旅好きおやじの日記 TOP  >  2016年06月
月別アーカイブ  [ 2016年06月 ] 

≪ 前月 |  2016年06月  | 翌月 ≫

森永エンゼルショップ

横浜市鶴見区を代表するメーカの一つに森永製菓がある。

この森永製菓の工場の前を休日などに通ることがあるのだが、工場の正門
の中にあるお店が、鶴見に引っ越した時から気になっていた。

この工場の中にあるお店はエンゼルショップというのだが、開いているのは
平日のみということで、都内に勤めているサラリーマンである私はなかなか
行くことができないのだが、先日子供の七五三の前撮りをしたとき、有給休
暇をとったので、写真撮影終了後、家族で中に入ってみることにした。

正門をくぐると守衛所があり、名前を記入する。
20150523-01.jpg

他のメーカも工場に入る際はだいたい同じ手続きになるのだが、森永工場の
場合、売店訪問専用の用紙があるのが面白い。

手続きを済ませると、代表者にネームプレートが渡される。
20150523-02.jpg

エンゼルショップに入る。
20150523-03.jpg

いきなり、森永の甘酒を形どった柱があった。
20150523-04.jpg

キョロちゃんのおかしなおかし屋さん。
20150523-05.jpg

森永の製品が置いている。工場直売なので安いことは安いのだが、スーパー
の特売品と同じ程度である。
20150523-06.jpg

森永製菓のおもちゃとかファミコンのカセットまであった。
20150523-07.jpg

金のエンゼルと、銀のエンゼルを集めてもらえるおもちゃの缶詰。
20150523-08.jpg

子供の頃よく集めたが、応募した記憶がなく、雲の上の存在である。

森永の歴史年表。
20150523-09.jpg

子どもたちが、ガチャをしたいとうるさいのでガチャをさせた。
20150523-10.jpg

ちなみに、森永工場では訳有品のケーキとして形が崩れたケーキを
格安で売っている時もあるという。

エンゼルショップでお菓子を買って、工場をあとにした。
20150523-11.jpg

これが戦利品。
20150523-12.jpg


DARSがこんなに種類があるなんて知らなかった。

おいしくって、ちょと泣きそうである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2016年06月30日 04:27 ] 横浜市 | TB(-) | CM(2)

消えた反物質

同じようなタイトルの本を4年前にも読んだことがある。

燃えつきた反宇宙(2012/3/28)
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-entry-480.html

あれから、量子力学に関して、いろいろな本を読み漁っているが、ノーベル
賞受賞者の小林先生の本ということで、興味深く読んだ。

ノーベル賞は2008年に受賞し「小林・益川理論」と「CP対称性の破れ」の起源
の発見から、1970年代にそれまで3種類しかないとされていたクォークが3世代
以上(6つ以上)あることを予言というか提唱した。

その後、20年かけて1995年までに6つのクォークが発見され、小林・益川理論
の正しさが実証され、ノーベル賞の受賞に至ったわけである。

そのCP対称性の破れという理論が、物質と反物質の話に関係してくる。

反物質とは陽電子とか反陽子など、電荷が逆になっている粒子であるが、
我々の周りには、特殊な条件下以外で反物質を見つけることができない。

宇宙ができた時には、双方とも存在したが、物質と反物質が反応し対消滅
した結果、物質のほうが量が多かったからか?

と4年前に読んだ「燃えつきた反宇宙」前述した本を読んだときは思ってい
たが、そうではなく弱い力が作用することにより粒子の電荷やらパリティ
対称性(鏡に映したように対象にしても物理的に変わらないこと)を破って
しまうことが原因であるということを把握することができた。

このCP対称性の破れから、強い力の理論である量子色力学という理論を
生み出たり、高エネルギーの加速装置を使った実験をしたりして、直接観測
することのできないクォークの種類を6種類だと理論づけし、素粒子物理学の
基礎を作ったのが日本人であるというのは誇らしい限りである。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月29日 04:59 ] 量子・宇宙・相対論 | TB(-) | CM(0)

2016年福岡出張のおみやげ

先週は、全国あちこちに出張に行ったのだが、中でもはじめて出張に行く
福岡出張は、はじめてのお客さんで緊張はしたものの、その出張が終わっ
たあとは、旅行のように楽しかった。

今回は、小倉、博多、太宰府、吉野ケ里、佐賀と周った。

旅行記としてまた書きたいと思うが、ひとまずおみやげだけ先に紹介したい。

全て、家族向けのおみやげだが、佐賀牛せんべい、明太ふりかけ、佐賀の
飴玉、明太子柿ピー、博多通りもん、そして行ってないが、クマモンのお菓子
も買った。
20160627-01.jpg

そして、娘のためというか、自分で集めているようなご当地キティ、
福岡の明太子、あまおう、佐賀の気球、太宰府の梅ヶ枝餅のご当地キティ
を買った。
20160627-02.jpg

翌日、一緒に出張に行った部下が会社のみんなに、お菓子のおみやげを
買ってきて配っていた。

しまったと思いながら、他の部下からもおみやげを頼まれていたことを思い出し
たが「てっきり忘れてた」という言い訳で済ませてしまった、旅好きおやじであった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月28日 04:18 ] おみやげ | TB(-) | CM(0)

ものづくりの歴史にみる歴史の底力

小学校から高校までの社会科や日本の歴史では、主に政治的な歴史を中心
に学んできたわけであるが、この本では視点を変え、日本人が発明したもの
や考え方を中心に縄文時代から説明されている。

面白かったというか、13,000年近く続いた縄文時代には文字はなかったわけ
であるが、縄文時代の遺跡から70種類の動物、70種類の魚類、40種類の鳥
350種類の貝が出土されており、この中にはまずいテンとかムササビも含まれ
ており、毎年規則正しく食べていたという。

なんでまずい食べ物も規則正しく食べていたのか?

これは、おいしいものだけを食べていては、仮にその食べ物が取れない年
があると、飢饉になってしまうので、食べるものを人々が記憶の中に覚え
こませ、例えば台風が起きたら××を食べるとか、何々の実がなったら、
それを食べるといった習慣が自然に身についていたからだという。

あと本では、日本史上の重要な転換のきっかけとして
B.C. 14000 化学(土器を焼いたら固くなるといったたぐい)、宗教
B.C. 3500 都市
B.C. 1000 農業
A.D. 600 国家、文字、陰陽五行説
A.D. 900 家、武士道
A.D. 1800 洋学、資本主義

が挙げられていた。

この中で、陰陽五行説については、干支とか暦(立春とか啓蟄といったもの)
ぐらいが今の世の中でかろうじて使われているだけで、すたれているので、
どこが重要な転換点なのかということについて、調べてみたくなった。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月27日 04:40 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

プロジェクトの進め方がよくわかる本

今年は、納期必達、失敗の許されない、仮に失敗をしたら会社やお客さん
ベンダなど、多くの関係者に多大な迷惑をかけるという10億円以上する
インフラの更新プロジェクトを手がけており、ラインマネージャーをやって
いる傍ら、プロジェクトマネージャもやっている状況である。

こういったインフラ更新プロジェクトは、システム開発のような難しさはな
いが、リスク管理を徹底しないと、実はこういう機能を使っていたと後から
発覚し、非互換で動かないという状況になった場合、最悪の場合切り戻
さなければならないということになる。

プロジェクト管理はしょっちゅうやっているので、手馴れているのだが、
初心に戻って本を借りることにした。


この本は、PMBOKが日本で普及する前の本であり、著者の経験や
知識を元に書かれた本であるが、勘所みたいな所に目新しい物はなく、
PMBOKの知識体系で説明されていることとだいたい同じだった。

PMBOKと違うところは、メンバとのコミュニケーションの取り方にも
力を入れて書かれているところである。

ただ、著者が戦前生まれということもあり、ノミニケーション的なコミュニ
ケーションを推奨するなど、いまいち現代っ子には合っていないような
事も書かれていた。

今の私の仕事は、インフラの更新なので、スコープやコミュニケーション
などはあまり心配しておらず、やはりリスク管理を徹底していきたいと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月26日 04:23 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

2016年のストレスチェック結果

健康診断の前に、マークシート方式でストレスチェックをした。

ストレスチェックは今年から義務化されており、はじめてその結果を見る
ことになった。

結果は以下のとおり
「あなたはストレスをあまりかかえておらず、またストレスの原因となる
 要素もあまり無いようです。
 ただし、ストレスは、急に仕事が忙しくなったり、ストレスの原因となる
 要素(仕事に関連したものや、ご家庭での問題)が重なると、急にあ
 なたに重くのしかかってくる可能性があります。」

①ストレスの要因に関する項目 29点
②心身のストレス反応に関する項目 18点
③周囲のサポートに関する項目 9点

だった。

②が12点以下
または
②が17点以下でかつ①+③の合計が26点以下

の場合、高ストレス者となるらしい。

アンケートには素直に答えたつもりであるが、ここまでストレスを抱えて
いないというのは信じられない。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月25日 04:02 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

ウィーンオペラ座のドレスコード

私のように、貧乏旅行をメインにしている人間にとっては、海外旅行で
舞台芸術を観る機会は多くない。

でも、ウィーンのような芸術の都に行くのであれば、一生の思い出という
か冥土の土産に、オペラ座でオペラぐらいみたいものである。

オペラ座に入るときには、正装で入ったほうがいいと言われるが、普段着
で旅行することの多い私にとって、スーツや靴というのはかなりの荷物に
なる。

20141119-57.jpg

普段着で入るのはかなり勇気がいるのだが、もし、迷われている人がいる
のであれば、オペラ座の中の観客の写真を何点かアップしておくので、
確認して欲しい。

20141119-59.jpg

20141119-73.jpg

20141119-74.jpg

20141119-75.jpg

男性は見る限り全員スーツ、女性はドレスアップはしていないもののフォーマル
な格好の人が大半をしてめいた。

やはり、何百年もの歴史のある舞台芸術というのは、かなり洗練されており、
私のような素人が見ても、すごいレベルの高いものだと思うし、あまり興味の
ない人にも一回ぐらいは観てもらいたいと思えるものである。

そんな、オペラ座に行くのであれば、周りから浮かないように自分目線ではなく、
鑑賞する人間も、舞台の役者や演奏者たちに失礼のないように、また、オペラ
座を彩る一員として、正装していくべきだと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月24日 04:09 ] オーストリア | TB(-) | CM(0)

情報処理試験完全制覇計画の変更

春のエンベデッドシステムスペシャリストが不合格になり、秋の試験について
情報セキュリティスペシャリスト試験を受けるかどうかを迷っていたのだが、
この試験はこの秋で廃止されることや、この試験を引き継ぐ形で来春から
始まる情報処理安全確保士という資格が、10年以上も前に受け完全に陳
腐化している情報セキュリティアドミニストレータをとっている場合、試験が
免除されることもあり、受けるかどうかさらに揺れ動いていた。

検討の結果、秋は情報セキュリティスペシャリストを受けるのを辞めること
にした。

理由は
・情報セキュリティスペシャリストを受けても受けなくても、情報処理安全確保
 士を名乗れること。
・秋の試験を受けて、最新のセキュリティの知識を得ることができることは、
 いいことだと思うが、参考書で説明されている知識はだいたい知っていること。
・そのため、勉強をしても試験対策の勉強にしかならないこと
・情報セキュリティマネージャという基本情報処理レベルの新試験が今年の
 春からスタートしていること
・試しに情報セキュリティマネージャのPDFを見ながら解いてみたが、午前
 午後とも80点以上とれており、十分合格圏にあること。
 (合格率88%の試験なので、IT業界の人間が受からないと恥ずかしい試験)
・増えるに増えて乳首がシャツから透けるというだらしない体形が、本当に
 恥ずかしいと思うようになり、3か月ぐらいスポーツクラブに通いたくなったこと
・出張がちになっているので、子供との時間ももっと取りたいこと
・仕事もそれなりに大変になってくること

などである。

現時点では、情報セキュリティマネージャ試験実施後に発行された参考書
や問題集は少ないので、出そろうのを待ったうえで、通勤時に軽く読めるも
参考書を選びたい。

ついでに、この半年以内にITパスポートも受験して、残り、エンベデッドスペ
シャリストに合格すれば、完全制覇できる状態にしたい。

本当は、最後に一番弱い敵であるITパスポートを蹴散らして完全制覇と行
きたかったが、強敵であるエンベデッドシステムスペシャリストを最後にもって
きたほうが、自分的に感動が演出できるのではないかと思い、受験計画を
変更することとした次第である。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月23日 04:48 ] セキュリティ | TB(-) | CM(0)

宇宙は無数にあるのか

宇宙のありかたを決める6つの数があるという。

N:重力の弱さを示す数(電気のクーロン力÷重力)
ε:核融合率。核融合の前後でどれだけ質量が軽くなるかを示す数
Ω:物質の密度を示す数
λ:真空のエネルギーの大きさ
Q:銀河団など大きな構造のまとまり具合
D:次元

この6つの数のバランスが少しでも崩れていたとするならば、惑星が
存在できない世界、ヘリウム以上の重い元素の存在できない世界となり
人間は存在できない。

この6つの数が、人間にとって非常にバランスよく構成されているのは、
なぜか?

この6つの数が色々な値をとる宇宙が無数にあり、たまたま、人間に都合
のよい宇宙がこの宇宙なのだという。

人間が存在できているから、この宇宙の6つの数がバランスよい値を
取っているのである。

また、6つの数のバランスの悪い宇宙は、そもそも観測者が存在し得ない
宇宙であり、そんな宇宙など存在しているといえるのか?

なんとも、面白い哲学的な話である。

でも、宇宙が無数に存在するという仮説も、宇宙が1つしかないという仮説
もともに検証しようがないし、1つしか無いと考えるより無数に存在すると
考えたほうが面白いと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月22日 04:30 ] 量子・宇宙・相対論 | TB(-) | CM(0)

森ノ宮の焼き肉 キョロちゃん

大阪環状線の駅の近くで焼き肉を食べに行くとしたら、大阪とか天王寺は
高いし、鶴橋は本場であるが価格設定が人の足元を見ているし、京橋に
は徳一といういい店があるが、いつも混んでいる。

新しい店を開拓したいという要望に、ブレイク氏が応えてくれて、森ノ宮
駅のキョロちゃんという店に向かった。

森ノ宮駅。降りたのは小学生の時に大阪城に行った時以来かもしれない。
20160526-01.jpg

駅前の路地はこのように狭く雑然としている。
20160526-02.jpg

さっきの賑やかな一角もすぐに無くなり寂しい通りに入る。
20160526-03.jpg

いつ崩れておかしくもない家が立ち並ぶ。
20160526-04.jpg

低い屋根のアーケードをさらに奥に向かう。
20160526-05.jpg

目的のキョロちゃんという店に到着。
20160526-06.jpg

子供連れも続々入っており、なかなか入りやすそうな店である。

いつもの関西出張では、木曜日にこうやってブレイク氏と飲むのが
恒例行事となっているが、こうやって出張がてら関西に来られるのも
今年いっぱいまでである。

焼肉のタレが来た。
20160526-07.jpg

煙を吸う換気扇で相手の顔を見て食べられないのが玉に瑕である。
20160526-08.jpg

続々と焼き肉がやってくる。
20160526-09.jpg

店員のおばさんたちも大忙しである。
20160526-10.jpg

久しぶりに焼き肉をたらふく食べた。
20160526-11.jpg

たらふく食べて、飲んで、3,000円という会計。

なかなか、気に入った。

ちなみにこの店は食べログでは予約不可とあるが、ブレイク氏が電話した
ところ予約が通ったという。

店の混み具合で臨機応変に対応しているのであろう。

また、出張で何回か子の店に来たいと思う旅好きおやじであった。
20160526-12.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月21日 04:39 ] サービス | TB(-) | CM(0)

移動の多い今週

現在、とある大型ITインフラの更新プロジェクトのプロマネをしている。

その大型ITインフラは、最近流行りのクラウドコンピューティングのように、
ゲストOSを止めずにホストの物理サーバだけを入れ替えるということが
できないので、昔ながらに、大型ITインフラを停止して切り替えなければ
ならない。

この大型ITインフラは全国的のいたるところで使用しており、各社の基幹
システムが載っているので、停止できるのは年末年始しか無い。

そのプロジェクトも、運用テストの計画をする段階となっている。

インフラの更新作業自体は、アウトソーシングしているデータセンタの
要員が実施するのだが、アプリケーションには非互換が発生しているため
その非互換の対応をしたり、使えなくなった機能とか古くなった拠点LAN
のネットワークプロトコルについて別の手段に切り変えたり、切り替え後
もちゃんとシステムが動くことを確認する(運用テスト)のは利用者側で
ある我々や利用しているエンドユーザの会社のIT部門が行わなければ
ならない。

これからの作業について、スケジュール通りに、確実に実施しないと、
年末にそのITインフラが更新できないということになる。
更新できないと、新旧ハードのダブルで費用が発生することや、品質が
低下した状態のハードウェアでの1年間の運用など、会社的には甚大な
損害をあたえる。

絶対に成功させなければならないわけである。

自社の各部門への運用テストの依頼は先月に済んでいるのだが、お客
さんのIT部門への依頼はこれからであり、運用テストの計画書の作成を
期日までに実施するようにというお願いをしに行かなければならない。

月曜日は栃木、水曜日は大阪、木曜日は滋賀、金曜日は北九州の小倉
とほとんど日本周遊旅行のような日々が続く。

今週以外は、月初に長野に行き、また来週の水曜日に長野に行くという
忙しい日々が続いている。

会社的には重要な任務でプレッシャーも大きいが、こういう全国周遊も
役得であり、土日は福岡とか太宰府で、観光して気分転換しようと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月20日 04:23 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

参観日の掛け持ち

今日は父の日ということで、昨日は全国的に参観日だった人も多いのでは
ないかと思う。

うちの長女の小学校、次女の幼稚園ともに参観日ということで、当初は、
私と嫁で手分けして参加する話をしていたのだが、時間帯がずれていた
ので、両方共参加できた。

幼稚園の方は、スペースなどの関係上親のうち1名しか参加できないと
いうこともあり、私が次女を自転車に乗せて幼稚園に行った。

長女と同じ幼稚園なので、もう行き慣れたものである。

やはり、年少さんということもあり、お友達同士おしゃべりをしている感じで
はなく、同じスペースを共有したまたまその場に他の園児がいるから遊ん
でいるという感覚である。

出席で返事できる子、できない子がいたり、先生のいう指示が聞けてい
ない子、色々おり、うちの次女も先生の指示を聞いているというより、周り
の子にあわせて動作するという感じだった。

お遊戯やお歌を披露してもらったあとは、親子でカエルのおもちゃを作って
遊ぼうということになった。
20160618-01.jpg

あらかじめ、幼稚園児たちが作っていた部品を組み立てていくわけであるが
年少さんの場合、ハサミを扱ったり両面テープを貼ったりすることができない
ため、ほとんど親が手伝って完成させていた。
20160618-02.jpg

カエルのおもちゃで、ジャンプ大会をしてジャンプの回数を競い合うというもので
楽しんだ。

そんなこんなで、楽しいひと時が済んだ。
20160618-03.jpg

家に戻り、今度は小学校に行く番である。

小学校の方は1人制限はなかったのだが、次女を連れて行くと授業の邪魔
になりかねないので、こちらも私一人で行くことにした。

小学校の方は、残念ながら撮影禁止。

個人情報に配慮してとのことである。

まあ、個人がブログに載せるときに、小学校の名前とか写真とか子供の名前
をそのまま載せられると児童が特定でき、名前が知られればそれを悪用して
誘拐されるなんてこともあるので、当然の配慮だろう。

各クラスごとに、「ずこう」とか、「せいかつ」など違う科目の授業をしているよう
だった。

長女のクラスは、図工で折り紙を、三角とか四角におって、ハサミで切ったあと、
折り紙を開いて、綺麗なものを作るというものだった。

他の児童は単にハサミで切って穴を開けた程度のものを作っていたが、
うちの娘は、iPadの折り紙アプリでこれと同じようなことをたまたまやっていた
こともあり、に比べて綺麗な雪の結晶みたいなものを作っており、周りのお
母さんたちの注目を浴びていた。

小学校の授業を30年以上ぶりに観ることができたわけであるが、自分が
小学校の高学年の時の図工の時間で、折り紙ではないが、絵の具を
使って、デカルコマニーとか、マーブリングとかをしたのをふと思い出して
しまった。

こういう、図工の授業というのは、受験科目ではないが、人の話を聞いて
自分で考え、ものを作ったり、表現したりと、社会に出て必要になってくる
要素があり、重要な科目の一つであると感じることができた。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月19日 04:34 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

平成28年度 エンベデッドシステムスペシャリスト試験 不合格

昨日、春のエンベデッドシステムスペシャリストの合格発表があった。

平成28年度 春期   エンベデッドシステムスペシャリスト試験  成績照会

受験番号  ES338-XXXX の方は,   不合格   です

午前Ⅰ得点
***.**点
午前Ⅱ得点
92.00点
午後Ⅰ得点
49点
午後Ⅱ得点
---点
満点,合格基準は次のとおりです。
時間区分
満点
基準点
午前Ⅰ試験
100点
60%以上
午前Ⅱ試験
100点
60%以上
午後Ⅰ試験
100点
60%以上
午後Ⅱ試験
100点
60%以上


4度目の不合格である。

同じ試験で4回も落ちるというのは初めての経験である。

よほどこの分野に向いていないのだろう。

統計資料をみると、合格率はなんと17.2%である。5~6人に1人は受かっている
それほど難しいとはいえない試験ということもできる。

得点分布をみると、午前2は上位3%に入っているのに、午後1は下位20%つまり
5人いたら1番下の成績である。

この得点の取り方からすると、知識だけはあるのにそれを応用できない勉強
バカの典型のようである。

勉強すればするほど、点数が落ちていくというのもドツボにはまっている状態
である。

今回は、計算間違いと時間配分のミスが大きいと思うが、多分、エンベデッド
のことを知らないというよりは、この試験への取り組み方が根本的に間違って
いるのだろう。

といっても、情報処理試験全制覇は、私のライフワークでもあるので、来春は
5度目の試験を受けたいと思う。

今度こそ、受かりたい・・・・(涙)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月18日 01:07 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

情報セキュリティスペシャリスト廃止

情報セキュリティスペシャリスト試験の勉強をしており、


上の本をEXCELへの書き写しをしながら、参考書を一通り読んだ。

これから、本格的に午後の勉強でもしようかと考えていたところ、ネットで
色々検索していると、来年からの情報処理安全確保支援士制度に伴い、
情報セキュリティスペシャリストは今年で廃止という記事を見つけた。

情報セキュリティスペシャリスト合格者は「情報処理安全確保支援士」試験免除へ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/042801290/

記事によると、情報処理安全確保支援士試験は情報セキュリティスペシャリ
スト試験を引き継ぐ形で切り替わるのだが、
情報セキュリティスペシャリスト合格者以外にも、テクニカルエンジニア(情報
セキュリティ)、情報セキュリティアドミニストレータ合格者も、試験免除となる
らしい。

情報処理安全確保支援士制度のもとでは、既に私も合格している情報セキュ
リティアドミニストレータも、情報セキュリティスペシャリストも同格として扱われ
るため、仮に私が情報処理安全確保支援士の登録をするのであれば、別に
情報セキュリティスペシャリストを受ける必要もない。

難しかったテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)と情報セキュリティアドミ
ニストレータが同格というのはいかがなものか思うが、
情報セキュリティスペシャリスト試験の本を一通り読んだだけであるが、テク
ニカルスペシャリスト(情報セキュリティ)の時代と比べかなり容易化しており、
情報セキュリティアドミニストレータと同格という意見も、あながち間違いでは
ないと思う。

現時点の私の考えだが、しばらくは勉強を続け、情報処理安全確保支援士
に関する発表を待ちたい。
講習とか更新費用みたいなものが1万円前後のものであれば、情報処理安
全確保支援士として登録する予定のため、今年秋の情報セキュリティスペ
シャリスト試験は受けない。

これが5万円代であれば、同じく秋の試験を受けず、1回だけ情報処理安
全確保支援士として登録するかもしれないが、その後更新しない予定で
ある。
PMPと同じように高い金だけ取られて、私として活用する場のない資格
を更新する金がもったいないし、意味もないと考える。

しかし、6万円以上するのであれば、秋の情報セキュリティスペシャリスト
試験に何が何でも合格し、情報セキュリティスペシャリスト合格者として
自己満足に浸りたいと思う。

そんなことより、今日は春に受けたエンベデッドシステムスペシャリストの
合格発表日である。
先週発表された解答例に照らし合わせて答え合わせをすると、午後1が
32点、午後2が37点であり、かなりの高下駄でもない限り合格すること
はないだろう。
エンベデッドシステムスペシャリストは勉強すればするほど点数が下がっ
ているが、勉強の仕方を根本的に見なおす必要があるのだろう。

結果は明日レポートしたい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月17日 04:59 ] セキュリティ | TB(-) | CM(0)

上海ディズニーランド開園

今日、アジアで4番目のディズニーのテーマパークが上海に開園する。

先月から、試験的にパークの一部を開放しており、色々な問題が噴出
しているという。

2005年の香港ディズニーランドの時も、マナーの悪さが取り沙汰されて
いたが、今度はマナーの悪さのメッカ、大陸のディズニーランドである。

入園で並ばない、ゴミのポイ捨ては朝飯前で、子供が花壇の中で遊ん
でいたり、立ち小便、座り小便、ハンドドライヤーで足を乾かすなど、
何でもありの様相を呈しているという。

さらに、ディズニーのレストランで出てくる食事も、型くずれしており、
その辺の安っぽいフードコートでも出てこないような食事に、2000円
以上も払わなければいけないというのである。

また、お家芸のコピー商品は当然のこと、便乗商法も盛んで、近くの民
家の部屋にディズニーの寝具をおいただけの宿泊場も1泊7000円以上
とっているという。

ディズニーというとホスピタリティを重視し、お客さんに非日常を味わっ
てもらうことを第一にしているというが、
キャストを教育するのも中国人であれば、キャストも中国人、そして、
来客するのも中国人と、東京ディズニーランドやシーのような夢の
空間になるのは、かなり先の話、というか無理かとも思っている。

ほとぼりが覚めた頃に行ってみたいと思う。

当分の間、面白い話が聞けそうである。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月16日 04:12 ] サービス | TB(-) | CM(0)

まだ誰も解けていない科学の未解決問題

最近、数学とか物理のいわゆる「未解決問題」に興味があるため、その界隈
の本を読み漁っている。

そんな中で、竹内先生の分かりやすそうな未解決問題の本があるので、
図書館で借りてみた。

この本を読んで2点ほど書きたい。

12個の未解決問題が挙げられ、物理や数学だけではなく身近な未解決問題
にもこの本では触れられていたが、その中でも「心脳問題」が一番興味深かっ
た。

我々人間を構成する物質は分子からできており、いろんな化学反応やら、
電気信号により生命活動をしているわけだが、その中でも我々の「意識」と
いうのは、物理や化学でいうと何でできているのか?というと色々な説は
あるものの何も解決していないという。

心と体については哲学的なアプローチについては、昔、高校の現代社会な
どで習った覚えはあるが、科学的なアプローチなど考えたこともなかったので
これから深堀して調べたいテーマの一つになった。

あと、もう一つは「問題」に関する考え方である。

我々社会人は「問題」には未解決であるのが当たり前だと思えるわけであるが、
学生のころには解決している問題についてその解き方を教えられる。

学生は、学校で解答のある問題ばかりといていたので、社会に出て未解決な
問題にぶち当たるわけであるが、そこで世の中は未解決の問題もあるのだと
思える人間と思えない人間がいて、そこで最初の振り分けが始まるのだと
改めて思った。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月15日 04:44 ] 生物 | TB(-) | CM(0)

2016年の健康診断の結果

4月に受診した健康診断の結果が1ヶ月前には返ってきていたがアップし
忘れていたようなのでアップする。

体重は前年から2kg増え、95.6kgとなってしまった。

こういう健康診断の結果を見た時は痩せようと思うのだが、すぐに忘れて
しまうのがいけないのだろう。

他に、今まで良好だった血圧も129/76と収縮期の血圧が23も上がって
しまった。正常値ではあるもののこれだけ急に上がるのも考えものである。

脂質関係は中性脂肪が減って入るが、焼け石に水の状態でしかなく、
コレステロール値は昨年よりさらに悪化している。

・中性脂肪207mg/dl(前回218)
・HDLコレステロール38mg/dl(前回39)
・LDLコレステロール123mg/dl(前回124)

肝機能はASTとALTはほぼ横ばいで、γ-GTPは酒を飲まないのに悪く
なっている。
・AST(GOT) 36IU/I(前回36)
・ALT(GPT) 49IU/I(前回51)
・γ-GTP56(前回46)

血糖値はなぜか毎年下がっており88、将来の血糖値を表すHbA1cNは54
と、糖尿のけは、まだない。

尿酸値は7.7と昨年の8.1から下がったが、以前高値である。

ガン関連については、うちの庶務部門(仕事のできないおっさんたちの集まり)
の手違いで、私に申込用紙が配られておらず、また、私も催促していなかった
ので、今回は受けられなかった。

これで、もし、ガンが早期発見できなかったとしたら、仕事のできないおっさん
たちを恨みたい。

肥満についてはとうとう「要医療」となってしまった。

肥満外来に保険が効く体となってしまったが、どこまで保険が効くかわからな
いし、保険が効かない場合、スポーツクラブの4倍もするので、マジで、
スポーツクラブを探し、通わなければならないと考えている。

色々、スポーツクラブはあるが、私の通勤経路で言うとコナミスポーツが3箇所
あるので、どこででもトレーニングできる利便性から、案内状でももらってこよう
と思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月14日 04:52 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(2)

とあるIT企業の採用面接の面接官体験 その3

先週の金曜日にまた採用面接の面接をやった。

これで3回目である。

先週は私が担当した以外にも2名採用面接があったようである。

面接のスケジュール表をみると、私が担当した以外の2名は昼食会も
予定されていた。

その2名のスペックはかなりよく、日本でいちばんレベルの高い国立
の工業大学と、東京のとある国立大学ということもあり、会社として
採りたい人材であると、面接前の雑談の際に人事担当に確認した。

今回は、MARTHのうちの一つの大学の文系の女子学生だった。

コンコン。失礼します。と入ってきた学生は、まだ子供っぽさが残る
感じの学生だった。

いつもと同じ要領で、学生に対して質問するのではなく、意表をついて
私の自己紹介から始まる。

私が適当にしゃべった話をちゃんと聞いていないと質問できないような、
質問をしてきており、私が冷や汗を書きながら答えるといった、例えて
いうと、胸元に突き刺さる拳を真剣白刃取りでかろうじて受け取ったような、
やりとりが続いた。

なかなか、地頭がいい感じである。

女子学生には、学生時代は軽音楽サークルに属しており、周りに頼り
にされる奏者であったこととか、アルバイトはコンビニとかコーヒー屋で、
接客慣れというか外国人慣れもしており、英語もなかなか堪能のよう
だった。

専攻は臨床心理学なのに、なぜSEを志望したのか?臨床心理士の
道を志さなかったのはなぜか?みたいな質問にも、納得の行く回答が
かえってきた。

プログラミングの研修とかそういったものは必要であるが、この人当たり
の良さならSEとしてもやっていけるだろうし、志望動機もしっかりしている
ので入ってすぐ辞めるということもなさそうである。

女子学生が帰ったあと、人事担当と会話し、2人とも意見は一致して、
その女子学生を2次面接に進めることにした。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月13日 04:47 ] とあるIT会社にて | TB(-) | CM(0)

64(後編)

ここのところ、8月に行われる長女のバレエの発表会のために、土曜日
の午後と、日曜日の午前中は、毎週次女と留守番をしている。

さらに私が出張がちなものだから、土曜日の午前中は長女が遊びに
連れて行けとうるさいので、土日は両方共塞がっている。

一人になれるのは、土曜の夜か日曜の午後しかないのだが、昨日は
午前中温水プールに行ったので、疲れており、映画を観るのも64の
前編はイマイチだったなと思いながら、映画に行かず眠ろうかとも
思ったが、力を振り絞ってレイトショーに行った。

この64であるが、後編の方が前編より、ずっと面白かった。

前編では、64という昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件を模倣した
犯罪が14年後に発生したというところで終わったわけであるが、
後編である14年後の事件の被害者の父親である永瀬正敏と、14年後
の事件の被害者の父親である緒形直人の演技は非常に良かった。

また、マスコミというか記者の連中がエラそうで非常にむかつきを覚え
たが、それも記者たちの役者の演技がいいからだろう。

最後は、そんなオチかいというストーリー展開もよく、力を振り絞って
映画を観に行ったかいがあった。

2回の続き物の映画は、当たり前ではあるが、後編を見ないと評価が
できない。とはいっても前編のデキがいまいちだと後編に観客は入らない
むずかしいところではあるが、昨日は結構映画館も結構混んでいた。
64_kouhen_2016.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月12日 04:34 ] 邦画 | TB(-) | CM(0)

超ひも理論がよーくわかる本

このブログでは、物理を大学の教養課程までしか習っていない素人の
旅好きおやじが、量子力学に関する本を読んで自分の中で腹落ちした
理論などを、自分の理解の記録として残している。

今回は、超ひも理論について深掘りするために秀和システムの超ひも
理論がよーくわかる本という素人向けの本を読んでみた。

この本を読んで、改めて超ひも理論というのは難しいと感じるとともに
面白いとも思った。

入門的な他の本では、素粒子というのは分子や原子、さらには原子核
よりも小さい小さい「ひも」が振動している様子であるとか、余剰次元に
ついて解説されているものが多いが、何となく紹介されているだけである。

この本は、超ひも理論をテーマとしているだけあって超ひも理論を理解
するための色々な知識が書かれていた。

この本を読んで、わからない用語をWikipediaで調べるといった感じで
読み進めたが、現在4つの力のうち、電磁力と弱い力が統一され、実験
でも検証された状況であるが、これに強い力を加えた大統一理論が
まだ完成されていないことや、それを証明するためには陽子崩壊という
現象を観測しなければならないが、その観測のためには5万トンの純水
が必要で、それでも見つかっていないということが把握できた。

また、強い力の量子色力学とか、電磁力に関する量子電磁力学を学ば
ないと理解することなどまだ先の先の話であることもわかった。

そして、大統一理論よりもさらに難しい、4つの力を統一する超ひも理論
は、その理論を用いれば説明がつくというだけで、実際に検証するため
には加速器でブラックホールを作り、従来の重量理論が破綻することを
観測して余剰次元の存在を検証するというやり方で確認していくという。

もっと、勉強すると、年に1度ぐらいニュースを賑わす素粒子物理学の
ニュースももっと楽しく読めるだろう。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月11日 04:28 ] 量子・宇宙・相対論 | TB(-) | CM(0)

雑誌にみるパソコンの進化展

県立川崎図書館は1Fがビジネス書籍、3Fが理工系書籍が蔵書されている。

真ん中の2Fは事務所になっており、一般人は何らかのイベントがないと入る
ことはないが、踊り場的な場所になっており、時折何かを展示しており、現在は
「雑誌に見るパソコンの進化」という展示があったので見てみることにした。
20160515-01.jpg

パソコンの進化に関する主な出来事
20160515-02.jpg

1971年のインテルが世界初のマイクロプロセッサ開発~2012年のWindows8
発売までの出来事や、パソコン関連の雑誌の創刊を示していた。


雑誌は1980年のものから展示されていた。
20160515-03.jpg

1980年は8ビットパソコン最盛期とあり、富士通のMICRO 8が218,000円となっていた。

1984年。アップルのMacintoshついに誕生。コンピュートピアという雑誌の記事。
20160515-04.jpg

下には今はなきSANYOというメーカのMPC-6というMSX機が展示されていた。

この頃の私はコンピュータのコの字も知らない中学生だった。

1985年の月刊アスキー。スティーブ・ジョブズの記事。
20160515-05.jpg

Apple会長だった彼が辞めるまでの心境を今語るという記事だった。

1986年日本電気のPC-VAN開始。1989年WWWがヨーロッパで提案された。
20160515-06.jpg

WWWってもっと前からの用語と思っていたが、まだ30年も経っていないのか。

1989年。ハイパーメディアパソコンFM-TOWNS。りえちゃんを思い出すのー。
20160515-07.jpg

1991年。PC-9801NCとかCSといった世界初のTFTカラー液晶型ブックPC発売。
20160515-08.jpg

この頃、私はPC-9801 DX2という一番安い、と行っても大学生にとっては
高額だったパソコンでゲーム三昧だった。

1993年Windows3.0普及に伴い、グラフィックアクセラレータがCPUとは別に
描画を引き受けるようになった。
20160515-09.jpg

この年、私が会社に入社したが、まだまだDOS/V機を使っており、Windows
を使いはじめるのはWindows3.1の登場を待たなければならなかった。

エレコムの256MBメモリとか、一太郎9とか。
20160515-10.jpg

他にも、2000年頃の記事では常時接続プロバイダ比較などという記事もあった。

そして現在、インターネットへの常時接続は当たり前で、動画配信など
素人の個人でさえできるようになり、端末も進化しスマホという小型
端末を指の操作でできるようになった。

当たり前のように、通勤中に皆スマホをいじっているが、30年前の
パソコン少年とかからすると、夢の様な時代になったといえるだろう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月10日 04:25 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

子供写真スタジオ studio thREe スタジオスリー

小学校が休みの日に、次女の幼稚園を休ませ、私も有給を取り、七五三
の前撮りに行ってきた。

七五三は11月だから半年前の前撮りである。

長女が七歳、次女が三歳なので一度に写真を取ることができるので、
助かる。

今まで、子どもの写真を撮るときには専らスタジオアリスに行っていた
のだが、4月に入学・入園祝いで利用した時に混んでいたこともあるが、
待ち時間が非常に長く、一日まるまま潰れたという苦い思い出がある。

また、スタジオアリスは3万円前後の支出では、もらえる写真も少なく、
画像データがもらえるのが1年後になる。

横浜の鶴見と川崎限定ではあるが、スタジオスリーという子供専用の
写真スタジオでは、2~3時間貸し切りで、撮った写真の画像データを
100カット近くもらえ、しかもデータだけなら3万円代
というサービスがある。

スタッフの皆さんは、まだ20代とか30代ぐらいの人たちで、保育士の
経験者もいるので、子供をあやすのがうまかった。

アットホームな感じで撮影は進んでいき、写真の仕上がりを見せても
らったときには、どの写真もすごくいい表情で綺麗な写真だった。

写真をスライドショーで見る際には、曲をかけるなどの演出もあり、
2~3時間のプロジェクトを終えた達成感やら、花嫁の父のような感覚
やらで、ホロっと来てしまった。

スタジオアリスは貸し衣装は充実しているが、七五三のようなものであ
れば、こういった近所の写真スタジオで撮るほうがずっと良いと思った。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月09日 04:42 ] サービス | TB(-) | CM(0)

和歌山市駅から10kmほど歩いてみた その3(和歌山毒物カレー事件現場の今)

このブログの読者層は、恐らく、40~60代の方々だと想定している。

この年代の方々なら、約20年前にここ和歌山で何が起きたかと問われれば、
恐らく、和歌山毒物カレー事件のことを思い出すことができるだろう。

実際にあの夏から18年が経ち、日本中の皆さんは忘れているだろうが、
和歌山市の園部地区では、あれから夏祭りが開催されていないという。

そんな、和歌山市の園部地区に向かうことにしたのである。

和歌山県の北部には紀の川という川が流れており、和歌山市駅から
園部地区に行く場合、川を渡らなければならない。

紀の川大橋を渡る。
20160528-39.jpg

水門などもあり、川の流れを調節できるようになっている。
20160528-40.jpg

潮の香りが漂うのどかな田舎町といった感じの場所である。
20160528-41.jpg

川を渡り切ると、園部地区に差し掛かる。
20160528-42.jpg

昔ながらのレストランも、既に閉店していた。
20160528-43.jpg

ディスプレイを見る限り、まだ閉店してそれほど時間は経っていないようではある。
20160528-44.jpg

農道を用水路沿いに歩いて行く。
20160528-45.jpg

くねくね曲がった道には、時折学習塾の送迎バスなどが走っていた。
20160528-46.jpg

そろそろ林眞須美死刑囚の自宅のあった場所に差し掛かる。
20160528-47.jpg

ここが、林眞須美死刑囚の自宅のあった場所。
20160528-49.jpg

林眞須美死刑囚の逮捕後、自宅の塀には落書きがされる騒動があり、
さらに2000年には放火あい全焼したという。

週刊女性によると、その後林眞須美死刑囚の自宅跡地は自治会が買い取り、
悪いイメージを振り払うため、住民たちが手作業を植えて公園にしたという。
20160528-52.jpg
(写真は週刊女性より)

地元住民が植えた花壇も、もう今となっては雑草の茂る空き地となってしまった。
20160528-50.jpg

ただ、机とベンチがあり、ここでくつろげるようになってはいる。
20160528-51.jpg

ただし、あの忌まわしい出来事があり、何人も亡くなっているのにその実行犯
が住んでいた場所で、くつろぐというのも難しい話であろう。

こちらは、毒物カレー事件の発生した現場。
20160528-48.jpg

既に駐車場となっている。
当時この現場はもっと広い空き地だったが、両端には既に民家が立っていた。



日本中を震撼させた毒物カレー事件の首謀者林眞須美死刑囚は、戦後日本では
11人目の女性死刑囚となった。

その後、林眞須美は支援者で左翼活動家である釜ヶ崎地域合同労働組合委員長・
北大阪合同労働組合執行委員長と養子縁組しており、今は稲垣眞須美となって
いるという。

この事件で、4人もの尊い命が犠牲になっている。

また、状況証拠のみとはいえ、林眞須美以外にカレーにヒ素を入れた人間が
いると説明するのは無理がある。
恐らく実行犯は林眞須美だろうし、死刑判決が出たのだから、さっさと執行
しないというのもいかがなものかと思う。

後味が悪いまま、園部地区を去る旅好きおやじ一行であった。
20160528-53.jpg


(完)

林眞須美逮捕時のニュース


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月08日 04:49 ] 和歌山県 | TB(-) | CM(0)

和歌山市駅から10kmほど歩いてみた その2(傾いたラーメン屋・天王遊郭など)

ぶらくり丁界隈をぶらついたあとは、地盤沈下で斜めに傾きながらも営業
を続けている「中華そば まる豊」というラーメン屋で昼食をとろうということに
なり、歩いて向かうことにした。
20160528-19.jpg

ぶらくり丁を過ぎると、昭和な佇まいの民家の中に駄菓子屋があるぐらいの街となる。
20160528-20.jpg

目指す中華そばまる豊というラーメン屋は、JR西日本の紀勢線の向こう側にあるという。
20160528-21.jpg

紀和駅。周りに何もない無人駅である。
20160528-22.jpg

民家に温泉マークのようなネオンの看板の跡がある。
20160528-23.jpg

一緒に旅していたブレイク氏によると、この温泉マークは銭湯とかではなく、
連れ込み旅館の印であるという。

まだ、ラブホテルがなかった1960年代には、若いカップルが愛しあう場と
して連れ込み旅館というものが流行ったというが、ラブホテルが全盛になり
次第に姿を消したという。

調べたところによると、この辺りに遊郭という、昔の赤線地帯があるという
ので、恐る恐る通ってみることにした。

これがその天王料理組合。
20160528-24.jpg

怖いもの見たさで入っていく。
20160528-25.jpg

昭和の頃の民宿のような建物が続くが、ほとんど閉まっていた。
20160528-26.jpg

中には、何件か営業しているようで、中をみると中年太りしたおばさんが
2人おり、ジロッと睨まれてしまった。


遊郭の裏側。
20160528-27.jpg

いつ地震で倒壊してもおかしくなさそうである。

天王料理組合を後にする。
20160528-28.jpg

看板が半分剥がれているが、よく見ると左下にはがれた看板があり、
物悲しくなってくる。

さらにさらに歩く。
20160528-29.jpg

ようやく、まる豊が見えてきた。
20160528-30.jpg

腹も減ったし、どんなラーメンが出てくるか楽しみにしながら入ろうとすると…
20160528-31.jpg

営業開始はPM5:00~
20160528-32.jpg

となっていた。

現在は12時過ぎ。5時間も待つわけには行かないので別の場所を探すことにした。

仮設トイレ。
20160528-33.jpg

夜の3時までやっているというから、恐らくトラック野郎たちが、
路肩にトラックを止めてここのラーメンを楽しんでいるのだろう。

最後に傾き具合を写真に収めてその場を去った。
20160528-34.jpg

ここから、紀和駅まで行っても食べるところもない。

和歌山駅まで戻るのはかなりしんどい。

紀の川の対岸には、前世紀末に日本中を震撼させた事件が発生した
園部地区があるというので、力を振り絞って更に歩くことにした。
20160528-35.jpg


(つづく)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月07日 04:09 ] 和歌山県 | TB(-) | CM(0)

和歌山市駅から10kmほど歩いてみた その1(ぶらくり丁編)

大阪に住んでいると、京都や兵庫にはちょくちょく行くことはあっても、
わざわざ和歌山まで行こうと考えることはない。

そういう意味では、奈良県や滋賀県も同じようなものだが、大仏やお寺
琵琶湖のあるこれら2県と比べても、やはり和歌山というのは存在感が
薄い。

そんな和歌山であるが、いろいろとDEEPな見どころもありそうなので、
南海本線でわざわざ見に行くことにしたのである。


南海本線の和歌山市駅に到着。
20160528-01.jpg

和歌山市内で栄えているのは、駅前よりもぶらくり丁という商店街で
あるという。

ぶらくり丁は、駅から700mと少し離れた場所にある。
20160528-02.jpg

駅を離れぶらくり丁に向かうことにした。
20160528-03.jpg

駅前の商店街に入る。
20160528-04.jpg

この和歌山は、徳川吉宗とか雑賀孫市ゆかりの街なので、歴史好きの人に
とっては、DEEPな探訪とはまた違う楽しみ方ができる街でもありそうだ。

薬局。
20160528-05.jpg
最近はどこの街も、マツキヨとかウェルシアみたいな薬局ばかりになり、
このように目の絵とか、「ぢ」と書かれた薬局というのも見なくなった。

みかん一箱5000円。
20160528-06.jpg

箱って2ダース?めちゃくちゃ高い。

通信販売の相場で言うと、10kg2,000円前後が相場であるので、
仮にみかん箱いっぱい5,000円としてもかなり高い。

高床式の交番。そういえば昔はこういう交番が大阪にもあったようななかったような。
20160528-07.jpg


近くの小学校では運動会をやっていた。
20160528-08.jpg

しばらく歩いてようやくぶらくり丁到着。
20160528-09.jpg

商店街の看板の文字が彫刻刀で掘られたようになっていて趣がある。

ぶらくり丁の「ぶらくり」というのは紀州弁でぶら下げるという意味で、
商品を軒先にぶら下げている商店が並んでいたことからそう言われている
らしい。

まだ、朝11時前後ということもあり、空いている店もちらほら。
20160528-10.jpg

ぶらくり丁は、ぶらくり丁、中ぶらくり丁、東ぶらくり丁、ぶらくり丁大通り、
北ぶらくり丁の6商店街の総称として知られ、その昔、和歌山城の城下町として
紀州藩を代表する繁華街、歓楽街として栄華を極め、全盛期には映画館も5館
以上ある一大歓楽街だったという。

半年前の映画、海難1890のポスターがまだ貼られていた。
20160528-11.jpg

海難1890というと、トルコのエルトゥール号という船が和歌山沖で遭難し、
それを和歌山の人たちが助けたという、日本とトルコで知られている
美談を映画にしたものである。


かどの雑貨屋だから「かどや」。
20160528-12.jpg

北ぶらくり丁。
20160528-13.jpg

おもちゃ屋。一応営業はしているようだがこの日は閉まっていた。
20160528-14.jpg

中ぶらくり丁。
20160528-15.jpg

中ぶらくり丁はシャッター街になっていたが、そのシャッター街を
超えると、ソープ街があった。
20160528-16.jpg

トルコ。
20160528-17.jpg
昔、ソープランドのことを「トルコ風呂」と言っていたが、1984年のトルコ
人留学生きっかけになって「ソープランド」と改称され、それ以降日本では、
「トルコ風呂」は性風俗用語として用いられることは無くなったという。

エルトゥール号を助けたことでトルコとゆかりの深い和歌山で、
トルコのネオンがまだ残っているという歴史の皮肉を感じながら、
次に向かう旅好きおやじ一行であった。
20160528-18.jpg


(つづく)


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月06日 04:26 ] 和歌山県 | TB(-) | CM(0)

とあるIT企業の採用面接の面接官体験 その2

リクルートシーズンまっただ中ということもあり、私の会社でも採用活動を
やっているのだが、先週また面接官を頼まれた。

最近出張がちということもあり、学生のエントリーシートを見る時間も惜し
いのであるが、中途半端な姿勢で面接をするのも学生に失礼なので、
隅々に目を通した。

今回も、男子学生である。

大学のレベルは関東の中堅大学の中で下位だが有名な大学とだけ
言っておく。

また、ITとは関係のない学科の学生である。ただし今度は理系。

いつもと同じ要領で、学生に対して質問するのではなく、意表をついて
私の自己紹介から始まる。

学生に質問させると、海外での仕事の苦労点とか、課長という立場で
何が一番大変かと言った、わりと突っ込んだ質問をしてきた。

次に学生への質問について、エントリーシートに沿って、答えやすい
質問とか、答えにくい質問とかをしてみたところ、ちゃんと矛盾なく答え
ていた。

なんで、学科と関係のないIT系を志望したのかといった質問にすると
就職に際し友人がIT系を志望しており、IT系の仕事の内容をきき、
それまで持っていたコンピュータに黙々と向き合う仕事ではなく、人と
コミュニケーションを取りながらやる仕事で、かつ、メーカー系という
ことで、ものづくりへの貢献を通して社会に役立てるからと答えた。

表情や態度も含め、この学生はうちの会社でやっていけそうだと
思った。

最後に何かありますか?の質問は、会社の中期プランを見たが、
その中期プランを達成するために、どのように取り組みをされている
のかというものだった。

おーーー。そんなの知らん。

冷や汗をかきながらも、社内の自部門や他部門の活動内容を思い
出しながら、学生にはもっともらしく聞こえるように答えた。

面接の後、人事担当と話をし、彼なら会社でやっていけるだろうし、
二次面接に通過させることとなった。

ついでに、人事担当にあのレベルでやっと通すぐらいというのも、厳し
い基準だが、過去のある時期のうちの社員にレベルの低い人間が
散見される。過去はどういう基準で決めていたのか?

と聞くと、自分も知らないが、コンピュータの経験とか興味みたいなも
ので決めていたらしいとのことだった。

また、今週の金曜日に3回目の当番が回ってくる。

今度は是非女子の面接を経験してみたい。(笑)

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月05日 04:53 ] とあるIT会社にて | TB(-) | CM(0)

部下君の忌まわしい記憶?

私の部下のうち、家庭>>>>>>仕事の部下がおり、ブログのような
日記を定期的に更新している。

その部下が、「忌まわしい記憶」として、毎年日記にに書いていることがあ
る。

その忌まわしい記憶というのは、自分の息子の誕生の瞬間に立ち会わせ
てもらえなかったことであるという。

この部下の記事を見て、私としても毎年、部下の忌まわしい記憶を思い出
してしまう。

部下の日記によると、私は杓子定規な上司として描かれていた。

私の記憶では、その部下の子供が生まれそうな当日になり、
「妻の陣痛が始まった。」
「自分には毎月月末に定例でやっているルーチンワークがある。」
「どうすればよいかわからない。」
という相談があった。

多分、日頃のお人好しの旅好きおやじのことだから、誰かに仕事を振って
くれるだろうと期待したのだろう。

しかし、私の発言は
「部下君が、行っても何も変わらないし、月末はみんな忙しいので、部下君
 がそのルーチンワークをしてくれ」
と言い仕事をさせた。

それを、「仕事が大事、家族のことなどどうでもいい」という上司として登場
しているのである。

しかも、結構誇張されている。

私が彼の日記を見ていることを彼には言っていないので、彼に日記の感
想をいうことはない。
日記を見ていることを知っていたところで、彼に何を言ってもわかっても
らえることはないだろうが、私がなぜ帰さなかったかは次のとおりである。

・そのルーチンワークは1時間半かかる作業で、手順書はあるのだが、
 開発者が自分用で操作するために作った手順書で、かなり端折られた
 表現で操作ミスを誘発する表現が多々あり、その部下君以外の慣れ
 ていない人間にやらせるとミスる可能性がある。

・月末なので他の部下も忙しい。

・そのルーチンワークの引き継ぎ元の部門に、部下君の奥さんが陣痛
 だから帰させたいと言うこともできたが、その部下君の仕事に対する
 精度が悪く、彼の評判もすこぶる悪く「担当を変えてくれ」とまで言われ
 ている状況だった。
 私が引き継ぎ元の部門の人間だったら、何むしのいいコトを言ってい
 るのだと言うだろうし、そう言われるのは必至だった。

・実は、そのルーチンワークを行うシステムを設計・構築したのは、何を
 隠そう私であり、運用フェーズに入ってからもそのシステムを担当して
 いたので、私もその気になったらやってあげることができたが、彼の仕
 事に対する態度もあり手伝う気になれなかった。

そもそも、相談という形で打診してきたものであり、出産に何が何でも
立ち会いたいと素直打診していれば、私の態度が変わっただろうし、
もし、本当に立ち会いたいのなら、周りと調整して根回しをすればいい
話なのだが、そういったこともできない部下に対する、私の判断は、今
でも間違っていないと思っている。

多分、他の部下が同じ打診をしてきたら、その人の人間性によるが、
帰していただろう。(笑)

まあ、日頃の態度が自分に返ってくる、因果応報というやつである。

ちなみに、そのルーチンワークの操作手順書は、私の指導のもと、
彼の手によって、誰がやってもミスをしないようなものになっている。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月04日 02:26 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

小松のシャッター通り商店街

石川県の中でも地元に縁のある企業として、別格の存在とされるのは、
小松市で創業した小松製作所である。

小松製作所は、現在は小松駅から一つ離れた粟津駅の近くに粟津工場
という主力工場があるのだが、かつては、小松製作所の創業の地である
小松駅の近くにも小松工場があり、主要工場があったのだが、2010年3月
に閉鎖されてしまった。

小松駅は小松製作所の企業城下町として、小松製作所やそれに関する
会社や下請け会社で賑わっていたのだが、小松工場の閉鎖の影響から、
小松駅前の商店街がやばいことになっているようだ。

小松駅をおりてみた。
20160505-35.jpg

ほとんど人通りがない。
20160505-36.jpg

池上時計店には中古の時計が飾られていたのだが、1万円以内の時
計が半数以上あった。
20160505-37.jpg

駅前は、ショーパブやら、外国人パブなどもあったが、居酒屋のチェー
ン店のような店も見当たらない。
20160505-48.jpg


猫ばし 飴屋通り商店街。
20160505-38.jpg

昔ながらの商店が立ち並ぶ。

商店街の入口から2軒目の店は「ヨルナビ」という風俗の無料案内所
と書かれていたが、中はもぬけの殻で、貸し物件となっていた。


おば服やなどは、まだかろうじて営業しているが、店名が剥がれたまま。
20160505-39.jpg

ブラジル人の店。
20160505-40.jpg

国際テレフォンカードみたいなものも売っているようだが、使われている
のだろうか。

かつての企業城下町だった頃は、ブラジル人もたくさん来て働き口もあった
のだろうが、工場が閉鎖されてもこのように日本に残って何か仕事があるの
だろうか。

ナショナルの冷暖房。看板をPanasonicに変える金もないようである。
20160505-41.jpg

結構広い商店街ではあるのだが、人っ子一人いない。
20160505-42.jpg

パンストの自動販売機。
20160505-43.jpg

かなり寂れてしまっているのである。
20160505-44.jpg

時折車が猛スピードで商店街を突っ切って行くが、この商店街もなめ
られたものである。
20160505-45.jpg

シャッター半開き商店。
20160505-46.jpg

歩く人は皆無。しかし、ドキュソ落書きなどはなく治安が悪い感じはなかった。
20160505-47.jpg

Wikipediaによると、
「企業城下町(きぎょうじょうかまち)とは、特定の一社の企業の事業所や
工場及び関連会社の工場や下請け子会社などが一自治体における
産業の大部分を占め、その企業によって住民が主たる労働機会を与え
られることで、その企業の盛衰が都市の盛衰に直結するような都市を
指す言葉」

とあった。

北陸でも別格とされる小松製作所の小松事業所の閉鎖に伴い、ここまで
寂れてしまうというのも、当然ではあると理解できるのだが、その後の街
の様子をみると悲しくなってくる。

アメリカのデトロイドのように、かつて自動車産業が発展した街が荒廃し、
治安が悪くなり、街も破産したといった事例があるが、この小松はドキュ
ソ落書きなんかも見当たらず、なんとか小奇麗さを保っており、池上時
計店の時計とともにひっそりと時をおくっているようである。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月03日 04:38 ] 石川県 | TB(-) | CM(0)

民主主義という病い

久しぶりにゴー宣が発売されたので、発売日の1日前に購入して読み始
め、先月中に読み終えた。

フランス革命のあったフランスのパリを旅行しながら、民主主義について
説明してくれている。

デモで「民主主義ってなんだ?」「これだ」とSEALsという大学生の団体が
活動をしている。彼らにかぎらず、民主主義というものを誤解している
人間が多いが、そんな人達は一読したほうがいいだろう。

選挙により投票された議員が代表となり、さらにその代表たちが総理
大臣を選ぶわけであるが、そんなプロセスを全く無視して、デモにより、
「安倍はやめろ」とか「民主主義ってなんだ?」という言っている姿は
滑稽としかいいようがない。

本にあるように、民主主義でなくても、王政にしろ、貴族政にしろ、本には
書いていないが、共産主義であろうと堕落しなければどの制度でも良い
と思えた。

結局、支配層に徳がないと堕落するわけで、徳を期待できなければ、
堕落しない仕組みが必要である。

この本の結論として、選挙民も非選挙民も「愚民」だと小林よしのりは
締めていたが、人間など愚かな生き物であり、そんな愚かな生き物に
対して徳を求めるのには限界があり、そんな中でも今の間接民主制と
いうのは、工夫された制度だとは思う。

ただ、民主党を与党にしてしまうという意味ではまだまだ、欠陥も多いの
だろう。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月02日 04:42 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

幼稚園を嫌がる次女

5月の中頃から次女が朝起きてしばらくすると「幼稚園いやだ」というように
なってしまった。

そう言っていても、幼稚園バスが来たら特にゴネることもなく行くようであ
るが、登園の用意の際に嫌がるのである。

長女の時は年少の頃から幼稚園に行くのを楽しみにしていたし、次女も
4月は喜んでいっていたのに、何故なのだろうか?

子育てサイトで調べてみた。

(1)お友達とのトラブル
(2)先生が怖い
(3)クラス替えでお友達や先生が変わった
(4)パパやママが恋しい
(5)苦手なことがある
(6)登園前の時間が慌ただしい
(7)体調不良

が挙げられていた。

先生は2人いてやさしいと評判の先生なので、(1)(5)については先生
に確認できる機会にでも確認しておきたい。

今まで家にいた頃はやりたい放題で、せいぜい父、母、姉に怒られ
るぐらいだったのが、幼稚園だと集団生活で、わがままが効かず、我慢
することが多くなったからなのだろう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年06月01日 04:02 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2016年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1001位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
178位
アクセスランキングを見る>>
おやじ日記ランキング
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム