた中国大陸に共和制をもたらした
100年前の革命家孫文の、熱い主張が込められておりよかった。

しかし、孫文が建国した中華民国は、その後、支那大陸の一軍閥の域を超える
ことなく、大戦後、中華人民共和国によって、共産党君主制に逆戻りした史実を
彼が知るとどういう思いをするのだろうか。

退屈な中にも面白さもあったので、この大きさで。
どうせなら1917 ロシア革命、1949 共産党宣言などという映画も見てみたい。
ただ、1941 パールハーバーのようなくだらない映画だけはごめんである。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月07日 04:26 ] ミニシアター | TB(-) | CM(2)

木本のお、「バーン!」

小学校2~3年の頃の話でもしてみたい。

近所に口のうるさい、40前後の木本さん(実名)というおばさんがいた。

この、木本さんは口うるさく近所の子供はよく注意されており、天敵だった。

もちろん、私も含めた近所のワルガキたちはそれで引き下がるわけはなく、
木本家のチャイムを鳴らして、ダッシュで逃げ物陰に隠れ、木本さんが出て
きてキョロキョロする様子を見て、「アホやアホや」と小声で言って楽しんで
いた。

当時は、1978~9年であり、下の写真のようなロケット弾なるものが、
駄菓子屋で30円ぐらいで購入でき、流行っていた。


このおもちゃは、ロケットの先が可動式になっており、この写真で言うと、
赤と黄色の境目にある金具の円盤のところに、紙の火薬を挟むことが
できるようになっている。
 
そして、このロケットを真上めがけて投げ、落下させると、紙の火薬が、
「バーン!」と鳴る仕組みになっている。

このロケット弾は大流行したが、思考程度の低い私を含めたワルガキたちは、
度胸試しの意味で、木本家の前までいき、このロケット弾を上空に投げ、
「木本のおっ」と叫び、ロケット弾が地面に落下したときに、「バーン!」と鳴ら
して楽しんでいた。

今考えると、木本のおばさんには非常に悪いことをしたと思っている。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月06日 00:14 ] 商品 | TB(-) | CM(2)

子供連れへの視線

娘を連れて2人で電車に乗ることが多くなったが、1人で行動しているときには
なかった、2通りの周りの反応を感じることができる。

1つめは優しそうな大人たちから、「娘さん、かわいいね」とか「お人形さんみた
いだね」と声をかけられたり、なでられたり、可愛がられたりする反応。

2つめは子連れだからといって、明らかに迷惑そうにする反応である。

1つめの反応では、1人のときにはまず話もすることがないであろう、年輩の方
(男女問わず)や、子供連れの人との会話のきっかけができるので、視野が広
がった感じがして嬉しい。

2つめの反応では、子連れというだけで睨んできたり、避けたりする人がいる
ということだ。
避ける、つまり子供がきたら車両を変えるなどの行動は、私もよくやるので人の
ことは言えない。
娘がうるさくしていて睨んでくることに関しても、赤の他人からすると、ある意味、
迷惑行為の一種なのでこれも致し方ない。

ただ、娘がおとなしくしている場合でも、一定数睨んでくる人がいるのだ。

おそらく、こういう人達は子供が嫌いで、騒ぎ出すリスクのある子供に対して
迷惑だという意思表示をしているのだろう。

子供を育てた経験のある人なら分かると思うが、3歳ぐらいまでの子供はいつ
騒ぎ出すか分からないし、親でも制御不能である。そんな親を睨んでも何もな
らなのだが、子供に関する見識を持ち合わせていないのだろう。
(これが就学児童であれば話は別で、親のしつけ方が悪いといえる)

そういう人達には是非、
「あなたは幼児期、周りに迷惑をかけずに生きてこられたのですか?」
と問うてみたいところである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月05日 04:42 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(2)

野良猫問題

何かの報道番組で、三重県亀山市みどり町での野良猫の一斉捕獲に関する
ニュースを見た。

捕獲された猫は殺処分されるとのことである。

そして、このことに動物愛護団体が反対している構図をドキュメンタリータッチ
で報じていた。

私は、猫が好きなのでこの亀山市みどり町の処分を残念に思いながら見てい
たが、その後、インターネットでいろいろなサイトを見て、私の考えは無責任な
考え方であることがわかった。

野良猫に餌やりをする人は、餌を食べている可愛いところしか見ず、あとは、
放ったらかしのため、その後にでる糞尿が周辺を臭くしたり、餌の食べ残しの
ためカラスが増えたり、ゴミ置き場が荒らされていたり、良い食べ物を与える
ことによって病気になりにくくなり繁殖しやすくなっていることに気づいていな
いのである。

ある人間には可愛がられ、別の人間には殺される。人間のエゴで殺されるネ
コの立場にたってみたらたまったものではないと思うが、この被害が、どの程
度の被害なのか実際にあったわけではないので、単純に、ひどいとも言って
いられないのである。

私もみどり町に住んでいたとしたら、市に猫を殺処分する以外の方法を考えて
もらいたいとは思うが、市に予算つまり税金が無尽蔵にあるわけでもないので、
この自治体をやむを得ず支持する方にまわる可能性が高いと思う。
かと言って、猫を殺処分すべきだなどということを、とても自分の子供の前で言
うことはできない。

自分は猫から見るとなんて身勝手なのだろうと思いしらされる。

ちなみに、私の家の近所にも野良猫による被害はあるが、ゴミ置き場を荒らさ
れる程度である。

そして、ゴミ置き場には、野良猫に餌やりをする人に対して、
「猫にえさをあげるやさしいあなたへ
 猫に餌をあげたら、糞尿の処理と避妊・去勢手術をお願いします」
というかんばんがたっている。

今回、野良猫問題を考えてみて、改めて、このかんばんの意味する所、つま
り、生き物を可愛がるのはいいことだが、可愛いところだけに眼を向けるので
はなく、周りに迷惑をかけてはいけないこと、生き物である当たり前のところに
もちゃんと目を向けること、処分されてくるために生まれる命が出ないようにし
ていこうということを気づかせてくれた。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月04日 04:51 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

Googleアナリティクス

Googleのサービスの一つに、Googleアナリティクスというアクセス解析のサー
ビスがある。

何を隠そう、このブログもGoogleアナリティクスで解析をしている。

このGoogleアナリティクスは、AccessAnalyzer.comや忍者ツールのような、
アクセスしたログをとるだけではなく、何県からアクセスされたかとか、どのアク
セスページがよく見られているか、何分ぐらいその記事を読んだかなどが分析
できる。

ただ、AccessAnalyzer.comなどのように、具体的なホスト名まではわからない
ので、誰からアクセスがあったかなどは分からないようになっている。

このGoogleアナリティクスで気に入っている機能が、どの国のどの地域から
読まれているのか地図でわかるといったものである。

例えば日本の場合、

で、このブログが日本津々浦々からアクセスされていることが分かる。

このような稚拙なブログを読んでいただき有難い限りで、まだまだ続けていこ
うと励まされる。

次にアメリカからもアクセスがある。



カリフォルニア州からのアクセスが最も多く、ワシントン州、ニューヨーク州、
ニュージャージー州、ペンシルバニア州、ミズリー州などからもアクセスさ
れている。

アメリカだけではなく、スペイン、イギリス、ドイツ、韓国、台湾、タイ、インド
ネシア、カナダやスロバキアなどからもアクセスされている。

恐らく、これらの国に住んでいる日本人の方がアクセスしていると思うが、
一つ不思議なのは、中国から一切アクセスされていないことである。

Googleが中国から撤退したことが原因だとは思うが、今度、重慶へ旅行
に行ったとき、中国からこのブログにアクセスしてみて、中国の地図にプロッ
トされるか試してみたいと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月03日 05:01 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

ベクトル解析の初歩(場の微分)

最近、大学の時以上に数学や物理の本を読んでいる。

まずは、数学や物理の全体像をつかみたいため、このようなことをやっている
ため、本を1ページずつ理解するまで読むというよりは、大雑把な論点を把握
するために読んでいるという感じである。

流体力学や材料力学、電磁気学などの物理の科目は、大学の一般教養課程
で習う微積分や微分方程式、線形代数という科目が基礎になるので、そこの
理解を深めながらやっているのだが、今一しっくりと理解できなかった。

線形代数について突っ込んでテンソルというものを学んだが、どうもそれ以前
にベクトル解析という手法を理解しなければならないことが分かった。

易しそうな、ベクトル解析の本が無いか図書館にいって調べたところ、分り易
そうな本があったので借りることにした。

ベクトル解析とは空間における量の解析手法であり、この解析とは微積分の
ことである。
そして、ベクトル解析を理解するには、最も基礎となる「場」について理解す
る必要がある。

「場」とは空間のある点における量のことを言い、スカラー場、ベクトル場、
テンソル場がある。

スカラー場とは、空間のある点におけるスカラー量のことであり、温度分布
や密度分布、また山の高さなどがそれにあたり、ベクトル場は空間のある
点におけるベクトル量であり、電場や磁場など向きのある量の分布である。
(テンソル場については説明すると、後述する理屈がややこしくなるので省
 略したい)

高校の時に微分を接線の傾きと習った。
横軸をx、縦軸をf(x)とした場合、f(x)の微分f'(x)は、接線の傾きになる。

これに場の概念が加わると、次の3種類に分かれる。
(以後、太字の青文字をベクトルとするが、∇はそのまま黒で表記する)

■勾配
 スカラー場に対して定義され、場の各方向への変化率を記述する偏微分ベ
 クトル場(勾配場)のことで、gradまたは∇で表される。
 場といえば通常3次元のベクトルだが、説明を簡単にするために2次元の場
 で説明したい。
 xy平面があり、その2つの変数で表されるスカラー量の関数f(x,y)があった
 場合、
 ∇f(x,y) = ∂f(x,y)/∂x i + ∂f(x,y)/∂y j
  でi は、x方向の単位ベクトル、j は、y方向の単位ベクトルを表す。

 この数式を見ても、そんなモノかとしか思えないが、イメージを追加して考え
 ると一挙に理解が進む。
 例えば、水平な地面をxとyで表し、その高さをf(x,y)で表す場合、高さはスカ
 ラー量である。
 これに対する勾配を求めるということは、高さに関する変化率すなわち、x方
 向とy方向の傾きを求める。方向と量の組み合わせなのでベクトルとなる。

 2次元の場だとスカラー量f(x)は高さぐらいしか思いつかないが、3次元で
 考えると、密度であったり温度であったり、いろいろな量を考えることがで
 きる。
 xyz座標で、3つの変数から表される温度や密度などのスカラー量f(x,y,z)
 のx,y,zのそれぞれの方向の変化率が勾配ということである。

 ∇f(x,y,z) = ∂f(x,y,z)/∂x i + ∂f(x,y,z)/∂y j + ∂f(x,y,z)/∂z k
 となる。
 (i j kはそれぞれ、x方向、y方向、z方向の単位ベクトル)


■発散
 ベクトル場の各点における量の変化の傾向を記述するスカラー場のこと
 で、divまたは∇・で表される。・はベクトルの内積を表す。
 これは主に、流体力学や電磁気学で使われる概念である。
 最初は勾配の逆演算かなと思っていたのだがそうではないようだ。
 発散が+の場合湧き出し、-の場合吸引するイメージなのだが、いまい
 ち ピンとくる説明ではなかったが、『単位体積当たりの流れの増減』とい
 う説明でピント来た。
 水の流をイメージするとわかりやすい。
 空間を小さな立方体に分割し、その立方体に対する水の流れはベクトル
 であるが、その立方体を通過する水の量はスカラーで、この量が発散な
 のである。
 水の流れだけではなく、電場や磁場でもこの発散を用いた公式がある。
 ∇・ = 0 磁束保存の法則 (B:磁束密度)
 ∇・= ρ ガウスの法則 (D:電束密度、ρ:電荷密度)
 である。磁束はS極から出てN極に戻るので発散としては0となるが、
 電束の場合、点電荷から電束が放射状に出ていくイメージなので値を
 持つのである。


■回転
 ベクトル場において、各点の周りで場が回転しようとする傾向を記述する
 微分ベクトル場のことで、rotまたは∇×で表される。×はベクトルの外積
 を表す。
 ベクトルの外積についておさらいすると、×の場合、からへ回転
 したとき、右ねじの進む方向が外積の方向になる。
 というベクトルがあった時、∇×は、の回転度合いを示すベクトル
 となる。
 先ほど、発散の所で∇・=0と∇・=ρの説明をしたが、これと、
 以下の2つの式を合わせた4つをマクスウェルの方程式と言って、電磁
 場の振る舞いを簡単な式で表されたものになる。
 ∇× + ∂/∂t = 0 ファラデーの法則(E:電場の強度、t:時間)
 ∇× - ∂/∂t = j アンペールの法則(H:磁場の強度、j:電流密度)
 1つめのファラデーの式が磁場の時間変化で電場が生じることを意味し、
 2つめのアンペールの式では電場の時間的な変化で電流と磁場が生
 じることを意味し、そのベクトルの向きも定められるのである。
 
流体力学、材料力学、電磁気学などは、微積分や微分方程式、線形代数
(ここではベクトルの内積や外積など)を理解するだけでは不十分で、空間
によって密度や電荷磁力の変化を計算するベクトル解析を知っていなけれ
ば、絶対に理解ができない。
しかし、入門書などでイメージと理屈さえつかんでしまえば、特に難しいも
のでもなく、いろいろな分野に応用できる道具であることを実感した。

参考文献


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月02日 04:56 ] 数学 | TB(-) | CM(0)

藤子・F・不二雄ミュージアムのチケット購入

今週の日曜日は朝の10時から、「藤子・F・不二雄ミュージアム」の12月分の
チケットの発売が開始された。

「藤子・F・不二雄ミュージアム」は、今年の9月3日にオープンした。
つまり、ドラえもんが誕生する101年前にオープンしたということになり、少し変
な感覚に陥る。

このミュージアムのチケットは完全予約制で入場者が限定される。チケットは、
ローソンの会員でしか購入できない。これは、三鷹にあるジブリ美術館と同じ
である。

私も早速ローソンの会員になり大人のチケット2枚を購入した。
(娘は2歳なのでただで入場できる)

こういう子供向けの施設は、混雑が心配になるが、完全予約制で入場者が制
限されるので安心である。

12月4日の予約を取ろうとしたが、発売2時間で12:00の回は売り切れていたの
で、14:00からの会を予約し、昨日ローソンのLoppiで購入した。

また、このブログで遊びに行った時の模様を報告したいと思う。
http://fujiko-museum.com/pc.php


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年11月01日 05:14 ] 日記 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2011年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1001位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
178位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム