契約書

普段慣れたお客さんに対し、慣れたサービスばかり提供していると契約
書を新たに起こすという機会など殆ど無く、相手がグループ会社だったり
すると契約書すら作らないこともある。

契約書を作るとしても、雛形のうち相手と自分に関する名前の部分だけ
を変えてそのまま使うということが殆どであったわけであるが、ここ最近、
・契約書を作っていなかったサービスについて新規顧客ができたから
 これを機に新たに契約書を作る
・新規サービスを立ち上げたのでその契約書を作る

という2つのケースがあった。

契約書なんか、適当に文言を参考となる契約書からコピペして作るもの
ぐらいの軽い気持ちで考えていたわけであるが、今回はじめて契約書
の新規作成に携わり、上司のダメ出しを何度も食らい、結構大変な仕
事であることを実感した。

契約書自体は、会社の法務担当がほとんど良いように作ってくれるわ
けであるが、お客さんに説明するのは私であり、何がツッコまれても良
いように答えられるようにしておかなければならないし、契約書を作る
時も実際に係争になったことを想定して、自社を守れるようになってい
るかをいろんな視点で検証しないといけない。

法務担当は実際の現場を熟知しているわけではないので、結構自分
も頭を使って検証しなければならなかった。

また、契約書に書く「故意」とか「重過失」とか「不可抗力」の契約書での
解釈とか、契約書の種類(2号分書とか7号文書とか)、印紙税の節税対
策など色々学ぶことができた。

契約書作成の仕事が終わったあとは、下の本で復習したわけであるが
押さえどころが上司の指摘と同じだった。

さすが、場数を踏んでいる人間は違うと感心した。


スポンサーサイト


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
885位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
184位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム