蚊とHIV

私の長年の疑問に、HIVウイルスは注射針からは感染することがあるの
に、なぜ蚊からHIVウイルスに感染しないのかということがあった。

HIVウイルスは血液、精液、膣分泌物液を媒介して人から人に感染する
ため、これらの体液を傷口に取り込む可能性のある、性行為やオーラル
セックス、注射の針刺し事故などで感染すると言われている。

性行為やオーラルセックスは確かに、ある程度の量の体液にさらされる
ので感染するということは理解できるのだが、注射針から何で感染るのか?

注射針に付着する血液と、蚊に吸われて叩き殺した時に出てくる血液の
量を比べると、後者のほうが多そうである。

それなのになぜ蚊からHIVが感染らないのかというのが長年の疑問だった。

血液の鉄人というエイズに関するブログをみてようやく、科学的に理解
できた。

HIVウイルスは蚊に吸われた時点で増殖はできずに死んでしまうこと、
仮に蚊の体内にHIVウイルスのある血液が残っていたとしても、蚊の
口腔内の血液しか体に入らないこと、その口腔内の血液は、注射の針刺し
事故で体内に入る血液量である0.001mlのさらに1/100しかないらしい。

この量ではHIVに感染が成立しないため、蚊からはHIVに感染しないと
のことで、実際に蚊によってHIVが感染したという報告はいっさいない
とのことである。

まあ、蚊からHIVに感染したことを立証するのはほぼ不可能だと思うので
報告がないからといって100%無いとは言い切れないが、蚊が吸った血液
に存在するHIVの量が感染条件に満たないという説明が聞けたので納得
はできた。

血液の鉄人 蚊によるHIV感染が起こらない根拠は?
http://tetsujinsan.blog8.fc2.com/blog-entry-484.html
スポンサーサイト


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
761位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
154位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム