旅好きおやじの日記 TOP  >  情報システム  >  とあるIT会社にて >  とあるIT企業の採用面接の面接官体験 その2

とあるIT企業の採用面接の面接官体験 その2

リクルートシーズンまっただ中ということもあり、私の会社でも採用活動を
やっているのだが、先週また面接官を頼まれた。

最近出張がちということもあり、学生のエントリーシートを見る時間も惜し
いのであるが、中途半端な姿勢で面接をするのも学生に失礼なので、
隅々に目を通した。

今回も、男子学生である。

大学のレベルは関東の中堅大学の中で下位だが有名な大学とだけ
言っておく。

また、ITとは関係のない学科の学生である。ただし今度は理系。

いつもと同じ要領で、学生に対して質問するのではなく、意表をついて
私の自己紹介から始まる。

学生に質問させると、海外での仕事の苦労点とか、課長という立場で
何が一番大変かと言った、わりと突っ込んだ質問をしてきた。

次に学生への質問について、エントリーシートに沿って、答えやすい
質問とか、答えにくい質問とかをしてみたところ、ちゃんと矛盾なく答え
ていた。

なんで、学科と関係のないIT系を志望したのかといった質問にすると
就職に際し友人がIT系を志望しており、IT系の仕事の内容をきき、
それまで持っていたコンピュータに黙々と向き合う仕事ではなく、人と
コミュニケーションを取りながらやる仕事で、かつ、メーカー系という
ことで、ものづくりへの貢献を通して社会に役立てるからと答えた。

表情や態度も含め、この学生はうちの会社でやっていけそうだと
思った。

最後に何かありますか?の質問は、会社の中期プランを見たが、
その中期プランを達成するために、どのように取り組みをされている
のかというものだった。

おーーー。そんなの知らん。

冷や汗をかきながらも、社内の自部門や他部門の活動内容を思い
出しながら、学生にはもっともらしく聞こえるように答えた。

面接の後、人事担当と話をし、彼なら会社でやっていけるだろうし、
二次面接に通過させることとなった。

ついでに、人事担当にあのレベルでやっと通すぐらいというのも、厳し
い基準だが、過去のある時期のうちの社員にレベルの低い人間が
散見される。過去はどういう基準で決めていたのか?

と聞くと、自分も知らないが、コンピュータの経験とか興味みたいなも
ので決めていたらしいとのことだった。

また、今週の金曜日に3回目の当番が回ってくる。

今度は是非女子の面接を経験してみたい。(笑)
スポンサーサイト


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
160位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム