旅好きおやじの日記 TOP  >  自然科学・工学  >  量子・宇宙・相対論 >  超ひも理論がよーくわかる本

超ひも理論がよーくわかる本

このブログでは、物理を大学の教養課程までしか習っていない素人の
旅好きおやじが、量子力学に関する本を読んで自分の中で腹落ちした
理論などを、自分の理解の記録として残している。

今回は、超ひも理論について深掘りするために秀和システムの超ひも
理論がよーくわかる本という素人向けの本を読んでみた。

この本を読んで、改めて超ひも理論というのは難しいと感じるとともに
面白いとも思った。

入門的な他の本では、素粒子というのは分子や原子、さらには原子核
よりも小さい小さい「ひも」が振動している様子であるとか、余剰次元に
ついて解説されているものが多いが、何となく紹介されているだけである。

この本は、超ひも理論をテーマとしているだけあって超ひも理論を理解
するための色々な知識が書かれていた。

この本を読んで、わからない用語をWikipediaで調べるといった感じで
読み進めたが、現在4つの力のうち、電磁力と弱い力が統一され、実験
でも検証された状況であるが、これに強い力を加えた大統一理論が
まだ完成されていないことや、それを証明するためには陽子崩壊という
現象を観測しなければならないが、その観測のためには5万トンの純水
が必要で、それでも見つかっていないということが把握できた。

また、強い力の量子色力学とか、電磁力に関する量子電磁力学を学ば
ないと理解することなどまだ先の先の話であることもわかった。

そして、大統一理論よりもさらに難しい、4つの力を統一する超ひも理論
は、その理論を用いれば説明がつくというだけで、実際に検証するため
には加速器でブラックホールを作り、従来の重量理論が破綻することを
観測して余剰次元の存在を検証するというやり方で確認していくという。

もっと、勉強すると、年に1度ぐらいニュースを賑わす素粒子物理学の
ニュースももっと楽しく読めるだろう。


スポンサーサイト


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
714位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
154位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム