旅好きおやじの日記 TOP  >  2015年01月
月別アーカイブ  [ 2015年01月 ] 

≪ 前月 |  2015年01月  | 翌月 ≫

2015年1月 ベスト書籍ランキング

今月は読んだ本は12冊である。

今月もビジネス本を中心に読んだ。全部図書館本だった。

なお、下記の本も含め、今月読んだ本は読書メータにも簡単に感想を記載して
いる。
http://bookmeter.com/u/256475/cat/366132


■第1位:理系のためのクラウド知的生産術(図書館)



この本については1/27(月)のブログに書いているのでそちらを見ていただきたい。
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-date-20150127.html



■第2位:通勤電車で新聞を読む人はなぜ仕事が遅いのか(図書館)



著者的には、仕事が出来る人はあまりガツガツした様子を周囲に見せず、スマー
トに余裕を持って仕事をする人で、会社に行く前に臨戦態勢を整えて、出社速フ
ルスピードの出せるように起床時から考えている人で、新聞やネットのチェック
は家を出る前に済んでいるそうで、電車の中で新聞を読んでいるような人は後手
に回っているとのことである。

エリートサラリーマンがどういう人なのかよくわからないが、そう毎日毎日、
臨戦態勢で臨まなければならないほど緊張感をもって仕事をやっている人が
世の中にどれだけいるのかということである。

確かに朝一で重要な会議に参加したり、商談がある場合、ベストを尽くすため
には、新聞など読んでいる場合ではなく、会議をシミュレーションしたり、
心を落ち着けたりするようなことが私でも月に数回あるが、それ以外は電車の
中で資格の勉強やら読書やらゲームやら好きなことをやっている。

挑発的なタイトルで本を買わせようとしているのだろう。

本の中身の時間管理術はそこそこ参考になった。

日本の会社では会議が予定通りに始まらず、終わる時間も守られることは少
ないと言われており、私の会社でもそういう人が多いのだが、
開始予定時間になったら会議をはじめてしまうこと、終了時間をオーバする
場合は次回までの宿題にしてしまうことを徹底していけば、参加者も会議時
間内にちゃんと答えを出そうとするようになるなど、なるほどという話が多
かった。



■第3位:ニュースがもっと面白くなる!竹中教授の経済教室 (図書館)



著者は、小泉内閣で経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、
総務大臣を歴任した経済学者竹中平蔵であるが、本の内容は難しいものではなく、
マンガを混じえて平易に書かれている。中高生や新人社会人向けの本である。

著者は規制緩和を推進し格差社会を作った張本人でもあり、個人的には嫌いな
人物の一人である。

本の出版時期が2012年12月と、民主党政権末期の頃に書かれた本なので、本題
で政権批判をしているのが面白かった。

竹中平蔵が高校の特別授業に招かれ、経済について講義をするという設定であ
り、お金とはなにかというところから始まるので、だれでも取っ付き易く読め
ると思われる。

私も、断片的にしか把握できていなかったので、為替レートと金利の関係など
について理解できてよかった。

金利が上がると円は買われるので円高になり、金利が下がるとお金が逃げてい
き人気がなくなるので円安になると、考えてみればアタリマエのことであるが、
経済指標は関連させて考えるというきっかけになった。

あと、株に関して日本ではギャンブルとか不労所得と言われ、貯蓄と比べて
いいイメージが無いことにも触れられているが、会社に出資するというのは
企業活動を助け、お金を寝かしておくよりも社会貢献になるというふうに
持論が述べられていた。

海外ではこの考え方がスタンダードで、日本人の資産のメインが貯蓄だけと
いうと驚かれるそうである。




■第4位:ビジネス番長 (図書館)



スティーブ・ジョブズと松下幸之助という正反対の性格の2人の経営者も、
自社の製品というか、こういうものを作りたいという夢の描き方は共通して
いる。

つまり、信念を持って仕事をしていれば、やり方は色々あるということなの
だろうかと思った。

本を読みながら、私がこれは使えるなと思うことをメモしてみたのだが、
ほとんどが松下幸之助に関するものとなった。

多分、ジョブズの考え方や仕事のスタイルというのは、凡人が真似できるも
のではないし、彼自身、「他人の人生を送るな」と部下に言っていたことから、
真似してもうまくいかないものなのだろう。

松下幸之助についても経営の神様であり、彼の経営センスも凡人が真似でき
るものではない。
しかし、仕事に対する考え方は凡人が参考にできるものが多く、
「反対の意見も同意できないまま理解せよ」
「判断に情を入れず、あとからそっと添える」
「10人が10人賢い人ばかり集めると議論ばかりで一向に進まないが、
 賢い人が1人か2人のチームであれば、まあ従ってみようかとなる」
といった言葉がリーダの端くれの私の参考になった。

あと、iTunesというシステムが、閉鎖的な音楽業界から楽曲の提供を受ける
ために、ジョブズが交渉によって成し遂げたという話は興味深かった。


■第5位:世界から嫌われる中国と韓国 感謝される日本 (図書館)



こういうタイトルの本はもう読まないでおこうと思っていたのだが、嫁が
図書館で借りていたので、返す前に読んでみた。

数年前まで韓流ドラマを見ていた人間が、こういう本を借りるようになった
ということ自体、世の中の韓国に対するイメージがかなり悪くなったことに
対する現象の一つなのだろう。

さて、本の内容であるが、中国や韓国が東南アジアや南アジアの諸国、
1カ国、1カ国の街やチャイナタウンなどを取材して、中国人や韓国人が嫌
われていることについて調べている。

中国人や韓国人が嫌われていることは、私も実際に、現地で見る彼らの
マナーの悪さなどを見て感じていることである。

また、最近ではネットだけではなくマスコミでも紹介されるようになった。

この本の中で、面白かったのが、古くから東南アジアに住み着いて、
土着化している華僑の人々も、今の中国人とは一緒にされたくないと思っ
ているところだろうか。

こうなったのも文化大革命の影響も大きいのだろう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2015年01月31日 04:02 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

2015エンベデッドシステムスペシャリスト試験申し込みと状況報告

先日、春のエンベデッドシステムスペシャリスト試験の申し込みをした。

そろそろ、1月が終わろうとしているわけであるが、この3ヶ月間でゆるやかに
勉強し、午後1については2009年から2014年の共通問題とソフトウェア問題、
午後2については2008年から2014年のソフトウェア問題を解いた。

午後1については、最近の問題では7~8割取れるようになった。

最近の問題は、問題文に書かれていることについて論理的に読み解くことが
できる問題が多く、昔に遡るほど知識が必要な問題もあり、2009年の問1の
ガスメータの問題は3割ぐらいしか取れなかった。

午後2は全般的に、3割~4割と散々な出来であった。

これらについて、答えを導き出すための思考プロセスを書き出してみたのだが、
午後1についてはある程度パターンにはめることができたが、午後2はまだまだ
うまく掴みきれていない状況である。

4/19の試験まで、まだ79日あるのだが、2月は思考プロセスをもっと書き出し、
どう考えて解けばよいかパターン化したい。

並行して、知識の吸収という意味で午後1に限りハードウェア問題も解いてい
きたいとおもう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月30日 04:27 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

バーボン通りの朝(東京・蒲田)

昨日はアメリカ、ニューオリンズのバーボン通りについて書いた。

実は、なんと日本にもバーボン通りならぬ、バーボンロードがあると聞き、
早速探訪しに行くことにした。

蒲田駅に到着。
20150124-02.jpg

蒲田駅は、自宅の最寄り駅から2駅しかないのだが、ほとんど用事がないので、
数回しか降りたことがなく、駅前も素通りしただけである。

蒲田はどんなところなのだろうか…

蒲田駅のマスコットキャラかまどん。ゆるキャラ化されているのだろうか?
20150124-01.jpg

駅前の様子。
20150124-03.jpg

自転車がはみ出して停められている。
20150124-04.jpg

だいたい、街の性質とかがわかってくるわけである。

この辺はフラットなのか、自転車が多い。
20150124-05.jpg

山が多く、駐輪場が少ない横浜駅や桜木町駅周辺とは違うところか。

バーボンロード到着。
20150124-06.jpg

車が1台通れるか通れないかの狭い道である。

いわゆる酒場通りである。
20150124-08.jpg

こんな、日本酒とビールと焼き鳥が似合いそうな街なのに、なんでバーボンロード
なのだろうか?

バーボンロードこと蒲田東急駅前通り商店街のホームページを見ても一切載って
いなかった。

さらにぐぐって、商店街の店主のコメントがあったので読んでみると、
「名前が何候補かあったんですけど、一番洒落てたのがこれだったんで」
とのこと。

適当につけられた名前だということがわかった。

左下に「剛」と書いている店。タイ料理屋である。
20150124-09.jpg

もうちょっと、タイらしい名前を着けてもいいのではないかと思うが、この通りの
雰囲気から、あえてこういう名前にしたのだろうと想像する。

バーボンロードをそれた通り。
20150124-10.jpg

中国整体院があったので入ることにした。
20150124-11.jpg

なかなか気持ちがよく、コリがとれた。

アメリカのバーボン通りはその名の通り、バーボンの似合いそうな通りだったが、
蒲田のバーボンロードは日本酒とビールが似合いそうな通りだった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月29日 04:09 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

バーボン通りの夜(アメリカ・ニューオリンズ)

アメリカのルイジアナ州は、元々フランス領だったのだが、ナポレオンの時代に
財政上の必要から、1803年にアメリカに売却されたという歴史があるため、他の
アメリカの都市と比べても独特な雰囲気があると言われている。

そのルイジアナ州最大の都市ニューオリンズは、ジャズ発祥の地として有名で
ある。

私が宿泊したバーボン・オーリンズホテル。
20130916-117.jpg

バーボン通りはホテルから歩いて数十mの距離にある。
20130916-107.jpg

ニューオリンズは、全米でも治安の悪い街で有名なのだが、バーボン通りの
中は騎馬警官に守られているので、悪党も手を出せない。

とはいえ写真のように、たむろされていると少し怖い。


通りはこのように、カフェやバーが並んでいる。
20130916-108.jpg

アメリカ南部の黒人のおばさんたちが来そうなワンピースも並んでいる。
20130916-109.jpg

騎馬警官もこのようにフレンドリーである。
20130916-110.jpg

通りにあるバーや、飲み屋ではライブをやっており賑やかである。
20130916-111.jpg

バーボン通りは、アメリカでは珍しく、酒を飲みながら歩くことも認められている。

バーボン通りはニューオーリンズきっての観光名所なのであちこちで記念撮影
していた。
20130916-113.jpg

怪しいおねえさんが立っているが、怪しい店ではなさそうである。
20130916-116.jpg

日頃音楽を聞かない旅好きおやじもテンションが上がってくる。
20130916-118.jpg

だいたいのバーには人が立っていたが、呼びこんでいるわけでもない。
20130916-119.jpg

虹色の旗。
20130916-120.jpg

この虹色の旗は、ゲイバーであることの目印だそうである。

そのケがない人が間違って入ってしまうと、ひどい目に合いそうである。

広場のような場所で音楽を聞きながら酒を飲むこともできる。
20130916-122.jpg

ハードロックカフェ。
20130916-123.jpg

ハードロックカフェは、アメリカ南部のダイナーをモチーフにしたレストラン
なので、まさにこのニューオリンズの雰囲気にぴったりである。

酔っぱらいのお姉さんたちが騎馬警官に絡んでいるの図。
20130916-126.jpg

風俗店。入ると十中八九ぼったくられそうな店である。
20130916-125.jpg

ストリップ劇場。旅の記念に入りたかったのだが、金が無く断念。
20130916-112.jpg

立ちんぼ風の女性もいた。
20130916-121.jpg

最後は、治安の悪そうな場所も見てみたのだが、バーボン通りはその名のとおり
の雰囲気を醸しだした、音楽と酒好きにはたまらない街であろうと思った。

ちなみに日本にもバーボン通りというか、バーボンロードという通りが東京の蒲田
にある。

明日はそちらをレポートしてみたいと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月28日 04:01 ] アメリカ | TB(-) | CM(0)

理系のためのクラウド知的生産術

私が日頃モヤモヤ感じていたことを解決してくれる糸口を掴ませてくれた本だった。

この歳になって、歩いていたりボーっとしてたりして、妙案みたいなアイデアが
浮かんできたりするのだが、10分後にはそのアイデア自体が何だったのか綺麗
さっぱり忘れてしまうことがある。

こういったアイデアというのは、1時間や数時間の労働に相当することもあり、
侮れないものがあったりするのだが、そういったアイデアをEvernoteを使って
整理する方法を説明してくれていた。

機能の説明だけの書籍が出回っている中、そういったところに触れられたこの
本はなかなかないのではないだろうかと思う。

あと、機能面ではEvernoteのWebクリップ機能とか、これはEvernoteの話ではな
いが、ブログなどに必ずリンクされているRSSの機能で、ブログをいちいち確認
しに行かなくても、ブログの更新があったらメーラでその記事ごと受信できる話
など時間の節約術について色々説明があった。
(早速、友人何人かのブログについて、メーラで受信設定しておいた)

あと、一番良かった話は、仕事をしていると、頭のなかにあるアレをしなければ、
これを忘れてはいけないという考えが、日に何度もよぎることがあるが、この中
にはつまらないものもあれば、重要なものもある。

これは、頭の中で電話がなり続けている状態と言え、こういったものを全て頭の
外に出すために、クラウドのタスク管理メモRemember The Milkというツールの
話も書かれており、早速試してみることにした。

こういったたぐいのフリーツールは合ったのだが、クラウドでどこでも確認でき
るというのが、活用するにあたって重要なことだとは思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月27日 04:47 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

パスポートの更新

先日、建物を登記証明書をとるために振替休暇を取ったときに、ついでにパスポー
トの更新の手続きもした。

そして、昨日パスポートができたので、神奈川県庁近くのパスポートセンターまで
取りに行くことにした。

ひさしぶりのみなとみらい線、日本大通りで降りる。
20150125-01.jpg

オ、オオオオオー横浜ベイスターズのメロディーが流れていた。

ここは三塔広場とある。
20150125-02.jpg

三塔とはキングの塔(神奈川県庁本庁舎)、クイーンの塔(横浜税関)、
ジャックの塔(横浜市開港記念会館)のことを指し、この三塔を一度に見ると夢が
叶うと言われている。

地上に降りるとキングの塔こと、神奈川県庁がある。
20150125-03.jpg

三塔並んだスポット。
20150125-04.jpg

ちょっと分かりにくいが、県庁(キング)の左にジャック、右側にクイーンの塔がある。

パスポートセンターは駅からツーブロックぐらい先のシルク博物館の近くにある。
20150125-05.jpg

シルクセンターで撮るパスポート証明写真が一番最安値。
20150125-06.jpg

これは信じていい。

私は、先日パスポートを作りに行ったとき、パスポートセンタ内で写真を取ったが
1,800円も取られてしまった。

神奈川県民で、パスポートを取りに行く人はおぼえておいた方がいい。

パスポートセンター入口。
20150125-07.jpg

割と地味の建物の中にある。
20150125-08.jpg

日曜日は受取窓口しか開いていないので、遠回りする。
20150125-09.jpg

新しいパスポートを入手した。

ICチップが搭載されたパスポートに更新。これから10年間よろしくお願いします。

パスポートを受け取ったあとは、山下公園のハッピーローソンで子どもを遊ばせた。
20150125-10.jpg

古いパスポートは、もう既に先日の申請のときに受け取ったのだが、また、
機会を見て、押されたスタンプとかを紹介したいと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月26日 00:23 ] 予定のないシリーズ・ほか | TB(-) | CM(0)

マシニングセンター

エンベデッドシステムスペシャリストの勉強をしていると、2007年の午後1で
ボール盤の問題が、2012年の午後1でレーザ加工機の問題が出題されており
それを見ていたら、大学のときに習ったマシニングセンターのことを思い出した。

マシニングセンターと言えば、私の大学時代の機械工学の授業で習ったという
うっすらとした単語レベルの記憶しか無いのだが、ボール盤という単語から急に
思い出したのである。

当時、何で機械工学の授業でマシニングセンターを中心に勉強したのか意義と
か全くわからずに、ただ単に単位を取りたいがために受講したものなので、
前期・後期の試験ではわけも分からず、どっかのクラブの先輩から譲り受けた
前年の試験問題をコピー機でコピリまくり山を張って勉強し、試験が終わったら
綺麗さっぱり忘れたものである。

そのどっかのクラブの輩は、コピーを出し惜しみしていたが、いま考えたらケチ
くさい謎の行動であった。

このブログを始めてからネタ探しのために理系の本を乱読するようになり、この
マシニングセンターなるものが機械工学の中でも極めて狭いカテゴリの話であり、
マシニングセンターを理解したからといって機械工学が理解できたことにはなら
ないことが、20年ごしに気づいたものである。

それだけ、専門外の授業の勉強などどうでもいいと考えていた学生だったのだ
ろうと今を持って反省している次第である。

マシニングセンターとは、NCプログラム(数値制御)で、工具が自動で交換でき
る金属加工機械で、切削加工をするフライス盤と穴を開けるボール盤の機能
を兼ね備えたものであるということである。

今となっては、こんなことぐらいググって図書館に行ってその筋の本を読めば
知識として取り込めるのだが、当時は与えられたものをこなすことが勉強だと
思っていたという私の意識の問題と、教授たちが上から目線であり、わかって
いない人間に対して教えることについて下手だったことや、私のような学生を
見ても、テストで及第点さえとれていれば、問題視せず単位を与えてきたこと
が問題なのだろう。

大学になったら自分で調べるのが勉強でそれができない学生の方が問題
なのであり、教授の教え方に責任転嫁するなと言われそうであるが。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月25日 04:26 ] 機械工学 | TB(-) | CM(7)

レッドブル

レッドブルという飲み物は、「レッドブル、翼をさずける」というキャッチコピーで
売りだされたが、まだ日本で販売されて10年も経っていない。

私も最近知ったのだが、レッドブルは日本やアメリカの飲み物ではなく、
オーストリアに本社を置く会社の名前でもある。

図書館でレッドブルに関する本を借りて読んでみたのだが、創業者のマテシッツ
という人が、ユニリーバという家庭用品メーカのマネージャをしていたときに、
香港に出張に行ったときに、たまたま新聞で目にした日本の高額納税者のリスト
には、ソニーやトヨタのグローバル企業の社長ではなく、大正製薬の社長が載っ
ていたという。

大正製薬といえばリポビタンDであるが、リポビタンDのような飲み物はヨーロッパ
には無いのに、日本では売れていることに目を向け新市場を開拓できる、これは
ビジネスチャンスだと考え、これまたユニリーバ時代にタイに出張に行ったとき
にタイのエナジードリンクの販売会社とヨーロッパで販売するライセンス契約を
結び、ユニリーバを退職するのである。

マテシッツは、スポーツ選手と長期的なパートナー契約を結び、スポーツを通
じた広告戦略が功を奏し、全世界で52億本も売れるようになったのである。

レッドブル自体は、高い割には別に美味しいわけではないのものなのに、なぜか
たまに飲みたくなる飲み物である。

売り方が非常にうまかったのだろうと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月24日 04:22 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

Newton 注目のハイテク35

Newtonの「ハイテクの世界」の続編のムック本である。

本を読んで笑ったのは、去年のブログで「自動販売機では両替できなくなった?
というタイトルで記事を書いたのだが、その答えが書かれていた。
1997年頃に韓国の500ウォン硬貨を投入し、返却レバーを引き500円玉を取り出す
という犯罪が流行り、これを防止するために富士電機が投入硬貨を一時保留して
返却仕組みを開発したとのことだった。

あと、国産の旅客機が三菱で開発されている話とか、ビデオカメラの手ブレ防止の
ために、手ブレ防止用のレンズが手ブレを打ち消す方向に動くように制御されてい
る話、羽なし扇風機の流体力学を駆使したローテクのようなハイテクのような機器、
高層ビルの高さの限界は1600mまで、ビルの固有振動数はビルの高さ×0.02~3[秒]
なので、地震と共鳴しやすいのは100m~200mの建物で、300m以上のビルは地震
よりも風対策のほうが大変であること、車間距離4mで時速80kmで4台連なって走る
自動運転車など、驚きの技術の紹介もあった。

GPSとか、フラッシュメモリ、タッチパネル、ドローンなどの話は他の本でも読んだこと
があるので知っている話だった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月23日 04:19 ] 電気・電子工学 | TB(-) | CM(0)

戦争博物館 in シェムリアップ(後編)

ソ連製の戦車T54である。かなり錆びついてしまっている。
20140113-26.jpg

1946年にソビエト連邦軍に「中戦車T-54」という制式名称でして採用され、1947年
に量産型が完成し、東側諸国をはじめ世界各国で運用され、数多くの実戦に投入
されたという。

戦車の上蓋には蜘蛛の巣が張っていた。
20140113-91.jpg

20140113-29.jpg

20140113-92.jpg

BM13。ソ連ではカチューシャと言われていた。
20140113-93.jpg

第二次世界大戦においてソ連が開発・使用した世界最初の自走式多連装ロケット砲
である。

ソ連で開発された140mm多連装ロケットランチャーである。
20140113-94.jpg

第二次世界大戦中に赤軍が使用していたもので、ソ連では1963年に後継機が出て
退役したが、カンボジア内戦では使われていた。

ソ連製のヘリコプターMi-8。ソ連製であるが西側諸国でも現役で使われている型である。
20140113-95.jpg

76mm砲。ソ連1945年製である。
20140113-96.jpg

85mm砲。1946年製。
20140113-97.jpg

1975-1979まで現役で、1998年にシェムリアップの西部で壊れていたものを
拾ってきたものである。

観光客の向こうにあるミサイル砲は割と新しそうである。
20140113-98.jpg

地雷除去をするときの衣装。
20140113-99.jpg

お土産物屋で地雷の存在を知らせるボードなどが売られていた。
20140113-30.jpg

でかすぎて持って帰れない。

入場料以外に寄付も受け付けている。
20140113-100.jpg

出口。
20140113-101.jpg

カンボジアの内戦は、ベトナム戦争の影響でベトナム解放戦線がカンボジア国内で
黙認していたシアヌーク殿下が邪魔だったアメリカが、ロン・ノル将軍のクーデター
を支援したことにより、シアヌークが怒り中国の息のかかったクメール・ルージュ
という共産勢力と組み、ロン・ノルと対決することで起こったものである。

カンボジアはベトナムと同様、東西冷戦の犠牲者だったのである。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月22日 04:55 ] カンボジア | TB(-) | CM(0)

戦争博物館 in シェムリアップ(前編)

カンボジアといえば、アンコールワットがまっさきに思い浮かぶのだが、他に有名
な観光地ってどこ?と聞かれると、他のアンコール遺跡群やトレンサップ湖、
ちょっとカンボジアの歴史に詳しい人はキリングフィールドぐらいが思い浮かぶだ
ろう。

カンボジアでは、長年内戦が続いたのだが、そのときの武器や兵器が展示されて
いる戦争博物館という場所があるので、アンコールワットに飽きて時間のある方は、
こちらにも足を運んではいかがだろうかと思う。

トゥクトゥクの運転手に"War Musium"といえば連れて行ってくれるだろうが、
値段交渉は事前にしておくことをおすすめする。

市街地から空港に向かう国道6号線の途中、脇道にそれたところに戦争博物館がある。
20140113-80.jpg

戦争博物館に到着した。入場料$5を払う。
20140113-81.jpg

戦争博物館。爆弾の上にWar Musiumと書かれている。
20140113-82.jpg

まずは、小型の武器から見ていくことにする。
20140113-25.jpg

錆びついた小銃が、内戦時代から時を経たことを物語っている。
20140113-28.jpg

銃の使い方が書いているがキリル文字で書かれている。
20140113-83.jpg

カンボジア人の一介の兵士がロシア語など読めるわけがないと思うので、専ら図
を見て覚えたのだろうと想像する。


地元の観光客や韓国人観光客が多く、韓国人観光客はマナーが悪かったが、
以前、ホームページで紹介したので、ここでは割愛する。
20140113-84.jpg


ベトナム戦争の映画でよく見る、固定式の小銃である。
20140113-85.jpg

地雷や手榴弾なども展示されていた。
20140113-86.jpg

地雷の説明。こちらはカンボジア語で書かれていた。
20140113-87.jpg

次はミサイルコーナへ行った。

手前にある武器は、ソ連製の82mm自動砲。1979年にカンボジアに来たと書いている。
20140113-89.jpg

後ろにあるのはDCA.23mmと書いていた。対空砲である。

82mm自動砲の弾である。
20140113-88.jpg

次に、戦車コーナーに行こうと、芝生を歩いた。

すると、足がぬかるみにヌメっと取られてしまった。
20140113-90.jpg

一瞬、罠にかかり地雷が爆発するのではないかという錯覚に陥った。

さすがにこれは演出などではなく、たまたまだろうが、戦争に駆り出された
兵士たちは、いつ罠にかかるのか、地雷を踏むのか気が気でない日々を過ご
していたのだろう。


(後編へ続く)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月21日 04:52 ] カンボジア | TB(-) | CM(0)

正月太りが治らない

年末の休み前に測った体重が88kgだったのだが、正月で3kg太り、あろうこと
か、この2週間でさらに1kgも太ってしまった。

年末年始は嫁の実家に行って色々と食べ物を勧められたり、運動もしていな
かったので3kg太ったのはよくわかるのだが、年末休み前の生活習慣に戻った
にも関わらず、この2週間で1kg太った理由がよく分からない。

太ったことによる影響として、パンツのゴムが腹に食い込み、腹がかぶれて
痒くなりやすくなったことや、ズボンもきつくなったのである。

とあるアンケートによると、70%以上の人が正月太りをしたと感じているらしく、
正月太りの原因は脂肪が増えたのではなく、塩分のとりすぎ+ゴロゴロしてい
たことによる「むくみ」により水分が増えたために起こると書かれていた。

その説が本当なら、そろそろ解消しても良さそうなものなのだが、全然減って
くれないことが、ここ最近の体の悩みである。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月20日 04:31 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

kid’s us.land港北みなも店

昨日は、嫁が神奈川県民ホールでバレエを見に行くというので、子供2人と
どこかへ行くことにしたのだが、5歳の長女と1歳の次女を連れ歩くにはこの寒空
の中厳しいので、車で行けるところで適当なところを探していると、横浜の都筑区
にある「港北みなも」に子どもを遊ばせるところがあるというので、行ってみること
にした。

港北みなもの外観。この写真はWikipediaのものである。
KOHOKU-MINAMO.jpg

こういった複合商業施設といえば、「ららぽーと横浜」とか「ラゾーナ川崎」といった
三井系のもののほうが馴染みがあるのだが、この港北みなもは三菱系である。

駐車場は6Fだてて、既に5階まで埋まっていた。

目的のkid's us. landは3Fにある。12:30に入ったのだが昼時なのか空いていた。
20150118-01.jpg

保護者1人500円、子供1人1,000円で入れる。

子供のほうがお金がかかるのは、子供の数に応じて施設を消耗するからな
のだろうと、妥当な課金体系に妙に感心してしまった。

長女は入るやいなや、入り口にあるトランポリンで遊びはじめた。
20150118-02.jpg

子どもを遊ばせている間、パソコンで時間を潰したり、
20150118-03.jpg

カラオケができたりする。
20150118-04.jpg

アスレチック。
20150118-05.jpg

レーシングゲームや太鼓の達人など、園内にあるゲームはタダである。
20150118-06.jpg

こういった飛行機のようなのりものもタダ。
20150118-07.jpg

安価で子どもを長時間遊ばせることができるのはなかなかいい。

昼過ぎになり、園内も混み始めた。
20150118-08.jpg

お父さんも疲れて眠っている。
20150118-09.jpg

私も、子どもを遊ばせながら、タダのマッサージチェアーでくつろぎながら、
本でも読もうと思って来たのだが、やはり次女に目が離せずくつろぐことはでき
なかった。

2時間半が過ぎ、長女も次女も疲れたことだろう。
20150118-10.jpg

最後にビンゴ大会があるというので、ビンゴをやった。
20150118-11.jpg

ビンゴ大会で3時間を10分ほど、オーバしてしまった。

ルールでは親子揃って合計200円支払わなければならないのだが、精算時に
おまけしてもらった。

3時間みっちり遊ばせることができたが、やはり次女がもう少し大きくならないと
目を離してくつろぐのは難しいと思った。

家に帰って2人を風呂に入れると、ぐっすり眠ってくれた。

これで、嫁が帰ってくるまでの間、1人の時間を過ごす旅好きおやじであった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月19日 04:14 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

建物の登記証明書を取りに法務局へ行く

去年マンションを購入したとき、一部の資金を親に援助してもらった。

元々は自己資金だけで買う予定だったのだが、親が負担してくれるというし、
また、住宅取得目的で親から生前贈与してもらっても税金がかからないと
いうことで、税金がかからない上限額である1,000万円負担してもらったので
ある。(省エネ住宅の場合上限1,000万円、それ以外は上限500万円)

親の存在というのは本当にありがたい限りである。

ちなみに普通に1,000万円もらった場合、平成26年12月31日までの場合、
231万円も国に税として持っていかれる。

親子間の金のやりとりなど、いちいち税務署に報告しない人もいるそうだが、
それは、脱税であり立派な犯罪である。
法律に則り1,000万円も贈与を受けられるのはありがたい制度である。

この手続きは、2月16日から始まる確定申告で行うのだが、必要書類の中に
建物の全部登記事項証明書が必要ということで、先週の水曜日、会社の
振替休日を利用して法務局に行った。

建物の全部登記事項証明書は、インターネットでも請求できて、かつそちら
のほうが安上がりなのだが、法務局など普段行くこともないし、ものは経験な
ので、法務局に手続きに行くことにした。

横浜の鶴見区民の場合、横浜法務局の神奈川出張所まで行かなければな
らず、最寄りの京急線の子安駅で降りた。
20150115-01.jpg


駅を降りると線路と線路の谷間のような場所で、このように地下トンネルで向こう
岸に行く。
20150115-02.jpg

地下トンネルを出ると屋台の後ろに商店街の看板があった。
20150115-03.jpg

看板に書かれている絵は、落書きなのか元々のデザインなのかよくわからない。

法務局まで200m。
20150115-04.jpg

ちなみに、私が千葉に住んでいた頃の会社のお客さんでモンゴルパブによく行く
人がおり、その人が法務局に行くという話をしていたことがあった。
何で法務局なんかに行く用事があるのかとそのときは思ったのだが、後にモンゴ
ルパブで知り合った嬢と結婚するとのことで、国際結婚の手続も法務局で行って
いたとのことであった。

ちなみに、そのお客さんは結婚後、金づるとしてモンゴルに仕送りしまくって、
結局お金を騙し取られてしまったのである。

京急沿線にありがちな昭和の街並み。
20150115-05.jpg

法務局に到着。
20150115-06.jpg

建物の中に「入口」の法務局。
20150115-07.jpg

建物の入口はここしか無く、建物の中にこのような看板があっても意味がないの
ではないかとこのときは思ったが、恐らくこれは建物の外で、法務局の場所を示
すためにだすための看板なのだろう。

建物の全部登記事項証明書は身元の証明書が必要なわけではなく、必要書類
と証紙代の600円を払い、あっけなく取得できた。

多分、法務局に来ることは一生のうちでもう無いだろう。

そういう意味では、インターネット手続きよりも100円高い、窓口手続きができて
よかった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月18日 03:35 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

津波災害

2010年に起きたチリ沖地震津波で、避難勧告が出されたにも関わらず、実際
に避難した人は3.8%に過ぎなかったことがきっかけとなって、2010/12に
この本は出版されているのだが、この本の出版の3ヶ月後に3.11東日本大震災
が発生し、津波被害が起きたのである。

この本の中には、三陸沖の津波は最も警戒しなければならないことが書かれ
ている。

結局、警鐘を鳴らす人がいたとしても、それをちゃんと受け止めて避難行動
につながらないことが問題で、どれだけ人々に津波の被害の恐ろしさを伝え
るかが課題であるということも書かれていた。

確かに、私もあれだけの大惨事を目の当たりにしても、避難についてちゃん
と考えていなかったので、こういう本を借りたわけである。

東京湾も例外ではない。

例えば1703年の元禄関東津波では、横浜の野毛で3-4mの津波が来たとされて
いるのである。

津波と通常我々が言っている海の波というのは別物であることをちゃんと把握
しておく必要がある。

津波は通常我々が言っている波とは違い、長周期の波なので、我々人間ぐらい
のスケールで見ると、ただの早い水の流れであり、その水には砂や色んな物が
混じっており、秒速1~2mのスピードで流れてくるので、たとえ50cmの津波でも、
濡れたサンドペーパ状態になり、足をやけどしたりするし、1mにもなると立っても
いられないほどの力が加わるということも分かった。

あと、津波は波であり、岸にあたって屈折や回折、反射が行われ、波同士が
合成され、レンズのように振幅が増大したり、方向が計算ではなかなか予測
がつかず、経験則に頼らなければならないことも分かった。

そういう経験則が、三陸沖とか中南海地震での過去からの言い伝えにであった
りするのである。
また、津波の発生にも周期があることが、地層などの研究からもわかっている。
前回の津波の際、人的被害がなかったら津波の発生自体記録されていないわ
けであるから、今まで津波がなかった土地だからと言って安心できないことも
分かった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月17日 04:19 ] 地球科学・天文学 | TB(-) | CM(0)

衆議院の議席推移を見て(3/3)

昨日の続きである。自民党に対する批判がつづき、民主党に政権交代したわけで
ある。

この後、国民たちは自分たちが政治をナメているとどういうことになるのかというこ
とを、身を持って体験したのではないだろうか。


第45回解散総選挙(2009年8月30日)

Japanese_General_election,_2009_ja_svg

麻生内閣 のときの解散総選挙である。
前回の総選挙から約4年、小泉が退いたあと、安倍、福田、麻生と来たわけで
ある。
この4年で私の私生活も大きく変わったわけであるが、それはさておいて、政治
や世の中の仕組みについて色々と勉強したわけである。
マスコミが政治家の些細な事にいちいちうるさいこと、日本や世界の戦後史や、
共産党や労働組合の歴史も学び、民主党はヤバイだろうと思ったので自民に入
れることにした。

しかし、世の中のムードは「民主に政権を取らせてもいいだろう」となり、結局、
民主党が政権を取ってしまうのである。

3年3ヶ月の悪夢の始まりである。


第46回解散総選挙(2012年12月16日)

Japanese_General_election,_2012_ja_svg

野田内閣のときの解散総選挙である。

3年3ヶ月の間、鳩山が日本をメチャクチャにして、連立を組んでいた社民党からも
そっぽを向かれ、続く菅政権では東日本大震災が発生して、後手に回ってしまった。
ちなみに日本では散々な菅直人の震災対応であるが、イデオロギー的な影響の
少ない海外メディアからは一定の評価を受けていたりする。
その後、野田に政権交代し、やっとまともになったかと思ったが、やはり鳩山の
やらかしたことは、国益を大きく損なったということもあり、民主党の評価はガタ落ち
となり、再び自民に政権が戻ったわけである。

日本維新の会やみんなの党など、新しい政党ができたものの、結局民主の二の
舞いにしかならないと思い、私は、消去法で自民を選択した。


第47回解散総選挙(2014年12月14日)

Japanese_General_election,_2014_ja_svg

昨年、第2次安倍内閣のときの解散総選挙である。

アベノミクスの是非や消費税10%への見送りもあり自民の議席は維持された。

私は株をやっていないので、アベノミクスで恩恵を受けたとは思わないし、
評価もしていない。消費増税を機に財布の紐が硬くなった口である。

また、集団的自衛権も独立国家として当たり前の話だと思っており、行使容認
には賛成の立場であるのだが、閣議決定までの進め方に疑問を持っている。

ただ、やはり外交については評価している。

いくら経済が良くなっても、帝国主義国化している隣国の中国に安全を脅かさ
れてはおしまいである。

野党勢力が中国にや韓国に毅然とした態度がとれなさそうなのであれば、
引き続き自民を支持するしかなさそうである。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月16日 04:43 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

衆議院の議席推移を見て(2/3)

昨日の続きである。森内閣で政治不信に陥った後、小泉内閣の時代の2000年代
前半の3回分の総選挙について書く。


第42回解散総選挙(2000年6月25日)

Japanese_General_election,_2000_ja_svg

第1次森内閣 のときの解散総選挙で「神の国解散」という解散名がついたことで
も有名な選挙である。
小渕首相が緊急入院後、森喜朗が就任するも、いわゆる「神の国発言」で野党
から批判が高まり森内閣の支持率が大きく低下し、選挙公示後も第2の名言で
ある「無党派層は寝ていてくれればいい」という発言をし火に油を注ぐことになる。

前回の解散から新進党から公明党が離脱し、自民党と保守党と連立政権を組ん
だ状態での総選挙だが、自民単独過半数に届かず連立は維持された。

その頃、私は入社9年目で仕事が落ち着いていた頃で、まだまだ政治には興味が
なく、自民に入れた。特に自民にこだわりがあるわけでなく、何党に投票しても、
誰に投票しても、おんなじやおんなじやと思っていただけである。


第43回解散総選挙(2003年11月9日)

Japanese_General_election,_2003_ja_svg

第1次小泉内閣 のときの解散総選挙である。
若手、人気重視の内閣で、北朝鮮拉致事件の対応等で人気が出始めた頃でも
ある。
民主党が小沢の自由党と合流し、「マニフェスト」などという言葉も出てきた。
この選挙ではほとんど落選者が出ず閣僚が全員再任された。

その頃、私は転勤して2年経っていた。
政治に興味を持ち始め、劇場型の小泉に違和感を覚えながらも自民党に投票
した。


第44回解散総選挙(2005年9月11日)

Japanese_General_election,_2005_ja_svg

第2次小泉内閣 のときの解散総選挙である。
この頃になると、小泉の国民的人気は不動のものになっていたのだが、なぜあん
なに人気があったのかよく分からず、郵政改革にばかりこだわっている理由もよく
分からなかった私は、当時会社の労働組合が民主党を非常に推していたこともあ
り民主党に投票した。

結局、小泉人気は非常に高く単独過半数となったわけである。

今考えたら、民主に入れたのは浅はかだったとしか言いようがないが、それだけ
実績に比べた小泉のあの異様な人気の高さに、非常な違和感があり、危機感
があったのも確かである。

(3/3に続く)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月15日 04:38 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

衆議院の議席推移を見て(1/3)

たまたま、Wikipediaで衆議院の解散について調べてみると、各政党の議席数の
円グラフを見つけた。
この円グラフは今回の解散総選挙だけではなく、戦前の第1回総選挙の分から
あった。

グラフを眺めていると、自分が選挙権を得てからも、議席数や政党に変化があり
勉強がてら、ちょっと振り返ってみたいと思い、Wikipediaや関連する本を読んで
勉強したのでまとめてみた。

私が選挙権を得たのは1991年であるが、選挙権を得る前の1990年の第39回解散
総選挙あたりから書いてみることにする。

9回の総選挙があったので、3日に分けて見てみたい。


第39回解散総選挙(1990年2月18日)

Japanese_General_election,_1990_ja_svg

第1次海部内閣のときの解散総選挙で、1989年の消費税導入後の初の総選挙で、
自民にとって厳しい戦いになることが予想されたが、同じく1989年からの東欧民主
化やソ連崩壊が進んだことで、争点を「体制の選択」に設定することに成功したた
め、前年の社会党のマドンナ旋風が吹き荒れず、自民の議席減が最小限に留
まった選挙だった。

その頃、私は大学生の頃は政治に全然興味は無く、ニュースは見ていたので、
当時の世相や政治家に誰がいるかぐらいは知っていたという状態で、「ふーん」
程度の感想であった。


第40回解散総選挙(1993年6月18日)

Japanese_General_election,_1993_ja_svg

宮澤内閣のとき解散総選挙。金丸信が去ったあと金権政治問題がクローズアップ
されていた頃で、金権政治に結びつきやすい中選挙区制から小選挙区制への
移行が争点だったのだが、宮澤首相が党内の意見をまとめきれず、造反が起き、
小沢一郎や羽田孜が新生党を、細川護煕が日本新党、武村正義と鳩山由紀夫が
新党さきがけを作り、自民・共産以外の政党が大連立をして細川内閣が誕生した。

その頃、私は入社1年目で大学の時から引き続き政治に全然興味は無かったが、
親に選挙にはいけと言われていたので行ったのを覚えている。
何党に投票したかすら覚えていない。


第41回解散総選挙(1996年10月20日)

Japanese_General_election,_1996_ja_svg

第1次橋本内閣のとき解散総選挙。1993年に自民が敗れたのに何で自民の橋本
龍一郎が首相をやってるの?と思う人がいるかもしれない。
細川を首相とする連立政権だったが、細川自信の金の問題(佐川急便問題)や、
その後の羽田孜が連立政権から日本社会党の影響力低下を目指して衆院会派
を作ったのだが、日本社会党に連立を離脱され羽田内閣は少数与党となり、
あろうことか日本社会党が自民党と組んでしまったのである。

このとき、新生党、日本新党も、古株の民社党や、公明党を取り込み新進党という
新政党が結成される。

その後、村山富市が首相をするのだが、公約の反対の消費税値上げや、阪神淡路
大震災での自衛隊出動の遅れがあり、政権担当能力なしと判断され、求心力を失
い自民の橋本が首相をしたのである。

また、この頃、自民にいた菅直人と鳩山の新党さきがけという、最悪コンビが
民主党を立ち上げ、日本社会党を見限った党員の多数、自治労、日教組の支持を
得たのである。

日本社会党は壊滅状態となり、社民党となる。

その頃、私は入社4年目で仕事が忙しくなり始め、選挙どころではなかったのだが、
政治に特に不満もなかったし、政党が再編されわけがわからないし、小沢の顔を
見ているとどう考えても善人ではなかったことも手伝って自民に入れた。

(2/3に続く)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月14日 04:51 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

祭り屋(神奈川県大和市)

3連休のなか日は1人になれたこともあり、神奈川県の大和市の桜ヶ丘駅周辺に
激安の食堂があるというので行ってみることにした。

小田急線桜ヶ丘駅に到着。
20150111-01.jpg

桜ヶ丘というと、横浜の映画館でしつこいぐらい「ミソラの森」というマンションの
CMを観たので頭にこびりついているので、あちらは横浜市の桜ヶ丘で、こちら
は隣の大和市の桜ヶ丘である。ややこしい。

改札を出て、東口側を出て、目指す「祭り屋」という店に向かう。
20150111-02.jpg

桜ヶ丘駅はこじんまりした一般的な駅である。
20150111-03.jpg

駅を出て2~3分すると、その店は見えてくるのである。
20150111-04.jpg

POPで目立つこの店が「祭り屋」である。結構年季が入っている。
20150111-05.jpg

屋台の上には植木が飾られており、もう屋台としては機能していないようである。
20150111-06.jpg

で、よく見ると焼き鳥1本30円、たこ焼6個180円。いずれも破格である。

他にも、チョコバナナ50円、ビーフカレー80円、ソースカツ丼390円、おでん60円。
20150111-07.jpg

なぜかうさぎも飼われている。
20150111-08.jpg

ピータラビットで有名な、ネザーランドうさぎとかなにかこだわりがありそうだ。

店の中に入ると、中に屋台があった。
20150111-09.jpg

張り紙のメニューを見ると圧倒されるが、驚くべきはそれぞれの価格の安さである。
20150111-10.jpg

月見うどん150円、醤油ラーメン180円、カレー280円、餃子5個130円と、
店の中だけでなく、価格までもが昭和のままである。

水槽に「さざえつぼ焼 280円」。頼んだら水槽から取って料理してくれるのだろうか。
20150111-11.jpg

内装はドナルドダックとかトゥイーティーの風船のおもちゃが飾られている。
20150111-13.jpg

ちなみにこの風船のおもちゃも「ディズニー 200円」として売られていた。
20150111-14.jpg

ちなみにトゥイーティーは、ディズニーではなくワーナーアニメなのだが、この店
に入ってしまうと、そんなことどうでも良くなるのが不思議である。
この大雑把さがこの店のいいところである。

180円のたこ焼を頼んでみた。この味なら400円ぐらい払っても良さそうである。
20150111-15.jpg

水はセルフサービスなのだが「水道水」と明記しているところが面白い。
20150111-16.jpg

気に入ったので、レバ刺し(200円)と、青森名物つゆもち(100円)も頼んだ。
20150111-17.jpg

常連客と店主の会話を聞いていたのだが、メニューに書かれているもの以外にも
裏メニューなどもあるらしい。

大和市という郊外にある店なので、交通費のほうがかかってしまうのだが、
B級スポットファンとしては、行くべきだろうと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月13日 04:37 ] サービス | TB(-) | CM(2)

県立川崎図書館

私の家から自転車で無理なくいける範囲に3つの図書館がある。

ひとつは横浜市立鶴見図書館、もうひとつは川崎市立川崎図書館、最後の1つが
神奈川県立川崎図書館である。

私は川崎市民ではないため、川崎市立川崎図書館では本を借りることができず、
専ら横浜市立の鶴見図書館で本を借りている。
(たまに野毛山の中央図書館に行くこともあるが)

横浜市立の図書館は、大学図書館を除いて国会図書館に次ぐ全国2位の蔵書数を
誇るので、ここ1~2年の新刊を除いて大概の本は探すことができるので、あまり
不便はしていないのだが、気分転換に、県立図書館の方に行ってみた。

県立図書館といえば、千葉のように市立図書館に比べ蔵書が少ないものなのかと
思っていたが、IT関連やビジネス書の蔵書が豊富にあった。

また、この県立図書館ではサイエンス・カフェもたまにやっている。

11月に制御工学についてのサイエンス・カフェがあったりして、自分に興味のある
テーマなら参加したいのだが、平日開催のものが多く、会社を休んでまでとは思わ
ないので、土日で良い物があれば応募してみたいと思う。

20141103-03.jpg

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月12日 04:46 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

2015年の出初式

年が明けてまだ2週間も経っていないのだが、1週間会社に行き日常モードに
戻ってしまい、正月気分など消し飛んでしまっている今日このごろであるが、
昨日は横浜の鶴見駅近くにある總持寺で行われた出初式に行き、また正月気分
を取り戻すことができた。

總持寺には横浜の鶴見駅から向かう。
20150110-01.jpg

いつも見ている日常の風景なのだが、こうやって記事にすると違った感覚がある。
20150110-02.jpg

徒歩5分程度で總持寺に到着。1週間前にも正月の参拝で来たばかりであるが。
20150110-03.jpg

横浜は寺社仏閣が少なく、初詣に行く場合、横浜の人でも川崎大師や鎌倉の
鶴ヶ岡八幡宮に行くことが多いと言われているが、總持寺のような立派な仏閣
も一応はある。

あと、全国的な話としては、このお寺では毎年節分で石原軍団が来て豆まきを
することでも有名である。
今年は無理だが、いつか石原軍団の豆まきをレポートしたいと思っている。

お寺の中に向かう。
20150110-04.jpg

昔ながらの纏の隣ではココアも振る舞われていた。
20150110-05.jpg

出初式の挨拶が長く、子供がぐずったりウロウロしていたりしていたが、
こういった挨拶も大人の事情でちゃんとやらないといけない。

これは子供には理解不能だろう。

ようやく出初式が始まった。
20150110-06.jpg

消防車の行進。
20150110-07.jpg

色んな消防車が見られたが、中には米軍の消防車もあり横浜らしかった。

潮田中学校のマーチングバンドの皆さん。全国大会一位だそうである。
20150110-08.jpg

出初式の最後のほうで、民家を模した大道具が出てきた。何が始まるのだろう。
20150110-09.jpg

鶴見区鶴見2-1、つまり總持寺で落雷があり自動車事故が起き、そこから飛び火し、
民家に火の手が上がったという想定での救出訓練をやるというのである。

民家から出火した。
20150110-10.jpg

この出火は消火栓にホースを繋ぎ放水することで鎮火した。

私もこれを見て初めて知ったのだが、消火栓はだれでも使えるそうである。
こういうことを知っていれば火事に出くわしたときに多少は協力もできるのだろう。

1Fの火事は鎮火したのだが、今度はなぜか2Fからも火の手が上がる。
今度の煙は1Fの煙と違い黒煙だった。(写真上は白いが)
20150110-11.jpg

家には梯子がかけられ、被災者2名を無事救出。

今度は、歩けなくなった人の救護ということで、家に斜めに張ったロープから救出。
20150110-12.jpg

人がみんな救出されたあとは、家に放水。
20150110-13.jpg

火が消えたあとは、全国のどこでも見られる一斉放水である。
20150110-14.jpg

なぜか、ベイマックスのテーマ曲が流れてきた。BGMは毎年違うのだろうか。

1時間ちょっとだったが、せせこましい日常から再び正月気分を取り戻すことが
できてよかった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月11日 01:38 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

子供の年代別 大学に行かせるお金のため方

私には2人子供がいるが、漠然と大学まで行かせたいと思っている。

一応、2人とも学資保険に入り、満期にはそれぞれ3百万円を受け取るようには
しているが、もうちょっと突っ込んでおこうと思い本を借りた。

子供1人にかかる学費は、幼稚園から大学まで国公立の場合771万円で済むが、
全て私立だと2,228万円となる。

全部国公立に行かせたいところだが、横浜市は幼稚園が私立しかないので選択
肢がなく、また高校、大学は私立に行く可能性もあるとした場合、

1人あたり1,300万円かかる。

本で説明されているライフプラン表(子供が大学を卒業するまでの収支予定表)
を試しに作ってみた。

収入は去年と同程度、生活費や娯楽費など学費以外の支出は去年の80%
(去年は新居のための出費が多かったので)とし、2人とも、小学校と中学校
は公立で、幼稚園、高校、大学は私立として、学資保険のお金を入れても、
長女が大学に入ってから、自分が57~60歳の間は、収支で若干赤になること
がわかったが、次女が大学に入る頃には定年になるので、すごい勢いで資産
を食いつぶし、老後に必要であろう資金が不足することも分かった。

この試算は、ざっくりとやったため、退職金や、定年後の再就職したときの給与
収入、年金などは含めていないので、ちょっとずつ精度を上げていきたいと思う。

この本で説明されている次の教育費の落とし穴に注意しながら。
 ・子どもが中学受験をしたいと言い出す。
 ・高校受験に失敗し私立高校へ(3年で159万円の差)
 ・浪人(予備校代50~70万円)
 ・大学院へ




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月10日 04:08 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

注意!!幼児だけで風呂に入れるのは非常に危ない

土日は2人の子供を風呂に入れるのは私の役なのだが、一緒に風呂に入らない
で子供だけを浴槽に入れて自分は他のことをしていることがある。

今週の日曜日も、長女と次女を風呂に入れて、5分おきぐらいに浴槽にチェッ
クしにいけばよいかと思いながら、自分は居間でパソコンをしていた。

5分して風呂から声が聞こえないので、見に行ってみると長女がお湯が入っ
た浴槽でうつうつとしているのである。

ハッと思い、長女には風呂で眠らないように注意した。

長女には注意したものの、悪いのは親である私である。

風呂で溺死するという事故は老若男女含めて、年間1万件程度おきており、
小さい子供だと15cm程度の深さでも溺死する可能性があるという情報をネッ
トで見てぞっとしてしまった。

眠るということもあるのだが、血圧に影響し失神してそのまま沈んでしまう
ことがあるそうである。

翌日そのことを妻に話すと、妻もたまに子供を風呂に入れて目を離すことが
あるそうで、2人揃って猛省した。

この記事を見られた方で、もし同じようなことをやっている人がいるので
あれば子供だけで風呂に入れるのは危険なので、注意してほしいと思う。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月09日 04:15 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

1歳11ヶ月の次女

うちの次女は来月で2歳になるのだが、出てくる言葉が「おいしー」、「パパ」、
「バイバイ」、「どうぞ」ぐらいで、おかあさんといっしょとかテレビのセリフを真似
るぐらいであり、二語文はおろか、親の言っていることをちゃんと理解できてい
ないようである。

長女が言葉を発し始めたのが1歳7ヶ月で、2語文が2歳2ヶ月だったので、
それよりも遅い。

標準的には2歳の誕生日ぐらいで8割ぐらいの子が2語文を話し、親の言って
いることも理解すると聞いている。

言葉の習得は個人差が大きいので、まだまだ大丈夫であるが、少し心配である。


参考サイト
言葉と理解
http://development.kt.fc2.com/words.html

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月08日 04:24 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

成田・芝山町への旅(後編)

暗かった成田の歴史を学んだあとは、子連れにもおすすめスポットの航空科学
博物館に入った。
20141227-36.jpg

博物館の外にはこのように昔の航空機が展示されている。
20141227-37.jpg

中にも入ることができる。
20141227-38.jpg

席が片方によっていて重心をが傾かないのだろうか。

コックピット。
20141227-39.jpg

今ではかなり電子制御されている飛行機だが、当時はメカニックな部分も多かった
のだろう。

新聞社の飛行機やヘリコプターなども展示してあった。
20141227-40.jpg

館内に入る。
20141227-41.jpg

ボーイング747のフライトシミュレータなどもあるが、人気で満席である。
20141227-42.jpg

飛行機も展示されている。スミソニアン航空宇宙博物館のようだ。
20141227-43.jpg

キャビンアテンダントのリカちゃん人形。当時の呼び方はスチュワーデスか。
20141227-44.jpg

飛行機の輪切り写真。
20141227-45.jpg

フライトシミュレータ。子どもにやらせたら喜びそうである。
20141227-46.jpg

今はなきパンナム航空のアメニティ。
20141227-48.jpg

空港のミニチュア。モニタに写っているのは実際の成田空港の予定。
20141227-47.jpg

展望台に登り、空港を見渡す。
20141227-49.jpg

なかなか楽しい博物館であった。

今度来るときは、子どもがもう少し大きくなってから来てみたいと思う。

帰りは、芝山鉄道ではなく、東京行きの高速バスに乗る旅好きおやじであった。
20141227-50.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月07日 04:41 ] 千葉県 | TB(-) | CM(0)

成田・芝山町への旅(中編)

昨日からの続きである。

なぜ、芝山町なようなところに来たのか、それは成田空港の建設をめぐる歴史を
学ぶために来たわけである。

「成田空港 空と大地の歴史館」のある、航空科学博物館前に到着。
20141227-22.jpg

空港敷地の直ぐ側にあるので、このように飛行機の発着が激しい。

はにわのオブジェ。
20141227-23.jpg

芝山町では、5世紀から7世紀ごろまで作られた古墳群があり、埴輪などが多数
出土している場所でもある。

そういった古代の歴史もあるのだが、この周辺の歴史で大きいのは成田空港建設
をめぐる近現代史である。

「成田空港 空と大地の歴史館」。
20141227-24.jpg

入場は無料である。館内に入るとしおりを渡された。

入ると「みんなで守ろう我が郷土 東反対同盟」という看板があった。
20141227-25.jpg

1960年代、日本は高度経済成長期に国際化に伴い羽田ではキャパオーバになり、
政府が羽田に代わる国際空港の建設を計画した。
当時、空港の候補地としていろいろな場所があがったのだが、用地買収が難航し、
時の政府が、建設予定地を成田市の三里塚にすることを閣議決定した。

その時の政府の地元農民に対する説明が不十分だったこともあり、反対運動が
起きたのである。

そこに、当時学生運動をやっていた過激派が乗り込み流血騒ぎに発展していくの
である。

当時の電話とか帽子。
20141227-26.jpg

当時の週刊文春の記事。中身を見てみたが文調は現在に通じるものがある。
20141227-27.jpg

成田空港建設当時のレコードのジャケットとか、週刊誌、新聞など。
20141227-28.jpg

ananなんかもあった。その下は「日大闘争」。
20141227-30.jpg

脱線するが、ananの誌名は創刊当時モスクワ動物園で飼育されていたパンダの
名前で、一般公募によって東北の男子高校生の案が選ばれたそうである。
なぜ、東北の男子高校生が応募したのかは謎であるが。


一木運動の様子。
20141227-29.jpg

空港用地の立木一本ずつを売買契約し、登記して、このように所有者の名札を下
げ、新東京国際空港公団の用地取得を困難にしたと言われている。

この地域では、このようなドラム缶に「空港粉砕」と書いたりして反対運動をしていた。
20141227-31.jpg

過激派のヘルメット。
20141227-32.jpg

こうしてみると圧巻である。

地元の子供たちも反対運動に加わっていた様子。
20141227-34.jpg

当時の日本はまだ先進国になる前であり、役人なども未成熟だったわけで、
自分たちの住処や仕事場である農場の近くに何の説明もなく急に空港を建設し、
立退けと言われると、このように反対活動が起きるというのは当然の話である。

しかし、過激派(学生運動の成れの果て)と言われる人たちがこの反対運動に
便乗し、当時の日本政府に対して暴力的な活動をしていくわけである。

最初は純粋な気持ちで学生運動をしているということで、国民の支持もある程
度得られていたらしいが、過激派になってから色々と暴力殺人を犯し、さらには、
仲間内で殺し合いをするという狂人的な集団となり、国民の支持を得られなく
なってくるのである。

写真は内ゲバで過激派同士で仲間を生き埋めにした後の、現場検証での写真。
20141227-35.jpg

流血の末、過激派はついに成田の管制塔を占拠する。
20141227-33.jpg

デモ隊は結局鎮圧されるが、この管制塔占拠のため、成田空港の開業は約2ヶ月
遅れてしまうのである。

この成田空港の出来事は、国際的な教訓となり、諸外国の空港建設計画に反映
されているし、日本国内でも反対運動で安易に左派とは関わらないようにしようと
いう空気ができたと言われている。

駅から空港とか、バスや車で空港に向かう際、身分証の確認があるが、これは、
過激派のチェックのために行われているもので、成田空港でのみ行われている
ものであり、羽田空港では行われていない。

成田空港では、まだまだ用地が飛び地になっていたり、滑走路が開業できてい
なかったりするわけであるが、技術が進み羽田でも滑走路を増やせるようにな
り、羽田の国際空港化が進んだため、成田空港増設の意義は薄れているらしい。

学生運動や成田反対で反社会的活動をしていた学生たちは、徐々に活動の場を
失い、教師になって子供たちに反日教育をするもの、沖縄の基地の外で米軍基
地の器物を損壊するもの、反原発運動の高まりを好機と見て反原発を訴えなが
ら活動を活発化させる一方で自派の機関紙やビラを配布するなどの宣伝活動を
するものとなり、地味に活動を続けているのである。

(後編に続く)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月06日 04:20 ] 千葉県 | TB(-) | CM(0)

成田・芝山町への旅(前編)

年末年始休暇の1日目の12/27、嫁と娘2人が嫁の実家に帰るのだが、首都高を
通るというので心配になり、千葉までついていった。

嫁の運転は問題がないことを確認し、千葉で別れ成田空港に向かった。
20141227-01.jpg

空港大好き、海外旅行大好きな旅好きおやじであるが、今日の目的は海外旅行
ではなく、空港周辺に用事があるのである。

この風景を見ると、まっすぐに空港に向かいたくなる・・・
20141227-02.jpg

じゃなくて、右にあるこっちに用事があるのである。
20141227-03.jpg

『京成線 東成田駅への連絡口』。この先、カートはご遠慮くださいの看板が立っていた。

入ってみると長いトンネルがあるのである。
20141227-05.jpg

京成 東成田駅まで500m。
20141227-04.jpg

京成線で成田に行く場合、通常ならJRと同じく「成田空港駅」と「空港第2ビル駅」
があり、空港にアクセスするわけであるが、これらの2駅ができたのはそれぞれ、
1991年、1992年と割と新しく、それまでの間、東成田駅が成田空港駅だったのである。

彼女に会った。というポスターがあった。
20141227-06.jpg

おそらく1990年代、役目を終えた旧成田空港駅を最後にずっとこのまま貼られて
いるのだろうか。

他にも色あせたポスターが1枚貼っていて、他には芝山町という成田市に隣接する
市町村のゆるキャラのポスターが貼ってあった。
20141227-07.jpg

500mのトンネルを歩き、東成田駅に到着。トンネルの入口には空港第2ビルへの
連絡口があった。
20141227-08.jpg

前を歩いている、野暮ったいジャージをきた女子高生が地上に上がっていったので
地上にも上がることができるのかと思い、上に上がってみた。

成田空港第4ゲートとあった。
20141227-09.jpg

東成田駅が成田空港駅だったころ、第4ゲートから連絡バスを利用して空港敷地
に移動していたため、バスに乗る前にここで検問をしていたそうである。

検問に関するお願いの看板には「新東京国際空港公団」の文字が。
20141227-10.jpg

2004年には公団が株式会社化されているが貼り替えられていない。

ここでは時間の流れが止まっているかのようである。

目的の芝山鉄道線に乗り、芝山千代田駅に向かう。
20141227-11.jpg

東成田駅の駅名プレート。
20141227-12.jpg

駅構内。物騒な感じである。
20141227-13.jpg

椅子もなんとなく懐かしい形をしていて昭和っぽい。
20141227-15.jpg

特別警戒中の文字が。
20141227-14.jpg

成田といえば歴史的経緯から、極左暴力集団が色々とテロ行為をしておりいまだ
警戒が解けないでいるのである。

とはいえ、警備員的な人はいなかった。だれもいないのに特別警戒中ってどういう
ことよといった感じである。

電車がやってきた。これから芝山鉄道線に乗るのである。
20141227-16.jpg

芝山鉄道線という路線自体私も初めて聞いたのだが、2002年という割と新しい路線
なのであるが、この芝山千代田駅しか駅がなく、日本一短い路線でもある。

成田空港ができたことにより、空港東側住民の通行が分断されてしまうなどのデメ
リットを補償するために国が建設を約束した鉄道で、京成とは相互乗り入れしてい
るだけで別の会社なのである。

芝山千代田駅に到着。
20141227-17.jpg

ここではPASMOやSUICAなどのICカードが使えず、駅で手続きをしてお金を
払わなければならなかった。
20141227-18.jpg

芝山千代田駅。マークもSRと芝山鉄道のものであり京成のマークではない。
20141227-20.jpg

はにわのふるさと芝山町。昔のNHKのおーいはに丸くんのお馬のヒンベイを思い出す。
20141227-19.jpg

はに丸くんは旅好きおやじが子供の頃、
結構好きな番組だった。

目的地へのバスは1時間近くあと。

待っていられないので、タクシーで向かうことにした。
20141227-21.jpg

(中編へ続く)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月05日 04:37 ] 千葉県 | TB(-) | CM(0)

エンベデッドシステムスペシャリスト午後2を解いているときの自己分析

11月~12月にかけて、エンベデッドシステムスペシャリストの午後1,2の平成24~
26年の3年分の問題を解いた。

午後1については平成26年の問題も含めて60点以上は取れたのだが、午後2に
ついては3年とも60点に到達しない状態である。

エンベの午後2はネスペより難しい。

というのも、ネスペの場合、設問と問題文の章にあたる箇所が完全に対応づいて
いるため、午後1と同じく各個撃破するようなイメージで解けばいいのだが、エンベ
の午後2はそのような対応関係がないため、問題文の全体を記憶しながらでない
と解けない。

後から参考書の解説を読んでから見ると「何だここを見ればよかったのか!」と
なるのだが、解いているときは全体が把握できていないので、よくわからない状
態となり、問題文の色々なところに目移りしはじめ混乱し、時間を浪費してしまい、
時間が少なくなり、適当に答えてしまうのだろうと思う。

できるだけ時間のロスを防ごうと、題材となっている装置の動きとか機能を予め
他の書物などでおさえておけばいいかなと思い、去年はやってきたのだが、
平成26年は「工業用内視鏡」という普段の生活には全く馴染みのない機械が
出題された。

装置の仕組みを勉強するのは楽しいのだが、去年のようなマイナーな機械が
出題されると対応がとれないので、当たり外れが大きく、合格を目指す場合、
非効率だったと思う。

いかに、その場で問題文を正確に読んで把握できる能力を鍛えるかにかかって
いるのではないかと思う。

その場で問題文を正確に読んで把握するために、読解力を鍛えることだが一番
なのだが、読解力は一朝一夕で身につくものではない。
やはり、テクニカルなところに逃げることとして、解答手順をパターン化しようと考
えている。

・何を問われているのかを分類する。
・問題文・設問で何と何が関係しているのかを押さえる。
 例えば、簡単なところでは、タスクの構成図とタスク一欄にある説明は関連づい
 ているし、装置の動作や機能の説明はどのタスクとどのタスクの機能から成っ
 ているのかなどを押さえる。
・装置内のモジュール(部品)ごとで問われていることのパターンを押さえる。
 例えば今回の内視鏡のようなモーターで動く機械だったら、
 モータを使った機器の動作、平成24年の午後2ででた「電動介護ベッドシステム」
 や平成21年の午後2の「便座」のような行って戻ってくる動作とか、
 動画をモニタに映したりする動作なら、他の年度でのモニタに関する出題と
 同じパターンがないかなどを押さえながら学習する。
・設問1に時間がかかっても設問2、3で単独で答えられる場合も多々あり、
 時間が足りないからといって最後まで諦めないようにする。

といった対策や心がけをしたいと思う。

ただ、上に挙げた対策だけやればいいとは思っておらず、もう少しこの3年の問題
と自分が解答した時に至った心理状態や行動を振り返り、ブラッシュアップしてい
きたいと思う

いずれにせよ、午後2での勝負だと思っている。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月04日 04:12 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

肉のまえかわ

年末にサザンのコンサートのため、ブレイク氏が来京してきたのでディープな場所
に行こうということで、東京品川区最大の旅客ターミナル駅である大井町駅の近く
にある「肉のまえかわ」という立ち飲み屋に行くことにした。

どうでもいいうんちくをひとつ。品川区最大の旅客ターミナルって、品川駅では?
と私も最近まで思っていたのだが、品川駅は品川区ではなく港区の駅である。

大井町駅を降りる。
20141229-01.jpg


大井町といえば劇団四季の四季劇場(夏)があり、リトルマーメイドのミュージカル
をやっている。
20141229-02.jpg

大井町にあるりんかい線の、駅の発車のメロディが「アンダー・ザ・シー」や
「パート・オブ・ユア・ワールド」だったりして、このリトルマーメイドを全面に
押し出しているのだが、もともと大井町は下町ゾーンなのでちょっと似合わないと
思う。

駅から徒歩1分、東小路飲食店街に来た。
20141229-03.jpg

昭和の刑事ドラマで犯人が刑事に追っかけられてそうな小路である。
20141229-04.jpg

17時前後、肉のまえかわに到着。開店時間は16時だそうである。
20141229-05.jpg

この店は、元は精肉店だったのだが、今ではこのように立ち飲み屋の専門店となっ
ている。

料理はこのように肉屋のショーケースに入っている。
20141229-08.jpg

肉のたたきや、鳥のささみのような生肉も売っていたりする。
20141229-07.jpg

中国人の売り子が3人おり、この人達に注文をする。
20141229-09.jpg

飲み物は、缶ビールの場合自分で冷蔵庫から出してきてお金を払い、豆腐やサラダ
はショーケースから、焼き鳥については紙に書かれたメニューから選ぶのである。

缶ビール、メンチカツ、豆腐などを頼んで忘年会の開始である。
20141229-06.jpg

熱燗の酒も250円でこのようにコップいっぱいについでくれる。
20141229-11.jpg

ブレイク氏もカウンターで並々につがれた酒を飲む。
20141229-12.jpg

焼き鳥とか色々食べお腹いっぱいになって、1000円台というリーズナブルな値段である。
20141229-10.jpg

こういう立ち飲み屋といえば、西成とか山谷の汚らしい労働者が飲んでいるという
印象があったのだが、この肉のまえかわに来る客層を見てみると、ちゃんとした服装
で、顔つきなどを見ても紳士、淑女であった。

こういった雰囲気を楽しめるということで来ているのだろう。

18時頃に店を出る頃には、客が店の外にまではみ出しており、繁盛していた。
20141229-13.jpg


参考サイト
Web冷え汁「大井町「肉のまえかわ」はプロフェッショナルなコスト意識に裏打ちされた名店である」
http://oshienai.com/?p=261

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月03日 04:41 ] サービス | TB(-) | CM(2)

バンクーバの朝日

年末にブレイク氏と川崎のチネチッタで観た映画である。

戦前にカナダに実在した日系人野球チーム「バンクーバ朝日」を題材にした映画
である。

実際にカナダで殿堂入りしたチームなので、どんな感動物語が描かれるのだろう
か期待してみたのだが、残念ながら駄作だった。

おおまかなストーリについては特に文句はない。

海を向こうのバンクーバに渡った日本人たちが現地で差別され、その悔しさを糧
に頑張りカナダ人の野球チームをやっつけるというものである。

しかし、こまかいところで突っ込みどころが満載である。


まず、出てくるカナダ人たちが生ぬるいのである。

戦前の白人たちの有色人種への差別は半端ないと聞くが、労働中に無駄口を叩
いても口頭で注意するだけである。ハリウッド映画ならフルボッコにするぐらい
徹底的にやるはずである。

また、カナダ人チームに勝てなかったバンクーバ朝日が急に白人に勝てるように
なったきっかけが非常に薄っぺらく、主人公の妻夫木聡がたまたまバントで当て
たのをきっかけにひらめいて、試してみると点が取れ、次の試合では勝てたとい
うものである。

そんな安易な形でたまたま勝てたとしても、何回もやっていると、相手チームも
対策をしてくるはずであるが、そんなこともなく連戦連勝を続け、しまいには
優勝してしまうのである。

このような描き方だと、優勝した有り難みも感じられなかった。

そんなストーリでこれで終わりかとモヤモヤしながらみていたのだが、優勝した
後、1941年12月7日(カナダ時間)に日本の真珠湾攻撃により、カナダにいた日
系人たちは敵性外国人として強制収容所に入れられ、その後バンクーバ朝日は
二度と結成されることはなかったという流れになった。その部分についてはなか
なか引き込まれた。

ストーリの細かい部分はいまいちだったが、映画のセットとはよかった。
あと本上まなみとか宮崎あおいとかギャラの高そうな女優が出ている割には、
セリフが少なく違和感があった。
vancouvernoasahi_2014.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2015年01月02日 04:18 ] 邦画 | TB(-) | CM(2)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2015年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



読書メータ
旅好きおやじさんの読書メーター 旅好きおやじさんの読書メーター 旅好きおやじの今読んでる本 旅好きおやじの最近読んだ本
ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
183位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム