旅好きおやじの日記 TOP  >  2017年05月10日
月別アーカイブ  [ 2017年05月 ] 

RPA革命の衝撃

個々の情報システムは、そのシステム単体ではそれなりに人がやるようなこと
はコンピュータにやらせるように設計されている。

そんな情報システムも、1人の人間が複数の情報システムを操作するとなると
途端に面倒くさいものとなる。

人間が操作することが前提となっているため、画面もGUIでマウスを使って
メニュー操作をするが、これが自動化の最大の阻害要因になる。

例えば、お客さんの発注システムを確認して、そのシステムから注文書を出し、
自社の受注システムに入れて、その結果を受注システムではカバーしきれなかっ
た機能のために、Excelの管理表に入力するような場合である。

お客さんの発注システムと、自社の受注システムの間でEDIなどの手段でデータ
連携されている場合も多いが、そのようなインタフェースが用意されておらず
かつ、そんなに受発注の件数も多くなければ、システム投資するほどの話では
ないと判断されるため、人が入力するのである。

他にも、システムが古かったりして、バッチ処理を起動するときに日付などの
パラメタをいちいち手入力するようなものや、システム自体のバグがあり、そ
のバグの根本原因を究明し修正することをあきらめ、結果を見て手でデータを
直接いじるところまで含めて操作手順書に書かれているシステムも珍しくない。

そんな、泥臭い、システム間のはざまでやっている人間作業を何も変えずに、
機械にやらせてしまおうというのがこのRPA(Robotic Process Automation)
である。

確かに、こんなことができてしまえば、人がやるしかなかったがルーチンで
ある業務は、遅かれ早かれRPAに取って代わられてしまうだろう。

私も、このRPAツールについては注目しており、各ベンダのRPAツールを調査
中である。

そのRPAツールは人の操作をそのまままねるというものであるが、人が操作
中にとまどったり、ちょっと休んだりした操作をミリ秒単位でそのまままね
てしまうのである。
これを防ぐためには、フローを作って当てはめていくわけであるが、これは
これで人間だったら2~3分で終わる作業を作るのに、2~3時間の操作が必要
となってしまう。

これは60回以上同じ操作をしない限りペイしない話なので、自動化する
対象は、繰り返し毎日やるような作業に絞り込んでいく必要があるのだろう
と試用してみて思った。





最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト
[ 2017年05月10日 04:30 ] 情報システム | TB(-) | CM(0)
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
196位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム