旅好きおやじの日記 TOP  >  2013年08月
月別アーカイブ  [ 2013年08月 ] 

≪ 前月 |  2013年08月  | 翌月 ≫

2013年8月 ベスト書籍ランキング

今月読んだ本は11冊である。

なお、下記の本も含め、今月読んだ本は、読書メータにも簡単に感想を記
載している。
http://book.akahoshitakuya.com/u/256475/cat/296276



■第1位:日本人が知らないヨーロッパ46ヵ国の国民性 (購入)



巻頭のYES NOクイズが2つあり、1つ目がフィンランド人、2つ目がスペイ
ン人と判定された。

フィンランド人は、地味だがよく考え秀才力を発揮し、
スペイン人は、勇敢、無謀、何事も極端とのこと。

両方とも正反対であり当たっているような外れているようなと言ったところ
で、YES NOクイズなど、こんなものだろう。

本の内容はヨーロッパの有名な国、日本に馴染みのない国を含め46カ国
の国民性について書かれており、ステレオタイプなことから、知らないこと
まで書かれていた。

フランスやイタリア、スペインでは食事は楽しむものとして受け取られてい
るため美味しい料理が多いが、イギリスやオランダ、ドイツは食事は空腹を
満たすものという考えなので、質素なものや、何かをしながらつまめるサン
ドイッチのようなものが多いという。

また、例えば闘牛もスペインでは闘牛士が牛を殺すのに対し、ポルトガル
は複数の人間で牛の角に革製のカバーをかけて終わりだとか、隣国とい
えども文化の違いが紹介されていた。

退屈な通勤時間を楽しく過ごせる1冊だと思う。


■第2位新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論(購入)



この本については8/18(日)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20130818.html


■第3位:官房長官を見れば政権の実力がわかる(購入)



現在の内閣の菅官房長官はあまり口数が多いタイプではなさそうだが、
今年はじめに起きたアルジェリア人質拘束事件では、安倍首相が海外
におり不在の中、日本政府として毅然としてテロリストを非難し、情報が
錯綜する中、情報を出す出さないを的確に選択し、内外ともに司令塔
としての役割を果たした。
また、前の民主党の枝野官房長官も、3/11の震災のなか、寝ずにス
ポークスマンとしての役割を果たし、鳩山のせいでボロボロになった政
府民主党が見直されたこともあった。

菅官房長官も枝野官房長官もスポークスマンとしての対応は見事だっ
たが、菅氏にあり枝野氏にないものがマネジメント力であり、枝野氏は
目に見える役割に固執するあまり、現実に起きていることと政府が言っ
ていることがちぐはぐになってしまったことを挙げていた。

ただ、時の総理大臣が菅直人というのが、枝野氏の不幸だったと、
この本を読んで改めて思った。

総理大臣である菅直人がヘリコプターで視察に踏み切ったときも、枝野
氏は反対していたが、菅直人は振りきって行ってしまい現場を混乱させ
批判を浴びることとなった。

官房長官なら身を挺しても止めるべきだと書かれていた。

そのとおりかもしれないが、自分の売名しか考えていない総理に対して
それは難しいだろう。


■第4位:誰も書かない中国進出企業の非情なる現実(購入)



中国もGDP世界第二位となったが、中国の経済成長も一時期のような勢
いはない。

反日政策の結果、中国国内の悪政のハケ口を日系企業に振り向けられて
いたり、レアアースの禁輸政策などで、まともなビジネスができる国ではな
いと判断した日系企業はどんどん撤退を始めている。

この本は、中国にいち早く進出してきた企業が、どういう仕打ちを受けたの
かを数社の大企業の事例をあげ紹介している。

ある日突然、法律が変わり、違法行為をしているとバッシングの対象にした
という事例や、
上海の浦東地区の投資の一環で高層ビルを立てようとしていた森ビルが、
プロジェクトを進めて行く中で地盤沈下の激しい土地ということが発覚した
にも関わらず、日中友好の名の下、中国政府からプロジェクトを中止する
ことも許されず、しかもああしろこうしろと、金は出さず、口だけをだす中国
政府に操られているとのことである。

中国の日中友好という言葉には騙されてはいけないし、中国以外の国に
活路を見出し包囲外交を展開している今の外交は正しいのだろう。


■第5位:あんな「お客(クソヤロー)」も神様なんすか?(購入)



この本については8/27(火)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20130827.html


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2013年08月31日 03:55 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

科学キャラクター図鑑 海の世界

8月もそろそろ終わりだが、まだまだ暑い。

少しは涼しくなるかと思い、海の世界という本を読んでみた。

この本には、海の世界について、地形や気象、海に生きる生物などをキャ
ラクター化して描かれている。

海の世界は、暗く冷たいこともあり発光する生物や、毒や殻で身を守るも
のなど、陸の生物よりもいろんな生物がいそうである。

また、シロナガスクジラは、1,600kmも先の仲間とコミュニーケーションを
とると書かれてあった。

ただ、水中での音速は空気中のそれよりも早く1,500m/sなので、20分程
度で相手に情報を送ることはできる。

かなりの距離であるが、何を連絡しあうのだろうかと考えると興味がある。



p.s.実は、本日でこのブログも1000回目の投稿になる。
  といっても記念に何かするわけではなく今後も淡々と書き続けるだけ
  である。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月30日 04:59 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

組込みシステム(未来へつなぐデジタルシリーズ20)

私も、学生の頃から四半世紀近くコンピュータに携わり、色々な本を読んだ。

計算機の歴史が解説された本を見ると、マークIとかENIACあたりから書か
れているものがほとんどだが、この本では人間の「指」が一番最初の計算器
で、ホモサピエンスが現れる20万年前から始まり、その後計算尺やそろばん
などが発明されたと解説しており、ユニークだと思った。

さて、本題の組込みシステムについても、通常であればリアルタイムOSや
タスク関係の話といった理論中心に入る本が多い中、この本は、カーエレク
トロニクス、ホームエレクトロニクス、ファクトリーオートメーションといった
章立てで書かれており、実際の組込みシステムの使われ方がイメージしや
すかった。

自動車の制御も、従来のワイヤーハーネスという複数の電線を束にしたも
のからLANケーブルに変わってきているとあった。
我々が会社や家庭で使っている、ツイストペアケーブルが使われているの
だろうか。

爪が折れたり、外れたりしないのだろうか。今度調べてみたい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月29日 04:29 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

kazuya Channel

最近、Youtubeを見ていると、KAZUYA Channelというものを発見した。

函館のKAZUYAという、20代ぐらいの若者が、現代の世相や世の中の
おかしいことなどを、2分程度の短い時間で端的に説明しているのである。

この説明がわかりやすいだけでなく、面白い。

最近では、靖国問題や従軍慰安婦問題、はだしのゲンの閉架問題など、
私の考えともあっていることもあり、ついつい見入ってしまうのである。

このKAZUYA氏、一体誰なのか公表されていないのだが、只者ではない
ということはわかる。

ここまで世の中のことを考えて、意見を述べられる若者がいるということ
は、これからの日本もまだまだ捨てたものではないと思った。

KAZUYA Channel 【毎日夜9時更新!】
http://www.youtube.com/user/kazuyahkd



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月28日 04:49 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

あんな「お客(クソヤロー)」も神様なんすか? 「クレーマーに潰される! 」と思った時に読む本

うちの会社の大得意様にもクレーマータイプの人間がおり、みんな苦労
させられている。

私は、そのクレーマータイプとは直接の関わりが無いが、もし関わった
ときにどうすればいいか、ヒントとするために読んでみた。

著者の略歴を見ると、トヨタホームの営業マンで、一般顧客向けに住宅
を販売していた営業マンであると書かれてあった。

8人の困ったお客様たちのエピソードを見ていると、こんな奴らを相手に
したら、確かにストレスを溜め込み、心の病気になるだろう。
困ったお客たちの中には、完全にマイペースで営業が振り回されていた
り、営業マンをパシリのように日常品の買い物をさせたりと、常識では
考えられないような人間もいた。

確かに客のほうが営業よりも立場は上なのはわかるが、相手も人間で
あり、ここまではしてはいけないと思う。

そういうクレーマータイプに対しては、安易にサービスに逃げるのでは
なく、お客様と向き合って説得し、納得してもらわないと、新たなクレーム
を生むものだということがよくわかった。

もし、うちの会社のクレーマータイプの大得意様と絡まなければならない
ようになったら、この本のことを思い出してみたい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月27日 05:19 ] サービス | TB(-) | CM(0)

モンスターズ・ユニバーシティー

私はいつも、公開第1週目か第2週目あたりで映画をみる。

土曜日もそんな感じで、みたい映画がないかを探していたが、いまいち
好みの映画がないので、このモンスターズ・ユニバーシティーを観た。

台湾で、この映画のポスターを見ると「怪獣大学」と書かれていたのだが、
我々日本人が怪獣といえば、ゴジラとかウルトラマンに出てきた怪獣を
連想するので、若干日本と台湾では「怪獣」の意味が違うのだろうかと
思った。
日本語に訳すなら「怪物大学」のほうがしっくりきそうである。

そんなことはさておいて、今回は3Dしかやっていなかったこともあり、
3Dで観た。
3Dが出たての頃2、3の映画を3Dで観たが、メガネで気が散ることもあり、
もっぱら2Dで見ていたのだが、知らぬ間に2,000円で鑑賞できるように
なっていたのだ。

あまりに3Dが人気がないので値下げしたのだろう。

モンスターズ・インクについてはレンタルDVDで観たこともあり、あまり内
容を覚えていなかったので、続編という感覚ではなく第一作目としてみた。

努力家のマイク(目ん玉の方)と、名門で出で生まれ持った才能はあるが
努力が嫌いなサリー(毛むくじゃら)が、大学で知り合い「怖がらせ屋」と
して成長をしていくさまをみて、努力の大切さや、努力してもどうにもなら
ないことがあること、それでも人は必ず良いところがあるので、それを認
め合おうという感じの映画で、子供からおとなまで楽しめる映画だと思った。

日曜日は、モンスターズ・インクのDVDを嫁が持っていたようなので、
1人で家で見たが、モンスターズ・ユニバーシティーのほうが面白いと
思った。

キャラクターが面白い映画だった。
マイクとサーリー以外にも、ムカデの足を持った学長や、クレア・ウィーラー
という脱力系の三つ目の女性アナウンサーがかわいかった。


クレア・ウィーラー
 


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月26日 04:17 ] 洋画 | TB(-) | CM(0)

万葉倶楽部

私が横浜で映画を観るときは、109シネマズMM横浜やムービル、
横浜ブルク13 の3つの何処かに行く。
(ミニシアター系のシネマジャックアンドベティは除く)

この3つの映画館で映画を観た場合、映画が始まる前に、必ず万葉倶楽
部のコマーシャルをやっているので、予てから行きたいと思っていた。

この土日は嫁と子供が実家に帰っていることや、お盆休みで休んでいた
にも関わらず仕事のストレスが抜けないということもあり、昨日行ってみた。

桜木町で降りて、万葉倶楽部に向かう。

マンモスYUKA展には、このブログのアクセス数を稼がせていただいている。


写真には、横浜市長選挙の喚起のポスターがあるが、竹中直人を起用し
ており、結構金がかかっていそうである。

現在の横浜の市政にはあまり不満もないし、現職の林文子以外の候補は、
共産党推薦だったり、素人っぽい候補しかおらず、消去法で考えると、
現職市長に入れるしかなさそうである。

現職市長は朝鮮学校の高校無償化を見なおさなかったことには大いに
不満があるが、それ以外は不満がないので仕方がないだろう。

そんなことを考えながら、クイーンズモールを抜けると、観覧車の左下に
万葉倶楽部が見えてきた。


コスモワールドを抜け、万葉倶楽部の近くまで来た。


万葉倶楽部の周辺は、コスモワールド(観覧車がある遊園地)、イオン、
カップヌードルミュージアムなどがあり、桜木町から結構歩くが、なかな
か面白い場所にある。

万葉倶楽部に到着。熱海や湯河原からお湯を組んでトラックで運んで
くる。


この万葉倶楽部には世界のマッサージがあるというのでやってもらうこと
にする。


8つのマッサージから、お試しの20分コースを3つ選ぶと、入館料込みで
8,400円というので、
足流療術という足で肩などを押してくれる施術、足裏マッサージ、中国アモ
イ式オイルセラピーの3つを頼んでみた。

他にも英国式リフレクソロジーやアカスリ、タイマッサージなどがある。

マッサージをしてもらってかなり楽になったので、屋上の足湯場で、横浜の
港の風景などを見ながら足湯を楽しんだ。


横浜に引っ越してきたばかりのときに、コスモクロックに乗りこの足湯場を
見ていたが、昨日は反対に足湯場からコスモクロックを撮影。
 

屋上の足湯場にはリア充たちがいっぱいおり、私のようなお一人様はい
なかった。若い時なら恥ずかしく1人でこれないエリアかも知れないが、
おっさんになったら、そんなもんどうでもいい。

足湯以外にも、サウナや、露天風呂などもあり、そこでもゆっくりした。
日ごろのストレスが抜けていく感じがした。

かなり楽になったので、レストランでコーヒーを頼んだ。


食事をした後は、リラックスルームでだらだらとテレビを見ながら過ごし、
2~3時間ほど昼寝をしてしまった。


オリーバストーンが沖縄や広島に訪問したという報道特集をやっていた。

プラトーンの頃のオリバー・ストーンは良かったが、最近のオリバー・ス
トーンの発言は少しおかしい。
調べてみると、1996年に再婚しており、嫁が彼の国の人だった。

この万葉倶楽部は、カップルやお一人様はもちろん、女子会とか家族連れ
なども多く来ており、うちの長女のような子供が楽しそうに遊んでいた。

今度、家族で来てみてもいいかもしれないと思った。



すっかり満足し、横浜ブルク13に行き、モンスターズ・ユニバーシティーを
観て、また柳沢慎吾のCMを見て変な感覚に陥る旅好きおやじであった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月25日 05:09 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(2)

隣の部署

私の部署は人数が9人と割と平均的な人数であるのだが、お客様対応が
少ないこともあり、人間同士の衝突も少なくわりと平和である。

隣の部署は主に客先対応や要望を聞いてシステムを修正したり、ソリュー
ションを提供する、80人前後の巨大部署である。

管理職も6人いるのだが、なかなか大変そうで、いつも賑やかである。

部下に会議で「マネージャーらしくしろ!」と怒鳴られている頼りない課長
待遇の人、いつも9月になるとメンタルヘルスでよく休む女性、遅刻の常習
犯が数人など様々である。
まあ、IT会社らしいといえば、IT会社らしい部門ではある。

そんな中、数カ月前にこの巨大部署の席替えがあったのだが、この席替
えのため、私の悩みが増えてしまった。

前の席に、いつもガミガミと特定の部下を説教している主任がおり、その
部下を毎日呼びつけては説教しているのである。

その説教の時間も10分~15分程度ならまだいいのだが、短くても1日
1時間は説教をしている。長いときもどのくらいかと測ってみたことがある
のだが、3時間近く説教していたのである。

説教上司も周りに気を使ってか、声は小さく話しているのだが、3時間も
やられると、気になって仕事に集中できない。

説教の内容を聞いてみるといつもおんなじような内容で、
 ・ホウレンソウがない
 ・どうでもいいことをホウレンソウする
 ・質問に対して答えになっていない
 ・質問に対して黙ってしまう

などの話が、延々とつづくのである。

この部下の人間は、かつて私の下にもいたこともある。
確かにホウレンソウはしてこないので何をやっているかわからなかったり、
他部門の依頼をずっとほったらかす、ちゃんと管理しないと所定の残業時
間をオーバーするなど、何かと問題がある人間なのである。

ただ、そうはいっても、1日3時間も説教していたら、説教する方もつかれる
だろうし、説教されるほうは、何をやっても怒られるので考えることを無意識
に放棄してしまうという悪循環に陥ってしまっているだろう。

説教主任とその部下がいない時、私と隣の席の私の部下は、あれだけやら
れるとこっちが参ってしまうと言っている。
説教主任も、この特定部下以外との人間関係以外は、良識がある普通の
人なので、彼らとの人間関係を壊さず、なんとか解決する方法はないもの
だろうかと考えている。

昨日は、月1の管理職飲み会があったので説教主任担当の副課長には
お願いしておいた。
その副課長も、説教主任の真後ろの席に座っているので、いつかは注意
したいと言っているので、あまり期待せずに待っておこうと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月24日 04:36 ] とあるIT会社にて | TB(-) | CM(4)

テクニカルエンジニア(データベース)合格までの道

少し前に触れたが、私は11年前にテクニカルエンジニア(データベース)に
合格した。

今では、データベーススペシャリスト試験と名前が変わったものの、試験
範囲や内容はほとんど変わっていないようである。

しいて言えば難易度が、やさしく受かりやすくなったことだろうか
(平成14年8.8%→平成25年16.3%)

当時は、今のようにわかりやすい参考書少なく、酷い参考書も多かった。
そんな中、リックテレコムから出ていた
「データベース 午後徹底演習」は、午後問題の解説が充実しており、
学習の助けになった。

先日、目を通したみよちゃんの「データベーススペシャリスト教科書」と比
べてみると見劣りするが、当時としては一番わかり易い本だった。

私の勉強方法としては、参考書に書かれていることをEXCELにまとめた
り、問題集も一度筆記で行うが、それをEXCELに書き写したりして、自
分の頭のなかを整理した。
この学習方法が、それ以降の高度情報処理の私の勉強方法のベース
になっている。
まあ、試験に受かるためだけならこの学習方法はあんまりいい方法では
ないかもしれない。

当時はまだ、IPAから正解が公表されていなかったこともあり、各社とも
模範解答がバラバラだったりしたが、どの問題集があっていてどの問題
集が間違っているのかを自分で考えることが、データベース設計を深く
考えるきっかけになったかもしれないと考えるとムダではなかったと思うし、
その後の仕事でのデータベース設計でも役に立ったので、実務にも十分
に役に立った試験だと思う。

tedb.jpg



p.s.
 Iさん、ネットワークスペシャリストのお誘い有り難うございます。
 せっかくですが、次女が小さく平日・休日とも思うように時間が取れません。
 もうすこし子供が大きくなったら時間を取ってチャレンジしたいと思います。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月23日 04:23 ] その他情報処理 | TB(-) | CM(0)

川崎市職員の無断早退事件を聞いて

昨日のニュースに
「電車で座りたい」 川崎市職員8人、たびたび無断早退
という記事があった。

詳細は上の記事名がリンクになっているのでそちらを読んでいただきたい
が、川崎市の上下水道局で、昨年6月から今年2月にかけ、8人の人間が
終業時間前に無断で早退していたことが問題になり、戒告処分を受けたと
のことである。

我々の税金を源泉として給与をもらっている公務員がけしからんなと、
記事を読み進めてみると、

早退時間は約30回計100分~約80回計430分で、早退した分の給与は
利息をつけて返還した。

とのことである。

早退がけしからんと言っても、冷静に考えてみる。
昨年6月から今年2月ということは9ヶ月なので、1ヵ月22日操業とすると
198日になるので、1日あたり30秒から2分10秒である。

そんなぐらいで処分されるの?というレベルである。

198日で30回~100回ということは、早退していない日もあるだろうから、
遅く帰っている日もあるわけで、残業も1分単位では計算されないだろう
から、結局はとんとんぐらいにはなっているのではないだろうか。

早退した理由が、就業時間が5時から5時15分になったので、変更前の
電車に乗りたかったとのこと。

確かに、決められた時間を働いていないというのは、社会人としていかが
なものかとも思うし、けじめをつける意味で処分をしなければならないの
だろうが、このぐらいのことは、民間のようにフレックスタイム制を導入す
れば解決する話なのではないかと思った。

公務員も部署によっては、毎日22時とか24時とか酷い勤務実態があると
も聞くが、反対にこのように、ほとんど毎日定時近くに帰れる職員も多くい
るとのことで、うらやましいと思った。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月22日 05:10 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

アメリカ東海岸旅行の計画その3(鉄道チケット)

9月のアメリカ東海岸旅行で、ニューヨークとワシントンD.C.間は電車で
移動することにしている。

ちなみに、ニューヨーク・ワシントンD.C.間は地図で見ると、すぐとなり
にあるように見えるが、370kmもあり、東京から名古屋を超えて岐阜まで
行けるぐらいの距離にある。

国際的乗り鉄
を自称する旅好きおやじとしては、非常に楽しみにしている。

アメリカは国土も大きいので、大都市間を移動しようとしたら飛行機になる
し、地上も列車移動より自家用車で移動するほうが一般的らしい。

アメリカも、Amtrakといって全米を結ぶ鉄道網は発達しているが、利用客
層は、Wikipediaによると低所得層、鉄道ファン、時間にゆとりのある観光
客、定年退職後の熟年層と偏りがあるらしい。

そんなAmtrakなので、赤字路線も多い中、ボストン、ニューヨーク、
ワシントンD.C.を結ぶアセラ特急はドル箱的な路線となる。

日本では、マックスビスタトラベルという代理店のWebサイトから、予約で
きるとのことで、私も予約した。

9/15に、ニューヨークからワシントンD.C.に向かう途中、フィラデルフィア
に立ち寄るが、フィラデルフィアにある独立記念館の見学を15時から予定
しており、14時までに整理券をもらいにいかないといけない。

ニューヨークにはギリギリまで居たいので、12:00ニューヨーク発、
13:10フィラデルフィア着のアセラ特急2213号を予約した。

独立記念館見学後、ワシントンに行けば良いが、ワシントンの博物館や
美術館は早めにしまってしまうので、あまり焦ってフィラデルフィアを
出ることもないので、アセラ特急ではなくゆっくりとアムトラックで移動
することにした。
フィラデルフィア17:35発、ワシントンD.C.19:30着の列車を予約した。

Acelaexpress.jpg

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月21日 04:47 ] アメリカ | TB(-) | CM(0)

スーパー園児 ここねちゃん(仮名)

休日は、長女と電車で遊びに行くことが多い。

遊び終わって、最寄り駅から家に帰る途中大きな公園がある。

この公園では、以前このブログでも話題に出したあすかちゃん(仮名)
と遭遇することが多く、一緒に遊ばせることが多いのだが、

最近、同じ幼稚園のここねちゃん(仮名)とも遭遇する。

この、ここねちゃん(仮名)は長女より学年が一つ上の年中さんになるの
だが、ブランコを自分でこいだり、鉄棒で前回りをしたりと、
年少さんの中でも活発で知られている、長女やあすかちゃん(仮名)が
できないことをサラリとやってのけるのである。

先日も、帰宅中、ここねちゃん(仮名)と遭遇した。
ここねちゃん(仮名)はブランコで遊んでおり、少し離れた砂場では、
ここねちゃん(仮名)のご両親は、その弟や妹の面倒を見ていた。

ここねちゃん(仮名)と長女が、ターザンのロープのような遊具で遊び
たいというので、2~30m先のターザンのロープまで連れて行き、
私が付き添うことにした。

10回ぐらい、ターザンのロープで遊んだだろうか。

この公園は、蚊も多く、私の足もいっぱい刺されたこともあり、そろそろ
帰ろうかと、ここねちゃん(仮名)を家族のもとに、返そうとしたところ、

「ここねは、まだ遊びはじめたばかりなんだけど…」

ということで、ロープから離れようとしなかった。
長女も程よく疲れていたのに、なんと脅威のスタミナなのだろうか。

そのあと、ここねちゃん(仮名)を数回ロープでターザンごっこを
させたあと、なんとか家族のもとに返し、帰宅することができた。

私は、長女の視点で子どもの遊び方を見ているが、4歳から見た5歳と
いうのはなんでもできるスーパー園児のように見えた。

長女の絵。右から『長女とここねちゃん(仮名)とそのママ』



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月20日 05:10 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(2)

意味のない名刺交換

私もサラリーマン生活を20年やっているので、数えきれないぐらい名刺交換
をやっている。

お客様との打ち合わせや、ベンダとの商談、派遣社員の受け入れ時など、
儀式のように名刺交換をするが、感覚的にはその名刺のうち80%以上は
2度と見ないし、残り20%もメールアドレスを一回打ち込むと見ることはほと
んどない。

電話番号などは、メールのやり取りをする中で相手の署名欄に書かれて
いるので、一度やりとりが開始すれば、名刺を見返すことはほとどなく
なるのである。

現在、私はある研究会に席をおいている。

その研究会では、あるテーマについて講演があり、その講演の内容につい
て同じテーブルの中で議論し、テーブルごとに講演者に質問をするという
流れで進んでいく。

同じテーブルの中で、テーマについて議論する前に名刺交換を行い、お互
いの仕事について簡単に話たりする。
それはそれで、議論に進むために意味のある行為なので良いと思うし、
偶然商談に発展したり、仕事の問題を解決するヒントを与えてくれる人に
会えるかもしれない。

この研究会で懇親会があった。

懇親会で隣の席になった人と話す際に、名刺交換をしてお互いの仕事の
内容などを話たりする。
これも、会話をする上で意味のある行為だと思うし、これも商談や仕事の
問題解決に寄与するかもしれない。

その懇親会で宴もたけなわになった時、あちこちで名刺交換が始まって
しまった。
名刺交換後、まるで質の悪いカップリングパーティーのように、ありきたり
な話題をして、回転寿しのように相手を変えていくのである。

私は、この光景を見てしらけてしまい、宴会場から立ち去り外で時間をつぶ
してしまった。

酔っ払った状態で名刺交換だけをして、その後たいした会話もなく相手を
変えていく 行為の何が楽しいのだろうか。

名刺は相手に連絡をとるために使うものである。
連絡を取ろうにも相手の印象も覚えていない。
そんな相手に連絡をとることは絶対にない。

趣味で名刺集めをしている人以外にとって、もらった名刺はただのゴミである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月19日 04:33 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論

今年の8月15日に靖国神社に参拝した。

参拝から帰って、8年ぶりにこの本を読み返してみた。

昨今、マスコミや中国、韓国が問題視している
「A級戦犯が靖国に合祀されていることは問題」
「A級戦犯は分祀せよ」
という意見について、間違いであることがわかりやすく書かれていた。

この本の論旨は
・いわゆるA級戦犯の罪状である「平和に対する罪」自体が事後法である
 こと。
・サンフランシスコ講和条約で東京裁判の判決は引き継いだが、
 裁判の解釈や内容まで引き継いでいないこと。
・日本の独立後、いわゆる戦犯は日本国内において名誉が回復されてお
 り、国内法上、戦犯など存在しないこと。
・合祀、分祀という概念は宗教上の概念であり、一度合祀すると祀られた
 霊を分けるという考えがないこと
である。

私も、日本人としてこの意見や立場には賛成であるし、国内的にもこれら
の話は決着していることも理解できた。
その理解の上で、ニュースを見ていると、上記のような基本的なことも把
握せず、適当に話している論者が多いと感じている。

次に、海外の反応であるが、中国と韓国を除く諸外国もこの立場に異を
唱えていない。
(今年は中韓がうるさいのでアメリカが配慮するようにと言い出したが)

一方、中国や韓国がA級戦犯が靖国神社に祀られていることを問題視し、
非常にうるさい。



日本側は先の戦争は自衛戦争であり、国を守るために亡くなった人たち
に罪は無いという立場なのに対し、
中国は先の大戦の主戦場でもあり、日本軍のせいで大なり小なり犠牲が
あったのは確かであり、戦争の原因となった人たちを祀るということは、
先の大戦を肯定したことになることもあり許せないというのが彼らの理屈
だろう。
これについては、私も理解不足なのでもっと勉強していかなければなら
ないと思う。

しかし、日本と戦争もしていない韓国が騒いでいるのは全く理屈がわから
ない。
さらに訳がわからないのは、この8月13日に靖国訪問に抗議するため、
韓国の国会議員が竹島を訪問したとかいうニュースである。
1945年8月15日以降、日本が主権を回復するまでの期間に不法占拠
した竹島を訪問して何がしたいのだろうか。

現在進行形で平和を汚している国に抗議する資格はないのである。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月18日 04:02 ] 読書 | TB(-) | CM(2)

ホワイトハウス・ダウン

昨日は、昼間は近所の市民プールに長女を連れて行き、日光浴を楽しん
だ。

これが功を奏して、長女は早く寝てくれたので、夕食後映画を見に行くこと
ができた。

「ホワイトハウス・ダウン」

似たようなタイトルの映画が最近上映されたばかりであるが、あちらの敵は
朝鮮人であるのに対し、こちらはアメリカ国内の人間が敵になっている。

最初はシリアスな映画なのかなと思っていたのだが、ところどころに、
突っ込みどころを満載しており、コメディーの要素が強いアクション映画と
いうことに途中から気づいた。

そうはいっても、アクションはなかなかスリルがあったし、楽しい映画だった。

ちなみに、この映画で主人公とその娘が、ホワイトハウスの見学ツアーに
参加していたが、現実の世界では今年の3月まで、ホワイトハウスの見学を
するためには、アメリカの国会議員を介した申し込みで半年前の予約をす
れば見学ができたのだが、連邦予算の削減のために今年の3月9日に見学
ツアー自体が廃止されてしまったのである。

これは、来月ワシントンD.C.を観光する旅好きおやじが事前に調べた
豆知識である。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月17日 04:31 ] 洋画 | TB(-) | CM(0)

2013年終戦記念日の靖国神社

昨日は終戦記念日である。

終戦記念日といえば、必ず総理大臣が参拝したしないというニュースが話
題になる。

今回、安倍首相は参拝を見送り、玉串料の奉納のみとなったわけだが、
これは、隣のならず者国家を刺激しないためやむを得なかったのではな
いかと思う。

この、総理大臣の参拝問題について、戦後何十年もの間、中国・韓国とも
問題視していなかったのだが、朝日新聞などの日本のマスコミの注進報道
のせいで足元を見られ、今では外交問題になってしまったのである。

さて、昨日は私も靖国神社に参拝する予定にしていた。

終戦記念日に靖国神社に行くのは今年が初めてである。

朝起きてtwitterをみてみると、靖国神社前で旭日旗を燃やす韓国人がいる
というつぶやきがあった。
(これは後にデマであることがわかった)

他にも、韓国の国会議員が靖国神社から500m離れた所で、抗議行動を
したとのこと。
横断幕には日韓の平和を望みますと書いているにも関わらず、日本が右
傾化しただの、軍国主義になっただのと、挑発行動をしている。
日本の国内問題に首を突っ込んでいることがおかしいと思わないのだろう
か。

そんなニュースを見ながら、渋谷から、半蔵門線に乗り、九段下で降りた。

朝10時過ぎ、すでに九段下から靖国神社までの道は人々でごった返して
いた。

こういった場所では、必ず中国の法輪功学習者への弾圧の話、ウイグル
自治区(東トルキスタン)の中国の弾圧など、中国の悪行を世にしらしめる
活動が行われている。

また、写真のように台湾を中国領土と記載させる文部省検定を許すなと
いう署名活動があった。


旅好きおやじも、世界地図をよく見る。世界地図は国ごとに何色かに色分
けされており、国を記載する文字が太文字で使われているが、台湾は中国
と同じ色を使っており、文字の太さも地域を表す細い文字が使われている。

これについては、旅好きおやじも非常に遺憾に思っているので、署名をす
ることにした。

パチンコを許すな、拉致被害者を救えなどの署名活動。


パチンコ利権は韓国や北朝鮮に流れているのは、もはや常識である。

河野談話や村山談話を白紙撤回しようなどの署名活動もあった。


これらについては、政治色が強いので署名はやめておいた。

活動家の人たちがスピーチをしていた。


なんでも、この人達は十数年、終戦記念日に靖国神社の入り口でスピー
チをしているらしい。

靖国神社はお寺ではないので遺骨など無い話や、A級戦犯など存在しな
い話、朝鮮の住人を朝鮮人といって何が悪いなど、若干ヘイトスピーチ
がかってはいたが、わかりやすく、立て板に水のスピーチだった。

靖国神社の入り口。


非常に混んでいた。

少し歩いた場所には戦没者追悼集会が行われたりもしていた。


境内の近くはすごい行列になっており、私も並んだ。


右翼の方々。


境内では声を立てずに行進していたのが、意外でもあり印象的だった。

境内では国旗が売られているのが、他の神社と少し違うところである。


約1時間並んでようやく参拝できた。


旅好きおやじも、二礼二拍手一礼をして参拝した。

参拝の後、近くのフードコートへ。


靖国神社のフードコートで勉強するような非常識な人間はさすがに
いなかった。

自民党政権に戻り、靖国神社のおみやげも復活。


商品名は「ねじれ解消餅」と「日本をトリもどせ」

旧日本軍の軍服を着た方々。



一番左の方はかなりお年を召されているが、終戦の日には国民学校の
6年とのことで、終戦からの年月を感じさせるのである。

旅好きおやじは、お昼すぎには九段下から帰ったのだが、その後twitter
を検索してみると、靖国神社の境内にアンパンマンのコスプレをした人が
いたとのこと。

(写真はtwitterより)

最初は石破幹事長という噂が流れたが、別人だったとのことで、ALSOKの
警備員に囲まれ、不審人物として対処されていたとのことである。

アンパンマンといえば、やなせたかしさん原作の漫画なのだが、彼の
弟が神風特攻隊員として戦死したとのことで、アンパンマンのマーチは
やなせたかしさんが弟を思って作詞された曲とのことである。

靖国神社にアンパンマンのコスプレをしてくるということは、そのような
エピソードは当然知っていてしているのだろう。

(写真はtwitterより)


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月16日 04:54 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(3)

夏5で東京ディズニーランド

昨日から夏休みということで、夏5チケットで家族4人で東京ディズニーラ
ンドに行ってきた。

長女が4歳ということで、一丁前に入園料がとられるということと、次女の
初ディズニーランドとしても記念すべき入園となった。

昨日は朝ダラダラと過ごし、15時頃家を出てそごうのディズニーストアで
夏5チケットを購入した。

夏5チケットは大人、子供の区別なく料金が3,300円かかる。

横浜のYCATから高速バスでディズニーランドに向かった。

1時間ほどで、ディズニーランドに到着。


電車だと、京葉線に乗り換えるため非常に長い距離を歩かなければなら
ないが、バスだとそのような苦労はない。

ディズニーリゾートラインも30周年のロゴが描かれていた。


昨日は、お盆とも重なりディズニーランドの混雑予想サイトでは69,000人
入場すると予想されていたが、そのとおり非常に人は多かった。


とはいっても、イッツ・ア・スモール・ワールドなどの定番のアトラクション
は15分待ちぐらいで遊べた。


イッツ・ア・スモール・ワールドの最終エリアの隠れピノキオを持った人形を発見。
 

ディズニーファンなら知っている人も多いが、この隠れピノキオにお願い
をしたら叶うという都市伝説がある。
また、このピノキオには悲しいエピソードがあると言われるが、どのような
エピソードなのかはググっても出てこない謎である。

フィルハーマジックも25分待ちぐらいで入れた。
 

アリスのティーパーティも20分待ち程度。
 

人が多い割にはアトラクションの待ち時間は少なめだった。
食事時やショーと時間が重なったせいだろうか。

ホットドックを食べながらエレクトリカルパレードを鑑賞。
 

パレードが終わると、人が大量に出口方面に流れてきた。

朝から来ている人たちは疲労が溜まって帰りたい頃だろうが、我々は
ばっちりと昼寝をしておりまだ全然つかれていない。

21時過ぎに、トゥーンタウンのロジャーラビットのアトラクションを長女と
楽しんだ。嫁と次女はその間おみやげ屋を見ていた。
 

このロジャーラビットのカートゥーンスピンは、車のハンドルをスピンさせ
ながら遊ぶアトラクションなのだが、久しぶりに遊んだ気がする。

久しぶりに一家揃って出かけたが、今回は次女の写真を多くとれた気が
する。

今までは、気軽にディズニーランドやディズニーシーに行っていたが、
長女の入園料がかかるようになった。
次女も成長すると、昼間から遊ぶ場合、1回あたり3~4万円の出費になる。

まだもう少し猶予期間はあるものの、そういうこともきちんと考えて遊びに
いかなければならないと、帰りのバスで考える旅好きおやじであった。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月15日 00:36 ] テーマパーク | TB(-) | CM(0)

アメリカ東海岸旅行の計画その2(宿泊ホテル)

9/14(土)から9/19(木)にかけてアメリカ東海岸を旅行する。

あと1ヶ月などあっという間なので、そろそろホテルの周辺などをリサーチ
しておかなければならない。

まず、1日目はニューヨークである。

ニューヨークで宿泊するホテルはThe Pod Hotelである。
 

シングルで1泊食事なしで169$(約16,300円)で現地決済である。

ミッドタウンに位置するこのホテルは、下の地図にあるように周りに
ニューヨークの見どころがたくさんある。


ニューヨーク市街には12:30頃到着予定なので、メトロポリタン美術館や
国連本部、セントラルパークなどお昼に周れそうなところを先に周ってお
きたい。

翌日の午前中は上の地図より南側にあるダウンタウンのウォール街や
グランドゼロ、少し足を伸ばして自由の女神像が観られればいいと思う。

その後、フィラデルフィアを経由して、2日目の夜にはワシントン入りする。

宿泊するホテルは、Holiday Inn Capitalである。
 

シングルで1泊食事なしで14,700円。決済済みである。

3日目にワシントンの観光地を周ろうと思うが、見どころはコンパクトに
まとまっている。


3日目の夕方に、ワシントンからニューオリンズに移動し、夜にニューオリ
ンズに到着する。

宿泊ホテルはBURBOND ORLEANS HOTELである。
 

シングル1泊、食事なしで11,600円。決済済みである。

治安が悪いと言われているニューオリンズの中でも、観光客が多く比較的
安全と言われているフレンチクォーター内にある。


あとは時間配分などを決めながら、飛行機などに乗り遅れがないように
余裕の持った行動と、電車バスなどの乗り方を事前に調べておきたい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月14日 04:12 ] アメリカ | TB(-) | CM(0)

はまぎんこども宇宙科学館

一昨日の日曜日は、また長女と2人で出かけた。

今回行ったのは、「はまぎんこども宇宙科学館」と言って、横浜で子供と
出かけるスポットで人気上位になっている施設である。

このはまぎんこども宇宙科学館は横浜こども科学館として、1984年に
オープンしたが、その後人気も衰えず続き、2008年に横浜銀行が、
5年間の命名権を買い取って今の名前になっている。

プラネタリウムなどもあり魅力があるのだろう。

根岸線に乗り大船方面に向かい、洋光台駅でおりた。


横浜市の駅とはいえ、かなり郊外の雰囲気を漂わせる駅前である。

歩いて数分で、はまぎんこども宇宙科学館に到着。


チケットを購入するために並んだのだが、前に並んでいた客とスタッフの
会話では、宇宙劇場はすでに入館できないとのこと。

この宇宙科学館の入館料は400円。
宇宙劇場はプラネタリウムでありさらに600円必要となる。

プラネタリウムは諦めて入館した。

入館すると、よくわからない展示物が飾られていた。


おみやげ屋には宇宙食などもあり、興味をそそったが、財布の中には
2,000円しかなく、宇宙食は次回にすることで諦めた。

5Fから展示を見ていくことにした。


5Fは宇宙船長室といって、いくつかのゲームがあった。

写真のゲームは、ピンボールのようなもので、ブラックホールに落ちずに
ボールを目的地に向かって打つゲームである。


他にも、宇宙船のような筐体に乗り惑星に着陸するテレビゲームや、


二本の棒の上をボールを転がせて遊ぶゲームなどが置いてあった。

全部タダのゲームなのだが、娘はなかなか楽しんで遊んでいた。

隕石なども展示されており、触ることもできた。


展示はあまり考えなくても見れるものなのだが、各惑星の太陽からの距離や
重力、大きさなどの地球との比が描かれていたり、望遠鏡の専門的な名称
なども解説されておりなかなか奥が深いと感じた。

途中、わけのわからない宇宙人と遭遇


なんでも、このわけのわからない宇宙人は、相棒と2人で地球に来たらしく、
はぐれてしまったそうである。
タッチパネルを操作しながら、このわけのわからない宇宙人の質問に答え
るとキーワードが与えられ、所定の場所に行けばいいと言われた。

娘も私も、宇宙人のお願いを無視して4Fに向かうことにした。

4Fは宇宙実験室。
光や電磁波をテーマにしたフロアである。

ラジコンの操作や、


プリズムの置く場所を変えて光の進む道が変わるのを見る展示などがあった。


こういう、子供が楽しめる施設で悩みの種なのが、長時間施設を独占して
どかない子供たちである。
子供は夢中になるとずっと楽しんでしまうので、連れてきた大人が調整
すべきだと思うのだが…

ラジコンで遊べず、機嫌が悪くなっている娘を説得し、3Fの宇宙トレーニ
ング室に向かった。

アスレチック的な施設や、部屋が斜めになっており重力がかかっていると
錯覚できる施設や、穴あきピンポン球をレールの上から転がして遊ぶもの
などがあり、娘は4Fのラジコンのことを忘れて機嫌が直っていた。


月面シミュレータ。

地球の重力の1/6を体験できるが小学生以上しかできないとのこと。

2Fの宇宙研究室では、雷やプラズマなどのシミュレータなどがあった。


3時間ほど遊んでまだ足りない感じだった。

これで大人400円、小学生以上200円、幼児はタダである。

郊外にあり、それほど混んでいるわけでもないので、大人も子供も
1日安上がりで満足して過ごせる施設を発見できたという感じである。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月13日 04:51 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

次女の待遇

最近写真を整理していると、次女の写真が少ないことに気づいた。

長女のときは、ことあるごとに写真に収めていたが、次女の写真は月に数枚
程度ずつしかとっていない。

長女の場合、初めての子育てということもあり、いろいろと感動をすることも
多かったのだが、次女の場合、すでに経験済みのことも多いので、わざわ
ざ写真を取ろうという気になりにくいのだろうか。

次女が大きくなったら、何でお姉ちゃんより写真が少ないのかと言われそう
である。

次女も生後半年をすぎ、首もすっかり座り、離乳食を食べさせるように
なった。

今よりもっと外に連れていける状態になったら、次女の写真を多めに撮り
挽回して行きたいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月12日 04:58 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

少年H

一般的な映画館は、毎月1日が映画の日で鑑賞料が1,000円なのだが、
109シネマズの系列は毎月10日も1,000円になる。

昨日は、午前中は長女の水泳教室につきそった後、家で昼食をとり、
ムービルで14:25の少年Hを観た。

この少年Hは、かなり昔に小説やテレビドラマでやっていたことがあり、
事実と違うということで批判を浴びていたということもあり、小説の延長
でフィクションとして観た。

フィクションとはいっても、全てはフィクションではないわけで、
アメリカという国が日本にしてきたことは事実として把握しておかなけれ
ばならないし、
当時の日本の軍部やマスコミが事実を隠して、国民に真実を教えてい
なかったことも描かれていたし、
北朝鮮のような旧日本軍の描かれ方もまた、ウソではなかっただろうと
思う。
また、この映画では共産主義者が描かれており、日本でも少なからず
影を忍ばせており、危険思想として軍部や特高警察から取り締まられて
いたことも事実だろう。

割と中立的な立場の映画だと思うのだが、こういった戦争ものの映画評
で、右寄り、左寄りの香ばしい意見を見て楽しむのが、私にとっては
夏の風物詩である。

戦前、戦中、戦後の映像も、当時にタイムスリップしたような感じがして
なかなかリアリティーがあってよかった。

あと、子役の少年Hの妹の花田優里音ちゃん。

可愛いのだが、板尾の顔がチラつき、一人でにやけている旅好きおやじ
であった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月11日 04:27 ] 邦画 | TB(-) | CM(0)

営業のノルマと顧客満足度(その1)

私の会社では数多くのシステムを維持運用している。

システムの維持運用を効率的に行うためのパッケージソフトも多数販売
されている。

良いパッケージがあれば導入したいと思うのだが、私の部門では今年度、
そのような予算を 取っているわけではないので、話を聞くだけであり、良
ければ、来年度に予算化するような準備をしていくことになる。

数社から売り込みがあるのだが、その中に1社おかしな会社がある。

その会社の営業部門は、大きく分けてメインフレーム系とオープン系に
分かれているのだが、とにかくどちらの営業も変なのである。

今日はオープン系の営業について紹介してみたい。

このオープン系営業は妙に馴れ馴れしい。

私も、営業の手法にはあまり詳しくないのだが、商談というものは、いきな
り本題に入るのではなく、アイスブレイクとして天気の話とか、景気の話
のような当たり障りの無い世間話から入ると思う。

この営業も、セオリー通りに話してくるのだが、どうも顧客との距離感が
図れておらず、ひとりよがりに話をすすめる感じなのである。

営業「いやー、今日もあっついすねー」

私 「確かに外は暑いですが、社内に入ればあまり感じませんね」

営業「御社は駅から距離がありますので、汗がだくだくになりましたよ」
この3行の会話で、もうこの営業の商談は聞く気がなくなってしまうのであ
る。

まず、言葉遣い。
私はこの営業に2~3回しか合っていない。
社内同士や長年付き合いのある社外の人ならこのぐらいの言葉遣いも
ありなのだが、この言葉づかいをするほど、私はこの営業に親密さを
感じていない。

次に、会話のキャッチボールができていない。
私の応答に対して、話を膨らませるわけでもなく自分のことばかり話そう
としている。
これでは、自社の商品ばかり売り込み、顧客の要求を汲み取らなそうな
姿勢で営業していることがわかってしまうのである。

3つめは、相手の会社に対する話題に注意を払っていないこと。
私の会社が駅から距離があるというのは事実かもしれないが、取りように
よればこれは欠点であり、何の注意もなくそのまま事実を述べているので
ある。
温厚な私でも気分を害してしまう。

私が、あまりに打ち解けない態度でこの営業と話すので、この前などは、
缶コーヒーを持ってきて、どうぞと言ってきた。

これについては、欲張りな旅好きおやじはありがたく頂いたが、これも、
相手を下にみており逆効果である。

恐らく、この会社は、お客さんへの訪問回数などのKPI(ノルマみたいな
もの) で管理されているので、やたらと会社に訪問したがるのであろう。

まあ、このオープン系の営業は、それなりに準備して訪問に来ている様子
もわかるので、馴れ馴れしさは気に入らないが、まあこんな人間もいるの
かと思うことにしている。

気に入らないのは、メインフレーム系の営業であるが、近々、その人間の
ことを書いてみたい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月10日 05:15 ] とあるIT会社にて | TB(-) | CM(2)

小魚せんべい

次女が生後6ヶ月を迎えた。

ハイハイのポーズで、まっすぐ動けないが家中をゆっくりと移動し回って
いて、ゴミ箱を倒して袋を引き出したりして、油断ができなくなってきた
ところである。

食事についても、ずっと母乳だったのだが、そろそろ離乳食をと、先週の
日曜日に西松屋で「小魚せんべい」を購入した。

昨日の朝、食べさせてみたのだが少しかじった程度で飽きてしまった。

初離乳食としてはこんなものだろう。

これから、徐々に他の離乳食を含め食べさせてみたい。






最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月09日 04:30 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

たまにできる口内炎

ここのところ、1ヵ月おきに1~2週間口内炎ができている。

口内炎があると、食べ物を口に入れた時、激痛が走りイライラさせられる。

口内炎の原因は、ストレスや睡眠不足、ビタミンや鉄分の不足、間違って
口の中を噛んだりしたことが原因らしい。

日頃の仕事でストレスはあるが、睡眠は平日は6時間前後でやや不足気
味であるものの、休日には10時間ぐらいとっているため、全体で見れば
睡眠は十分にとれていると思う。
 
ビタミンに関しても、ウィダーインゼリーの「ビタミン」で毎日栄養補給して
いる。

原因は、数カ月前に間違って口の中を噛んだことだと思うのだが、噛んだ
ところ以外にもできるようになった。

口内炎を直す民間療法としてはちみつを塗ると良いと言われており、私
も子供の頃にやったことがあるが、痛いだけで効果があったのかは不明
である。

きちんとした対処としては、洗口液などが効果があるらしいので、
今度口内炎になったら試してみたいと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月08日 04:27 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

いのちの食べかた

2007年の映画。

東京DEEP案内で、鯨の解体が紹介されていたが、同時にこの映画の
DVDが広告されていたので買ってみた。

この映画は非常に淡々とした映画で、

食卓に並ぶ、野菜や穀物、動物が栽培や飼育されているシーンが延々と
映る。
音はなっているものの、音楽などは全く流れていない。

とくに怖いのが、牛や豚、鶏などが機械にかかりながら、淡々と命を奪われ、
それを加工する人たちも淡々と作業しているところである。

流れ作業で、豚が吊るされて流れてくるのだが、その豚の手をニッパーのよ
うなもので工員の女性が淡々と切り落としているシーンを見ていると、豚たち
にも命がありいろんな感情などもあっただろうに、何の尊厳もなく手が切り落
とされていく様を見ると人間とはなんと残酷な生物だと思うのと同時に、
我々人間の命は、こういった生物の命の犠牲で成り立っているということを
忘れてはならないと思った。

よく、この映画の紹介で子どもと一緒に見たい映画と書かれているが、子供といっ
ても小学生ぐらいまでは刺激が強いのではないかと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月07日 04:18 ] ミニシアター | TB(-) | CM(2)

2013年台湾旅行のみやげ

台湾のおみやげについて紹介するのを忘れていたので、紹介してみたい。

一番左のボールペンは、台湾の総統府に行ったときに、おみやげ屋で
購入したものである。
ペンの上に総統府の飾りがされている。

その右隣の定規は、台北101で購入したもの。

その右隣の台湾の形をしたディズニー系のおみやげは、空港で購入した
もので、ドライフルーツが入っていた。

一番右のタコのようなおもちゃは、台北101のマスコット人形で、
ゼンマイ仕掛けのおもちゃである。

帰国後、長女に見せたときは面白がって遊んでいたが、今となっては
おもちゃ箱の奥に眠っている。






最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月06日 04:43 ] おみやげ | TB(-) | CM(2)

ネイビーフレンドシップデー@米海軍横須賀基地(後編)

昨日に引き続き、8/3(土)の横須賀のアメリカ海軍基地のフレンドシップデー
のレポートである。

基地のメインストリートと、メインストリートと交差する道路ではこのように
露店が並んでいた。


売っているピザは2種類あり、1,500円と1,800円のものがある。
何れにしても、とても1人で食べきれないぐらいのラージサイズである。

ターキーズレッグもこの通り。ディズニーランドのものとは比べ物にならない。


娘には綿菓子を買った。400円。ちょっと高めか。


あまり腹も空いていないので、基地内を散策することにした。

海に面したところには公園もある。ブランコの形が軍施設っぽい。


滑り台も写真に写っているもの以外に近くに3つぐらいあり、そのどれもがビッ
グサイズである。

アメリカの子どもと日本の子供は大きさ的にあまり変わらないのだが、この差
は何なのだろうか。

消火栓も日本とは異なり黄色。


有料の遊具で遊ばせてみた。空気トランポリン小屋。1回100円で約3分。
 

軍人のご子息たちに負けず劣らず暴れまわっていた。

あと、ミニゲームもいくつかあった。

ソフトボール大のボールを投げて穴に入れるもの、スーパーボール大の物を
ピンボール的な板の上に置いて転がして遊ぶもの、そして下の写真のように
卵をとって金の卵だったら当たりのもの。


どれも素朴なゲームなのだが、娘は楽しんでいた。

ゲームが終わるとハズレならコイン、当たりならカードが貰え、これを景品交
換場にもっていけば、おもちゃと交換して貰える仕組みである。

近くの広場では野球もやっていた。


このあと、サッカーグランドではサッカーもやっていたようである。

映画館の前には人だかりができていた。


何かと思って近寄ってみると、ボディービルダーが記念撮影をしていた。
 

トニーフリーマンというプロのボディビルダーらしく、ネットで調べたらプロフィー
ルなども出てきた。

娘に記念撮影を勧めたが、ここでも怖がられてしまった。

ボーリング場も、アメリカンな感じである。


郵便局。


中に入るとポストも置かれていた。
ここから日本に手紙を出すとどうなるのだろうか。


フードコートの前を並んで歩く軍人たち。軍人たちが口をそろえていった。
 

Don't study at the foodcourt!(フードコートで勉強するなよ!)

そんなわけはないか(笑)
さすがに、米軍施設内のフードコートで勉強する強者はいないようである。

軍人さんたちは顔にペイントをしたり、銃を持ったりして物騒ではあるが
フレンドリーではある。


肌の色の違いも、娘には全く関係がないようである。


地震の体験カー。娘もやりたがったが、6歳以上にならないと行けないので
再来年になったら来ようと言い聞かせた。


アメリカの消防車。日本の消防車よりでかく感じるが、実際は同じぐらい の大
きさなのだろう。


娘もつかれたので、帰ることにした。


ネイビーフレンドシップデーは毎年開催され、運が良ければ空母や艦船の
見学などもでき、2012年度の他の人のブログを見るとその様子がレポート
されていたのだが、今年は残念ながらそれはなかった。

しかし、子供を連れて遊んだり散策するのは、なかなか面白かったし、
これはこれで満足である。

艦船に乗れるか否かは、前日にはfacebookなどにも告知されていること
がわかったので、もし、艦船に乗れるようなら一人で、乗れないようなら、
家族で遊びに来て見たいと思う。

ただ、家族と来る場合は、あの行列は避けたいので、午後から出かけた
いと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月05日 04:55 ] 期間限定イベント | TB(-) | CM(2)

ネイビーフレンドシップデー@米海軍横須賀基地(前編)

横須賀のアメリカ海軍の基地は、年に何度か一般に開放される。

昨日がその日であると、先週ネットサーフィンをして知ったので、早速長女を
連れて出かけることにした。

家族4人でとも思ったが、次女はまだ結核の予防接種を受けていないので、
嫁と留守番することとした。

横須賀の米海軍基地は、京急の横須賀中央駅と汐入駅が最寄り駅となっ
ている。

いつも横須賀中央駅から行くので、今回は気分を変えて汐入駅から行くこ
とにした。


汐入駅は、横須賀軍港めぐりのダイエーから目と鼻の先にある。

今回の目的は、アメリカ海軍の施設に入ることであるので、軍港めぐりには
目もくれず、横須賀基地に向かって歩く。
 

ネット上の話によると、毎年、反戦団体や右翼の街宣カーがいてウヨサヨ
しているらしいのだが、まだ時間帯が早いのかそんなこともなかった。

基地は10時から開放されているのだが、行列は横須賀中央駅方面まで伸びて
いた。


行列の長さは500m~1kmはあったと思う。

警察や警備会社の行列のさばきかたが悪く、30分ほど行列が動かず、
周りの人がみんなイライラしていた。

あとでtwitterで確認してわかったことだが、この対応に不平を言っている
人が何人かいた。

40分ほど待って、行列はスムースに動き始めた。
結局1時間10分ほど並んだことになる。

戦艦三笠を横に、セキュリティチェックに向かった。


このカラーコーンのあとが、行列がすごかったことを物語っている。


セキュリティチェックでは手荷物の中まで見られたが、身分証明書の提示は
なかった。

事前のホームページの説明によると、本籍が書いた運転免許書、写真付き
住民基本台帳カード、パスポートと書いていた。

最近、運転免許書を更新した人ならわかると思うが、最近の免許書には
本籍は印刷されなくなったので、念のためパスポートを持参していたのだが、
日本国民または米国民の場合、抜き取り検査のようである。

それ以外の人は、チェックを受けるのだが実際に数十人がチェックを受けて
いた。
 
中に入ると、このように米軍人たちと記念写真を撮ることができる。


米軍人たちは気軽に応じてくれる。

さすがにフレンドシップデーのことだけはある。

娘にも一緒にとってもらうように勧めたが、怖がって逃げていった。

エンターテインメントスケジュール。
ショーなどのスケジュールが書かれていた。


ウマそうなにおいがしてきたのでみてみると、ステーキを贅沢に焼きまくっていた。


標識が英語である。それはそのはず、ここは日本列島の中にあるが、日本
ではなく、アメリカなのである。


当然のことながら、ほかの標識も英語である。
写真には日本語の標識も見えているが、これは今日のお客さん向けの案内
である。

マクドナルド。


旅好きおやじは、ビフテキを食べたかったのだが、娘がマクドナルドというの
ので仕方がなく、マクドナルドにした。

マクドナルドのメニュー。


限定メニューで、特に横須賀でしか売られていないと言われている
"Big'n Tasty"というメニューが売れていた。

解説を読んでみると
「NAVY版BIG AMERICA!基地ではこのバーガーが大人気。ボリュームの
 あるビーフにレタス、トマトをはさみフレッシュに仕上げたバーガーです。
 基地に来たら一度は食べてみてください。」

とあった。

私は、今回は冒険をせず、BIG MAC SETを購入。

娘はハッピーセットを欲しがったが、売っていなかった。

ビッグマックセット。チキンがついてくる。値段は7.65$だったか。765円を払った。
 

日本との違いは、トレーが無いこと、ジュースをセルフサービスで入れること、
バーベキューソースとサワーソースがついてくるところだろうか。

他の子が、ドナルドと写真をとっているのを見て並び始めたのだが、
長女の番になると、ドナルドの隣ではなく、写真右の公園の方へ向かって
しまった。


公園。地面も柔らかく安全な感じである。公園に入る際にフェンスにロックして
入る。

 

遊んでいる子供もインターナショナルな感じで、白人、黒人、黄色人種が入り
交じっていた。

猿島を撮影。5月に来たばかりなのだが、もう遠い昔のことのような気がする。


(後編へ続く)


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月04日 04:17 ] 期間限定イベント | TB(-) | CM(0)

三井アウトレットパーク木更津

先週の日曜日、和田浦に行ったついでに木更津のアウトレットパークに
寄った。

このアウトレットパークがオープンした昨年は、非常に話題になり混雑した
様子が報道されていたのだが、もう1年も経っているので、十分ほとぼりも
冷めている頃であろう。

内房線をのぼり、アウトレットパークの最寄り駅である袖ヶ浦駅に到着。


駅の周りには何もなく、過疎っていた。

久しぶりに、このへんの路線バスである小湊バスに乗った。
目指すは終点三井アウトレットパークである。料金は190円。

10分ほどで到着。


猿回しが行われていたが、観客もそれほど多くなく、程よい人口密度である。


フードコートを見学。


友人のブログで、フードコートの話題がよく出てくるが、さすがに千葉県民
のみなさんは、フードコードで勉強するような非常識さんはいないようである。


千葉のマスコット。チーバくん。


チーバくん。千葉在住の頃は飽きるぐらい見ていたが、今見ると懐かしい。

アウトレットをもう少し散策。


最近、といっても数年経つが、2010年に神戸の三田と、2008年に大阪
の泉大津のアウトレットモールにも行ったが、作りは殆ど変わらない。

当時、ブレイク氏、ぷりきっつあんと散策した日にタイムスリップした
ような感覚に陥った。


ファッションに無頓着な旅好きおやじは30分前後で散策にも飽きてしまっ
た。

案内所で横浜駅行きのバスが、16時に出るとのことである。
現在時刻は14:10頃。

さすがにあと2時間近くも、こんなところで時間を潰せない。

川崎行きが、15時に出発するとのことなので、もうしばらく散策後、
バスのりばで並んだ。


この選択が、今週月曜日に紹介したスクープ記事につながったと思
えば、ラッキーだったのかもしれない。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月03日 04:16 ] 千葉県 | TB(-) | CM(2)

真夏の和田浦 クジラ解体見学(後編)

さて、いよいよクジラの解体が始まった。

時間になっていきなり解体が始まるのではなく、このように水産庁の
職員によりクジラの体の大きさなどが計測される。


計測が始まって20分ほど経って、ようやく解体が始まるのである。

まずは、ナタでクジラの体にメスを入れていく。


切込みを入れ、手際よくクジラの厚い皮を剥いでいく。


赤シャツの兄ちゃんが威勢よく、他の解体員の指揮をとっている。
東京DEEP案内にも写っていた人と同一人物だろうか。


皮はワイヤーの巻取り機を使って、鯨の皮がベリベリべりという音をたてて
剥がれていく。


血抜きされているのか、鮮血というほどの赤さではなく水で薄まった
感じである。


クジラの解体の際、臭いもあるがそれほどきつい匂いでもなく、
また出血の量も、他の人のブログで紹介されている光景と比べて
少ないような気がする。

作業員がクジラの上に乗って、どんどん体が切り刻まれていく。


このように、内臓も器用に抜き取られていった。


クジラのコロの部分が浴槽の中に投げ込まれていく。


大人たちだけではなく、子供たちも多く見学に来ていた。

動物の肉の解体現場というのは、子供には刺激が強いような気がするが、
皆おとなしく見学していたのが印象的である。

淡々と作業は進んでいく。


頭部だけが残されている。


真ん中の玉のようなところは脳髄だろうか。

クジラの解体をナマで見ることができて、貴重な経験をさせてもらった。

我々人間は、バランスよく栄養を採らなければならず、そのためには、
動物の肉も食べなければならない。

人間に生まれついて与えられた、業のようなものである。

このような、ツチクジラのような命の犠牲の上で我々は生かされている
のである。

帰りに、ぴーまんというくじら料理の店に寄った。


鯨の皮と赤身の刺身、クジラのカツ、クジラの佃煮など、クジラづくしだった。


和田浦漁港。

また、機会があれば、何度か来てみたいものである。


参考サイト
東京DEEP案内
【南房総市】千葉県でも行われていた捕鯨・和田漁港のツチクジラ解体作業を見てきた
http://tokyodeep.info/2013/06/11/162746.html



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年08月02日 04:49 ] 千葉県 | TB(-) | CM(2)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2013年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
135位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム