旅好きおやじの日記 TOP  >  2012年04月
月別アーカイブ  [ 2012年04月 ] 

2012年4月 ベスト書籍ランキング

今月は、情報処理試験のため前半はあまり本が読めなかったが、後半に入り
巻き返しを図りとりあえず10冊は読むことができた。


■第1位:"司法試験流"勉強のセオリー(購入)



去年の秋頃、NHKの「仕事学のすすめ」という番組で、伊藤真の"司法試験流
知的生産術という5回シリーズの番組をやっていた。

私も第3回から見たのだが、これがなかなかためになり、印象に残っていた。

本屋でこの本を発見し、見てみると、放送を元に大幅に加筆・修正、再構成をし
たものということだったので、買ってみた。

ご存知の人も多いと思うが、伊藤真氏は、その昔、LECという法律関連の予備
校のカリスマ講師だった人物である。

過去に、ふざけ半分で、司法試験の憲法と刑法の本を購入したことがあるが、
なかなかわかり易かった。

この本の話題に戻ると、
 ・最短最速勉強法
 ・思考を高める記憶術
 ・"部品"で作る文章術
 ・相手に伝わるプレゼン術
 ・確実に成果を上げる時間術
 ・スランプを味方にする自己管理
 ・自分を高める生き方
の7章構成になっている。

司法試験の論文は最難関であるが、部品で作る文章術と相手に伝わるプレゼン
術が参考になる。これは論文試験に限らず、仕事でクライアントに対してプレゼ
ンする局面でも十分通用する考え方である。

また、勉強をしていく上で、時間の使い方やスランプの脱出も気になることだが、
伊藤真流のセオリーが載っており参考になった。

繰り返し読みたい一冊である。

■第2位:SEのための金融の基礎知識(図書館)



私のような、メーカー系のSEが仕事で得ることが出来る知識としては、
生産管理、販売管理をはじめ、物流、経理、人事、そしてグループウェアやワー
クフローシステムなどの共通的なシステムなどである。

個人が担当者やプロマネ、管理職として経験ができるのはさらに限られてくるだ
ろう。私も担当として経験したのは、生産管理と経理(と言っても管理会計)ぐら
いである。

しかし、ITストラテジストの試験では、非常に広範囲から出題されるため、金融
系のシステムについても把握しなければならない。

金融系というと、大きくは、銀行、証券会社、保険会社、クレジットカード会社、
消費者金融になるが、この本ではそれぞれの業界の業務知識や導入されてい
るシステムの知識が業務フローや表でまとめられており、素人でも金融システ
ムについて概要を把握することができる。
また、ITソリューションとして、私が携わっているメーカー系でも飛び交っている
仮想化、シンクライアント、SOA、BCPなどの知識以外にも、金融系特有の、
電子マネーや金融EDIなどについても紹介されている。

せっかくなので、それぞれの業界で使われるシステムについて。

■銀行
 いわゆる勘定系システム(預金システム、為替システム、融資システム)と、
 情報系のほかにも、国際系と言われる海外送金、輸出入金融、外貨融資や
 両替といったシステムや、対外接続系と言われる全銀システムなどがある。

■証券会社
 証券会社については業務からよく知らなかったが、注文業務や約定業務と言
 われる、取引所からの出来データと顧客から受け取った注文業務を突き合わ
 せる処理、ポートフォリオや出来高の管理、顧客管理、顧客の勘定管理、営
 業員の成績管理など多彩な業務があることが初めて分かった。

■保険会社
 証券会社が株式や公社債を扱いのに対して、保険会社は保険を扱うので、扱
 い商品が違うのかとおもいきや、事故の査定業務など特有な業務もあり、それ
 らの業務をカバーするシステムがある。

■クレジットカード
 この業界の業務が一番謎だったが、
 会員系視点では、審査・登録→カード発行→売上→請求→入金→債権管理
 加盟店管理では、加盟店登録→売上伝票回収→生産→支払
 のサイクルで流れており、それらを管理するシステムがある。

 参考になったのが、個人の信用情報機関などにはKSC,CIC,JICなどがあり、
 これらの機関で、私がどのような情報で管理されているのかということに非常
 に興味を持った。

■消費者金融
 契約システム、与信システム、取引管理システム、債権回収システムなどが
 ある。


■第3位:本当は間違いばかりの「戦国史の常識」(購入)



戦国時代といえば、大河ドラマやパソコンのゲームである「信長の野望」、小説
などで、ファンも多いと思う。

私もその一人である。

こういった、ドラマ、ゲーム、小説では何らかの脚色があり、どれが真実なのか
は謎である。

例えば、本能寺の変をひとつとってみても、昔は明智光秀は主君を討った極悪
人のように描かれていたが、最近では話を面白くしようと、明智光秀に同情的に
描かれたり、羽柴秀吉陰謀説や、徳川家康陰謀説などまであり、真実はわから
ない。

もし、真実を聞きたければタイムマシンで明智光秀に聞きに行くしか無い。

歴史上の出来事というものは、後世の人間によって捏造されたり、推測されたり
して、事実とは違うことが真実のように扱われるのである。

この本は、そういった後世の歴史感は、徳川家康の子孫の立場で書かれた歴史
が、明治維新後、薩長の歴史観により書き直され、薩長によって作られた皇国史
感が戦後に否定され今に至っていると主張している。

この本によると、我々が歴史で学んだ、室町時代は政情が安定せず発展性の
ない世の中で、江戸時代は鎖国をし日本の中で300年も天下泰平がつづき、
文化が発展していったということは、間違いだといっている。

室町時代に日本は発展し、江戸時代に衰退したというのである。
本を読んでみると、かなり論理的に説明されているのでなかなか読み物としては
面白かったが、これはあくまで筆者の調査内容から来たものであり、真実は結局
タイムマシンでその時代の人に聞くしかないのである。

■第4位:科学キャラクター図鑑(購入)



先月に引き続き、今月は天文学と地学について買って読んでみた。

高校の理科は、物理、化学、生物、地学の4科目に分かれている。

地学では天文学にも触れるが、太陽系の中の話だけなので、宇宙の謎など、
一般の人が興味がありそうなブラックホールとかビッグバンのような所までは
習わない。

天文学の絵本では、そういった宇宙の誕生にまつわる話や、恒星の種類など
あまり知識として持っていなかったことについて絵本仕立てで書かれており、
特に太陽系外の宇宙については、新たに得た知識が多かった。


■第5位:中国経済あやうい本質(購入)



本屋に行くと、非常にインパクトのある顔が目に飛び込んでくる。


そう、この顔である。

とんなことを書いているのかなと思い、一冊買ってみたのがこの本である。

書いている内容は、いたって、ありきたりな日本と中国の比較論である。

昔、日本が経済大国になったのは、日本企業が日本国内で物を生産し、
それを海外に売っていたという構造だった。

それに対して、中国の場合、アメリカや日本を始めとする外国が、中国に
工場を作っているだけであり、外資が材料を輸入し製品を出荷するという構
造なので、中国の実力で経済大国になったのではないという話や、

中国の人件費が高くなったので、外資系の中国離れが進んでいるという話
であるが、多少中国の経済問題をかじっている人であれば、得るものは少
ないのではないかと思う。

あと、この著者の本は比喩表現があり、読みにくく感じた。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2012年04月30日 04:37 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

よこすかグルメきっぷ

昨日はゴールデンウィーク初日ということもあり、かねてから気になっていた、
横須賀へ、家族3人で遊びに行くことにした。

横浜駅から京急で横須賀に行く場合、JRよりも京急のほうが安い。
さらに、京急では「よこすかグルメきっぷ」という企画旅行券がある。

このきっぷを購入すると、横須賀にある提携店で、「ヨコスカネイビーバーガー」
か「よこすか海軍カレー」つきで、1,880円で横浜から汐入から浦賀までの区間の
京急線と、横浜の京急バスが乗り放題になる。
食事は1,200円前後なので、かなり格安でいけることになる。

早速、横須賀中央駅に着いたので写真をとってみた。


写真では分からないが、駅を降りたら外人さんが多い。

アメリカ海軍基地があり、軍人や基地での職務従事者が多いためである。

ベンチに座る銅像もアメリカっぽい。


横須賀の歩道は広く歩きやすい。少し田舎といった感じで混雑もしておらず、
なかなか住みやすそうである。

ただし、ここは米軍基地のある都市であるということを忘れてはならない。
Yナンバーの車も何台も見かけた。

Yナンバーとは、ナンバープレートでひらがなで書かれている部分が「Y」の
文字になっている番号で、米軍関係者が乗る車はこのYナンバーになる。

気をつけなければいけないのは、治外法権なので、轢かれても賠償されな
い可能性があるのである。

アメリカ海軍の入り口。我々は立ち入ることはできない。


三笠公園に入ってみた。


日露戦争で活躍した戦艦三笠である。

三笠公園では、どこかの労働組合が総決起集会をやっていた。
そろそろメーデーなので予行演習なのだろうか。

よこすかグルメきっぷと提携している、ラウナという店に入った。
この店だけが横須賀市公認のヨコスカネイビーバーガーを出す店とのことで
ある。


1,280円のヨコスカネイビーバーガーもグルメきっぷで食べることができる。
かなり大きいが、ハンバーガーにはあまり味がついておらず、ケチャップと
マスタード、マヨネーズを自分で調節して食べるのである。

なかなか美味しかった。

どぶ板通りという、海軍の軍人用の店が多い通りにある、TSUNAMI
という店も提携店で行列ができていた。


なお、グルメきっぷの提携店は12ヶ所ある。

YOKOSUKA軍港めぐりも通常であれば1,200円だが、グルメきっぷがあれば
1,000円でチケットを購入することができる。


軍港めぐり用の船が来た。

降りてきた客が、沖にある売店に殺到していたのが不思議だった。


中では、女性のクルーが解説してくれる。


陸上自衛隊の潜水艦である。


次にアメリカのイージス艦。
このツアーでは、クルーが色々と解説してくれるので勉強になる。
戦艦の色についての雑学であるが、戦艦の色はどうやってきめられるかご存知
だろうか?



答えは、その国の水平線の色となっているとのことである。
水平線の色になれば保護色となり見えにくくなるためである。

なお、アメリカの戦艦より日本の戦艦のほうが若干濃い色になる。
これは日本の太平洋は黒潮の影響で色が濃いとのことである。
オーストラリア軍はさらに青みがかっているそうである。

アメリカ軍の空母、ジョージ・ワシントンである。全長333mで東京タワーの
高さと同じである。空母なので戦闘機の離着陸ができる。


繰り返しになるが、クルーは色々と教えてくれる。
この船は木でできているそうである。


地球は磁石でできているため、鉄でできた船は磁気を帯びてしまう。
日本の近郊には、太平洋戦争中に米軍によってしかけられた機雷がまだ、
5,000発ほどあり、その除去にあたっている。
機雷の中には磁気に反応するものがあるため、木でできた船があるのである。

この船は、北朝鮮のミサイル発射に対応するため出航しており、一昨日横須賀
から戻ってきたとのことである。


また、ソマリア沖を航行する民間船を護衛した戦艦も解説された。 

この民間船については解説されなかったが、辻元清美のピースボートのことか
と思い出した。

ピースボートで自衛隊は悪だと洗脳教育していて、船が海賊に襲われるリスク
のある海域にいくときには、自衛隊に頼る。全くもって身勝手な話である。  

日本の防衛をするのに税金を使うのはアタリマエのことであるが、辻元の船に
税金が使われたことになる。

ピースボートのパンフレットに、世界一周99万円+国民の血税と書き換えたい
ところである。

また、ツアーの最後に、イージス艦の値段と潜水艦の値段を教えてくれた。
イージス艦が1,500億円で、開園当時のディズニーランドを作るのにかかった
値段と同じ、潜水艦は400億円であると説明があった。

さらに、潜水艦は400円でミニチュアのキーホルダーを沖の売店で売っている
と説明があった。潜水艦以外にもイージス艦のキーホルダーもあるとのことだっ
たが値段まで入っていなかった。1,500円ではないのだろう。

なるほど。船から降りてきた客が売店に殺到していたのはこのことだったのか。

軍港ツアーが終わった後は、横須賀中央駅の近くに戻り横須賀海軍カレー本舗
という店で、横須賀海軍カレーのレトルトパックをおみやげに買って帰った。



そして、カレー味のソフトクリームも購入。


普通のソフトクリームに少しカレーの風味がついているだけであり、それほど
まずくはなかった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月29日 04:32 ] 神奈川県ほか | TB(-) | CM(2)

ブックオフで初めて売ってみた

最近の本は、一度読んだあと、もう一回読みたくなるような本が少ない。

引越し時に整理したはずの本が、また溜まってきたので、二度と読むような
ことがなさそうな本を整理した。

不要な本がこれだけ出てきた。



今までであれば、不要な本は廃品回収に出していたのだが、ブックオフに
売ってみたらどのぐらいの値段になるのだろうか、と思いついたので、早速
ブックオフに持っていった。

番号札を渡されて、待つこと15分。

100円が3冊、30円が16冊で合計780円が返ってきた。

通常であれば、廃品回収でトイレットペーパー1ロールぐらいにしかならない
のだが、780円も返ってきたら嬉しいはずなのだが、なんとなく釈然としない。

何の目利きもされず、本の出版年月日が古いか新しいかを仕分けられ、100円
なのか、30円に振り分けられるだけである。

釈然としない理由の一つに、これらの本が、店頭に並ぶ時、新しい本だと、
定価の6~7割、古くても100円~500円前後で取引されており、なんとなく損
した気分になってしまうからではなかろうか。

かと言って、古本屋へ持って行っても同じぐらいの値段でしか取引されない
というし、Yahooオークションのような面倒なことはしたくないので、また利用し、
損した気分で帰ってくることになるのだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月28日 04:47 ] サービス | TB(-) | CM(0)

高校数学でわかる シュレディンガー方程式

量子力学を勉強すると、ミクロの世界で起きている不思議なことが、色々と発見
できて面白い。

高校の時に、光は波動であり粒子でもあるということを習ったが、この性質は何
も光に限ったことではなく、電子や原子、分子でさえも同じであるという。

これらの面白い性質は、入門レベルや読み物レベルでも紹介されており、あまり
頭を使わなくても入っていける。ただし理解するためには避けて通れない方程式
がある。

シュレディンガー方程式である。

シュレディンガー方程式とは、物質の状態を表す方程式である。
物質は全て粒子であるが波動でもあるため波動関数で表すことができる。
 
時間に依存するシュレディンガー方程式を


時間に依存しないシュレディンガー方程式を


で表される。

この式を見た途端、理系くずれの私のような人間では理解を進めようという気
にはなかなかなれなかったが、高校数学でわかるのであればちょっと読んでみ
るかという気になった。

この本の良いところは、そもそも何で量子力学が必要になったのかという所から
始まる。

何で量子力学が必要になったのか。それはドイツ(当時はプロイセン)の富国強
兵のためである。「鉄は国家なり」という当時の状況で、強い鉄を作るためには、
熟練工の経験と勘に頼るのではなく、鉄の温度を測り科学的に分析する必要が
あったのである。

そこから、スペクトルの波長の計算が必要になったために研究されたのだが、
その後、この分野では、今までの古典力学では説明できないことが次々と発見
されていったのである。

そういう歴史的な部分から入って、読者の興味をひきかたが上手いと思った。

また、シュレディンガー方程式だけではなく、原子の形、二重スリット実験、
フェルミ粒子とボース粒子、スピンなど、量子力学についても触れている。

ただ、このシュレディンガー方程式を高校数学でわかるかというとそれは無理で、
「高校数学を理解ししている人が大学数学を使って」シュレディンガー方程式を
理解するための本である。

ただ、大学で習う複素平面、偏微分、テイラー展開なども、別に難しくかかれて
いるわけでは丁寧に書かれているので、高校生のレベルで理解しようと思えば
できるのである。

ただ、難しいことは特に書いていないが単に黙読するのでは理解が難しく、
著者が書いているように紙とペンを使って理解を進めていく必要がある。 

もう少し深く理解するためには、紙とペンを使って理解してみたい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月27日 05:25 ] 数学 | TB(-) | CM(0)

いつの間にか折り返していた

私が入社したのは1993年である。

これからの世の中、厳しいので会社が存続し、リストラもされていないという可
能性はあまり高くないと思うが、もし運が良ければ、60歳の誕生日、つまり、
2032年の誕生日に定年退職を迎えることになる。

38年勤めあげて、その頃には娘が23歳になっている。

どんな世の中になっているのか想像はつかない。

ただ、そう遠い未来ではない。 1993年に入社して現在まで勤めた日数が、
現在から定年の日より短いのである。

マラソンで言うと復路に入ったのである。

1993年と言えば、バブルがはじけ2年経った頃だが、まだまだ好景気の余韻
が残っており、就職もそれほど厳しくはなかった。

まだ、インターネットはもちろんのこと、携帯電話も普及していない時代で、就職
したときは、オレンジ色のディスプレイで見れるMS-DOSのパソコンがあてがわ
れた。
パソコンのスペックはCPUとメモリとハードディスク容量で計算されるが、当時
のパソコンはFMRという富士通の製品で、12MHzのクロック数のCPUに1MBの
メモリで、20MBのハードディスクの容量で、1MBのフロッピーディスクを使って
いた。

当時のパソコンのデータベースソフトはdBASE IIIというもので、これでプログラ
ムを組んだり、メインフレームのCOBOLのプログラムを担当した。
Accessはおろか、WordやExcelもない時代である。

E-mailもないので、コミュニケーションの手段は電話と、社内メールという紙の
手紙を入れて回す仕組みが全盛で、仕事で扱う情報量も、今と比べ格段と少な
く何かに追われて仕事をすることもなく、のんびりとしていた時代である。

今はどうだろうか。

パソコンのスペックはCPUが2.4GHz、2GBのメモリ、ディスクが1TBあり、
8GBのUSBメモリを使っている。
単純計算だが、CPUが200倍、メモリが2,000倍、ディスクが50,000倍で、
持ち歩きができる媒体の容量が8,000倍である。

会社支給の携帯電話を持ち、仕事中の人から何かあったら電話がかかってく
る。社内メールや電話、会議などで何日もかけてやっていた仕事の内容も、
E-mailやTV会議などを使えば半日で済ませることができる。

新人も、WordやExcelが出来て当たり前の状態で入社してきて、TOEICや情報
処理技術者試験の受験を強要され、中国語まで習わされる。
前向きでない人間であれば押しつぶされそうなプレッシャーである。

私が定年する頃の仕事の仕方を想像してみたい。

国際情勢がどうなっているかを含めて考えると、複雑になるので、今と同じという
仮定のもとで考えたい。

単純計算だが、パソコンのスペックはCPUが480GHz、メモリが4TB、ディスクが
50PBで、可搬媒体が6TBになる。
このレベルのコンピュータでは何ができるのかいまいち想像がつかないが、ディ
スクの容量で言うと、フルハイビジョンでとった映像が570年連続でとった分を保
存できるレベルである。

そんな能力のコンピュータを使うので、会議のやりかたは、TV会議やWeb会議
が今よりも進化しているだろう。

海外との会議も内蔵の同時通訳システムを介して行われかなり正確になり、
議事録も勝手に電子化され、各国語用に翻訳され、AIが勝手に内容を要約して
わかりやすい議事録を自動で作っているかもしれない。

システムについては、手組でいちから作るようなことはなくなっていて、
パッケージソフトが全盛だが、かなりフレキシブルなものになっており、要件定
義と基本設計さえ行えばある程度自動化されてしまい、PGはもちろんのことSE
の仕事の多くは無くなっているか、大きく変わっていると思う。

当然、ハードウェアやソフトウェアのクラウド化が進んでいるので、在宅勤務も今
よりもさらに簡単になり、バーチャルな会議が簡単にできるようなり、通勤日と在
宅勤務日などができるかもしれない。

そして、仕事をサボらないように、パソコンでの操作ログが勝手に分析され、誰が
どういう仕事をしていたのかという結果まで、管理職に自動でレポートされるとい
う怖いソフトができているかもしれない。

ドラえもんのひみつ道具で言えば、コンピュータペンシルレベルのものが確実に
できているだろう。

20年後の未来、考えてみると少し恐ろしいが、人間しかできないような知的な仕
事はなくならないと思うので、その日までリストラされないように頑張り、娘の就
職または大学院進学を祝っていたいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月26日 04:52 ] とあるIT会社にて | TB(-) | CM(2)

予定のない海外旅行の計画(インドネシア)

インドネシアは2億人の人口で、日本より多い。

今後、成長が期待できる国であり、2050年には日本のGDPを追い抜くと言われ
ている。恐らくこの調査結果は人口だけが有力なパラメータで、教育や技術力、
国民性なども含めて総合的に計算されたものとは思えないが、それでもかなり
の大国になっていることが予想される。

インドネシアは、元オランダの植民地であり、石油資源も豊富である。
昭和シェル石油の親会社のロイヤル・ダッチ・シェルはオランダの会社で、インド
ネシアの石油資源で大きくなった会社である。

雑学はこれぐらいにして、観光の話をしたい。
図書館で「地球の歩き方 インドネシア '11~'12」を借りてプランをたてた。

インドネシアは、日本と同じ島国で、スマトラ島、ジャワ島、カリマンタン島、スラ
ウェシ島などからなり、小さい島を含めると1万8千以上の島からなる。

首都はジャカルタなのだが、観光地としてはバリ島やジョグジャカルタ周辺の
世界遺産になる。

ジョグジャカルタを観光するのであれば、5日は必要である。
日本からはジャカルタまでは、JALやANAなどで行き、ジャカルタからジョグジャ
カルタへはエアアジアなどのLCCを使っていくことになる。

インドネシア国内の航空事情はどうか知らないが、乗り遅れのリスクなどを考
えると、初日にジョグジャカルタまで行って、最終日にジャカルタを観光するプ
ランが良いだろう。

初日は移動だけで終わるだろう。
2日目はジョグジャカルタ市内の観光と世界遺産のプランバナン寺院を観光し
たい。

プランバナンはジョグジャカルタからバスで40分程度の場所にあり、3,000ルピ
ア(27円)程度でいける。

夜は影絵芝居のワヤンなどを見て過ごしたい。


3日目はボロブドゥール遺跡を見に行く。ジョグジャカルタからは、1時間半で
8,000ルピア(72円)でいける。

ボロブドゥールの周辺ではテロがあったこともあり、海外での一定の警戒は必要
だが、テロの起きやすい時期や欧米系の施設に入らなければ、リスクは低くなる
だろう。だが、長居は無用なので、観光した後はすぐにジョグジャカルタに戻りたい。

4日目はジャカルタ観光をしたい。
ジャカルタは特にこれといった観光地は無いが、散策するのには十分なぐらい
の見所はあるだろう。


4日間のインドネシア旅行で疲れた夜は、ホテルでぼんやりと現地語のテレビを
みて、JKT48のCMが流れてくるととても嬉しいだろう。






最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月25日 05:09 ] 予定のないシリーズ・ほか | TB(-) | CM(0)

タイ古式マッサージ

1~2ヶ月に1回程度、何らかのマッサージに行く。

千葉に住んでいた頃は、足裏マッサージが多かったのだが、ダイエットの成果
なのか、最近はあまり足裏マッサージをしたい気にならない。

最近は、京急線の日の出町駅を降りてすぐのところに、ワンディーというタイ
マッサージがあり、図書館で勉強をした帰りに2回ほど行った。

タイマッサージといえば、4年前にタイでのプロジェクトで、タイによく行っていた
ころ、休日は、午前中はお客さんにイヤイヤゴルフに連れて行かれ、肉体的、
精神的な疲れを癒すために、よく行っていた。

何もすることがない日などは、午前中はタイマッサージ120分と足裏マッサージ
90分、夕方からまたタイマッサージ120分と5時間以上マッサージを受けたこと
もあった。

それでもチップ込みで1,000バーツ(当時の値段で2,500円)なので、海外出張
手当でお釣りが来た。

そんなタイマッサージだが、「2人でするヨガ」とも言われ、脚を中心に、全身を
マッサージしながら、重いおばさんに体重をかけられながら、ストレッチもする。
これが全身への刺激になり、体が非常に軽くなった気になるのである。

タイマッサージは、仏教とともにインドからタイに伝わり、施術者はタイの寺院
で修行して、習得したという。

マッサージのおばさんによって、マッサージの手順が微妙に違うので、その違い
も楽しめるので、横浜にある他のタイマッサージにも行ってみたいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月24日 04:14 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

予定のない海外旅行の計画シリーズ

何気なく、4Travelという旅行専用ブログを開いて、私の「海外渡航図」を見て
みると、次のような感じになっていた。



東アジアで行っていない国はモンゴルだけ、東南アジアでは、ベトナム、ラオス、
カンボジアなどのインドシナ諸国、インドネシア、ブルネイ、パプアニューギニア
などの島嶼諸国、ビルマが残っている。

また、中東なども気になり始めているが、治安を考えると躊躇しているところで
ある。

以前、モンゴルについては旅行した場合の計画をこのブログで立てたことがある
ので、他の国の
・インドシナ諸国
・赤道直下の島嶼諸国
・ビルマ
・中東諸国

に旅行を行くことになったらと仮定して、旅行を立ててみて、今後のブログで
紹介してみたいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月23日 05:34 ] 予定のないシリーズ・ほか | TB(-) | CM(0)

国内のLCC

今年、国内LCCが続々と日本の空に参入する。

LCCとはローコストキャリアの略で、JALやANAなどの老舗と比べて1/2や1/3
の運賃を売りにしている。

私が知っているだけで、ピーチ、エアアジア・ジャパン、ジェットスター・ジャパン
の3社である。

ピーチは全日空の子会社で日系として初めてのLCC、エアアジア・ジャパンは
マレーシアに本拠地を置くエアアジアの日本人向けの会社である。エアアジア
は、特に東南アジアでJALやANAのない都市に行く便がかなりあり、私も今度
東南アジアに行く時には利用したいと思っている。 
ジェットスター・ジャパンもジェットスターの日本向けの会社であり、こちらは関
西空港からオーストラリアに行く便が格安便で我々を驚かせた。

この夏、沖縄に行く予定なので、リサーチしてみた。

ピーチは残念ながら、関西からしか出航しておらず那覇便はない。

エアアジア・ジャパンは成田から那覇の便があるが、残念ながら8月からなの
で間に合わない。

ジェットスター・ジャパンは7月には就航しているので、早速予約画面で検索
してみた。
成田発那覇行きが11,990円、那覇発成田行が14,990円であった。

う~ん。微妙である。 

格安といっても、ANAの早割と比べて3,000円程度しか違わない。帰り便など
はほとんど同じ値段である。

私は横浜に住んでいるので、羽田と比べると成田まで1,000円近く電車賃に
差がでる。
往復で2,000円となる。1,000円得である。1,000円のために、映画のプログラ
ムがなく、食事も有料のジェットスター・ジャパンに乗りたいかは微妙である。

1,000円でも得ならと思う部分はあるが、決定的な理由があり、今回は見送る
ことにした。

時刻である。

14:20に出発とある。沖縄に行くなら当日から遊びたいが、この時間から出発し
ても着くのは夕方である。1日損した気分になる。
国内旅行であれば、この時刻に着きたいという希望もある人も多いのではない
かと思う。

出張などで利用するのは良いかもしれないが、関東圏内の人間が沖縄旅行で
使う交通手段としてはLCCは厳しいのではないかと思う。

ただし、これら3社で今後東アジア便なども続々予定しており、空の旅がし易く
なるということで、非常に期待はしている。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月22日 02:13 ] サービス | TB(-) | CM(2)

教育に関する著書2冊

そろそろ、娘も3歳になるので、父親としての心構えのヒントを得るために、
図書館で教育に関する本を2冊借りたので紹介したい。


まず、1冊目がソニーの創業者、昭和の偉人である井深大氏の書いた、
井深大の「教育論」である。


井深氏は、ソニーの創業者でありながら、良い人材を作るためには、教育が
重要であることに注目し、色々と活動しており、教育に関する著書も多い。

きっかけは、1960年代の学園紛争が全国的に広がり、このままではいけない
ということで、「教育の素人」でありながら真剣にこの問題に取り組んでいた人
物でもある。

人間の教育をするにあたり、知育、体育、徳育の「3育」が大事で、今の日本は
知育ばかりに重点を置きすぎて、体育は形だけ、徳育に至っては、家庭でも十
分に行われていないことを危惧していた。

これは、戦後、アメリカから輸入された合理主義と、戦前に徳育という面で良い
部分も多かった「教育勅語」が、軍国主義に偏る悪い教えだということで廃止さ
れてしまったことが大きいと語っている。

現代の日本の教育機関では「知育」しか望めないので、「徳育」であるしつけに
ついては、我が家でも実践していきたいと思う。


もう一冊が「父親のすすめ」という本である。
これがトンデモ本だった。



本に載っている主張は「何で?」と聞きたくなるほど根拠が不明である。

食事中にテレビを消すということについて、確か「味覚障害になる」「テレビに集
中して食事の味や料理に感心を持たない」などもっともらしいことは述べている
が、その科学的根拠は書かかれていない。

あくまで著者の家庭での経験だけに基づく話である。
先の、井深氏の著書も科学的根拠はないのだが、取り組み方が全然違うので
こちらの著者の意見には説得力がない。 

他にも、
「子供の前で担任の教師の悪口を言っても良い」
「極端に真面目な教師、熱心な市民運動家、新興宗教信者の家庭が少年院入
 所者の7割である」
など、本当に調べたのかと言いたくなるようなデタラメな主張まであった。

ネットでこの著者の名前をぐぐってみると、Twitter上で他人への根拠のない
誹謗中傷を行うトンデモ人間であることも分かった。

ただ1つだけこの本を読んでよかったことは、
教育の最終目的は「親を必要としなくなる日を目指すこと」という主張でこれに
ついてはそのとおりだと思わせてくれたし、この著者の娘や息子の大学入試の
小論文は、高校生でここまでかければ立派であるという内容であった。

親の人格はいまいちだが、子供はちゃんと育てられているという意味では、
この著者の子育ては成功したのかもしれない。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月21日 03:28 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

TACとITEC

情報処理試験の教育機関の大手といえば、TACとITECである。

TACは情報処理以外にも、会計系の資格である公認会計士や税理士、簿記な
どにも強い資格予備校で、ITECは情報処理試験の参考書や通信教育に力を
入れている会社である。

通常、情報処理試験が終わって、3~4日経つと、高度情報処理試験の「午後1」
の論述問題の解答例がこの2社から発表される。

一昨日から昨日にかけて、TACとITECからシステム監査技術者の解答例が発表
された。

発表された解答例は、TACとITECで意見が割れる設問があり、いつも受験生の間
で、TACのあの答えは正しいとか、ITECのほうが理屈に合うなどという議論が、
2chなどの掲示板上でなされる。

これは、情報処理試験を主催しているIPAの試験がいかようにもとれるような問題
を出しているにもかかわらず、答はこれしか許さないという方針であるということが
通説で、IPAの出題者の意図にいかに沿えるかがこの試験の鍵と言われているた
めである。

早速、自己採点してみた。

別解無し、模範解答と同じ事を言っているが若干逸れているものは、半分に減点
という採点ルールで採点した見たところ、
TAC基準で59点、ITEC基準で63点であった。
設問によってはTAC基準では合っていたがITEC基準では間違っていたり、その
反対のものも、2~3設問あった。


合格点は60点なので、午後1は望みがありそうだ。
ただ、この試験はあくまでIPAの模範解答が絶対である。

また、午後2の論文は、システム監査人の立場や思考回路で解いたつもりなので
自信はあるものの、自信過剰なのかもしれない。

IPAの模範解答が発表される6/8まではシステム監査技術者のことは忘れようと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月20日 04:53 ] その他情報処理 | TB(-) | CM(2)

長~い停滞期

今年の初めからダイエットをして、4月1日時点で開始当初から12kg減で88kgに
なったと以前の記事で述べた。

しかし、その後半月たったが、この88kg前後を往き来して一向に体重が減って
くれない。

食事、運動とも3月以前と変わらないのにである。

この、体重が減らない時期を、停滞期といい、ここで挫折するダイエッター
も多く、集中力がきれ徐々にリバウンドしてしまうそうである。

ダイエットで食事量が減ると、体が飢えている状態であると勝手に判断して、
エネルギーの消費を抑えるようにできている。

この停滞期の乗り切り方は、あくまで今までやってきた生活習慣で乗り切る
そうで、食事の量を増やすのはいけないが、減らすのもいけないそうである。

停滞期は3~4週間続くと言われ、これを乗り切ると、体が過剰反応をやめ、
元のように減っていくそうである。

さらに、運動を行うことも良いとされている。
既に通勤では1日1時間以上歩いているし、土日もかなりの距離を歩いている。

何か他のスポーツでもやってみようかと思う今日この頃である。

千葉に住んでいた頃とは違い、通勤途中にスポーツジムやスイミングクラブ
などもあり、やってみようかと思う旅好きおやじである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月19日 05:38 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

幼児の事故

今週の月曜日、兵庫県で2歳の男の子が電車にはねられ死亡したという事故が
あった。

母親と子育てサークルに来ていて、母親が食事の後片付けをしている時に、
男の子がいなくなり、はねられたという。

このニュースを聞いて非常に悲しくなった。

2歳児と言えば、言葉も話し始め一番可愛い時期である。
恐らく、今週の日曜日などは一家で楽しく過ごしていたのだろう。

それが、次の日にはもう帰らぬ人になってしまったのである。

私も同じ2歳児の親なので、とても人事とは思えない。私も子供を連れて歩く
時は目を離さないようにしているが、何かの隙に見失う可能性もゼロではない
と思う。

たまたま目を離した隙にいなくなったのだろうし、まさか電車にはねられる
とは、母親も後悔してもしきれないだろう。

亡くなった2歳児のご冥福をお祈りするとともに、母親には頑張って強く生きて
欲しいと望む。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月18日 05:46 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(2)

バカとつくビジネス本

本のタイトルは、購買意欲をかきたてるために、少しオーバー目に書かれてい
ることが多く、タイトルだけ見て買って後悔することも多いのではないだろうか。

私の趣味の一つが読書である。

社会人が1か月に読む本は3冊程度であるが、私は10冊程度は読むので、平
均よりも多い。

なので、本のタイトルを見て、「これは面白そうだ」というタイトルの本も、著者の
名前を見て、「あ~、あの著者か。見なくてもつまらなそうだな」ということがわか
るので、無駄な買い物は少なくなった。

タイトルに「バカ」と書かれているビジネス本はがよく売れるといわれるが、
「バカの壁」という本を除いて、「バカ」と名のつく本で面白い本に出くわしたこと
がない。

このたぐいの本は、基本的に、バカを嘲笑して何の発展性もないのである。

また、読んでいて自分がバカにされているようで不快感を感じることもある。

タイトルに「バカ」とつくビジネス本は、タイトルを見て面白そうでも、すぐには買
わず、数ページ立ち読みしてから判断することにしている。

おかげで「バカ」とつく、つまらないビジネス本はここ数年購入していない。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月17日 04:23 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

2012年のシステム監査技術者試験での出来事と私の解答

昨日はシステム監査技術者試験だった。

恒例の、(というかあまり恒例にせずに早く受かりたいが)試験の日の出来事と
私の解答というテーマでやってみたい。

朝は、最近朝の早い娘に朝5時に起こされた。
食事をした後、娘とコンビニまで散歩に連れて行ったりしてすごした。
娘が更に遊べとエスカレートしたので、朝7:15に家を出て試験会場である
横浜商大に向かった。

8:30には横浜商大に着いたのだが、周りに店がないことに気づき、一番近い
コンビニまで10分ほど歩いて、昼食を買いに行った。
こういう時のために早めに試験会場に来てよかったと思った。

今回は、2年半ぶりに午前1から受けた。
午前1と言えば、応用情報技術者で出題されるような基本的な問題だが、舐
めてかからなかったおかげで、60%は正解をとれているだろうと感じた。

午前2になり、免除組が入ってくる。午前1の時は教室の40%ぐらいの人数し
かいなかったが、95%ぐらいは入っていただろう。結構出席率も高く、ITストラ
テジストと比べて女性の受験生も目立った。といっても女性の割合は1割程度
である。午前2も同じく、60%は正解をとれているだろうと感じた。

昼食は、サンドイッチ2つと、糖の補給のためチョコレートを食べた。

午後1は記述式問題である。問2と問3を選択した。
問2が業務改革を伴うシステム導入後の監査、問3がシステム障害の再発防
止の監査である。
問2を解いていたのだが、線引きやコメント記入などをして、解答も問題冊子に
書いていたおかげで、試験時間の半分である45分が過ぎてしまい、結局は55
分も使ってしまった。
残り35分で問3を解かなければならず、何とか全部解答欄を埋めたものの、
あきらかに設問3と設問4の解答は読み込み不足で解答した不十分なものとな
てしまった。

今度のITストラテジストの試験では、このペース配分ミスをしないような対策を
打とうと意識できたことが、この試験で得ることができたことの一つである。

午後2は問2を選んだ
「システムの日常的な保守に関する監査」というテーマである。私の仕事の中
で一番長期間やった仕事がシステム保守である。リスクやコントロールなどは
ポンポン湧いてくる状態なので、システム監査人の立場を意識した「コントロー
ルの整備状況のチェック者」という観点で論文を書いた。

夜8時頃に午前1と2の解答発表があったので、採点してみると、
午前1が90点、午前2が80点で難なくクリアしていた。
しかし、この試験では、午前の試験は準備運動のようなものである。

勝負は午後1と午後2であるのだが、今回も、また午後1の自信がない。
とりあえず、1~2週間程度あとでTACやITECなどの教育機関が発表する模範
解答を見たら、次はITストラテジストに照準を合わせたい。

この4ヶ月頑張ってきたので、もう勉強する気力は残っていないが、最後の力を
振り絞って、私の解答をまとめたので、ここに晒しておく。


午後1

問2
設問1(1)旧会計システムでは詳細な債権データを管理できておらず実質
      的なものではないこと
    (2)売上取消しや単価修正があり会計システムの債権データと一致
      しないため
設問2 業務量:請求書の合計金額と入金データの不一致件数で負荷オーバ
          しないか
     業務手順:消しこみ担当者の消しこみ入力に関する業務手順の複雑さ
設問3(1)電話で行なっているので正しい請求金額が伝えられない可能性
      がある。
    (2) 債権データと顧客の債務データとの一致


問3
設問1 ヘルプデスクの対応でシステム障害が解決できた場合
設問2 (1)再発防止策を実施した日、権限者の承認日
     (2)権限者と対応者をそれぞれ呼び実施日と承認日を確認し前後関
       係を確認する。
設問3 システム担当者によりベンダにパッチの修正内容を確認し、影響
     と発生ケースを調査する。
設問4 発生原因が不明のまま対応策がたてられないケース


午後2の論文の骨子

1.私が関係したシステムと日常的な保守体制及び方法
1.1 A社販売システムの概要 

1.2 販売システムの保守の体制とその方法
 ・A社のIT子会社B社は開発、運用、保守部門にわかれている
 ・保守部門は、マスタデータの一括修正、障害対応、変更依頼の対応などが
  ある。
 ・開発後不具合が収束したら保守部門に引き継ぐ。
 ・J-SOXの観点から保守体制は本番環境で実行ができない。

2.販売システムのリスクとその要因
  ①プログラムの修正方針を誤り不具合を発生させるリスク
   ・引き継ぎ不足やスキル不足が要因

  ②マスタデータ一括修正ミスのリスク
   ・修正を他の人間が確認できないことが要因

  ③ユーザ部門の希望通りに変更がされないリスク
   ・ユーザ部門がスケジュールを無視して依頼することが要因

  ④不正なプログラムが実行されるリスク
   ・運用と保守の職務分掌ができていないことが要因

3.設問イで述べたリスクの監査要点と監査証拠
  ①引き継ぎ不足やスキル不足に対する監査要点と監査証拠
   ・基本設計書や詳細設計書やテスト仕様書が開発部門長の承認を受けて
    いること承認印の押印の確認
   ・保守部門の責任者にも受入れることを承認されていること。
   ・開発期間と引継ぎ期間の対比がA社の他のプロジェクトと比べて大きいか

  ②修正ミスへのコントロールに対する監査要点と監査証拠
   ・マスタデータの一括修正のミスは1名でやるからおきるので、2名以上
    でチェックしているか
   ・運用部門にてデータの一覧と依頼書の対比をしてから商品マスタへの
    反映をしていることを確認していることを監査証拠として入手する。

  ③ユーザ部門の納期遅れに対する監査要点と監査証拠
   ・依頼から希望日までの期間が十分にあるかどうかを確認
   ・保守基準書を確認して十分に期間をとっていることを確認

  ④不正なプログラムに対する監査要点と監査証拠
   ・保守部門が本番環境で実行権限がないよう特権ID管理基準書を入手
   ・保守部門が本番の実行モジュールを、運用部門がソースモジュールが
    入手できないことを、構成管理ソフトのログで確認。人事異動がある
    ため、期間内にIDが使われていることを確認
   ・ユーザ、保守、運用部門の承認が変更管理台帳で確認


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月16日 04:50 ] システム監査技術者 | TB(-) | CM(0)

ポイントカードを間違う

以前、このブログでポイントカードについて話したことがあった。

ポイントカードはお持ちですか?(2011/10/19)
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20111019.html

当時は、セブン・イレブン、サンクス、ヤマザキデイリーを使っていたのだが、
自宅や会社の引越しに伴い、ローソンやファミリーマートをよく使うようになった。

ローソンとファミリーマートの共通点はポイントカード制である。

買い物の際、ローソンはPontaで、ファミリーマートはツタヤと共通のTカードを使う。

最初は、カードを作らなかったのだが、店員に、カードを持っているかといちいち聞
かれるのが、いい加減に嫌になったこともあり、どちらのコンビニ用のカードも作っ
てしまった。

ローソンも、ファミリーマートも多少オリジナル商品はあるものの、売っているもの
は殆ど変わらない。
買い物をするときには商品がほしいだけなので、ローソンで買い物をしているのか
ファミリーマートで買い物しているのか、いちいち気にしていないので、出すカードを
間違うのである。

最終的には、店員の服やバッチ、かかっている放送などで気づきはするのだが、
間違って出すと、なんとなく気まずい。

いっそのこと、全世界のポイントカードを統一するか、無くして欲しいと嫁に愚痴る
旅好きおやじであった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月15日 04:55 ] サービス | TB(-) | CM(0)

2012年システム監査技術者試験 前日の過ごし方

いよいよ、あすはシステム監査技術者試験である。

昨日は、私の部の歓送迎会があったのだが、あすの試験に備えて、ほとんど
アルコールを飲まずに過ごした。

今朝、起きて、ようやく受験票に写真を貼ろうとしているところで、この記事を
書いている。

この試験にかけた勉強は、12/1からスタートし196時間ほど使った。
1日に1~2時間かけた計算であるが、実際に本格的にやり始めたのは、年が
あけてからである。

今までの勉強の成果であるが、
午前1,2は450問の問題集を2回転、
午後1はTACの20問とSE社の13問、平成23年~20年の問題を1回ずつ解き、
70点以下のものは再テスト、
午後2は論文を4本かき、かつ準備として、情報戦略、企画・開発、アプリケー
ション(IT業務処理統制とからめる)、監査のIT利用、クラウド、仮想化、障害対
策、セキュリティ、インフルエンザのBCPなどについて、リスク・コントロール・
監査手続をまとめた。

今日はできれば、4時間ほど勉強し、勉強時間のトータルを200時間としたい。 

時間をかけるのが目的ではないのはわかっているが、あと4時間勉強すれば、
200時間なのだから、気合を入れるためにやろうと思う。

あすの試験の鬼門は、やはり午後1の記述式である。

3ページの長文を読んで、3つ~4つの設問に従って答えるという問題が2問
あるという形式である。
監査人としての一般論であればスイスイ書けるのだが、IPAの求めている
答えと合っていないと、一般論で答えても不正解というのが理不尽なところ
で、システム監査技術を試したいのか試験テクニックを試したいのかどっち
なんだと聞きたくなってくるのである。

試験テクニックで乗り切るならそれはそれで割り切れるのだが、IPAの模範
解答の方針にぶれがあるのが、腹立たしいところである。

問題文にあるキーワードを混じえて答えないと不正解という割には、たまに
模範解答に問題文に載っていない、一般論のような模範解答もあり、運任せ
の部分が多いのである。
ただ8割かたは問題文にあるキーワードを混じえて答えられるものなので、
2割が理不尽な問題だとすると、60点をこの8割で取らなければならないの
で、常に75点が取れる実力が必要なのである。

今日は、今までの学習に対するおさらいに4時間かけ、あまり根を詰めず
コンディションを整えたいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月14日 05:20 ] システム監査技術者 | TB(-) | CM(2)

MES(製造実行システム)について

製造業をサポートするシステムの分野の中に、MESというものがある。

MESとは製造実行システムといって、現場の製造実績をシステムに入力する
ことによって、在庫はもちろんのこと、設備や作業者の負荷状況、機械にかかっ
ている仕掛品などの状況を把握するものである。

このMESという分野は、「いわゆる生産管理システム」とは、少し違う要求に応
えるものである。

「いわゆる生産管理システム」とは、ものづくりをするにあたり需要予測とBOM
をもとに、生産計画を元に必要な資材所要量を計算し、製品在庫をつくり、それ
を出荷するところまでの管理と、お金の動きや原価管理に至るまでの広い範囲
をカバーするのに対し、

MESというのは、実績データの入力により、製造工程内の見える化をし、製造
スタッフがシステムを参照して、品質の状況やリードタイムの短縮、コストの削
減につなげるといった分析寄りのものなのである。

4年前、私がプロジェクトを途中で引き継いで、大失敗したに終わったシステム
について、今でもたまに考えることがあるのだが、
恐らく顧客の経営層は、このMESを導入したかったのではないかと推測してい
る。

それが、顧客の導入担当者の生産管理システムを導入したいという文言から、
いつの間にか、前のプロマネやその上司によって、「いわゆる生産管理システム」
のパッケージ導入プロジェクトにすり変わってしまった。
私が引き継いだ頃には生産管理パッケージがすでに導入されており、もうどう
しようもなかった状況だったのである。

同音異義語がもたらした失敗の最たるものである。

こういうちょっとしたボタンの掛け違いが、大損失につながるのである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月13日 04:54 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

ビジネスマナー教育

うちの部署は、システムの運用部門ということもあり、お客様と直接打ち合わせ
や会議をすることが少ない。

少ないとは言うものの、ゼロではなく、特にお客さん側での運用ルール決めに
関わることであれば、「運用」という観点からも話をしに行くこともある。

とある運用について、お客様と打ち合わせをした時に、Y君という部下を連れて
行ったのだが、お客様と社内との区別がついていないようで、会議中にガムを
噛んだり、会議でお客様の会社に到着した際、受付からではなく、お客様の
携帯に直接電話をしたりするのである。

入社5年目になるのに、今までの上司は何を教育していたのかと、愚痴も言い
たくなるところだが、教育されていないのであれば仕方がない。

ビジネスマナーといえば、もう一人問題児がいる。

この部下は、ビジネスマナー以前に、コミュニケーション能力に問題がある。
会話のキャッチボールができない。

例えば「この請求書をPDFファイルにしたいんだけど作り方知ってる?」
と聞けば「まず前提として・・・」とPDFの作り方について自分が知らないことを
長々との言い訳をし始めるのである。
「はい」「いいえ」で答えるような質問をしてもこの調子なので、他部門からも
たまにクレームが入る。彼をH君とする。H君は入社10年目である。

H君はコミュニケーションの基礎ができていない。 
彼の上司になり1年経った。彼のコミュニケーション能力の無さは折り紙つきで
役員などからもどうにかしてくれと言われているぐらいひどいのである。

隔週で、H君のフォローをして半年近くになるが、なかなか改善されないので
ある。彼のために読んだ本も何冊かあるが改善策が見つかっておらず手を
焼いていた。

そのような部下を2人ほど紹介した。
「私が若かった頃は・・・」という部下に嫌われるフレーズの一つも言いたくなっ
てくる。

一方、部下の中にも、言葉が丁寧な人間もいる。S君である。

彼の使う敬語や日本語は、私も見習わなければならないほど上手い具合に
使い分けができているのである。
S君に1ヶ月ほど前に、ビジネスマナーができていない2人の部員を改善してく
れないかというお願いをしたところ、快諾してくれた。

しかも、教育の仕方についてもある程度自分で企画してくれやるようになって
いる。S君もコミュニケーション能力はバッチリかというとそうではなく、言葉遣
いが丁寧ながら、考え方などで少し「ん?」と気になるし、仕事よりも家庭最優
先にしすぎて、仕事が遅いところは気になってはいる。

しかしながら、教えることで成長を期待する面もあるのと、S君に部下の指導
という観点や、責任感をつけさせなければならず、丁度よい機会だと思っている。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月12日 04:32 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

銀行の勘定系システム

一般企業における情報システムで使われているコンピュータは、主にIAサーバ
という、パソコンと同じアーキテクチャをもったものや、SPARCという、SUNとい
う会社(今はOracleに買収されている)アーキテクチャで動いているものが主流
である。

OSは、Windows、Linux、Unix(SolarisやBSDなど)で、データベースはOracle
やSQL Server、MySQL、Postgres、アプリケーションはApache、Tomcatや.Net
などである。

これらは、オープン系と言われ、様々な会社の製品を組合せて、システムを構
成する。

システムがオープン化されるまでは、メインフレーム(ホストコンピュータといわ
れることもある)という、ハードウェアにOS、データベース、アプリケーションが
のっており、どこか1社を決めれば全て同じ会社から調達するという方式だった。

一般的な企業のオンライン化は1970年代から始まり、その頃はメインフレーム
が使われた。
ユーザの数も経理部門ぐらいだったが、1980年代中頃には営業系や生産管理
系ユーザが使い始め、ユーザの数も増えてきた。

ただ、ユーザ数は多くてもせいぜい1企業の社員の人数ぐらいなので、1990年代
あたりから出てくるオープン系のシステムへの移行は比較的簡単だった。

一方、銀行の勘定系システム(銀行口座や取引を管理するシステム)は、1960
年代からシステム化され、規模も大きく、ユーザも一般ユーザも含んでいるので、
メインフレームで作られた、COBOLやPL/1などで記述されたプログラムが大量
にあり、なかなか移行できず、今でも現役で動いているのである。

Wikipediaによると
三菱東京UFJ銀行はIBMのメインフレーム
三井住友銀行はNECのメインフレーム
みずほ銀行は富士通のメインフレーム
みずほコーポレート銀行は日立製のメインフーム
ゆうちょ銀行にいたっては、IBM、日立、富士通のものが併用されている。
(昔大阪のラジオ番組で流れていたコンピュータ総合学院HALのCMを思い出す)

銀行のシステムも、一部はオープン化していくと思うが、これらのビッグユーザ
がある以上、IBM、富士通、日立はメンテせざるを得ず、メインフレームも当分
は廃れないと思う。

そう考えると、20年前、これからはオープン系の時代だと、システム投資したが、
今ではブラックボックス化してしまい、老朽化に悩んでいるというのも皮肉な
話ではある。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月11日 04:55 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

外交センス-500%

このブログは、記事にカテゴリ分けをしているのだが、正直言って時事ネタには
困っている。

しかし、ここ数日、ある人物が「やらかしてくれた」おかげで色々と書きたいこと
が見つかった。
ある人物とは、そう鳩山のことである。

鳩山は、外務大臣の反対も聞かず、わざわざイランまで行って大統領と会談し
たというのである。

自民党の人間が、今回の鳩山の行動を
「外交センス-500%、(外交顧問に任命した)野田総理の責任」
と言ったそうであるが、言い得て妙である。

鳩山は今回の「友愛旅行」で、
「核保有国を対象としないで、非保有国の平和利用に対して査察を行うのは、
 公平ではないということは承知している」
と話したそうである。

言葉としては、ごもっともであり正論である。

私のような一サラリーマンでも20年ほど仕事をやっていると、この「正論」だ
けを吐く人間を見ると、基本的には相手にしない。私が機嫌が悪いと、
「で、どうやって実行するの?」と実行計画を聞いて黙らせることがある。

繰り返すが、今回の鳩山の意見は正論である。

だが、現実というものが見えていない。

まず、イランは核拡散防止条約に批准している。核拡散防止条約とは保有国
をこれ以上増やさないようにするための条約である。IAEAは核利用を軍事転
用されないための保障措置の実施する機関である。
たとえ、平和利用であっても軍事転用される可能性があるのであれば、この
機関は査察をするのである。こういった機関が性善説に基づいて行動してい
たらそもそもの存在意義はないのである。

次に、日本の立場を分かっていない。日本はアメリカの核の傘に守られてい
る国である。それを個人とはいえ日本の元首相が不公平だといっても何の説
得力もない。
また、ヨーロッパの状況もわかっていない。いくらイランが平和目的で利用す
るとはいえ、同盟国でもないし、ミサイルの射程に入るヨーロッパの国々は査
察すべきと言いたくなるのは当たり前で、それを個人とはいえ日本の元首相が、
イランに言って会談などをしてしまうと、ヨーロッパを敵に回すことになるので
ある。

3つめが外交の原理が分かっていない。外交の基本は自国の利益の最大化
である。表で握手して、見えない所で喧嘩をするのが基本である。そんな世界
にノコノコと顔を出しても利用されるだけである。
現にイランに利用され、鳩山が「IAEAは二重基準で不公平」といったとされ、
鳩山が帰国後に、あれは捏造といっている。
結局、友愛のために行ったのになんのために行ったのかわからなくなってし
まった。

まだまだ、書きたいことは山ほどあるがこのぐらいにしておきたい。

私も個人的には、イランは親日国だし好きな国である。
「おしん」の視聴率が80%を超えた国というのに非常な親しみを感じているし、
行ってみたい国のうち の一つである。

西側諸国によるイランへの仕打ちは他にもあり、はっきり言って理不尽である。
経済制裁などは、過去にアメリカが日本を戦争に追い込んだやり方と同じで
ある。今は、西側の一員であり弱い者いじめに加担させられているのは非常
に悔しいが、物事は総合して考えなければならない。
西側の一員の日本の元首相という影響力がある立場である。そのような人間
が査察が公平ではないということを今更イランに言いにに行って、何か得る
ものがあるのかを考えてほしいし、政治家としての資質があるならそのぐら
いはわきまえてほしいところである。

もし、単に自己主張したいのであれば、IAEAに言いに行くべきである。
ただし、そんなことをされたら、せっかく日本人が局長をしている国連機関の
ポストが減るだけで国益を損ねることになるのだが・・・

思いつきで行動する、正論人間は危険であると考えた一日であった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月10日 05:22 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(2)

遅れてきたコアメンバー

コンサル等が入るプロジェクトでは、何でも横文字にしたがる傾向にある。

会議をセションと言ったり、検討メンバーをコアメンバー等といったりする。
要は、自分たちの会議や検討メンバーは他とは違うんだということを植えつける
ための手法の一つなのかもしれない。

私が過去に経験した、タイでの生産管理システム導入大失敗プロジェクトでは
コンサル兼プロマネという胡散臭い立場を前任者から引き継いだ。
前任者の時代に検討の中心メンバーということで、この「コアメンバー」という
単語が使われていた。私が引き継いだ時、この検討メンバーが頼りなく見え、
「コアメンバー」という単語に「寄せ集めの烏合の衆」というイメージがついてし
まっている。

今考えてみると、このプロジェクトが失敗したのは「コアメンバー」のせいでは
なく、システム導入にあたり、現状分析、あるべき姿の分析、目標とする姿の
決定が初期段階でほとんどできていないまま、導入するパッケージだけが先に
決められ、あとは経営層がほとんど参画されず我々ITベンダにプロジェクトを
丸投げされたために起きたものだと分析している。

私はタイの会社の2~3年生や主任クラス、年齢にして、20代中盤から後半の
若い女性たちで構成された、「コアメンバー」を使ってプロジェクトを推進する
ハメになり、私の力では立て直すどころか余計に混乱させてしまい、大失敗に
終わったのである。
彼女たちは頑張ってくれたのだが、戦略が間違っていたのでうまくいくはずも
無かったのである。

プロジェクトは失敗に終わったが、1年ぐらい前から、この「コアメンバー」たち
とはフェイスブックで、たまに連絡を取うようになり、このプロジェクトで得るこ
とができた財産のうちの1つである。(もう1つの財産は大失敗の経験)

最近は、このフェイスブックもあまりチェックすることもなっていたのだが、
先日、めずらしく、お友達リクエストが入り、スマホにアラームが上がっていた。

登録された名前が聞きなれない名前だったので、どうせタイから日本に出稼ぎ
に来ているタイ人が冷やかしで入れていたのだろうと思って写真をよく見ている
と、「コアメンバー」の中でも一番精力的にプロジェクトをサポートしてくれていた、
ユパディーさん(仮名)からの友達リクエストだったのである。 
(ニックネームで入っていたのでなかなか気がつくことができなかった)

このユパディーさん(仮名)は、このプロジェクトではITの部分を担当してく
れたスタッフなのだが、フェイスブックに参加するタイ人が多い中、なぜか、
なかなかフェイスブックに参加していなかったのであるが、先週あたりには
じめたようである。

恐らく、私のE-mailアドレスからフェイスブックの機能で私を見つけてくれた
のだろう。他の「コアメンバー」とはまだ友達になっていなかったようなので、
マニラート(仮名)という他の「コアメンバー」に知らせてあげた。

これで、お友達になったコアメンバーは、
生産管理スタッフのタナラット(仮名)、マニラート(仮名)、品質保証スタッフの
ララパ(仮名)、輸出入チーフのアーチェリー(仮名)、そしてITスタッフの
ユパディー(仮名)となった。+


フェイスブック上の私の友達には、前任のプロマネであるL氏もおり、フェイス
ブック上で、かつての「コアメンバー」が結成されつつあるのである。

残念ながら、会計スタッフのクワルディー(仮名)、生産管理スタッフの
ポヌウィモン(仮名)そして、ベンダ側の担当者であるナチャパ(仮名)には、
お友達リクエストを断られており、完全結成は難しいだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月09日 04:47 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

日本を追い込む5つの罠

本屋に行くと、「自滅するアメリカ帝国」「貧困大国アメリカ」「グローバル恐慌の
恐怖」など、アメリカを始めとする、世界の経済状態の悪さについて書かれた本
が並ぶようになった。

中国についても危ないという本は前から出ているが、影響力が大きな分、アメリ
カやヨーロッパのほうが深刻のようだ。

これらの国に比べれば、日本の経済状態はまだマシで、ドルやユーロに比べて
円は信用されている。消去法で一番良いということである。これを不美人競争と
いうこともある。

さて、この本は、まだマシな日本を陥れようとする米による5つの罠には警戒せよ
という趣旨のことが書かれてる。

第1の罠:TPPの背後に潜む「権力」の素顔
第2の罠:EUを殺した「財政緊縮」という伝染病
第3の罠:脱原子力に抵抗する「非公式権力」
第4の罠:「国家」なき対米隷属に苦しむ沖縄
第5の罠:権力への「無関心」という怠慢

がそれである。

著者はオランダ人ジャーナリストで、EUの立場からアメリカに対して書いてい
るというところも面白い。

この本を読んでいろいろなことがわかった。
アメリカは最も典型的な資本主義国家であるが、それがいき過ぎたため、
エリートである富裕層にお金が集まり、貧富の差が広まった。
それが肥大化し、グローバル化という名の下EUが食い物にされ、今、日本が
犠牲になろうとしているというのである。

そう考えると、貧富の差が激しくうまくいっていないアメリカのスタンダードを
TPPによって持ち込もうとする、経団連などの富豪たちは本当に頭がいいの
かと疑いたくなってくる。

欧米はサッチャーやレーガンの時代、経済が政治から切り離されてしまった
ため、お金をもつ経済界に権力が渡った。
その結果、ものづくりという生産活動をする製造業や顧客満足を追求するサー
ビス業ではなく、投資銀行などその業界だけでは成り立たないような、他人
の土俵で相撲を取るハイエナのような金融業界の力が強くなり、政治家がその
配下に置かれてしまったのである。

始末におえないのが、これが1国にとどまらず、グローバル化しているという
ことが脅威なのである。

この、富裕層の言いなりになった政治家が支配するアメリカという国家は、
結局、外にお金を求めなければならないという性質のため、作らなくても良い
敵を外に作っており、日本人の目から見ても別に悪い国とも思えないイランと
敵対しようとしているのである。

今後、対米追従という考え方をしていると、このアメリカに引っ張られ、日本
の平和が保たれなくなるのではないかと感じた。

一方、日本の隣人には、中国、韓国、ロシアといった日本の領土を不法占拠
しようとする無法者国家もあり、アメリカと距離をおきながら、こういった
国々とどうやって対峙していくのかと考えると頭が痛くなってきた。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月08日 04:35 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

ベテルギウスと私

私が幼稚園の頃、家には「こどもカラー図鑑」という12冊セットの図鑑があった。
(13巻は初刊の数年後に発売になったのでうちにはなかった)

そのなかで「うちゅう・きしょう・ちきゅう」という巻があり、その図鑑をよく見ていた。


その中で恒星についての説明があり、
ベテルギウスという星は太陽の1,000倍もある大きな星であるということが書か
れており、子供心にすごい星なのだという印象を持っていた。

ベテルギウスとはオリオン座の一つを構成する星なので、知名度はかなり高い。
私が子供の頃は、知られている中で最大の恒星だった。
(今発見されている最大は「おおいぬ座YV星」で太陽の1,950倍である)



このベテルギウスは、地球から640光年離れている。いつ爆発してもおかしくな
い状況で、もしかしたら既に640年前に爆発しているかもしれないし、遅くても
100万年後には爆発するそうである。

もし、ベテルギウスが爆発するとどうなるか?

満月の100倍ほどの明るさになるそうで、3か月程度は明るい状態が続き、昼
間でも十分に確認できるほどだそうで、金環日食など霞むほどの大きな出来
事なのである。

それだけで済めば、天体ショーということで呑気に構えていられるのだが、
ガンマ線という有害な放射線を放つ爆発(ガンマ線バースト)が起きる。

放射線の何が危険なのかというと、物質の原子核を崩壊させ、別の原子にして
しまうのである。

その影響で、オゾン層が破壊され、有害な宇宙線が地球に降り注ぎ、生命体に
害を与える可能性があるとのことである。

ただ、運良くベテルギウスの自転軸は地球から20°ずれておりガンマ線バースト
という現象の直撃は免れるだろうとも言われているが、自転軸など変わるかもし
れないのである。

一説によると、既に640年近く前に爆発しており、2012年、つまり今年に爆発し
た光と放射線が、地球に届くとも言われており、13年遅れでノストラダムスの大
予言が的中し、人類が滅亡ということも、あるのかもしれないし無いのかもしれ
ない。

そうなったら、そうなった時で、どうしようもないのである。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月07日 03:25 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(2)

体重報告(2012/4/6)

昨年末100.2kgあった体重が、今日現在87.8kgと12kg以上減っている。

今も、歩き通勤と間食を極力やめていることが大きく作用している。

3ヶ月のダイエットの総括として、グラフを作ってみた。


2月の中旬は、海外旅行へ行ったため、3月の下旬は飲み会がたてつづけに
あったことが起因し停滞したが、他の期間はいい感じで下がっている。

ただ、減量し始めと比べると、勾配も緩やかになってきており、これからが
勝負どころである。

とりあえず、今年の目標の60%はこの3ヶ月で達成した。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月06日 04:58 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

離婚式

結婚をした男女のうち30%は離婚するそうである。

確かに、結婚当初の感覚など2年と続くわけではなく、地が出てくるので、
その地がお互いに許せなければ、離婚に発展するのであろう。

離婚するのは結婚の時に使うエネルギーの数倍とか10倍のエネルギーを
使うそうで、私の昔の職場にも離婚した人がいて、本当に辛かったという。

幸いなことに、うちは円満に行っているが、やはり、何で結婚したんだろうと
思ったことが一度もないというと嘘になる。

さて、数年前から、結婚式ならぬ、離婚式という儀式があるそうである。

離婚の最後の締めくくりに、親族や友人を呼んで離婚式を開き、
仲人ならぬ「裂人(さこうど)」が立ち会い、参列者は御祝儀ならぬ「御終儀」
を渡すそうである。

これに呼ばれた、親や友人の立場はどうだろうか。

親などは恥を晒しているようでたまったものではないし、友人も本当の友人
だったら、「お前ふざけてんのか」ということになるだろう。
会社の人間として呼ばれるのなら、将来酒の席の肴にするためにバカにし
ながら参加するだろう。

もし、私が誰かの離婚式に参加するとして、その誰かの結婚式にも参加し
ていたのであれば、「御終儀」を渡すなどもってのほかで、結婚式に渡した、
「ご祝儀」を返してくれと言うだろう。

こういう式を開く人の人生って何なのといいたいが、子供がいないのであ
れば、個人の自由なので勝手に楽しんでくれと言いたいところである。

離婚式オフィシャルサイト
http://www.rikonshiki.com/


離婚式



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月05日 05:16 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(2)

日食メガネ

5月21日に金環日食がある。

月曜の朝の(横浜では)7時31~36分頃がちょうどその時間にあたる。

日食については、ただ単に太陽が月のかげに隠れるという現象なので、
科学的な興味はないのだが、日本で次に同じような金環日食が見られるのは
300年後の2312年4月8日ということなので、一生に一度見られるかどうかとい
うこともあり、少しは楽しもうと思っている。

ということで、今は本屋や東急ハンズなどに行くと日食コーナーがあり、そこ
で日食メガネを売っている。

日食を見る場合に注意しなければならないのは、通常のサングラスの場合、
赤外線を通すので、サングラスを通して見る場合、日食網膜症などの病気に
なるおそれがあるとのことである。

ということで、出張の帰りに寄った丸の内のオアゾの本屋で、日食メガネ3
個入で1,000円弱で買えたので買って帰った。

当日晴れるか雨が降るかは分からないので、このメガネは売れ、日食が終わっ
たら捨てられるだろう。いい商売である。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月04日 04:36 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

2歳11ヶ月の娘

今日で娘が2歳11ヶ月を迎える。

2歳の初め頃に心配していた2語文が出ないということがウソのように話をし、
会話も成り立つようになった。

最近の娘は、非常におせっかいを焼くのと、質問攻めをしてくる。

おせっかいの方は、
外に出るときは、私の靴を揃えて、
「パパ、靴をそろえたから、はやくはいて~」とか

会社から帰ってきて、スーツを着たままでいると、
「そとにいったら、ばっちーでしょ、早く上着を脱いで~」
といったようなことを言う。

嫁からはこんなことを言われた記憶は無いのだが、なぜなのだろう。
おそらく娘が嫁から言われていることなのだろう。

質問の方は、ミッキーマウスのDVDで「ミッキーの害虫退治」という話を見て
いると、
「手に殺虫剤持ってるの~」とか
「ミッキーは何で、キャベツの中に入ってるの~?」とか
「芋虫が何でボールになっちゃうの~?」
「何でボールをけるの~?」
といちいち質問してくるようになった。

他にも、会社に行く際には、「今日はかいしゃなの~?」「みみ(親から言われて
いるあだ名)は行かないの~?」「おるすばんなの~?」
とこういった調子である。

言葉を覚えるために、大事な時期でもあるので、面倒ではあるが質問攻めにも
付き合っていきたい。

ミッキーの害虫退治(著作権切れ)



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月03日 04:31 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

システム監査試験2週間前

2012年度のシステム監査試験まで2週間を切った。

金曜日から日曜日の午前中は、妻と娘が実家に帰っていたことから、かなりは
かどり、午後1の過去問の再演習が3問、午後2の論文演習が3本こなすことが
できた。

午後1の再演習では、23年の問3(※)を除き、8割から満点を取ることができた。
答えが、記憶の片隅に残っているということもあるのだろうが、監査用語などが
はっきり区別でき、1回目もしくは2回目と比べても、文脈から答えを導き出せる
ようになったと思う。

午後2の論文演習は土曜日は2本、日曜日は1本やってみた。
2800字前後の論文を、立て続けに3本も書くのはさすがに疲れた。
演習をやって思ったことは、想像以上に記載内容に重複が見られたり、誤字
があったりしたことだ。
もう少し、リスクやコントロール、監査手続などの実例を即時に書けるようにして、
当日は考えなくても反射的に文章が書けるように、論文の構成演習でもっとトレー
ニングをつもうと思った。

あと2週間、プライベートの時間は最優先で頑張りたいと思う。


平成23年の問3のIPAの解答は、問題文から導くことが難しく、特に設問1(2)の
模範解答は、
「使用する用語の意味や定義が一致しているかを確認する」
と問題文に一言も載っていない。

この解答が成り立つのなら、IPAの採点講評などで発表される、「問題文にこう
こう書いているので、このように答えることを期待したができていなかった」という
ような講評をしないでほしいと憤りを感じるし、一般論では正しいことを解答して
も、問題文に沿わなければ不正解という採点方針は止めて欲しいと思った。

実際にITECの本番問題集にも、「問題文に書かれていないが素直に解答す
ればよい」と書かれているが、それができる理屈が成り立っていないのである。
一般論の解答は不正解のはずなのに、ここで模範解答が一般論だと、得点
調整でわざとこんな解答にしているのではないかという疑惑を持ってしまう。

そんな理不尽なことも乗り越えて合格点を取りにかなければならないと感じた。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月02日 04:13 ] システム監査技術者 | TB(-) | CM(0)

ヘルプ 心がつなぐストーリー

1970年代生まれの私にとっては、1960年代のアメリカといえば、最も活気があ
ふれていた頃という印象が強いが、黒人はまだまだ差別されている時代であった。

特に、アメリカの南部の州では、黒人に対する差別が色濃く残っており、黒人の
女性は、当たり前のように白人の家庭でメイドとして働き、家事や育児を安い賃金
でさせられていた。一方、白人の女性は家事や育児ができず、パーティーなどを
開いて遊びほうけていた。

白人の女性である主人公も、子供の頃に黒人のメイドに育てられ実の母親のよ
うに思っていたこともあり、こういうアメリカの状況に疑問をもち、編集社にアルバ
イトとして入り、実情を訴えようとするところから物語が始まる。

映画を見た感想であるが、当時の黒人に対する白人の感覚や、黒人たちの諦め
きった感覚、白人至上主義者のKKK団による黒人の襲撃など、非常にひどい
状態であることが、映画をとおしてよく分かったし、何世代も染み付いたアメリカ
の負の文化だったこともよくわかった。

黒人差別に立ち向かうという主人公たちの行動に勇気づけられた一方、いろいろ
な意味で悲しくなってくるストーリーは、やりきれなさを感じた。

このストーリの時代から50年たち、日本に住んでいる限りは黒人差別を感じる
ことは殆どなくなったが、こういう負の歴史があったことをきちんと把握しておか
なければならないと思った。


心温まり、勇気づけられ、かつ悲しい何とも複雑な映画だった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年04月01日 05:15 ] 洋画 | TB(-) | CM(4)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2012年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
135位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム