旅好きおやじの日記 TOP  >  自然科学・工学  >  数学 >  理系あるある

理系あるある

理系の人間ならありがちな話について、あるあるネタとしてまとめられた本。

私は、こういうあるあるネタについては、共感しないことのほうが多いのだが、
この本に書かれていることについては、おーある、あると共感することが多
かった。

素数にでくわすと喜ぶ、救急車のサイレンを聞いてドップラー効果と思う、
食品の成分表示をチェックするなどという行動は、私も無意識のうちにやっ
ており、この著者の文章の面白さも手伝って妙に親近感を感じた。

あと、ためになったというか、今後心がけたいなと思うのだが、測定誤差に
こだわる、標本の少ないアンケート結果を冷笑するといったことである。

数値について、例えばラクダは一度に134リットルの水を飲むと聞くと、一般
の人ならいっぱい飲むなーという感想を漏らすだけである。私も同じである。

しかし、理系の人間は、こういった数値には誤差があるものだと考え、有効
数字が何桁なのかと誤差にこだわる。

確かに、全てのラクダが134リットルの水を飲むのかというと、そんなことは
ないとちょっと気をつければ、考えが至るが、そういうところまでは意識し
ないものである。

でも、ラクダは一度に(130±10)リットルの水を飲むといったほうが正解だ
と思うし、有効数字にこだわることは大事だと思った。

あと、標本数の少ないアンケートを冷笑するというのは、確かに私もそうなの
だが、ポアソンゆらぎ(*)という言葉を使った解説があり、ためになった。

これで、統計データを見るときにはこのポアソンゆらぎの範囲なのかどうかと
無意識のうちに計算してみてしまうのだろう。

*ポアソンゆらぎ
平均値がNなら、√Nは変動するという意味。
例えば平均値が4だとしたら、√4つまり平均から前後2は揺らぐので、平均値
が4の統計に2や6の数字が出てきても、ただちに平均値が変わったと考える
のは早計であるということ。

スポンサーサイト


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(21カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。
情報処理(ITストラテジスト,システム監査,プロジェクトマネージャ,アプリケーションエンジニア,テクニカルエンジニア(システム管理),テクニカルエンジニア(データベース),ネットワークスペシャリスト,セキュリティアドミニストレータ,1種,2種)、元PMP、ITIL V3 Foundation、Oracle Master Gold、日商簿記1級、建設業経理士1級、英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
196位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム