旅好きおやじの日記 TOP  >  映画  >  洋画 >  ブリッジ・オブ・スパイ

ブリッジ・オブ・スパイ

現在、九州旅行中でカプセルホテルからこの記事を書いている。

昨日はブレイク氏と博多の中洲の屋台でぼったくられかけた後、サイゼリア
で軽く食べ、最後に映画館に行った。

映画が始まる前、まず、東京や大阪の映画館と違っていたのに文化の差を
感じた。

別の映画の予告のあと、近所の商業施設などのCMが始まり、その後、
ノーモア映画泥棒のCMが終わった後、さて、映画かとおもったら、また、
別の映画の予告が始まり、いつ、映画が始まるのかとテンションが下がり、
これでかなり睡魔が襲った。

映画が始まり、最初は眠気も取れていたのだが、会話の内容が難しく眠気
に襲われ、所々で気を失いながらも、米軍のパイロットがソ連上空で撃ち
落とされたあたりから、正気を取り戻し最後まで見ることができた。

冷戦時代にあった、U-2撃墜事件という実話に基づいた映画ということなの
だが、パイロットの撃墜や捕虜交換のため弁護士が単身ソ連で渡ったこと、
交渉でソ連の友好国であるはずの東ドイツが別の思惑で絡んできたことな
ど、本当にこういうことがあったのかと思わせる内容で、ちょっと眠って
しまったが興味深く見ることができた。
bridgeofspies2016.jpg
スポンサーサイト


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
一緒に観ましたが、私もかなり寝てしまいましたので、内容はほとんど理解していません。
ま、こんな事もありますからね(笑)
今はまだ九州旅行中ですが、明日はいよいよ日常に戻る日ですね。最後の夜を満喫しましょか。
ぼったくりの件は私も自身のブログにアップします。
[ 2016/01/11 19:34 ] [ 編集 ]
Re
羽田に着きました。残念ながら旅行が終わり、いつもの日常にもどります。
映画の題材になった事件について調べました。
ソ連からスパイ飛行を責められたアメリカは、2度とパールハーバーはご御免だ。
ソ連に奇襲されないために安全保障上当然偵察を行うのだと言ったそうです。
パールハーバーはどこでも使いたがりますね。
[ 2016/01/12 14:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
714位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
154位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム