旅好きおやじの日記 TOP  >  2012年07月

2012年7月 ベスト書籍ランキング

今月は、沖縄旅行や仕事上のトラブル対応が頻発したこともあり、本を読む暇
があまりなかった。結局読んだのは9冊であるが、沖縄の本屋で本土の書店に
は並んでいない本を購入できたのは大収穫だった。

■第1位: 本土の人間は知らないが沖縄の人はみんな知っていること(購入)



沖縄の本屋で見つけた本である。

この本は、沖縄の米軍全28基地について写真付きで解説しており、地図が入っ
た観光ガイドにもなっており、さらには歴史的背景も説明されている。

まず、衝撃を受けたのは、ペリーが最初に日本にやってきたときは、西海岸から
太平洋を渡って来たのではなく、東海岸から、アフリカ、インド、中国、沖縄経由
で日本にやってきたことである。

小中学校の歴史の時間では、航路の話がないため、普通は西海岸から来ると
思うし、小説などでも誤解して書かれていたりする。

ペリーの航路の話はつかみとして、アメリカの植民地戦略はまず中国があり、中
国がダメなら日本を、日本がダメなら沖縄をと、かなり戦略的に考えられていた
こと。
そんな中、明治維新後、日本が予想外に力をつけてしまったため、アメリカの戦
略上、日本が邪魔になったので太平洋戦争でコテンパンにされてしまったこと。

日本は戦後もアメリカに支配されており、アメリカの思惑の上では自由にやって
も許されるが、一旦アメリカの思惑を外れると、日本の官僚によるコントロールに
より総理大臣といえども更迭される仕組みを作り上げられていることなど、知ら
ないことが色々とわかった。

鳩山元首相も、どこからつかんだのかを知らないが、米軍がグァムに移設する
ことをつかんでいたのをいいことに、知ったかぶりのいい格好をしてしまい、日本
の首相が触れてはいけない問題に触れてしまったため、米軍の息のかかった
官僚によって自分のプランをボロボロにされてしまって、最終的には首相をやめ
なければならなくなってしまったとのことである。

なぜ、官僚がアメリカの肩を持つようになってしまったかというと、日本の法律体
系は「日本国憲法」が最上位と言われているが、実は「日米安保条約」のほうが
上位に来るような密約があり、官僚の国をコントロールできる立場にあるというエ
リート意識を利用して、安保が上位に来るように司法や行政まで曲げることがで
きるというのである。

これを知ったらゾッとしたし、何でもアメリカの言うなりになるのではなく、親米反
基地の考えを国民一人ひとりが持たなければならないと感じた。

■第2位: NOSQLの基礎知識(図書館)



この本については7/14(土)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20120714.html


■第3位: なりたくない人のための裁判員入門(図書館)



2年前の裁判員導入の前に書かれた本である。

この本で、最初の方に書かれている裁判の歴史がまず面白かった。

紀元前1750年の古代バビロニア時代のハムラビ法典では、告訴された被告人
は、川に行って飛び込むそうである。
川には「裁きの神」がおり、もし飛び込んだ人が有罪なら流されて溺れるはずで、
無罪なら無事に生還できるはずだという考えに基づくものだったらしい。

そして、無罪になった場合、告訴した人が殺されるということで、訴える方も命が
けだったというとのことである。

他にも、フランス革命で真っ先にバスチーユ牢獄を襲撃されたのは、当時の裁
判のやり方が納得できるものではなかったためであると書かれている。

あと、よく、被害者の人権よりも加害者の人権のほうが優先され不公平というこ
とをよく聞くし、私もそう思っていたのであるが、

裁判とは、「罪のない人に絶対に罰を与えてはいけない」という考え方に基づくも
のなので、証拠がないと罪には問えないし、警察による自白強要などもあると考
えられるので、証言だけでも罪に問えず、起訴事実が十分に立証されるかだけ
が、裁判の争点であるということがわかった。

もし、裁判で被害者の敵討ちで罪のない容疑者が生贄になってしまうようでは、
昔の裁判に逆戻りになるというのもなるほどと思った。

確かに、裁判官という公職にあるものが暴走してしまわないようにするための
裁判員制度ということは納得できたが、裁判員として義務を全うするための知識
を要請するような機関はなく、小泉の時代に「市民参加」を目的に、わけも分から
ず導入された、今の日本には早過ぎる制度であることがわかったし、本当の意味
で、裁判員を機能させるのであればもっと、私達を国民に教育する必要がありそ
うだ。

そういう意味では、今の裁判員制度のもとでの裁判員にはなりたくないと思った。


■第4位: 事務ミスをなめるな(貸与)



この本については7/26(木)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20120726.html


■第5位: 管理職になる人が知っておくべきこと(購入)



読んでみたところ、通常の管理職本であるが、最近部下の育成や作業品質に関し
て懸念していることが多かったこともあり、参考になった。

世の管理職は、部下に仕事を任せられないから自分でやると言われることが多い。

機械に任せてもいいような頭を使わないルーチンワークや、そこまで簡単ではない
にしても、多少頭をつかう程度の業務も、部下に任せず、自分でやってしまう管理
職は結構いると思う。

確かに、私も昔は、多少頭をつかう仕事、例えばシステム設計やプログラミング、
何かの導入作業は手を動かせばものが出来上がるのでやってて楽しいことと、
微妙に人に伝えるために表現しにくいことなどがあると、説明するのが面倒なの
でやってしまうという傾向があった。

管理職というのは、自分も手を動かさなければならないプレイングマネージャー的
な仕事、例えばいろんな利害関係のある部門との調整や説得という仕事において
は、自分で動くことが必要だろう。
しかし、それ以外の業務は、最初に頭を使わせるところから含めて部下に任せ、
すこし軌道からそれたらそれをもとに戻すためのヒントの提供や、何か間違ったこ
とをしたら叱ったりすることが仕事である。

この本でもそういった事も書かれているが、社員に仕事を任せられる仕組みを作
る各々の説明に関しては、理屈ではうっすらとはわかっていたものの、再確認で
きてよかった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2012年07月31日 04:32 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

頭のいい子が育つパパの習慣

自分の子供をムリしてまで難関大学に進めたいとは思わないが、あまりムリをしな
い範囲ではベストをつくしたい。

子供の教育は、「知育・体育・徳育」と言われ3つがバランス良く組み合わせなけれ
ばよい子供は育たないと言われるが、私もこの意見に同意である。

私の身近にも、東大や早稲田、慶応などの名だたる難関大学を卒業している人間
も多いが、コミュニケーション能力が低いため窓際族のようになっている人も数人
いる。
また、一昔前にマスコミを騒がせたホリエモンや村上ファンドの代表は東京大学
出身(ホリエモンは中退)だし、最近で言えばAIJ投資顧問の浅川和彦で学歴は、
横浜市大と2人には劣るが、首都圏の国公立大学卒業であり、子供の頃はそこそ
こ勉強はできていたと思う。

人を騙して平気な顔をしていて、学歴が高いからといって人徳もあるとは言えない。

これらは、学校教育による影響よりも家庭での親のしつけ方や育て方によるものが
非常に大きいと感じている。
勉強ができることを免罪符にして、子供の頃より、必要以上に我慢や禁欲をさせら
れ、いい大学、いい会社に入ったらなんでも許されると、反動がきて、徳の欠けた
大人になってしまうのではないだろうか。
(我慢や禁欲はある程度必要なので、必要以上ということを強調しておく)

さて、沖縄旅行に行くとき、飛行機で暇つぶしのために、羽田空港の本屋で
「頭のいい子が育つパパの習慣」という本が並んでいたので買って読んだのだが、
この本で言う「頭のいい子」というのが、難関中学に入学した子供を指していること
が気に入らなかった。

難関中学に入学する親は週に3回家族で夕食を取るとか、慶応や早稲田の中学
に入学した子供の家庭のテレビは居間に14インチのテレビしか置いていないなど、
の言い草がまさに、「頭のいい子=いい中学に入学した子」を指しているのである。

確かに、この本にはいいことが書かれていて参考になることも置いのだが、
ゴールがよい中学に入ることと設定されると反発を覚えるのである。

ただし、そのような論調を除けば、うかつに子供部屋を作らないことや、子供に
知識を植え付けるのではなく、考えさせるように「どう思う?」などの質問をする、
親もやたらめったら子供の前で親自身がほしいものを買わないなど、なるほどと
納得する主張も多かった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月30日 04:43 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

ダークナイト・ライジング

昨日、約1ヶ月ぶりに映画館に足を運んだ。

ダークナイト・ライジングの主人公は、皆さんご存知のバットマンである。

バットマンは今回で7作目なのだが、私は初めて観た。

この映画は、前作を観ていないと途中までよく分からない映画である。
まず、主人公のバットマンが誰なのかがわからない。

映画は165分あるのだが、最初の60分は早くも腕時計で時間を何度か確認
したくなるほど退屈な映画だったのだが、後半になってきて盛り上がる内容
になっており、最後のオチも意外性があってよかった。

恐らく、前作から観ている人なら、何でバットマンが悪者になっているのかな
ど背景もわかるし、前作から引き続いている主人公がどの俳優なのかも映
画を見た時点でわかるはずなので、最初から楽しめると思う。

早速レンタルビデオ屋に行って、バットマン・ビギンズから観ようと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月29日 04:49 ] 洋画 | TB(-) | CM(0)

50歳を超えても30代に見える生き方

私は、日常的に4~5ヶ所程度の書店に立ち寄るが、今年初め頃から、たいてい
この本が置いてある。

以前、健康本にはトンデモ本が多いというお話をさせていただいたことがあるが、
私は、健康本は、基本的に眉唾もので接するのだが、結構売れている本である
ことと、本の表紙にある著者のこう見えても56歳なんですという写真を見て、確
かに30代には見えないものの50代にも見えないよなと思い購入することにした。

本を読んでみると、色々と面白いことが書かれていて、人間は細胞分裂を繰り
返しているが、この細胞分裂のたびに染色体のはしにあるテロメアがすり減っ
ていてそれが人間の寿命を決定しているというのである。

人間の寿命は120歳前後なのだが、不摂生により、臓器などが機能障害を起こ
し、寿命よりも早く死に至るという。

その不摂生をしないためには、砂糖・脂・塩を過剰に取らないこと、 早寝早起き
をすること、たくさん歩いて電車では座らないこと、スキンシップや感謝の気持
を大事にすること、薄着をして身体を内面から温めること、そして、ごぼう茶を
飲むことだそうである。

ごぼう茶の効用はさて置いて、早寝早起きについては睡眠の質をあげるゴール
デンタイムである夜の10時~朝の2時に眠っていれば良いという。
幸せホルモンのセロトニンが朝に分泌されるのでその時に起きていれば幸せ
で夜に分泌される睡眠ホルモンであるメラトニンがあると熟睡できるので、睡眠
の質が上がるのだという。

また、第2の心臓であるふくらはぎを鍛えるために歩くのも体によく、特に電車
ではつり革を持たずに立っていると、バランスを取るためにふくらはぎの筋肉
を使うので良いとも言っている。

健康本というと、とんでも無いことを読者にやらせるというイメージがあったの
だが、確かに早寝早起きは私も実践しているが調子がいいし、電車でつり革
を持たずにバランスを持って立つぐらいだったらすぐにでもできそうである。

そして、健康数値を気にするよりも、見方を変え、砂糖・脂・塩を取らないこと
にすることが良いというのもシンプルで参考になった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月28日 03:33 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

こむら返り

年に1度あるかないかの頻度であるが、寝ている最中に足をつってしまい夜中に
目覚めてしまった。

足をつった経験のある人はわかると思うが、これが非常に痛いのである。
つっている足を戻すのに20分程度かかってしまった。

朝になっても痛みは残っており、歩くと痛い。

この足をつる現象をこむら返りともいい、科学的にも原因の特定にまではいたって
いないとのことである。

予防するためには、水分やミネラルの補給ということがあげられる。

そういえば、最近はスポーツドリンクを飲んでおらず、カルシウムやマグネシウム
などのミネラルが不足していたのだろうか。

スポーツドリンクはカロリーも高いので、ミネラルウォーターでミネラルを補給したい。

ミネラルウォーター 四季の恵み

1㍑あたり:たんぱく質・脂質・炭水化物0 ナトリウム3.6mg カルシウム3.2mg
     マグネシウム0.77mg カリウム1.6mg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月27日 04:07 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

事務ミスをナメるな

私が管理している部門の主要業務の一つにシステムのオペレーションがある。

この業務は簡単に言うと、マニュアルに沿って、コマンド(システムに指示を出す
ための文字列)を打つという業務である。

こういう、オペレーション業務というのはマニュアルに書かれていることをそのとお
りに打ち込むものが多いと思われがちなので、普通は派遣社員など、単価がそ
れほど高くない担当者が行う。

ただ、オペレーションの中には、そこまで単純化されたものだけではない。

システム開発をした当時の担当者が、自分で運用することを前提に作られ、
やたら複雑な手順なものもある。

こういうものは、イレギュラーな業務なわりには開発コストが高くなりすぎるもの
が多いので、複雑でマニュアル化もしにくいものもある。

開発担当者が、運用してしまうと何がまずいのかというと、システムの動きを知り
尽くしているので、その気になれば不正を働くこともできるからである。

現場の感覚からすると、そんな不正なんか起こらないと思われがちであるが、不
正ができるリスクが存在していることが、J-SOX的に問題なため、開発・保守の
担当と運用の担当を分離し、相互に牽制し合うことにより不正のリスクを減らす
ということを、強く推奨されるようになったのである。

このため、全国の支社の開発・保守部門から、私の部門がオペレーションを
一手に引き受けることになった。

このマニュアル類が開発担当者が自分で行うことを前提にメモ程度にしか書かれ
ていないものまで、運用部門に移管されているのでミスが絶えないのである。

こうしたことから、上司の上司からこの本を貸してもらったのだが、この本が、
ミスの本質をとらえている。

人間の脳は、不正確な情報を補正して瞬時に正しい情報として把握できるように
なっている。

2chで有名なものに以下のものがある。
「こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
 この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の
 けっか にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご
 の もさじえ あいてっれば じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よ
 める という けゅきんう に もづいとて わざと もじの じんばゅん を い
 かれえて あまりす。どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
 ちんゃと よためら はのんう よしろく」

急いで読んでみると、ちゃんと読めるが、じっくり見てみると、単語の文字の最
初と最後だけしかあっていないのである。

脳は、得た情報をすべて処理しているとオーバーヒートするので、こういう補正
が勝手にされる。 

また、いつも同じことをやっていると、この補正機能が働き、前と同じだと脳が認
識してしまい、少しぐらいの間違いは発見できないようになっているので、ミスは
やむを得ないことなのである。

そのようなことが、いろいろ書かれており、かつ、事務ミスを減らすための工夫な
ども書かれておりまとまっていた。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月26日 04:42 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

Three Kingdomsを見終えて

昨年末、中国の実写版三国志をレンタルビデオで借り、長期戦で見るというお
話をした。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20111215.html

全48巻、95話(ダイジェストを入れ96話)、約140時間にわたる大作であるが、
昨日ようやく見終えることができた。

当初の感想では、曹操、劉備、関羽がいまいちイメージと違うという話をさせて
頂いた。これはあくまでルックスの問題だけだったので、半年に渡ってみ
たせいもあり、今では曹操といえば?関羽といえば?と聞かれると、このドラマ
の役者の顔がパッと思い浮かぶ。

ここには、全役者のイメージは書ききれないが、前回紹介しきれなかった、袁紹
袁術、趙雲、黄忠、馬超、龐統、魏延、馬謖、荀彧、許褚、曹仁、司馬懿、曹丕、
孫策、孫権、周喩、魯粛、呂蒙、陸遜など、どの役者も好演なので、それぞ
れのイメージにピッタリだった。

これらの役者の中で、最もはまり役だったと思うのが次の写真の人物である。

ryuzen.jpg

写真左の諸葛亮…ももちろんはまり役なのだが、この役者は2番めのはまり役
で、最もハマっているのは写真右の劉禅である。

劉禅は、劉備の息子で三国志の中では暗愚な人間の代名詞のように言われて
いる。

このドラマに出てくる名将たちは、本当に三国時代を戦ったキリッとした
武将で何かしらの人間的魅力が醸しだされているのだが、この劉禅について
は見かけからして人間的魅力のないタダのデブ君主で、初登場の回のときに
は笑ってしまった。

中国広しといえど、よくこういった情けない役のできる役者を見つけてきたな
と思うと、これからの中国の歴史物ドラマには大いに期待したいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月25日 04:55 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

フィリピン珍道中

フィリピンと言えば、我々日本人に馴染みのある言葉としては、フィリピーナ
やフィリピンバナナがパッと思い浮かぶ。

さらに、何が思い浮かぶ?と聞いても、あとはセブ島とか、ゴミの中で暮らす
子供たち、ヤクザの潜伏先などしか思い浮かばないだろう。

フィリピンの観光の見所は、スペインの植民地時代にスペイン人が滞在した
と言われるイントラムロスぐらいしかなく、日本人にも馴染みが薄いので、
観光地としては人気がないようである。

私は、現在、アジア方面から行っていない国を旅することにハマっているが、
2年前にフィリピンに観光に行ったことがあるので、そのことを書いてみたい。

この国を一言で言うと、生きていくためにはなんでもやる人間が多いという
ことである。

たった3日の観光であったが、
・子供に財布をスられそうになる。
・悪徳警察官に低額だが金を騙し取られる。
・馬車使いの親父にボッタクられる。
・強盗にあう。

と4つの災難にあった。

人に、フィリピンの観光はおすすめできないが、その時の様子を旅行記にし
てあるので、興味のある方は見て欲しいと思う。

2010年フィリピン旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/travel/201003Philippines/index.htm



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月24日 04:37 ] フィリピン | TB(-) | CM(0)

七五三の早撮り

うちの娘は、今年三歳なので七五三の年である。

七五三といえば11月15日に行われる行事であるが、写真スタジオでは早撮り
と言って、こういう季節はずれの時期に行うと色々と特典があったりする。

写真撮影は、嫁が予約しており、昨日撮影となった。

撮影はスタジオアリスで行った。

スタジオアリスは、以前、ハーフバースデーというイベントで撮影したことがある。
このときは、黄色いハリボテのドレスを着て、鉢巻リボンをつけて撮影したが、
いつ泣き出すかわからないような状況で、なんとか撮り終えることができた。

今回は、それ以来2年ぶりぐらいになる。

和装と洋装の2種類の衣装を十数枚撮って、48,000円のところを、38,000円で
ある。

最初は和装である。

親バカではあるが、髪を綺麗に結ってもらってとても可愛かった。

娘だけの撮影を2パターン、家族写真を1パターン撮るところまでは順調だった。

ドレスに着替え、娘がお嫁に行く時にはこんな感じなのかな、でも遠い将来のこ
とだと思いながら、1ポーズ目は順調に撮ることができた。

遠い将来とはいえ、あっという間なのかもしれない。

感慨にふけっていると、撮影から1時間半ほど経過していたこともあり、娘も飽き
ており、お姉さんの頭をなでたりボールで遊んだりして、撮影は困難を極めた。

しかしながら、撮影するお姉さんたちは、娘をあやすために色々と技をつかいな
がらも何とか無事写真を撮り終えることができた。

写真は綺麗に撮れており、自宅用のアルバムと実家用の写真を購入した。

ちなみに、嫁側の親が10月に再びスタジオアリスで撮影をするというので、実際
の七五三の日とあわせて、3回七五三気分を味わうことができる。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月23日 05:25 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

保育園の盆踊り大会

昨日は娘が週1で通っている保育園の盆踊り大会があった。

盆踊りといえば、8月のお盆に死者の霊を供養するための行事なのであるが、夏休
みのイベントと化していて、夏休みに入った7月中旬ごろからやる所も多いという。

嫁は、実行委員のため一足先に、盆踊りの会場に行っていたのだが、私と娘は15
時ごろに家を出始めた。

娘のお友達を見るのがとても楽しみである。

家を出た頃はあいにくの雨だったが、盆踊り大会が始まる16時頃には雨がやんで
くれた。

保育園は6組ぐらいに分かれていて、最初はそこそこ大きい子たちが踊っていた。
曲名が「オジー自慢のオリオンビール」という沖縄民謡的な曲でなかなかおもしろ
かった。

うちの娘の組の番になり、同じく組のお友達と一緒にやぐらにたった。

うまく踊る子もいたのだが、恐らくそんな子は月から金まで通っている子供である。 

うちの娘は水曜日にしか預けないので、ろくに訓練も受けていない。
やぐらを走り回るだけだった。

面白かったのは、2歳児のクラスで、リズムに合わせて踊っている子供もいれば、
じっと立ち止まっている子、泣きわめく子などがいた。

 

この現象はどこかで見かけたような・・・

そうだ。おかあさんといっしょのぱわわぷたいそうそのものである。
こちらも、元気な子、走り回る子、立ち止まって何もしないノリの悪いコがいたり
して、微妙によしお兄さんなどが、うまくフォローしていることがある。 

途中、焼きそばや焼き鳥、フランクフルトを食べながら、園児や踊りの先生の
盆踊りを見て楽しんだ。

盆踊り大会など、生まれてから行った記憶がなかったが、なかなか面白いもの
であった。


オジー自慢のオリオンビール



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月22日 04:34 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(2)

2012年 沖縄旅行記

7/13(金)~7/16(月)の4日間、沖縄に旅行に行っていきた。

沖縄は、本土と違った独特の文化があるため、外国に行くような気持ちで行った。

海外とは違い、日本なので、いろいろな意味で旅行が楽だった。

旅行に行く前は、レンタカーを借りるかどうかで迷ったが、レンタカーを借りて
正解だった。

友人のブレイク氏とも名古屋で会って半年ぶりの再会を無事果たすことができた。

お互いに40代で、仕事上での気苦労や愚痴、沖縄の歴史などを話しながらの
旅行は非常に有意義だった。

ホームページの方も更新したので、お時間がある人は見て欲しい。

2012年 沖縄旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/domestictrip/201207Okinawa/index.htm



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月21日 00:00 ] 沖縄県 | TB(-) | CM(4)

ちんすこう

沖縄のおみやげで、職場にちんすこうをおみやげとして買った。

ちんすこうは、琉球王朝の時代から沖縄地方で作られたお菓子であり、
ポルトガルやスペインが起源だとも言われている。

このちんすこうは、一言で言うと崩れやすいクッキーという感じで、一口で
食べないと粉のように崩れてしまうので、注意して食べないといけない。

特筆するほど美味しいものではないのだが、不味いものでもなく、価格も手頃
であり、職場で配るにはちょうどいいおみやげなので、あまり親しくない職場
の人に、義理で買うにはちょうどいいのでよく売れているのではないかと思う。

沖縄のお茶であるさんぴん茶と、職場に配ったちんすこうのおみやげの残り
食べながらブログを書く旅好きおやじであった。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月20日 04:01 ] おみやげ | TB(-) | CM(0)

AKB48 東京パステルサンド

昨日、出張帰りに久しぶりに東京駅を利用した。

引越しする以前は頻繁に東京駅を利用していたので、東京駅限定でAKB48のお菓
子が売られていることは知っており、特になんとも思わなかったが、昨年末横浜に
引っ越した後、このAKB48のお菓子を全く目にしなくなったこともあり、今度いつ東京
駅に来られるかもわからないため、AKB48のお菓子があることを思い出し、家への
おみやげに買って帰ることにした。

売り場に行くと、7/23までの限定販売ということで、赤、緑、黄色の3種類のパステ
ルサンドが売られていた。

赤はいちご、緑は抹茶、黄色はオレンジである。

一つ1,350円ということもあり、3つとも買って帰ろうかとも思ったが、財布も寂しかっ
たので、赤のいちごだけにした。

チョコレートケーキの生地でいちごのマシュマロが挟まれており、なかなか美味し
かった。

家に帰り、うちの娘にも1つ与えたところ、美味しそうに食べていた。
そして、親に黙ってもう一つを取り出し、ハサミを使って袋を切って食べていた。

もっともっと食べたいというので、もうダメと叱った。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月19日 03:59 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

木田 太良

タイトルを見て何だと思われた方も多いのではないだろうか。

この名前は、浪花のモーツァルトこと、キダ・タローの本名である。

そんなことは、さておき、私はキダ・タローに何の感情も持っていない。

しかしながら、私の潜在意識の中には、キダ・タローの作曲したメロディーが
染み付いており、私を構成する要素の一部になっているような気がする。

テレビっ子だった私は、今でもたまに頭の中で次のメロディーが流れること
がある。
「ル、ルルル~カンピューター、ル、ルルル~カンピュータール、ルルル~カ
 ンピューター、花の新婚カンピューター」
「ラーブアターック、ラーブアターック、ん~かぐや姫、ん~」
「ノーン、ストップ、ゲーム」
「とーれとれぴーちぴっち、かに料理~」

関西人以外の人はあまり知らないと思うが、関西人は幼い頃から、これらの
メロディーが頭に刷り込まれているのである。

そんな中で、子供の頃、朝のラジオ番組で、毎日のように流れていた
「おめでとうのうた」を聞く機会があり、非常に懐かしい気分になった。

最初に、キダ・タローに何の感情も持っていないと書いたが、実は、私の
中枢部分から、キダ・タロー色に染まっているのかもしれない。

  


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月18日 04:58 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

ロンドンオリンピック

そろそろ、ロンドンオリンピックなのに、日本国内はあまり盛り上がっていない気が
する。

何故なのか?確かに前回以前と違うのは野球がなくなっていることもあるが、それ
だけではないようである。

Wikipediaによると、どうもメディア規制がしかれているようなのである。

オフィシャルスポンサー以外の企業にはOlympicという単語を使用した宣伝を禁じ
るだけでなく、Londonや2012など、今大会を思わせる単語を組み合わせた宣伝
も禁止するとしている。

また、開催後も、観客が会場内で撮影した画像のアップロードや、自分を撮影した
記念写真、ツイートまで禁止するというのである。

確かに、今までオリンピックと言ったら、テレビ番組やCM、またはアーティストなど
が五輪を思わせる曲をヒットさせて、徐々に雰囲気が盛り上がっていき、本大会を
迎える頃には、みんなのテンションが高まる感じなのだが、オリンピック開幕まで
あと10日なのに、テレビ番組での露出が少ないように感じている。

猫も杓子も皆オリンピックという空気は、人それぞれ好き嫌いがあると思うが、私は
せっかくの4年に1度のオリンピックなのに、この盛り上がりに欠ける状況には、な
んとなく違和感を覚えている。

まあ、そんな空気には惑わされず、陸上やサッカーなど好きな種目を見ることに
したい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月17日 04:56 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

日商簿記2級合格までの道

私が簿記を勉強するきっかけになったのは、ぷりきっつあんという、以前このブ
ログに遊びに来てくれていた友人の影響である。

私が、会社に入り2年目か3年目ぐらい(1994年~1995年)の頃、いつもやって
いる長電話の中で簿記の話題になり、次の日に「簿記講義3級」という本を購入
した。

買ったのはいいが、中身が全くわからず、そのときは、情報処理1種を目指して
いたこともあり、すぐにあきらめた。

その後、仕事でオープン系の手組の生産管理システムを構築するプロジェクト
のメンバになった。

一応、上司はいたものの、私に丸投げされ、実質的に私がこのプロジェクトを、
切り盛りすることになった。
1億円規模のプロジェクトを、入社4年目ぐらいの若手に切り盛りさせるという
今考えると、滅茶苦茶な状況だった。

そのプロジェクトでは、残業時間が160時間という、過労死したら労災認定する
ような残業時間が半年つづいたのだが、何とか1997年12月に立ち上がった。

立ち上がった後、半年ほどバタバタしたのだが、何とか落ち着き、定時で帰れる
ようになるまで暇になった。

そのころ、記事の冒頭で登場したぷりきっつあんが、就職のために東京に
引っ越してきた。

友人の少ない私は、これで週末は一緒に遊べる友達ができたと思っていたのだ
が彼はLECという資格の予備校の自習室で、簿記の勉強をやるというのである。

先のプロジェクトで、原価管理に関して一通りの知識ができていた私は、再び簿
記の参考書を見せてもらうと、工業簿記についてはなんとなく理解できた。

一方、商業簿記は相変わらずわけが分からなかったのだが、彼の勧めるまま、
同じように毎週末LECで勉強することになった。 当然平日も定時に帰れるので、
勉強時間は確保できた。

少し横道にそれるが、私は資格の勉強をしたら、時間と勉強内容を記録している
ので、当時の記録を見てみると、1998/8/12から勉強を開始し、だいたい30時間
ぐらいで簿記3級の範囲を、50時間ぐらいで簿記2級の範囲を勉強し、70時間か
けて過去問を何度か繰り返しやった。 

参考書は、TACの「イメージテキスト」という今のネットスクールの「とおるテキスト」
元のバージョン、問題集は同じくTACの「出題パターンの解き方」というものを使っ
た。この2つを何度も繰り返した。

試験は、その時住んでいた市の商工会議所で受験した。この試験は商業高校の
学生が目指す試験でもあるので、女子高生が多かったことを覚えている。

出題された内容は覚えていないが、例年と同じような傾向の問題が出たと思う。
合計152時間の勉強の甲斐があり、1回の受験で合格できた。

それまで、情報処理の1種と2種には受かっていたが、それほど資格に執着してい
なかった私だったが、このLECでの勉強をきっかけに、毎年必ず資格を1つ取ると
いう目標を立て、2008年までの11年間ずっと達成することができたのである。

nishoboki2.jpg

つづく

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月16日 05:39 ] 簿記 | TB(-) | CM(0)

BABOK

ここ5~10年で、ITに関連する業務手法や知識体系が、だんだん整備されている。

日本の経済産業省所管の独立行政法人であるIPAからは
・共通フレーム2007(システムライフサイクルのプロセス明確化)
・システム管理基準(システムライフサイクルにおけるコントロールの実践規範)
・システム監査基準(システム監査人の行動規範)
が定められている。

国際的には、古くから組織のプロセスの成熟度を管理するCMMIがあったり、
最近の流行りでは、資格試験として知識の認定制度がある
・PMBOK(プロジェクトマネジメントの知識体系)、
・ITIL(ITサービスマネジメントにおける成功事例をまとめた書籍群)
などが広く認知されている。

また、ITガバナンスの実践規範としてCOBITというものもある。

要件定義については、BABOKという知識体系ができている。
ビーエーボックと読む。

BABOKとは、どのようなものなのかということで、本を2冊ばかり読んでみたの
だが、PMBOKやITILと同じように、これを知っていれば仕事が出来るというもの
ではなく、知識体系であり、システムの上流または超上流の分析をするときに、
この考え方を念頭において考えれば、漏れ抜けは少ないよという程度のもので
ある。

BABOKについて、本を2冊読んでみたが、企画フェーズや要件定義の際には
UMLやBPMN(業務フロー)、DFDやER図などを使ってモデル化していくという
点において、要件定義の経験がある私にとって目新しくなかった。

では、BABOKの何が良いのだろうか。

今までのシステム開発において、業務上の課題やニーズ背景といった(Why)に
ついて、を要件定義時に整理していくが、ほんとうに必要な解決策(What)が明
確にされないまま進んで、運用テストの段階で、こういうはずではなかったとなっ
てしまう。

また、我々システム屋は上記のモデル化技法を使ってシステムをどのように(How)
作るかは得意であるが、「顧客に直接要求はされていない解決策」つまり、What
が何なのかを追求する能力が弱いと言えるかもしれない。

我々システム屋は、要件定義や契約を盾にとって話をすることが多いが、いくら
要件定義書で双方が合意していても、その合意自体が、本当に必要な解決策
ではなかった場合、顧客側は釈然とせず満足できないのではないだろうか。

BABOKでは「必要なこと」を明確にするための活動で、BABOKの実行者であるビ
ジネスアナリストは、ユーザーに言われた表面的な要求だけを聞くのではなく、
「ほんとうに必要なこと」を明確にするのである。

つまり、最近のシステム屋には、ユーザよりも業界の知識を知り尽くしていることを
要求されており、今後はそのフィールドで飯を食っていかなければいけないのである
と思った。

今回の記事で参考にした本



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月15日 04:31 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

NOSQLの基礎知識

とある講習会で聞いた話だが、2011年度にもっとも注目されたIT関連のキー
ワードは「ビッグデータ」であるとのことであった。

IT畑にいる人間なら、このビッグデータという単語を一度は聞いたことがあると
思うが、この世界にいる人間以外は聞きなれない言葉だと思う。

ビッグデータとは、その名の通り「大きなデータ」ということなのだが、Twitterや
Facebook、Gmail、amazonなど、全世界規模で使われる巨大なデータベース
のことである。

どれぐらい巨大化というと、Twitterなら1日10[TB]の勢いで増えていくぐらい巨
大なのである。

規模にもよるが、生産管理システムや販売管理システムのような、テキストベー
スの情報を管理するシステムであれば、その1/1000の10[GB]も取っていれば
何年分もデータを持てる。これらのデータベースは、正規化という作業を行い、
システムで管理しやすいように設計する。

一方、ビッグデータで扱うデータは、一度登録したら更新することが少なく、
テーブル構造も単純であるのだが、データ量が多いゆえの技術が必要になっ
てくる。

例えば、今までのデータベースであるRDBは、ACID特性と言って、原子性、
一貫性、独立性、耐久性が満たされなければならないと言われてきた。
(原子性というのは、一連の処理がすべて実行されるか、一つも実行されない
 かのどちらかの状態になっていること)

一方、ビッグデータの方は、ACID特性を重視するのかBASE特性を重視する
のかは、システムによって変わるとのことである。

BASE特性というのは、私も初めて聞いたのだが、
「アプリケーションは基本的にどんな時でも動き、常に整合性を保つ必要はな
 いが、結果として整合性が取れる状態に至るという特性」
ということである。

ここでいう、どんな時でも動くということを実現するために、今までは信頼性の
高いサーバを1台から数台を用意していたのだが、何TBもあるデータを保管
する必要があるシステムでは莫大な金額になる。

NOSQLのデータベース製品では、安いサーバ複数台にデータを分散しておき
サーバやストレージの容量が足りなくなったら、買い足せば良いという発想で
ある。
その内の1台や2台が壊れたところで、他にも分散してデータを保管しているた
めビクともしない。これが「どんな時でも動く」ことを安価で実現できるということ
なのである。 
これをRDBで実現する場合、トランザクション処理が複雑なのと、分散してデー
タをもつことに特化しているわけではないので、効率が悪い。

この本では、NOSQLについてアーキテクチャ面での解説が多い。
データモデルは、
 ・キーバリュー型
 ・カラム型
 ・ドキュメント指向型
 ・グラフ型
の4つがあり、構造が単純なためRDBのような正規化という発想で設計する
のではないことや、
100近くあるNOSQL製品のうち、主なものの紹介、
整合性、拡張性、柔軟性、機能性、永続性から見たNOSQL製品の選択基準
の紹介など、実際にNOSQL製品を選び、ビッグデータシステムを構築するた
目の情報が満載されている。

10年近く前に、情報処理試験のテクニカルエンジニア(データベース)をとった
時は、データベース技術であるRDBは一度習得してしまえば、一生使えるもの
だということで、新たな技術など出ないのかと思っていたが、ストレージやメモリ
が安くなり、データの位置づけにおいて劇的変化が起きてしまったのである。

このことについて、データベースを少し知っているぐらいのレベルの人は、スト
レージやメモリも安くなったので、正規化をしなくても、システムができ、
NO-SQL(SQLはいらない)と解釈してしまうかもしれない。

確かに、CPUも高速になり、大容量のメモリやストレージを使えば、RDBという
のは過去の遺物になるのかもしれない。
しかし、RDBの設計技術は整合性(この本で言うところの強い整合性)を確保す
るためには、いくらデータが高速に扱えても必要な技術であるとおもう。
なので、NOSQLというのは「SQLはいらない」という意味ではなく、「SQLだけ
では十分でない」つまり「SQLとNOSQLの共存」という解釈をしたいと思う。 

ビッグデータは、こういった世界規模のシステムだけではなくJ-SOXのための
ビジネス文書の長期保管、システムの操作ログ、スマートグリッドという家庭の
電力の使用状況ログを24時間とり、それを分析し電力使用量を抑えかつ、安
定供給に利用され始めている。

繰り返すが、この本はビッグデータを、アーキテクチャ面で説明して非常に参考
になる本だった。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月14日 05:16 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

安室奈美恵

今日から沖縄へ旅行に出発である。

沖縄といえば、女性タレントの宝庫であるが、その中でもひときわ輝きを放っている
存在が、安室奈美恵であると思う。

1992年にスーパーモンキーズとしてデビューした。

最初の頃は、結構いろんな所にドサ回りをしており、あまり売れていなかった記憶
がある。

その後、安室奈美恵 with SUPER MONKEY'Sとなり、ヒット曲を連発した。
私も、このぐらいから、安室奈美恵のファンになった。

小室哲哉がプロデュースするようになってから、人気が加速し、ミリオンセラーを
連発し、TRFのダンサーSAMと結婚する。

私もこのぐらいから、安室奈美恵から離れ、モーニング娘。などに興味は移って
しまった。

そんな中、母親が殺され、九州沖縄サミットでは各国首脳の前でNever Endを
披露し、その後にSAMと離婚する。

普通の人間が一生かかっても味わうことのできない経験を数年の間に経験する。

その後、一定の人気は持続し、デビューして20年たった今では、音楽だけでは
なく、ファッション、生き方などカリスマ的な存在である。

また、慈善活動ではアメリカ同時多発テロ、スマトラ沖地震、東北大地震では
多額の寄付をしており、一般の人間である私ごときが彼女のことを悪く言える
要素が一つもない。

年齢は私よりも7歳下であるが、尊敬できる人物である。






最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月13日 03:20 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

予定のない海外旅行の計画(イスラエル)

イスラエルといえば、ユダヤ人により建国された国であるが、このところ、あまり
いい印象がない。

エルサレムに国のあったユダヤ人は、紀元135年ローマ帝国に国を追われ、ヨー
ロッパ一帯に散り散りになった。キリスト教徒との関係から各地で差別的な目で見
られながらも、一部のユダヤ人はその商才で力をつけるのだが、ヨーロッパ人か
ら見るといちいち気に触るのか、第2時世界大戦時には標的にされ、多くのユダ
ヤ人が虐殺されるという悲劇があった。

いっぽう、ユダヤ人を追い払ったローマも衰退し、エルサレムの周辺には、アラブ
人が住みはじめた。
1000年以上たち、第2次世界対戦が終わった後、そこに住んでいたアラブ人を
追い払い、ユダヤ人たちはエルサレムを首都にして国を作ってしまったのである。

さらに、悪いことにイスラエル建国後、パレスチナ在住のアラブ人の虐殺や迫害を
続け、自分たちがナチスにやられたことを忘れたのかと、私は憤りを覚えるのであ
る。

とは言うものの、旅好きの私にとってそれはそれで、実際にどういうところなのか
観光したいと思っている。

イスラエルには直行便がなく、大韓航空、ウズベキスタン航空、エールフランス
などで行くことになるが、エールフランスはパリ経由になるのと、ウズベキスタン
航空はいまいち安全性がよくわからないので、不本意ではあるがソウル経由の
大韓航空に乗って行く。安ければ8万円程度である。

よく言われることは、イスラエルに入る際、アラブ系の国のスタンプがあると、
入国できないというデマがあるが、そんなことはない。反対に、イスラエルのスタ
ンプが押されていると、入国できないアラブの国がるので、イスラエルに行く場合、
パスポートの期限まではアラブ諸国に行かないと覚悟を決めなければならない。
(そんな大層なことでもないが)

テルアビブ空港で、入国審査を済ませた後は、エルサレムに行く。

エルサレムは、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地または重要な地で、
3つの宗教施設が密接している。

まずは、ユダヤ教の嘆きの壁


次にイスラム教の岩のドーム


最後にキリスト教の聖墳墓教会


である。

最近、エルサレムから10km離れたベツレヘムに、キリスト生誕の教会が
世界遺産登録されたのだが、パレスチナ自治区の世界遺産のため、イスラエル
が怒っているというのである。3つの宗教が絡みあい非常に難しい。



エルサレムやベツレヘムを観た後は、出国して日本に帰る。

ただし、イスラエルの出国審査は世界で一番厳しいそうで、イスラエル内での行動
接触した人物、次の行き先などについて根掘り葉掘り聞かれ、もしその質問の中で
矛盾をしたことを言おうものなら中々出国を認められないそうなのである。

旅行者にとって、かなり敷居の高い国であることは間違いない。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月12日 05:16 ] 予定のないシリーズ・ほか | TB(-) | CM(0)

サービス残業について

ここのところ、予定外の残業が続いている。

1つは、部下の作業ミスにより、全社システムのとあるファイルを消去した問題、
もう1つは、アウトソーシング業者で出力している時間帯の帳票がお客さんに配布
されていない問題である。

先週から立て続けに起こっている。

この手のトラブルは、実際ミスをした人間を叱るだけでは効果が少なく、何でそ
んなミスが起こったか、再発を防止するためにはどういった仕組みにしなければ
ならないかを考えなければならないし、早急にお客さんにも説明する必要がある。
管理職はそういうことを考えるため残業しなければならなくなるのだが、本音の部
分では、残業することが嫌いである。

仕事がノッているときや、納期に追われているとき、そして今回のようなトラブルの
際には残業をするが、いわゆる「つきあい残業」が大嫌いである。
すべてのつきあい残業を含むサービス残業をカットすれば、うちの会社も利益が
増えると思うのだが、人間は感情の動物なので、今後円滑に仕事を運ぶためにも
XXさんより遅く帰ることもあるし、毎日定時で帰る人間には、つきあい残業を嫌いと
言っている私自身がいい思いを持てないと、理屈ではなかなか説明できないもの
なのである。

さて、残業という話題でうちの部で極端な例があるので紹介してみたい。

部下のM氏は、毎月決まった日に残業があるが、それ以外は必ずと言っていい
ほど定時で帰ってしまう。 

他の人間が忙しかろうと関係がない。
仕事というのは、ムラがあるものなので、毎日定時で帰れる人間というのは、自分
の経験上も、定時の間仕事がパンパンということはなく、暇ということである。

上司である私の仕事の与え方が悪いのだろうと思うのだが、いくら、仕事を与えて
も、勝手に納期を遅らせて早く帰ってしまうのである。

彼は、主任クラスであるのだが、若手社員レベル以下のの働き方しかできない。
任せている仕事は、社内向けの仕事であり、納期について厳しくとやかく言うこと
もなかったのだが、甘やかしていたのがいけなかったのだろう。

主任クラスとみなしていたので、ある程度の裁量で仕事を任せていたが、最近は
若手社員のようにこと細かく納期を指定して仕事を与えることにした。イヤそうに
仕事をしているが、周りとのパフォーマンスのバランスを考えると彼にやらせるし
かない。彼のホームページを見られるので見てみると、本音では嫌なようで、
家族の出来事の多かった日記も、最近チラホラと会社のぐちが目立つようになっ
てきている。

対象的な例として、上司は必ずといっていいほど残業をしている。
私が見る限り、そんなに残業をしなければならないほど忙しいわけではない。
私は、最近は18時半~19時ぐらい、遅くても20時までに会社を出るのだが、
帰るのが私より遅いのである。

上司が残業をしていると部下は帰りにくいと一般的によく言われる。
良い部下なら、なにか仕事はないですかと助けるのだろうが、この上司は、忙しく
なくても残業をする性格なので、そんな気の利く言葉も数回に1度発するぐらいで、
先に帰ることにしている。

それほど忙しくないときは残業をしない人間、残業をしたがる人間、残業一つを
とってみても人によって考え方が違うようだ。

仕事に対するその人の考え方が出るのが残業なのだろう。

私の場合、好きな仕事をしているとき、トラブっているときに責任を果たさなけれ
ばいけない場合など、自分がいないと仕事が前に進まないときなどには、残業
をするが、誰かを待ったり、誰かが帰らないから帰りにくいので残業するという
つきあい残業やサービス残業はごめんである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月11日 04:07 ] サービス | TB(-) | CM(2)

おかあさんといっしょファミリーコンサート

いつも、1日に10~20通メルマガがくるのだが、殆どの場合、読まないか、少し見
て捨てている。

NHKのキッズワンダーランドというサイトにも会員登録しているので、ときどきメル
マガが来るのだが、ほとんど読まずに捨てることが多い。

たまたま、読んでみると、
「おかあさんといっしょ スペシャルステージ 2012」
【さいたま公演】と【大阪公演】 のチケット一般販売中です!

と書いてあった。まだまだ空席があるようなので、応募した。

1歳以上、席の値段が2,500円と3,000円の2種類の席がある。

娘は3歳で、公共交通機関等はお金がかからないのだが、このコンサートでは
いっちょ前に大人と同じ料金を取られる。

まあ、メインはこどものイベントなので仕方がないが。

ローソンで3,000円の席を家族3人分予約し、8月18日の埼玉公演に行くことにした。

そいうえば、最近、おかあさんといっしょを見なくなったな。

ポスターを見ると、ダンスのお姉さんが新しく変わってしまったようだ。

一応、前任者であるまゆお姉さんもステージには立つようだ。

まゆお姉さんは、番組の演出上、うたのお姉さんであるたくみお姉さんの引き立て
役であり、ヨゴレ役が多かったのだが、そういったヨゴレ役を進んで買ってでている
ように見えた、まゆお姉さんのほうが、ぶりっ子のたくみお姉さんよりは好きである。

娘と私に癒しを与えてくれた、まゆお姉さんさようならと言いたい。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月10日 04:59 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(2)

横浜Fマリノス 対 セレッソ大阪

うちの嫁が何かの抽選で、一昨日のJリーグの観戦チケットを当てた。

恐らく、横浜市民枠か何かの招待チケットのようである。

嫁は全くサッカーに興味はないが、応募したのだそうで、結構当選確率も高いとの
ことである。

さて、試合は横浜Fマリノス対セレッソ大阪であり、個人的にはどちらを応援してよ
いかわからないような試合であった。

というのも、私は大阪出身でありセレッソ大阪を応援するのが普通だとは思うのだ
が、Jリーグ自体が私が社会人になり、首都圏に引っ越した後に開幕したことから、
セレッソ大阪にはあまり愛着がない。
ただ、かつての名選手である森島や西澤は好きである。

今回は、横浜Fマリノスからの招待チケットなので、そのチケットでセレッソを応援
するのは、信義にもとる行為(大げさか)であり、横浜Fマリノスを応援した。

試合は19:00キックオフなので、18時頃にはニッパツ三ツ沢球技場に到着した。


この日は七夕であるがあいにくの小雨状態である。

球技場の中は七夕の短冊が飾られていた。
今となっては、Jリーグは良い感じで落ち着いているが、昔盛り上がっていた頃は、
七夕の日には、Jリーグのチームを東と西にわけ、Jアルタイル対Jベガでドリーム
マッチがあり、私もテレビで観戦していた。


雨は小雨というか霧雨の状態である。家族3人で並んで座り、600円の焼きそばや
300円のフランクフルトを食べていた。


そろそろ試合が始まるところなのだが、我々はかっぱを持っておらず、売店売って
いるポンチョは2,000円近くすることもあり、嫁と子供は傘をさすために電光掲示板
の近くまで移動してしまった。



普段アルコールを飲まない私は、めずらしくビールとするめを買って観戦すること
にした。

雨は更に強ったことや、傘を指しての観戦はできないという忠告などもあったので
嫁と子供は、キックオフから10分もしないうちに帰ってしまった。

いくら招待とはいえせっかく来たのだ。ゴールぐらいは見て帰りたい。


前半に横浜Fマリノスを先制点を決めた。


雨は更に強くなったため、私もハーフタイムでスタジアムから去った。

家に帰って結果を見たところ、1対1でドローだった。

娘はわけが分かっていないが、スタジアムの雰囲気が好きなようなので、また
Jリーグの招待チケットに応募し、観戦にきたいと思う旅好きおやじであった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月09日 04:31 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

いじめについて

昨年、いじめを苦にした学生の自殺について、ここ数日ニュースやネット上を
にぎわせている。

いじめは許せないことである。

ただ、そんなだれでも言えるようなことを叫んだところで何も解決しない。

人間は、生存の欲求があり、人よりも有利な条件で生き延びたいという欲求から
優劣をつけたがり、それがいじめにつながるのだろうと私は思う。
私も、小中学生の頃はいじめたこともいじめられたこともある。

中学の時、ある優等生がクラス全体からいじめられるという事件があった。
このとき、未熟な私もいじめる側に周ってしまった。
その時は、学校の担任の山内先生(実名)が、いじめた人間全員に対し往復ビンタ
をしたのだが、今考えると、この教師の行動は尊敬に値する。

特に、若い小中学生というのは、大人になりきれておらず不完全な存在なので、
いじめがないように、周りの大人がサポートする必要がある。

当然、第一の責任は加害者にならないようにする親であるが、親の目の行き届か
ない学校では教師にもサポートをする責任があると思う。

私も子供がいるが、学校に通いだすと、いじめる側もしくはいじめられる側になる
ようなことが、かなりの高確率であると思う。

そんなことにならないように教育し、多少のいじめやいじめられることに関しては、
目をつぶるとしても、ひどく悩んでしまっているようであれば、親として加害者の
家庭に怒鳴り込みに行くだろうし、ひどいいじめをしていると分かったら、被害者
の家庭に侘びに行き、自分の教育方針の何がいけなかったのかを反省しなけれ
ばならないと思う。 

ただ、かすかな子供の頃の記憶をたどってみると、子供の社会において、いじめ
る、いじめられるといったことに、親が入ってくるというのは、この上ない恥である。
いじめられていることを親に分かられたくないという気持ちが働くので、隠す。
だから、怪我をしているとか、いつもにもまして落ち込んでいるという変化点がな
ければ、親は気づくことは難しいと思う。

さて、ここ数日、この大津いじめ自殺事件において、加害者の祖父が主と思われる
のブログが炎上している。

頑固親爺の徒然手記(難問解決への道標)
http://uitakahyotan.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

(なんとなく、私のブログのタイトルと似ている気がするが・・・)

このブログの主が、加害者の祖父であるかどうかまでは断定できないが、この
ブログの主が、加害児童の祖父だと仮定すると、こんな無神経な書き方はない。

言っていることの多くは正論であると思うが、頂けない主張として、いじめに気づ
けなかった被害者の親に責任があると言っているのである。
被害者の親が自殺した生徒をどう育てたのかなど、この祖父にはわかる由もな
いはずなのに、短絡的に決めつけで書いているのである。

いじめというのは、先程も書いたように子供の側からすると、親に介入されること
はこの上ない恥なのである。それを育て方が悪いとか、教育現場に責任転嫁す
るなという言い分は、仮に加害者の祖父という立場から言っているすると、無神
経この上ないのである。

もし、このブログの主が、加害児童の祖父だとすると、被害者の親に責任転嫁す
る前に、自分の子供への教育のあり方はどうだったのか、孫の子供への教育の
あり方はどうだったのか、猛反省すべきである。 
(もし、とか、仮にと書いているのは、このブログの主が全く加害児童と関係がな
 ければ、私のこの記事が決めつけの短絡的なものとなってしまうためである)

一方、この事件において、加害児童の顔写真や親の勤め先、いじめを見てみぬ
ふりをした教師のプライバシーが丸裸にされてしまっている。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4711.html


これはこれで、怖いことだが、既に拡散しており隠す必要もないと思うので、
リンクを張ってみた。
 
最近、「なりたくない人のための裁判員制度」という本を読んだ。
裁判の本質は、被害者の人権の保護ではなく、加害者が確実に事件を起こし
たことを立証することにあるのだという。

ただ、被害者に同情的になる人たちは、不確定情報である加害児童の祖父と
思われる人のブログのコメント欄の数を見ればわかる。
この頑固親爺の主が別人であったとして、別人の 頑固親爺には申し訳ないが
コメントを書いた人たちは、ブログという場所を借りて何か言わないと収まりが
つかない。それほどの事件なのである。

加害者の情報が出ているサイトにリンクを貼った私を含め、裁判員になる資格の
ある日本国民はそれほど多くはないだろう。

でもそれが本音なのではないだろうかと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月08日 03:52 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(2)

カナダへ留学した知人

以前、うちの会社に派遣で来ていた女性がいた。

年齢は25歳前後で、美人で愛嬌がよく、しがない中年オヤジである私のような
輩でも、彼女から声をかけてくれて色々と話しかけてくれた。

芸能人に例えると、少し古いが、加藤紀子に似ている。

自分の娘も、彼女のように誰からも好かれるようなコになってほしいと思う。

そんな彼女も、半年ぐらい前にカナダへ留学するため会社を辞めてしまった。

彼女が在職中に、フェイスブック上で友達になった。
「友達」の状態なので、タイムライン機能で彼女の投稿がデフォルト表示される。

彼女の性格からか、投稿も多いため、フェイスブックを開くと、彼女のカナダでの
様子がわかる。

ただ、少し気になるのが、外国人と行動するよりも、9割以上が同じくカナダに
留学している日本人と遊んでいる様子が書かれているのである。

フェイスブックは断片的に投稿されているだけかもしれないので、一概には言え
ないのだが、これがカナダでの生活を物語っているのではなかろうかと思う。

成人した女性の行動であるし、何を目的に留学したのかも聞いていないし、
彼女の留学費用を負担しているわけでもない赤の他人の私がとやかく言う話で
はないのだが、ここは私のブログなのでとやかく言ってみたい。

仮に彼女の留学目的が「観光」目的であれば、目的に沿った楽しい生活をしてい
ると言えるが「語学の習得」であれば、これほどもったいないことはない。

せっかくカナダにおり、周りには英語やフランス語を話す人間がいっぱいいるので
ある。 日本人とのつきあいをゼロにする必要はないが、もう少しセーブして現地の
人たちと付き合うべきではないかと思う。

もし、娘が成人して自分の金で留学したいというのであれば、目的はどうであれ、
見聞が広がるので反対はしない。

ただし「語学の習得」が目的で海外に留学するというのであれば、知人の彼女の
ような生活をしていると知った場合、親として苦言を呈したいし、苦言を呈しても、
その苦言に少しは耳を傾けることが出来るように娘を育てたい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月07日 04:11 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(2)

速くかつほどけにくい靴紐の結び方

私は歩くのが好きなので、休日はよく、横浜、桜木町、関内、石川町界隈を
1人、もしくは、娘をベビーカーに乗せて歩いている。

歩数にすると20,000歩前後になる。

靴は紐靴なので歩いているとほどけることがある。

靴紐もほどけやすい時と、ほどけにくい時があり、なぜこうもばらつきがあるのか
いまいちよく分からない。

最近、また靴紐がほどけやすくなってきたので、昔にほどけにくい靴紐の結び方
を研究したことがあったことを思い出し、思い出しついでにやってみた。

通常、靴紐を結ぶ場合、輪っかを作ってそれを立てに巻いて、巻いたところに、
もう一個の輪っかを作って引っ張るという、いわゆるちょうちょ結びをするが、
この結び方は、輪っかを2つつくって、引っ張るだけである。

靴紐がほどけやすいとお悩みの方は、一回やってみても良いだろう。劇的に、
ほどけにくくなると思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月06日 04:17 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

ボッコちゃん

私はほとんど小説を読まない。

想像力が欠如しているのだろうが、小説を読むぐらいだったら、映画やビデオを
観るか、ロールプレイングゲームをするか、マンガを読んでいたい。

ただ、気が向いたら1年に何冊かは小説を読むことがある。

長編は嫌でも、短編なら読んでも良いかなと思う。

今回購入したのは、星新一のボッコちゃんである。

星新一の小説は、小学校の頃教科書に載っており、非常に印象的なストーリー
だったのでよく覚えている。

このボッコちゃんは、美人なロボットでバーのマスターが暇つぶしに作ったという
設定なので、さすがに小学校の教科書に載せるわけには行かないと思うが、
ページにして数ページ、物語の土台となる情景も浮かびやすいし、オチもおもし
ろい。

こういう、短編がたくさん詰っているボッコちゃんを買って読み始めている。

まだ、最初のほうしか読んでいないが「殺し屋ですのよ」や「暑さ」は、
オチも含めてなるほどと思わせ、好きである。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月05日 04:55 ] 読書 | TB(-) | CM(2)

ネットワークはなぜつながるのか 第2版

私は約20年IT企業に勤め、その内の半分以上がシステムの運用・保守の仕事
だった。

システムの運用・保守をやるためには、例えば「生産管理システム」などのアプ
リケーションの業務知識や、システムの基盤になっているOSやデータベース、
プログラミング言語の知識や、設計に関する知識などが必要となる。

ネットワークに関する知識は、構築を担当する人間でなければ、トラブル発生時
ぐらいしか使うことがない。

長年、ITで飯を食っているので、さすがにNW機器の種類や機能に関しては答え
られるが、それがどうやって動いているのかといった原理的なところは全くの素人
である。

そういうネットワークの素人にとって、この本は少し難しかった。

この本では、我々が家庭などから、ブラウザでURLを入力してからホームページ
が表示されるまでに関連する、ハードウェアやソフトウェアの役割に従って説明が
ある。

Webブラウザ、TCP/IP、LANドライバ、ハブ、ルータ、アクセス回線、電話局、
プロバイダ、大容量光ファイバ、ファイアウォール、キャッシュサーバやそれに関わ
る、DNSサーバやロードバランサなど、NW機器の応用層から物理層まで幅広く
解説してくれている。

Amazonの投稿にもあったが、素人レベルの私には少し敷居の高い本のようである。
IT関連の本を読むときには、前提知識が多いので、スラスラ読めるのだが、この本
に関しては、なかなか頭に入らず読むのが少し苦痛だった。
ただ、昔から何気なく使っていた、ソケットやパイプといった言葉の意味が理解でき
てよかった。

Amazonの投稿には、マスタリングTCP/IPの入門編のほうが分かりやすいと書かれ
ており、図書館でマスタリングTCP/IPをチラ見したところ、確かに素人にもわかりや
すかった。
ネットワークはなぜつながるかの本については、もう少し詳しい人向けのようである。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月04日 04:28 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

アイアンマン2

この8月に上映されるアベンジャーズに関係し、現在までに上映されている
映画のうち、この映画が私が観た最後の映画になる。

アイアンマンの続編なのだが、これが前作を凌ぐおもしろい映画だった。

「戦う実業家」という設定がまず面白く、さらに、敵役のレスラーのようなロシアの
物理学者も相手としては、ベタでわかりやすくて良い。

そして、アベンジャーズの映画にカメオ出演を繰り返している、スターウォーズの
黒人ジェダイ役でお馴染み、サミュエル・L・ジャクソン演じるSHIELDの長官、
スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャも、セクシーでかつ立ち回りもかっこいい。

映画では、キャプテン・アメリカの盾や、ソーのハンマーなども出てきており、
他の映画とのコラボ状況もバッチリである。

この映画を見ることによって、8月のアベンジャーズが非常に楽しみなになったの
だが、単体でも十分に楽しめる。

さらに2013年にはアイアンマン3も上演される予定があるということで、
これから登場するこれらの映画を映画館で見るのが非常に楽しみである。


さすがは21世紀のマリリン・モンロー。ええケツしてるなー。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月03日 04:47 ] 洋画 | TB(-) | CM(0)

今年の目標達成、黄色信号??

今年も、早いもので半年が過ぎた。

もう一度、今年の目標をおさらいしてみる。

1.システム監査とITストラテジストのダブル合格
2.体重を80.0kg以下にする

1つめの目標は、システム監査合格ということで50%を達成し、現在のところ、
ITストラテジストの学習ペースも順調である。

しかし、2つめの目標が黄色信号が灯り始めている。

昨年の大晦日にサウナで測った体重が100.2kgだった。

その後、約3ヶ月で87.8kgと12.4kg落としたのだが、さらに3ヶ月後の現在、
86.1kgで、1.7kgしか減っていないのである。


このままのペースで行くと、年末にはせいぜい3kg前後しか痩せることができず、
目標の20kg減ができないのである。

脂肪というものは、内臓脂肪は簡単に落ちるが、皮下脂肪はなかなか落ち
にくいと言われている。
また、間食も良くするようになってしまっている。

メンタル面を今年初めの状態に持って行き、間食を慎み、かつ、何か運動を
して、何とか20kg減を達成したいものである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2012年07月02日 04:10 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2012年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
182位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム