旅好きおやじの日記 TOP  >  国内旅行  >  岡山県 >  桃太郎の話

桃太郎の話

岡山で鬼ノ城に行ったとき、最寄りの服部駅に以下の様な看板があった。

20170225-0a.jpg


「鬼ノ城のお話」

皆が小さい頃に読んだ「桃太郎」の話の舞台となった山がある
のじゃが、鬼の城と書いて鬼ノ城とよぶんじゃ。鬼といわれた
のは百済の王子で名を温羅といった。たいそうな乱暴者でみ
んなを大変困らせていたそうな。そこで、温羅退治に大和
朝廷がつかわしたのが吉備津彦命じゃった。けどな、本当は
この地にとって大切な道具だった鉄を伝えた心のやさしい鬼
じゃったとも言われているんじゃ。


と書かれている。

まあ、あの地域の人は昔から乱暴者で人を困らせていたのか、ただ、
いちおう話の最後にフォローも入っており、名文だなと思いながら読んで
いたのだが、電車を待つ時間退屈なので桃太郎の話をWikipediaで読ん
でみた。

桃太郎というのは、桃が川から流れてきて、桃を割ったら桃太郎が出て
きたというのが現代の解釈だが、明治時代初期は違っていて、桃を食べ
て若返ったお爺さんとお婆さんの間に桃太郎が生まれたという話の方が
主流だったらしい。

他にも、流れてきたのは桃ではなく人間の女性で、爺さんがその女性を
孕ませて、婆さんが産婆としてとりあげた男の子が桃太郎だったという
お話もあったという。

どちらの話も、現実的な感じがするが、子供向けではないことから、今
の桃を割って出てきた子供が桃太郎だという空想的な話になったのだろう。
スポンサーサイト


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
764位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
160位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム