旅好きおやじの日記 TOP  >  2013年03月
月別アーカイブ  [ 2013年03月 ] 

≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

2013年3月 ベスト書籍ランキング

今月読んだ本は10冊である。

残業、資格の勉強、子供の世話などで後半のスピードが失速した。
昨日も他部門のトラブルに巻き込まれ、夕方から休日出勤である。

この部門の担当GLと部門長からは何度も感謝されたが、2年前メインフレーム
の更新の当日に 私が大変迷惑をかけた部門でもあるので、その借りを返せた
格好である。

こんな感じで、仕事、プライベート共に忙しいので、4月は今月以上に本は読めな
いだろう。

なお、下記の本も含め、今月読んだ本は、読書メータにも簡単に感想を記載している。
http://book.akahoshitakuya.com/u/256475/cat/270492



■第1位:近しい相手ほど許せないのはなぜか(購入)




この本については3/26(火)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20130326.html


■第2位:65歳定年制の罠(購入)



現在、一般的な企業の定年は60歳であるが、継続雇用制度で65歳まで働くこ
とができるようになった。

年金の受給年齢が65歳になるのだから、雇用の確保という意味でも65歳まで
働くことができないと、貯金を食いつぶすばかりになってしまう。
また、定年を迎え、しばらくは悠々自適の生活ができるものの、しばらくすると
やることがなくなり、その生活が苦痛になってくるという。

うちの会社にも継続雇用の方が何人かいるが、賃金はアルバイト並みに下が
るそうだが、責任がほとんどない仕事で気楽そうである。

この本では、その継続雇用も65歳までなので、継続雇用制を選んでしまうと、
その後に働きたくても働けなくなると述べられている。

そのためには、定年後に起業をして老後にも破綻しないようにしましょうと、
いうことが述べられているが、私としては65歳以上になってまで働きたくも
ないし、起業をするような才覚もないので、自分ではやってみようとは思わ
なかった。

著者は、興銀、J.Pモルガン、メリルリンチ、リーマン・ブラザーズという
輝かしい経歴の持ち主なのでそういうことを進めることができるのだろうが、
一般人には敷居が高いと思った。

私は、老後、娘たちがすだち、年に1度前後、嫁と海外旅行に行って、平日は
読書や街歩き、そしてこのブログを続けられていればそれで幸せである。


■第3位:フリーランスの教科書(購入)




この本については3/29(金)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20130329.html


■第4位:映画で楽しむアメリカ映画の歴史(図書館)




アメリカの歴史に関する本を色々と読んでいる中、図書館で目に止まった本であ
る。

アメリカの歴史、正確にいうと白人がアメリカ大陸に入植した歴史は、コロンブス
による新大陸発見から始まる。
(もっと正確にいうと、北欧のバイキングが何度もアメリカ大陸に行っていたらし
 いのだが)

コロンブスの新大陸発見が1492年なので、その500年後の1992年に「コロンブス」
という題の映画が2本公開されており、この本には事細かく歴史的事実と、映画の
内容が教科書のように文字ぎっしりで書かれている。

その後、歴史的なイベントについて詳細に書かれている。

歴史イベント以外にも、「公民権運動」や「反体制運動」「日米貿易摩擦」など、
その当時の社会現象についても、それにまつわる映画の話があった。

特に、「日米貿易摩擦」については、1980年代、私が小学生~大学生の時、アメ
リカではジャパン・バッシングということで、トヨタ車を叩き壊していたニュースがよく
流れていた。
ゲームセンターのストリートファイター2でも、日本車を壊すミニゲームがあり、
自虐的な日本を皮肉ったものもあった。

「日米貿易摩擦」に関して「ガン・ホー」という映画があり、日本では封切られず、
ビデオのみの販売となったらしいが、コメディー映画ということもあり、一度観て
みたいと思った。


■第5位:トンデモ仮説の世界(図書館)



著者の別の本で、宇宙論と量子論の本を読んだことがあるが、素人にもわかり
やすくかかれており、良書だった。

この本も、宇宙論や量子論に関する仮説を始め、UFOや血液型、Wikipediaの
正確性、生物学的な仮説、古代文明に関する仮説が会話調で書かれている。

この会話調の文が、軽すぎて科学の本という感じがしないし、その会話もいま
いちぱっとしない。

その中で面白い仮説について一つ紹介する。

男性のペニスのくびれ部分はナゼあるかについて、NY州立大学のゴートン・
ギャラップ教授が研究したそうで、男性器、女性器の大人のおもちゃを購入し、
男性器のについてはくびれのあるものとないものを使い、女性器に擬似精液
を入れて、女性器のおもちゃの重さを測ったところ、
くびれがあったものの精子の除去率は91%だったのに対し、くびれのないもの
は40%未満の除去率であったということで、教授の結論は
「今回の調査の結果、性器の解剖学的形状と人間の男性の性行動は、精子
 の競争の歴史により形付けられたということができる」
とのことである。

もっと、マシなことを研究して欲しいと思った。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2013年03月31日 05:04 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

エンベデッドシステムスペシャリスト学習進捗状況(2013/3/30)

エンベデッドシステムスペシャリスト試験まであと20日前後しかない。

今、午後2の勉強でドツボにはまっている状態である。

とりあえずは、平成20年の問1と、平成21年から平成24年までの問題をひと
通り解いてはみたのだが、ほとんどの問題で合格点には程遠い状況である。

まず自己採点結果である。

午後2
年度分類テーマ時間点数
24年度 1 ハード 3次元複写機61分 61%
  2 ソフト 電動介護ベッド120分 54%
23年度 1 ハード 電気自動車108分 38%
  2 ソフト 入退場ゲート120分 28%
22年度 1 ハード 自走式掃除機95分 33%
  2 ソフト 野菜栽培工場100分 51%
21年度  1 ハード 携帯インターネットテレビ66分 39%
  2 ソフト 駐車場管理システム108分 44%
 20年度 1 ハード 電動アシスト自転車106分 31%
  2 ソフト 病院受付システム  


平成24年の問題しか解いていなかった段階では、1問は合格点に達していた
ことから、午後2はちょっと勉強すれば、楽勝だと思っていたのだが認識が
甘かったようである。

問題のページ数は10ページ前後あるので、題意を把握するだけでも一苦労
で、時間は120分にも及ぶため、演習だと思いなめてかかり集中して解いて
いなと散々な結果になってしまった。

低い点数の中、結果を分析してみると、どちらかと言えばソフトウェアの
問題のほうが点数が高く、内容もイメージがしやすいことが多いため、私
にとっては答えやすかった。

ハードウェアの方は総じて、車とか車輪とか、回転することに関係がある
問題が多かったようで、イメージが合えば高得点が狙えるが、イメージが
合わないと点数が低くなるリスクもありそうだ。

勉強方法としては、問題の解説を読みながら分析と対策を立てているが、
1問の分析に要する時間は5~6時間かかるため、まだ上記の問題のうち、
平成24年度と平成23年度の問1の分析が終わった段階である。

資格の勉強は視野を広げるためにやっている部分はあるので、合格だけが
目的だけではないとは思いつつも、今回の試験の得点が、来年以降の勉強
の励みにもなると考えると、これからかけられる時間の制約から考えても
もう、ソフトウェアに照準を合わさざるをえないだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月30日 04:36 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

フリーランスの教科書

大学時代によくつるんでいた、同じゼミの旧友がブログをやっている。

彼は、数年前に某大手企業から某市町村に転職したのだが、その市町村も
近々辞めフリーランスになるそうである。

私は、フリーランスという単語をほとんど使うこともなかったので、フリーランスっ
て何よ?と意味もわかってなかったし、フリーランスと言えば、ロータスフリーラ
ンスという昔のプレゼン用のソフトウェアぐらいしか思い浮かばなかった。

英語で言うとかっこいいが、平たくいえば、個人事業者のことである。

うちの会社はIT会社だが、パートナーとして個人事業者の方も何人か働いてい
る。

彼らの働き方について気になったので、フリーランスの教科書を買ってみた。

この本は、フリーランスになるにはどうするかというよりも、フリーランスになっ
てから必要なことである、税金と申告、社会保険、法人化の知識について基
本的なことが書かれている。

我々サラリーマンも、年末調整で生命保険の明細など会社の総務に提出したり
して、面倒くさいと思っていたのだが、フリーランスはこういう手続き以外にも納税
や社会保険も年金の支払いも自分でやらなければならず、会社は本当に至れり
尽くせり、やってくれていたのだと改めて思う。

この本では、確定申告や社会保険や年金の仕組みもわかったし、会社の作り方
なども、わかり易く説明されてはいたが、こういった数字に関することを全て自分
の責任でやらなければならない、フリーランスは、私には向いていないと思った。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月29日 04:09 ] 読書 | TB(-) | CM(2)

シュガー・ラッシュ

二人の娘が戻ってきてからというもの、土日になかなか時間が取れなくなった。

特に長女が、私にべったりの状態である。

本当であれば、このシュガーラッシュも先週末に観る予定だったのだが、観れな
かった。

昨日と言ってもホンの数時間前の話だが、会社を20時に出て、21:40から桜木町の
横浜ブルク13でこの映画を観た。

平日の夜だというのに、7〜8割は人が入っており、客層も若かった。
水曜日はレディースデイということもあり、若い女性が多かった。

映画の主人公は、ドンキーコングとクレイジークライマーがミックスされたような
架空の30年前のレトロゲームのラルフという悪役である。

ゲームセンターが閉店になると、ゲームのキャラクターが自分の意思をもち動き回
ることができるようになる。

キャラクターには、パックマンのモンスターを始め、スト2のリュウやケン、ザンギエ
フやベガも登場する。

映画は、ゲーム版のトイストーリーのようで、時間が立つのを忘れさせ、サクサク進
むストーリーで、見終わったら、感動して映画館をあとにできる、いい映画だった。

ヒロインのヴァネロペも可愛かった。

娘が喜びそうな映画なので、DVDが出たら買いたいと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月28日 00:25 ] 洋画 | TB(-) | CM(2)

魔法にかけられて

少し前の映画であるが、ディズニー映画で「魔法にかけられて」という作品が
ある。

私が、この映画に関する映画のポスターを見たのは、2007年の8月にパリに
旅行に行った時である。

当時、ディズニーランドパリは15周年ということもあり、街中にこの映画のポス
ターが貼られていた。


その翌年、3月に日本でも封切られ、嫁と映画館に観に行った。

この映画は、アニメの世界のジゼルというプリンセスが、悪い魔女に、
永遠の幸せなど存在しない世界である、現代のニューヨークに追放され、映画が
進んでいく。

ニューヨークに迷い込んだジゼルは、車で偶然通りかかった、弁護士のフィリップ
とその娘に助けらる。

おとぎの国のプリンセスの言動や振る舞いと、現代人に大きなギャップがあると
感じさせる作りになっており、なかなか面白い。

最近、改めてこの映画のDVDを見た。

タイムズスクエアやセントラルパークといったニューヨークの名所が舞台になって
いることもあり、実際にニューヨークに行った際には、ロケ地にも行ってみたいと思う。

セントラルパークでジゼルを中心にミュージカルが始まるシーンは、私の好きなシーンである。







最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月27日 05:46 ] 洋画 | TB(-) | CM(0)

近しい相手ほど許せないのはなぜか

「近しい相手ほど許せないのはなぜか?」

ある意味、当たり前の問いかけのような気がする。

自分と相手の距離が近しいと、本音が出てしまうし、自分のことをこのぐらい
はわかってくれているだろうと考え、どうしても甘えみたいなものが出る。
しかしながら、相手はそれほど自分のことを分かってくれていないことが多く、
そのギャップに腹を立ててしまう。

最近、会社のある人物に腹を立てていた。

それは、直属の上司でもあるのだが、仕事熱心であり、部下の仕事も自分の
ことのように思うだけでなく、他の部門の仕事も自分のことのように思い、
夜遅くまで残業している。

私的には、これが面白くなかった。

最初は、上司の残業を気にせずに、自分の仕事が終わったらさっさと帰るよ
うにしていた。
頼んでやってもらっているわけではないものの、私がやるべき仕事を、やっ
てもらっていることもあり、少しずつ罪悪感も芽生え始め、次第に帰りにく
い空気になり、普段の私であればやらないような、別の仕事にまで手をだし
残業するようになった。

一方、上司は、仕事以外のところはルーズで、カラーコピーを大量に使ったり、
行き先ボードに行き先を書かずに席を立つことがしょっちゅうなので、
私がミーティングなどで部下たちに、経費節減とか、行き先は必ず書くように
と言っていることに対して、示しがつかない状態なのである。

一度は、注意したことがあり、一旦は治ったのだが、結局また再発するように
なった。

また、面白くない原因の一つに、この本にある「日本的マゾヒズム」が、上司
の中にもあるのではないかとも考え、私はそれに反発していたのかもしれない。

この本によると、「日本的マゾヒズム」とは、親切にしてあげたことに対して、
恩に着ない相手に許せないと思いを抱くことである。

私は自分の仕事を取られたという思いがあるのに、恩に着ろと言っても土台
無理な話だし、先回りして私の仕事をされることによって、能力を過小評価さ
れたという気持ちがあり、「私がやりましょうか?」などと意地でもいいたくな
かったのである。

こんな状態なので、彼には結構腹を立てていたのだが、この本に書かれてい
るように、上司も人間であり「許す心」をもって接してみようとして、上司を観察
してみると、本当に仕事が好きなようで、上司の中にあると考えていた
「日本的マゾヒズム」 みたいなものも、そもそもなく、私の思い込みのような気
がしてきたのである。

そして、カラーコピーや行き先掲示板などの些細なことはどうでも良くなったし、
また、この上司と腹を割り、仲良くやっていこうとも思った。

そういう意味で、この本は私にとって、非常にタイムリーな内容だった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月26日 04:46 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

TV番組制作側の劣化

深夜番組というか、早朝番組をつけていると、ミルコというマジシャンが、木の
棺桶に閉じ込められ、そこから脱出するというマジックをやっていた。

木の棺桶には13発(だったかな)の強力な火薬が詰め込まれており、木の棺
桶から30秒以内に脱出しなければ木の棺桶ごと爆発し木っ端微塵になると
いうものである。

手順としては、
1.ミルコが棺桶の中に入れられる
2.棺桶に蓋をされる。
3.蓋の上からネジで閉められる。この最中に棺桶の透明の窓から、ミルコの
 存在を確認する。
4.残りのネジを締める。
5.蓋をした7~8名のスタッフは棺桶から離れる
6.2.の30秒後に棺桶が爆発する。

という仕組みである。

棺桶は高床式になっているため、地面から穴を掘って逃げることも不可能。
論理的に考えると、側面あたりが開くようになっていて5.の段階でスタッフと
一緒に逃げるぐらいしか考えられない。

しかし、番組を見ていて全く不思議だとは思わなかった。

3.と4.の途中で、カメラアングルが変わるのである。

もし、側面から棺桶が開くとすれば、このカメラアングルが変わった段階で容
易に逃げられるし、視聴者側にも、「ここだ」と思わせてしまうのである。

このレベルの番組であれば、大人ならまずだまされないだろうし、もし、タネ
が他にあるとした場合、このカメラアングルのせいですべてが台無しなので
ある。

ネジを閉めたスタッフとミルコの服装が同じということや、蓋をしたスタッフ
が数えにくい人数いるというのもミソのうちの一つだろう。

もっと、マシな番組を作れよと、早朝から突っ込んでいた旅好きおやじである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月25日 05:08 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

東京に魂を売った大阪人?

1993年のちょうど今頃、私は神奈川県のとある市に引越し一人暮らしを始めた。

あれから、ちょうど20年たった。

今となっては、私も見かけはすっかり関東人であり、普段はほとんど標準語で
話している。
初対面の人には、自分が大阪出身だと言わない限り、まず関西人と思われる
ことはない。

私は、八尾市の病院で生まれてから、大学を卒業するまでは、
大阪市→狭山町(今の大阪狭山市)→堺市→大阪市と住み、大阪府を出たこと
のない生粋の大阪人である。

最近、何かの番組で「東京に魂を売った芸人」という話題をしていた。

大阪出身の人間が、東京等の関東に行き標準語で話すようになり、大阪に戻り、
関東のなまりが出ると「東京に魂を売った」とか「裏切り者」と言われることがある。

確かに、私も大阪から神奈川県に引っ越してきた当初、周りから聞こえてくる標準
語を聞いて、オカマっぽく、気持ち悪いと思った。

そのような感覚からすると、標準語をしゃべる人間は「東京に魂を売った」と思え
るのだろう。

私は、単に、関東に住んでいると標準語を使ったほうが生活がしやすいから、使っ
ているだけで、それに慣れてしまったら、なんで魂を売ったことになるのだろうか?

例えば、英語を勉強しアメリカでは英語しか使わないとして、日本に戻ってきて
多少、英語のイントネーションで話してしまっても、アメリカに魂を売ったと いう人
はいないだろう。

大阪にしか住んでいなければ、おそらく私も、関東なまりの大阪人を見ると、
「東京に魂を売った」と思ってしまうかもしれないが、関東なまりの大阪人になった
私にとっては、そんなことはどうでもいい話で、イントネーションが違うぐらいで、魂
を売ったなどという人たちの了見がすごく狭いと感じてしまうのである。

私は大阪出身で大阪は好きなのだが、そういう閉鎖的な面だけは好きになれない
のである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月24日 04:03 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

久しぶりの横浜アンパンマン・ミュージアム

今週の日曜日から、妻と娘が横浜に戻った。

3歳と0歳の子供がいると、なかなかやりたいこともやれず、思ったよりも手が
かかる。

20日の祝日の午前中は、妻が買い物に行くということで、2人の娘と留守番
である。

0歳の娘は生後1ヶ月ということもあり、おむつを交換したり、ミルクをやるために
哺乳瓶にお湯を入れ、その後に人肌に冷ましたりと忙しい。
そんな中、長女はかまってくれと絡んでくる。

正午ごろ妻が買い物から戻ってきたので、長女を連れて、久しぶりに横浜アン
パンマン・ミュージアムに行ってきた。

長女は嫁と実家に戻っていたこともあり、3ヶ月以上ぶりのアンパンマン・ミュー
ジアムである。

今日は、20日の写真に過去に行った時の写真も加えて、アンパンマン・ミュージ
アムの遊ぶスペースを紹介してみたい。

アンパンマンモールと言う部分にはただで入場できるのだが、そこにあるアトラク
ションとして、「アンパンマンカーニバル王国」というものがある。


写真のように輪投げになっているが、壁にかかっている棒に引っかからなくても、
地面にも輪投げの棒が立っているので、絶対失敗しない仕組みになっている。

他にも、ピンボールやボーリングのアトラクションがあるがこれも必ず成功するもの
であり、子供にチャレンジさせ、「できたねー」「じょうず」という趣旨のものである。

このアトラクションは500円コースと800円コースがあり、内容は同じなのだがも
らえる景品が異なる。

食事はドキンズシェイプカフェという軽食屋で。


次にアンパンマン・ミュージアムという部分で、おとなもこどもも1人1000円で入る
ところがある。

3Fと2Fについては以前にも紹介したので、今日は割愛し、1F部分について紹介
する。

まず、滑り台。


5ヶ月前に来た時には、娘が順番を守らず、めちゃくちゃ怒ってやったことがあり、
今でも事あるごとに、娘からこの時のことを言われる。

今回は、ちゃんと順番を守っていた。

5ヶ月前の怒りと、3ヶ月間、嫁の実家で、義父母、義妹、嫁にしつけられた成果
だろうか。

乳児用の滑り台。こちらで3歳の娘を遊ばせると他の子どもと比べ大きい感じがする。


やなせたかし劇場では、TVでやっているアンパンマンと同じものが上映されている。


2時間に一度、アンパンマンの劇をやるが、1時間ぐらいまえから並んでいると、
最前列で見ることができる。


2Fのキッズスペースに行き、娘を遊ばせながら、仕事の書類にチェックを入れる
旅好きおやじ。


本当は、私生活に仕事は持ち込みたくないのだが、今月のシステムトラブルについて
なぜなぜ分析をさせられており、何度も差し戻しを食らっている。
(機密情報は書いていないと一応注釈を入れておく)

普通は残業して仕上げるものなのだが、頭が固まった残業時間に会社でやっていると、
頭がおかしくなりそうなので、19日は会社をさっさと上がって、20日の育児中に何もや
ることがない時間を使うことにした。

こういうリラックスした場所で、違う視点でチェックすると、会社で残業していただけでは
見つからなかったものも、見えてくる。

なにも、残業するばかりが脳ではないと思う、旅好きおやじなのである。

ちなみに、アンパンマン・ミュージアムは4月には、神戸にもオープンするそうである。
関西に行った際には、神戸のアンパンマン・ミュージアムにも行ってみたい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月23日 04:11 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(2)

食べる順番健・康・法

ここ最近、食べる順番ダイエットが話題になっている。

野菜→タンパク質→炭水化物の順番に取れば、血糖値の上昇が抑えられるため、
肥満ホルモンのインスリンが分泌が抑えられ、太りにくいという理論である。

この本では、ちまたで言われている食べる順番やインスリンの話よりも、

・感性で食事をすること。つまり何かを制限していては続かないし、体にもいい
 影響がないということ。

・現代人は消化不良を起こしている人が多く、消化不良を起こさないためにも、
 最初に野菜を食べ、胃液の分泌を促すこと。

・消化ができてこそ、三大栄養素が機能する

ということが書かれていた。

他にも、ファミレスやコンビニでの食材の選び方などにも触れられており、野菜か
ら最初に摂るということが書かれているのに変わりはないが、スイーツは消化が
良すぎることや、それを防ぐためには酸味を取ることがよいとも書いてあった。

野菜を先に取りましょうということ以外にも、いろいろな食べる順番が書かれてお
り、糖質制限ダイエットから食べる順番ダイエットに移行するための参考になった。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月22日 04:46 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

旅の指さし会話帳

私が海外旅行に行く際に必ず買う本は、「地球の歩き方」「るるぶ」そして、
「旅の指さし会話帳」である。

他にもいい旅街歩きシリーズも買う場合もあるが、ガイドブックに糸目はつけない。

海外という日本と比べて安全ではない場所にいるのである。必要な情報はなんでも欲しい
のである。

旅の指さし会話帳は、旅で使うあいさつや空港での会話などが挿絵や現地語とともに、
カタカナで読み方が書かれている。

「アメリカ」の指さし会話帳は不要かとも思ったが、一応買うことにした。

本を並べて眺めていると、シンガポールがないことに気づいた。

シンガポールは英語だからということで買わなかったのだが、行った旅先の指さし会話帳
が全部そろっているのに、買わないと気持ち悪い。

ということで、シンガポール版も購入。

シンガポールで使われる英語は、「シングリッシュ」という独特ななまりがある。

時制など厳密なことはお構いなしで、マレー語や中国語の文法も取り入れられており、
主語やbe動詞は省略されているというのである。
去年買っておけばと後悔した。

これで、今まで行った旅先の指さし会話帳は全部そろった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月21日 04:34 ] 予定のないシリーズ・ほか | TB(-) | CM(2)

ブルース・リー像

香港映画のスターと言えば、ジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、アンディーラウ
など今でも映画界を席巻しているが、永遠のスターといえばブルース・リー以外にいない
だろう。

ブルース・リーは私が幼児の頃にはすでに他界していたが、世界中の人から尊敬され、
語り継がれていることや、燃えよドラゴンなどの名作映画は、現代のCG合成の映画には
ない緊迫感を味わうことができるので、今でもよく見ている。

そんな、ブルース・リーであるが、彼の像が、香港の観光名所になっている。

九龍半島の南端、対岸に香港島が見えるアベニューオブスターズという、散歩道がある
が、ここにブルース・リーの像が立っている。


行き方は、地下鉄の尖沙咀駅から、そごうのデパート方面に歩いていけば海が見え、
その周辺がアベニューオブスターズとなる。

私も、この像の前で記念撮影したことがあるが、実物に近い像を見て、その筋肉を
観察すると、どんな鍛え方をしたのだろうかといろいろと想像してみたくなる。

もし、彼が生きていたら72歳であるが、映画界にどういう影響を与えていたのかと
考えると面白い。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月20日 05:14 ] 香港 | TB(-) | CM(2)

アンパンマンのエキス

アンパンマンでググると「アンパンマンのエキス」というブログを見つけた。

アンパンマンのエキス(ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyomisan325/6814122.html

主婦のきよみさんが、2006年6月3日に投稿したブログである。

この主婦のきよみさんは、長男のりょうすけくんを小児がんで亡くした。

生前、輸血の血液で長男が何度も助けられたというエピソードとお礼を、
献血ルームの落書き帳に書き、その内容をブログにも投稿した。

当時、主婦のきよみさんがやっていたブログのうち、この御礼の言葉として
投稿した部分だけが残り、今でもリンクで見れることができる。

輸血用の血液といえば、交通事故など大量出血した時に使われるものだとば
かり思っていたが、こういったがん患者の治療などのほうがより使われるとい
うことである。

私は、もう献血を20年近くしていないが、この記事を読んで、また近々、献血
に行きたいと思った。

アンパンマンのエキス



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月19日 04:44 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

次女のお宮参り

先週の土曜日、次女のお宮参りのため千葉の嫁の実家まで行くために、家を
6時頃出た。

通常であれば、横浜駅から外房線直通の横須賀-総武快速で嫁の実家まで行
くのだが、横須賀線が信号トラブルで止まっていたことと、この日3月16日から
東京メトロとの直通運転が開始することもあり、渋谷まで東横線で出ることにした。



写真にあるように、東京メトロとの直通運転により、原宿、新宿、池袋に一本で
いけるようになるのは嬉しい。

近々、中国人街化した池袋駅に行ってみたい。

さて、電車を色々乗り継いで嫁の実家に9時頃についた。

久しぶりに、嫁や2人の娘に会った。

次女にお宮参りの衣装を着せた。この衣装は甥2人、長女と着た衣装である。

しばらくして、義妹と甥っ子2人がやってきて、義母、嫁、長女と次女で近所の
神社にお宮参りに行った。



神社は嫁の実家の近所の小さな神社である。

長女の時は比較的大きな神社だったので、数組の家族でまとめてやったのだが、
今回は、小さな神社ということもあり、我々の親族だけだった。

神主さんは、30代ぐらいでまだ若いのだが、しっかりと儀式を行なってくれた。
次女のこれからの健やかな成長を祈った。

お宮参りは、30分程度で終わった。

この日は、千葉でゆっくりしながら、翌日朝早く横浜に車で帰るため、連日の残業と
会社の飲み会で疲れた体を癒した。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月18日 04:28 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

ハートで感じる英文法

英語の勉強を緩やかにしている。

英語の勉強法に関してネットサーフィンをしていると、2005年~2006年にNHKで放送
されていた、「ハートで感じる英文法」という番組がよく、DVDも発売されているという
ので、早速買ってみた。

一応、6か月の放送分、時間にして8時間分を見てみた。

我々が学校で習う英文法を、イメージで教えてくれて、例えばto不定詞についても、
学校では「名詞的用法」「形容詞的用法」「副詞的用法」などで訳し方を習うのだが、
このビデオでは、何かを抜けている感じを補うのがto不定詞ということで直感的に
説明してくれる。
また、日本人が学校教育のせいで誤解して捉えている英文法について、正しい文と
正しくない文をネイティブに読ませ、そのイメージを解説させるコーナなどもあり、
生きた英語を教えてくれるのである。

6か月分のビデオで、英文法の主なことはだいたい教えてくれている。
あらを探せば、過去分詞について説明されていないぐらいで、仮定法や倒置の
ような高校で習う範囲まで教えてくれるのである。

ビデオなので、繰り返しみれば頭に残るし、良い教材だと思う。

テレビがつまらない時は、このビデオを見て、大西先生の面白い講義を聞いている。







最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月17日 00:51 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

大阪市の敬老バス

先週、大阪市に住む母が70歳の誕生日を迎えたこともあり、次の日に電話をした。

母との会話の中で、70歳になると大阪市のバスや地下鉄、ニュートラムの利用
がタダになるというのである。

母は喜んでいたが、この制度に少し疑問を持った私はこの制度について調べて
みることにした。

どうも、タダなのは平成24年度までであり、平成25年度からは年額3,000円支払
わなければならず、平成26年からはさらに1回の乗車につき50円支払わなければ
ならなくなるそうである。

この敬老パスという制度は、他の自治体でも実施されているが、大阪市のように
無料の自治体は他に見当たらなかった。

これからの高齢化社会、老人の数が多くなるため、このような制度は立ちゆかなく
なるのは誰の目にも明らかであるし、お金を取るのはいいことだと思う。

ただ、1回の乗車につき50円支払うようにするための、システム改修費が20億円
にもなるとのことで、そんなにお金がかかるのであれば、一律の年会費を支払うか、
他の自治体がやっているように、年収もしくは介護保険料に応じて、支払わなけれ
ばならない年会費を変動制にさせるなどして、システム改修を減らし、無駄な支出
を減らす努力をして欲しいところである。

結局この交通費は、公平なルールで集められた大阪市民の税金から負担される
わけなので、喜んでいる母には申し訳ないが、一定の年会費を払うというのは、
公平性を考えるとやむをえないだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月16日 05:10 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

マンハッタン

「旅好きおやじ」を自称していてお恥ずかしい話なのだが、実は、この歳(42歳)
になるまで、ニューヨークのことをあまり知らなかった。

ニューヨークという都市の名前はさすがに知っているが、マンハッタンってニュー
ヨークのどこにあるの?ぐらいの認識である。

マンハッタンといって、私が思い出すのは、私が小学生の頃は、「ザ・ベストテン」
や 「ザ・トップテン」という歌番組が人気があったのだが、そこで、森進一が、
「マンハッタン、インザーレーイン?さんじゅう…♪(後忘れた)」
という曲を歌っており、「冬のリビエラ」をヒットさせた後に、力んで歌う森進一が
非常にインパクトが強く、マンハッタンといえば森進一という条件反射回路が出
来上がってしまっていた。

そんな、誤ったイメージを払しょくするために、マンハッタンについて少し勉強した。

マンハッタンとは、ニューヨークの中心部がある島であり、山の手線の内側と
同じ大きさの島である。地図は次のような感じ。


縦×横で、20km×4kmぐらいであり、南から北までその気になれば歩けなくはな
い距離である。

ニューヨークの旅行ガイドも、このマンハッタン島に関する記載が8割程度で、
ブルックリンやクイーンズなどの解説は少ない。

昔、英会話の勉強で、「アッパータウンまでは遠いです」とか、「セントラルパーク
はどこですか?」のような、無味乾燥な会話文を学んだが、こういった固有名詞
のイメージはわかなかった。
 
また英単語についても、avenueもstreetも通りという訳しか勉強しなかった。
ニューヨークにおいてはこの2つの単語もきっちりと使い分けられており、碁盤の
目のようになっているマンハッタンの南北方向をavenue(番街)、東西方向を
street(丁目)となっている。
ニューヨークを旅するうえで、このことを知っているとタクシーの運転手とは意思の
疎通がとりやすくなるのである。

このように、ニューヨークの地理を勉強したうえで、再び英語を勉強してみると、
また違ったものが見えてくるかもしれない。

紐育物語 森進一



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月15日 04:42 ] アメリカ | TB(-) | CM(0)

エンベデッドシステムスペシャリスト学習進捗状況(2013/3/14)

エンベデッドシステムスペシャリストのアウトプット学習が3/9時点で1段落つ
いた。

午前2は電機大出版局の200問文、午後は過去3年分の全問題を解いた。

今日は午後1の自己採点結果と、自分の弱点分析、これからの試験日まで
の補強方法を書いてみたい。

まず自己採点結果である。

午後1
年度分類テーマ時間点数
24年度 1 両方 レーザ加工機42分 62%
  2 ソフト スマートアダプタ46分 30%
  3 ハード 家庭用監視システム42分 40%
23年度 1 両方 気象観測システム43分 62%
  2 ソフト 電子血圧計53分 40%
  3 ハード 貨物追跡システム44分 74%
 22年度 1 両方 宅配荷物受取システム39分 26%
  2 ソフト 天体観測システム44分 56%
  3 ハード LED照明器具45分 40%

たまに、合格点をたたき出しているものの、合格点に満たないものは、56%
のものを除くと、26%~40%と散々たる点数なのである。

午後1は、午後2と違い3~4ページの文章題に対して、
・穴埋め問題
・計算問題
・記述問題
の3つに分類されるが、そのそれぞれに対して、私が犯したミスとその対策を
述べてみたい。

■穴埋め問題
 単純なものは、設問文や図に記述されている内容をそのまま抜き出して書ける
 ものもある。これについてはボーナス問題みたいなものなのであり間違うこと
 はない。

 複雑なものとしてよく出題されるのがソフトウェアのタスクの穴埋め問題がある。
 問題の特徴は、タスクの一覧、タスクの概要、問題文中に記述されるシステム
 の動作の説明を見て、該当するタスクを抜き出すものがある。
 私は、短絡的に、この問題をタスクの一覧とタスクの概要のみを読んで推測で
 埋めていたのである。
 また、こういった問題の場合、穴埋め対象のタスクに対して線で結ばれている
 タスクを全部上げていき、穴埋め対象タスク同士の差異を見て、その差異を問
 題文から見つけ出すという手順で解けば間違いが少ないことに気付いた。

■計算問題。
 計算問題は、三角関数、電流と電圧の関係、速度・加速度・距離の関係といった
 高校1年でも初歩レベルの物理と数学の知識で解けるものが半分ぐらいある。
 また、データのバイト数を使って計算する問題も多いので、問題文中にあるバイ
 ト数はすべて、印などをつけておくべきだろう。
 あとは、電池の容量の問題については、解き方を知らなかったので間違ったが、
 平成23年、24年のハードの問題で出てきており頻出のようなので解き方を覚えた。

■記述問題
 これはパターンが2つにわかれ、問題文から抜き出したものを加工するパターン
 と知識がないとどうしようもない問題が半々である。
 ITストラテジストやシステム監査と比べても知識解答型の比率が多い。
 情報処理試験全般に言えることだが、まず問題文の記述から逸脱してはいけ
 ないというお約束事があるので、問題文を加工して答えられないかを考える
 必要がある。
 考え抜いた末、問題文をどう加工しても答えられないものが知識解答型とし
 て処理するという手順を取るので、結局どのような問題でも、ひと通り読まな
 ければならない。

 また、エンベデッドの知識がないのと解けないものについては、過去問の解答
 パターンを覚えるしかない。

 あと、各タスクにかかる時間に大きな差異がある場合は、そこがヒントになりや
 すいことや、AタスクとBタスクに前後関係がある場合でAタスクとBタスクが同
 時に発生した場合に起きる不具合が解答になりやすいこともわかった。

試験まであと1ヶ月少しであるが、更に分析をした上で平成21年度以前の問題
で経験をつまないと、このままでは合格は難しいだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月14日 04:03 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

セブン-イレブンのnanacoカードの紛失手続き

先日のシステムトラブルで、部長と顧客に謝りに行った際、メモ書きのコピーを
取るために、セブン-イレブンのコピー機でnanacoカードを使ってコピーした。

この時、コピー機にnanacoカードを置き忘れてしまった。

この時、疲れていたことや、コピー機にnanacoを置き忘れてもアラーム音や、
置き忘れに注意する旨のアナウンスも流れないので、うっかり忘れてしまったの
だろう。

紛失したコンビニの場所も押さえてはいたが、東京なので取りに行くのもめんど
くさいし、交通費もかかるので諦めていたが、セブン-イレブンのホームページを
見ると、どうも、紛失手続きをすれば300円払えば、残高とポイントが引き継がれ
るサービスがあるという。

早速サービスセンタに電話をかけてみると、非常に事務的なコールセンターの
オペレータが対応してくれた。

通常はnanaco番号と名前を告げなければならないのだが、nanaco番号など
覚えていない私はその旨を伝えた所、nanaco番号以外にも、電話番号や生年
月日がわかれば対象となるカードを検索してくれるという。

数秒後、該当のカードが検索されたとオペレータから言われた。チャージ金額
は2,000円前後、ポイントは2,900ポイント、10円のポイントを2回ほど使ったと
言われ、これで間違いないですねと聞いてきたので、はいと答えた。

このとき、オペレータからは引き継ぎ番号を教えられたので、翌日セブン-イレブン
に行き、この引き継ぎ番号を告げると、再発行手続きの用紙と封筒を渡された。
これに運転免許などのコピーを添えれば、10日後には残高とポイントが返って
くるそうである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月13日 04:33 ] サービス | TB(-) | CM(0)

ふしぎな思考実験の世界

この本のさわりの部分で、猿がキーボードを打っていると、無限大の時間をかければ、
そのうちシェイクスピアの作品が出来上がるという話がある。

無限の時間があるので、そのうちできるのは確かなのだが、実際にどれぐらいかか
るのかと考えると、毎秒6文字打てるとしても、例えば"MONKEY"という6文字が偶
然になるだけでも3万年に一度かかる。
これが9桁の文字列になると300億年に1度という極めて小さい確率になる。

これが本当かと考えると、実験でむりなので、思考実験で取り組む必要がある。

次に、重いものが先に落ちることが常識だった時代の思考実験について書かれて
いた。
同じ重さの2つの物体を紐でつないだ場合の落下速度についての話が面白かった。

それぞれ独立した物体を同時に落とすと同じスピードで落ちる。
これらを紐でつないでも落下速度は変わらない。
しかし、紐でつないだ2つの物体は1つの物体とみなすことができるので重量は倍
になる。
ということは重さが違っても落ちるスピードは同じであるという結論になる。
というように、実験しなくても頭のなかで矛盾を導き出すこともできるのである。

科学の歴史というのは、こういう思考実験の繰り返しである。

この本では、そういった思考実験の歴史、ギリシア時代の「アキレスと亀」の話から、
光は粒子か波かの長年の論争、光を媒質とされてきたエーテルの話、相対性理論
と双子のパラドクス、量子論とシュレディンガーの猫の話について書かれている。

これらの話は、この1~2年で読んだ本に書かれていることばかりなので、いい復習
になった。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月12日 04:17 ] 物理 | TB(-) | CM(0)

駐在員的な生活(タイ)

私は、駐在員の経験はないが、4~3年前のタイの滞在日数は100日をゆうに超え、
ほぼ、駐在員と同じ生活をしていた。

私の海外出張のきっかけは、当時の社長に趣味を聞かれて海外旅行であると言っ
たことに始まる。
当時、火を噴いていたプロジェクトがあるとも知らず、そのような不用意な一言を
言ったばかりに、定期的にタイに出張することになった。

当時は、半ば旅行感覚で仕事を引き受けたのだが、プロジェクトはうまくいかなかっ
た。
仕事の話はさておき、タイのある地方都市の海外駐在員の生活を紹介したいと思う。

ビジネスホテル風のホテルに宿泊するのだが、部屋が無駄に広く畳でいうと20畳ぐ
らいある部屋に、ダブルベッドがポツンと置いてある。冷房はキンキンにきいている。

主に宿泊していた宿は6F建ての少し古いところである。
エレベーターでは、現地の女性を連れた日本人駐在員たちとよくすれ違った。

近所には、何件かタイマッサージ屋がある。300バーツで120分マッサージしてくれ
る。
チップとして100バーツ渡すとしても、400バーツつまり1,000円少し払えばいいの
である。 (4年前のレートで換算。当時は2013年より円高)
ちなみに、日本でタイマッサージを受けると60分で5,000円ほどだから、1/10の価
格である。
このタイマッサージもマッサージ師によって、マッサージの手順やポーズなどが変
わるので面白い。

当たり前のことだが、周りにはタイ料理屋が大量にあり、タイ人が入るような店にも
何度か足を運んだことがある。

この料理屋は2F立てになっており、1Fはタイ人、2Fは日本人がよく利用していた。


近所にはセブンイレブンがあるのだが、ペットボトルに入ったお茶は甘く、タイのお
坊さんの写真が載った雑誌などが売られていた。

露店なども並んでいる。写真の真ん中にオレンジ色の袈裟をつけたお坊さんも歩
いているが、これもタイの日常風景の一つである。


会社は、駐在員用ホテルからは10kmほど離れているのだが、運転手によりお出
迎えがある。
ちなみに、駐在員の仕事は現地ローカルの社員の指導以外にも、日本からくる親
会社の人の送迎のための車の手配などもあり、大変そうである。

そして、夕食は帰り道に日本食の料理屋がいくつもあるので、その時の気分によ
り寄る店を変える。ほとんどの場合、お客さんと一緒に食事する。

帰宅後は、テレビは、基本、NHKワールドをつけっぱなしにしている。
日本人通訳と仕事をし、帰宅後も日本語にしか触れないので、意識をしないと
タイ語も覚える機会もない。

そして、休日は楽しくもない付き合いゴルフである。

こんな生活をしていると、最初の1~2か月は物珍しいので生活も楽しいのだが、
ある程度住んでいると、日本にいるより単調な生活になるのである。

うちの会社でも、タイに駐在する予定の人間がいる。
金曜はその送別会だったので参加する予定だったのだが、先日このブログで書
いたシステムトラブルで、私は疲れきっており、申し訳ないがドタキャンさせても
らった。
(おけださん。1人にして申し訳ない)

このタイに駐在する人は、5~6年前からタイや中国を行ったり来たりしている。
バイタリティーにもあふれているが、家族との生活を犠牲にしている。
私と同じ2人姉妹の父親なのだが、2人目が生まれてからは、ほとんど海外出張
だったこともあり、奥さんからは2人目はほとんど育児に関わっていないと、事あ
るごとに言われるそうである。

本人は、こういった仕事が好きなのでそれでよいと思うのだが、子供とのつながり
を大事にしたいと思っている私としては、もうあの生活には戻りたくない。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月11日 04:26 ] タイ | TB(-) | CM(2)

WBC2013 日本対台湾のあと

日本のプロ野球には興味はないが、WBCのような国際試合では、試合よりもその
後の反応のほうが面白いので興味がある。

野球はサッカーなどとは違い、北中米と東アジアが強いので、特に東アジアの国
と国の関係が、垣間見られるのである。

3/8の日本対台湾で、延長10回で4対3で日本が逆転勝利した。

このニュースは、まあ嬉しいがそれよりも試合に負けた台湾の反応が嬉しいの
である。

日本に負けて、台湾の国旗に「日本おめでとう」と書いて、日本を祝福する台湾ファン。


同じ隣国でも、彼の国とはエライ違いである。

彼の国は、今回の大会でも、日本、中国、台湾からネット上でひんしゅくを
買っていたらしい。

彼の国に対して、
中国版ツイッターでは、「悪名高き、球場で勝つためには手段を選ばないチーム」
「小細工が多い」という反応があったり、
台湾で行われた彼の国対オランダ戦では、 彼の国のメディアが、
「台湾は寒いから」、「台湾の食事は味が濃いから」、「台湾人の観客のヤジがうるさ
かったから」と負けた理由の弁明をしていたという。

ネットの情報なので100%信じられるわけでもないが、当たらずしも遠からずといっ
たところだろう、

話は変わって、オリンピックやWBCでは台湾ではなく「チャイニーズ・タイペイ」と言
われ、「台湾」や「中華民国」の名前が使えない。

「チャイニーズ・タイペイ」は、中国側の圧力によりこの名称が使われる。

中国の一部の台北地域のイメージにしかならず、台湾としては屈辱的な呼び名で
ある。

この、台湾の方々の「日本おめでとう」に対し、 私は「台湾代表、台湾の皆さん、あり
がとう」と言いたい。

そして、これからの日本の試合の動向を注目したいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月10日 00:14 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(2)

黒たまご

来週、嫁と2人の娘がうちに戻ってくるので、独身生活最後の週に、箱根の温泉
にでも行こうと思い、本日の記事は「黒たまご」の話題を1週間前からセットし
ていた。また箱根温泉の旅行記も別の記事で書こうと思っていた。

しかし、今週水曜日に部下があるシステムの処理の操作をたった1箇所だけ、
ミスしてしまい、データベースを壊してしまったのである。
その復旧のため、作業は深夜の2時3時になり、水曜日は会社の近くのホテル、
木曜日は会社に宿泊した。

金曜日の夕方なってもそのトラブルは復旧していなかったこともあり、お客様の
部長に状況報告とお詫びに上司の部長と行った後、私は2日連続で遅くまで、
対応していたこともあり、この時点でこのトラブルからは一時開放された。

この後、土曜日にずれ込むだろうと判断し、夕方4時頃、土日に泊まる箱根のホ
テルをキャンセルした。

結局、昨日夜遅く、そのトラブルは復旧したので、結果的には箱根のホテルを
キャンセルする必要はなかった。
たとえトラブル中だったとしても、もう我々が出勤してどうこうできるレベルでは
なく、パッケージベンダ側の作業なので、土曜日は出勤する可能性は低かっ
たのだが、そんな状況下で、呑気に温泉など行くのは、倫理的にもあまり好ま
しくないと判断し、昨日の段階でキャンセルしたのである。

さて、本来であれば、箱根や大桶谷に行き、今日から1泊2日で箱根湯本の旅館
に 1人で泊まる予定だった。

大涌谷といえば「黒たまご」が有名である。

黒たまごは、温泉に含まれる硫黄と鉄分が結びつき黒い硫化鉄となり、卵の殻に
付着して、黒く変色してできる。

黒たまごを1個食べると7年寿命が延びるというふれこみで、軽食・土産として人
気があるとのことである。

トラブルがなければ、この土日にゆっくり温泉に浸かり、のんびりとしつつも、ネッ
トに繋がらない環境で、この黒たまごを食べながら、春の情報処理の勉強に勤
しみたかった。

本当は、この記事も、黒たまごと箱根温泉に泊まることについての楽しい記事
だったのだが、全然別の記事になってしまった・・・

今日は図書館で勉強した後、横浜のSPAで疲れを取りたいと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月09日 04:46 ] 商品 | TB(-) | CM(2)

横浜市立図書館の蔵書検索システムの障害のその後

今週、日曜日に横浜市立中央図書館に行った所、エレベータ付近に、1月に起き
たシステム障害に関する張り紙があった。

その張り紙によると、旅好きおやじが1/12の記事で書いた推測とほぼ同じこと
が原因だった。

システム設計時にアクセス集中に関して十分な想定ができていなかったことが
原因であること、操作性に関して市民から色々な意見が出ていること、これら
の課題について開発受託者である株式会社日立製作所と調整を行っていること
などが書かれていた。

そうか、開発受託者は日立製作所だったのか。

自治体のシステムなので、こういう受託ベンダは公開されるのだろう。

さりげなく、開発受託者の名前も出すところが、うちだけが悪いんじゃないよと
暗に言っている所が面白い。

さらに、横浜市立図書館、日立製作所でググってみると、今回のシステムの競争
入札の結果のpdfが検索された。

どうやら、横浜市は、富士通、日立、NECに見積もりを出しており、
NECは辞退、富士通は2億1500万円、日立は9100万円で入札したが、最終的
な落札価格は5500万円とのことだった。
この3つの数字の大きな落差を見るだけでも、色々なドラマが見えてくるので面白
い。

さらに、横浜市立図書館、富士通で検索すると、旧システムの基本設計書が出て
きた。

このことから、旧システムは富士通製だったが、市のシステムに食い込みたい日
立製作所は採算を度外視して何とか落札を勝ち取った。
しかしながら、営業的には成功に見えた落札も、システム開発サイドにはその採
算度外視の予算でシステム開発しろという話になり、プロジェクトが立ち行かず、
納期が遅れがちになり、検証が十分できないまま、カットオーバに至ったというの
がおおよその経緯だろうと思う。

PMBOKやプロジェクトマネジメントなど十分に理解している大手のはずなのだが、
それ以前の問題でそもそも、PMBOKなどを使う条件が満たされなかったわけで
ある。

本当に、ありがちな話であり、無くならない話でもある。

1/12 「横浜市立図書館の蔵書検索システムの障害」
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-entry-780.html

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月08日 04:58 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

スプーンを付け忘れるコンビニ

最近、妻が里帰り中ということもあり、コンビニをよく利用する。

糖質制限ダイエットを始めてから、低糖タイプのヨーグルトを食べることが増え、
朝食~夕食のうち1日2食は食べている。

通常、お弁当などを買った場合、ほとんどの場合、お箸をお付けしましょうかと聞い
てくるのだが、ヨーグルトの場合、スプーンをお付けしましょうかと聞いてくる店員は
感覚的には7割ぐらいいるが、残り3割は全く何も聞いてこず、かつ、スプーンも付け
ない店員がいるのである。

この現象は、最初、コンビニの店舗によって差があるのかと思っていたが、セブンイ
レブン、ファミリーマート、ローソンなど、どのコンビニでもスプーンを付けるか付けな
いか、人によって対応が違うのである。

おそらくお弁当は、箸をつけるというのがマニュアルに書かれていたり、教えられた
りするのだが、スプーンについては任意なのではなかろうかと思う。

最初は、会社の近くのコンビニで、無愛想な女性店員にスプーンを付けられず、そ
の日のヨーグルトは箸で食べなければならず、憤慨もしたのだが、こんなことでい
ちいち腹を立てても、つまらないと思った。

このぐらいは買う側である私が気をつけて、必要があれば求めればいいだけの話
だし、昼 間の忙しい時間帯に商品ごとに対応を変えなければならない店員の身に
もなってみたら、それほど、怒るような話でもないため、ヨーグルトを買うときは、
必ずスプーンもお願いしますと私の方から言うことにしている。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月07日 04:40 ] サービス | TB(-) | CM(0)

よくわかる 最新組み込みシステムの基本と仕組み

春の情報処理試験に向けて、組込みシステムの勉強をしている。

試験の対策本や、教科書レベルの入門書を読んでおり、理解したつもりになって
いるが、知識にヌケモレがないといけないので、もっと一般向けに書かれた本を探
すことにした。

本屋に行くと、最近発売された「よくわかる 最新組み込みシステムの基本と仕組み」
という本があったので、さっそく図書館で予約して借りた。

この本では、図を多用し初心者にも分かるように平易な書き方をしており、パソコン
(汎用機器)と組込みシステム(専用機器)との考え方の違いなど、試験勉強から入っ
ていたら見落としがちな、本当に基本的な部分から説明されており、組込みシステ
ムを理解する助けになった。

また、組込みシステムを設計する際の商品仕様の決定や、ハードウェア・ソフトウェ
アの開発工程などについても触れられている。

私のような業務系のソフト屋にとっては、システム開発といえばシステム設計さえ
きっちりやっていればテストケースも論理的に定まると考えるが、ハードウェアがか
らむ組込みシステムの場合、いくら論理的に設計したとしても、同期のズレやノイズ
の影響まで考えなければならず、試作機という実機で試して微調整をするという、
通常のシステム開発とは違うプロセスがあることを把握できてよかった。

また、電卓、ゲーム機、炊飯器、DVDプレイヤー、電子キーボードと言ったように形は
違えど、コンピュータシステム部はCPU,ROM,RAM,クロック/タイマなどでできており
共通しているが、入出力インタフェースに様々な機器や回路が使われているというこ
とも理解できた。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月06日 04:56 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

オリンピックの胡散臭さ

私の会社の近所を含め、東京の街を歩いていると電柱にオリンピック招致の旗があっ
たり、電車の乗ると、「東京オリンピックを誘致できたら、XXXする」というキャッチフレー
ズのタレントのポスターをよく目にする。

東京でオリンピックが開催されたら、その経済効果は相当なものかもしれないのだが、
柔道の体罰問題などもあり、国際的なイメージダウンは否めないだろう。

この、オリンピックであるが、招致活動や種目の決定など胡散臭さを感じるのは、
私だけではないだろう。

韓国のテコンドーが種目から外されるという話になると、ロビー活動により残り、今度
はレスリングが2020年の種目から外される可能性が出てきたり、誘致活動では、ス
タジアムの整備状況や地元の期待度なども考慮されるが、結局最後にはIOCが気に
いるか、気に入らないかであり、相当な汚いカネが動いているのではないかと思って
しまうのである。

オリンピックは
「文化・国籍など様々な差異を超え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって理解
 し合うことで、平和でよりよい世界の実現に貢献する」
と、表では綺麗事を言っているが、結局はカネであり、そんなオリンピックを高いカネ
をかけて誘致する必要があるのかと思ってしまう。

東京でオリンピックを開催して欲しいかというアンケートをとっても、来てほしい人は
50%以下と言われているし、実際私の職場でもほとんど東京オリンピックの話題など
聞いたことがない。

2001年に、大阪が誘致活動をやり北京に敗れたが、莫大なカネをドブに捨てたのでは
無いかと思っている。

もし、ほかの開催予定地と比較して、勝つ見込みが無いのであれば、早々にあきら
めたほうが良いのではないかと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月05日 05:57 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(2)

ジャンゴ 繋がれざる者

土曜は千葉の嫁の実家で娘たちの様子を見に行ったことや、ここ連日の残業で
疲れが体に溜まっていることもあり、夕方の19時頃には寝て、日曜日は朝の3時
頃に起きてしまった。

その後、朝5時頃からエンベデッドスペシャリストの午後2の問題(平成23年問2)を
やったが、頭があまり回らずイマイチ題意がつかめないまま120分経ってしまった。

少しスランプ気味なので、今日は勉強をやめて朝から映画を見ることにした。

映画は、すでに割引券で購入していた「ジャンゴ」である。

桜木町には9:30頃に到着したが、朝10:45から開始ということで、エンベデッドの
午後1の問題(平成22年問2)を解いて時間を潰した。

午後1の方は文章は4,5ページ程度なので解いていて、自分が何をしているか分か
らなくなることは少ないが、午後2は10ページ以上にわたる長文なので集中力が
なかなか続かないのである。

本題に入ろう。

今回の「ジャンゴ」は当たりである。

映画の時間は165分と、長い部類の映画なのだが、久しぶりに腕時計に1度も目を
やることなく、最後まで見ることができた。

舞台は、南北戦争が始まる2年前のアメリカの南部。

白人の歯科医師は、歯科医師という職業は世を忍ぶ仮の姿で、実際は賞金稼ぎで
ある。その賞金稼ぎが、大物の賞金首を尋ねるのだが、その賞金首を見たことがあ
るのは、その農場で働いていた「ジャンゴ」という黒人だけである。

奴隷市場に売られるために、運ばれているジャンゴたちを、賞金稼ぎが襲うところ
から映画が始まる。

この映画は、165分間のうち8割以上が次の展開がどうなのかを期待させる作りに
させることや、1860年代の黒人奴隷の扱いや当時の文化がよくわかり面白かった。

現代のように白人・黒人が平等な世の中から見て、黒人が奴隷として扱われている
映画の中の状況は、当時としては当たり前だったのだろうがやはり違和感を覚える
のである。

今年に入り、「声を隠す人」「ジャンゴ」「リンカーン」と立て続けに、アメリカの南北
戦争前後を舞台にした映画が上映されるが、秋にアメリカ南部にいく私にとって、
こういった映画は、非常にためになるのである。

 


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月04日 05:30 ] 洋画 | TB(-) | CM(2)

フォレスト・ガンプ サントラ版

少し前に映画のフォレスト・ガンプについて書いたが、この映画のもう一つの魅力
は、挿入歌にあると思う。

曲はすべて、1950~1970年代のアメリカでヒットした曲である。

サントラ版の中古品が、amazonで1円で売っていたので、+送料で購入した。

劇中でいい曲だなと思った曲や、劇中では流れなかったメロディー、昔一度は、
聞いたことがありタイトルを知らなかった曲などが多く、新たな発見があったので
ある。

まず最初のエルビス・プレスリーのハウンドドッグである。

エルビス・プレスリーと言えば超有名人で、私でも知っているのだが、彼の代表
曲を全く口ずさむこともできなかったのだが、このサントラ盤で聞けたことと、こ
のメロディーにインスパイヤーされた曲のことなども思い出した。

余談だが、ElvisはPelvis(骨盤)というあだ名があり、彼が腰を揺らす姿を皮肉っ
たあだ名なのだが、これでPelvisという英単語が1つ覚えることができた。

また、劇中でフォレストの彼女役が、裸でフォークギターを引きながら歌っている、
風に吹かれて(Blowin' In The Wind)も気になっていたのでフルで聞かれてよかっ
たし、ほかにも、Joy to the WorldなどCMで聞いたことがあったものなども、フル
で聞くことができてよかった。

これらは、オールディーズといわれる。

私が高校生の頃のオールディーズといえば、ビートルズ一辺倒だったが、その
前後の曲にも名曲が多いことがわかった。

ビートルズは、オールディーズとして入ったので古い曲という印象が私にはついて
しまっているが、このサントラで初めて聞いた曲は、古さを感じさせない曲も多い。

Joy To the World(喜びの世界)





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月03日 04:04 ] 商品 | TB(-) | CM(2)

フライト

昨日は映画の日ということもあり、帰りにくい空気を作るのが得意な部長を尻目に
定時で上がることを告げ、久しぶりに定時に上がり横浜で映画を見た。

最初、18:40というちょうどいい時間帯に「フライト」が上映している、横浜の
観覧車の近くのワールドポーターズの映画館に行ったのだが、すでに販売が
終わっていた。

しかたがないので、次に早い時間帯を探すと、桜木町駅の横浜ブルク13で、
20:40からの回があった。

時間が2時間ほどあくが、食事やエンベデッドスペシャリストの午後1の平成
23年の問3の演習問題をやっていると、ちょうどいい時間になった。

隣の席には、そこそこ可愛い女の子が1人で見ていた。

スケベの旅好きおやじは、デート気分で何度かチラ見した。

さて、映画が始まった。

最初のエロいシーンは良かった。

次にクライマックスの飛行機のシーンはまあまあかな。

そこからが、エンディングまでが睡魔との戦いで、一番最後のオチが少しだけ良い
と思わせた。あと、ヤク中役の女優さんは私の会社で斜め前に座っている派遣
のコに少し似ていた。

映画が終わり、電話の電源をつけると、21:38に部長から電話があったみたいだ。

部長とは表面上仲良くやっているが、残業が好きでかつ気軽に電話をかけてくる
から困りものである。
(多分、ブレイク氏ならはっきりと迷惑であることの意思表示をしているのだ
 ろうなと心のなかで、羨ましく思いながら)

ただ、彼が残業をしてくれるので何度か助けられていることもあるので、まあ、こう
いう部分も受け入れていくしかないのだろう。

ほとんど映画の感想ではなく、昨日の出来事とその愚痴のような記事になってし
まった。


演技は決して悪くないが、デンゼル・ワシントンの映画はハズレが多いような気がする・・・




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年03月02日 04:49 ] 洋画 | TB(-) | CM(2)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2013年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
937位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
191位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム