旅好きおやじの日記 TOP  >  2017年05月09日

明るさの物理量2(ルーメンとカンデラとルクス)

明るさの単位として、ルーメン、カンデラ、ルクスという単位がある。

ルーメンを光束、カンデラを光度、ルクスを照度というが、これだけ言われても
いまいちピンとこない。

わかりやすくするためには、これらを図示すると良いが、図で書く場合、ルー
メンを全方向に放射される光の総量(全光束)ととらえるか、単位立体角(1
ステラジアン)に放射される光の量ととらえるかで違う図になってしまう。

次の図(図1とする)がルーメンを全光束ととらえる場合である。
lumen1.jpg

ルーメンを全光束ととらえると、ルーメンを表す光源は量をイメージされるのに
対し、カンデラを表す円錐はそこを照らしている光の密度を指してしまっている
ため、個人的には直感的な図ではないと思う。

これらの関係を紹介するサイトを色々と見てみたが、サイトによっては全光束
のことを光束としていたりして、説明者自信がよくわかっていないのではない
かと思ってしまう。(読む方はもっと混乱する)


次の図(図2とする)がルーメン国際単位系 (SI)をベースにイメージした
ものである。
lumen2.jpg

この時、カンデラがその光自体の強さを表し、ルーメンは照らされた円錐自体
が量のイメージになるので、個人的には直感的である。

あとルクスは、照度で光から1m離れた場所から照らした平面の明るさは、
2m離れた場所から照らした平面の明るさの1/4、
3m離れた場所から照らした平面の明るさの1/9
となる。

明るさと面積が比例していることがわかる。

ちなみに、ルーメン、カンデラ、ルクスの関係は以下の通りとなる。

[lx] = [lm] / [m2]
[lm] = [cd][sr]

lm:ルーメン、cd:カンデラ、lx:ルクス、sr:ステラジアン

ステラジアンについては以前ブログに書いたとおりの単位である。

ラジアンとステラジアン
http://yama2190.blog.fc2.com/blog-entry-2343.html


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年05月09日 04:09 ] 物理 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
196位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム