旅好きおやじの日記 TOP  >  2011年12月

2011年12月 ベスト書籍ランキング

今年は、残念ながら、目標にしていた資格試験に2つとも落ちてしまった。

読書は続けていきたいとは思うが、少しセーブして資格試験の勉強と読書の
バランスを考え直したいと思う。

そういう意味で、今月から読書量をセーブしているのと、資格試験の教科書
を読書してみた。


■第1位:社畜のすすめ(購入)



この本を本屋で見た時、思わず手にとってちら見しそのままレジに足を運んだ。

社畜とは、自分の意志を持たず、上からの命令には絶対服従で、会社に飼い
慣らされた哀れなサラリーマンを揶揄する表現である。

この本では、タイトルの通り社畜になることを勧めている。
特に若い世代には社畜になるように勧めているのである。

この本を読んでなるほどと思ったのは、室町時代の猿楽師の世阿弥が説いた
「守破離」の考えである。

猿楽を極めるためには、まず修行時代に師匠の言うことには逆らわず、変だと
思っていても服従しながら師匠の型をまねる守の時代で基礎を固め、
次に、基本ができた所で基本以外の部分も研究する破の時代を過ごし、
最後に基本から離れ自分の道を極める離の時代で一流になっていくのである。

自分に当てはめて考えてみるとたしかにそうである。

私も、新人の頃から上からの指示にはあまり逆らわず、変だと思いながらも、
それ以上は疑問に持たずに仕事に関わってきて、最近になり、仕事で好きな
ように振る舞えるようになっている気がしており、破の段階を迎えているのかも
しれない。


■第2位:伝える力2(購入)


池上彰氏の「伝える力」の続編である。

この伝える力を出した後、池上彰氏の解説がわかりやすいという評判になり、テ
レビに出ずっぱりであった。
私は、この人がNHKの子どもニュースに出演していた時からのファンだったの
で、この人の本はよく読んでいる。

池上さんの説明は、口頭でも文章でもわかりやすい。

通常、こういったノウハウ本にありがちなのが、
「超人のような私のマネをすれば成功する」という実現不可能なことを書いた本
が多いが、この本に書かれている内容は、凡人の私でも、参考になり実践でき
そうな内容だった。


■第3位:システム監査技術者合格テキスト(購入)


今年は、システム監査・ITストラテジストのダブル合格を目標に掲げたが、両方
とも午後1の記述式で敗退してしまった。
午後1は設問を元に問題文から関係する部分を抜出しまとめ上げる力が求め
られる。
小手先のテクニックとしてはこの解答力を鍛えれば、点数も伸びるのかもしれ
ないが、やはり勉強するのであれば、深く理解して自分のものにしたいところで
ある。

そもそも、システム監査とはどういう目的の元、何を達成すれば良いのかという
原点回帰をするために、今月初めに買っていた、TACの合格テキストを通勤電
車でナナメ読みではあるが、まるごと読んでみた。

この本は、冗長な部分はあるものの、他の出版社と比べ、業務監査の具体例
やシステム監査の事例紹介なども載っており、内容は充実していた。

4月まで、何度か繰り返し読んでみて、理解を深めていきたいと思う。 


■第4位:ホウレンソウはいらない(購入)


この本については12/28(水)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20111228.html



■第5位:ひと味ちがう 販促企画 アイデア集(図書館)



販促という言葉はよく聞く言葉である。

仕事では販売促進とはあまり関係がないが、サービスを提供するという意味で
は、販促の考え方の中にヒントにできることがあるはずであるということで、手に
とってみた本である。

この本が発売されたのは2003年と少し古いので、このスマホ全盛の時代、イン
ターネットにかかわる部分についてはあまり参考にならなかった。
それ以外については、こういう考え方もあるのかとか、普段何気なく見ているお
店の販促方法のアイデアが具体的に書かれていて参考になった。

具体的には、顧客の心理を逆手に取ることである。
・映画館やレストランで「レディースデイ」だけをやるところが多いのは、男性
 は保守的でいい店があってっも自分だけのものにするため広がりにくいが、
 女性は外交的であり口コミが広がりやすいところを狙っている
・「永久保証」をしても、ほとんどの消費者は5年未満で買い換え3年以降の修
 理は殆どないところから、保証よりも、いかに安心、納得して買ってもらえるか
 商品よりもアフターフォローをアピールすることにより差別化につながるなど
などの理屈は参考になった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2011年12月31日 05:16 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

今年のブログをふりかえって

せっかくこの1年毎日ブログを更新したので、ブログを通して今年を振り返って
みたい。

ただ、普通に振り返っても面白く無いので、月毎にで一番良かったと思う記事
を選んでみた。

普通に選択すると国内旅行や海外旅行、日記のカテゴリに偏ってしまうので、
なるべく色々なカテゴリから選ぶようにしてみた。
タイトルは記事にリンクしている。


1月12日 あいさつ(サービス)


 新年早々、コンビニで、店員にあいさつされず、カチンときたため、店にクレー
 ムした事件である。
 ここに登場する店員のSさんは、私がクレームしたことをキッカケに、ちゃんと
 あいさつができるようになり、気が利く店員に生まれ変わったという話である。

2月27日 東京マラソン前日(国内旅行)


 古くからの友人である、ぷりきっつあんが東京マラソンに参加するため、大阪
 からはるばるやってきた。
 この日はゼッケンを取りに行くための付き添いで行ったのだが、ランナーたち
 を身近にみて迫力があった。
 旅好きおやじは、まずダイエットから始めたいと思ったが、結局今年はやらず
 じまいだった。

3月15日 輪番停電とマスコミ(時事・世相)


 3月11日の地震による、津波、原発事故、電力不足など、地震による2次被
 害が大きかった。恐らく、日本人が経験した地震の中で一番の被害だったの
 ではないだろうかと思う。
 こういう時のマスコミの下品さは目立つ。
 一生懸命対応している現場の人たちをなじる姿は見ていて腹立たしかった。

4月4日 東京大学キャンパスツアー(国内旅行)


 このブログをやり始めてから、よく、何らかのイベントに参加するようになった。
 そのきっかけとなったのが、このキャンパスツアーかと思われる。
 何かと話題にのぼる東大ではあるが、実際に門をくぐった人というのは少ない
 のではないだろうか。
 今でも定期的にこのツアーが開催されているので、時間がある人は参加して
 みると面白いと思う。

5月3日 川崎大師の厄除けの効果(国内旅行というか情報システム)


 5月はイベントも多く、手前味噌ではあるが、記事を読み返してみると面白い
 ものが多かった。娘の高熱、小田原城、ガラガラの東京ディズニーランドなど
 があるが、やはり今年の大仕事であるメインフレームの更新とそれに関連す
 る出来事について書いた記事である。
 首の皮一枚のところで、プロジェクトを成功に導くことができてよかった。

6月28日 もっと交通事故の危険予知トレーニングをしたい(日記)


 忘れてはいけないという意味でこの記事を上げてみた。
 今の生活が、ちょっとした気の緩みで台無しになってしまうのが車である。
 この日のことを教訓にして、安全運転を心がけたい。

7月19日 2011年香港旅行のパスポートのスタンプ(海外旅行)

 これまで、夫婦もしくは一人旅で海外旅行には行ったことがあるが、友人と
 いったのは初めてである。このブログでもよく遊びに来てくれるブレイク氏
 と香港、マカオ、深センに旅行に行った。詳しくはホームページに出来事を
 記載している。

8月25日 意味がわかる微分積分(自然科学)


 普通なら高野山に行ったことを選ぶところだが、国内旅行のカテゴリが多い
 ため、自然科学のカテゴリにしてみた。
 この8月を自然科学月間として、数学や理科などの自然科学の本を読む習慣
 ができたのも、ブログで表現をしたいという気持ちのおかげだと思う。

9月18日 おともだちの絵をー、紹介しまーす(育児・教育)


 ある日、2歳の娘が人間の顔を書き始めた。
 これは、成長の1ページということで記事にしてみた。
 娘も言葉が遅かったが、いまでは普通に3語文以上を話し、意思の疎通がで
 きるようになっている。

10月17日 2011年のITストラテジスト試験での出来事と私の解答(資格)


 システム監査試験が不合格になった春試験のリベンジということで、秋のIT
 ストラテジスト試験を受けた感想などを書いてみた。
 結果は不合格である。
 不合格になると、勉強が続けられるわけで、合格するよりも得るものが大き
 いと良いように解釈しながら、来年こそはダブル合格を目指したい。

11月27日 新少林寺(映画)

 映画のエンディングが期待を裏切るという点と、仏教的な哲学が織り交ざっ
 た良作である。
 さすがは香港映画で、その前に観た中国映画である1911よりは格段によ
 かったし、今年観た映画の中で1、2を争う良い出来だったと思う。

12月15日 Three Kingdoms(商品)


 11月に中国に行ったときにたまたま観た、三国志のドラマである。
 TSUTAYAでレンタルしているので、借りてみまくっているところである。
 全48巻ということなので、来年の前半はこのドラマ1色になりそうである。


さて、今年を振り返ってということで、先日は目標達成度が60点という話を
したが、仕事とプライベートに分けて採点してみたい。

仕事は前半の山場だったプロジェクトが成功したということで90点、プライ
ベートは娘が順調に育ちかつ、家族が健康であったということで90点、目標
達成度が60点ということで、総合評価を80点ということで締めくくりたい。

そして、このブログにコメントをしていただいた、ブレイクさん、ぷりきっつあん、
みちるさん、おけださんありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月30日 05:13 ] 日記 | TB(-) | CM(4)

ミッション・インポッシブル ゴーストプロトコル

昨日は、自宅を引っ越してから初めての出勤日で、かつ、今年最後の出勤日
だった。

最後の日は、例年午後3時に仕事が終わり、社長の挨拶の後、納会が始まる。

私は、こういっただらだらと飲む立食パーティー的な飲み会は嫌いだし、誰が
参加して、誰が参加していないかを問われないような飲み会には最初から参
加しないことにしている。

ということで、仕事を適当なところでけりをつけ、とっとと会社をずらかり、
みなとみらいの映画館で映画を観た。

やはり、最近できた映画館ということもあり、座席予約と発券もセルフサービ
スとなっている。

さて、映画であるが、スリリングなシーンの連続で、よいストレス発散になった。

ミッション・インポッシブルは1作目をレンタルビデオで観て面白かったと記憶
しているが、その後2か3かは忘れたが、途中が退屈なストーリーだったため、
映画を観たまま寝た経験もある。

しかし、今回の作品はテンポもよく、あまり現実離れしすぎていない世界観も
よかったし、旅好きとしては世界各地を舞台にしているところもよかったし、
敵役の女性であるレア・セイドゥという金髪のフランス人女優も綺麗だった。

今回は、字幕版が良い時間帯にやっておらず吹き替え版を観たが、こういう
エンターテイメント性のある映画は吹き替え版もまあまあ良いかなと思った。

ちなみに、この映画では、ドバイ往復航空券プレゼントキャンペーンをやって
いるのだが、旅好きおやじは迷わず応募した。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月29日 03:51 ] 洋画 | TB(-) | CM(0)

ホウレンソウはいらない

私を含めた上司は、部下に「ホウレンソウ」をするようにとよく言っている。

社会人の方であれば、ホウレンソウという言葉を聞いたことがあると思うが、
どなたに見ていただいているかわからないので、説明すると、ホウレンソウと
は、報告・連絡・相談のことである。

部下が多くなってくると、部下が何をやっているか全てを把握することが難し
くなるためホウレンソウがないと、忙しさにかまけて、うまく行っているもの
だと思い込んでしまうのである。

これでは、報告が上がったときには手遅れになっていることが多く、結局は、
管理不行き届きということで上司が責められるのである。

これは、責任者なのだから仕方が無い。責任があるため、責任者と呼ばれる
部門長は部下に対して厳しく言うのである。

手遅れにならないために、責任者は、どうやって部下にホウレンソウをするよ
うになるかというしくみを考える必要があるのである。

この本では、進捗状況をフレームワーク(考え方の枠組み)で管理するとか、
クラウドを利用すれば良いとかいったことが書かれているが、一人の管理職
が導入するには大きすぎて、少し現実離れしているような気がする。

ただ、旧態依然のガラパゴス上司(この本で言う体育会系の俺についてこい
上司) にならないように、指示待ちのイマドキの草食系部下と一緒にやって
いく方法もボンヤリと書かれており、そこそこ参考にはなった。

というのも、私の身近には新人はいないが、私より10歳以上の上の部下が、指
示待ち、評論家体質、怒るとすぐ休むという、草食系男子よりも草食系のどう
しようもない部下がいるからである。 





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月28日 05:28 ] 読書 | TB(-) | CM(4)

今年の目標達成度評価

今年の1月2日に、今年の目標を発表した。

もう、今年もあと数日ということもあり、状況が劇的に変わることはないので、
100点満点で評価してみたいと思う。

今年の目標をおさらいすると次の3つだった。

1.支社長レベルのマネジメント能力の取得(仕事の目標)
2.システム監査とITストラテジストのダブル合格(資格の目標)
3.業務知識の整理(知識の目標)


1.については、部門長のレベルのマネジメント能力を取得するという目標だっ
たのだが、実際に部門長になってしまった。

恐らくは、過去の評価や今年最大のイベントだった5月のメインフレーム更新
を無事終えることができたことが評価されたのだろう。

また、部下のホームページをちょくちょくチェックしているのだが、私のことを結
構よいように書いてくれているのである。
(ホームページのアドレスは人づても聞いているので、本人は私がみていると
 は思っていないだろう。)

手前味噌で申し訳ないが、今年は仕事に関してはうまく出来過ぎており、評価
は文句なく100点である。


2.については目標が高かったせいもあるが、達成ができなかった。

一応、ITILファンデーションとPMP更新は行ったが、掲げた目標には入れてな
かったので対象外である。

ITストラテジストも、システム監査も、午後1が前年とほとんど点数が変わって
おらず、努力が成果に現れていないため評価は0点としたい。


3.は、中小企業診断士の運営管理と企業経営理論を中小企業診断士午前レ
ベルまでもって行くというものであった。

本当であれば、問題集を使って模擬試験をしたいところだが、時間も無いので
自分の満足度での評価をしたい。

4月の経営工学月間では経営理論について、5月の生産管理月間では、生産
管理や、販売管理や店舗管理の本を多く読み、知識の習得ができ、それなり
に、これらの話についていけることができるようになったので評価点を70点と
したい。


余談ではあるが、娘ができ、中学や高校の数学や理科を質問され、サラっと
答えられたらカッコイイのではないかという、ひょんな思いから、中学や高校
の数学や理科の本を読んでいくうちに、面白くなり、大学の専門課程の本ま
で手を伸ばした8月の自然科学月間では、忘れかけていた理系の魂を取り
戻せた気がして、当初の目標にはなかったが良かったと思う。

最後に総合評価だが、1番が目標以上の成果を達成したということで、少し下
駄を履かせて60点としたい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月27日 05:31 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

海ほたるPA

おとといは、引越しのため、東京湾アクアラインを利用した。

東京湾アクアラインは、千葉県木更津市と神奈川県川崎市をつなぐ連絡道路
で、総距離15.1kmある。

途中には、海ほたるPAというパーキングエリアがある。

この、PAは人工島の上に設置されており、若者が行きたいデートスポットの一
つにもなっているのだが、ここに行くためには、車が必要で、かつ、料金も
4,000円近くかかるため、このPAに行くぐらいだったら、他のテーマパークなど
に出かけたほうが良いのではないかと思うのは、私がおやじだからだろうか。

とはいえ、私は旅好きである。

今回の引越しの際、このPAに立ち寄ることを楽しみにしていた。

引越し当日、11時頃にこのPAについて、早速、5Fに行き、千葉県側と神奈川
県側の風景を写真に収めた。

千葉側。


神奈川側。川崎まではトンネルになるので、道路は見えない。


少し、散策した後は、木更津庵という和食屋で「海ほたる天丼・うどん」なる
ものを食べた。

値段は1,580円もしたが、海が見えるレストランで食事ができるのであれば、
手頃な値段だろうと思い注文したが、味もまあまあ美味しかったので、値段の
元はとれた感じがした。

食事をとった後は、4Fの売店やおみやげ屋を見た。おとといはクリスマスイブ
だけあって、若いカップルも多いのかと思っていたのだが、やはり、圧倒的に、
家族連れが多かった。適当に見まわってPAを後にした。


今回は、引越しで利用した関係上、引越屋を待たせるわけにもいかないので
長居はできなかったが、今度、嫁の実家に行く時には、もう少し長居してもよい
のではないかと思う旅好きおやじであった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月26日 04:52 ] 千葉県 | TB(-) | CM(0)

あわてんぼうのサンタクロース

娘が話しだすようになってきた。

ここで、問題になってくるのが、「サンタクロース」はいるかどうかを娘に、どう説
明するかである。

当然ながら、サンタクロースはいると言い聞かせる。

私の、父親はクリスマスケーキなどを買ってくれたが、リアリストの母親は、こ
ういうイベントごとに、滅法、冷めていたため、

私(5歳)「サンタクロースってホンマにおるん?」
母(33歳)「あほか!そんなもんおるか」

という会話の中で育った。
もう少しじっくり子育てに取り組めばいいのに、ある意味、あわてんぼうの母親
である。

近所の子供も、誰もサンタクロースは信じていないので問題にはならなかった
が、最近はどうやら違うようで、うちの母親のような育て方をして、子供がサンタ
クロースなんかいないと子供に教えると、近所の子供の間で浮くそうで場合に
よっては、他の母親からも文句を言われるそうである。

私は、娘に協調性を大事にしてもらいたいので、当面はサンタクロースがいる
ということにしておき、娘が自ら気づくのを待ちたいと思う。

日本では12/24が一番盛り上がるが、昨日は引っ越しだったので、我が家は
今日にでも簡単なお祝いをしたいと思う。

あわてんぼうのサンタクロース



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月25日 05:16 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(4)

Good by Chiba! Hello Yokohama

今日はとうとう千葉最後の日である。

思えば、2001年の6月に千葉に転勤してから、寮→寮→社宅と変わったものの
同じ市に10年以上いた計算になる。

この10年で結婚をし、本社に転勤し、部門長になりで、赴任した頃に比べると
人間としても1回りも2回りも大きくなったと思う。

今回の引越しは、会社の事務所移転に伴い、通勤が片道2時間半もかかってし
まうことになったため行う。

引越しの準備としては、この10年間に読んだ本のうち、横浜に持っていくもの、
捨てるものを仕分けするところから始めた。

まず、捨てる方に仕分けられたのは、技術関係の本と、Oracle Masterの試験
参考書などである。

技術関係の本は、Visual Basicや古いJava、古いOracleのDBプログラミング、
古いUMLの本である。C言語の本もあった。
技術の革新は早いもので、これらの本を持っていてももう役に立つことはないだ
ろうと思い、思い出はあるのだが断腸の思いで捨てることにした。


次に、英語関連のノウハウ本である。

これも読むことはない。もし英語の勉強をするのであれば、インターネットで
もできるし、能書きは読みつくしたのでもういらない。
これについてはすんなり捨てた。
ついでに古い会計法規集も一緒に捨てた。


結局、横浜に持っていく本は、ダンボールで6箱程度に収まり、古い本は下の
写真の分量だけ出てきた。


これで、千葉生活の棚卸は終わった。

今日は引越しで1日はつぶれるが、横浜での新しい新生活を楽しみにしている。

車の移送もあるので、東京湾アクアラインを初めて運転する。

心のなかでは、次の画像の音楽の替え歌を歌いながら運転したい。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月24日 04:41 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

消せるボールペン

会社の先輩である、隣の部署の部長が私と会話をしていたとき、ボールペンで
書いた字を、ペン先の反対側の消しゴムのようなもので消していたのを見て、
思わず「いいですね~」と言って感動してしまった。

そういえば、消せるボールペンのCMを昔はよくやっていたが、「ふ~ん」程度
のインパクトしかなかったが、実際使っているところをみると、これはなかなか
よさそうであると思った。

早速、この消せるボールペンを、黒、赤、青の3色購入した。

このボールペンのインクは、60℃程度の熱で透明になるので、消しゴムのよう
なところで、擦ると透明になるという仕掛けである。

シャーペンと違い、消しゴムはなくならないし鉛筆のように他のページに、写ら
ないし、なかなか重宝して使っている。

ちなみに、この消せるボールペンがらみでひとつ。三菱鉛筆が2010年に類似
商品を発売したところ、消せるボールペンの製造元であるパイロットは、特許
侵害を主張し、今年、三菱鉛筆に対し、製造・販売・輸出の差し止めを求める
訴訟を起こしたとのことである。

PIROT FRIXION BALL


追伸
何時ぞや
に全てのカテゴリについて32のゾロ目を目指しますと宣言しましたが、
今日達成しました。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月23日 04:56 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

ユーラシア大陸横断ヒッチハイク

私が海外旅行を好きになったきっかけは主にテレビ番組の影響と思われる。

子供の頃、「なるほど!ザ・ワールド」や「世界まるごとハウマッチ」などの
クイズ形式で海外の情報を紹介する番組で下地を作り、社会人になってから
は「進め!電波少年」のユーラシア大陸横断ヒッチハイクという企画で、海外
は面白そうだと思い熟成されたのではないかと自分で分析している。

このユーラシア大陸横断ヒッチハイクは、猿岩石という当時無名の新人お笑い
芸人のコンビが、香港からロンドンまでヒッチハイクだけで、ユーラシア大陸を
横断するという企画である。

この企画はYoutubeでほとんどの回を視聴することができる。

全てで34話ほどあるのだが、途中、トルコで室井滋が猿岩石を追いかけるとい
う17話から23話と到着した後の32話以降についてはテンポが悪いので省略
してみてみた。

この企画は、1996年のものであるが、今見ても面白い。
特に、現在でも人気のある有吉の酒にだらしないところ、本能のままに行動
しているところが笑えるので良い。

また、途中インドで爆風スランプの2人が曲を持って応援に駆けつける回があ
るのだが、なかなか良い曲で2人の旅にマッチしていたのも印象的である。

わたしも、猿岩石を旅した国のうち、香港、中国、タイ、インド、フランス、イギ
リスと行っているが、テレビで見る限り昔から雰囲気が変わっていなかった。

Youtubeで「ユーラシア大陸」で検索すると見られるので、懐かしいと思った方
は見てもいいのではないだろうか。
(ブログで画像を表示すると、Youtubeから紹介された画像を消去されやす
 くなるので、ここでは検索の仕方だけの紹介にとどめておく)


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月22日 04:34 ] 予定のないシリーズ・ほか | TB(-) | CM(0)

Oracleのいやらしい経営戦略

システム屋をやっていて「オラクル」という言葉を聞いたことがないという人は、
まず、いないだろう。

しかし、システムに関係がない仕事をしている人には馴染みがないと思うので
説明すると、
オラクルとは、データベースというデータの管理システムのことで、それを製品
として販売している会社もオラクルという社名である。


この、オラクル。なぜシステム屋なら誰でも知っているかというと、企業で導入
している情報システムの大半はこのオラクルを使っており、データベースの管
理システムでは、一人勝ちの状態なのである。

ただ、オラクルという製品を好きな人は多いと思うが、オラクルという会社が好
きな人は少ない。そう、胡散臭い会社なのである。

まず、米国オラクルの損益計算書(2011/5/31)を見てみる。
http://finance.yahoo.com/q/is?s=ORCL+Income+Statement&annual


売上高35,622,000千ドルに対し、営業利益が12,033,000千ドルである。
営業利益率は33.8%。日本の会社の営業利益率は軒並み5~10%程度なの
だから絶好調である。

また、前年度売上高は26,820,000千ドルなので、売上高成長率は32%と、
化物のような会社なのである。

まず、利益率が高いのはオラクルの製品が割高であり、顧客から暴利を貪って
いるためである。別名「ボラクル」と言われ、価格設定がボッタクリなのである。

オラクルの製品を安心して使うためには保守に入る必要がある。アメリカの事
情はよくわからないが、この保守に入っていないと、製品の不具合修正プログ
ラムをうけられないし、質問もできないのである。

タダで製品の不具合を修正してくれるマイクロソフトとはわけが違うのである。
しかも、オラクルという製品は開発言語なども囲い込んで居るため、一度使っ
てしまうとなかなか抜けられないという技術者の弱みもあり、言いなりにならざ
るを得ないのである。

次に、成長率が高いのは、買収を繰り返しているため、規模が大きくなっている
だけである。

買収も、2002年ぐらいから始まり、最近ではUnixのOSのSolarisや開発言語
のJAVA、SPARCなどのハードを持っているSunまで買収してしまった。 
これにより、いままでタダだったOSのSolarisが有料になってしまったので、個
人で趣味的にサーバを立ててインストールすることもできなくなってしまったの
である。

旅好きおやじはオラクルの7の時代から11gの時代まで経験しているが、個人的
には7.3と8iが好きである。8i以降余計な機能を付加して、製品の付加価値を保っ
ている感じである。 (8iから余計な機能をつき始めたが、8i自体は良かった)

当然、データベース管理システムもオープン化の流れで、7~11gに時代が移る
と同時に、フリーのいいソフトなども世に出てきた。

MySQLというソフトがそれである。
MySQLはタダで使えて、かつ、ボランティアにより製品の機能も拡充していた。
タダというところがミソで、企業のユーザなどはタダなのでサポートを受けられな
いため、どうしても敬遠してしまうのだが、小規模で、比較的信頼性の低いシス
テムでは、このMySQLで十分なのである。
この、タダの良いソフトもオラクルが取り込んでしまったのである。
そのうち、オラクルはMySQLを骨抜きにしてデータベース管理システムである
オラクルに統合してくるだろう。

こういうふうに、技術者の味方であるはずのIT企業が、技術者の邪魔ばかり
しているように振舞っているのである。

今後、クラウドが加速し、企業が自社でシステムを所有しなくなると、オラクルの
需要も減る。
できればこの流れでこのような、下品な振る舞いをする会社は、バチが当たって
欲しいものである。

ただ、そのクラウドベンダまで買収してしまうかもしれないが・・・


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月21日 04:26 ] 情報システム | TB(-) | CM(2)

バス運転手の行動

ある雨の日の、通勤バスには、7~8人の中学生が体操服で乗ってきた。

恐らく、その日は遠足か社会見学だったのだろう。

私は混雑している場合、周りに老人がいなければ、迷わず優先席に座るので
その日も座っていた。

後から乗ってきた中学生たちは優先席の前に立っていたのだが座らない。
混雑しているのだから座らないと他のお客さんに迷惑がかかるので、そのうち
の男子が1人がたまりかねて座ると、女子のうちの1人が、その男子に対して
まだ若いのに信じられないとか、いろいろと言ってきた。

となりに座っている私にも失礼であると、意識が行かないのである。
その後、その女子の傘が私の膝にあたるはで、注意しようかとも思ったが、
平穏が好きな私にとってそんなくだらないことにエネルギーは使いたくないし、
叱る義理もないし、言っても分からなそうなので注意はしなかった。

恐らく、シルバーシートに座ってはいけないと親に教えられ、そのことが正し
いという刷り込みがされ、座らないことで他の人に迷惑がかかっていること
がわからないのだろう。

こういう、いい子ちゃんぶりっ子で、偽善的な偏った人間に娘を育てたくないな
と思いながらバスが駅につくと、その中学生は後ろから来る客の通路を塞いで
お金を数え始めた。

運転手はたまりかねて、手をひき、「端によって!」と、中学生の手を強引に
引張り端に寄せた。
そのおかげでお客さんたちは外に出ることができた。

恐らく、私以外にも心のなかで手を叩いた人はいるだろう。

仮に、自分の娘が同じように人に迷惑をかけたとした場合、バスの運転手には
お礼をいいたいところである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月20日 05:03 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

従軍慰安婦像と直接選挙の欠陥

歴史に学べとはよく言ったものである。

昔、ナチス・ドイツがホロコーストなどの残虐な人種差別を行うという悲劇が生
まれたことがあった。

これは、ヒトラーという1人の人間により生み出され、ヒトラーの責任で、第2次
世界大戦が起きたのだという雰囲気にされている。

少し突っ込んで、歴史を学んだ人はそうは思わない。

ドイツ国民により、「直接選挙制」がきっかけでナチス・ドイツが台頭し、その後、
ヒトラーを生んだのである。
 (ヒトラーが直接選挙で選ばれたというわけではないが)

よって、ドイツ国民に全く責任がないわけではない。
ただし、ドイツ国民に全責任があるのかというわけではなく、第1次世界大戦で
敗戦後、多額の賠償金を払わされ、ドイツの国民生活を窮地に陥れたのだから、
イギリスやフランスにも責任がある。

さて、韓国の話である。

韓国の大統領は、国民投票により選ばれる。

国民というのは、すべての韓国籍の人達である。 

その中にはいろいろな層の人がいる。
韓国民全員が一定以上の政治知識を持っているわけではないので、直接選挙だと
いわゆる愚民政治に陥りやすい。 

わかりやすく言えば国民の感情に流されやすいのである。

最近、日本大使館前に従軍慰安婦の少女の像が作られた。  

こんなことをすると、日韓関係が良くなるわけがないし、もし、韓国の親子連れが、
日本大使館の前を通ったときに、
子供から「この子可愛いね。どいういういみのある子供なの?」と質問されたら、
まともな神経の親は正直いって困るのではないだろうか。

これも、少しでも歴史を突っ込んで学んだ人にとっては、日本軍が従軍慰安婦を募
集したのではないことぐらいわかっているだろう。 

確かに、日本軍はユーザーだったのかもしれないが、韓国の地元の業者が募った
話しであり、無理矢理、強制的に連行したのも韓国の地元の業者である。
(日本軍説は安部元首相が証拠を探したが見つからない。反対に韓国の地元業者
 説は当時の広告などの資料が山ほど見つかっている) 

それがねじ曲げられて伝えられ、日本軍の蛮行ということで、日本でも韓国でも教え
られ、事実のようになっている。

李明博大統領も、最初は日本に対して友好的だったのだが、結局はこの愚民制を敷
いている韓国の大統領をやっている以上、無知な韓国民のご機嫌をとるしかなく、
結局反日的な発言やパフォーマンスをしてしまうのだろう。

ただ、私は、まだ李明博大統領は、完全に間違った歴史に毒されていないと信じて
いる。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月19日 06:46 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(2)

来年の初詣

元旦といえば初詣である。

年末年始は大阪に帰省することが多いが、このブログに遊びに来てくれる
ブレイク氏とつるむことが多い。

思い出してみると、
2010 - 11の年末年始は伊勢神宮(ブレイク氏)
2009 - 10の年末年始はUSJ(ブレイク氏)
2008 - 09の年末年始は仕事でドツボに嵌り精神的にまいり妻の実家で寝込む
2007 - 08の年末年始はインド(妻)
2006 - 07の年末年始は神戸の生田神社(ブレイク氏)
2005 - 06の年末年始は鎌倉の鶴岡八幡宮(妻)
という感じである。

今年も年末年始に大阪に帰省する予定であるので、ブレイク氏とは西日本の神
社に初詣に行きたいと考えている。

特に元旦は、ぷりきっつあんとは都合が合わないため、つるむことはほとんど
無いのだが、もし、ぷりきっつあんがこのブログを見てくれていたら、提案してみ
たい。来年の元旦は3人で初詣するのはどうだろうか?

できれば、織田信長が桶狭間の戦いの際、戦勝祈願に行った熱田神宮に行き
いろいろな意味で必勝祈願をしたいと考えている。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月18日 00:15 ] 愛知県 | TB(-) | CM(2)

ITストラテジスト不合格 in 2011

昨日、情報処理試験の発表があった。

午前1:免除、午前2:76、午後1:54、午後2:採点されず

昨年より少しだけ点数が上がっていた。

先週の解答発表で、午後1の自己採点したところ、37点だったので完全に諦め
ていたが、意外と良い点数だったので、不合格ではあるが少しホッとした。 

自己採点では、模範解答のキーワードが入って同じ意味であるか、キーワード
が連想できるもの以外はすべて×で採点した。それより17点オーバということは
模範解答通りの答えではなくてもある程度は別解が認められているのではない
かと考えている。

今年は、昨年と異なり、試験直後は午後1も午後2も自信がなかったので、あまり
期待していなかったのだが、やっぱりかと言う感じである。

午後1は運という説もあるが、午前2通過者の48%が午後1を通過するわけなの
で、運ではなく単に実力がなかったということだ。

しかも午後2まで通過した今回の合格者は全受験者の14.6%もおり、一昔前の
一桁の合格率ではなくなっているのである。

今年は、試験直前まで他の分野の本を読みすぎていたので、来年は今年よりも、
もう少し試験対策に集中したいと思う。 

原因分析はすでにしているので、ITストラテジストに関して考えるのは、これぐら
いにして、春のシステム監査技術者試験に切り替えたいと思う。

なお、2年間有効な午前1の免除が今回を持って、切れてしまったので、また朝早
くから試験を受け、午前1免除権を得なければならない。 

午前1で足元をすくわれるようなことは絶対に避けなければならない。

関連記事
ITストラテジストの解答発表(12/10)
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20111210.html

2011年のITストラテジスト試験での出来事と私の解答(10/17)
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20111017.html

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月17日 00:05 ] ITストラテジスト | TB(-) | CM(0)

3年ぶりの同期会

今週の土曜日、3年ぶりの同期会がある。

同期会と言っても、自分が今勤務している会社のものではない。

私は、とある一部上場企業に入社後、すぐに今の会社に出向した。

これは、面接の時にすでに決まっていたことなのだが、当時の理系の学生、
少なくともうちの大学の学生は、就職先を資本金やネームバリューで決めて
おり、私も同じ思考回路(今思えばアホな考え方)であったので、この出向は、
いきなりリストラかと思い嫌な思いをしたものだった。

配属先は神奈川県で、平塚市と厚木市の境にある、ベルマーレ平塚の練習
グランドの近くにある借上げの寮に入った。

この寮は24部屋あり、同期の技術系の新入社員は皆ここに入った。

周りは親会社の社員、私だけ子会社の社員。当時のレベルの低い思考回路
の私にとって、劣等感を抱くのに十分だった。

このため、同期たちとも距離をおき、最低限のつきあいしかしなかったのだが、
冬になり神奈川県に大雪が降ったときに、雪合戦に誘われ、そこで打ち解け
た感じだった。

この寮は2年後、元の持ち主に返されることになり、同期もバラバラになった
が、よく同期会はやっていた。

寮の同期たちは、転勤するもの、転職したもの、会社をやめその後消息不明
になったものなどがおり、それでも半数近くの人間で同期会をやったものだった。

そうこうしているうちに、私が千葉県に転勤になり、千葉で転勤祝いをやっても
らったり、結婚した後はお祝い会などもやってくれた。

寮には2人の個性派の中心人物がいた。Kさんが事実上のリーダー、Mさんが
長老だった。
Mさんは入社したときにすでに29歳で、他の新入社員より5~7歳年上だった
ためである。

3年前、Kさんの結婚のお祝い会を境に、同期で集まることもなくなっていたの
だが、このたびMさんが47歳で結婚したので、久しぶりに同期会をしようという
ことになった。

かなりの晩婚ではあるがお幸せにと思うのと、奥さんがどんな人なのか、奥さ
んといるときのMさんはどんな感じなのかなど、今から楽しみである。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月16日 05:40 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

Three Kingdoms

近所のTSUTAYAで旧作のDVDのレンタル料金が100円になったことを機に、
Three Kingdoms(三国志)のドラマのDVDをハイペースで借りてみている。

現在、1巻から5巻、10話まで見終わったところである。

物語で言うと、董卓が都に入ってから、その後、呂布に成敗されるところまで
つまり物語の序盤が終わったところである。

三国志はアニメや人形劇ではよく見ていたが、こういうドラマは初めてである。

中国製かと侮っていたが、なかなか面白く、日本の大河ドラマと同じもしくは
それ以上である。

特に、董卓、呂布、貂蝉、張飛などの役者がはまり役で、私が昔から抱いていた
イメージそのものである。

曹操や劉備、関羽も最初はいまいちイメージと違うと思った。特に曹操に貫禄
がないなと思っていて見ていたが、役者が上手いので今では曹操に見えてくる
から不思議なものである。


全95話。頑張って全部見る予定だ。

オープニングテーマ



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月15日 05:35 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

千円札が不足しています

私は、あまり根に持たない性格であるが、一つすごくカチンとして今でも思い出
すことがある。

社会人なりたての頃にレンタルビデオ屋でビデオを借りたときのことであるが、
財布の中にはたまたま1万円札しかなく、店員に1万円札を渡したところ、
当時の私と同じぐらいの歳、つまり、20代前半の若い店員に、
「これが見えないの?」
と、「千円札が不足していますご協力ください」の張り紙を指さされた。

当時、口下手で言いたいことが言えなかった私は、唖然としてしまい、「すいま
せん」と言って、ビデオを借りて店を出て、寮に帰って非常にムカついたという
思い出がある。

レンタルビデオ屋は両替屋ではないし、300円程度の支払に1万円札を出すと
いうのも、あまりほめられる行為ではない。

最近、ネットで色々な人の意見が聞けるので参考になるのだが、
店側としては、1万円札を出す客が多いと、細かい千円札や5千円札を用意し
て置かなければならないし、逆に千円札が多いとお客さんに不快な顔をされる
こともあるという。また、両替には手数料がかかるそうである。

なるほど、これはお客さんのわがままである。

ただ、そんなケースがわかっている大手コンビニでは「千円札が不足している」
という張り紙をしながらも、きちんと千円札を用意し、1万円札を出しても、
何も言わない。

客側に非があっても、そんな些細なことでCSを下げないような工夫がされて
いるのである。
また、わがままついでに言わせてもらうと、両替を目的として何かを購入する
お客さんもいるので店側としても売上が増えているのである。

話を元に戻して、例のレンタルビデオ屋の店員は、客である私に対して、タメ口
でかつ、私が悪いかのように応対したことが問題なのである。

ネットを見て、店側の都合もわかったので、財布の中身が高額紙幣だけになら
ないように、ATMでお金を下ろすときは9,000円にすることにした。

相手が人か機械かの違いでやっていることは同じなのだが…



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月14日 05:46 ] サービス | TB(-) | CM(4)

酷いシステム

私はこのブログで、たまにタイでのプロジェクトの失敗の話題をする。

このプロジェクトの失敗の原因を冷静に考えれば考えるほど、前任者のL氏の
資質によるものが一番の大きいと思う。
(2位はその上司によるパッケージで対応しろという決め付け。1位と2位が逆転
 しているのではないかと思うこともたまにあるが、社内ではそんなことは口が
 裂けても言えないので、私もL氏が悪いということにしている。)

あれから3年近くがたち、L氏とも大きく関わることがなかったのだが、腐れ縁と
いうべきか、また、L氏の尻拭いをする羽目になっており、ハマっている。

L氏は仕事の基本ができておらず独善的である。

ただし、なんとなく人を納得させるオーラをもっており、この人に任せていれば安
心だという気持ちにさせてしまう。また、人の依頼を安請け合いする傾向にある
のでユーザのウケはいい。

一応お客さんに納品する設計書やテスト仕様書のたぐいはちゃんと残している
のだが、その後、長年続くであろうシステム部門の保守や運用についての考え
方がメチャクチャなのである。

一例を上げると、EXCELのセルと項目をマッピングするマスタがあるのだが、
何時間も掛けないとメンテナンスがでないマスタがいくつもあり、おまけに、そ
のメンテナンスはObjectBrowserというDBを直接修正するツールを使用する
ことが前提となっており、ヒューマンエラーがシステム障害に直結する危険
極まりないものになっているのである。
これではJ-SOXの内部監査があると、一発で指摘されてしまう。

本来であれば、上司である人間がレビューをして改善させるべきであるのだが、
上級職の人間をいちいち手取り足取り教えているわけにも行かないので、限界
があるのである。

そんなL氏であるが、10月にメンタル不調により会社、会社を休み始めた。

今となっては、L氏と私はフロアも違う別部門になったので、「ああそうなの」とい
うぐらいの認識であったのだが、ユーザ部門から9月に依頼をしていたシステム
開発(保守案件)の見積りが、11月にも入っていないのでどうなっているのかと、
問合せを受けたことがきっかけで、社内で公になってしまった。

依頼を受けて、返事もせずに2ヶ月たち、対応できませんでしたというのは、会社
として恥ずべきであるという問題になり、社長指示で何とかしろということになった。

話題のシステムはL氏がプロマネで約2年前に開発されたものであるが、保守運
用に関するドキュメントが不十分なため、保守部門でも受け取ることができず、
引き継げない状態で、L氏が持ったままの状態になっていた。

このシステムは、使用する時期が12月~3月と偏っていることもあり、引き継が
無くてもなんとかなってしまっていた。

当然、L氏はこれ以外にも現業を抱えているので、このシステムの依頼に対応
できないまま、メンタル不調になり休んでしまったのである。

こういう会社としてのピンチは、ある意味チャンスでもある。

墨俣の一夜城における羽柴秀吉のごとく、いやらしいサラリーマン根性が出た
私は、自分ならできそうだと周りに吹聴しておいた。
と言うのも、L 氏がやっていたシステムは少し参考にしたことがあったことと、
私の得意な管理会計の領域のものだったということもあった。

このことが、経営層の耳にも入り、結局全く関係のない部門である、私が要件
定義からカットオーバまで責任持ってやることと指名されたのである。
当然、今やっている仕事は上司や部下などに配分して負荷をある程度減らし
てもらった。

ここまでは、さらに名を上げるチャンスであり計算どおりであった。

その後、そのシステムの仕様書を調べてみると、データベースの正規化が過
度に行われており、かつ、なぜそういうDB構成にしたかと言うことが仕様書な
どに考え方も残っていないため、解読するのに困難を極めた。

また、Javaなどのソースをプログラマなどに調査させてみたところ、仕様書と
ソースが乖離していしていることがわかった。

これぐらいならありがちな話なのだが、本番アプリケーションの参照先のDBが、
本番環境だけではなくテスト環境のテーブルも参照されていることもわかった。

このようなことは普通の神経をしている限りありえないのである。

色々と苦戦はしたが、なんとか光明は見え、お客さんの依頼部分については、
なんとか対応することができそうだ。

また、今後保守部門に引き継いでもらう、手順書を作っていたのだが、手順書
を作っていると、そもそもいちいち手でメンテするのではなく自動化できそう
なところが多々あることもわかった。

今後、保守部門や運用部門の工数を減らすために、L氏が設計した1週間かけ
て行う運用を、ボタンワンクリックで行えるよう自動化するべく、仕様を作ってい
るところである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月13日 05:11 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

旧作レンタル100円

中国で観た三国志のドラマを借りるため、久しぶりに、近所のTSUTAYAに寄っ
てみた。

1巻と2巻を借りてレジに行ったところ、旧作は7泊で100円に統一されたとのこ
とであった。

今までも、水曜日に100円でレンタルをしていたいのだが、水曜日はなんとなく
レンタルビデオ屋に入る気にはならなかった。
(そういう心理を狙って水曜日に100円レンタルにしていたかどうかは定かでは
 ないが・・・)

これで、土日の開いた時間でも、ふらっとTSUTAYAに行って借りることができ
そうだ。

この100円レンタル、TSUTAYAの売上が1/3以下になるのかというとそうでは
なく、一番借りられる新作等の値段は変わらないし、反対にTSUTAYAでホコリ
をかぶっていたビデオが借りられたり、旧作を借りるついでに新作もということ
で、呼び水になったりするとも思うので、恐らく売上アップを狙って踏み切ったも
のと思われる。

ただ、TSUTAYAオンラインのページにはそのことが書かれておらず、おそらく
は、近くに100円レンタルをすでにやっているライバル店があるところだけなの
かもしれない。

そういえば、近くにGEOというライバルのレンタルビデオ屋があり、調べてみる
と100円レンタルをすでにやっていたようで、価格競争にも巻き込まれたという
ことも一因にあるのかもしれない。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月12日 05:37 ] サービス | TB(-) | CM(0)

リアル・スティール

今年の年末は、ミッションインポッシブルや山本五十六など観たい映画がいろ
いろあるので、今週はとりあえず休憩しようと思っていたのだが、

リアル・スティールという映画の評価がすこぶる高く、Googleでは5つ★、Goo
やeiga.comでは★が4.5個あった。

観た人の感想をみてみると、親子の感動ものという。

ロボットのアクションと親子の感動もの。どう繋がるのだろうか。と思いながら、
嫁と娘が風呂に入っているすきに、映画館へ向かった。
(もちろん嫁にはことわっている。家を出るところを見ると娘がうるさいため)

映画を観た感想だがとても面白い。少林寺に続き面白い映画だった。

まず、近未来に人間同士の格闘に飽きた人々が、ロボット同士を戦わせて
エキサイトするという考え方が面白かったし、このロボット同士の格闘も、昔から
あるようなロボット的な動きではなく、人間のような動きをし、かつ、相手を叩きの
めすさまがド派手なので、人間同士の格闘を観ているより面白かった。

次に、ロボット格闘に明け暮れる父と、父と離婚した母と2人で暮らしていた息子
が母が亡くなったために、養子に出されるが、養父母が旅行に行っている短い間
父にあずけられ、徐々に父の信頼を取り戻していくというストーリーも良かった。

特に最終バトルは、この派手な格闘、最大の強敵に立ち向かっていくスピリッツ
そして、親子愛。
王道のストーリーではあるが良いひとときを過ごさせてもらった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月11日 05:52 ] 洋画 | TB(-) | CM(0)

ITストラテジストの解答発表

金曜日にIPAから秋の情報処理技術者試験の解答の発表があった。

午後1の自己採点をしてみた。

基準は模範解答に書かれているキーワードが書かれていたら○、キーワード
が書かれていなくても、キーワードを連想できれば△(50%)、それ以外は×で
計算してみた。

これは解答として、ありだろうと思えるものも○と△の基準に当てはまらないと
×として採点した。 
昔の試験は別解が許されており、情報セキュリティアドミニストレータの午後2
の試験で模範解答と全く違っていても100点をとったことがある。
ただ、最近は解答に別解が記載されていないし、事実、自己採点結果と実際
の点数が近いので、別解によるお目こぼしはないという考えたほうがいいだろ
う。

採点してみると、たったの37点である。

合格点である60点には程遠いし、今までで一番悪い点数かもしれない。

問1と問3を選んだのだが、問1は21/50、問3は16/50である。

設問から、一意に絞り込まれるであろうキーワードを探し出し、それをキーに
解答を組み立てるという解答手順に間違いはないと思うが、抜き出したキー
ワードがIPAの意図したものと違ったようだ。

特に、設問1の模範解答である
「売れ行きの鈍い商品は値下げして売り切る」
などと言われてしまっては、問題文から導きようもない。

要は、IPAがこれが解答だというとそれが解答である。
その解答に至る理屈まで説明してくれないので、受験者はこの試験に対して
苛立つのである。

試験後1週間かけて有識者が集まって導きだしたと思われるTACやITECなど
の参考書の出版者でも間違うのである。

悔し紛れに今回のIPA基準で、TACとITECの模範解答を採点してみたところ、
ITECは74点、TACは68点だった。

ただ一応合格点の60点を超え、出版社の威信を保っているのはさすがである。

この試験の受験者の2chの投稿を見ると、午後1はもはや運だとまで言われて
しまっている。

こんなことがないよう、試験問題を作ると同時に模範解答も発表していただき
たいところだ。

試験から2ヶ月たって模範解答を発表しているようでは受験者からの後出しジャ
ンケン疑惑は払拭されないだろうし、今回発表していた模範解答を前もって作っ
ているとはとても思えないのである。

参考までに、試験直後、私の解答を以前紹介したことがあるので載せておく
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20111017.html

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月10日 07:54 ] ITストラテジスト | TB(-) | CM(0)

2歳7ヶ月の娘

12/3で娘が2歳7ヶ月を迎えた。

まだまだ、日常会話というには程遠いが、いろいろと返答ができるようになって
きた。

私「みゆうちゃん(仮名)、何やってんの?」
娘「パチャパチャ(風呂のこと)はいってぃんの」

私「パパ好き?」
娘「パパなんかきらい」
私「ママ好き?」
娘「ママきらい」

私「みゆうちゃん(仮名)、何歳」
娘「さんさい」

少し前までは、質問に対して素直に返事をしていたのに、わざと違う答えを
返答するなどふざけるようにもなってきた。

さらに、「もりのくまさん」や「おもちゃのちゃちゃちゃ」などの童謡もイントロ
が流れたら、一人でカラオケ状態である。
最近のお気に入りは、NHKのいないいないばあっ!の「わーお」という曲で、
「だんごんし、だんごんし、まってまってまってって」とはしゃぎまわっている。

Youtubeなどで2歳7ヶ月の子供の映像を見ていると、もっとしっかりした子、
反対にまだ会話もおぼついていない子もいるが、ここまできたら一応一安心
だろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月09日 05:07 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

ゴーマニズム宣言 本家2

ゴーマニズム宣言は昔から好きで欠かさず見ている。

今回も面白かったのだが、昔のゴー宣と比べていまいちキレが無くなった気
がする。

第3章の公論への道と、第4章の中国と戦え!アメリカに屈するなについて
は読んでいて面白かったが、第2章のゴー宣道場の戦いは、知らない登場
人物が多く、申し訳ないが楽屋オチで読むのがつらく読むのを止めようかと
思った。

また、第5章の女性天皇問題についてはについては小林よしのりの意見に
賛成ではあるが、この話題もマンネリ化しており読んでいてだるかった。

そういうと、第4章についても昔から一貫して同じ主張をしているので、マン
ネリかというと、そうでもなく面白く読めた気がする。

これは、皇室と比べ、外交問題は自分の生活に直結している問題であり、
TPPに参加するということが第三の屈辱であるからを小気味良く言ってくれ
ているからである。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月08日 05:29 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

タイ人たちの出稼ぎ

以前のブログで、チャオプラヤ川が氾濫しタイの工場の操業がストップしてい
るという話題をしたことがある。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20111014.html

工場の操業がストップしているのだから、その工場の親会社である私の親会社
は、顧客に迷惑をかけていることになる。

これは、グループ会社全体の問題であり、いかにして乗り切るかと言う話になり、
結論として、国内に設備を用意し、労働者としてタイ人を受け入れることにした
らしい。
日本人を雇うという考えもあったが、一から教育をしなければならないこと、単価
が高いこと、そして何よりも本国の復旧が終わるまでの暫定対応であることから
このように決定された。

今回の洪水の影響で、タイ人を呼んでいる日本の会社も多いと、ニュースなど
では聞いている。

今回受け入れる人数としては80人とのことである。
このタイの会社は、労働者のほとんどが女性で、通訳も3~4人来日するとのこ
とで、この中に、フェイスブックで情報交換している通訳のタナラットさん(仮名)
もいる。

非常に懐かしかったことと、タイでは彼女に大迷惑をかけたのでお詫びをしたかっ
たこと、あのときついたかもしれない日本人への悪いイメージを払拭したいと
いう思いで彼女と友達数名にご馳走をすることにしてOKをもらった。

さて、社宅に来たタイ人達であるが、2DKの社宅を4人づつシェアするしている
らしく、プライベートもなく少し気の毒ではある。

少し気になるのが洗濯物で、派手な下着なども堂々と干しているところが、
国民性の違いかなとも思わせる。尤も下着に執着するのは日本人特有とも
言われているのだが・・・

これから半年ほど、この社宅に滞在するそうであるが、懐かしむのもつかの間、
私の自宅を引っ越すため、あと2週間ほどしかこのタイ人たちを見ることができ
ない。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月07日 05:03 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(2)

マレーシア・シンガポール旅行計画

来年の操業カレンダーがほぼ確定した。

3連休が4回ほどある。これに1日有給をつけると東南アジア方面に遠出がで
きる。

ということで、まず第1弾として2月の誕生日休暇を利用して、マレーシアとシ
ンガポールに行こうと計画中である。

費用は100,000円以内。

航空券が67,000円、ホテル代がそれぞれ別のホテルで14,000円とすると、
食事代込とおみやげ代、交通費込みで19,000円以内に抑える必要がある。

シンガポールはともかく、マレーシアは物価も安いので十分だろう。

今回、行きと帰りの空港が異なる。

韓国旅行では図らずしも、行きと帰りの空港が違ってしまったが、今回は計
画段階で空港が違う。

ということは、旅行のルートをシンガポール→マレーシアとするか、マレーシ
ア→シンガポールとするか迷うところである。

価格面ではどちらを選択してもほとんど変わらなかったので、マレーシア→
シンガポールルートにしてみたいと思う。

旅程案を作ってみた。あとは航空券の手配と宿泊ホテルの予約、そして、
妻の説得である。

■2/17
 JAL723便 成田2→クアラルンプール (11:30 - 18:30)8時間
 到着後KILAエクスプレス(35RM 約875円)
 http://www.tourismmalaysia.or.jp/hot/airport.htm
 20:00頃到着

■2/18
 12:00までに観光+食事
 バスで15:00にマラッカ到着しホテルにチェックイン
 http://melakajp.com/access/030.html
 マラッカの観光

■2/19
 チェックアウト後、バスでシンガポールへ移動
 12:00頃シンガポール到着
 シンガポール観光

■2/20
 6:00出発 チャンギ空港へ
 MRT(東西線)で空港へ2.6シンガポール・ドル(約160円 30分)
 JAL712便 シンガポール→成田2 (08:20 - 16:10)6時間


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月06日 05:30 ] マレーシア | TB(-) | CM(0)

藤子F不二雄ミュージアム

昨日は、川崎にある藤子F不二雄ミュージアムまで出かけた。

このミュージアムは、川崎市の登戸駅の近くにある。自宅の最寄駅からは、
電車で約2時間の距離である。

藤子F不二雄ミュージアムは、前もってローソンでチケットを購入しておく必要
があり、日付も指定される。
こういった情報を知らずに当日フラッと行って入れなかったりする人もいると
思う。ネットで調べていくということは前提なのだろうか。

さて、昨日の話に戻して、登戸駅に到着後、ロータリーのところにドラえもん
のバスが止まっていた。藤子F不二雄直通の川崎市バスである。

市バスの1日乗車券はこのように、藤子不二雄の漫画のイラストが書かれて
おり、市をあげて盛り上げているという感じだった。



私が乗ったのはパーマンとオバQのイラストのバスである。

バスのナンバープレートを見ると「2112」で統一されている。2112はドラえもん
の生まれ年である。細かいところまで凝っている。



バスで10分ほどで、藤子F不二雄ミュージアムに到着した。
入り口前には、オバQ、パーマン、キテレツ大百科、ドラえもんなどのフィギュア
が飾られていた。



入り口の1F部分は、藤子不二雄の漫画の原画が展示されているため、
撮影は禁止である。

入ってすぐ、音声ガイドの機械を渡される。
新しいもの好きの娘に取られてしまい、私は音声ガイドを使えなかった。

ドラえもんやキテレツ大百科の原画を音声ガイドを聞きながら楽しむ主旨の
ものだったが、原画だけをみて楽しむことにした。

ドラえもんやパーマンなどのおなじみのものだけではなく、藤子不二雄が若
いころに書いたと思われる、「みどりの守り神」の原画もあり、興味深かった。

ただ、娘が暴れるのでゆっくり見られず出てきた。

原画の展示部分が終われば、子供向けのアトラクションである。
まずは、ドラえもんと一緒になって漫画を読む人々。


ここは「みんなの広場」といって、藤子不二雄のキャラクターのちょっとした
おもちゃが色々とおいてあった。
15:00からとなりにあるドラえもんシアターを見るために、おもちゃで遊んで
いる娘を引き剥がすと、大泣きしてしまった。
それでも、映画を観る頃には収まるだろうと思っていたのだが、全然おさま
らず、だっこを降ろせときかない。

映画館を泣きながら駆けまわる娘・・・

仕方なく、娘を連れて映画を観るのは諦めた。
昨日来てた人達へ。ごめんなさい。



シアターを出て、おもちゃで遊ばせると「パパなんかきらい」と言われてしまっ
た。ギクッとしたが、色々と言葉を覚えてくれていて嬉しくも思った。

3F部分は庭になっている。これはのび太の恐竜でお馴染みのぴーすけである。



どこでもドアでは、いろんな子供が遊んでいた。


パーマンとパーマン2号。他にも、土管が置いているドラえもんの空き地など
もあった。


オバQと一緒に写真を撮るところでは、フレームにピントがあってしまい、被写
体がピンぼけしてしまう。
ただ、ブログに載せるには調度良かった。


ちなみに、知っている人は多いと思うが、藤子不二雄はある時期から、
「藤子F不二雄」と「藤子不二雄A」で別々に活動している。
私も、子供の頃は藤子不二雄漫画が好きだったが、大人になって遠ざかっ
ていたので、名前が分かれていることは知っていたのだが、興味もなくなっ
ていたので調べることもなかったのだが、
藤子不二雄Aが安孫子素雄先生、藤子F不二雄が藤本弘先生のことで、
徐々に2人の路線が分かれてしまい、1987年にコンビを解消したそうである。
(仲が悪くなったのではないらしい)

ちなみに、怪物くんや忍者ハットリくんは藤子不二雄Aのものなので、この
ミュージアムにはなかった。

最後に、「キレイなジャイアン」を見て帰った。


帰りのバスは、キテレツ大百科だった。つり革や停車ボタンはコロ助のモチーフ。


もう少し楽しむつもりでいたのだが、滞在時間は1時間30分程度。
幼児が遊べるようなアトラクションは少なく、いまいち楽しめなかった。
しかし、原画などをじっくり観ると1日近くかかると思われ、娘が大きくなったら
もしくは、一人でもう一回来てみたいと思う。

追伸
「みどりの守り神」がニコニコ動画で見られた。面白いので是非見てほしい。
http://www.nicozon.net/watch/sm7122871



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月05日 05:26 ] 川崎市 | TB(-) | CM(0)

ブログと日記の違い

昨年の12月5日になんとなく始めたこのブログであったが、お陰様で1日も休
まず、365日分を書くことができた。

最近の1日の訪問者数は70人前後、アクセス数は250件前後とひところに比
べて少なくなったが、固定の読者の方がついたようなので件数として安定して
いる。

私は、過去に毎日日記をつけていたので、毎日書くことには慣れているが、
ブログを毎日書くのとは少しわけが違う

日記というのは、その名の通りその日の出来事を記すだけであり、人に読ま
れることを意識せずに、書きたいことを書いている人が多いのではないだろ
うか?

私の日記もそうで、後から読み返してみると、なんとなく愚痴が多くつまらな
いことしか書かれていないし、もう一回読み返そうとはなかなか思うことが書
かれていなかった。

日記と違い、ブログは人に読まれることを前提で書いている。
よい記事を書こうと思ったら、本は多く読む必要はあるし、ネットの情報を参
考にする場合は、それが本当かという選別力もある程度養う必要もあるが、
なんとなく備わってきたような気がしている。

ブログに書けるネタがないかと映画も以前よりも見に行くようになったし、
進んでいろいろなところに出歩くようにもなった。

また、電車に乗ったり食事をしたりするのも何も考えずにするのではなく、
このネタはブログに書けるかどうかという基準で観察するようにもなった。

十何年も遠ざかっていた自然科学の本を読むという習慣もついた。人に説
明することを前提に読むので、学生のころよりも理解が深まったとも感じた。

何かをアウトプットすることを前提に、インプットするというのは自分を高め
る上でも有効なので、まだまだ続けていきたいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月04日 04:02 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

贅沢親子

一人で回転寿司に出かけたときのこと。

その回転寿司屋は、一皿150円のネタから600円のネタまで色々ある。

私は基本的に150円~250円のネタを多く食べ、たまに400円前後のネタを食
べ、600円のネタなどは数回に1回食べるか食べないかである。

その日は、いつものように150円~250円のネタを食べていた時のこと、後から
父親と小学生低学年ぐらいの娘が入ってきた。

その娘が寿司屋に入ってくるなり、「大トロある~」と父親に聞いて、父親が何か
言うのかなと期待して聞いていたが、「じゃー頼みなさい」といって、600円する
大トロを頼んでいた。

心のなかで思わず「ちょっと待て~!」と叫んでしまった。

人それぞれいろんな状況があり、何かのご褒美にご馳走したという状況なのか
もしれないので、一概に批判するのも短絡的かもしれないが、非常に感じが悪
かった。(理屈ではなく感情の問題である)

マクドナルドの時給が仮に900円としたら、この600円を稼ぐのに40分働かな
ければならない。

その労働の大変さも知らない、10歳に満たない子供が大トロを一番最初に頼む
などとは、申し訳ないがろくな人間に育たないと思ってしまった。

もし、うちの娘が大トロを食べたいと言おうものなら、大人になって自分で稼げる
ようになって自分で稼いで食べなさいといい、何があっても食べさせないようにし
ようと心に誓った。

これも、働いてものを得るということの大変さの教育である。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月03日 04:34 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(2)

キレる老人

中国を旅行していた時、ホテルの部屋でNHKを見ていた時、キレやすい老人
という特集をしていた。

そのときのコントで、老人がある食堂に入っているときに店員の態度が悪いか
らと言って、店員に言いがかりをつけ、店員が反論したところ、いきなり暴力
を振るうのである。

また、年寄りの暴力件数に関して右肩上がりのグラフなども紹介された。

最近、私はこういうテレビで紹介されたことは、たとえNHKであっても鵜呑みに
せず、必ず出所が確かな情報を調べることにしている。

また、ブログでこういう社会現象を記事にするのだから、出典は明らかにしてお
かないと信用もしてもらえない。

下のグラフが平成22年版犯罪白書に記載されたグラフであるが、高齢者犯罪
として1章分設けられているぐらいの大きな問題なのである。



番組では、特に孤独な高齢者は人とコミュニケーションをする機会が少なくな
るため、コミュニケーション能力が衰えてくる。
自分の伝えたいことがうまく伝わらなかったり、年寄りは偉いんだという儒教的
な考えも手伝って、こういった犯罪が多くなったのではないかと締めくくっていた。

果たしてそうだろうか。

孤独な老人は昔から一定数いたし割合的には変わらない。
コミュニケーション能力の衰えが犯罪の原因なのかもしれないが、それが最近
に始まったことであることの根拠の説明がなかったので、コミュニケーション能力
の低下が犯罪の増加には結びつかない。

基本的な三段論法、「AはBである」「BはCである」だから「AはCなのである」が
できていない、非論理的な説明だった。

単に老人が増えたから件数が増えたということと、戦前にあった修身などのよい
道徳教育まで否定され、道徳教育を受けなかった世代が老人になっただけなの
ではないかと自分的には分析している。

その裏付となるのが下のグラフで、50~64歳の犯罪件数が減って65歳以上の
犯罪が増えているのである。

総務省には是非年齢層別件数ではなく、生年別検挙率のグラフを作ってもら
い、その世代の教育がどうだったのかと文部科学省と連携して道徳教育を見
なおしてもらいたいものである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2011年12月02日 04:49 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2011年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



読書メータ
旅好きおやじさんの読書メーター 旅好きおやじさんの読書メーター 旅好きおやじの今読んでる本 旅好きおやじの最近読んだ本
ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
183位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム