旅好きおやじの日記 TOP  >  2017年01月
月別アーカイブ  [ 2017年01月 ] 

≪ 前月 |  2017年01月  | 翌月 ≫

日当と旅好きおやじ

うちの会社では、遠距離に出張すると日当が出る。

額でいうと、ちょっと豪華な昼食がとれる程度の額になる。

もらえるからもらっている訳であるが、本音を言うと別にもらわなくてもいいと
思っている。
こんなところに金を使うぐらいであれば、出張のない社員も含めて、全社員
に公平に配分すればいいとさえ思っている。

日当について調べてみると、
「交通費や宿泊費以外に出張に伴う精神・肉体的疲労に対する慰労や
 諸雑費の補填といった意味合いで支給される事が多い。 」

とされているが、私にしてみれば事務所にいたほうが精神的に疲労するし、
出張に行ったほうが、仕事を割り込まれることもないので精神的にも開放
される。

特に遠距離になると、ほとんど移動の時間である。その移動時間では、
多少は仕事のメールをチェックしたり、指示を飛ばしたりすることもあるが、
できる仕事も限定的なので、ほとんどの場合ほかのことをしている。

たぶん、みんな口では言わないが、移動中に熱心に仕事をする人など
ほとんどいないだろう。

そう考えてみると、日当などなくてもいいと思うのだが、せっかく得られた
労働者側の権利を会社側が廃止するというのはハードルも高いだろうし、
モチベーションを下げる人も出てくるので、なかなか無くせないのだろう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年01月31日 04:34 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

トレーサーバッジ

日曜日は嫁が外出したいと言うので、娘達と留守番をしていた。

午前中はヨーカドーとかに出かけたのだが、午後はやることがないので、
ビデオの録画リストをみると、娘が金曜日にドラえもんを録画していたので、
見ることにした。

「ターザンパンツ」と「トレーサーバッジ」という2本を見た。

「ターザンパンツ」はそのパンツをはくと動物たちに言うことを聞かせることが
できるという代物で、2017年の現代においても、夢のようなひみつ道具だった
のだが、もう一つの「トレーサーバッジ」という回をみて、改めて驚いた。

のび太が、なぜか野球のマネージャーをやっており、隣町の野球チームとの
試合があることを友達に知らせにいくのだが、友達たちがなかなか探しても
見つからないので、ドラえもんのひみつ道具の「トレーサーバッジ」を出して
もらうのである。

その「トレーサーバッジ」を胸につけると、その友達がどこにいるのかわかる
という代物なのだが、2017年の現在既に実現されているのである。

この「トレーサーバッジ」1975年小学校六年生という雑誌の9月号に掲載さ
れ、てんとう虫コミックスの9巻にも載っているマンガなのだが、当時の夢の
ひみつ道具も、40年経ち実現されたのである。

この、回を選んで2017年のドラえもんで放送するというのも、私のような
反応を狙ってのものだろうと思う。

tracer-badge.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月30日 04:24 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

ヨガをやってみた

先週の土曜日にコナミスポーツで「ヨガ(心)」というスタジオプログラムを
やってみた。

プログラム名から、リラクゼーション系をイメージしていたのだが、体の固い
私にとって、無理な体勢になることが多く、いつもの筋トレと違った筋肉を
使うため、結構心拍数が上がった。

土曜日の午前中ということもあるのか、ヨガというプログラムの特性から
なのか、私よりも年配者が多かった。

また、気が向いたらやってみたいが、筋トレとかボディパンプ、トップライド
といった明らかに消費カロリーの高そうなプログラムをやったほうが効率
がよさそうなので、次に気が向くのは当分先の話だろう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月29日 04:26 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

2017年春期エンベデッドシステムスペシャリスト試験申し込み

1月12日から情報処理試験の申し込みが始まっていたようだ。

今回も、エンベデッドシステムスペシャリスト試験の申込みを行う。

試験の難易度も年々上がっているように感じられ、やればやるほど午後の
点数は下がっていくので、いつ合格できるのやらといった感じであるが、
今年も懲りず申し込んでみようと思う。

このブログでも、去年の午後のソフトウェアの問題について、午後1の2問と
午後1の1問について所感などを書いてみたい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月28日 04:24 ] エンベデッド | TB(-) | CM(0)

プレミアムフライデー

来月2月から、毎月末金曜は午後3時に仕事を終えることを奨励する
「プレミアムフライデー」という制度始まるようである。

ただ、あくまで推奨であって強制ではないようである。

今のところ、会社からは何も言われていないが、政府や経済界から提唱
されているこの制度を、会社として否定するわけにも行かないだろうから、
うちの会社も形式上はこの制度を取り入れる方向になるのではないかと思う。

ただし、こういう制度が始まっても、現場任せにしていると、日本の悪しき
風習により、形骸化されていくのがオチだろうから、プレミアムフライデーと
勤務実績を突き合わせて、遵守率が低い会社の社名は公表されるぐらい
の強制力を働かせてほしいところである。

また、プレミアムフライデーに働かざるをえない接客業やについても、
別の日に午後3時に帰らせることを推奨するなどして不公平がないように
してほしいものである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月27日 04:24 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

平塚総合公園のふれあい動物園

いちご狩りに行った帰りに平塚総合公園に寄った。

この日は、「いちにち・ふれあい動物村」というイベントをやっているので、
寄ることにしたのである。

動物園でも動物に触れ合うことができるのだが、その大規模版といったところ
だろうか。
20170122-12.jpg

気のような遊具を見つけると、
20170122-14.jpg

2人の子供は走って遊び始めた。
20170122-13.jpg

なかなか子供も多く遊びに来ており賑やかである。
20170122-15.jpg

遊具で遊ばせた後、動物村に行ってみた。
20170122-20.jpg

うさぎやハムスター
20170122-16.jpg

ハリネズミ
20170122-17.jpg


20170122-18.jpg

山羊など
20170122-19.jpg

結構色んな種類の草食動物に触れ合うことができ、しかも、お金は
駐車場代と動物の餌代以外かからない。

平塚まで来る機会などそうそうないが、またいちご狩りに来ることが
あれば、また総合公園に寄ってみたいと思う。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月26日 04:08 ] 神奈川県ほか | TB(-) | CM(0)

いちご狩り

先週、NHKの9時のニュースをコナミスポーツのエアロバイクに乗りながら見て
いると、神奈川県の秦野市でいちご狩りが始まった旨のニュースをやっていた。

次女がいちご好きということもあり、家族で行ってみようと思いGoogleで
調べてみると、秦野市のいちご農家まで60kmも離れており遠いので、もっと
近くでいちご狩りができるところはないか更に調べてみると、平塚や海老名
でもいちご農家があることがわかった。

海老名よりも平塚のほうが土地勘もあるので、平塚の高梨いちご園という
いちご農家に予約をして、日曜日に行くことにした。

車で約2時間かけて平塚の高梨いちご園に到着。
20170122-01.jpg

駐車場は満杯だったので、裏にある駐車場に案内される。
20170122-02.jpg

車を停め受付に寄る。
20170122-03.jpg

小学生以上は1,700円、未就学児は900円とこのこと。

コンデンスミルクの入った容器を渡された。

ビニールハウスに案内され中に入る。食べ放題の時間は30分とのこと。
20170122-04.jpg

青い葉の下の方に赤いいちごがなっているのが遠くからもわかる。
20170122-05.jpg

この日は「紅ほっぺ」という種類のいちごが提供された。
20170122-06.jpg

この大きさなら、ひとパック5~600円が相場といったところだろうか。

小さないちごは無視し、大きないちごばかりを食べる。
20170122-07.jpg

子供の手の半分ぐらいの大きさのいちご。
20170122-08.jpg

でかいのが続々と見つかる。
20170122-09.jpg

色んな形のいちごとかを楽しむことができた。
20170122-10.jpg

30分って短いかと思っていたが、20分で腹一杯になり、一応私は元を取った
つもりだが、他の3人は元を取らずに満腹になっていた。

まあ、こういういちご狩りはスーパーで買ういちごとは違い、思い出なども
セットになったものなので、家族全員で6,000円の出費というのも、まあ、
しゃーないかと思う旅好きおやじであった。
20170122-11.jpg

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月25日 04:49 ] 神奈川県ほか | TB(-) | CM(0)

テコンダー朴2

テコンダー朴の1巻は非常に楽しませてもらったので、Amazonで1ヶ月以上
前から予約して期待していた。

2巻の登場人物は、在特会の桜井誠氏をパロった登場人物が出てきて、
それなりに面白かったのだが、1巻で受けた斬新さというのがなく、1巻の
ネタが惰性で続いている感じで、1回読んだら、もういいやというような
内容だった。

3巻も出るようだが、多分買うことはないだろう。

Amazonの評価は★5つのものが多いが、ネトウヨお得意の情報操作なので
惑わされないほうがいいだろう。

評価を見て買ったら、たぶん損した気分になると思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月24日 04:44 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

中国地方7城巡り計画

来月の後半、久しぶりに関西地方に出張がある。

昨年のプロジェクトでお客さんのインフラをリプレイスし、1ヶ月たったので、
稼働報告を行いに行くためである。

稼働報告などメールで十分なのだが、初回ぐらいはインフラ稼働後の様子
などもヒアリングしておこうという趣旨である。

打ち合わせは月曜日に行われるので、その前の金曜日に有給をとって
中国地方の城巡りをしようと考えている。

今年の目標は15城の訪問であるが、そのうちの約半分をこの機会に制覇
しようと思っている。

2日で7城というのはかなりのハードスケジュールになる。

木曜日に仕事に終わって、その足で広島まで新幹線で行く。

金曜日に広島の100名城、広島城、吉田郡山城、福山城を周るのだが、
公共交通機関を使ってもなんとか3つの名城を周ることができそうである。

以下のような計画である。
7:45 広島バスセンター
9:19 安芸高田市役所前
9:24 安芸高田市歴史民俗博物館
10:24 出発
11:42 安芸高田市役所前
13:14 広島バスセンター
15:17 広島
15:40 福山
16:00 福山城

その後、岡山まで行って宿泊する。

土曜日は、岡山の岡山城、鬼ノ城、備中松山城、津山城の4城を周るが、
鬼ノ城や備中松山城は駅から大きく離れているため、公共交通機関を使っ
て1日4城周るのは不可能のようだ。

9時に岡山城を見た後、10時にレンタカーを借りて、鬼ノ城、備中高山城
を訪れる。

鬼ノ城も、備中松山城も細い道を通らなければならないようで、備中松山
城については途中からシャトルバスに乗り換えたほうが無難そうではある。

2城を巡った後、岡山の15:11の津山行きに乗れば16:17には津山駅に着く
津山城閉館の17時までには見学を終えることができるだろう。

津山から大阪へは、17時台18時台は高速バスが30分おきぐらいに出て
いるのでこれを利用して帰りたい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月23日 04:33 ] 広島県 | TB(-) | CM(0)

2017年ミャンマー旅行の計画3(宿泊ホテル)

3/16(木)から3/19(日)にかけてミャンマーを旅行する。

だいたい、旅程も決まったし、3月はミャンマーではハイシーズンなので、
2ヶ月前だが予約することにした。

いままで、楽天トラベルを使っていたが、高いホテルしか引っかからないので、
agodaで予約することにした。

ここのところ、もっぱら楽天で予約していたのだが、実は7年前にフィリピン
に行ったときにもagodaを利用していたようで、アカウントも残っていた。

安宿の予約はagodaが安いので、今後は楽天よりもagodaを優先することになる
だろう。

1日目に泊まるホテルがシーズンズ・オブ・ヤンゴン・インターナショナル
エアポートホテル

seasonsofyangon.jpg


初日の到着は16:00になる。ヤンゴンは渋滞がひどいらしく空港から繁華街まで
最悪2時間を見ておかなければならないという。
18時から観光というのも遅いし、翌朝早い時間にバガンに行くので、空港近く
で調べるとこのホテルにヒットした。

あまり評価は高くないようだが、空港から歩いていけるというので、ここしか
無いだろうと思い予約した。


2日目に泊まるホテルがバガン・アンブラ・ホテル。

baganunbra.jpg


バガンには、空港近くのニャンウー、遺跡の多いオールドバガン、ホテルの多い
ニューバガンと3つの地域がある。

ハイシーズンでニャンウーとオールドバガンの中間の立地で5,000円台というのは、
なかなか無いので、ここにした。


3日目に泊まるのが、ミャンマーの繁華街にあるパノラマホテルというところで
ある。

panorama-hotel.jpg


数年前にこのブログで、ミャンマーに行く予定はないが行くとしたらこのホテルに
泊まろうと記事に書いたホテルである。

ヤンゴンの観光地からも近いためなかなか良さそうである。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月22日 04:54 ] ミャンマー | TB(-) | CM(0)

ビットコインのからくり

昨年の後半あたりからビットコインについて、報道とかでもやたらと取り上げ
られる回数が多くなってきた。

私はビットコインにあまり興味もなかったので、2年ぐらい前にビットコインの
取引所であるマウントゴックス社がビットコインを損失したニュースのことを
思い出し、胡散臭いのによく最近話題になっているなと感じていたが、最近は
あまりに、色んな所で聞くので本を借りて調べてみようと思い、この本を借りた。

通貨とは何かといったところから解説されていることもあり、なかなか読み応
えがあり、私には難解な部分もあったが、他のネットの情報などで補完しながら
ビットコインについて知ることができた。

しかし、よくもまあ、こんなすごい仕組みを思いつくなと思う。

ビットコインを使えば、銀行もいらなくなるし、海外とのお金のやり取りも
ほとんど手数料をかけることなく行うことができるというのだが、どうやって
行うのかという疑問が出てくる。

ビットコインでは「公開鍵暗号方式」と「ブロックチェーン」という技術で
実現されている。

「公開鍵暗号方式」については平たく言えば暗号化なのだが、もう一つ
「ブロックチェーン」という聞きなれない技術を使うという。

ビットコインはどこか一箇所で残高を管理しているわけではなく、今までの
膨大な取引履歴を使って現在どこにいくらあるかを管理するものらしい。

その膨大な取引履歴を「ブロックチェーン」といい、ネットワーク全体で分散
して共有するものであるという。
(その昔ファイル共有ソフトWinnyというのが流行ったが似たような理論で)

取引が発生した場合、「ブロックチェーン」に新しい取引履歴をつなげる
行為を「マイニング」といい、このマイニングはコンピュータの空き能力を
使って行われ、一番最初に「マイニング」した人にビットコインでお金が
手に入るらしい。

また、「ブロックチェーン」は取引が増える都度大きくなり、その「ブロック
チェーン」を偽造するためには膨大な演算が必要になり、事実上不可能という。

あまり、うまく説明しきれていないが、これらの技術によりセキュリティが
担保され、信頼性としても問題なく、この1年で爆発的に広まっていのでは
ないかと予想される。

私も、海外旅行をするときにこのビットコインが使えるようになれば、
現地通貨との両替とか必要がなくなるのでいいなと思う。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月21日 04:52 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

Fitbit

1/4にFitbitという活動量計を購入した。

腕時計タイプで、脈拍と睡眠時間を測ることができる。

脈拍は腕時計の裏面から緑の光が出ており、皮膚の反射光の動きから脈拍
を測り、睡眠時間は睡眠中の移動パターンを内蔵の加速度センサーが検知し、
深い睡眠、浅い睡眠を判別し睡眠時間を算出するものである。

脈拍の理屈については2016年秋の応用情報処理の試験でも出題されたので、
「おーこれか」と思った。

これだけのものであるが、脈拍の状態から消費カロリーも算出されるし、
睡眠時間も毎日記録を取得されるので、観察しているだけでもなかなか面
白いものである。

スマホを使って食事の内容も手軽に入力できるため、毎日のカロリー収支
が管理でき、ちょっとおやつを食べようかとか、ちょっと運動が足りないなと
いうことが可視化できるので、ダイエットのモチベーションを維持するのには
いいと思う。

また、携帯電話がかかってきたら連動してバイブレーションするし、腕時計
に誰から電話がかかってきたかとか、IMのメッセージが表示されたりする
ので、いちいちスマホを見なくていいので、意外に便利である。

FITBITCHARG2.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月20日 04:45 ] 家電・PC | TB(-) | CM(0)

コナミスポーツのスタジオプログラム2

最近のトレーニングは、筋トレとエアロバイクに飽き足らず、週に1~2度は
スタジオプログラムに参加するようになった。

私が参加するのは、ほとんどがボディパンプかトップライドで、特にトップライド
にハマっているのだが、別のメニューにも参加しているので、感想を書いてみたい。

■メガダンス
 普段ダンスというか小学校の頃から記憶を辿っても、テンポの良いダンスを
 したことのない私にとって、このメガダンスというのはいい経験になった。
 ヒップホップ、レゲエ、ラテン、ディスコ、ジャズ、カントリーなどを組み
 合わせたダンスには、リズムよくついていくことはできなかったが、それでも
 なんとかリズムにあわせて、体を動かす楽しさを教えてくれたプログラムだった。
 心斎橋でやったのだが、若い人が多かった。


■ボディコンバット
 武蔵小杉で1回だけ60分のプログラムをやった。
 トレーニングを終えてコナミスポーツから出る頃に、このボディコンバットを
 やっている人たちをみて楽しそうだなと思いながらも、同時にキツそうでもある
 のでなかなかチャレンジできなかったが、やってみると爽快である。
 ボクシングやムエタイの、ジャブやフック、アッパーや肘打ちなどの動きを
 するのだが、小中学校の頃の喧嘩に強くなりたかった自分を思い出させてくれた。
 手の動きは何となくついていけるが、足を組み合わせるとすぐにスタミナ切れに
 なる。
 私の1つ前の列で踊っていたおっさんは巨体なのにすごい動きにキレがあった。
 喧嘩をしたら10秒も持たないだろう。

■ZUMBA
 祝日の15:30にに府中でやった。
 60分プログラムのつもりで入ったのだが、祝日なので75分すると告げられ唖然。
 ただし、メガダンスやボディコンバットとは違い、動きが控えめなので、
 それほど疲れることはなかった。
 年齢層も自分より年上の5~60代が中心である。
 それでも私などよりも、皆さんテンポよく踊れていた。
 ZUMBAはラテンミュージック中心なので、楽しいが75分もやるとさすがに飽きて
 くる。
 面白かったのはおばさんたちで、キンキラでめちゃくちゃ派手派手な衣装のおば
 さんや、へそ出しルックのおばさんなど、みんな自分なりに楽しんでおり面白かった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月19日 04:29 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

トランプ大統領が嗤う 日本人の傾向と対策

ケント・ギルバート氏といえば、我々40代のおやじ世代が持つ印象としては、
TBSの番組の「世界まるごとHOW MUCH」とか「サンデーモーニング」といった
番組に出ている、ユタ州出身の面白いことを言う外国人という記憶がある人
も多いのではなかろうか?

最近になり、よく、保守系の人たちとネットに出演するようになり、わたしも、
ウォッチしている。

この本でも、日本のマスコミが左に偏っていることや、日本人の多くが米国
依存症であること、沖縄は知事や新聞が異常なこと、中国が悪意を持って
日本を虎視眈々と狙っていることなど、日本に長年住むアメリカ人の視点で
切り込んでくれている。

やはり、沖縄とか、中国とか、9条教の信者とか、ファクト(事実)に基づかな
いノイジーマイノリティーに嫌悪感を覚え、アメリカ人が保守系の意見を代弁
してくれるのはありがたい。

まあ、彼の主義主張から、なかなか、テレビではお目にかかれないのが残念
ではある。

しかし、ケント氏、日本暮らしが長いだけあって本の題名に、「笑う」ではなく
「嗤う」を使っているのが面白かった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月18日 04:00 ] 時事・世相 | TB(-) | CM(0)

2017年ミャンマー旅行の計画2(バガンへの行き方)

ミャンマーに行くのであれば、バガンに行くのは外せない。

バガンは、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールと
並んで、世界三大仏教寺院と言われている。

他の2つは世界遺産なのだが、バガンはそうではない。しかし、それら2つと
引けをとらないというか、ネット等で見る限り、それら以上に幻想的な場所の
ようである。

バガンの写真。
bagan-20170115.jpg


バガンの位置を確認してみよう。
bagan-20170115_6.jpg

ヤンゴンから638km離れている。東京から岡山までの距離である。

バガンへ行く手段として、さくっとインターネットを調べたところ、飛行機、
鉄道、長距離バスがあるという。

飛行機について調べてみると、ミャンマーの航空会社であるエアバガンは、
過去に度々事故を起こしている。

2012年の墜落事故
bagan-20170115_4.jpg

2015年のオーバラン事故
bagan-20170115_5.jpg

これらを見た瞬間、飛行機はないなと思った。

また、鉄道も老朽化しており時速30kmちょっとぐらいしか出せないため、
ヤンゴンから出発して18時間とか列車に乗り続けなければならず、乗り心地
も非常に悪いそうなので、これもないなと思った。

なので、H.I.S.で長距離バスを予約した。

3列シートで、電源もあり、ゆったり座れて9時間の移動時間を眠りながら、
快適な旅ができると色んな人のブログで書かれていたからである。
bagan-20170115_2.jpg

しかし、予約した後、バスについて調べてみると、こちらも度々事故を起こしており、
人が死んでいるという。
bagan-20170115_3.jpg

自分が死ぬのは自業自得なのだが、まだ、子供も小さいし、私が死んでしまっ
た後のことを考えると、ナーバスになってしまい、次の次の日にキャンセルして
しまった。

しかし、なかなか、バガンの旅行を諦めることができない私は、バガンの航空
会社について調べてみたところ、エア・カンボーサという航空会社は、比較的
安全であることがわかった。


bagan-20170115_7.jpg


2017年度のAirline Ratingを見てみると、レイティングは4だった。

このレイティング自体どこまで信憑性があるかは分からないが、少なくとも
ミャンマーでは一番まともで、欠航とかも出さず、サービスの内容もよく、
最低限のことはできているように思った。

このエア・カンボーサという航空会社が保有しているATR72という飛行機は、
2014年と2015年に台湾のトランスアジアが2度起こしているというので、少し
心配になったが、トランスアジアの事故は2つともヒューマンエラーが原因で
あり、会社として安全性に対する意識が相対的に他の会社より低かったこと
が問題だったわけなので、ATR72の信頼性の問題でもないようである。

ANAやJALのような、日系の飛行機のような安心感を得られることができず、
少し不安ではあるが、そう滅多に落ちるものではないし、バスで行くよりも
ずっと安全だろう。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月17日 04:32 ] ミャンマー | TB(-) | CM(0)

道徳の時間の参観日

先週の土曜日は、小1の長女の参観日ということで、私・嫁・次女で小学校に
行った。

今回の参観日は道徳ということである。

小学校、道徳というと、1970年代後半から1980年代前半を大阪府下の小
学校に通っていた旅好きおやじにとっては、いいイメージがない。

小さい子供に対して、「道徳」の名を借りて、あまりいいことを教えられな
かったためである。

そんな、刷り込みをされていた旅好きおやじにとっては、今回の道徳の授業
の内容がある意味、興味深かった。

しかし、内容は至極まともな話であった。

「まんががすき - まんが「サザエさん」を作った長谷川町子」

というタイトルだった。

先生が、

「みんさん、サザエさんは知ってますか?」

生徒たちが、

「知ってます」「知ってるー」と答える。

長谷川町子が子供の頃、絵を描くことが好きな子供だったのだが、父親が
亡くなり、それがきっかけで落ち込み、それまで好きだったまんがを描けなく
なり、自分には才能が無く、絵を描くことをやめようと思うまでになる。

まんがを描く力がないと思った町子に対して、母親が
「町子には生まれながら絵を描く立派な力がある」
と励まし、絵を描くことを続けることができた。

ある日、海をの近くを歩いていた町子が、海の生き物を名前にしたマンガを
描こうと思いたって描いたまんががサザエさんである。

といった趣旨の内容の文を先生が朗読した。

先生が、みんなの好きなこと、好きな絵を描いているときの町子の気持ち、
父が亡くなって落ち込んでいる時にお母さんの言葉を聞き、また描こうと
思った主人公の気持ちなどを手を挙げる生徒たちに答えさせていた。

なかなか有意義な授業参観だった。

しかし、うちの娘全然手を挙げていなかった。

みんな手を挙げているのに、手を挙げなきゃだめじゃんと言うと、いつもは
手を挙げているが、今日は私が来ているからドキドキして手を挙げられな
かったとのこと。

本当かよ。と思いながら、これ以上あえて突っ込まないことにする旅好きおやじ
であった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月16日 04:19 ] 育児・教育 | TB(-) | CM(0)

ミャンマー大使館に行ってきた

3月にミャンマーに旅行に行くのだが、ミャンマーはビザが必要な国なので、
事前にビザを取得しなければならない。

最近は、e-VISAといってインターネットでビザ申請と取得ができてしまうの
だが、味気ない紙のビザになってしまうことや、旅行するんだというテンション
も上がらないので、大使館でビザをとることにした。

ミャンマー大使館では、ビザに関して時間が決められており、申請は午前
9時~12時、申請後の受取は15時半~16時半に限られる。

年末の休日出勤の振替休日をとり、先週の水曜日に行ってきたのである。

ミャンマー大使館には京急線の北品川駅か、JRの大崎駅から降りていく。

京急なら自宅から1本で行けるので、北品川で降りた。
20160111-01.jpg

駅を出て大使館に向かう。この歩道橋を渡る。
20160111-02.jpg

品川女学院があった。
20160111-03.jpg

品川女学院といえば、キャメルのブレザーとチェックのスカートで制服が
かわいいことで有名で、広末涼子の母校でもある。

昔はそうでもなかったのだが、最近はレベルも上がり偏差値は63あるのだとか。

品川女学院とミニストップの間の路地に入り、そのまま西に進む。
20160111-04.jpg

国道沿いとは違い、静かな環境である。大使館はちょっとした丘にある。
20160111-05.jpg

ミャンマーの旗が見えてきた。
20160111-06.jpg

ミャンマー大使館。全く何が書いているかわからない。
20160111-07.jpg

数人の人が既に並んでいたのだが、9時になり入館できるようになった。

中に入り受付で書類を渡したところ、パスポートの写真の写ったページの
コピーが必要だと言われ、外でとってくるように言われた。

確かにホームページにはそう書いていたが、コピーぐらい大使館でとって
もらえるかと勝手に思っていたが、そうは行かなかった。

大使館の丘から大崎側に歩きミニストップを見つけたのでここで、パスポート
のコピーを取った。
20160111-08.jpg

パスポート、パスポートのコピー、申請書、飛行機のチケットと、1000円
の手数料を渡した。

「銀行に4,200円の申請料金を振り込んで、振込領収書と預り証を持って、
 明日以降、今週中に取りに来て下さい」とのこと。

5,200円もかかるのか。e-VISAのほうが安いのか。

まあ、2~3年前は源泉徴収票など、何に使うかわからない書類まで必要だった
のだが、必要書類からはずれたので心理的な壁がなくなり良かった。

振込はネットバンキング不可とのこと。
20160111-09.jpg


めんどくさいなあと思いながら、ATMではとっとと済ませようと、大崎駅に向かった。
20160111-10.jpg

三井住友銀行のATMで振り込もうとしたが、キャッシュカード振込しかできず、
三井住友の口座を持っていない私は使えなかった。

20160111-11.jpg

仕方ないので、駅の反対側にある銀行を目指した。
20160111-12.jpg

こっちは投資関係の相談窓口しかない。
20160111-13.jpg

ネットとか便利になった世の中ではあるが、昔ながらの現金振込をしようとすると
かえって面倒くさい世の中になったものだと思いながら、大崎駅をさまよっていると
東日本銀行があったので、ここで振込み、600円以上の振込手数料を払った。

領収書をもらって帰る途中、大使館でもらった預り証をなくしたことに気づいた。

せっかくの休暇、VISA申請をした後は、埼玉の100名城にでも行こうと思っていた
のだが、一挙にテンションが下がり、自宅に戻ることにした。


翌日

会社だったのだが、15時頃から外出し大使館に行った。

預り証がないことを大使館窓口に告げると、預り証がない場合、IDカードが必要
とのことで、免許書をコピーを取られたあと、パスポートを受け取ることができた。

やはり、VISAはパスポートに貼ってもらったほうがそれらしくていい。
20160111-14.jpg

e-VISAより費用がかかってしまったが、VISAも取れミャンマーに行く準備を
着々と進める旅好きおやじであった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月15日 03:58 ] ミャンマー | TB(-) | CM(0)

ITインフラ系のテストでの教訓 その3

メインフレームの更新の際に得ることができた3つ目の教訓は、

「運用テスト項目は可能な限り正確に挙げる」

ということである。

5年前のメインフレームの更新の際に、運用テストの大切さを知り、今回の
プロジェクトの教訓としていた。

このため、今回のメインフレーム更新では運用テストを特に重視した。

プロジェクト側としてはそう思っても、メインフレームを使用している各部門
や各社の認識としては、「インフラの更新など、更新できて当たり前」と思い、
舐めてかかり、自己判断でいちいち面倒なテストを省略するという担当者も
出てくるわけである。

そのようなことがないように、運用テスト項目を提出させた後1点1点精査し、
新たに取り込むお客さんについてはメインフレームの環境だけではなく、お客
さんのネットワーク環境や業務内容についても整理させてもらった。

特に、今回新たに取り込むどのお客さんの情報システム部門も、1人で何役も
業務をこなすことを余儀なくされている人が多く、ちゃんとしたネットワーク
図やサーバの機能一覧なども、お客さんの頭のなかにあり見える化できてい
なかった。

お客さん側のシステムの更新はお客さんの責任でという原則はあるものの、
今回のメインフレームの更新は1箇所でもしくじると全体が切り戻しに
なるというリスクがあったので、新たに取り込むお客さんの環境の把握には
時間をかけた。

こういう方針のお陰で、運用テストの設計の際には、テスト項目の漏れを
指摘することができ、運用テストを十分に行ったという自負があったのだが、
プロジェクト側からすると本番移行後はじめてとなる仕様の通信が見つかり、
その通信ができないという問題が発生した。

問題が発覚した後、お客さん側でお客さんお抱えのベンダと共に2日かけて
代替手段を講じて事なきを得たが、2日にわたりその業務ができなかった。

お客さん側も、通信できなかった部分については、問題ないだろうと判断し
運用テストしなかったようである。

インフラの更新で、お客さんの業務システムの細部に至るまでプロジェクト
側で把握し切るというのも、工数がかかって難しいが、こういった漏れを
検出する手段を考えておくのが、このプロジェクトのクロージング時までに
まとめておきたい課題である。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月14日 04:07 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

ITインフラ系のテストでの教訓 その2

メインフレームの更新の際に得ることができた2つ目の教訓は、

「テスト環境と本番環境で、本当にIPアドレスしか違わないという場合で
 も注意が必要」

ということである。

今回のメインフレーム更新では、新しいお客さんであるA社のメインフレーム
を、私の会社で管理しているメインフレームに統合した。
A社にとっては、メインフレームが自分のセグメントから、データセンタに移る
のでIPアドレスを変えることになる。

メインフレームの環境は私の会社で管理しているだけで11環境あり、そこに
新たに取り込む3社の環境が追加されるのが今回のプロジェクトのスコープだった。

私の会社のメインフレームも、A社のメインフレームも同じネットワークセグメン
トに置かなければならないという制約から、A社のメインフレームのIPアドレスは、
テスト環境と本番環境で変えなければならなかった。


仮に、それぞれのIPアドレスが以下として、
①メインフレームの本番環境: 192.168.0.1
②メインフレームのテスト環境: 10.10.0.1
③通信先のサーバ      : 192.200.0.1

テストのときには②と③の通信がうまく行っていたのだが、本番切り替え後、
①と③の通信がうまく行かなかったのである。

そもそも、pingが通らないのである。

調査の結果、A社では基幹系とは別に個別管理で192.168/16を使用している
セグメントがあり、③のサーバが置いているセグメントから見ると192.168/16
は個別管理のセグメントにルーティングされていたのである。

このため、②のサーバから③のpingが通らなかった。

テストのときには、メインフレームのIPアドレスが10.10/16だったので、問題
なく通信ができていたのだった。

結局、A社の個別セグメントのネットワーク担当者にNATしてもらい、無事通信
ができるようになったが、無事故を狙っていただけに残念だった。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月13日 04:24 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

ITインフラ系のテストでの教訓 その1

昨年末にメインフレームの更新をした。

運用テストを万全に行ったつもりだったが、移行時に1つ冷や汗をかく場面が
あり、移行後の本稼働時に2つ別の問題が発覚した。

3つとも、メインフレーム自体の問題というより、運用テストのやり方の問題と
いうか限界により起きたものである。

今日は、そのうちの1つである移行時に冷や汗をかいた場面について書いて
みたい。

ここで得た教訓は
「テストの際、やむを得ずテスト環境を使う場合、テスト環境と本番環境の
 差を精査しておく」
というものである。

業務系のアプリの場合、データベースやアプリケーションサーバなどのソフ
ト的な部分を本番環境とテスト環境で同じ状態にしておくことは比較的簡単だし、
当たり前のように実施することである。
インフラ系の場合、更新対象のインフラは本稼働前にテスト環境として使用する
ものだが、更新対象のインフラと連携する先の環境の用意については、連携先の
管理者にお任せになることが多い。

移行時に起きた現象は、メインフレームと他のサーバとのデータ通信を中継
するサーバ(以降中継サーバ)の間の通信で起きた問題である。


中継サーバというのは、いろんなサーバ系の通信のHUBの役割を担うサーバ
である。
データを連携するサーバの数が膨大になると、サーバ間の連携は中継サーバ
をかますのが一般的である。
そうしないと、1つのサーバの定義の変更をした場合、それに関連するすべて
のサーバの定義を直さなければならない。中継サーバを間に入れておくと、
変更のあるサーバと中継サーバの2つだけの定義を変えれば良い。


中継サーバはそんな役割のサーバなので、なかなか停止するのが難しく、
運用テストのときには、新しいメインフレームとの通信テストは中継サーバの
テスト環境との間で行った。

機能テストで問題がなければ、技術的に問題ないはずだという判断からで
ある。

今回の場合、運用テスト時には、新しいメインフレームと中継サーバのテスト
環境との通信がうまく行っていたのだが、本番移行時に、新しいメインフレーム
と中継サーバの本番環境との通信がうまく行かないというトラブルが起きた。

原因が全くわからない。

中継サーバの担当者に聞いてみても、中継サーバの本番環境とテスト
環境との違いはIPアドレスぐらいだという。

こういう状況の場合、原因を突き止めるのに苦労する。

中継サーバの本番機と、更新前のメインフレームとの通信は問題なく行え
ていたので、メインフレームを新しくしたことが原因なのは明らかなのだが、
メインフレーム側から見ても運用テストで中継サーバのテスト環境との通信
がうまく行っているので、双方の担当者はお互いに相手側の問題であるとい
う気持ちで調査を始めたわけである。

移行作業は朝8時から実施しており、12時になっても原因がわからない状態
だった。
各拠点から他の移行チェック項目がOKの報告が続々と入ってくる中、問題は
この中継サーバの問題解決待ちとなってきた。

幾つかの拠点では、移行テストが終わる拠点もででていたが、なかなか、
原因がわからない。

ようやく14時頃になり、中継サーバのサポートに問い合わせていた今回の
現象についての回答が返ってきた。

中継サーバで管理しているメインフレームのホスト名が英小文字なのに対し、
メインフレームから返ってくる通信制御に関する自分自身のホスト名が英
大文字になっていたため、中継サーバ側でホスト名のアンマッチにより通信
ができなかっただけであった。

メインフレーム側はもともとホスト名を英大文字しか使えないのだが、
メインフレームと中継サーバの間を取り持っている通信制御サーバが、
中継サーバの定義内容にあわせて英大文字を英小文字に変換してくれていた
のだが、今回の更新で通信制御サーバの仕様が変わり、中継サーバの内容を
参照するという親切機能がなくなったことが原因だとわかった。

また、中継サーバで定義しているメインフレームのホスト名は英小文字にして
いたのに対し、中継サーバのテスト環境で定義しているメインフレームのホスト
名が英大文字になっていたため、運用テストではこの問題が発覚しなかった
のである。

問題は、この通信制御サーバの非互換が把握できていなかったところによるも
のが大きい。
ただ、これはベンダからの情報がなければプロジェクト側としては防ぎようが
ない話である。
プロジェクト側の問題としては、中継サーバ側の本番環境とテスト環境で、
メインフレームのホスト名に差異があったことになかなか気づけなかったとい
うところが問題であった。

振り返ってみると、運用テストの前に中継サーバの担当が、中継サーバの本番
環境とテスト環境は全く同じだからと言われ鵜呑みにしたことが問題である。

テストの際には、テスト環境と本番環境の違いが何なのかもっと精査すること
という教訓を得ることができた。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月12日 04:39 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)

2017年ミャンマー旅行の計画1(飛行機)

今年の3月に土日祝に合わせて、年末年始に出勤した2日分の振り替え休日
をぶつけて、海外旅行に行くと先日のブログで書いた。

インドのムンバイか、ミャンマーかどちらにしようか迷っていたのだが、やはり
はじめていく国を優先したいので、ミャンマーに行くことにした。

飛行機は次のとおりである。

[1]3月16日(木) NH813
 東京(成田) - ヤンゴン
 11:00発16:30着
 エコノミー:S / OK

[2]3月19日(日) NH814
 ヤンゴン - 東京(成田)
 22:10発翌6:45着
 エコノミー:S / OK

ミャンマーには、世界三大仏教寺院やら、世界遺産やら、人のほとんどいない
首都ネピードーやら、調べてみると色々と魅力的なところが多い国であることが
わかったのだが、いかんせん、最近民主化した国ということもあるのか、交通が
あまり発達していないようで、あちこち行くのは難しいことが分かった。

5日の旅程では、最大の都市ヤンゴンともう1都市ぐらいしか行けないので、
世界遺産は見たかったのだが、それよりも世界三大仏教寺院のほうが規模も
大きく魅力的なのでそちらに行くことにした。

ミャンマーはビザが必要な国なので、今日年末の振り替え休日を使って、
五反田にあるミャンマー大使館にビザの申請に行く予定である。

最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月11日 04:24 ] ミャンマー | TB(-) | CM(0)

ドミノ・ピザ

おとといの日曜日、嫁が夕方ごろまで昼寝をしており、また、外は冷たい雨が
降っていたこともあり、ドミノ・ピザを頼むことにした。

ピザを宅配で頼むことなど、というか、結婚してから10年経つが、出前でものを
注文したことなどなかった我が家では非常に珍しいことである。

インターネットの時代、住所などの必要情報を入れて会員登録すれば、電話
も必要ないのかとあらためて思いながら、注文をした。

注文すると、到着予定時刻などの情報がメールで届く仕組みになっており、
文明も進んだものだと感心していた。

ドミノピザの店から配達員が出発したというメールがきて、しばらくすると、
チャイムが鳴った。

配達員は「注文から22分でピザをお持ちしました」といって、代金と引き換えに
ピザを渡してくれた。

出前を取ることなど、遠い記憶のかなたにしかない私にとって、この22分間の
出来事は、なぜか強烈に印象に残った。

ネットの時代、このぐらいのサービスができるのはそれほど造作もないことなのに。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月10日 04:40 ] サービス | TB(-) | CM(0)

ジムに通う人の栄養学

昔から、よく栄養をバランスよくとるようにと言われている。

最近は炭水化物抜きダイエットなるダイエットが流行っているが、これが誤り
であることを認識できる。

炭水化物というのは、脳の栄養となるブドウ糖を供給するだけでなく、筋肉
の栄養のもとでもある。

炭水化物が不足すると、脂肪も消費されるが、同時にタンパク質もエネルギー
源としてなるため、筋肉も痩せてしまう。

筋肉はカロリーを消費し易いため、筋肉が痩せてしまうと基礎代謝が減り、
脂肪がつきやすくなるわけである。

それでは、筋肉をつけるためにタンパク質ばかりをとればいいかというと、
そうではなく、タンパク質も過剰に取りすぎると脂肪として体に蓄えられて
しまう。

脂質についてはそれほど書かれてはいなかったが、炭水化物とタンパク質は
バランスよく取らなければならないということを、科学的に認識できる良書
であった。

あと、炭水化物をとるタイミングも重要で、運動後2時間以内にとることが、
筋肉にとっていいようである。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月09日 04:29 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

1月2日の献血の結果

1月2日に皇居に一般参賀に行った帰りに、川崎駅にあるルフロン9Fの献血
ルームで献血してきた。

献血するのはだいたい4年ぶりになる。

献血をすると、血液成分の検査やら、B型肝炎、C型肝炎のウイルスに感染し
ているかも調べてくれる。

肝臓がん予防のため、B型肝炎、C型肝炎の検査をつねづねしたかったとい
うのが、今回の献血の動機である。

4年前に献血しており、そのときもB型肝炎やC型肝炎の通知は来ていないの
で問題はないのだが、念のため、もう一度受けておこうと思った。

あと、12月に献血をして体調を崩してプロジェクトに影響が出るのも嫌だった
し、また、1月3日以降になるとコナミスポーツが始まるので、私にとって、
1月2日がまさに最適の献血日和だったのである。

血液成分の検査結果は、Webで1月5日には確認することができた。

献血では、色々な検査項目があるが、メタボ関係の項目は以下の3つである。

20170105.jpg

肝臓関連の数値である、ALTとγ-GTPは若干増えているが、総コレステ
ロール値が減っているのである。

ちなみに、前回のH25.05.01というのは、糖質制限ダイエットをやって、
体重が82kgまで減っていたときの数値でそれよりも、90kgの今のほうが、
コレステロールが下がっていたのである。

ちなみに
総コレステロール(CHOL)=
    LDL値(悪玉コレステロール + HDL値(善玉コレステロール) + 中性脂肪値÷5

で表すことができる。

去年4月の値を当てはめてみると、
4月の総コレステロール値=123 + 38 + 207/5=202[mg/dl]

となるが、1月2日の値は185[mg/dl]と下がった。

ただ、善玉コレステロールであるHDL値は高い値の方がいいわけで、
詳細を知るためにはやはり、4月の健康診断まで待たなければならない。



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月08日 03:35 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング

筋トレとか有酸素運動の体への作用の仕方をもう少し詳しく知りたいと思い、
本屋に行くとこの本があった。

中身をパラパラめくってみると、トレーニング方法だけではなく、体脂肪が
体にたまるメカニズムとか、食事についての記述がわかりやすかったので
買うことにした。

買って読んでみると、HIITという運動方法について色々と書かれていた。

なんでも、20秒間高強度の運動を行い10秒休むという運動を8回繰り返す
ことで、消費カロリー量が筋トレやランニングの約2倍にもなるという。

そのためのトレーニングをDVDでも解説されており、やって見るとたしかに
きついのだが、家でトレーニングしていると子供が面白がって邪魔してくる
し、DVDのメニューと同じことをやらなくても、ジムとかスポーツセンターで
20秒間高強度の運動を行い10秒休むということは、エアロバイクでもできる
ので、エアロバイクで試してみたいと思う。

多分、この本に書かれているほどの効果はないと思うが、試すことにコスト
がかかるわけではないので、やっていたいと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月07日 04:37 ] 健康・スポーツ | TB(-) | CM(0)

2016年の目標達成度評価(2)

2016年度の目標達成度評価のうち、自分的に評価の定まっていなかった、
「とあるインフラ切り替えプロジェクト成功」という目標についての点数を
つけてみたい。

まあ、95点といったところだろうか。

このプロジェクトの要件は、
・メインフレーム更新とそれに伴うアプリケーション、ネットワーク関連の
 非互換への対応(代替手段への切り替えや置き換えを含む)
・個別に運用している、新たな3つのお客様のメインフレームを自社の
 メインフレームに統合する。
・上記に伴うネットワークの更新

であった。

あまりにも多くの関係者が増えすぎた関係で、業務を止められるタイミングが
年末年始しかなく、これに失敗すると翌年まで更新できないというものである。

メインフレームというのは非常に高額で値段がかかるため、移行に失敗し
切り戻してしまうと、1年間新旧メインフレームの費用が発生することになり、
数億円の損失につながるというものである。

このために、2年間という期間をかけ、非互換部分の代替手段への置き換え
を行ったり、更新するメインフレームのIPアドレスやMACアドレスをテスト用に
して、運用テスト用のメインフレームとし、メインフレーム自体のテストや、
メインフレームと連携するサーバ等への連携テストを十分時間をかけ、
また、移行作業についてもリハーサルを行い、年末の更新作業に臨んだわ
けである。

とりあえず、年末の切り替え作業や、初動日での対応で無事終了したが、
12/31の移行後の確認や、1/4、1/5の各社各拠点での初動確認でバタバタ
した。

移行チェックや初動確認で初動でトラブったインシデントが何件かあるが、
そのほとんどは、運用テスト環境と本番環境との差によるもので、運用テスト
ではたまたま上手くいってたが、本番になりはじめて問題が見つかったという
ものであった。

ただし、運用テストをちゃんとやっていたおかげで、運用テスト環境と本番環
境の変化点から手がかりを追えばいいので、インシデントの解決は比較的
スムースであった。

中には、お客様側の運用テスト項目として挙げていない処理が、ぶっつけ本
番で確認され、その処理がうまくいかないというものもあったが、これについ
ては、責任範囲は明示して切り分けていたこともあり、こちらに責任がふりか
からないようにしてはいたが、プロジェクトとしてすべて予定通りに行ったわ
けではないので、後味が悪かった。

その分が-5点の減点である。

結果、3つの目標の総合点は、(95+0+60)/3 = 52点であった。


関連記事
2016年の目標達成度評価(2016/12/30)
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-entry-2217.html



最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月06日 04:37 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

ヒューマン・エラー

20年前に出た本であるが、人間系の話はコンピュータとは違い、今でも十分
に役立つ本だった。

仕事に活かせそうな話としては多層防護、取扱説明書、事故分析に関する
ところである。

多層防護では、異常そのものの発生を防止すること、異常が発生した場合
波及拡大を防止するという二層防護はよく知られる。さらに異常が拡大した
ときにその影響が緩和されるような対策も必要ということで、三層でものを
考える癖をつけたいと思った。

取扱説明書もただ書けばいいというものでなく必要なことが書かれている
ことが重要であるが、なにかその取扱説明書に書かれていないことで事故
がおきると色々と書くという対策をしてしまいがちである。
すると、どこに書かれているかわからないという現象がおきるわけで、
取扱説明書を読む対象がどんな人かを想定してわからせるような記述を
するということに頭を使わなければならない。
なかなか、そういう頭を使ったマニュアルというのは作るのは難しいが、
色んな人にレビューしてもらって完成度を挙げていくしか無いと心得た。

事故分析についてもいいことが書いてあった。
事故分析ではいわゆる「素人論理」がまかり通る。
「素人論理」とは「結果論」のことである。
「結果論」が展開できるということは、そのような事故の発生は予測できて
当然ということになり、事故の当事者がなぜその予測に従って予め対策
を立てなかったことを責めることになる。

11月におきた、神宮外苑でのおがくずが電球の熱で発火し子供が1人亡
くなった事故のあと、大学生が常識がないという意見が支配的だったが、
まさにこれが「素人論理」であり、大学生がなぜそういう考えに至らなかっ
たかを分析し対策をしなければ同じ事故はまたおきるだろう。

結果論の誤謬から逃れるためには、
・事実との付きあわせる
・順問題として(実験などによって)解いてみる
・複数の分析者の間で討論する
ということが書かれていた。

うちの上司も、事故が起きた都度この本に書かれていたことを徹底させるが
なかなか勉強しているなと思った。




最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月05日 04:49 ] その他工学 | TB(-) | CM(0)

心が折れる職場

数か月前から幾つかの書店でこの本が置いていたので気になっていたの
だが、買って読み始めた。

本の大筋は、部下というのは自分の仕事ぶりについて、上司がちゃんと見て
いてくれたら、それなりに上司の言うことも聞くし、心も折れにくいが、
部下の仕事を否定し上司自信のやり方を押し付けたり、部下の仕事ぶりを
全く見ていない態度をとると、部下の心は離れ、心も折れやすくなるという
ことを書いている。

自発的な飲み会のない職場でメンタル不調が多発するとか、運動系の部活
を経験していない人は心が折れやすいという話はちょっといただけなかった
が、参考になった。

私の部署は自発的な飲み会もないし、運動系の部活を経験していない人間
が多いが、部下たちが折れている様子はない。

最低限、部下にも気を使っているからだと思う。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月04日 04:06 ] 読書 | TB(-) | CM(0)

はじめての新年一般参賀(2017年)

みなさんは、どういうお正月をお過ごしでしょうか。

旅好きおやじは、去年のとあるITインフラの更新プロジェクトの関係で、年末
の作業がしくった時に、1月1日と2日は予備日としていたため、今年はいつ
もと違い、嫁の実家で過ごさなかったため、家に1人でいた。

1月1日は、一日家にいて昨年11月頃から見られていなかった真田丸を一気に
見ながら寝正月だったのだが、1月2日はどこか外に出ようと考え、そういえ
ば皇居での一般参賀が1月2日にあったことを思いだし、7時過ぎに家を出た。

東京駅に到着後、丸の内中央口から外に出た。
20170102-01.jpg


個人的には、ほとんど丸の内北口か、丸の内南口から乗り降りするので、丸の内中央口
の風景は新鮮である。
20170102-02.jpg

皇居方面の矢印に沿って歩く。
20170102-03.jpg

朝8時頃、ちょうど箱根駅伝のランナーたちが走ってくるところだった。
20170102-04.jpg

ランナーが走り終わったら東京駅に戻る人が多かったので、一般参賀の客とい
うより箱根駅伝の客が多いように感じた。
20170102-05.jpg

箱根駅伝の客が減ったと思ったが、一般参賀の客も半分ぐらい残っていた。
20170102-06.jpg

和田倉門を超えた辺りから人がうじゃうじゃ来出した。
20170102-07.jpg

30分ぐらい和田倉門近くで待たされてようやく皇居前広場へ誘導された。


皇居内にはペットボトル・カン・ビンを持ち込むことはできません。
20170102-08.jpg

ゆっくり飲もうと思っていた缶コーヒーを一気飲みしてゴミ箱に捨てる。

手荷物チェック、ボディチェックと別々に受けたあと、二重橋方面に歩く。
20170102-09.jpg

広場では番号に沿って整列させられた。
20170102-10.jpg

あれ?ドラえもんがこんなところにいる。
20170102-11.jpg

天皇陛下に会うというのに、こんな格好をしてアホなのだろうか?
20170102-12.jpg

朝はやく来た列から正門前に誘導される。
20170102-13.jpg

先頭のこの人達は何者なのだろうか?
20170102-14.jpg

ググって調べてみると、右翼系の政治団体とのことである。

9時半になりようやく正門が開き始めた。
20170102-15.jpg

二重橋もすごい人である。
20170102-16.jpg

一般庶民がこの正門をくぐれるのは、天皇誕生日と1月2日の2回だけである。
20170102-17.jpg

自撮り棒禁止。
20170102-18.jpg

確かに、こんなところで自撮り棒をされると邪魔で邪魔で仕方がない。

伏見櫓。年に2回しか取ることができないショット。
20170102-19.jpg

皇居前広場はすごい人である。
20170102-20.jpg

門の向うには宮殿が見える。
20170102-21.jpg

皇居宮殿長和殿。
20170102-22.jpg

小学校の頃から、毎年正月に今はなき昭和天皇が新年の挨拶を述べられる様子を
テレビで見ていたが、実際に入ってみると、何かこみ上げてくるものがある。

特に、皇室などなんとも思っていなかった私のような人間でもそう思えるのである。

報道陣。
20170102-23.jpg

現在10時。天皇陛下のお言葉を頂けるのは10時10分。もうすぐである。
20170102-24.jpg

東京駅に8時前に出ても、このぐらいの位置になる。

すごい人。
20170102-25.jpg

天皇陛下がお出ましになるとアナウンスされる。
20170102-26.jpg

ほうぼうから、「天皇陛下万歳」という歓声が響き渡る。

天皇、皇后両陛下と秋篠宮さま。
20170102-27.jpg

紀子さま、眞子さま、佳子さま。日本の皇室をこれほど近くで見られるというのは貴重な体験である。
20170102-28.jpg


天皇陛下は「本年が人々にとり、穏やかで心豊かに過ごせる年となるよう願っています」
とあいさつされた。
20170102-29.jpg

もう一度紀子さま、眞子さま、佳子さま。
20170102-30.jpg

下民の旅好きおやじがこんなことを言うのはおこがましいが、皆さん品があり
お美しい。

家族4人のショット。
20170102-31.jpg

皇太子、皇太子妃殿下。
20170102-32.jpg

挨拶の後、国民の皆様に手をお振りいただき、神殿の中に戻っていった。
20170102-33.jpg


挨拶が終わり、皆、帰路についた。
20170102-34.jpg

誘導の警備員が、左側が空いているので左に寄って下さいと言っていた。

どこかの誰かが「左に寄れとは何事か」とボヤいていた。

確かに、ここに来る人はそういう人も多いのかと思いながら、家路につく
旅好きおやじであった。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月03日 04:21 ] 日記 | TB(-) | CM(2)

次の海外旅行先2017

昨年の大プロジェクトが終わった。

振替休日やら誕生日休暇が余っているので、3月の連休にでも、久しぶりに海外
旅行に行きたいと思っている。

5日間の旅行なので、東南アジアや南アジアが候補になるので、この中で行った
ことがないところを選ぶと、インドネシア、ミャンマー、インドのムンバイあ
たりが候補になる。

5日あればモンゴルという選択肢もあるが、8月じゃないと無理だろう。

まず、インドネシアはというと、イスラム教の国ということで、一昨年ISによる
テロもあったし正直怖い。
(ISが紛れやすいシリア難民がいるヨーロッパよりましかもしれないが)

また、インドネシアに行くなら古代遺跡のあるジョグジャカルタに行きたいが、
3月はインドネシアはまだ雨季の終盤ということで、ジャカルタの降水量は
東京と同じぐらいなのだが、ジョグジャカルタはその倍ぐらいは降っている
ようである。
雨の観光も嫌だし、エアアジアが落ちたのも雨季だったので、飛行機が墜落
するリスクが乾季よりも高そうなので止めておきたい。

次にインドのムンバイ。インドの北部には一度行ったことがあるが、南部は北部
と言葉も違えば文化も違うので行ってみたい。世界遺産も2つあるため観光するに
十分である。次のミャンマーとどっちにしようか迷っている。

ミャンマーは、世界遺産がピイというあまり人の訪れないところにあるのだが、
正直行くのが難しい。
それよりも、ミャンマーには世界三大仏教寺院のあるバガンがあり、また、民主
化して間もないのでタイやインドなどのように、まだまだ観光地ズレしておらず、
現地の文化を堪能するにはいいかもしれない。

インドのムンバイか、ミャンマーか。迷うところである。


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
[ 2017年01月02日 04:11 ] 予定のないシリーズ・ほか | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2017年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
196位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム