旅好きおやじの日記 TOP  >  日記 >  バルタン星人の話

バルタン星人の話

いつ買ったかわからないウルトラマンのDVDがあったので見てみることにした。

そのDVDは初代ウルトラマンの第1話から第4話までの話が収録されていた。

その中で、バルタン星人の話が子供の頃のイメージと覆されてしまった。

子供の頃に見た、バルタン星人はカニのようなハサミの手と、セミのような
顔で、宇宙忍者という通称で分身の術などを使いながら、最終的にはウル
トラマンのスペシウム光線でやられてしまったという、普通の怪獣モノの
印象しかなかった。

おやじになった今、再び見てみると、ウルトラマンって非情なやつだと感じた。

バルタン星人の回のストーリーはこんな感じである。

バルタン星人が地球にやってきて、とある建物に立てこもる。最初は警察
か警備員みたいな服装の人間が建物に入るが、硬直化させられてしまい、
軍隊、科学特捜隊のアラシ隊員と入っていくが、次々に同じ目に合わされ
てしまう。
交渉役として建物に入ったイデ隊員とハヤタ隊員が、バルタン星人と会話
を始める。
バルタン星人は丁寧な言葉で、自分たちが宇宙旅行中に、バルタン星の
狂気の科学者の核実験により星が無くなり宇宙をさまよっていたところで、
たまたま修理にたちよった地球が、自分たちに住めそうな星だったので、
定住したいというのである。ハヤタが地球の法律や文化を守るなら移住も
不可能ではないと交渉するのだが、宇宙船には2,030,000,000人もの
バルタン星人がバクテリア並みの大きさになり眠っているというのである。
これを聞いたイデ隊員が地球の人口(当時)より多い、冗談じゃないとい
う口調で話したこともあり、バルタン星人は交渉をやめ地球をいただくと
いうのである。
その後、ウルトラマンが出てきて交渉役のバルタン星人をスペシウム光線
で殺してしまうのだが、その後、あろうことか宇宙船までスペシウム光線で
破壊してしまうのである。

交渉役のバルタン星人はこちらを攻撃してきたので、やっつけるのはやむを
えないかもしれない。しかし、20億3千万人もの人間を交渉役をやっつけた
返す刀で惨殺してしまうのは明らかにやり過ぎだろう。
多分、バルタン星人の中には良識のある人、老人、女子供もいただろうに。

その後、生き残りのバルタン星人たちが、地球やウルトラマンに対して
復讐するのは、ある意味当たり前の話である。
スポンサーサイト


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
696位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
136位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム