旅好きおやじの日記 TOP  >  2016年12月
月別アーカイブ  [ 2016年12月 ] 

≪ 前月 |  2016年12月  | 翌月 ≫

今年のブログをふりかえって 2016

私には今日の日のために2年もかけていた仕事があるわけであるが、とうとう
今日やり終えてしまえば、出荷検査という意味では完了である。

リスクはトコトン潰してきたし、不可抗力である天候のリスクも消え、残るは
プロジェクトメンバの健康面だけになったがそれも問題なさそうである。
朝3時現在、予定通りに進んでいる。

あとは今まで準備してきたことを着実にやるだけである。

さて、今年のブログをふりかえってであるが、選択した記事の考え方も、例年と
同じで、普通に選択すると国内旅行や海外旅行、日記のカテゴリに偏ってし
まうので、なるべく色々なカテゴリから選ぶようにしている。

1月28日 インフレーション宇宙論(自然科学)
 量子論とか宇宙論の本は好きなので昔から読んでいる。
 去年までは、クウォークやレプトンという原子よりも1レベル細かい素粒子
 に関する本までしか読めていなかったが、今年はそれよりさらに1レベル
 細かい、ひも理論の本も読むことができた。
 真空の話や、宇宙誕生直後の10-36秒後から10-34秒後までの一瞬の
 高エネルギー状態の話など、まだまだちゃんとは理解できていないが、
 なかなか興味深く、今後も読んでみたいと思う。

2月20日 会社支給携帯がiPhone 6sになった(商品)
 自分の携帯電話をスマホからガラケーに戻したが、会社の携帯はiPhone
 になった。
 数年前に買ったAndroidのスマホよりもサクサク動き、ネットを使っていて
 ストレスもない。
 Google mapや乗換案内、Yahoo!天気は出張で大活躍した。

3月18日 長女の幼稚園の卒園式(育児・教育)
 長女が幼稚園に入った頃は卒園などずっと先のことだと思っていたが、
 3年などあっという間であった。
 お友達の中にはもう一生会うこともない子もいると思うが、そんな感慨深い
 思いもなく、いつも遊んでいる友達と普通に別れていったのが幼稚園生
 らしいといったところか。

4月18日 2016年のエンベデッドシステムスペシャリスト試験での出来事(資格)
 もう何度も受けているこの試験に一向に受かる気配がない。
 自分の中では着実に実力を上げているという実感はあるが結果が伴っておらず
 去年よりも低い点数で不合格した。
 根本的な何かが足りないのだろうが、それが何かわからないというのが歯
 がゆい。

5月23日 2016年福井・石川旅行記(国内旅行)
 ゴールデンウィークを利用して人生で初めて北陸地方を旅した。
 今年はこれ以外にも、九州に2回、出張を兼ねて長野や関西に何回も行った。
 人生で最も日本を旅した年であった。
 福井のドライブは楽しかったが、金沢は混雑しており、いまいち楽しめなかった。

6月5日 とあるIT企業の採用面接の面接官体験 その2(情報システム)
 会社の採用面接の一次面接の面接官として声がかかった。
 私が担当したのは合計3人で、1人は一次面接で落とし、2人は通した。
 そのうちの1人が来年入社することになった。

7月9日 コナミスポーツに通い始めた(健康・スポーツ)
 健康診断の結果を見てもびくともしなかった私だったが、健康診断の結果、
 「要医療」となってしまい、本格的な運動をしなければならないと考えて
 いたところ、コナミスポーツで入会キャンペーンをやっていたので試して
 みることにした。
 これが、筋トレマニアだった私にあったのか、既に半年も続いている。
 当初はプールもよく使っていたが、最近は全くプールを使わず、マシン
 トレーニングとスタジオ参加が主となっている。

8月18日 2016年ベトナム旅行記(海外旅行)
 今年はプロジェクトの関係で海外旅行に行けないかと思っていたが、予想
 外に順調に進んだこともあり、有給をとっても仕事に影響がなかったので、
 中韓以外の近場であるハノイに行くことができた。
 H.I.S.のオプショナルツアーでハロン湾クルーズに参加し、他は2名以上
 の参加で私は1人だったが、ちょうどいい距離感で会話などもできて楽しかった。

9月12日 シン・ゴジラ(映画)
 昔、ハリウッド版のゴジラを見てクソつまらなかったので、どうせその類だろ
 うと思い、全く興味を持ってなかったのだが、じわじわと口コミで面白いと
 いう噂が広がったこともあり、観に行った。
 ゴジラを通して、国防とは何なのか、今の日本の世論や政府を風刺されて
 おりなかなか面白い映画だった。

10月12日 おかあさんといっしょに次女が出た(育児・教育)
 3歳の誕生月から4歳の誕生月の間1ヶ月に1度、合計13回まで応募できるという
 「おかあさんといっしょ」の出演募集に応募し、1回目で当選することができた。
 嫁のはからいでNHKのスタジオに私と次女が参加することができ、貴重な体験を
 することができた。
 また、オンエアは全国放送されたので、私の親にも見てもらうことができ、
 いい親孝行にもなった。

11月9日 神宮外苑の火事の話(時事・世相)
 神宮外苑でおがくずと木でできたジャングルジムに白熱電球を近づけたたため、
 発火し子供が焼死した。
 この事件は非常に痛ましい話であるが、このニュースを聞いたネットのコメント
 は「そんなこともわからないのか」という論調のものが多かった。
 おがくずに白熱電球を近づけたら発火するって、どこまで常識なのだろうか?
 結果論だけでコメントする人間たちの、正義感ヅラが気に入らなかった。

12月28日 日本100名城訪問記 その25(八王子城 2016/12/23)(国内旅行)
 長野の出張の前泊で新潟に行くことにしたのだが、出発日の朝、たまたま家の
 近くのコンビニで100名城の本を見つけた。
 新潟の春日山城のスタンプを皮切りに、4ヶ月間で25城に訪問した。
 結構きつかったが、これだけ短期間に1/4を制覇できたのはプロジェクトで
 全国各地に行けたおかげである。
 残り75城の中には険しい山城やら、電車がほとんど来ない場所にある城も
 ざらにあり、100城のスタンプを全て押すことができるのは、ずっと先の話に
 なると思う。

では、これから仕事を頑張ってこようと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2016年12月31日 03:29 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

2016年の目標達成度評価

今年の元旦に、今年の目標を発表した。

今年も100点満点で評価してみたいと思う。

今年の目標をおさらいすると次の3つだった。

1.とあるインフラの切り替えプロジェクト成功
2.エンベデッドシステムスペシャリストの合格
3.体重を80.0kg以下にし、それを維持する


1.は今日の朝から明日の朝まで移行作業、明日はシステム担当者たち
60人体制で、正しく移行されたかどうかを確認し、業務の初動確認は
1/4になる。
そのため、現時点では成功したとは言い切れない。
点数がつけられないので、1/5にでも再報告したいと思う。

2.については、今年は4回目の受験で4回とも不合格。
前年、点数が下がったため勉強し対策も変えたにもかかわらず、午後1の点
数が年々下がり、50点以下の49点となってしまった。
この結果に対する評価は、無慈悲に0点である。

3.については年始に94.0kgで、6月頃には96.0kgとなったのだが、その後、
コナミスポーツに通いはじめ運動習慣がついたため、90kg前後で落ち着いて
いる。
今のところ筋肉がメインであり、筋肉をつけるため炭水化物も十分に取って
いるが、この比重を変え、また食事も減らそうと思っている。
目標の80kgには程遠いが、運動習慣がついたということで60点としたい。


総合点数は、1.の結果を待って、追々報告したい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月30日 04:43 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

コナミスポーツ半年経過

コナミスポーツに通い始めたのが今年の7/4で、あれから半年になる。

結局、体重は90kgから下がらないのだが、筋力や持久力は始めたころと
比べてかなり増えたことを実感している。

12月後半はほぼ毎日のように、しかもあちこちの支店に行ったが、昨日
は体を休めたので27日がトレーニング収めである。
6日もトレーニングに空きが出てしまうので、正月は家の近くでもランニング
しようと思っている。

今回も、新しく行った支店の感想を書いてみたい。
関西出張時に行った大阪の支店についてはすでに書いているので、関東の
支店について書いてみたい。

■飯田橋(カテゴリⅣ)
 12月のリニューアル前に行ったが、狭く暗く、またトレーニングルームでは
 携帯の電波も届かないため、リカベントバイクを漕ぎながらネットもできず
 筋トレマシンも数が少なかった。風呂もないし、筋トレだけして出てきた。
 東京の新宿区のような大都会ではレベルⅣでも、地方ならば同じ施設でも
 カテゴリⅠかⅡのレベルである。
 通勤の動線上にもないので、もう二度と行かないだろう。
 つづログ対応はしていた。

■二子玉川(カテゴリⅣ)
 「にこたま」という名前で有名な、世田谷というリア充プチ富裕層エリアとい
 うこともあり、子供にお金をかけているのだろうか、子どもの運動塾がメイン
 のようなスポーツクラブで、スタジオプログラムも午後の7時ぐらいまでは
 子どものメニューが多かった。
 つづログ対応している。筋トレマシンの数も少ないが来ている大人の数も
 多くなかったので、もう一回行ってみてもいいかもしれない。

■府中(カテゴリⅣ)
 東京とは言っても23区から離れているので、施設の内容もカテゴリⅣという
 名には恥じない施設だった。
 祝日の昼間に行ったのだが、来ている人は50代前後の人が多かった。
 スタジオ1でZUMBAをやった。
 他にも、ビーチバレーやインドアテニス、サッカーなどもある。
 筋トレマシンもつづログ対応しており、なかなか充実していた。
 風呂は充実しており広い風呂や露天風呂などもあった。
 休憩室も広く、トレーニング後はゆったりとネットをしてくつろいだ。
 私の入ったときは洋風風呂だったのだが、男性の場合、月の前半は和風風
 呂、月の後半が洋風風呂となっている。これは女性の場合逆になる。

20161228.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月29日 04:48 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その25(八王子城 2016/12/23)

日本100名城、25番目の訪問は八王子城である。

100名城今年最後の訪問になる。


八王子城ができたのは、1587年北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされる3年前である。
城が作られた目的は、城ができる16年前に、武田信玄が小田原攻撃に向かっ
て来た際に、近くにあった滝山城では防衛が難しいためである。

しかし、1590年豊臣秀吉の小田原征伐の一環で、この八王子城は上杉景勝、
前田利家、真田昌幸らに攻められ、一日で落城してしまった。

主力は小田原におり、八王子城に立てこもっていたのは農民や婦女子を主
とした3,000人程度の人間で、景勝、利家、昌幸合計15,000人の部隊に勝て
るわけがなかった。

そんな八王子城であるが、城主の北条氏照は合戦、外交、内政など万能な
良将で領民からも慕われていたのか、今でも八王子のあたりは北条氏照推
しである。

八王子城へは八王子駅ではなく高尾駅で降りる。
20161223-01.jpg

高尾駅の北口へはJRの駅を通って行かなければならない。
20161223-02.jpg

近鉄電車から降りてJRの駅を歩く伊勢市駅に似ている。

高尾駅の玄関。周りに調和している。
20161223-03.jpg

高尾駅から高尾の森わくわくビレッジ行きに乗る。
20161223-04.jpg

休日は八王子城跡までバスが出ているのだが、1時間に1本しかなく、タイミ
ングもあわなかったので仕方なく、別のバスわくわくビレッジ行きに乗った。


霊園前・八王子城跡入り口で降りる。
20161223-05.jpg

東京霊園の近くということもあり、バス停を降りるとどんよりとした雰囲気になった。
20161223-06.jpg

八王子城跡に向かう。
20161223-07.jpg

八王子城跡まであと800m。
20161223-08.jpg

枯れ木が寂しさを増幅させている。
20161223-09.jpg

イノシシが出るのか。
20161223-10.jpg

途中、北条氏照の墓があるというのでそちらに向かった。
20161223-11.jpg

お墓までの道はちゃんと整備されている。
20161223-12.jpg


北条氏照の墓。
20161223-13.jpg


北條氏照まつりのポスター。えらい色あせているが、今年開催のまつりの
ポスターのようである。
20161223-14.jpg

ガイダンス施設に到着。
20161223-15.jpg


ガイダンス施設に入るなり、100名城スタンプゲット。
20161223-16.jpg


北条氏照についてのビデオが上映されていた。
20161223-17.jpg

八王子城の子供用解説シートを見ながら、八王子城に向かう。
20161223-18.jpg

山城についてわかりやすく解説されており、城といえば天守閣という素人向け
にもわかるように書かれておりためになった。

八王子城跡に到着。
20161223-19.jpg


天守閣跡は何もなくかなり歩くというので御主殿跡に行くことにした。
20161223-20.jpg

写真ではわかりにくいが小川の水が澄んでおりきれいである。
20161223-21.jpg

曳橋。合戦になったらこの橋が落とされ城を守る。
20161223-22.jpg

御主殿跡が見えてきた。
20161223-23.jpg

御主殿の門。
20161223-24.jpg

御主殿の跡地。
20161223-25.jpg

御主殿の裏の、御主殿の滝に行ってみた。
20161223-26.jpg

御主殿の滝にはお花が祀られている。
20161223-27.jpg

豊臣氏に落城させられた領民たちは次々とこの滝に身を投げ、この滝は
三日三晩赤く染まったという。
20161223-28.jpg

今回の八王子城訪問は、北条氏照や北条氏、そして氏照がここまで慕われて
いるということを知ることができたということで、有意義な訪問となった。
20161223-29.jpg

八王子城データ
別名なし
城郭構造山城
天守構造
築城主北条氏照
築城年1587年(天正15年)頃
主な改修者なし
主な城主北条氏照
廃城年1590年(天正18年)
遺構石垣、曲輪、御主殿跡
指定文化財国の史跡
再建造物石垣・虎口・引き橋
位置東京都八王子市(北緯35度39分10.56秒 東経139度15分7.61秒)
交通手段京王・JR高尾駅-西東京バス5分霊園前・八王子城入口下車-徒歩20分
(休日の場合、高尾駅から八王子城跡まで1時間に1本程度バスが出ている)
スタンプ八王子城跡ガイダンス施設




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月28日 04:20 ] 東京都 | TB(-) | CM(2)

日本100名城訪問記 その24(箕輪城 2016/12/13)

日本100名城、24番目の訪問は箕輪城である。

長野出張の日、朝早く家を出発し高崎で降りてバスで箕輪城まで行った。

高崎から箕輪城へのバスがそれほど出ていないので、午後1に長野の出張先
に間に合うためには、かなり余裕を持って家を出なければならないため、
家を6時前に出た。

箕輪城の城主だった長野業正は猛将として知られ、武田信玄を手こずらせた
武将である。

信長の野望などのゲームでも、かなり評価が高く、業正を手に入れると、
その後の展開がかなり楽になることを思い出した。

また、長野業正の子孫には、元フジテレビアナウンサーの長野智子がいると
いうのも豆知識のうちの1つである。

北陸新幹線で長野に行く途中の高崎駅で途中下車。
20161213-01.jpg

ゆるキャラぐんまちゃん。中央競馬のゆるキャラと配色とかよくにている。
20161213-02.jpg

高崎駅。時刻は7:55分。写真を撮っていると、55分発のバスが54分に発車
してしまった。
20161213-03.jpg

次の箕郷行きバスが来たのが20分後。
20161213-04.jpg

バスで30分。
20161213-05.jpg

スタンプの置いている箕郷支所の最寄りである四ツ谷バス停で降りる。
20161213-06.jpg

ようこそ箕郷へ。まずは高崎市の箕郷支所でスタンプをもらいに行く。
20161213-07.jpg

高崎市役所の箕郷支所。
20161213-08.jpg

入り口の受付でスタンプを貸してもらい、スタンプゲット。
20161213-09.jpg

スタンプを押したあと、箕輪城に向かう。箕輪城まで徒歩30分かかる。
20161213-10.jpg

小学校には箕輪城の地図とか子どもたちの書いた箕輪城の絵が展示してあった。
20161213-11.jpg

10分ぐらい歩き箕輪城跡の入口に到着。
20161213-12.jpg

搦手口。いわゆる城の裏門である。
20161213-13.jpg

郭馬出西虎口門。実は復元されてまだ一ヶ月も立っていないというできたてホ
ヤホヤの復元された門。
20161213-14.jpg

本丸の方向に向かう。
20161213-15.jpg

かなり整備されているが観光客はほとんどいない。
20161213-16.jpg

箕輪城跡の石碑。
20161213-17.jpg

本丸のあった場所。
20161213-18.jpg

武田信玄は「業正ひとりが上野にいる限り、上野を攻め取ることはできぬ」と
嘆いたと言われるが、長野業正が亡くなったあと、信玄は大いに喜び、
「これで上野を手に入れたも同然」と述べて、すぐに軍を上野に向けた。

その後、武田四天王の一人内藤昌豊がこの城に入ったという。

箕輪城データ
別名梯郭式平山城
城郭構造なし
天守構造
築城主長野業尚
築城年1512年(永正9年)
主な改修者武田氏、北条氏、井伊氏
主な城主長野業正、内藤昌豊、滝川一益、北条氏邦、井伊直政
廃城年1598年(慶長3年)
遺構石垣、土塁、空堀、馬出し、井戸
指定文化財国の史跡
再建造物
位置群馬県高崎市(北緯36度24分17.8秒 東経138度57分3.5秒)
交通手段JR高崎駅-群馬バス箕郷行き30分(箕郷支所)-城跡へは更に徒歩30分
スタンプ高崎市役所箕郷支所



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月27日 04:41 ] 群馬県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その23(二条城 2016/12/12)

日本100名城、23番目の訪問は二条城である。

先日行った千早城と比べると、駅近の非常に行きやすい城である。

戦国フリークだった私としては、二条城というと足利将軍家の城というイメージ
を持っていたが、現存しているものは徳川家康の京への滞在中の宿所として作った
城であり、足利氏の二条城とは別のものである。

そんな二条城に前回行ったのは、確か小学校6年生の遠足のときだったと思うが、
それから30年以上ぶりの訪問となる。

地下鉄の二条城前駅到着。
20161212-01.jpg

地上に上がる。
20161212-02.jpg

駅を降りたすぐの信号を渡ればそこは二条城である。
20161212-03.jpg

やはり世界遺産だけあり堀も石垣も櫓も整備されている。
20161212-04.jpg

入場料600円。統一相場かのように入場料600円の城が多い。
20161212-05.jpg

この砂利の質感。小学校の遠足で整列させられ先生の話を聞いたとき以来。
20161212-06.jpg

世界遺産なので結構外国人観光客も多かった。
20161212-16.jpg

絢爛豪華な門。二の丸御殿唐門。
20161212-07.jpg

二の丸。
20161212-08.jpg

写真を取れるのは入り口まで。
20161212-09.jpg

ここのふすまをみると、小学校の遠足でクラスの女子が落書きをしてしまい、
全校生徒がコンコンと説教された嫌な思い出を思い出す。
(参考:小学生時代の遠足(2011/7/21))

廊下を歩く時にキュッキュと鳴るのだが、これは意図してそうして作られた
というわけではなく、偶然そうなったということを初めて知った。

中庭。
20161212-10.jpg

スタンプは休憩所にあるという。
20161212-11.jpg

1,200円もする黄金アイス。誰が食べるねん!
20161212-12.jpg

スタンプが設置していたので、
20161212-13.jpg

台紙に判子を押した。
20161212-14.jpg

お約束であるが、1,200円払い黄金アイスを食べる旅好きおやじであった。
20161212-15.jpg

二条城データ
別名旧二条離宮・元離宮二条城
城郭構造輪郭式平城
天守構造複合式望楼型5重5階(1603年移築)
複合式層塔型5重5階(1624年築)(非現存)
築城主徳川家康
築城年1603年(慶長8年)
主な改修者
主な城主徳川氏
廃城年1871年(明治4年)
遺構御殿・櫓・門・番所・土蔵・石垣・堀・庭園
指定文化財国宝(二の丸御殿6棟)
国の重要文化財(建造物22棟、二の丸御殿障壁画1016面)
国史跡、特別名勝(二の丸庭園)
世界遺産(古都京都の文化財)
再建造物
位置京都府京都市(北緯35度0分50.96秒 東経135度44分51.0秒)
交通手段京都市営地下鉄東西線二条城前駅徒歩2分
スタンプ二条城大休憩所



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月26日 05:07 ] 京都府 | TB(-) | CM(0)

マジカルポッドとカクレモモジリつむつむ

今年の子供へのクリスマスプレゼントは、長女用にはディズニーのマジカル
ポッド、次女にはこびとづかんのカクレモモジリのおもちゃである。

長女は、11月頃、マジカルポッドが欲しい欲しいと言うので、クリスマスプレ
ゼントでこれを買ったのだが、一昨日あたりからぷにジェルというアクセサ
リーのおもちゃが欲しいといい出したのである。

長女がサンタクロースを信じているかどうか知らないが、サンタクロース
も忙しいので、クリスマスは予め選んだものを配るだけなので、2~3日
前に欲しいものが変わっても多分ぷにジェルは来ないだろうと言ってお
いた。

次女は、最近「こびとづかん」にハマっているので、安いのおもちゃを
買った。

次女は小さいので、まだなんでもいいだろう。

今日起きてどんな反応をするか楽しみではある。

20161224-01.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月25日 04:49 ] 商品 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その22(千早城 2016/12/11)

日本100名城、22番目の訪問は千早城である。

この城は戦国時代とか江戸時代の城ではなく、鎌倉時代から南北朝時代
にあった楠木正成の城である。

少数の手勢で、鎌倉幕府軍を追いやった難攻不落の山城である。

落ちない城、難攻不落の城として色々比喩され、1972年におきた浅間山荘
事件の浅間山荘も「昭和の千早城」と形容されたりしたが、楠木正成公と
脛かじり左翼とを一緒にするなと言いたいところである。

また、千早城は大阪府下で唯一の村である千早赤阪村にあり、大阪の
小学生であれば、社会科でそのことを習うだろう。

南海高野線の河内長野駅に到着。
20161211-02.jpg

子供の頃は何度かきたことがあるが、恐らく30年以上ぶりに降りた駅である。
20161211-01.jpg

3番乗り場でバスを待つ。
20161211-03.jpg

金剛ロープウェイ行きのバスに乗る。金剛山とか私にとって懐かしい響きである。
20161211-04.jpg

バスで約30分で金剛登山口バス停に到着。
20161211-05.jpg

千早城行きの登山道はバス停から歩いて100mぐらいのところ。
20161211-06.jpg

0.3kmで30分ってどんだけ老人の足なのよと思いながら看板を見ていた。
20161211-07.jpg

千早城攻めに挑戦。
20161211-08.jpg

石畳が固く、足の裏に反作用の力がもろにかかり結構つらい。
20161211-09.jpg

ハアハア。確かに300m歩くのも30分かかるかもしれない。
20161211-10.jpg

中腹で一休み。
20161211-11.jpg

これはキツイ。
20161211-12.jpg

楠正成の石碑。
20161211-13.jpg

ようやく千早城跡についた。確かにこの城を攻めるのは難しいと体感した。
20161211-14.jpg

店も閉まっていた。
20161211-15.jpg

楠神社には更に階段を登る。
20161211-16.jpg

千早城址と、幕府軍を欺いた藁人形。
20161211-17.jpg

神社の鳥居。
20161211-18.jpg

千早神社に関する説明。
20161211-19.jpg

特に賽銭せずにこの場を去った。
20161211-20.jpg

ここから先に金剛山があるのだが、体重の重い旅好きおやじは、とても
登れるとは思えなかった。

登山口麓に戻る。
20161211-21.jpg

まつまさというお土産屋でスタンプを押せる。
20161211-22.jpg

スタンプゲット。
20161211-23.jpg

山城は平城と違い、1日で1城ぐらいしか周れないわけで、これから残りの
城のスタンプを押すのは、何年語になることやらである。


千早城データ
別名楠木詰城、金剛山城、千早の詰め城、千早のかくれ城
城郭構造郭式山城
天守構造なし
築城主楠木正成
築城年元弘2年/正慶元年(1332年)
主な改修者不明
主な城主楠木氏
廃城年明徳3年(1392年)
遺構曲輪、空堀
指定文化財国の史跡
再建造物
位置大阪府千早赤阪村(北緯34度25分2.01秒 東経135度39分4.31秒)
交通手段南海高野線河内長野駅-金剛ロープウェイ行き30分 金剛登山口バス停下車20分
スタンプまつまさ


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月24日 04:34 ] 大阪府 | TB(-) | CM(0)

板前焼肉一斗

2年間に渡った関西出張旅行の締めとして、お金を奮発して安い和牛を出すこと
で有名な天下茶屋にある板前焼肉一斗という店に行った。

前々からこの店に来たいとは思っていたのだが、いかんせん和牛は高いので、
最後の最後での来店となった。
20161210-19.jpg

近くにある飛田新地は迎春の提灯が飾られていた。
20161210-18.jpg

板前焼肉一斗に、開店の30分ぐらい前に到着。
20161210-20.jpg

17時近くになり店内に案内される。
20161210-21.jpg

アントニオ猪木とか桂三枝とかの来店写真が飾っていた。
20161210-22.jpg

脂が乗ったうまそうな和牛。
20161210-23.jpg

大阪らしい成金趣味のオブジェ。
20161210-24.jpg


厚切り牛タンまつりというのをやっていたが、適当に注文。
20161210-25.jpg

すごいうまそうな肉である。
20161210-28.jpg

早く焼けないかな。
20161210-27.jpg

めちゃくちゃ美味しかった。
20161210-29.jpg

駅から遠い場所にあるのにこの賑わい。
20161210-30.jpg

チェリービールも頼んでみた。
20161210-31.jpg

この店、特筆すべきは肉の質もあるが、それよりも店員の手際の良さ
が際立っていた。
中国人の店員さんなのだが、そのへんの日本人の店員よりもずっと礼儀
が正しく、全てにおいて正確である。
注文も1回聞いたら全て間違いなく覚え、数分後にはテーブルに運ばれる。

冷麺でしめた。
20161210-32.jpg

総額7,500円ほどで和牛がたらふく食べられて満足であった。

また、この板前焼肉一斗のタレも甘酸っぱく美味しかった。
20161210-33.jpg


たらふく食べて、ブレイク氏との大阪出張プロジェクトの打ち上げを終えた。
20161210-34.jpg

今後は、1年に1回ペースでの帰省になるが、また何かいいことがあったら、
ここに食べようと誓う旅好きおやじとブレイク氏であった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月23日 03:30 ] サービス | TB(-) | CM(0)

辻元先生の地元、高槻とタチソ訪問失敗記

約2年に渡るプロジェクトで、1~2ヶ月に1度は関西に出張があり、その都度
友人のブレイク氏と関西地方をぶらついた。

・神戸の高架下の商店街
・尼崎の杭瀬
・京都大学吉田寮
・鶴橋の商店街や生野コリアタウン
・京都の佛教大学裏の集落
・舞洲のスラッジセンターでの社会見学
・大正のリトルオキナワ
・能勢温泉
・川西の外八理容
・奈良の天理や奈良健康ランド
・和歌山毒カレー事件現場周辺
・天下茶屋周辺
・堺の舳松と芦原橋の人権博物館
・弁天埠頭

など、それぞれいい思い出である。

この出張もこの12月で終わりということで、最後を飾るにふさわしいところで
締めようと、高槻を散策することにした。

高槻駅に到着。
20161210-01.jpg

商店街を歩く。
20161210-02.jpg


高槻というと、転勤族が多く済む地域、ハイソな高級住宅街など、いろんな
イメージがあり、旅好きおやじの母の兄が住んでいたところで、その親戚は
金持ちだったので、金持ちの住むところという幼少の頃のイメージがあった。

最近では、中1の男女がロリコンの糞野郎に殺害されたという痛ましい事件
も起きた場所として、全国でも有名になった場所でもある。

そして、高槻といえば、我らが辻元先生の地元でもあり、我々大阪の誇りである。
20161210-03.jpg

辻元先生、維新の会などぶっ倒しがんばってください。
20161210-04.jpg

商店街を歩いて思ったが、わりと庶民的な街のようで、
20161210-05.jpg

駐輪禁止の場所に大量に自転車を停めているというのも、大阪クオリティ。
20161210-06.jpg

ちょっと、辻元先生の大阪の事務所の近くを見に行くことにした。
20161210-07.jpg

寺本レジデンス。ここの2階が辻元先生の事務所だが、それらしい看板などは
なにもなかった。
20161210-08.jpg

腹が減ったので最寄りのラーメン屋で昼食をとることにした。
20161210-09.jpg

辻元先生のサインが飾ってあった。
20161210-10.jpg

腹ごしらえも終わったので、「タチソ」に向かうことにした。
20161210-11.jpg

バスで砕石所に移動する。
20161210-12.jpg

記事のタイトルを見て「タチソ」って何と思った人がほとんどだと思うが、
「タチソ」とは、高槻地下倉庫の略である。

ここでは、戦時中に何十万人もの罪もない朝鮮の人たちが強制連行させられ、
38年に渡り日帝の悪党どもにこき使われた場所である。

タチソの最寄りとされる採石場前のバス停に到着。
20161210-13.jpg

歩いて砕石所に向かう。
20161210-14.jpg

残念ながら、ここは私有地であり中を見物することはできなかった。
20161210-15.jpg

人っ子一人いない。
20161210-16.jpg

人が歩くことのない道を、車に怯えながら変える旅好きおやじ一行であった。
20161210-17.jpg


※この記事の内容にフィクションが含まれます。実在の人物・団体とは一切関係ありません



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月22日 04:00 ] 大阪府 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その21(山中城 2016/12/9)

日本100名城、21番目の訪問は山中城である。

山中城は東海道線の三島駅が最寄り駅となる。

主に新幹線のぞみ号を使う人間にとっては、三島という駅の存在は知ってい
るが、わざわざひかりやこだまに乗って降りようとは思わない駅である。

どうせ、有力な国会議員の先生が誘致した駅か何かなのだろうと、思いなが
ら、初めて三島駅を降りてみたのだが、実は伊豆の玄関口だったということを、
はじめて認識した。

山中城という城は知名度も低いので、私も知らなかったのだが、行ってみて
びっくり、石垣を使わず盛り土だけで作った城ということで、同じような城ばか
り見て飽きてきていた私にとって、見ごたえがあった。

JR三島駅が山中城の最寄り駅になる。
20161209-39.jpg

観光地仕様の駅舎。
20161209-21.jpg

5番線のバスのりば乗り場で元箱根港行きに乗る。
20161209-22.jpg

バスからの風景を眺めていたが、結構開けて広い街なのに驚いた。
20161209-23.jpg

山中城跡のバス停まで約30分で到着。
20161209-24.jpg

スタンプは山中城跡案内所の売店の入り口に置いてある。
20161209-25.jpg

スタンプを押した。
20161209-26.jpg

スタンプも押したので、山中城を散策することにした。
20161209-27.jpg

入り口から途中まで一本道を歩く。
20161209-28.jpg

整備された道。石垣ではなく盛り土だけで道を作っている。
20161209-29.jpg

二の丸や本丸の間の堀。
20161209-30.jpg

攻める方としては、何があるかわからない恐怖感にかられるようである。
20161209-31.jpg

本丸跡。
20161209-32.jpg

この場所に本丸があったとされる。
20161209-33.jpg

西の丸。
20161209-34.jpg

本丸よりも面積は広い。
20161209-35.jpg

城からの風景。
20161209-36.jpg

このボコボコが甲冑を着た兵としてはかなりきついだろう。
20161209-37.jpg

石垣がなくても城はできるということで、城という物の本質は何なのか
ということを、改めて考えさせられた城であった。

帰りのバス停は、降りたときのバス停より250mほど離れているので
注意が必要である。
20161209-38.jpg

山中城データ
別名
城郭構造山城
天守構造なし
築城主北条氏康
築城年永禄年間(1558年~1570年)
主な改修者北条氏政
主な城主松田氏
廃城年1590年(天正18年)
遺構曲輪、堀、土塁
指定文化財国の史跡
再建造物
位置静岡県三島市(北緯35度9分23.03秒 東経138度59分32.71秒)
交通手段JR三島駅-東海バスオレンジシャトル30分山中城跡バス停下車
スタンプ山中城跡売店前



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月21日 04:56 ] 静岡県 | TB(-) | CM(0)

ローグ・ワン

日曜日は午前中、嫁が車の車検、長女が自治会のクリスマス会ということで、
次女と留守番をした。

午後は1人になれたので、武蔵小杉のコナミで2時間ほどトレーニングをした
あと、15:35から川崎の映画館でタダ券でローグ・ワンを観た。

スター・ウォーズシリーズは映画、DVDで全て観てはいるが、エピソード
4~6についてはDVDでの鑑賞なのであまり記憶に残っていない。
そんな私でも楽しむことができた。

またエピソード7のような誰にでもわかるようにおもねった作品ではなく、
ある程度前提知識を持ってみたほうがより楽しめる作品なのかなと思った。

ただし、ここのところ2時間を超える長い映画はどうしても、時計をチェッ
クしてしまうもので、時間を忘れてずっと没頭できるほどの作品ではなかった。

あと、チネチッタの新しい音響システムを初めて経験したが、足もとまで
響くサウンドにはびっくりした。

rogueone_2016.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月20日 04:18 ] 洋画 | TB(-) | CM(0)

戦時中の日本

戦時中の日本というと、ステレオタイプ的なイメージとしては、
「欲しがりません、勝つまでは」の標語の下、国民たちは不自由な生活に苦し
み、憲兵や隣組の監視の中、言いたいことも言えず暗く暮らしていたという
ものである。

確かに、そういう面もあるが、そういう世の中で人々がしたたかに暮らして
いる様子がレポートされており、なかなか興味深かった。

物資の乏しい時代、配給制度を敷いていたのだが、その配給に対しても
通帳を改ざんや二重申告などで不正受給している人がいたり、
敵性語を排除するという運動についても、実は国民の日常会話レベルで
はそこまで徹底されていなかったり、東京大空襲の3日後には演芸場で
寄せが開かれていたりと、戦時中でもお上の言いなりになるのではなく、
たくましく生きて行く日本国民たちを垣間見ることができた。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月19日 04:44 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!

昨日は2人の子供を連れて、妖怪ウォッチの映画を観に行った。

物語の鍵をにぎるある妖怪は、アニメの質感を実際の質感に変えるという
能力を持ち、主人公のケータやジバニャンたちが実際の世界に登場する。

ほとんど参考にならないことで有名なYahoo!映画のコメントをみると、
ボロクソに書かれていたが、私も子どもたちもなかなか楽しめた映画だった
のでそれほど悪い映画ではないと思う。

映画の前知識が殆どなかったので、実写版の登場人物を誰が演じている
のかをみるのもこの映画の楽しみ方の一つだと思うし、アニメ側からみた
実写の世界というのもうまく表現されていて面白かったと思う。

soratobukujiratodoublesekai.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月18日 04:32 ] 邦画 | TB(-) | CM(0)

大阪のコナミスポーツ4店

今月、関西出張があり、新たに大阪の4つの支店に行ってきたため感想を
書いてみたい

■心斎橋(カテゴリⅢ)
 地下鉄の心斎橋駅から多少歩かなければならない。
 つづログ非対応である。筋トレマシンはアダクターやアブダクタなど、
 ややマイナなマシンも置いており、設備としては十分であるが、
 リカンベントバイクなどはかなり古いものだった。
 スタジオではメガダンスという種目をやった。スタジオの広さとしては
 普通。

■北浜(カテゴリⅣ)
 地下鉄の北浜駅直結なので、雨が降っても濡れずに行ける。
 つづログ対応しており、スタジオプログラムの参加の際にもICチップの読み
 取りをする。つづログにはボディパンプのカロリー数が記録されていた。
 筋トレマシンは普通よりやや少ないが、有酸素マシンの台数は多かった。
 スタジオはかなり広く、土曜日なのにビジネス街の北浜に大勢の客がいた。
 大人数でのボディパンプは、結構テンションが上がる。
 通勤定期でわざわざ来ているのだろうか。

■弁天町(カテゴリⅡ)
 JR弁天町駅から屋根付きの連絡口を通っていける。つづログ非対応。
 SPAが併設されており、他のコナミスポーツに比べて風呂が2~3倍の広さ、
 休憩所もSPA施設そのものである。
 筋トレマシンの種類は少ないが、有酸素マシンは最新式のものだった。
 スポーツクラブというよりも、休憩所でくつろいだり勉強するなどして、
 隠れ家的に使ってもいい感じである。
 スポーツクラブとしてはカテゴリⅡでも施設全体ではⅣレベルである。


■梅田茶屋町(カテゴリⅣ)
 阪急梅田駅から徒歩数分のところにある。つづログ非対応。
 朝は7時からあいており、私も朝に入ってみた。
 窓から阪急電車を眺め、朝日を浴びながら優雅な気持ちでトレーニングが
 できる。
 元々他のスポーツクラブだったからなのか経緯は不明だが、例えばレッグ
 カールマシンがうつ伏せになって実施するタイプなど若干違っていた。
 風呂はジャグジーで結構深かった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月17日 03:55 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その20(小田原城 2016/12/9)

日本100名城、20番目の訪問は小田原城である。

私の住んでいる神奈川県では、100名城はこの小田原城だけである。

同じ神奈川県なのでいつでも行ける場所にあるのだが、交通費が片道で
1,000円以上近くするので、なかなか腰が上がらない。

今回は大阪に帰るついでに寄ってみることにした。

小田原城は戦国大名の走りである、北条早雲の城という印象が強いが、
実際はそれよりも前の1417年に築城されたとされる。

北条早雲が小田原城を大森氏から奪った跡、北条氏がこの小田原城を拠点
としたのは氏綱の時代で、その後氏康、氏政、氏直の5代にわたる居城として、
関東の政治的な中心地となる。

その後、小田原城は天下人豊臣秀吉に落とされ北条氏は滅んだ。

東海道線で小田原駅まで到着。ここに来たのは約5年ぶりである。
20161209-01.jpg

小田原駅。
20161209-02.jpg

駅前の昭和的な雑居ビル。
20161209-03.jpg

小田原城の正規ルートと書かれている道を歩く。
20161209-04.jpg

小田原城前のメインストリート。
20161209-05.jpg

武田信玄、上杉謙信、北条氏康の肖像画が書かれていた。
20161209-06.jpg

武田信玄、上杉謙信は、歴史オンチでも知っている名前だが、北条氏康と
なると、知名度は下がるが、北条氏康も2人に劣らず戦国時代の名君だったと
されている。


三の丸土塁跡。といっても城に興味がなければなにがなんだかわからないところ。
20161209-07.jpg

堀の橋を渡り小田原城に入場する。
20161209-08.jpg

城の中心部に向かう。
20161209-10.jpg

階段を登る。
20161209-11.jpg

小田原城到着。
20161209-12.jpg

大阪出身の私が初めてこの小田原城を見たときは、小さい城だなと思った。

天守閣だけを見ているとそうなのだろうが、ここまで来た道とか堀とか全体を
見て評価すると、難攻不落な城であったことが伺える。

600円払って小田原城に入る。
20161209-13.jpg

スタンプはお金を支払って入るエリアにしか置いていないのでタダではゲットできない。
20161209-14.jpg

小田原城の模型。
20161209-15.jpg

短編の映画をやっていた。
20161209-16.jpg

豊臣秀吉に小田原城を攻められ籠城している北条氏政と氏直が、もう落城寸前
で北条早雲の時代から現代までの北条五代記を回想しているというシチュエーション
の映画でなかなか面白かった。

北条早雲、氏綱、氏康あたりまでが名君とされる。
20161209-17.jpg

甲冑など。
20161209-18.jpg

小田原城最上階。今年リニューアルされ城の印象もだいぶ変わった感じである。
20161209-20.jpg

天守閣から見た小田原の風景。
20161209-19.jpg

5年ぶりに来たわけであるが、城もリニューアルされていて、なかなか見応え
がある城であった。

小田原城データ

別名小峯城(小峰城)、小早川城(小早川館)
城郭構造平山城
天守構造複合式層塔型3重4階(1633年 築)
(1706年 再)
(1960年 RC造復興)
築城主大森頼春
築城年1417年(応永24年)
主な改修者松平直政
主な城主後北条氏、阿部氏、稲葉氏
廃城年1871年(明治4年)
遺構石垣、土塁、堀
指定文化財国の史跡
再建造物天守、門
位置神奈川県小田原市(北緯35度15分3.77秒 東経139度9分12.39秒)
交通手段JR小田原駅徒歩10分
スタンプ小田原城天守閣内



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月16日 04:34 ] 神奈川県ほか | TB(-) | CM(0)

2016年忘年会

毎年この時期になると、サラリーマンの皆さんは忘年会に忙しい人も多い
と思う。

私は、あまり酒が好きではないし、部下も酒が好きではないので、酒好
きの上司がいなくなってからは私の課では忘年会をすることはなくなった。

これはいいことなのだが、残念ながら今年は部課長の忘年会がある
ようである。

どうせ、仕事の話にしかならず、つまらない話を聞かなければならず、
非常に憂鬱である。

特に、今年は仕事の後にコナミスポーツで運動することが習慣になって
いるので、忘年会によりカロリーをとりかつ運動ができない日が1日で
きるというのも、さらに忘年会を憂鬱にさせる原因が増えてしまった。

今年は、いつもの年にもまして、忘年会に出るのが嫌で嫌で仕方がない。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月15日 04:59 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

海賊とよばれた男

先週の土曜日、大阪の天王寺で観た映画。

出光興産創業者の出光佐三をモデルとした主人公・国岡鐡造の一生を
描いた映画である。

映画では、主人公が60代の頃、20代の頃、80代になってからなどシーン
が切り替わるが、岡田准一が見事に演じていた。

映画の内容も、一人の偉人の人生を描いた映画なので、見ごたえが
あったのだが、映画の後半は少し興ざめする場面があった。

石油メジャーを敵に回し、アメリカの石油会社とは提携できなくなった
国岡商店は、イランとの貿易に活路を見出すわけだが、当時、イギリ
スが経済封鎖をしていたイランとの貿易をするというのは、イギリスを
敵に回すことであり、また、イギリスもそういう船を見つけたら拿捕する
という手段を取っており、下手したら船を沈められるかも知れないのに、
タンカーの乗組員やその家族にそのことを告げること無く、イランに出
港させてしまうわけである。

それまでの良い話だったのに、これにより興ざめさせられてしまった。

小説はもう読みたいとは思わないが、出光佐三の人生とか当時の事件
を勉強してみたいと思った。

kaizokutoyobaretaotoko_2016.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月14日 04:37 ] 邦画 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その19(松本城 2016/11/24)

日本100名城、19番目の訪問は松本城である。

現代では、姫路城や彦根城と並び、国宝となっており名城中の名城で、松本
城というと知らない人がいないほど有名であるが、戦国時代には深志城と
呼ばれていた。

元々信濃守護の小笠原氏で、武田信玄に城を落とされたあと、武田四天王の
一人である馬場信房の城になる。
武田氏滅亡後、徳川配下であった小笠原氏の手に戻り松本城と改名された。

その後、徳川の宿老である石川数正の手に渡り、その後改築が進み、江戸
時代に現在のような城になったという。

松本城の最寄り駅は松本駅となる。
20161124-66.jpg

駅からは歩いて10分弱ぐらいの距離。
20161124-09.jpg

国宝松本城到着。
20161124-10.jpg

600円払い城門に入る。
20161124-12.jpg

スタンプは入口入ってすぐの管理事務所に設置されている。
20161124-70.jpg

スタンプゲット。
20161124-71.jpg

雪の松本城に入る。
20161124-15.jpg

靴を入れるビニールカバーを渡される。
20161124-17.jpg

階段を使って上に上がる。
20161124-19.jpg

ところどころ、矢を射る穴や鉄砲を打つ穴も有る。城に住むというのは難しそうだ。
20161124-21.jpg

手すりが竹と縄なので、体重の重い私にとってはちょっと怖い。
20161124-22.jpg

甲冑。
20161124-67.jpg

ミニ大砲。
20161124-69.jpg

上の階に行けば行くほど階段が急になる。
20161124-24.jpg

最上階。
20161124-25.jpg

最上階から見た松本の街。
20161124-27.jpg

江戸時代の状態で現代まで保存され国宝になっている松本城。

また、大きく立派な城であり、私が見た目以上の中では一二を争うレベルの
名城だった。

松本城データ
別名深志城、烏城
城郭構造梯郭式+輪郭式平城
天守構造連結式望楼型(1593年頃か1615年築)
複合連結式層塔型5重6階(1633年改)

築城主小笠原貞朝、石川数正・康長父子
築城年1504年(永正元年)
主な改修者松平直政
主な城主小笠原氏、石川氏、松平氏、堀田氏、水野氏、松平氏(戸田氏)
廃城年1871年(明治4年)
遺構石垣、土塁、堀
指定文化財国宝(天守)、国の史跡
再建造物黒門、太鼓門
位置長野県松本市(北緯36度14分20.76秒 東経137度58分8.83秒)
交通手段JR松本駅徒歩15分
スタンプ松本城管理事務所



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月13日 04:24 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その18(高遠城 2016/11/23)

日本100名城、18番目の訪問は高遠城である。

高遠城と行っても、武田信玄についてそれなりの知識がある人にしか知名度の
ない城である。

この城は、武田信玄が諏訪氏を滅ぼした後、信濃の進出拠点となり、その後
四男の勝頼の城となる。
その後、何度か城主が変わり、武田氏が滅ぼされた後、江戸時代になり高遠藩
の城として明治維新まで残る。

最寄り駅はJR東海の飯田線の伊那市駅となる。
20161123-41.jpg

伊那市駅からはJRバスで高遠駅まで移動する。30分程度。
20161123-42.jpg

高遠駅。
20161123-45.jpg

高遠駅から高遠城址まで歩いて15分程度かかる。
20161123-99.jpg

途中で突き当たりになるが、左に行っていいか右に行っていいか看板がない。
20161123-47.jpg

100名城スタンプは高遠町歴史博物館にある。
20161123-100.jpg


これまで17城ほど見てきたが人の目の届かないところにスタンプが置かれているのは
初めてである。盗難がちょっと心配である。
20161123-101.jpg

スタンプゲット。
20161123-102.jpg

高遠湖の風景。
20161123-103.jpg

紅葉の美しい季節であるが店も開店していない。
20161123-104.jpg

ググって調べてみると、この高遠城は桜の時期だけがかき入れのようである。

桜まつりなどの写真はここの風景がよく使われている。
20161123-57.jpg

天守跡の城門
20161123-56.jpg


紅葉が赤く染まってきれいである。
20161123-105.jpg

かつては、高遠城にスタンプが設置されていたのだが、人の目の届く高遠町歴史博物館に
移されたと書かれていた。
20161123-106.jpg

100名城スタンプがなければ、高遠城など一生来なかったことだろうと、思いながら
この場を去る旅好きおやじであった。

高遠城データ
別名兜山城
城郭構造平山城
天守構造なし
築城主不明
築城年不明
主な改修者武田信玄
主な城主高遠氏、秋山氏、武田氏、仁科氏、下條氏、保科氏、毛利氏、京極氏、鳥居氏、内藤氏
廃城年1872年(明治5年)
遺構石垣、土塁、堀
指定文化財国の史跡
再建造物
位置長野県伊那市(北緯35度49分59.08秒 東経138度3分46.09秒)
交通手段JR伊那市駅-JRバス30分高遠駅下車-徒歩15分
スタンプ伊那市立高遠町歴史博物館




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月12日 04:17 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)

普通のダンナがなぜ見つからない?

結婚情報サービス大手のオーネットのマーケッティング部長が書いた本。

結婚という情緒的な世界に対し、コンサルティングの考え方を適用していろ
いろと分析しているのが面白い。

普通の旦那が見つかればと、婚活女子は悩んでいるわけであるが、その
「普通」というのは複合条件であり、
会話、ルックス、身長、清潔感、ファッションセンス、学歴、年収のそれぞれ
のパラメータに普通を求めると50%7=0.8%という希少な男を
求めることになるという。

また、年収600万円というのも一つのラインとなるわけであるが、30代
前半でこれを満たすのは3.5%という。

本当に結婚したいのなら、何にこだわって何を諦めるかを明確化して、
これだけは譲れないパラメタと、これなら多少ダメでもいいかというパラメタ
を分け、相手を探すのが重要だという。

また、女子限定ではあるが、同性にどう見られるかというのも重要な事柄
らしいので、これはもっと厄介な話なのかもしれない。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月11日 04:54 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

心が折れそうなビジネスマンが読む本

著者は大阪電気通信大学工学部を卒業し、大手金属メーカにSEとして勤務
するも、入社10年目にリストラ宣告を受け、うつになり、嫁にも逃げられたとい
う経歴の持ち主である。

その後、無料法律相談を利用して、会社側と500日に渡り闘い、全面撤回を
勝ち取ったという。

著者はバブル組で当時は超売り手市場だったこともあり、それほど良い大学
ではなくても、大手に入れたのだろう。

そんな平凡なサラリーマンが、周りとのレベルの差から無理をしてうつ病に
なってしまったのだろうか。

本書のはじめににあるように、あなたがいなくても仕事はまわります、会社
はあなたのことを「コインを入れると働くロボット」くらいにしか考えていない
かもしれません。

とあったが、まさにそのとおりだと思う。

プロジェクトとかで仕事をしていても、自分がいなくなったら、それは数ヶ月
とか1年のレベルでは現場で混乱するかもしれないが、すぐに変わりの人間
がアサインされ、仕事は回っていくわけである。

そんな、現場で多少の責任感を持って仕事をするべきであるとは思うが、
自分の心を折ってまで仕事に専念しなければならないということは、ない
わけでやばいと思ったら、放棄するというのも選択肢のうちの一つである
と考えておけば、心も楽になるのではないかなと思う。

最近読んだ百田尚樹先生の鋼のメンタルとおなじようなことが書かれていた。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月10日 04:16 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その17(武田氏館 2016/11/23)

日本100名城、17番目の訪問は武田氏館である。

武田氏館は、戦国時代には躑躅ヶ崎(つつじがさき)館と呼ばれていた。

武田信玄はこの館を本拠地としており、城よりも配下の人材を大事にしたため
「人は石垣、人は城」という言葉を残し、優秀な家臣団を形成したが、
実際には、この躑躅が崎館の後ろには要害山城という山城があり、これを
詰城(本丸)として、ちゃっかりと城も持っていたのである。

甲府駅の北口。南口と違いバス停とタクシー乗り場ぐらいしか無い。
20161123-87.jpg

武田神社にはバスで10分ぐらいで行ける。
20161123-22.jpg

歩いても20分程度なので、バスの時刻が合わなければ歩いたほうが早い。

甲府駅から、武田通りをひたすら北北東に歩いていく。
20161123-23.jpg

地名も武田。
20161123-88.jpg

行き先案内板をみると温泉などもあるようである。
20161123-89.jpg

途中に山梨大学があった。
20161123-90.jpg

いわゆる駅弁大学であり、医学部以外の学部の偏差値はそれほど高くないのだが、
2015年にノーベル賞受賞者が出た日本有数の大学でもある。

武田神社到着。
20161123-25.jpg

武田神社の境内。
20161123-91.jpg

神社の鳥居をくぐり右側に武田氏館がある。
20161123-92.jpg

このあたりで、武田信玄が生活をしていたと考えると感慨深いものがある。
20161123-93.jpg

七五三詣での家族が何組か来ていた。
20161123-94.jpg


100名城スタンプを押すために御朱印受付で聞いたところ、ここにもスタンプは
あるが、はんこが歪んでいるので、宝物殿の方で押した方がいいとのこと。
20161123-95.jpg

宝物殿はお金を取られるし、4年前にも見たのではんこだけ押させてもらうことにした。
20161123-96.jpg

100名城スタンプゲット。
20161123-97.jpg

帰りに「図説 武田信玄公」という本があり興味深かったが、17000円というのは
手が出ない。
20161123-98.jpg


武田氏館データ
別名躑躅ヶ崎館跡
城郭構造連郭式平城
天守構造不明
築城主武田信虎
築城年1519年(永正16年)
主な改修者徳川氏、羽柴秀勝、加藤光泰
主な城主武田氏、河尻秀隆?、徳川氏、豊臣秀勝、加藤光泰、浅野長政
廃城年1594年(文禄3年)
遺構石垣、土塁、堀
指定文化財国の史跡
再建造物
位置山梨県甲府市(北緯35度41分12.71秒 東経138度34分38.9秒)
交通手段JR甲府駅より徒歩20分
スタンプ武田神社宝物殿、神札主札授与所



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月09日 04:43 ] 山梨県 | TB(-) | CM(0)

日本100名城訪問記 その16(甲府城 2016/11/23)

日本100名城、16番目の訪問は甲府城である。

甲府とは甲斐の府中(政治・経済・文化の中心地)という意味で、戦国武将
武田信玄のお膝元だけあり、戦国期から栄えていたが信玄の没後、
息子の勝頼の時代に織田氏に滅ぼされ、その後徳川家康がこの地を治めた。

しかし、天下人豊臣秀吉により、徳川家康が関東に転封され、その頃この
甲府城の築城が始まったという。

甲府城の最寄りである甲府駅は東京からだと、新宿から中央本線で来ることができる。
20161123-09.jpg

100名城のうち、武田氏館と甲府城の2つが甲府駅の北と南にある。
20161123-10.jpg

武田信玄像。
20161123-11.jpg

甲府城に向かう途中の自動販売機にもこの像の写真があった。
20161123-13.jpg

歩いて5分もせず、信号も渡ること無く甲府城には着けてしまう。
20161123-14.jpg

スタンプは甲府場内の稲荷櫓にある。
20161123-15.jpg

「スタンプが必要ならノックして下さい。」とかなりぶっきらぼうな走り書き。
20161123-82.jpg

ノックすると、管理人がスタンプを渡してくれたので、台紙にスタンプを押した。
20161123-83.jpg

甲府城の第第の支配者の家紋が展示されていた。
20161123-84.jpg

2階にも上がってみた。
20161123-85.jpg

甲府城の模型。
20161123-86.jpg

甲府城は江戸時代の初期には将軍家の一門が城主となる特別な城だったが、
武田の旧臣の流れを組む柳沢氏が治めるようになり、最も発展したという。

天守閣のあった場所にあがる。
20161123-18.jpg


甲府城天守からの城下町風景。
20161123-20.jpg

江戸時代に入ってからの城というのは、イマイチ知識がなかったのだが、
こうやって城巡りをする中で勉強できるので、100名城というのはなかなか
いい企画だと思う。

甲府城データ
別名舞鶴城、一条小山城
城郭構造梯郭式平山城
天守構造天守の存在も含めて不明
築城主徳川家康?、 羽柴秀勝
築城年1583年(天正11年)?、天正18年
主な改修者
主な城主浅野氏、徳川氏、柳沢氏
廃城年1873年(明治6年)
遺構石垣、堀
指定文化財山梨県史跡
再建造物櫓、門
位置山梨県甲府市(北緯35度39分55.04秒 東経138度34分16.82秒)
交通手段JR甲府駅徒歩5分
スタンプ舞鶴城公園管理事務所、甲府城稲荷櫓




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月08日 04:38 ] 山梨県 | TB(-) | CM(0)

LGBTや移民の話

日本でもLGBTという言葉を聞くようになり、時々ニュースなどでも話題になる
ことがある。

LGBTとは、レズビアン(女性に惹かれる女性)、ゲイ(男性に惹かれる男性)、
バイ・セクシャル(両性愛者)、トランスジェンダー(性同一性障害)の頭文字を
取った総称であり、セクシャル・マイノリティ(性的少数者)を指す。

最近の世の中の流れとして、LGBTに配慮して、男女共用トイレとかができ
たり、LGBTであることをカミングアウトする人が増えたり、そのカミングアウ
トについてどう配慮するべきかと管理職のセミナーが出てきたりしている。

これはこれで、必要なことだとは思うが、過度にLGBTに配慮して、一般の
人が生活しにくい状態になっていくことを心配している。

私も、オフィシャルな場ではこれに従わなければならないが、本音の部分
では違和感がある。

男女共同トイレで、見知らぬおっさんの使ったトイレを若い女性が使うのは
抵抗があるだろうし、LGBTのカミングアウトに対して、実際に同性愛をして
いる現場を想像してしまい気持ち悪いという人もいるだろう。

マイノリティがマジョリティを阻害するという話で、移民についてもそうである。

移民も本国で虐げられたかわいそうな人達ということで、受け入れるべきで
あるという、きれい事をいい続けた結果、アメリカのトランプ次期大統領や、
ヨーロッパでの右派勢力台頭を生んでいるわけである。

右派は極端なので、これはこれで気をつけなければならないが、これも
極端な左派の台頭による反動なわけで、
少数派に対する配慮は必要なことではあるが、それが過剰になりすぎては
うまくいかないわけである。

リベラルが胡散臭いのは、こういったきれい事により、過度に不便を強制さ
れることなのだろうと思う。

多分、私がアメリカ人なら、建前ではヒラリーと言いながら、隠れトランプ
支持者になっていただろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月07日 04:20 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

核攻撃なき世界をつくる

オバマ大統領が今年5月に広島を訪問し、「核なき世界を」という演説をした。

この理念については素晴らしいものだとは思うが、それを実現するために
どうするのか?

全世界が一斉に核兵器を撤廃するという方法が一番理想ではあるが、
生き馬の目をくり抜くようなという言葉すら生ぬるいほど厳しい外交の
世界でそんなものは事実上不可能である。

日本は現在アメリカの核の傘に守られ、トランプ次期大統領が日本から
米軍撤退を匂わしたときには、日本も核武装をという話が一部で持ち上
がった。

左派は、核なんて言葉を出すこと自体がとんでもないという態度だったが、
選択肢の一つとして検討もしないという態度に非常に違和感を覚えた。

中国や北朝鮮といった核保有国は、今のところ日本を攻撃するといった
ことはないが、核兵器を持っている以上、それを使う可能性があることが
あるわけである。

米軍の核の傘がなくなった場合、ならずもの国家のこの2国に対しては、
核なき世界をといくら叫んでも、核攻撃してきたら日本は再び核による
死者が多数出るわけである。

結局こいつらの核攻撃を思いとどまらせるためには、日本も核を持つか
どうかを選択肢の一つとして検討し、結果として、持つのか持たないのか
という議論を尽くさないと何が答えか見えてこない。

日本が核兵器を持つことで中国や北朝鮮に対しては核攻撃に対する
抑止力となり、核攻撃の脅威は下がるだろう。

ただし、かつての米ソのように核兵器の保有競争をしても、これは、
「核なき世界を」という理念とは逆行してしまう。

トランプ次期大統領も、日本に友好的になりそうなので、米軍撤退という
ことはなさそうだが、「核なき世界を」というきれい事は理想で最終目的
にするにしても、まずは現実的な議論として「核攻撃なき世界を」実現する
ためにはどうするべきかを考えるべきなのではないだろうかと私は思う。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月06日 04:55 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

日本の黒い夏 [冤enzai罪]

松本に行った際に、松本サリン事件の現場を見てきたが、松本サリン事件が
どういう事件だったのかということをさらに詳しく知りたくなったので、この映画
をみることにした。

2001年の映画である。

松本サリン事件というのは、オウムによる毒ガス攻撃という側面と、警察と
マスコミにより一人の人間の人生を滅茶苦茶にした冤罪事件という側面が
あり、この映画は後者に関する映画である。

大した裏付けもないところから、一人の会社員を罪人にでっちあげられた
経緯が淡々と再現されており、こういう事件だったのかということで、全貌
が理解できた。

また、ロケが松本市で行われており、映画で登場した場所は最近行った
ところばかりで生々しかった。

あと、映画後半で松本サリン事件が再現されていたが、改めてサリンと
いう毒ガスの怖さを知ることができた。

51TFD3TP71L.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月05日 04:58 ] 邦画 | TB(-) | CM(0)

次女のクリスマス会

昨日は、次女が通っている幼稚園でクリスマス発表会があった。

先週、長女の小学校では風邪のような症状を訴える児童が多くおり、長女
もまた、気分が悪くなり金曜日に休んでおり、土曜日も少し気分が悪いと
いうので、長女は家で休ませて夫婦で見に行ったわけである。

次女の幼稚園は園児が多いので、全体を4グループで分けられ、一番
最初のグループだったので8時20分から始まった。

楽器演奏と、お芝居だったのだが、次女もちゃんと他の園児と同じよう
にやっていた。

幼稚園に入った最初の参観では、うまくお遊戯ができなかったのに、
8ヶ月も幼稚園に通っていると、ちゃんとできるようになるんだなと、
嬉しかった。

そんな次女であるが、猫か赤ちゃんを飼いたいそうである。

20161203-01.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月04日 03:42 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

Another Sky

私は音楽はほとんど興味がなく、車とかでかけている曲も子供用ソングだった
りするのだが、好きな曲を一つあげろと言われれば、葉加瀬太郎氏の
「Another Sky」をあげる。

この曲は、ANAの飛行機に乗ると、離着陸の時に流れてくる曲で、この曲を
聞くと、これからの旅行のワクワク感や、旅行が終わって帰路につくときの、
なんともいえない別れ惜しい気持ちが蘇ってくる。

また、近いうちに、飛行機の機内でこの曲を聞きたい。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月03日 04:55 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

松本サリン事件現場

松本の旅行記では、観光地を中心に周ったわけであるが、松本といえば、
今から22年前に起きた、あの事件の現場として日本中を騒がせたことが
あった。

そう、松本サリン事件である。

この事件で、実行犯が捕まっていれば、地下鉄サリン事件が起きなかっ
たわけだから、警察の捜査やマスコミのあり方ともに色々と考えさせら
れる事件であった。

事件が起きたところはどういうところなのかということで、松本観光ついで
に寄ってみたわけである。

その現場は松本城の北にある。
20161124-53.jpg

城門は南側にあるので堀沿いに北側へ移動する。
20161124-54.jpg

教会があり、その西側の路地を北に進んでいく。
20161124-55.jpg

南イタリア料理屋とか、観光客向けの店はこの辺りまで。
20161124-57.jpg

ちょっと歩くと、もう住宅街になる。
20161124-58.jpg

香ばしいポスターも色々と貼られている。
20161124-59.jpg

このあたりが、まさに松本サリン事件が起きた現場なのである。


向う側にあるのが旧河野氏宅である。この駐車場にサリンを積んだ車が停まり
犯行におよんだわけである。
20161124-60.jpg


事故物件公示サイト「大島てる」で位置関係を確かめてみたい。
20161124-65.jpg

赤のバッテンがサリン噴霧車が停まっていたところ。

オウムが攻撃しようとしていたのは松本地方裁判所の宿舎なのだが、
風向きの関係で、松本地方裁判所宿舎の西側にあった生命保険会社の寮や、
開智ハイツ、松本レックスハイツなどで死者が出て、犯行現場の北にある
旧河野氏宅でも奥さんが被害にあったわけである。

この毒ガス攻撃により、その日のうちに7名の方が亡くなり、660名の方が
負傷したという。
(その後、河野氏の奥さんもサリン中毒による低酸素脳症のため14年間
 意識が戻らぬまま、8人目の犠牲者となった。)

現在児童公園になっている場所が生命保険会社の寮の跡地。
20161124-61.jpg

松本地方裁判所の宿舎
20161124-62.jpg

当時事件に巻き込まれた松本レックスハイツ。
20161124-63.jpg

開智ハイツ。
20161124-64.jpg

この事件では、第一発見者の河野氏が容疑者とされ、マスコミは連日による犯人
扱いをして報道した。

その後、事件の犯人がオウム関係だとわかったあと、マスコミ各社は河野さんに
謝罪したわけであるが、週刊新潮は未だに謝罪もしていないという。

マスコミの身勝手さというのは、いつまでたっても治らない。

そう憤りを感じながら、この現場から去っていったのであった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2016年12月02日 04:23 ] 長野県 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2016年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
135位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム