旅好きおやじの日記 TOP  >  2017年05月08日
月別アーカイブ  [ 2017年05月 ] 

明るさの物理量1(ルーメンとワット)

電球など滅多に買うものではないが、先日電球を買うことがあった。

最近は昔ながらの白熱電球はあまり売っておらず、電球コーナーの売り場面積
はほとんどLED電球で占められていた。

白熱電球の場合、100Wという単位が明るさの単位で書かれていたのに対し、
LED電球をみると「100W型相当」という表示がされて、併記される形で、
「明るさ(全光束)1,550lm」と書かれたりする。

Wは皆様おなじみのようにワットと呼ぶ。lmはルーメンと呼ぶ。

他にも、自転車のライトの明るさはcd(カンデラ)という単位が使われていたり
する。

明るさについて、Wやら、lmやら、cdなどいろいろな単位がありよくわからな
くなってきたので調べることにした。

Wは仕事率であり、必ずしも明るさを表す単位ではない。

電球やLED電球では消費電力を示しているが、効率も違うため、同じ明るさで
も消費電力が異なる。

消費電力を明るさの単位にするのは無理があったが、長い間消費電力の単位
を明るさの単位として使ってきたこともあり「W相当」という単位が出てきた。

また、LED電球が市場に出始めたころは、このW相当の基準が定めらていな
かったため、各メーカーが独自に基準を定められていた。

白熱電球は形がほぼ球形なのに対し、LED電球は必ずしも球形ではなく一方
向のみを照らしたりするものがあり、100W相当といっても真下の明るさだけ
をもとにしたりして、白熱電球と比べて暗いということで問題になったことがあ
り、別の全光束のルーメンという単位で統一される異なったのである。

またルーメンという単位は、ワットとは違い、ヒトの視覚が感じる度合いが考慮
されるので、波長毎に重み付けされたものである。
(同じワットでも波長λ=555nmの緑色の光が一番明るく感じる。)

(そういえば2010年のエンベデッドシステムスペシャリスト試験の午後1の問3でも
 この手の問題が出てたな。)


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年05月08日 04:11 ] 物理 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
196位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム