旅好きおやじの日記 TOP  >  2013年01月
月別アーカイブ  [ 2013年01月 ] 

2013年1月 ベスト書籍ランキング

今月読んだ本は12冊である。

12月から1月にかけて、健康関連の本を読みまくったが、今日紹介するのは
それ以外の本である。

なお、下記の本も含め、今月読んだ本は、読書メータにも簡単に感想を記載している。

http://book.akahoshitakuya.com/u/256475/cat/258332



■第1位:ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法(購入)



私が英語の勉強を止めたのは4年近く前になる。

それまでは、管理職の登用試験の受験条件としてTOEICのスコアが求められてお
り、あまり乗り気ではないものの、1日のうちの1~2時間は英語の勉強に費やして
いた。 そういう生活が2~3年続いていた。

4年前に、仕事が忙しかったこともあり勉強どころではなくなったのだが、その仕事
が終わった後も、全然成果の上がらないTOEICの勉強をするよりも、資格の勉強
に集中したかったこと、読書の面白さを知り、さらにはこのブログでアウトプットする
ことで、より知識を深めるというサイクルが回わり、苦行でしかなかった英語の勉強
を再開していては成し得なかったことが色々でき、この2~3年は自分にとって、か
なり成長したと思っている。

とはいえ、最近世の中では何かと、グローバル、グローバルとうるさく言われている。

日本語でのコミュニケーション能力を高めるほうをもっと優先すべきことだとは思う
のだが、リスク管理的に全く英語を勉強しないのもいかがなものかと思うようになっ
た。

一方で、今年の9月にアメリカの東海岸に旅行に行く予定なのだが、英会話の勉強
をやろうと、書店の英会話コーナに行くと、この本が置いてあった。

中身をみると、英語力を上げることよりもTOEICの点数を上げることが目的に書かれ
ている。

旅の英語とTOEICのスコアアップは、方向性は違うものの、どちらも同じ英語である。
TOEICのスコアが上がれば、英語にもう少し興味も持てるであろうと思い読んでみた。

この本に書かれていることは、
 1.中学英語をマスターすること
 2.単語力upにはDUO3.0が有効
 3.TOEICの公式問題集はTOEICのスコアアップに一番有効

ということで、TOEICの勉強ではわりとよく言われていることしか書かれていない。

ただ私の4年前までの勉強方法は、単語よりも文法中心だった面があり、英検2級な
どの資格はとれたが、TOEICのスコアはあまり上がらなかった。

今受けるとおそらく500点前後にしかならないと思う。

スキマ時間で単にボーと歩いている、徒歩通勤時間が往復で1時間半あることを考え
ると、この時間をDUOの勉強に当てられるではないかと気づいた。

それを気づかせてくれただけでもこの本を読む価値はあったと思う。

数年前の英語の勉強の際、DUO3.0をmp3形式にしたデータはパソコンに保存してあっ
たし、DUO3.0も捨てずにおいてあったので、これを使って学習して行きたい。


■第2位:「友だちいない」は"恥ずかしい"のか(図書館)



私は、子供の頃から一緒に遊ぶ友だちは、多くて同じクラスでせいぜい4~5人ぐらい
で、その中から、2~3人ぐらいでつるむという遊び方をしていた。

母親からは「あんた友達少ないな、XX君は友達多いのに…」と言われたり、関西の文
化人で私が大嫌いだった故藤本義一氏が「友だちが少ない奴にろくな人間はいない」
というセリフを真に受け、友だちが少ないことは悪いことだと刷り込まれてきた。

大学に行っても、友だちの多さを自慢するヤツもいたりして、私はレベルの低い人間
なのかと悩んだこともあった。

しかし、今は、かえって友だちが少ないことが良かったと思っている。
自分の時間を多く持てることにより、いろんなことに対して興味を持ったし、読書や資
格の勉強、旅行などで自分の知識や教養を高めることもできた。

これにより、自信がつき、コミュニケーション能力も上がり、一応管理職を張れるま
でに成長したと思っている。

もし、子供の頃の母親や故藤本義一の言葉に惑わされ、上辺だけの友だちをいっぱ
い作り、上辺だけの付き合いを続けていれば、時間もろくに取れず、自分の能力も高
まらず、悶々とした日々を過ごしていたことだろう。

この本でも、私の持論と同じようなことが書かれており共感が持てた。

本では、
・「孤独」と「孤立」を同一視してしてはいけない。
・将来の孤独に漠然と不安に備えて仲間と一緒にいたいと考えるのではなく、
 「いま」をもっと楽しもう。
・「孤独力」を高め自立した個を確立しよう。
と言った主旨のことが書かれていた。


■第3位:デフレ化するセックス(購入)



この本については1/30(水)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20130130.html


■第4位:2045年問題(購入)



2045年にはコンピュータが人類を超える。

確かに、今のコンピュータの発展はめざましく、40年以上前にウルトラセブンで出て
きた腕時計型のテレビ電話なんかも、それ以上のものがスマートフォンとして実現さ
れていたりする。
これがこのまま続けば、10年で1000倍、20年で100万倍、30年で10億倍、40年で
1兆倍になる。
これを実現するためには、この数十年でなかった物理的な限界が色々と出てくるの
だが、人間は別の方法を見つけ出すと予想されるので、今後もこの法則に従うとい
うのである。

コンピュータは感情を持たないので、ただ計算速度が早くなるだけではないかとも
思ったのだが、更に読んでみると、コンピュータが苦手とし我々が得意であるパター
ン認識なども、脳のシナプスをシミュレーションすることにより実現に向けて動いてい
るし、
入出力インタフェースも、現在は声の認識が、iPhoneのSiriなどによりかなり使える
ようになっているが、今は口パクや脳波を直接読み取る技術もアメリカのちゃんとし
た研究機関により研究されているという。
さらに、網膜をディスプレイにするような研究もされている。

これは、コンピュータをもって歩きさえすれば誰でも、めちゃくちゃ頭の良い人間
になってしまい、個人差などが無くなるということである。

そして、さらにムーアの法則がずっと続けば、人間の脳のシナプスのシミュレーショ
ンが全人類の脳みそを超え、コンピュータが取って代わるというのである。

それが2045年ということらしい。

さらに、コンピュータは発展を続けるであろうから、人間がコンピュータを制御でき
なくなり、ターミネーターやマトリックスのような世の中が近いうちにほんとうに来
てしまうのかもしれないと思った。


■第5位:納得しないと動かない症候群(購入)



私は体育会系ではないが、新人の頃である20年前は、上からの指示は絶対と考えて
おり、多少疑問をもつようなことはあったものの、上司からの指示の理由など深く考
えたこともなかった。

そんなことを考えて動かないよりは、上司のいうことを聞いていればとりあえずは、
あっていようが間違っていようが動いたほうが、自分には責任はないし、上司の指示
の理由など深く考えても意味がないと考えていたからである。

しかし、今は、なんでもインターネットで調べたりできるようになり、情報もすぐに手
に入るようになった。
調べればなんでも出てくるようになったのだが、仕事に関してはググっても出てこ
ない。
「なぜ、その仕事が必要なのか」
と疑問を持つ。すぐに答えが知りたいから上司に聞く。納得がいかなければ、動か
ない。となるのであると本には書かれている。

確かにそうなのかもしれないが、古代エジプトの時代から「最近の若いものは・・・」
と記されていたように、おやじ世代が若い世代に対して感じる物足りなさは、昔も今
も変わらないのではないかとも思う。

ようは、若者の資質というものは昔と今で比べても似たり寄ったりで、環境が変わっ
ただけのことなのだと思う。

おやじ世代も、若者に対して嘆くよりも、環境の変化についていかなければならな
いということである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2013年01月31日 04:45 ] 読書 | TB(-) | CM(2)

デフレ化するセックス

以前、同じ著者の「職業としてのAV女優」という本を読んだ。

この本は、さらにセックス産業全般における女性の取り巻く環境について書いている。

規制緩和により非正規雇用の女性が増えたことや、インターネット時代となり性行為
に対する敷居が下がったことが、女性をこういったセックス産業に流れやすくなったと
述べている。

最初に紹介されている女性は、某一流企業に務めている女性である。

大学時代に吉原の高級ソープランドでアルバイトをしていたそうである。

その大学も、そのへんの大学ではなく、日本の私大で1,2を争う慶應義塾大学なの
である。

地方出身で親の年収が600万円前後だと、仕送りといっても月5万円程度が捻出で
きるのがやっとなのに対し、生活費や学費で必要な金額は24万円。
つまり、学生が手取りで19万円稼がなくてはならない。

この金額は一般的なOL並の給料である。

授業に通いながら、あいている時間でアルバイトをするだけでは、生活費+学費を稼
ぐことができず、頭のいいその女性が選んだバイトというのが高級ソープランドだった
というのである。

女性の学力に見合った大学を選んだら、慶應大学だったとのだが、親の年収では賄
いきれなかったのである。

この記事を読んで、娘を持つ親としては、なんともやるせない思いになった。
せっかく勉強させ、頭がいいから慶應に入れたはいいが風俗嬢。

なんて親不孝だと思ったが、本人はポリシーをもってやっているのである。

また、非正規雇用の女性が稼ぐ給料では、東京で働くには厳しく、家賃を除いた生活
費が、貧困ラインである85,000円にあるという。
だから、風俗に流れるとのことである。

本を売るために、ある程度オーバ目に言っているようではあるが、セックス産業の敷
居が下がったことにより、女性も多様化してきているのは確かだろう。

このため、セックス産業で高額を稼ぐためには、容姿、知的レベル、コミュニケーション
能力が問われ、一昔前の精神的に不安定な女性では務まらなくなってきているとの
ことである。

容姿が良くないと務まらないため、普通の女性がセックス産業に行っても、たいした
収入は得られず、セックスもデフレ化してしまったのだという話である。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月30日 04:55 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

長女が生まれた日

今日現在、妻は妊娠38週目である。

通常、40週目前後に生まれるというが、36週目が臨月であり、37週目が産科では
正産期といっていつ生まれてきてもおかしくない状況にあるという。

長女が生まれた4年前の5月の話をしたい。

当時、私は、タイでのシステム導入プロジェクトにプロジェクトリーダとして関わって
いた。

ちょうど、その時は4/26に日本を発ち、5/16までの3週間タイで仕事をするはずだっ
た。

長女の出産予定は5/14~20であり、日本に帰ってきたらちょうど生まれるぐらいか、
もしくは出張中に生まれるのかなどと考えていた。

当時は、その時の言い方でいうと「豚インフルエンザ」が猛威を振るっていた状況
であり、なんか得体のしれない新型インフルエンザが流行っているということで、
行ったばっかりの、5/1に社長から帰国せよという指示が出た。

その時、担当レベルではお客様もタイに行っていた我々も、
「インフルエンザぐらいで緊急帰国するの?そもそもインフルエンザが見つかったの
 は日本であり、タイはまだ感染者が出てないんだけど…」
などと話していた。

しかし、お客様側の社長は、
「懸命な判断です」
ということで帰ることになった。
従業員の生命を預かる社長の立場としては、当時得体のしれない新型インフルエン
ザでどうなっていくかもわからない状況では、この判断も致し方なしということなのだ
ろう。

仕方が無しに緊急帰国し5/2に日本についた。

そして、翌5/3。
妻が毎日日課でやっている散歩から帰ってきたら、破水しているという。 

通常、陣痛→破水の順番なのに、破水が先に来たのである。

私は慌てて、妻の産婦人科医院に車で連れて行った。

あとから聞いたのだが、破水したらすぐに連れて来なければいけなかったらしい。

数時間に渡り、妻の背中を擦ったりして、いよいよという時に妻はお産室に入った。

赤ちゃんの脈拍がすごい上がっているという状況で、産科医も看護師さんも、あた
ふたしていた。
赤ちゃんの脈拍音が速いペースで、ドン、ドン、ドンと聞こえてきて、一時はどうな
ることかと思ったが、元気な女の赤ちゃんが生まれてきた。

そして、今では元気に育ち、今年の5/3で4歳となる。

サラリーマンをやっているので、妻の出産に立ち会うことはできないと諦めていたし
どうせ4/26~5/16の出張の間に生まれるのだろうなと考えていたのだが、
このインフルエンザの緊急帰国により、妻が破水したところから車での送り迎えも
含め、偶然に偶然が重なりピンチもすり抜け無事出産ができたのである。

日頃、神仏を信じない私も、この時ばかりはこの偶然に感謝した。

そして、次女。

もういつ生まれるかもわからない状況であるが、土日でも無い限り妻の出産に立ち
会うのは無理だろう。

これもサラリーマンの宿命。長女のようなケースは稀なのである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月29日 04:35 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

ディジタル回路入門早わかり

エンベデッド技術者対策として、先日の「電子回路のキホン」を読んだが、ひきつづき
特に論理回路についてもう少し詳しく書かれている本は無いものかと、図書館で探し
て見つけた本。

今、エンベデッドスペシャリストの勉強をしており、ソフトウェア的な部分は過去の勉
強の延長線でできるのだが、ハードウェアについては苦戦している。

エンベデッドスペシャリスト試験対策の本を読んでも、単語とその解説的な記述が多
いため、理解せずに暗記になってしまうため、今ひとつ進まない。

この本を読むと、ディジタル回路での当たり前すぎるが、情報処理技術者にとって当
たり前ではないことを、やさしく解説されている。

例えば、私のようなエンベデッド技術者ではない情報処理技術者は、論理回路とい
えばいきなりAND回路やOR回路の記号を見せられ、それがどのように使われてい
るのか全く知ることもないのだが、ICのゲジゲジの脚であるピンが、InとOutに対応し
ていることや、TTLの動作電圧が5Vで、5VがHigh、0V(アース)がLowというようなこ
となどを知った。

あと、例えばD/A変換(デジタルアナログ変換)の手法である、重み抵抗型についても、
それぞれの入力の抵抗値を変え、それぞれに流れる電流の和をもってアナログ値に
変換していることなど、原理がわかってよかった。

ようは、エンベデッド技術者試験の勉強だけではよくわからない行間を読む的なデジ
タル回路技術者の常識的な知識を得ることにより、暗記から理解に変えることができた。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月28日 05:30 ] 電気・電子工学 | TB(-) | CM(0)

ライフ・オブ・パイ

昨日は、嫁の実家で夕方まで過ごし、夜に横浜に戻ってきた。

夜はそのまま家に帰ってもつまらないので、レイトショーを見に行くことにした。

2つ候補があり、桜木町の横浜ブルク13で20:45からやっている「テッド」か、高島町に
ある横浜MM109シネマズで20:05からやっている「ライフ・オブ・パイ」のどちらにしよう
か迷っていた。

どうせなら新しいほうを見たほうがいいので、「ライフ・オブ・パイ」にした。

この映像は哲学的で映像で魅せる映画ということで、昨年大阪の映画館で見たくそ
つまらない「ツリーオブライフ」 と同じようなものだったらどうしようかと思っていたのだが、
ブレイク氏のブログの記事をみたところ、なかなか面白いとのことで安心してみることが
できた。

この映画は、前半の宗教的な哲学的な考え方や、インドを舞台にしたストーリーも面白
かったし、後半の虎と漂流する話も面白かった。そして映画全編にわたる映像美がす
ばらしかったと思う。

この映画に出てくる太平洋での漂流は実際には無理があるとは思うが、虎の最後の最後
の行動はすごいリアルだった。

結局虎は虎。人間と虎は分かり合えないということである。
LIFEOFPI.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月27日 05:23 ] 洋画 | TB(-) | CM(2)

早期退職する教頭について

今週、ニュース番組を騒がせているニュースに、公務員の早期退職というものがあ
る。

話の概要は、公務員の退職金が段階的に引き下げられることにより、12月に辞め
た場合に比べ、3月の定年まで働き上げたほうが、退職金が平均で140万円減額
されるというである。

これについては、一番の原因は退職金の引き下げの制度設計の悪さにあるのだ
が、それを言ってしまうと、このブログはこの行で終わってしまうので、実際の早期
退職者やそれを聞いた反応について書いてみたい。

昨日、朝のテレビのニュースで、徳島の教頭が卒業まで一緒にいられなくて非常
に残念で、子どもたちに申し訳ないと言っていたとのことである。

私は、この教頭の考え方が、どっちつかずの一番偽善的な意見だと思った。

教師の選択肢としては、
1.3月まで働いて収入が減るのは馬鹿らしいので12月に辞める
2.教師として務め上げてきたのだから退職するまで今の職務を全うしたい。
のいずれかである。

この選択肢は、1、2どちらが正解とかあるわけではない。

その人、その人の仕事に対するポリシーもあり一概に言えない。

私なら1を選ぶだろう。

教師も労働者である。140万円は惜しい。 

また、退職金の額も2,500万円とそれほど多いわけではなく妥当な額であり、
数年前に話題になった現役世代の給料よりも高い年金をもらっている日本航空
のOB老人たちとはわけが違う。

自分のお金のために、子どもたちにどう説明するのか?守銭奴ではないかという意
見もあるが、私はその意見を吐く人間に言いたいのは、

「じゃー、お前がその立場になってみろよ」

と問うてみたい。

確かに、教師を志す人の中には、金八先生のように誇りを持ち、子どもたちと一緒に
職務を全うしたいという教師の鏡のような人も多いと思う。

しかし、昨今のわがままなモンスターペアレンツやら、学級崩壊の対処に当たり、昔
のような綺麗事を言ってられる世界ではないと思うし、そもそも、教頭先生なんて、
子供の側から見たら、いてもいなくても一緒である。

私が、この教頭の立場なら、この徳島の教頭のような言い方をせず、何もいわず、
学校を去り、もし保護者から問われれば「お金のためにやめました。何か?」
と開き直るだろう。

そして、もし守銭奴だと言う噂が立つのであればそれも構わないし、もしそのような
ことを言う人に対して、
「カネのために仕事を早くやめて何が悪いの?あんたは今の仕事を定年まで働いて
 退職金が減ってもいいの?」

と逆に問うてみたい。

「普通の会社なら早期でやめるけど、先生は3月まで働くべき」などという答えを
をするようであれば、
「じゃー、お前が先生になってみろよ」とか「働いてやるから140万円くれ」
と言いたい。

しかし、このニュースを聞いて、一番立派だと思うのは、お金ではなく3月まで勤
めあげる選択をした教師たちだと思うし、こういう先生は尊敬に値する。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月26日 04:58 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(6)

私が愛したWizardry1

商品のネタがないので、今回も私の愛したゲームシリーズをやってみる。

今回はWizardry1である。

前回ご紹介した、Ultima1~3と並び、世界のロールプレイングゲームの草分け的存
在である。

Ultimaは総花的な感じで日本人にあまり受けなかったのに対し、WizardryはPC98
を持っているゲーム少年であればプレイした人も結構いると思う。

Wizardryの何がよいかというと、絶妙なゲームバランスと、ゲームシステムである。

6人のパーティーを組んで、ダンジョン(3D迷路)を歩くのだが、パーティーの初期設定、
レベルアップ時、モンスターの出現率、戦闘後にモンスターが落すアイテムなどが、
すべて確率が違う。

これの何がいいのかというと、MURAMASA BLADE!やGARB of LORDSなどといっ
たレアアイテムを落とすGLATER DAMONやPOISON GIANTなどのモンスターの出
現率も低く、やりこみ要素が増えるのである。

また、これらのレアアイテムは、キャラクターの各種ステータスが高くないとなれない
職業である、SAMURAIやLORDしか装備できないため、キャラクターを成長させなけ
ればならない。

Ultimaはいかにもアメリカ人的発想で、とりあえず何でも盛り込んどけばいいやという
感じであまり練られていないのに対し、Wizardryはかなりゲームについて研究して作
られているという感じである。

このWizardryの職業、キャラクターのステータス、アイテム、モンスターの出現率など、
のちのドラクエやファイナルファンタジーなどのゲームのお手本とされている良いゲー
ムシステムなのである。

ゲームの内容であるが、狂王トレボーにより召喚された6人のパーティーが、迷宮の
地下10Fにいるワードナという魔導士をやっつけに行くという単純なストーリーである。

このトレボーとワードナはこのゲームの作者ROBERTとANDREWの読みをさかさまに
したものであるというのは、Wizardryフリークであればだれでも知っている話である。

ラスボスWERDNA


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月25日 04:22 ] レトロゲーム | TB(-) | CM(0)

おやじ必読 愉しく続ける 糖質制限ダイエット

去年、ダイエットで12.5kgを減らした。

20.0kgを減らす目標に対して、最初の4ヶ月で12.5kgまでいったものの、そこから8か
月間増減するだけで減らなかったのである。

今年の目標は体重を75.0kgであるのに対し、元旦時点の体重が87.5kgであるから、
同じ12.5kgを減らさなければならない。

大胆なことをしなければと、最近話題になっている「糖質制限」をキーにした本を探し
ていると見つかったのがこの本である。

本によると、肥満の原因は糖質をとったあと、血糖値を抑えるために膵臓から分泌さ
れるインスリンであり、これが空腹感につながるというのである。

人間の摂る3大栄養素は、タンパク質、脂質、炭水化物であるが、炭水化物を絶った
としても、タンパク質や脂質から人間の筋肉や脳のエネルギーの源であるブドウ糖は
生成できるし、糖をとらないほうが常に脂肪を燃やし続けるのでやせるという。

昨年も、糖質ゼロに関する本を読んだが、「肉食動物は炭水化物を取っていないから
人も取らなくても大丈夫だ」というトンデモ理論だったので、懐疑的で相手にはしなか
ったのだが、この本は説得力もあったし、糖質制限を唱える医者も多くなっていること
から自分もやってみようかと思った。

本を読んでから3週間。

この糖質制限ダイエットをしているが、1/24現在の体重が84.5kgと去年8か月かけて
全然落ちなかった体重がいとも簡単に3kg落ちたのである。

ダイエットの成果については、2月に入ってから別の記事で書いてみたいと思う。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月24日 04:48 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

電子回路のキホン

エンベデッドスペシャリストの試験勉強をしていて、やたらと回路記号が出てくる。

抵抗、コンデンサ、コイルあたりなら、高校の時にも習ったり、最近では電気回路の本
読んだりしたのだが、電子回路系のダイオード、トランジスタ、オペアンプ(演算増幅器)
も試験には出てくる。

そもそも、電気回路と電子回路の違いって何?というレベルだったのだが、このレベル
では、試験の勉強も暗記任せになってしまう。

私が資格試験を受ける理由は、試験に受かることも目的ではあるのだが、その分野の
知識をちゃんと理解することも同じぐらい重要視している。

試験に受かるだけが目的なら必要がないかもしれないが、それだとおそらく合格した
あと綺麗サッパリ忘れてしまうだろうということで、回り道かも知れないが基本を押さえ
ることにした。

この本は、オームの法則が原子の構成といった中学レベルから、キルヒホッフの法則
や直流と交流レベルから、カラーでわかりやすく書かれている。
そこから、半導体の説明になり、ダイオード、トランジスタ、オペアンプについて、原理
や実物の写真まで載せられており、非常にわかりやすいと思った。

この本は、理工系大学生向けに書かれているというが、最近のこういった参考書は
本当にこなれてきており、今の学生位が羨ましく思った。

とうぜん、深く理解するにはこれでは不十分だが、勉強というのは最初のつかみが
大事であり、私はこういう本が好きである。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月23日 04:49 ] 電気・電子工学 | TB(-) | CM(0)

皇居ウォーキング

昨日に引き続き、今週の日曜日の話をしよう。

日曜日は、ツタンカーメン展を見に上野まで行ったのだが、混んでいたので断念した
のは昨日の記事のとおりである。

通勤定期があるので、電車賃こそ往復でも400円はしないが、1時間半以上かけて
東京まで来たのである。

何もせずに帰るのはもったいないので、皇居でも散歩してみようと、東京駅までやって
きた。


東京駅は、リニューアルオープン後、観光客も増えたというが、日曜日は思ったほど人
はおらず、写真に写っているような感じでまばらだった。

皇居に到着。皇居の周りを一周歩いたのは、今の嫁と結婚する前にデートで来て以来
だと思う。


その時と同じように、健康のため皇居を歩くことにした。

写真のように、車道も自転車に開放されているらしい。


桔梗門をくぐって東御苑へ。


中に入って、最初の休憩所。


ちなみに、電話の下にあるのは東芝のファクシミリPUBLICの広告である。

写っているのは、早見優である。

おそらく10代~20代前半のころの写真だろう。

民間のスペースであれば、こういった古い広告は時代によって敏感に変わるものだ
が、ここは皇居である。広告を出すという発想はそもそもないのだろう。

江戸城本丸跡。


江戸城の本丸は1657年に焼失し以後、再建されなかった。
皇居のことを江戸城という人も言うが、それはそれで合っているのだが本丸はない
のである。

門を出て、皇居の内堀通りを散歩することにした。皇居ランナーがちらほらいた。


さらに歩いていると、後ろから続々と皇居ランナーが走ってくる。


皇居はこのように、自然が残っており景色もきれいである。
写真は半蔵門周辺。


だんだん、皇居ランナーが増えてきた。


日曜日は、ランニング日和ということもあり、ランナーが続々と後ろを歩いてきた。
なんでも、東京マラソンが始まった2007年あたりから人が増え始め、今では休日
ともなると10,000人前後が皇居の周りを走っているそうなのである。

たしか、前に嫁と散歩した時はこんな人はいなかった。

ぞくぞくとくる。ランナーは華やかな女子も多く、後姿を見ていると目の保養にもなっ
た。


国会議事堂周辺。人は続々走ってくる。


桜田門をとおり、二重橋方面へ。


二重橋方面は皇居ランナーの立ち入りができない。
ほっと一安心である。

皇居の外周は、ほぼ5kmということや、信号もなく立ち止まる必要もないので、ランナー
にとっては絶好のランニングコースなのである。

私も、もう少し痩せたらランニングを開始したいと思っている。

しかしながら、皇居を歩いてみて思ったことは、ランナーが多くなりすぎて少し危なさを
感じた。

2~3年前に言われたような、タイムトライアルをするため、ゆっくり歩いている歩行者に
罵声を浴びせるランナーというのはこの日はおらず、それほどマナーの悪さも感じなかっ
たが、それでも横一列なって走ったりと、歩行者の邪魔になっている人もいた。

私が、皇居ランニングを開始するときには、マナーを守って走りたいと思った。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月22日 05:14 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(2)

あぁ上野駅の13

先週の土曜日は、試験勉強で5時間ほど頭を使ったので、昨日は完全なオフとした。

去年の夏ごろから上野でやっているツタンカーメン展が最終日ということで、せっかく
だから観に行くかと思い、久しぶりに上野まで行ってきた。

電車に乗って、ツタンカーメン展の値段などを見ていると、3,000円もするということで、
「高いなあ」ということで士気はかなり落ちてしまった。

そんなこんなで上野駅到着。


立花英樹くん。久しぶり。


上野公園の美術館に行ったところ、ぎっしりと人がいた。

これを見た段階で、1時間以上並ぶのは必至だと思い、上野はやめてほかの
場所に行くことにした。

と、その前にアメ横でつまみでも食べようかということで寄ってみた。


いろいろ、おいしそうな店があるのだが、実は私は今、糖質制限ダイエット中なので
炭水化物は正月から食べていない。

アメ横を歩いていると、からあげやがあった。

糖質制限ダイエットをしている人でも、糖質の少ないからあげならばなんとかなると
思い店に入り、からあげの中を注文した。

店員のイントネーションを聞いていると嫌な予感がした。

韓国なまりの日本語だったのである。

もう、注文した後なので取り消すわけにもいかずからあげができるのを待った。

なんでも、この店はからあげは普通だが、上につけるソースが20種類ぐらいの中から
選び放題だというのである。

マヨネーズ、からし、ソースなどをいろいろ試してみたが、悔しいが、トッポキ味の
ソースが一番おいしかった。

上野と言えばもう一つ確かめたかったことがある。


それは、13番線ホームのトイレである。

13番線のトイレの何が名物なのかと言われる人も多いかもしれない。

私も、次の記事を見るまではその正体を知らなかった。

東京deep案内「【台東区】アッー!禁断の上野駅13番線ホームトイレ」
http://tokyodeep.info/2011/09/17/000000.html


この東京deep案内によると、ホモのハッテン場として有名だということである。

一般の人は、「ホモ」はわかっても「ハッテン場」って何?という人も多いだろう。

ハッテン場とはホモが集まって、ホモ行為をする場所のことで、サウナ、成人映画館、
公衆トイレなどが自然発生的にハッテン場になり、その噂をききつけ、同性愛者が
集まってくるというのである。

当然のことながら、私はホモではないが怖いもの見たさに行ってみた。

13番ホームトイレこちらです。初めて来たホモでもわかりやすいサイン計画。


deep案内には人通りが少ないと書かれていた。確かに13番ホームに来る人はいないが
中央改札口の近くにあり、周辺の人口密度は高い。

これがそのトイレ。何の変哲もない。


用を足してみたが、特に変わった気配はない。ただしなぜか大便の個室はすべてふさ
がっていた。人通りに比べれば明らかに不自然である。

トイレはこのように、でかく黒い金隠しがあった。


注意書きも書かれていた。


ちなみに、1年~半年ぐらい前までは、このトイレで用を足していると、ホモたちが
お尻を触ってきたり、小用を足している人のあそこを覗きに来たりと、被害が絶えな
かったそうである。

ようは、ホモたちが仲間だと勘違いし、普通の人を誘っているのである。

昨日は、日曜日ということと、パトロールが強化されていることなどから、そういう
ホモっぽい人は見かけなかった。

入った瞬間、明らかにそういう雰囲気があれば、小用など足さずに逃げていたことだろう。

しかしながら、トイレに防犯カメラをつけるわけにもいかず、不自然な大便の個室の
ホモ行為までは中々駆逐できないのだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月21日 05:37 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(2)

cheero

昔、一緒に仕事をしたことがあるパートナー会社のnomumoguさんという方のブログ
を見ていると、cheeroというリチウムイオン電池の紹介があった。

なんと、10000mAで2,000円台という破格の安さなのである。

早速、amazonで購入した。

パソコンなどのUSB端子から充電するタイプで、インジケータの青色のLEDの数で
バッテリーの残量もわかるのである。

大きさはスマートフォンと同じぐらいで、重さはスマホの数倍あるといったところか。

早速、バッテリーを充電後、バッテリーから携帯電話に充電してみた。

1分1%ぐらいのスピードで、約2時間で携帯電話にフル充電ができる。

しかも、10000mAもあるから、私の携帯電話の1240mAのバッテリーがほぼ空に
なってから充電しているにもかかわらず、5つあるインジケータは1つも減っていな
いのである。

単純計算だが10000/1240≒8.1と、8回ほど空の状態からフル充電できる計算に
なる。

休日などに、朝8時ごろ家を出て携帯電話でネットを頻繁に見ていると、2時~3時
ごろには空になってしまう。

つまり6時間ほどしか持たない。

このcheeroがあると、携帯電話の電池+cheeroの8回分の容量で、9回分電池が
使えるので、9×6=54時間持たせることができる。

当然、睡眠や食事などの時間はほとんど携帯を触らないので、cheeroがあれば、
充電ががなくても3~4日は充電しなくても持ちそうなのである。

これで、普段については全く充電を気にすることはなくなったし、海外旅行でも活用
ができるだろう。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月20日 05:03 ] 商品 | TB(-) | CM(2)

温玉ごっこ

昨年の年末から嫁が実家に帰っているため、一人暮らし状態である。

鍋やサラダなど、誰でもできるような料理を中心に自炊しているわけであるが、卵が
結構余るので、温泉卵にでもして食べようと思い買ったのが、この「温玉ごっこ」であ
る。



作り方は、沸騰させたお湯を温玉ごっこに注ぎ、卵を入れて30分待てばできあがりで
ある。

取説通りにやれば作れたわけであるが、取説を斜め読みして作ってしまったこともあ
り3回ほど失敗し、4回目でようやくちゃんとした温泉卵ができあがった。

失敗は以下の通り

1回目の失敗
 電気ポットで再沸騰したお湯を入れて作ってみたが、時間になっても白身が固ま
 らず。ポットのお湯では微妙に温度が低いのかだめらしい。

2回目の失敗
 まず、温玉ごっこに卵を入れておき、その上に、ぐつぐつに沸騰させたお湯を入れた。
 すると、卵が「ペッキッ!」という音を立てて割れてしまった。
 一応温泉卵のようなものはできたが、白身はあまり固まっていなかった。

3回目の失敗
 先に沸騰したお湯を入れた後、卵を入れてみたがやはり、白身はあまり固まらず。

3回目の失敗の際に、今までの手順に漏れがあったことが分かった。
沸騰させたお湯を入れた後、きちんと蓋をしていなかったのである。

蓋をちゃんとしめたら、30分待てばちゃんと温泉卵が出来上がった。

マニュアルはちゃんと見ろという教訓を得た気がする。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月19日 04:26 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

携帯電話はなぜつながるのか 第2版

われわれが、当たり前のように使っている携帯電話であるが、その仕組がどうなって
いるかが気になっているので借りた本である。

携帯電話の通信は、大きくはデータの通信と音声の通信に分かれ、それぞれ特性が
違う。

音声の方はリアルタイム性が重要視され多少データ誤りがあっても、あまり問題には
ならないが、データ通信の方は1bitでもデータが違うと使い物にならないが、1、2秒の
伝送遅延は問題にならない場合が多い。

このあたりまでは、システム屋ならば知っているであろう知識なので、再確認ができ
たという程度だが、

携帯電話がつながる流れについて、138~159ページ目にまとめられており参考に
なった。

固定電話だと電話局もその地域にあれば良い話なのだが、携帯電話は移動するこ
とが前提とされた仕組みである。

電波は移動通信制御局が、2011年春時点で約63,000局あり、その数は日本のコン
ビニの数より多い。さらにその配下に、無線基地局があり、そこで携帯の電波を
キャッチしている。

携帯電話は1つの事業者(docomoやsoftbankなど)でも数千万の端末があるので、
もし何も工夫せずに相手を呼び出す仕組みを考えようとすると、まず63,000局に問
い合わせして、そこから電話番号を探し、応答があった場合電話がかかることにな
るため、短時間で電話をかけることができない。

それを解消するために、ホームメモリーという全端末の情報管理をする仕組みが中
央にあり、携帯電話をもって移動し担当の制御局が変わった都度更新し、電話をか
けた際には、そのホームメモリのデータベースを最初に読みに行くというのである。

また、移動していても通信が途切れないのは、ソフト・ハンドオーバという仕組みで、
複数の無線通信局と同時に通信しながら、その中で電波の一番強い無線基地局
に切り替えているため、すべての無線通信局との通信が途切れない限り、携帯は
繋がっていられるのである。

あとは、交換機の階層構造の話や、音声コーデックの話は情報処理技術者試験で
も出てくる知識がベースとなっていた。

最近、LTEという言葉をよく耳にするが、そのあたりの話も第6章に書かれていた。
細かい技術的なことはよくわからなかったが、第3世代通信よりも、装置数を削減
することにより設備投資を減らし、コストを減らす工夫などをしているのだなと確認で
きた。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月18日 05:09 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

40歳からの「体の不調」をなくす本

特に体に不調があるかと言われるとそうでもないのだが、元気ですかと聞かれると、
慢性的に疲れており、若いころのような無理がきかなくなっている。

自分の健康には気をつけるため、通勤では往復1時間以上歩いたり、ラジオ体操を
したり、昔のように無尽蔵に間食や糖分のある飲み物をとるのを控えるようになった。

体重はある程度セーブでき、血圧なども正常であるが、何となくだるいのである。

この本は、食事、睡眠、運動について老化を遅らせるための方法がいろいろ書かれ
ているのだが、一つ興味を持ったこととしては、キレーションである。

キレーションとは、体内に存在してほしくない金属を肝臓から体外に排泄させる治療
法のことで、長年の人生でたまった有害重金属を出すことにより、血管年齢が若返る、
目がよく見えるようになる、脳梗塞や心臓疾患を予防する、がんを予防するなどの効
果があるというのである。

もう少し、詳細を調べてよさそうなら、私も受けてみたいと思う。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月17日 05:53 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

離れて暮らす娘の様子

昨日は、年末の休日出勤の振替休日だったため、昨日までは4連休だった。

昨日は、娘の幼稚園の制服や教材などを取りに行く日だったのだが、嫁は千葉の
実家に里帰り中であるため、お昼の2時半、つまり、幼稚園が終わる時間に合わせ
て、私が幼稚園に行った。

幼稚園の園長先生に、「幼稚園の教室に入るの何て40年ぶりですよハハハ」と
アメリカンジョークを飛ばすと、「ハハハそれは楽しいでしょう」と園児を相手にする
ようにあしらわれてしまった。(笑)

制服やおどうぐばこなどを見ていると、娘も4月から幼稚園か、大きくなったもんだと
思った。

最近の、娘の様子について書いてみる。

娘は嫁と一緒に、去年の12/27から千葉の嫁の実家にいる。

今週の日曜日は、娘と嫁の顔を見に行くために、千葉の嫁の実家まで遊びに行っ
た。

高速バスの終点である五井駅に嫁と娘が迎えに来てくれた。

娘は、最初こそ私と話してくれたものの、しばらくすると娘が目をあわせてくれなく
なった。
2週間ぶりに合う私に対して、照れていた様子であった。

3歳児の2週間は、私のような中年おやじにとっては1年ぐらいの感覚なのではない
だろうか。 こういう感情を持つようになったのかと嬉しく思った。

その後、徐々に打ち解けてくれて、いつもどおりの娘に戻ってくれた。

その日は、嫁の実家やその近くにあるショッピングモールで、普通の時間を過ごし
たわけであるが、2週間ぶりに過ごす家族との時間は貴重なひとときだった。

夕方になり、帰る時間になったので再び五井駅に向かった。

嫁が運転し、娘と私は後部座席に乗り、手をつないだ。

車のエアコンから暖かい風が吹いていて、娘が目をつぶり、うとうとし始めた。

私がつないでいる手を離そうとすると、娘が寝ぼけて目をつぶりながら、
「はなさないで、ずっといっしょにいて」
と言い、手を強く握ってきた。

私は、グッと来てしまった。

この子のためにも、来週からまた頑張ろうと思った。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月16日 05:46 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

食欲の科学

食欲というものはなかなか抑えられない。

ダイエットをしていても、停滞期に入り体重が減らなくなってくると、面白くなくなり、
食べ物を多く食べてしまい、体重が増える。

これの繰り返しである。

科学的に食欲を抑えられないかと思い、手にしたのがこの本である。

第1章の食欲はどこで生まれるのかについては、人間の体重はどれだけ食べても、
ある程度、一定の体重に保たれるという話や、食欲のメカニズムに関する学説の
話でなかなか面白いと思ったが、第2章のレプチン発見物語でのマウスによる動物
実験の話から専門的になり、理解するのが難しかった。

結局、食欲を抑えるにはどうしたらよいのかという私の疑問に対しては、ほかの本
でも書かれているような、時間をかけて食べることとか、よく噛んで食べること、20時
以降は食べないことなど、ありきたりのことしか書かれていなかった。

雑学的な知識として得られたこととしては、マウスの併体実験という話で、肥満のマ
ウスと普通のマウスの体を縫い合わせて一つにして、血液中の物質が肥満にどう
影響するかの実験の話が記載されていた。
人間の科学に貢献しているとはいえ、このような実験方法があるとは、少し残酷だ
とは思った。

あとは、アメリカの肥満体の人の中で、胃のバイパス手術といって、胃をカットして、
作った小さい胃袋を小腸とつなげるという手術がはやっているそうである。
アメリカらしい強引なやり方だと思った。 





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月15日 04:31 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

桃(タオ)さんのしあわせ

今、シネコンなどで上映している邦画やハリウッド映画で見たい映画がないので、
またまた、黄金町にあるシネマジャック・ベティというミニシアターに行ってきた。

今度はジャックのほうで見た映画である。

この映画は香港映画で、アンディラウ主演の映画ではあるのだが、カンフーアクション
ではなく、「老い」をテーマにした作品である。

アンディラウ演じる、ロジャーの家に60年間使えてきた家政婦、桃(タオ)さんの物語で
ある。
ロジャーが仕事で家に帰ると、いつもいるはずの桃さんから返事がない。

脳卒中で倒れていたのである。

その後、一命は取り留めるものの、ロジャーの計らいで、桃さんは老人ホームに入る。

まだまだ、老け込んでいない桃さんに対し、施設の老人は覇気がない。

さて、どうなることやら…

出演している俳優も、アンディラウ以外は香港を歩いていれば、どこにでもいそうな人
たちばかりで自然さがよかった。この映画を見て、2年前の香港旅行を思い出した。

違法増築ビルに、エアコンの室外機が何台もついていて、黒く汚れている、あの香港
の雰囲気そのままなのである。

また、電源プラグがうつるシーンがあるのだが、日本から持って行ったサスコムという
電源アダプターをどうやってさせばいいのか、苦戦した思い出などがよみがえった。

最初はそんな感じで、香港の雰囲気を楽しんでいたのだが、徐々にストーリーに引き
込まれる。

ラストは非常にせつない終わり方で、涙をすする人もちらほらいた。



久しぶりに悲しくなった映画である。
やはり親の老いという現実は受け入れていかなければならないだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月14日 04:26 ] ミニシアター | TB(-) | CM(4)

横浜駅周辺のスターバックス

嫁と子供が里帰りしているので、家で思う存分落ち着いて勉強できるぞと思ってい
たのだが、家では緊張感が保てずネットサーフィンをしたり、テレビを見たりしてしまう。

図書館で勉強できればベストなのだが、午前中に他の用事をすると電源席が満席
になるため、スターバックスを利用する。

スターバックスコーヒーは、docomoのWiFiサービスが使え、電源席も何席かあるの
で、パソコンを持ち込んで勉強するには最適な環境なのである。

横浜駅周辺のスターバックスは、昼過ぎに行くとかなり混んでいるのだが、店にはい
るとすぐに、店員が店内に入るか持ち帰るかを聞いてくれ、その後に席を確保させて
もらってから注文のカウンタに並ぶことができるので良心的である。

コーヒーの値段には、カフェの場所代も含まれていると考えてくれているのである。

スタバは地域により、サービス内容が均質化されていないのか、先に席を確保して
はいけないところもあれば、店員がゲストコントロールをしないところもあり、せっかく
席があいていると思っていてカウンターで並んでいたのに、後から入ってきた客に
席を取られイライラした経験がある人も多いのではないだろうか。

今回は、お気に入りのスターバックスを始め、横浜駅周辺のスターバックスを紹介
してみたい。

まず、私がよく利用する店舗が、横浜駅西口店である。


西口と相鉄口の間で、高島屋の裏手にあるため人の流れがあまりないところなの
で、比較的空いている。
電源席も8つぐらいあり、パソコンを持ち込めば、スターバックスラテで1日粘ろうと
思えば粘れてしまうのである。

次に北幸店である。

繁華街から少し外れたところにあるため、昼過ぎに入っても席は確保しやすい。
電源席も6つぐらいある。
ただし、平日に行くと予備校生が多くおり、騒がしいので集中して勉強ができない。
騒がしい予備校生が来たら、その日の勉強は店じまいにして、しばらく話を盗み
聞きする。
話が面白ければ盗み聞きして楽しんでいるが、大概は
「あの人慶応を目指してるの?ありえねー」
とか言った学歴ネタなのでつまらないので席を立つ。

横浜ビブレ店。

横浜ビブレは20代前後の女性が中心の客層であり、待ち合わせ場所を想定しているか
らか、電源席がない。
外のスペースが広いこともあり、娘と散歩している際に、娘がベビーカーで寝ていた時
によく利用していた。

次が、横浜駅西口を出て右にあるモアーズ店。


この店はいつも混んでいるので入ろうという気にもならない。


場所は変わって、東口のポルタ地下街を少し歩くとスカイビルがある。


スカイビルは私のお気に入りのビルで、スカイスパやTAC、LECなどがある。
ここの1階にスタバがあるのである。


スカイビルは好きだが、このスターバックスは混んでいるので余り好きではない。
この日も混んでいたので、歩いてい2~3分のところに日産ギャラリー店があったことを
思い出したので、早速行ってみた。


店内はこんな感じ。


落ち着いた雰囲気なのだが、音楽がなっておらず、日産ギャラリーの子連れがよく来るので
勉強する環境としてはイマイチなのかもしれない。

横浜駅周辺のスターバックスの場所

大きな地図で見る


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月13日 04:39 ] サービス | TB(-) | CM(2)

横浜市立図書館の蔵書検索システムの障害

横浜市立図書館は、12/29~1/10までシステムの更新に伴う長期休館状態だったの
だが、昨日1/11ようやく業務を再開した。

私は年末に本を借り、返却期限が1/11だったので、1/10に早めに返却ボックスに本を
返したのだが、ちゃんと返されているかを確認するために、会社の昼休みに図書館の
検索システムにアクセスしようとした。

すると、全然つながらないのである。

おかしいと思い、Googleで"横浜市立図書館"とキーワードを入れて検索し、トップペー
ジからログインしようとしたところ、URLが変わっていると書かれているのである。

こんどはそのリンクを頼りに検索システムにアクセスしようとしたところ、アクセスでき
ないのである。

パスワードを間違ったかな?

と思い、思い当たるパスワードを何回か入れて検索したがダメで、しまいにはサーバ
が高負荷状態にあるというメッセージが表示された。

昼休みの終わりにさしかかるころ、再びトップページにアクセスしてみてみると、新し
いシステムになってパスワードの変更が必要になったということが、トップページの
お知らせを見て初めて分かった。

それで、パスワードを変更しようとしたところ、サーバは
"Service Temporarily Unavailable"
という、アプリケーションサーバが出すようなメッセージを出してアクセスできないので
ある。

夜になっても状況が改善されておらず、トップページには横浜市立図書館の館長名で
システムサービスを休止し、不具合の解消に向けて調整していると書かれ、その後、
今日の午前4時まで休止すると出ていた。

私も、同じシステム屋なので、裏方で働いているITベンダやシステムのオーナである
図書館の方々が昨日どれだけ大変だったかというのは容易に想像がつく。

以下に書くことは、勝手な想像であるが恐らく当たらずしも遠からずなのだと思う。

システムは、おそらく自治体がやることなので、お抱えのシステム屋がいるわけでは
なく、情報システム部門がシステムベンダに受注し作らせたものだと思う。

当然、システムテストなども行われていて、負荷テストなどもやっただろう。
しかし、今回負荷オーバで落ちてしまったのである。

恐らく、通常時のアクセス件数などが机上で計算され、そのアクセスの数倍のアクセ
スに耐えられればokだろうというテスト内容だったのだろう。

しかし、そうではなかった。

今回、このような想定外のアクセス件数を作ってしまった要因として、移行設計のまず
さがあげられるのではないかと思う。 ITIL v3でいうところのサービストランジションであ
る。

私のように適当にしか検索サイトを見ていない人間にとって、URLの変更やパスワード
を必ず変更しなければならないことは、昨日初めて気づいたのではないかと思う。

"移行後、パスワードを変更しなければならない"という要件に対して、事前に十分な周
知ができるのであればこの要件はありだが、周知と言っても紙を配ったり、ホームペー
ジのお知らせ欄にちょこっと載せるだけでは十分でないのである。

ということは、"移行時にパスワードを変更する"という要件定義自体ダメである。

しかも、13日間という長い休館日があると、本の返却が集中するのは、少し考えればわ
かりそうなものだし、しかも返却期限をバラさず、1/11という平日に集中させてしまうと、
我々のようなサラリーマンは平日に図書館に行けないので、期限延長などのためシス
テムにアクセスした人も多いだろう。

恐らくこういった、移行時に起こるであろうシナリオが、システムテストのテスト内容に反
映されていなかったことが原因なのではないかと思う。

あくまで想像で書いてみたのだが、これ以外で単純にシステムサイドだけの原因だった
ら、もっとお粗末な話である。

うちの会社で、肝となるシステムを1日近く止めてしまったら、責任者には懲罰人事が待っ
ているであろう。

とりあえず、掲示どおり、午前4時には使えるようになった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月12日 04:32 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

病気はどこで生まれるのか

進化医学をテーマにした本。

進化医学とは、病気やそれにともなう症状などの医学的問題を人類進化の観点か
ら観察する学問ということである。

私は、学問としての医学についてまったく無知であったので、「進化」と言う観点で、
医学的問題に取り組んでいくというアプローチの仕方について、言われてみればわ
かるけど、そういう観点もあるのだなという発見があった。

進化と言うのは、長い年月を経て行われるもので、この数十年や数百年程度では、
大きな進化をすることはない。

人類は長い間、旧石器時代と言う時代を過ごしており、それが約1万年前まで続い
ている。この間にヒトゲノムは進化をしたわけであるが、1万年前と現代では、
ヒトゲノムはあまり変わっていない。ほんの0.005%だそうである。

この数値が大きいか小さいかよくわからないが、医学博士の著者が言っているのだ
から間違いはないだろう。

つまり、我々の体は旧石器時代の遺伝情報のままなのだが、文明のほうが大幅に
進歩してしまい、そのギャップに病気の原因があるというのである。

コンピュータの進歩により、ヒトの遺伝情報であるヒトゲノムは解読できるようになり、
1人1人の遺伝情報がわかるようになった。

このヒトゲノムの配列によって、この人はこういう病気にかかりやすいとか、こういう
犯罪を起こしやすい気質であると言った情報がわかってしまうのである。

遺伝情報と言うのは1度読めば一生変わらないので、そのうちに誰もがヒトゲノムを
解読した状態になるということである。

病気を未然に予防できる反面、犯罪を犯しやすい気質と言うだけで犯罪者の烙印を
押されかねないという倫理的な問題や、自分が犯罪を犯しやすい気質だと悩んで、
もしかしたら自殺するような人が出てくるかもしれない。

両親の遺伝情報もわかるので、なんでこんな両親なんだと思う人も出てくるだろう。

ヒトゲノムの話以外では、アメリカの黒人に高血圧が多いということも分かった。

これは、悲しい歴史があり、黒人も他の人種同様、塩分の多い人少ない人がいたのだ
が、奴隷船でアフリカからアメリカに運ばれた際の環境が過酷であり、体に塩分が多い
人だけが生き残り、アメリカにたどり着いた。つまり、塩分の少ない人は淘汰されてしま
い、現在アメリカにいる黒人たちは、塩分の多い人たちの子孫であるというのである。
なお、当然のことながらアフリカにいる黒人は、そのような歴史的な影響を受けて
いないので、他の人種同様塩分の多い人もいれば、少ない人もいる。

こういった、淘汰については伝染病の流行にも関係があるそうで、どこそこの人種は、
こういう傾向だということを長い間かけてできたのであるが、これは進化ではなく淘汰で
あるとのことである。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月11日 04:11 ] 生物 | TB(-) | CM(0)

2013年台湾旅行の宿泊ホテル

今年の7月13日(土)から16日(火)までの4日間友人のブレイク氏と台湾へ旅行へ行く。

6年前に妻と台湾に行ったときには、阪急交通社の激安ツアーに参加し、國光大飯店
(Good Ground Hotel)というところに泊まったのだが、これが安ホテルであまり良く
なかった。

今回の宿泊先は、ブレイク氏とツインで泊まることとし、3泊とも別のホテルを予約した。

まず1泊目は台北のランドマークとも言える圓山大飯店(Ground Hotel)である。


このホテルのランクは5つ星ではあるが、窓のない部屋の場合はツインで朝食付きで、
4,805ニュー台湾ドル(約14,200円)と、そこそこ安い。

立地としては台湾の松山空港の目と鼻の先にあり、B級グルメのメッカ、士林夜市も
1.5km前後と歩いて行ける位置にある。

大きな地図で見る 

6年前に行った、士林夜市の様子。
 

色々な屋台メシが日本の半額以下の値段で食べることができるのだが、特に臭豆腐とい
う料理は、地元の台北っ子でも食べられない人がいるほど臭いものである。
もう一度食べてみたい。

また、MRTという台北の地下鉄を使えば、最寄り駅から台北市内の主要な観光地にも
いける。

2日目は、台湾新幹線に乗り高雄に行くが、高雄で宿泊するホテルが、華王大飯店高雄
(Hotel Kingdom) である。 宿泊費は朝食付ツインで3,000ニュー台湾ドル(約8,800円)
 

A地点が鉄道駅で、ホテルの場所がB地点で、歩いて2分で行ける。

大きな地図で見る 

観光地である竜虎塔からは少し遠いが、高雄駅から数駅で、ホテルは海にも近く、
足をつかる程度の海水浴をしても良いかもしれない。

3日目には、再び新幹線で台北に戻る。
台北市の観光の後に泊まるホテルが、舞衣ホテルという女の子の名前のようなホテ
ルである。 朝食付きツインで2,500ニュー台湾ドル(約7,300円)
 

中山駅という台北駅の隣の駅にあり、便利なところにある。
3日目の散策の拠点にはちょうどいい立地だろう。

追伸:ブレイクさん
 3泊の合計が10,305ニュー台湾ドル(約30,000円)です、これを割り勘にしたいと
 思いますが、実際には7月時点のレートで換算されるので、精算は旅行の日に円建
 てでお願いします。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月10日 03:52 ] 台湾 | TB(-) | CM(2)

台湾新幹線

6年前の12月に台北に旅行へ行った。

2006年台湾旅行記
http://www.green.dti.ne.jp/yama219/travel/200612Taiwan/index.htm


あれから、台湾で大きな変化があったといえば、台湾新幹線が開業したことだろう。

これにより、台北から台湾第2の都市である高雄市の左営駅まで、ノンストップ便の
場合、1時間30分で行けるようになった。

この、台湾新幹線は当初、ヨーロッパ方式を採用して進めていたのだが、ドイツで
この方式の高速鉄道で脱線事故があったため、日本方式が採用されることになった
という。

さて、現在の新幹線の路線図は次のとおりである。


高雄駅までの開業が未定となっているが、左営駅の隣が高雄駅であり、6.6kmしか
離れていないのであまり問題はなさそうである。

ちなみに台北-左営間の料金は、普通車両で1,490ニュー台湾ドル(2013/1月現在の
レートで4,230円である。

台湾旅行に行く際には、台北から高雄までこの新幹線に乗っていくつもりであるが、
高雄から日本に帰る直行便が、チャイナエアラインを除くと早朝の1本しかないため、
帰りも、この新幹線に乗り、台北から日本に帰ることにした。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月09日 05:51 ] 台湾 | TB(-) | CM(0)

宅建試験勉強ゆるやかに始動

昨日は春の情報処理試験のエンベデッドスペシャリストの参考書について話をした。

4月までは、この資格を中心に勉強はするものの業務経験が無いので、一発合格は
難しいのではないかと感じている。
(とは言え最善は尽くすつもりであるが)

今年の目標の一つに資格試験への合格がある。
どんな試験でもいいのではなく、情報処理試験であれば高度レベル、その他の試験
ならそこそこ難しい資格へ合格することが目標である。

もし、エンベデッドスペシャリストが落ちていたとした場合、次も情報処理試験となると
かなりモチベーションが低くなりそうなので、秋は宅建を受けることにした。

宅建は取得しても、それを生かして転職などとは考えていないが、家を購入する際に
役立つだろうと考えるからである。

宅建といえば、2004年に申し込みはしたものの、準備したのが遅く7月頃だったことも
あり、権利関係までは勉強したが、宅建業法や法令上の制限といった分野は、自分
にとって未知の分野だったこともあり勉強が進まなかったため、受験しなかった過去
がある。

今年は、この時の反省から、4月中旬の情報処理試験が終わったらすぐに準備する
つもりである。
ただし、いきなり切り替えるのも難しいと思うので、1月から4月はエンベデッドスペシャ
リストの勉強に飽きた時に気分転換に勉強したいと思う。

週末に、宅建主任者のブレイク氏に電話をかけ、参考書のアドバイスを頂き、まずは
「まる覚え 宅建塾2013年度版」を購入した。

権利関係は結構好きな分野でもあるので、結構覚えている。

本格的な過去問の勉強や予想問題の勉強は4月下旬以降に行うことにして、当面は
この本で勉強していきたい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月08日 04:34 ] その他資格・雑感 | TB(-) | CM(2)

エンベデッドスペシャリストの参考書選び

春の情報処理試験のエンベデッドスペシャリストの勉強のモチベーションは、去年
受けたITストラテジストやシステム監査と比べてやや低い。

というのも、エンベデッド技術については今の仕事とは全く関係がないことと、翔泳
社のエンベデッドスペシャリストの参考書で勉強はしているのだが、一番最初に出
てくるデジタル回路でつまづいている状況だったからである。

今回使用している参考書


この参考書では、一番最初に論理回路から始まり、デジタル回路の説明をされてい
るのだが、ある程度デジタル回路の知識を前提に書かれている感もあり、言葉や記
号の意味からしてわからないことだらけでなかなか進まないのである。

例えば「クロック」の説明がない。
クロックとは、周期的に電圧の高低を繰り返す信号(いわゆるパルス信号)である。
エンベデッド技術者なら当たり前すぎて書かないのかもしれないが、全く前提知識
がないと、全く意味がわからないのである。
なんとか、インターネットを調べながら進め、スリーステートバッファとか、RSラッチ、
Dラッチ、Dフリップフロップ、JKフリップフロップがようやく理解できたところである。

エンベデッド技術者に要求される技術は、システムアーキテクチャの設計ができ
ハード設計者への要求仕様を記述できることであり、ハード設計することではない
ので電子回路そのものにあまり深入りしてはならなくてもよい。

しかし、全く理解しないまま、丸暗記に頼るのは良くないと思い、回り道になるかもし
れないが、電子回路に関する簡単な読み物を読んでおいた方よいかもしれないと
思い、簡単そうな電子回路の本も購入した。


ちなみにエンベデッドスペシャリストの参考書は、需要がないため、昨年まで、この
翔泳社の本だけしか売られておらず、定価も3,880円と、ほかの資格の参考書より
も、やや高額なのである。

今年からはアイテックの参考書も出ていたので立ち読みをしたが、体系的ではなく、
受験対策に特化した形の本なので、まだ翔泳社のほうがましであると感じた。
(かと言って翔泳社の内容に満足しているわけではなく、インターネットで調べて補
 完しなければ理解できないのだが)



あと、参考書として、過去の記事でも紹介したが、「改訂 エンベデッド技術―組込み
システム開発のための」も併用しながら学習していきたい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月07日 04:40 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

声をかくす人

横浜のシネマベティというミニシアターで見た映画である。

実話を元にした話で、リンカーン大統領暗殺事件の首謀者のうちの一人とされた、
メアリー・サラットと、彼女を弁護する弁護士の話で、導入部分のリンカーン暗殺
シーン以外は、ほとんど法廷が舞台となっている。

史実を元にしているので、調べれば結末はわかるので、少しネタバレが入ってしま
うが、ポスターにも書かれていることなので言ってしまうと、結局彼女は処刑され、
アメリカで初めて死刑された女性となってしまった。

この映画を見て思ったのは、この時代からアメリカという国は自分たちの正義のた
めだったら、証拠もない容疑者を裁き殺す野蛮な国家であるということを感じた。

裁判というものは、「罪のない人に絶対に罰を与えてはいけない」という考え方が
根本にある。
しかし、アメリカは被害者に対して同情的になり、罪もない人を裁くという歴史が
あり、日本もその犠牲になったということは忘れてはならないだろう。

そして、今の裁判はそういうこともなくなったが、アメリカという国は、中国やロシア
と同じく報復で人を殺すことができる国であることを忘れてはいけない。


秋にアメリカに行くが、このような歴史的事件を題材にした映画は、旅行を楽しむ上
で役に立つ知識を与えてくれる。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月06日 04:25 ] ミニシアター | TB(-) | CM(2)

癌について2

昨日、新年早々、訃報を聞いた。

昔、会社で一緒に仕事をした人が癌で亡くなったそうである。 まだ40代の方である。

亡くなった方は、古くから一緒に仕事をしていた人で、私の最初の赴任地、2回目の
赴任地で、ユーザ側の課長とシステム担当という関係だったのである。

仕事について、とても厳しい人だったが、理屈がちゃんと通る人であり、苦手にして
いる人も多い中、私は嫌いではなかった。

7年ほど前、2回目の赴任地で、自宅付近を散歩していたところ、この方が2~3歳の
お子さんの手を引いて歩いていて、向うから挨拶をしてくれたことを思い出した。

また、仕事上でもいろいろな思い出があり、昨日はその方との思い出が色々と湧き上
がってきて、目頭が熱くなった。

まだ、お子さんも小さく不憫でならない。

死因は胃癌だそうである。

ご冥福をお祈りします。

癌について、以前にもこのブログで話題にしたことがあるが、発がん性物質の摂取と
免疫力の低下が原因となる。
そして対策は、何よりも早期発見である。

今年、私も42歳となり、ぼんやりと人間ドックに行ってみることを検討していたが、この
出来事があり、人間ドックに今年必ず行きたいと思った。

子供が成人するまでは、絶対死ねないのである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月05日 03:10 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

物乞いの千円(インド)

ちょうど5年前の1月。インドへ旅行に行ったとき、ツアー客の一人が現地ガイドの
アニール氏に、インドの平均所得を聞いた。

アニールが答えた。

インドでは平均という言葉に意味がないと。

貧しいものは際限なく貧しく明日をも知れぬ命だし、IT長者もいれば、普通の暮らしを
する人もいる。
インドのようにいろんな層の人間がいると、確かに平均的な暮らしについて話す意味
がないのかもしれない。

タージマハルのある地方都市、アグラでの出来事である。

食事を済ませ、トイレに行くとトイレの番人がいた。
インドではカースト制度がまだ残っており、このトイレの番人が一番身分が低いとされ
る。

チップを払うと、水道の蛇口をひねってくれたりする。

トイレを済ませ、バスに戻ろうとすると、まだ10~20代ぐらいの母親が赤ん坊を連れ
て、私に向かって何か話しながら、手を合わせてくるのである。

聞き取ってみると「○△※☆センエン」、「■□→◎センエン」と言っている。

何のことかと思ったが、日本円の千円がほしいのだということがわかった。

母親は目を潤ませ、このこのためにもお金がほしいと物乞いをしているのである。

見ているとかわいそうで、千円ぐらいあげてもいいかなとも思ったが、他にもおみやげ
売りの男が多数おり、こいつらが寄ってくるのが目に見えていたため、結局5分程度
千円、千円といわれていたのだが無視しつづけた。

バスに乗込んでも、この母親が窓越しから物乞いをしている姿が印象的だった。

この様子を見て、たとえインドの暮らしがよくなったとしても、最貧民層は、這い上がる
ことなど決してできない世の中なのだと思った。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月04日 04:16 ] インド | TB(-) | CM(0)

武田神社で初詣

正月には誰かと初詣に行くことが多く、ここ数年はブレイク氏と行くことが多かったの
だが、今年からはお互い家族との時間を大切にし、正月には会わないことにした。

元旦は嫁の実家で過ごす予定になっていたが、1/2は1人で武田神社に行くことにし
ていた。

昨日は天気も良く、絶好の初詣日和ということで山梨県甲府市の武田神社まで向
かった。

途中、東京都八王子市の高尾駅で乗り換えることとした。高尾山で有名である。


こうやって電車の旅でぼんやりしながら過ごすのもいいものである。


そんなこんなで甲府駅に到着した。


甲府駅から、武田神社へは「武田通り」を歩いていく。途中「武田」という地名もあった。


歩くこと20分。武田神社に到着。


なぜ、神奈川県民がわざわざ甲府にある武田神社まで来たのか?

実は、4年前に社員旅行で武田神社に来たのだが、その時はこのブログの読者なら
おなじみのタイのプロジェクトで精神状態がおかしくなり始めていたころで、気が気で
はなかったので上の空でみていた。
常々もう少しじっくりと見てみたいということで、ここを選んだのである。

武田神社は、武田信玄が過ごした躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)跡に建てられた
神社である。
戦国大名の多くが、山城または平城を居城にしていたのだが、武田信玄は居城を持
たなかった。

有名な「人は石垣、人は城」ということで、優秀な人材がいれば城などいらないという
考え方だったのである。

武田神社はなかなか混んではいたものの、20分ほど並べば賽銭を投げることができた。


おみくじの結果は末吉ということで、あまりいいことは書かれていなかった。

風林火山の盃。当然ながらのちの世に作られたものである。


屋台ではイワナの塩焼きを購入して食べたが、これがうまかった。


途中コンビニにより信玄餅などを食べながら、甲府駅へ戻った。


次の目的地は温泉である。バスの系統がややこしいこともあり、目当ての温泉には
タクシーで行くことにした。

タクシーに乗ること約20分。燈屋(あかりや)という温泉宿に到着。


こんな感じの露天風呂である。

(燈屋ホームページより)

特に壺湯という壺にお湯を入れた温泉は人気らしい。

(燈屋ホームページより)

温泉はあんまり混んでおらず、ゆっくりと壺湯につかることができた。
壺から足を出すと、体は暖かく足は冷たい。天気も良く最高に気持ちがよかった。
信玄公もこんな風に温泉に浸かっていたのだろうか。

ラウンジではアボカドシーザーサラダを注文。今年はヘルシーに行くつもりである。


武田神社にも初詣できたし、温泉にも浸かったし、あと1日休みをゆっくり過ごし、
仕事始めに備えたいと思う旅好きおやじであった。


追伸
 このブログで、織田信長、毛利元就、北条氏康、武田信玄、真田幸村のゆかりの
 神社や城に行っていることに気づいた。
 今川義元、徳川家康、斎藤道三、豊臣秀吉、上杉謙信、伊達政宗のゆかりの地
 にも行ってみたい。
 最初の4人は東海道新幹線で途中下車すれだけで達成できるだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月03日 04:49 ] 山梨県 | TB(-) | CM(2)

東京湾アクアラインの大晦日

嫁は妊娠9か月を過ぎ、12/27から娘と一緒に実家に帰っていた。

この大晦日と元旦は、嫁の実家で暮らすことになっていた。

思い起こせば、一昨年前の12/24に横浜に引っ越してから1年がたった。
あの時は、千葉から横浜に東京湾アクアラインを運転してきたのだが、1年ぶりに、
反対に横浜から千葉に行く。

高速道路の運転は、あの時以来なので少し緊張していた。

横浜から高速道路に入り、平均時速90km/h~100km/hの交通の流れに乗り、
横浜ベイブリッジに差し掛かった。

(この写真は別の日にとった写真です)

カーステレオは、おかあさんといっしょの「コロンパッ」というアルバムがかかってい
る。
私は、この10年アーティストのCDは買ったことがないが、この「コロンパッ」は久し
ぶりに購入したCDで、よく娘とドライブするときに聞いている。
たくみおねえさんの歌声は癒されるのである。

高速道路の運転も最初は緊張していたが、慣れてきたこともあり、コロンパッのアル
バムの、コロンパッやドコノコノキノコ、ジャバ・ジャバ・ビバ・ドゥーなどを大声で歌い
ながら上機嫌で走った。

高速道路に入り、2~30分運転したところで海ほたるPAについた。

早速、海ほたるの中を散策した。

この日は天気は曇だったが、東京スカイツリーがよく見えるので写真をとった。


小腹がすいたので、あさりまんを購入。大粒のあさりがなかなか美味しかった。


ソルジャーのカッコをしたおばちゃん。


スターバックスに入り、ネットをやりながら休憩した。
ブレイク氏のブログが更新されていたので、コメントをしたりした。



適当に海ほたるを散策し、シメで「うみめがね」という展示物をみたが、まあこんなもの
かといったところである。


海ほたるに1時間半もいたら飽きてきたので、千葉に向かうことにした。


時速100km/h前後で、心地よく運転していると、後ろのシルバー色の高そうな車が、
私の軽自動車に対して車間距離をびっちり詰めて煽ってきた。

隣の車線も空いていたので、そのうち飽きるだろうと思っていたら、なかなか離れて
くれないのである。

アホが・・・

と思い、むかついたので、車のスピードを80km/hぐらいにまで落とした。
煽るアホにはこれが一番効果がある。
挑発されたから、され返す。
しかし、危険があってはいけない。
法定最高速度の80km/hまで落としているというのは法的に何の問題もない。

アホは80km/hの私にしばらく付き合っていたが、しびれをきらせて車線変更して
飛ばしていった。急ごうと思って人を挑発するからいけないのである。
アホは、思わぬ時間を食っただろう(笑)

私も急いではいないが、道路の流れである100km/hに戻した。

そうこうしているうちに、市原パーキングエリアに到着。
 

中に入り、大きなイカのスルメを買って食べた。


しばらく高速を運転した後、一般道に出た。

嫁の実家までに行くまでに、自分が住んでいたところの近辺も通った。

見る風景、風景が1年ぶりのはずなのだが、昨日まで生活していたかのような感覚
であった。

私のいた小選挙区では自民党と民主党の議員が議席をとりあっていて、何度か
2人が入れ替わっている。そのうち、民主党の議員だった人のポスターを見ている
と政党名が「国民の生活が第一」だったり、「未来の党」だったりした。

この議員は、小沢チルドレンだったのか・・・

どうでも良い発見ができてよかった。

この議員と自民党の議員は、街をあるけばどこかに貼っており、10年も住んだ土地
だったため、自分の中ではちょっとした発見であった。

しばらくして、嫁の実家についた。嫁と娘が迎えてくれた。

この後、大晦日と元旦を義理の両親、妹の家族と過ごした。

家族と過ごす元旦も良いものだと思った。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年01月02日 01:09 ] 日記 | TB(-) | CM(2)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
135位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム