旅好きおやじの日記 TOP  >  2013年12月
月別アーカイブ  [ 2013年12月 ] 

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

2013年12月 ベスト書籍ランキング

今月読んだ本は8冊である。

なお、下記の本も含め、今月読んだ本は読書メータにも簡単に感想を記載して
いる。
http://book.akahoshitakuya.com/u/256475/cat/313978


■第1位:加害者家族(購入)



タイトルを見てピンときて買ってしまった。

本では最初に、殺人を犯した夫をもつ妻の逮捕当日からの世間の風当たりが
生々しく書かれていた。

私も犯罪などすることはないと思うが、何かでカッとなり人を殺めてしまったら、
どれだけ家族や周りに迷惑がかかるのかというのがよくわかり、絶対にやめて
おこうと思った。
これでは刑務所に入っている方が楽だと思うぐらいひどいものである。

最近はインターネットが当たり前になり、加害者家族の顔写真を晒したり、
住所まで調べる人間が出てきて、本人たちは面白半分にやっているのだが、
それによって何の罪もない人間が、最悪の場合自殺にまで追い込まれるわけで
ある。

確かに、第三者の立場としては知りたい気持ちもあり、私も恥ずかしながら
そのような情報をまとめサイトなどで閲覧してしまうので、声高には言えないが、
そのような情報を晒す人間や、それを元に誹謗中傷したり、実際にイタズラしに
行く人間たちは、人殺しに加担する可能性があるということを認識しなければなら
ないと思う。

宮崎勤事件、酒鬼薔薇聖斗事件、和歌山毒物カレー事件、市橋事件などについて
も書かれている。

あと興味深かったのは、加害者家族に対する世間の風当たりに関する国ごとの違い
で、日本では家族が悪いことをしたら一族郎党晒し者にされるのに対し、個が確立
されているアメリカでは、身内に加害者が出たらネットでは加害者家族を励ます声
が多いというところである。


■第2位:日本の決断 あなたは何を選びますか(購入)



久しぶりに読んだ、池上さん本。

12月発売の本なので割と最近の話題、例えば東京五輪や小泉首相と原発の話
も触れられていた。

私にとって一番参考になったのが憲法の話である。

「憲法はアメリカに押し付けられた」とよく言われるが、結果的にそうなった
のかもしれないが、当時ソ連やオーストラリアなどによる天皇処刑の圧力の中、
天皇を象徴とする日本国憲法の草案を急ぎ、日本統治を安定させなければなら
ない状況だったということがわかった。

私も憲法の本は色々読んでいるが、9条の問題は最近の右左それぞれでよく聞こ
えてくるような短絡的な理屈で考えるのは危険であると思っており、自分の考え
がなかなかまとまっていない。

あと、外交問題については米中露については、交渉次第ではわりと明るい未来
を期待させるような話だったが、韓国については割とキツめに書かれていた。

韓国は国自体が近代国家ではなく、歴史は事実よりもファンタジー、裁判も法
理論の無視がまかり通る国であるといった厳しいことも書かれていた。
(ファンタジーとそのものズバリの表現では書かれていないが)

あの温厚そうな池上さんを持ってしても痛烈に批判されており、
韓国はどうしょうもない国ニダ。


■第3位:外国人社員の証言 日本の会社40の弱点 (購入)



この本の帯に「CCメールが多すぎる!」とあった。

まさにそのとおりである。

CCメールをまじめに見たとすると、仕事にならないので、タイトルや差出人
である程度判断して、不要なものは捨てているが、このCCメールの多さは、
この本によると日本特有の話とのことである。

恐らく、責任を自分一人で取りたくないという意識もあり、とりあえずCC
メールを入れておけば情報共有になるだろうという考えで、つい入れてしま
うのだと思う。

また、上司と部下の人間関係が希薄になったことにより、お互いに信頼でき
なくなったということもあるのかもしれない。

他にも、「お客様は神様です」の解釈についてで、日本のサービスは世界一と
言われる所以でもあるのだが、なんで過度にお客様のいいなりにならなければ
ならないのかという疑問かと思いきや、キリスト教やイスラム教の世界では神
というのは唯一であり、お客様が神様というのはあり得ないということだった。

また、諺や格言は各国と固有のものが多いので、「牛のように働く」という
言葉も日本では、バカにしているように聞こえるが、中国あたりでは褒め言葉
だというし、ウサギとカメの解釈も各国で違うということもわかった。

私も昔、海外で外国人と一緒に仕事をしていたこともあったが、結構タブー
なことをやっていたようで、反省である。


■第4位:炭水化物が人類を滅ぼす(購入)



この本については12/22(日)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20131222.html


■第5位:わが子を「メシが食える大人」に育てる(購入)



この本については12/18(水)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20131218.html


■第6位:産後クライシス(購入)



出産後、旦那の何気ない言葉に嫌気が差し愛情が冷め、やがては離婚するので
もっと奥さんに協力しましょうという趣旨の本である。

私も2児の父親で、上が幼児下が乳児であり、妻が買い物に行っているときは家
で2人の面倒を見ているのだが、これが想像以上に大変で、子供を見ている以外、
本当に何もできないのである。

これを24時間やっている妻には頭がさがる思いではあるのだが、
妻から「あなたは何もやってくれない」と言われるとイラッと来るのである。

これでも、長女を外に連れ歩いたり、風呂に入れたり、寝かしつけたりもしている
し、外で嫌な思いをしながらも稼いできているのに、何を言っているのかと思うが
そんなことを、いちいち妻には反論することはない。

反論したところで、仲が悪くなるだけで何も得られないし喧嘩になるだけである。
妻もキレたあとはスッキリしているようである。

専業主婦ならそれなりに家の仕事をしてもらわないと、外で仕事をしている人間
とは不平等であると思うが、このような考え方は古いのだろうか。

本の内容は、ちょっと調子に乗っているのではという記述もあり、あまり参考には
ならなかったが、唯一、実践しようと思ったのは、妻に心ない言葉を発するのは、
やめておこうと思った。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2013年12月31日 04:25 ] 読書 | TB(-) | CM(2)

今年のブログをふりかえって 2013

今年も無事、ブログを毎日更新できた。

ブログを通した今年の振り返りも、今年で3年めになるが、昨年と同じく、
月毎にで一番印象的だった思う記事を選んでみた。

選択した記事の考え方も、例年と同じで、普通に選択すると国内旅行や海外旅行、
日記のカテゴリに偏ってしまうので、なるべく色々なカテゴリから選ぶようにし
ている。

タイトルは記事にリンクしている。

1月24日 おやじ必読 愉しく続ける 糖質制限ダイエット(健康・スポーツ)

 正月早々、過去に一緒に仕事をした方がなくなったという訃報を聞いた。
 私も中年なのでいつ病気で死ぬとも限らない。まずは肥満を解消したいと思い手に
 とったのがこの本である。
 1月~3月で糖質制限により7kgほど減量したのだが、その後食べる順番ダイエット
 をしたのだが、食べる順番を守ることなど何かを制限するより難しいので結局
 リバウンドしてしまった。
 来年こそはもう少し減量したい。

2月7日 次女の誕生(育児・教育)

 次女が誕生したという知らせを聞いたのは、嫁からで生まれたあとに聞いた。
 陣痛が始まってすぐに出てきたそうである。
 生まれてきて11ヶ月近くになるが、すくすく育っている。
 生まれてから4~5ヶ月まではあまり泣かない子だったのだが、最近は夜泣きで
 悩まされていたりする。

3月8日 横浜市立図書館の蔵書検索システムの障害のその後(情報システム)

 年明け早々、横浜市立図書館の蔵書検索システムが繋がりにくい状態となり、
 復旧までにかなりの日数がかかった。
 私の部門でも、2月に部下のミスにより決算期間中の経理関係のシステムを3日
 も止めてしまったという大失態をしてしまった。
 (勘定系ではなく情報系なのが救いだったが)
 やはり情報システムの開発とか運用というのはミスはもう許されないほど、
 重要性が増しているというの痛感させられた。

4月11日 長女の幼稚園の入園式(育児・教育)

 育児・教育カテゴリからもう一つ。
 長女が幼稚園に入園したが、この幼稚園の教育方針は子どもをのびのびと遊ば
 せることのようで、長女に非常に合っている。
 長女は幼稚園の人気者のようで、子供の頃人気者ではなかった私とは対照的の
 ようである。

5月28日 三叉路でヒヤリハット(日記)

 横浜で早朝に朝マックに行く時に対向車にぶつかりそうになった。
 2年前にもヒヤリハットがあったが、前回も今回も比較的空いている道路で
 起きた話である。
 空いている道を走る場合はもっと気をつけたい。

6月29日 謝謝台湾。感謝台湾 Tシャツ(商品)

 翌月の台湾旅行に向け、台湾の人たちに東日本大震災の義援金の感謝を伝え
 たいために買ったTシャツである。
 台湾ではこのTシャツによって、にこやかによってきてくれる人が何人かおり
 着て行ってよかったと思っている。

7月10日 2013年 島根旅行記(国内旅行)

 とある研究会で島根に出張に行った時の旅行記である。
 内容はブログではなくホームページに記載している。出張でもなければ
 用事のない県であるが、いろいろな観光資源があることを認識させられた。
 来年の2月には、日本最大の露天風呂で、混浴風呂でもある長楽園に行く。

8月16日 2013年終戦記念日の靖国神社(時事・世相)

 8月15日に首相が靖国参拝ができなくなって久しいが、終戦記念日ぐらいは
 隣国干渉を受けること無く戦没者を追悼し、平和な世の中で暮らしている
 ことに感謝したいものである。
 この日は午前中で帰ったが、もう少し粘れば、アンパンマンに会えたのかも
 しれない。

9月23日 2013年アメリカ東海岸旅行記(前編)(海外旅行)

 今年一番楽しみにしていたイベントである。
 楽しみにしていた通り非常にいい経験ができたのだが、この少し前に投稿
 していた「仇討の湯」という記事が2chに晒されてしまい、ブログが炎上
 してしまい、ニューヨークを闊歩しながら炎上の鎮火をしていたというのが
 裏話だったりする。仇討ちの湯の記事は一部私の調査不足もあった。

10月2日 デジカメLUMIXが故障した。(サービス)

 5月に海の公園で潮干狩りに行った時にカメラが壊れていしまった。
 LUMIXの後継機を6月に買ったのだが10月には故障した。
 その修理を秋葉原で即日で行ってくれるというので行ってみた時のレポート
 がこれである。
 その後、カメラは順調である。

11月2日 42~世界を変えた男~(映画)

 今年も色々映画を見たが、黒人初の大リーガーの物語であるこの映画は、
 なかなかの感動作であり、当時の文化を知ることもできた。
 やっぱり、いろんな困難にぶつかり栄光を手に入れていくというストーリー
 の映画を見ると、やる気が出てきて良いと思う。

12月14日 エンベデッドシステムスペシャリストの自分なりの研究(資格)

 今年4月に惨敗したエンベデッドシステムスペシャリストの試験であるが、
 来年にリベンジする。
 恐らく、今後も仕事で使うことはないと思うが、身の回りの商品の制御を
 知っておくことはなにかの役に立つはずである。
 来年こそは合格したい。

さて、今年を振り返ってということで、先日は目標達成度が26点という話を
したが、仕事とプライベートに分けて採点してみたい。

仕事は昨日の記事と重複してしまうが、ちょっと落ち込んだことはあったもの
の今は気を取り直しており80点、プライベートは次女ば無事に誕生したことや
人生初のアメリカに行けたので良かったのだが、次女の夜泣きに苦しめられ
減点し90点、目標達成度が26点ということで、総合評価を78点ということとした。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月30日 04:38 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

2013年の目標達成度評価

今年の元旦に、今年の目標を発表した。

今年も100点満点で評価してみたいと思う。

今年の目標をおさらいすると次の3つだった。

1.仕事で会社に役立つ新しい仕組みを作る。
2.資格試験のうち1つに合格する。
3.体重を75.0kg以下にする。


1.についてであるが、ここではあまり詳しいことは書けないが、年初想定していた
こととは違うものの、会社に役立つしくみというのは何個か作ることはできた。
ただし、それが他部門を驚かせるほどのものかというとそうではないが、部門とし
てのレベルは着実に上がっていると実感している。
あと、仕事上の上司が兼務となったこともあり、突き放された感じになったのも、
かえって自分へのプラスになったと思う。
同じ部下が何度もミスをして、客先に謝りに行ったり嫌なこともあり、その影響で
気持ちが萎えた時期も続いたが、点数で言うと80点ぐらいかなと思う。

2.については、未達で0点である。
次女が生まれ忙しくなったことや、上に書いた客先に謝るために何度も謝罪の文書
を駄目出しされ、時間が取れなくなり春のエンベデッドシステムスペシャリストは
通らなかった。
また、年内にTOEIC700にするというのも、1ヶ月の単語学習で全く結果が出ず、
やる気をなくしてしまたった。

3.についても、体重が減るどころ増えてしまい、年初の87.5kgから2.3kg増えて
しまった。よって0点である。
嫁が出産のため里帰りしていた1~3月はいい感じで体重が減って80kgまで行き、
あとちょっとだったのだが、精神的に不安定になったことによりリバウンドし、
今では年初の目標など全くなかったことになってしまっている。

3つを総合すると、今年の目標達成度は100点満点中26点という近年稀に見る低さ
に終わった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月29日 04:31 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

キリングフィールド

来年、早々に、カンボジアのシェムリアップにアンコール遺跡群を見に行くが、
これ以外に、見ておきたいものとして「ワット・トメイ寺院」と「地雷博物館」
がある。

地雷博物館については、読んで字のごとくなので解説することもないと思うが、
「ワット・トメイ寺院」は、キリング・フィールドの一つとして知られている。

キリングフィールドとは、1975~1979年にかけて、ポル・ポト政権時代に大虐殺
が行われた刑場の俗称で、このキリング・フィールドというタイトルの映画もあった。

大虐殺があった付近の時代を振り返ってみることにする。

ポル・ポトが実権を握るまでのカンボジアは、アメリカの後ろ盾を得たロン・ノル
将軍が実権を握っていた。

当時アメリカはベトナム戦争中でカンボジアに潜伏しているベトナムの共産勢力を
退治するために、交戦国でもない隣国のカンボジアに爆撃し、共産勢力ではない
一般市民を巻き添えにした。

これによりカンボジア国民の間に強い反米感情が生まれた。
アメリカがベトナムから撤退すると、反米感情もあり、親米派のロン・ノルが失脚
し共産勢力のポル・ポトが政権を握る。

このポル・ポトは、原始共産主義という毛沢東思想の影響を強く受けた思想のもと、
都市で堕落した人間は敵、知識人は敵ということで、まだ知識のない子どもたちに
国民の虐殺を命じ、国民の1/4を大虐殺したそうである。

そんな、戦争遺跡はカンボジア各地にあり、シェムリアップではこのワット・トメイ
がその場所に当たる。

ワット・トメイには頭蓋骨が無造作に積まれている場所があるということで、左翼
共産主義者による大虐殺の悲惨な歴史の傷跡を確かめに行きたい。


ワット・トメイ寺院。塔の中灰色の物体は全て頭蓋骨である。
wattmay.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月28日 04:22 ] カンボジア | TB(-) | CM(0)

私が愛したドラゴンクエスト4

ずいぶん前にドラゴンクエスト3について書いた
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20110924.html

私が一番好きだったロールプレイングゲームといえばドラゴンクエスト3である
が、その次の作品であるドラゴンクエスト4も負けず劣らず印象に残っている
ゲームである。

確か、このゲームは発売日に大阪日本橋のSofmapで並んで買ったのを覚えて
いる。

ゲームは5章構成になっていて、主人公が登場するのは5章になってからで、
1章から4章までは、旅の中で仲間になる脇役たちが主人公となり、クエストして
いくゲームである。

脇役たちの名前が変更できなかったり、決められたストーリーの中を進めていく
という要素が強いため自由度はないような気がするが、それぞれのストーリーが
しっかりとしているため楽しんでプレイ出来た。

また、音楽もよく、5章のはじめに楽しく暮らしていた主人公の村の住人が皆殺
しにされ、一人でフィールドに出て行く時の音楽は非常に物悲しい感じがした
し、街の音楽は聞いていて楽しかった。

また、どこかの宿屋で敵役のピサロの夢を見るシーンがあるのだが、不気味な
笛の音や、画面が真っ赤になるシーンなど、ドット絵ながら夜中にプレイして
いて怖くなるほどだった。

ファミコンという古い技術でも想像力を掻き立てる工夫が施されており、当時の
ゲームクリエーターというのはすごいと思った。

このゲームも全員がレベル99になるまでやりこんだのを覚えている。

DRAGONQUEST4.jpg

ラスボス デスピサロ
DQ4_DEATHPISARO.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月27日 04:07 ] レトロゲーム | TB(-) | CM(0)

うっとうしい年末・年始の挨拶

今年もあと残り僅かで、今日と明日出社すれば9連休という人も多いと思う。

私は12月30日出勤なのと、12月28日・29日は部下の多くが出勤、年始も
1月5日は関係部門の一つが初動ということもあり、完全に気が休まるのは
12月31日~1月4日である。

それでも、IT業界で年末年始に休めるだけ良いかもしれない。

さて「年末年始」といえば、各会社では営業や会社の社長や役員がここぞと
ばかりに、あいさつ回りを始める。

社長や役員のあいさつ回りの手配をする人たちは、本来業務に加えそのような
雑用をしなければならず、嫌な気分になっている人も多いだろう。

また、取引先から「年末のご挨拶を」とか「年末は何かと忙しいでしょうから、
年始に挨拶させてください」とか言われ、その会社の上役とともに、年末の納会
のハズレの景品になるカレンダーを持って挨拶にやってくることがある。

この調整にかける時間や、実際に挨拶に付き合っている時間が苦痛で苦痛で
仕方がない。

相手がそれなりの役職を連れてくるとなると、こちらもそれに合わせてそれな
りの役職に応対をしてもらわなければならず、スケジュールを調整したり、
挨拶にかこつけて御用伺いされたりと、無駄な時間を過ごすことになる。

恐らく日本全国で、この年末年始の挨拶のためにかかるコストたるや莫大な
金額になるだろう。

かと言って、挨拶をやめたら、何であの取引先は来ないんだという話にもなりか
ねないので、横並びが好きな日本ではこの習慣はやめられないのだろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月26日 04:52 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(2)

ドキドキ変身ラブコミューン

長女の幼稚園の女の子の間ではプリキュアが流行っているが、それにつられて、
私も日曜日の8:30から番組を見ている。
(通常この時間はサンデーモーニングをみていたが論調が単調でつまらないの
でチャンネルを変える)

それだけではなく、Youtubeで1話から順番にみていたりもする。

そんな長女に、12月はじめに、クリスマスプレゼントに何がほしいかを聞いて
みると、プリキュアの変身用のツール(コミューン)がほしいというので購入し、
押入れに隠していた。ちなみに値段は定価3,800円である。

ちなみに、ドキドキプリキュアでは物語の最初からこのコミューンが登場し、今
となっては古いグッズになっており、人気は「マジカルラブリーパッド」に移行
している。
マジカルラブリーパッドはおもちゃにしては高額(定価7,600円)であるが、高い
からいいとか悪いとかそういう感覚はまだ無いようである。

今朝は、サンタクロースの長靴にこのコミューンを入れているが、娘が起きてき
てどういう反応をするのか楽しみである。

dokidokiprecurecomune.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月25日 04:17 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

変顔48面相カードガム

Youtubeで、かんなちゃんとあきらちゃんという姉妹が、駄菓子やおもちゃの
紹介をしているチャンネルがあり、よく長女と見ていることは以前お伝えした。

その中でも、長女が気に入っているのが「変顔48面相カードガム」である。

ガムのおまけが、変顔を書いた塩化ビニールの仮面になっているのだが、
実際に自分の顔につけてみると、なかなか笑えるのである。

私もAmazonで24個入りを765円で購入し、昨日家に届いた。

1日枚数を決め、長女と遊び始めている。

長女の反応は上々である。

子どもはあんまり高いおもちゃではなくても、このような素朴なものおもちゃ
で十分だと感じた。






最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月24日 04:59 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

SUUMO カウンター

旅好きおやじは嫁と娘2名で2Kのアパートに住んでいる。

子どもが小さいうちは全然問題にならなかったのだが、長女がそろそろ5歳で、
次女もそろそろ1歳になり歩き出しそうで、手狭になってきた。

新たな住まいとして、長女の幼稚園の周りで広めの中古マンションにでも引っ越
そうかと思っていた。

条件としては、
・頭金はそこそこあるので+5年程度のローンで買える物件
・3LDK
・できれば長女の幼稚園はそのままにしたい

ということで、私も嫁も家は住めれば、車は走ればいいと考えており、不必要に
高いものを買おうとも思っていないので、中古マンションと考えていたのである。

嫁がSUUMOカウンターの「新築VS中古マンション」のセミナーがあるというので
申し込んでいたので、昨日は家族4人で行ってきた。

担当者が、中古マンションと新築マンションのメリットとデメリットをわかりやすく
説明してくれた。

SUUMOカウンターは、新築のマンションか注文住宅しか扱っていないため、
中古マンションよりも新築マンションの方を魅力的に説明するのは仕方がない
し、見るだけと思っていたが、「長女の幼稚園の近く」という条件がなければ、
横浜駅から数駅のところに良い新築物件が4~5件見つかったので、心が揺れて
いるところである。

今回行ったSUUMOカウンターは横浜駅のスカイビルのSUUMOカウンターで、
担当者の説明、段取りもよく、キッズスペースで子どもを遊ばせることができゆっ
り話を聞くことができた。

また、SUUMOカウンターは広告料から成り立っているので、説明なども中立とのこ
となので、物件のデメリットも説明してくれるようである。
(穿った見方をすればそうでもないと思うが)

新年になったら、4件ほど物件を見に行く予定である。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月23日 04:51 ] サービス | TB(-) | CM(2)

炭水化物が人類を滅ぼす

去年の年末から3ヶ月で糖質制限により7.5kgを減らした。

この3ヶ月間は1人暮らしだったので糖質制限がしやすかったのだが、妻が出産
後に戻ってきてからは、なかなか糖質制限をするわけにも行かないので、食べ
る順番ダイエットなるものをしたのだが、徐々にやらなくなり、リバウンドしてしま
い、結局年始よりも1.5kg太ってしまった。

私にとっては、糖質を完全に断つほうが食べる順番を毎回守るより簡単だった。

来年は、嫁に協力してもらってでもまたチャレンジしてみたいところであるが、
糖質制限が危険であるという話もちらほら聞いており、躊躇しているところも
ある。

そんな時、結構売れているこの本を購入したのだが、ダイエットそのものの話
よりも、著者の膨大な知識量と説得力のある理屈による説明しており、とても
ためになった。

ただ、糖質制限に関してのメリットばかりが強調されており、高タンパク、高脂
質食のデメリットが一切書かれていないところが、今ひとつであった。

「人間が穀物を栽培するようになって1万年2千年前で、それより前は脂質と
 タンパク質だった。」
「だから糖質は摂らなくても良い」
という理屈も、1万年2千年前の人間の病気にどんなものがあり、その中から
医療や住環境が要因のものを除くと、人々の寿命はどうなるのかなど、説明も
できるわけがないので、この論法は乱暴だと思った。


糖質制限が、高血圧や高脂血症、糖尿病を防げるのであれば、また再開して
はいいとは思うが、慎重に考えたいと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月22日 04:06 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

カンボジアでの宿泊ホテル

1月のカンボジア旅行で、シェムリアップで宿泊するホテルについて書いてみたい。

宿泊するホテルは、ラッキーアンコールホテルというホテルで、外観はこんな感
じである。
luckyangkor.jpg

1泊$65。2泊なので$130で日本円にすると約13,300円で朝食のみ付いている。
Wifiなども使えるので夜も特に暇つぶしには困らないだろう。

プールにも入れるようなのだが、せっかくアンコール遺跡群やシェムリアップ市街
が近くにあるのにプールに入るのはもったいないので入ることはないだろう。

ちなみに立地的には下のような感じである。
angkormap.jpg

上の地図だと縮尺がわからないので、距離感で言うと、車の移動で、アンコール・
ワットへ20分、王宮へ10分、シェムリアップ国際空港からお車で15分の距離
とのことである。

シェムリアップでの移動は、タクシーやトゥクトゥクになると思うが、トゥクトゥク
だと1日チャーターしても$20程度とのこと。
レンタル自転車などもあり、移動手段についてはもう少し悩んでみたいと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月21日 04:34 ] カンボジア | TB(-) | CM(0)

メモリ技術が一番わかる

洞窟壁画から次世代型不揮発メモリまで進化の歴史で読み解く記憶デバイス技術
というサブタイトルがついた本である。

まさに、人類と記憶技術の歴史書のような本だった。

洞窟壁画、紙、活版印刷と言った大昔の記録方法や、写真フィルムやコンピュー
タ用の紙の鑽孔テープなど前近代のもの、フロッピーやMOといった一昔前のもの、
ハードディスク、DVDやBDといった現代のメディア、そして、次世代の記録装置
のMRAMや量子デバイスまで、これでもかというぐらい網羅しており、それぞれの
写真まで載せてくれおり、ここまで一つのことについてトコトン書いている本も
久しぶりに見た気がする。

個人的には、コンピュータの記憶装置の話より、活版印刷の話が興味深かった。

西洋はアルファベットで文字数も少ないので活版印刷が西洋から発達し、科学・
技術の解説書が一般に出回ったのに対し、アジアは漢字など複雑な文字で文字
数が多いこともあり、印刷物は一部の人間にしか渡らず技術力で劣ることになり、
西洋文化に大きく後れを取ったという話があった。

使っている文字の複雑さが、一時代の文明の優劣を決定づけ、しばらくアジアは西
洋に辛酸を嘗めさせられたというのも、太古の昔の人を恨むわけにも行かず、なん
とも言えない気持ちになった。

また、最近の記憶装置の話では、写真や図解が多く名前しか聞いたことのないよう
な、Zipドライブなどもどんなものなのかが、よくわかった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月20日 04:51 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

カンボジア アンコールワットの旅行計画

以前の記事で、1/11~14の旅程でカンボジアに行くためビザを申請しに行った
模様をレポートした。

カンボジア大使館に行ってきた(2013/12/4)
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20131204.html

今回の旅行では、当然ながらアンコールワットなどの遺跡群を見るために、
シェムリアップに行く。
私が海外旅行をする場合の大方針の1つとして、「首都にできるだけ寄る」こと
にしているのだが、今回は諦めることにした。

1/14は年末の休日出勤の振替休日として休みを取ることができるものの、年始
の忙しい時期でもあるので早朝に日本に戻ってくることにしたため、カンボジア
にいるのは実質2日となるからである。

シェリムアップから首都のプノンペンまで、45分程度のフライトでいけるので、
多少無理をすればなんとでもなるのだが、アンコール遺跡群を1日しか見ないと
いうのももったい。


今回の飛行機の料金は約100,000円で、宿泊費が2泊で13,000円程度である。

滞在費も2~30,000円程度で済むだろう。

フライトは、バンコクを経由することになる。
現在、タイではデモが活発になっているが、5年前のようにスワンナプーム空港
が閉鎖された場合、恐らくホーチミン経由で飛んでくれるだろうと期待している。

■1/11
 ANA NH953便(10:50 - 16:05) バンコクエアウェイズ PG907便(17:40 - 18:40)
 タクシーでホテルへ

■1/12
 1日じゅうアンコール遺跡群の観光
 アンコール遺跡を見るためには1日$20かかる。

■1/13
 シェムリアップでマッサージや街歩きをして、
 バンコクエアウェイズ PG910便(20:55 - 22:10) ANA NH916便(0:25 - 8:05)

■1/14
 9時頃から空港バスで横浜に戻る予定である。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月19日 05:16 ] カンボジア | TB(-) | CM(0)

わが子を「メシが食える大人」に育てる

最近は「ニート」とか「ひきこもり」といった言葉は鳴りを潜めている感じがする
が、言葉が定着して取り沙汰されなくなっただけで別に増えも減りもしていな
いようである。
(参考:内閣府 「子ども若者白書」第4章

私も、やはり、自分の子供が可愛いので、甘やかしがちであるが、大きくなって
甘ったれた状態にはしたくないと思っている。

そんな自分に反省の意味もあり、面白そうなタイトルでもあったので、この本を
買ってみた。

まず、すべての学力の基礎となる「聞く」「話す」「読む」「書く」力を育てるための
心構えが書かれており、それぞれが理にかなっており参考になった。

それで、メシを食えるようにするためには、自分で考えるような習慣をつけさせ
ることが大切で、そのためには昔の教育ママゴンのように勉強勉強というので
はなく、子どもが好きなことに熱中させ、粘り強く考えさせることが大事だと述べ
られていた。

子どもが勉強が嫌いになるのは、結果である点数ばかりに目が行き、点数が悪
ければしかるような教育ばかりしていると、子どもが萎えてしまい結果しか見な
いようになり、問題の解法を丸暗記し応用が聞かない人間が出来上がるのだろ
うか。

子育てだけでなく、部下の育成や自分に対してさえも参考になる記述が多かった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月18日 04:31 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

スタジオアリス

先週の土曜日に、次女の誕生日写真を撮りにスタジオアリスまで行った。

誕生日写真と言っても、今は10ヶ月なので誕生日まで2ヶ月あるのだが、早撮り
というのはよくあることのようで、私も嫁もあまり誕生日や誕生月にはこだわっ
ていない。

さて、10時から入ったスタジオアリスだが、家族写真と次女単独の写真を撮る
予定にしていたのだが、泣いたり、眠ったりで、結局、13時まで粘ったが、
家族写真しか取ることができず、次女単独の写真は後日撮ることになった。

この日はお金を支払っていないのだが、駐車券などももらえ、客である我々は
損をすることはなかった。

写真を撮る女性たちも、子どもをあやすことにはこなれているのだが、思うよ
うにいかない赤ちゃんを相手に、ペースを合わせなければならず、これは、
実の親でもしんどいことなのに、よく頑張れるなと、頭がさがる思いであった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月17日 04:41 ] サービス | TB(-) | CM(0)

洪福寺松原商店街

昨日は午後から長女と洪福寺松原商店街まで行ってきた。

この洪福寺松原商店街は、ハマの三大商店街の一つで、別名「ハマのアメ横」と
いう異名をとり、平日の集客力で2万人、休日ともなると2万5千人に達すると言わ
れており、横浜市からだけではなく、近隣の市町村、遠くは東京からくる人もい
ると言われている。

集客力はハマの三大商店街の残りの2つである、よこはまばし商店街、六角橋商
店街を圧倒的に凌駕している。

何でそんなに人気があるのだろうか。

洪福寺松原商店街の最寄り駅は、横浜駅から相鉄線で3駅目の「天王町」駅になる。
20131215-01.jpg

天王町から商店街までは、5分程度歩かなければならない。
20131215-02.jpg

最寄り駅から5分も歩くようなところなのに、近隣の市町村から来る意味がある
のだろうか。近所にスーパーなどもあるだろうに。

と思いながら歩いていると、商店街の入口が見えてきた。
20131215-03.jpg

商店街の内側のピンクの旗が少し異様な感じがするが、買い物客は両手に大きな
買い物袋を持っており、結構大量に買い物をしていくようである。

恐る恐る、商店街に入っていく。ピンクの旗がなんとも言えない。
20131215-04.jpg

入口近くに配置されているのは八百屋の「外川商店」さん。
20131215-05.jpg

この店では、ダンボール詰めの商品を店頭に並べ終わると、そのダンボールを屋根
のところに放り投げて積み重ねることで有名である。

なんでも、積み上げられたダンボールは、トラックを横付けにしてそのまま落とす
というから、なかなか合理的である。

店頭に並べられたお菓子の数々。
20131215-06.jpg

左上のナビスコリッツはメーカー希望小売価格は168円で、スーパーなら120円程度
で売られているものだが、ここでは85円である。

小腹がすいたので、お好み焼きを買った。250円である。
20131215-07.jpg

年季の入った焼き鳥屋。1本80円である。
20131215-08.jpg

商店街ならではのおば服の店も健在で、品揃えも圧倒的だった。
20131215-09.jpg

壊れたTVゲーム機。立ってやるタイプのものは久しぶりに見た気がする。
20131215-10.jpg

主婦感覚はよくわからないのだがメロン一玉500円で売られていた。
20131215-18.jpg

旗といい、活気といい、私が幼稚園の頃に母親と一緒に行った「あおぞら市場」
を思い出してしまうのだが、35年前の話である。
今はこういった大規模なマーケットは台湾とか東南アジアに行かないとなかなか
見られないのではないだろうか。


20100319-01.jpg

おっと、上の写真はどこだ?

失礼。これは洪福寺松原商店街の写真ではなく、私が3年前に行った、
フィリピンのサンアンドレスマーケットの写真である。
この洪福寺松原商店街の写真に紛れていても何の違和感もない。

1,000円分のお菓子を買ったので、福引ができるとのことで娘にガラガラポン
を回させた。
20131215-12.jpg

ハズレの商品。20円の商品券。1円でも安く買いたい主婦にとっては強い味方な
のかもしれない。
20131215-13.jpg

チョコレートが59円?これは買いなので5個買った。
20131215-17.jpg

チョコレートも気になったが、その後ろにある「松原整体院」も気になった。

いろんな缶詰も売られていた。
20131215-14.jpg

調べてみたが、缶詰類はAmazonのほうが安そうである。

鮮魚屋の隣には中国物産の店もあった。
20131215-15.jpg

あまり客はいなかった。
こういった庶民の街には中国人のコミュニティが出来上がってくるのは仕方がない
のだろう。

お約束の韓国系の店。ここも閑散としていた。
20131215-16.jpg

ここ洪福寺松原商店街は、市場価格の3/4ぐらいの価格設定がされているのだが、
卸からの信頼が厚く、品質の高い商品を安くおろせるとのことである。

天王町といえばイオンなどの大規模スーパーがあるのだが、1時間600円の駐車場
代を差し引いたとしても、この洪福寺松原商店街のほうが安く買えそうで、巨大資本
に打ち勝った数少ない商店街と言えそうである。

これなら、横浜市の人間だけでなく、近隣の市町村からくるのも納得が行くという
ものである。

今度は、車で来て、食料品などの買い物をしに来たいと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月16日 04:35 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

六角橋商店街

昨日は、家族写真と次女の写真を取るために、近くのイオンにあるスタジオアリス
まで写真を撮りに行った。

普通ならそのまま帰るところだが、先週、ハマの三大商店街のことを知ったこと
もあり、私だけ家族から離れて、ハマの三大商店街の一つである「六角橋商店街」
に昼食を食べに行くことにした。


嫁と子どもは車で家に帰ってもらい、私は東急東横線に乗り白楽駅で降りた。
20131214-01.jpg

いつも通勤でこの駅は通るのだが、今回降りたのは初めてである。

写真にあるように「神奈川大学」の最寄り駅でもある。

東京の有名大学ほど有名な大学ではないが、箱根駅伝とかで何かと話題になる
大学でもある。

その神奈川大学の学生街的な役割を果たし、下町でもあるこの白楽駅から歩いて
すぐのところに、この六角橋商店街がある。
20131214-02.jpg

商店街の写真を見ただけでは、あまり個性のない商店街のように見えるので、
何で、ここが三大商店街といわれるのかわからないだろう。

有名商店街として名を馳せているのは、恐らくこの仲見世通りがあるからだろう。
20131214-03.jpg

仲見世通りはこのように幅が2mほどの商店街が250m近く続いている。
20131214-04.jpg

このように子供用のガチャガチャがおいている。
20131214-05.jpg

そう思えば、鮮魚店もあり、
20131214-06.jpg

ジジババが買い物しそうな洋服屋もあれば、
20131214-07.jpg

何の店かはよくわからないが、学生が入りそうな店など、バラエティに飛んだ商店
が並んでいる。
20131214-08.jpg

この六角橋商店街は古くからある商店街で、後継者がいないことによるシャッター
商店街化が進んでいたのだが、廃業した商店を貸出すことによりシャッター商店街
化を防いでいるのだと、Wikipediaには書かれている。

他にも激レアの中古レコードがある店や、アンティークウォッチ店など様々な店
がある。

そして、気になったのが、なぜか多い公衆トイレである。
20131214-09.jpg

確認できただけでも5~6箇所ある。250mの商店街にこの数はかなりの密度だろう。

腹が減ったので、「隠れ家もんじゃ」という店でもんじゃ焼きを食べることにした。
20131214-10.jpg

店の中は、ピンボールなどもありそこそこシャレオツなのだが、4リットル焼酎の
入れ物もありお里が知れるようである。でもなかなか美味しかった。

はんこ。ほとんど在庫補充がされていないようである。
20131214-11.jpg

ここにもトイレマークが。
20131214-12.jpg

写真を見ると、時折地面に黄色いマークがあるがよく見てみると、
「じてんしゃは、おりてね」
20131214-13.jpg

こんな、狭い道幅の商店街で自転車に乗って通行する輩はさすがにいないだろう。

六角橋商店街は、昭和30年代の商店が多く残っており、しばしばテレビドラマの
撮影などでも使われる。

春から秋の毎月第3土曜日の夜には「ドッキリヤミ市場」なるフリーマケット
などが開催され結構賑わうようで、大日本プロレスによる商店街デスマッチなる
ものも開催されるという。

また、この六角橋周辺は、山本リンダ、矢沢永吉、岸惠子なども住んでいたという。

私は一見さんなのだが、下町風情があり、なかなか住みやすそうなところだと感じた。

さて、このハマの三大商店街シリーズ、ラスボスを飾るにふさわしい
「洪福寺松原商店街」も年内には行ってみたい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月15日 04:03 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

エンベデッドシステムスペシャリストの自分なりの研究

昨日、IPAから秋の情報処理試験の午後の問題の解答例の公表があった。

そろそろ、来年春の試験に向けて勉強を始める人もいる時期だろう。

私は、今年4月に受験したエンベデッドシステムスペシャリスト試験は、午後1で
惨敗してしまった。

来春リベンジということで、10月ぐらいから少しずつ勉強をはじめており、
平成22年から25年までの午後1と午後2の問題について、ソフトウェア問題と共通
問題に絞って解いていた。

前回の受験対策で初めて解いた時よりは点数はあがり、ボーダーラインぐらいの
点数はとれるようになっていたのだが、あくまで一度解いた問題であり、記憶に
残っていたのもあるだろうし、今の状態ではまだまだ合格できるではない状態と
思っている。

特に午後2は、頭のなかのメモリ容量をオーバーしているような感じで、問題文を
読んでも記憶に残らず、読み返しが何度も発生し、非効率である状態である。

問題をちゃんと解けるようになるために、何回答練を重ねても問題文を覚えてしま
うだけで、実力は思うように伸びないし、読解力の方を養う必要があると思っている。

そこで、問題文や設問を的確に捉えるために、過去4年の午後1,2について、
問題文では何が情報として与えられているのか、設問では何が問われているのか
を仕分けてみることにした。
(ハード・ソフトの両方について仕分けてみた)

自分なりに問題文と設問を次のルールで仕分け、出題年度との関係をマトリクス
にしてみて、何が問われているかを書くことにした。

■図の有無
・装置の外観図
・機器や部品同士の接続構成図
・MPUやRAMなどまでの細かさで書かれたブロック図
・タスク構成図
・状態遷移図
・シーケンス図やユースケース図

■入出力数値(与えられた値)
・装置の入出力動作に関する物理量
 (距離や長さ、方位、角度、速度、加速度、温度、血圧、トルク、容積、緯度経度、
  風量、光出力、画素数、フレームレートなど)
・通信関連(データ容量、データ長(バイト数)、処理時間、伝送速度、回線使用率)
・電気関連(電流、電圧、電力量、電池容量、動作電流など)
・制御関連(パルス数、周期、周波数、クロック数など)
・上記に関連する時間や時刻など

■入出力数値(問われている値)
 (同上)

■入力に関して
・センサの外界情報の検知方法
・操作パネルの内容と仕様

■処理に関して
・データ項目
・制御手順
・制御タイミング(パルスの波形図)
・装置内を流れる情報やメッセージ
・タスクの仕様(なぜそのような仕様なのか)

■出力に関して
・動作の制約
・動作の条件
・動作をしている理由

■他
・仕様変更の有無
・不具合の原因と防止策

そして、次のような表を作ってみた。
enveded_201312.jpg

もう少しこの仕分け項目を見直しながら、何が問われる傾向にあるのかを明らかにし
て行くという作業を当面はしてみたいと思う。

今回仕分けてみて「ハードウェア」と「ソフトウェア」で問われていることの違いぐらい
は、だいたい切り分けできたので、次回の受験では、あまり欲張らずに「ソフトウェア」
に絞って勉強したいと思う。
(前回は欲張って、「ハードウェア」「ソフトウェア」まんべんなくやっていた)

「ハードウェア」については、外界との入力と出力についてはソフトウェア問題に応用
されることもあると思うので、これについては押さえておこうと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月14日 04:13 ] エンベデッド | TB(-) | CM(2)

テスト担当者を悩ませる、10の難題克服法 ソフトウェアテストの人間関係的アプローチ

私は過去にいろいろなシステム開発に携わってきたが、開発担当の責任者とテ
スト担当の責任者が別であるほどの大きなプロジェクトに関わったことはない。
(末端の担当レベルは、開発担当者とテスト担当者を分けているが)

この本の対象となるシステムは、開発担当の責任者とテスト担当の責任者が異
なるような大規模プロジェクトである。

それゆえ、ソフトウェア工学などの本に書かれている単体テストとかシステムテス
トとかいう学問的なことよりも、テストにまつわる人間関係での難題について、ど
う乗り切るかという観点で書かれている。

テストといえばとりあえず出来上がったシステムを片っ端から触っていけば、そ
れでテストになると思われがちなので、システム開発の中でも重要なフェーズに
もかかわらず、予算を削られたり、単調であるが故テスト担当者のモチベーション
が上がらないなど、あまり華やかなフェーズでもないため経営者は軽視しがちに
なり、予算の確保(テストの時間の確保やツールの導入)に後ろ向きになるため、
それとどう戦っていくかという行動計画などが具体的に書かれていた。

私はこの本を読む前に、テストで一番苦労するのは顧客やユーザに前向きに参
画してもらうことだと思っていたが、この本では10位中6位の難題だった。

テスト担当者にとって難題第1位は、「ノー」ということで、品質が確保できていな
いソフトウェアを世に送ることをやっても、テスト担当者の身のためにならないと
締めくくっている。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月13日 04:11 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

Windows8.1に上げてみた

うちのパソコンはWindows8だったのだが、先日Windows8.1が公表され、これが
無償でバージョンアップできるようで、時間もあったので上げてみた。

あんまりいろんな機能を使っていない私にとっては、画面左下にWindowsメニュー
が出てきたぐらいで大きな変化はない。

しかし、この左下のアイコンはここを右クリックすることにより、コントロール
パネルを選択できたり、シャットダウンもできるようになった。

つまりWindows7以前のユーザインタフェースに戻ったわけである。
(左クリックと右クリックの違いはあるが)

8.1というぐらいだから、メジャーなバージョンアップなので、他にもいろいろ機能
が追加されたようであるが、私にとっては、このようなフリーツールの作者が個人
レベルでもできそうな改善がされただけで十分である。

そんなことぐらいで満足できるぐらい、Windows8は使いにくかった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月12日 04:14 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

効果てきめんなサンタクロース

先日、長女とYoutubeを見ているとサンタクロースが子どもたちにプレゼントを
している動画を見つけた。

サンタクロースが、子どもたちに、
「兄弟仲良くするんだよ」とか「お父さんお母さんの言うことをちゃんと聞くんだよ」
と言っていたので、最近、親の言うことを聞かないことがある長女に対して、
言うことを聞かないとサンタクロースが来ないよといったところ、言うことを聞
くようになった。

サンタクロースをダシにするというのは、子供を物で釣るのと同じなので、
あまりこの方法は多様しないようにしたいところだが、つい面倒くさくなって、
言うことを聞かなくなると、サンタクロースをダシにさせてもらっている。

もしかしたら、このサンタクロースというのは、言うことを聞かない子供に対し
て言うことを聞かせるための、昔の人の知恵の結果なのかもしれない。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月11日 04:22 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

よこはまばし

日曜日は「もうひとりの息子」という映画を観に、黄金町にあるミニシアターの
シネマ ジャック&ベティまで行ってきた。

私は、ミニシアターでやっているような映画が好きなので、2~3ヶ月に1回程度
はこの映画館にマイナーな映画を見に来ている。

いつも、ここに来るときは野毛山の図書館から歩いてくる。

風俗店が立ち並ぶ「親不孝通り」の更に黄金町側に行くと、伊勢佐木町ブルース
で有名な青江三奈のモニュメントがある。
20131208-01.jpg

そこから歩いて2~3分のところにシネマ ジャック&ベティがある。
20131208-02.jpg

映画のチケット購入後、50分ぐらい時間があったので、映画館から歩いて4~5分
ぐらい歩いたところにあり、ハマの3大商店街の1つである「よこはまばし商店街」
に行くことにした。

アーケードの商店街は大阪ではよく見かけたが、関東ではあまり見かけない。
入り口からして大阪のような雰囲気である。
20131208-03.jpg

横浜といえば、坂道が多いので、自転車に乗っている人は少ないのだが、
よこはまばし商店街周辺は平地ということもあり、自転車に乗っている人が多く、
余計に大阪のような印象を受ける。

商店街の入口付近。パチンコ屋や高麗人蔘屋があるのはいかにも…である。
20131208-04.jpg

魚介類が売られており、庶民の台所といった感じの商店街である。
20131208-05.jpg

惣菜や串焼きなどが安く売られており、スーパーマーケットに慣れきった私に
とっては非常に新鮮だった。

大阪で見かける商店街と違う点は、やけに「キムチ屋」が多い点である。
20131208-06.jpg

昭和30年代からありそうな店。
20131208-07.jpg

ちょっと脇道にそれると、このような問屋のような店もあり、そこにおいている
自動販売機は80円とか100円とかの安値設定がされていた。
20131208-08.jpg

少し暗めの路地に入ると、韓国語で会話する店の人と客がいた。
中に入ると「南山亭 キムチ」という店もある。
20131208-09.jpg

カラオケ屋も韓国由来の名前明洞である。
20131208-10.jpg

横浜橋市場入り口。鉄腕アトムのイラストが時代を感じさせる。
20131208-11.jpg

魚よし本店。裏側には貝よし商店と書いてあった。
20131208-12.jpg

大阪の新今宮にある「鯛よし百番」を思い出す。

横浜の商店街といえば、元町商店街、イセザキモール、中華街などの横浜らしい
商店街を思い出すことが多いが、このよこはまばし商店街は、そんなイメージに
反して、大阪、いや、大阪よりDEEPな鶴橋の商店街を連想してしまう。

なお、ハマの3大商店街の残り2つである「六角橋商店街」、「洪福寺松原商店街」
も機会があればレポートしたい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月10日 04:45 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

もうひとりの息子

今年は何かと、赤ちゃんの取り違えが話題となった。

「そして父になる」という映画がヒットした後、ほとぼりが覚めたかと思ったら、
60歳の男性が病院に取り違えられて別の人生を歩んでいたというニュースも
1~2週間ほど前に話題になった。

記者会見ではこの60歳の男性は今までの人生を返してほしいと言っていたが、
私が同じ立場なら、別に今更生物学上の親に会いたいとは思わないだろう。

さて、映画の話であるが、こちらはイスラエルとパレスチナという対立している
国家間同士の赤ん坊の取り違えをテーマにした映画で、更に重い話になる。

ただ、「そして父になる」とは違い、外国の映画なのでそれほど感情移入はで
きなかったのと、イスラエルで暮らしていたアラブ人の息子は顔がユダヤ系の
顔だし、パレスチナで暮らしていたユダヤ人の息子は顔がアラブ系だったので、
これなら取り違えられるなと、変なところで感心してしまった。

あれだけ対立している民族間なのだが、今まで一緒に暮らしてきた18年という
年月は重く、葛藤がありながらもお互いの家族が、現実を受け入れていくという
ストーリーはなかなか良かった。
mouhitorinomusuko.jpg

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月09日 04:28 ] ミニシアター | TB(-) | CM(0)

橋下徹大阪府知事と女子高生の議論を見て

2013年現在、大阪府は親の年収に応じて、私立高校の学費が援助されており、
親の年収が610万円未満だと無償化されている。

私立高等学校等に在学されている方への補助制度(大阪府)
http://www.pref.osaka.jp/shigaku/shigakumushouka/shigakumusyouka_23.html

これは橋下徹氏が大阪府知事時代の2010年度から実施したものである。

その2年前の2008年は、2010年とは真逆で私立高校の助成金を削減する方針であり、
当時地元の高校生と激論を交わしていた時の、ニュース映像を昨日たまたまYouTube
で見かけたので見てみた。

Youtubeだけを視聴すると、橋下徹氏の説明は正論であり地元の高校生は何を甘っ
たれているのだという感想を持った。

高校生たちの言い分は、
「私立しか行けないと言われた」
「私立じゃないと勉強についていけないと言われた」

社会経験のある人間から見ると、公立に行くために何で勉強しなかったのとか、
「言われた」からといって自分の意志は入っていないのかと思う。

また、主張の中には、
「高速道路とかアメリカ軍に出す金があったら医療・教育・福祉に力を入れろ」

といった、プロ市民的な意見もあり、どっかの息がかかったのが丸わかりで間が
抜けていたと思った。

素直に、
「うちの家庭は学費が払えないから、急に助成金を削られても困ります。
 何とか私達が卒業するまでは、私達の家庭 の分だけでも学費削減は待ってい
 ただけないでしょうか?あとで返しますから」

と言ったほうがわかりやすかったのではないかと思う。
(奨学金制度を勧められるだけだと思うが)

彼女たちの親は学費を多く払ったのだと思うが、この時のやりとりがどう影響し
たのか、その後大阪府は公立だけではなく私立までも無償化されたのだから、
主張が通って良かったのではないだろうか。

ただ、このことで彼女たちが勝ったと思い、何でも環境のせいにして、文句ばか
りいうというマインドのままなら、将来またどこかで、大きな壁にぶち当たること
になるだろう。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月08日 04:25 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(4)

電車の警笛音

私は通勤で東急東横線を使っている。

横浜駅でホームに並び電車を待っていたところ、すごい音の警笛音が10秒近く
鳴っていたことがあった。

警笛の音に驚くこともさることながら、音がなっている時間も長いし、最近は
人身事故も多いので、自殺体が飛んでくるのではないかという恐怖があった。

必要以上に鳴らしすぎなのでは?とちょっとムカついたので、調べてみると、
警笛音を鳴らすのにもそれなりの規定があり、運転手が好きに鳴らしている
のでもないということがわかった。

多分、黄色い線の内側にという放送を無視して、黄色い線の外側を歩いている
輩がいたので運転手は警笛を鳴らしたのであろう。

東横線は地下ホームになっており、警笛の音がすごい響くので心臓に悪い。

危険回避のためやむを得ないのであれば仕方がないが、マナー違反の輩の
ためにホームドアにするのも少し違うような気がするし、何とかならないかと
思う今日このごろである。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月07日 04:59 ] サービス | TB(-) | CM(0)

Amazonの無人飛行機配送サービスの感想

今月のはじめに、Amazonの最高経営責任者が無人飛行機での配送サービスを計
画中であることを発表し、それを受けてニュースでもやっていた。

なんでも、本を注文後30分程度で自宅に届くサービスということだそうである。

確かに夢があるし、読みたい本を読みたい時に読め流というのは嬉しいサービス
と思う。

ただ、配送センターから往復16km、つまり、半径8kmの範囲内だけとなる。

配送センターはあちこちにあるものでもなく、そこから8km程度であれば、カバー
範囲が限られている。

仮に電池の容量や、飛行機の性能が上がり、飛行機への積み込みが自動でで
き、カバー範囲が広がれば、運送会社への支払い費用はかなり低減できるかも
しれない。

代わりに飛行機の維持費がかかるようになる。

飛行機の維持費と運送会社への費用のどちらが大きいかと考えると、感覚でしか
ないが、無人飛行機のほうが圧倒的に費用がかかるような気がする。

仮に、何らかの技術革新があり、無人飛行機のほうが安くなったとしても、今度
は空にはamazonの無人飛行機だらけになる。

技術的課題が解消され、無人飛行機が飛ぶことが常識になってくると、故障した
場合と30分以内に届かなくなるがどう言い訳するのか、故障で墜落し下にいる人
にぶつかり死亡したらだれが保証するのか、プライバシーの侵害は大丈夫なのか、
テロへの悪用される可能性がある、飛行機へのいたずらする輩が出てくる、鳥と
の衝突など課題は山積みだと思う。

さすがのamazonなので、素人の私が数分で考えた程度の課題は、当然のことな
がら把握しているだろう。

それでも、最高経営責任者が発表するということは、実用するのが目的なのでは
なく、単に話題を呼びたいからだという気がしている。

個人的には、この無人飛行機について、エンベデッドシステムスペシャリストで出
題されるかもしれないのでしくみは押さえておきたいと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月06日 04:12 ] サービス | TB(-) | CM(0)

トコトンやさしい 2次電池

充電ができる電池のことを2次電池という。

昔は一般的には充電池と言われていたが、最近は2次電池という言葉も良く聞く
ようになった。

充電池は、古くは車のバッテリーである鉛蓄電池や、カメラなどに使われた、
ニッカド乾電池などがあったが、最近になり、リチウムイオン電池という大容量
で、他の2次電池と比べて自己放電が起きにくい電池が登場し、携帯電話の普及
も手伝って一挙に注目されるようになった。

最近は、リチウムイオン電池の300倍の大容量のリチウム空気電池やリチウム銅
電池なども研究されているという。

こういった蓄電技術が発達すれば、発電した電力を貯めておけるので、自然エネ
ルギーによる発電も有効活用でき、原子力や化石燃料の利用率を下げることが
できる期待できそうである。

この本では、他にも、酸化還元反応の基本的な話や各電池で充電時と放電時に
起きている化学反応や、デントライト問題という安全性に関わる問題や、それに対
する技術についても触れられている。

そのような技術的な点は参考になったが、少し失笑してしまったのは、この本が
2010年の本ということもあり、本の最初に鳩山由紀夫の挿絵に温室効果ガス25%
削減と吹き出ししが書かれていた点である。

彼は、当時、何を根拠にそういう無責任な発言ができたのか今持って謎である。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月05日 04:58 ] 電気・電子工学 | TB(-) | CM(0)

カンボジア大使館に行ってきた

来年は、3月の3連休に有給をぶつけてどこか海外にでもと思っていたのだが、
私が若いころに携わった生産管理システムのリプレイスのため、有識者として、
テスト計画からリリースまで携わることになり、その切替のターゲットが、3/21~
23日をターゲットにしているということで、残念ながら3月にいけなくなった。

また、12/30は全社のネットワークが停止する関係などで出勤となるため、
1月の3連休に振替休日をぶつけて4連休を取ることができそうである。

1人旅の候補として、ミャンマー、カンボジア(アンコールワット)、中国の南京など
を考えていたのだが、中国は最近の防空識別圏の関係の話もあり中国政府が
反日デモを容認する可能性がでてくることや、ミャンマーもビザを取るためには、
源泉徴収を提出するなど非常にややこしいということで、カンボジアに行くこと
にした。

カンボジアに行くためには、ビザを取得しなければならない。

ビザを取得するためには、カンボジアの空港で申請する方法もあるらしいが、
旅行時に時間のロスはしたくないので、カンボジア大使館で取得することにした。

カンボジアの大使館は、赤坂にあり、最寄り駅である青山一丁目から行くことに
なるが、たまたま最近出張が週1程度であるため、ついでに寄ることができる。

青山一丁目の4番出口から出る。
20131203-01.jpg

青山通りと表参道の交差点のビルから~♪と口付さみ青山通りを通る。
20131203-02.jpg

青山一丁目から青山通りを歩き、高橋是清翁記念公園の手前を右に曲がる。
20131129-02.jpg

新坂という坂を下ったところにカンボジア大使館がある。
20131129-04.jpg

カンボジア大使館のマークがあった。
20131129-05.jpg

カンボジア大使館に到着。
20131129-06.jpg

門を入ってすぐのところに"VISA"と書かれており、まず迷うことはない。
20131129-07.jpg


中には日本人を含む数人のビザ申請者がいたが、彼らは申請書を書いていたり
したので、旅好きおやじは事前に書いていた申請書を窓口に渡した。

窓口の受付の女性は、日本語が一応通じはするがちょっとたどたどしい感じの
カンボジア人である。

ビザ申請は2,300円である。

当日中に受け取りたい場合は更に1,000円払わなければならないが、会社から赤坂
までそこそこ距離があるので、次の出張の時にでも寄ることにして、領収書を受け
とった。

20131129-08.jpg

上座部仏教の仏壇もあった。
20131129-10.jpg

仏様を拝んでいる人もいた。
20131129-11.jpg


昨日

出張があったので、ちょっと早めにでてビザを受け取りに行った。

カンボジアビザ。
20131203-03.jpg

これで私のパスポートには、ロシア、インド、カンボジアのビザのシールが貼られた。

来年1/11~14の旅行を思いながら、出張先に向かう旅好きおやじであった。
20131129-12.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月04日 04:58 ] カンボジア | TB(-) | CM(0)

キャプテン・フィリップス

日曜日は映画の日だったので、何か1本映画を観ようと思い午前中に横浜の相鉄
ムービルに行った。

映画の上映開始時間を数分過ぎていたが、まだ予告編をやっているだろうと思い
入ることにした。

この映画は、前から気になっており封切り日に観に行きたかったのだが、映画の
日があるので控えておいた。

映画は2009年にソマリア沖で発生した「マースク・アラバマ号」乗っ取り事件に
関する話である。

ソマリア海賊のリーダー役のバーカッド・アブディというソマリア出身の役者が、
はまり役で、「ヤバい」という形容がぴったりで、本当に何をしでかすかわからない
雰囲気を醸し出しながらも、一介の漁師だったとは思えないほど肝の座った、
あざとい犯人の役を演じていた。

当然、私がファンであるトム・ハンクスも名演技であった。


途中、ちょっとした中だるみはあるものの、全編通して緊張感が持続するこの映画
は、私にとって今年1,2を争ういい映画だった。
chaptenphilips.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月03日 04:41 ] 洋画 | TB(-) | CM(0)

よみうりランドの休日(後編)

プリキュアショーが終わり、サイン会やポラロイド撮影会というのもあったの
だが、長女が乗り物に乗りたいというので、そちらに行くことにした。

このよみうりランドの大人料金は、ワンデーパス(乗り物乗り放題)3,900円、
ひよこパス(子供が乗れる乗り物のみ乗り放題)が2,900円、入園のみ1,200円
となっている。

長女が乗りたがっていた乗り物はひよこパスで乗れるものではなく、お金を入
れて動くタイプのものであった。
20131130-17.jpg

お金を入れるタイプののりものばかり乗られると出費もあるので、言葉巧みに
長女を誘導し、次からひよこパスが使える乗り物に乗ってもらうことにした。

やはり、遊園地にあるアトラクションのほうが楽しそうである。
20131130-18.jpg

とりあえず、長女の気が済んだので、レストランで昼食を取ることにした。
20131130-19.jpg

USJとかディズニーといった海外発祥のテーマパークもいいが、日本の昭和
からあるような遊園地も空いており、のんびりできて良いものである。

のんびりしたあとは再び、外を散策することにした。

先ほどプリキュアショーをやっていた太陽の広場では、大道芸をやっていた。
20131130-20.jpg

子供用のジェットコースター。嫁と長女に乗ってもらった。
20131130-21.jpg

汽車の乗り物。これは私と長女が乗った。
20131130-22.jpg

コーヒーカップならぬケーキカップ。
20131130-23.jpg

しくみは、ディズニーランドのアリスのティーパーティーや、USJにある
ハローキティのカップケーキ・ドリームと同じである。

飛行機ロボには嫁と長女が乗った。
20131130-24.jpg

次女が寝てくれたので、私と嫁の交代で、長女と一緒に大観覧車に乗る
ことにした。
20131130-25.jpg

まずは、嫁と長女で乗り、10分後私と長女で乗ろうとしたところ、
長女が高くて怖いと言い出したので、仕方なく私だけで乗ることにした。

ジェットコースターと東京のビル群が見える。
20131130-26.jpg

観覧車から2回めのプリキュアショーも見えた。
20131130-27.jpg

2回目のプリキュアショーは1回目と違いかなり混雑していた。
20131130-28.jpg

嫁の話によると、よみうりランド入園前に先頭を陣取っていたピンクの女性は、
1回め、2回めともプリキュアショーの先頭に陣取り、かぶりつくようにプリ
キュアショーを見ていたとのことである。

長女がぐずりだし、次女のベビーカーに乗りたいとか色々と言い出した。
しかたがないのでアイスクリームを買って気を紛らわすことにした。

マイナス40度の冷たさのアイス。唇にひっつく変な食感だった。
20131130-29.jpg

よみうり本舗。
20131130-30.jpg

よみうりだけに、番組のキャラクターグッズや巨人とかベルディのグッズが売っ
ていた。また、ジブリ系のグッズも売っていた。

長女が眠いと言い出したり、私も前日のトラブル対応もあり、さすがに疲れた
ので15時には遊園地を出ることにしたが、パンフレットによると、夜は夜でイル
ミネーションなどが綺麗な感じだった。

長女が生まれてから、遊園地といえばほとんどディズニーランドかシーに行って
いたのだが、日本の昭和からある遊園地(*)というのも、値段も安くあまり混ん
でもいないので、小さい子供と来るにはちょうど良いスポットだと思った。

これから、こういった古くからある遊園地にも足を伸ばしてみたいと思う。

次回、もしよみうりランドに来るとしたら、2014年から始まる、
「ハピネスチャージプリキュア!」のプリキュアショーを見にきたいと思う。


(*) ウルトラマンや太陽にほえろ、ビー・バップ・ハイスクールなどのロケ地に
  もなっていた。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2013年12月02日 04:50 ] テーマパーク | TB(-) | CM(2)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
182位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム