旅好きおやじの日記 TOP  >  読書 >  源静香は野比のび太と結婚するしかなかったのか『ドラえもん』の現実

源静香は野比のび太と結婚するしかなかったのか『ドラえもん』の現実

図書館で目に止まったので借りた本。

のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫についての考察については、特に
なるほど、とか、面白いとは思わなかったが、3章以降のリアルな現実の世界
におけるドラえもんの秘話的な話、いいかえると、出版時の事情などを知る
ことができたという点で、いい本だった。

ドラえもんと言えば、私の場合、アニメか、小学校の時に持っていたてんとう
虫コミックスの本が接点だったのだが、私の子供の頃は小学館の学年誌でもド
ラえもんを読むことができた。

その学年誌では、ドラえもんが学年ごとに別のストーリーになっており、私より
上の世代、1969年から1970年代の前半での連載では、それぞれ別の第1回
と最終回が存在していたというのである。

1ヶ月に1回連載しなければならない学年誌において、学年ごとにストーリーを
変えるという手のこんだことをしていたのもすごい話だと思う。

あと、うんちくとしてはてんとう虫コミックスの第6巻の表紙の絵で、ドラえもん
を中心にのび太、しずか、ジャイアン、スネ夫、ドラミ、パパ、ママが描かれて
いるが、実は最終巻としての挿絵だったということである。
予定では第6巻で終わるはずが、予想外に売れてしまい、45巻まで出ただけ
ではなく、アニメに至っては原作ができてから50年ちかくたった今でも全世代
に愛されている国民的まんがになったわけである。

スポンサーサイト


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
この本は知りませんでしたが、内容を聞けばドラファン
そしてF不二雄ファンには常識の内容のようですね。
記事に書かれていることは漫画博士の私は全て知っていました。

最近は小学生の頃に読んだ、藤子F不二雄の「スタジオボロ物語」をもう一度読みたいと探しているところです。
[ 2017/05/05 13:07 ] [ 編集 ]
Re
Amazonで調べると、スタジオロボ物語は
藤子・F・不二雄大全集 オバケのQ太郎 11
にあるようです。
[ 2017/05/06 15:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
196位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム