旅好きおやじの日記 TOP  >  国内旅行  >  期間限定イベント >  東京おもちゃショー2017

東京おもちゃショー2017

毎年、開催されている東京おもちゃショーであるが、いつも、事後になって
開催されていることに気づき、行く機会を逃していたのだが、昨日は3年ぶり
に事前に開催を把握していたので行くことができた。

嫁は、似顔絵か何かの催し物のため浅草かどっかに行くと言っていたので、
2人の娘を連れて東京ビッグサイトまで行ってきた。

大井町から、運賃の高いりんかい線に乗って国際展示場に到着。
20170603-01.jpg

隣の東京テレポートには、最近ちょくちょく遊びに行くが、国際展示場まで
来たのは3年ぶりである。


この駅前の雰囲気はどうしても、若かりし頃、東京でしか受験できなかった
情報処理試験の受験を思い出す。
20170603-02.jpg


東京ビッグサイト。
20170603-03.jpg

東京おもちゃショーの看板。一般公開は6/3と6/4。
20170603-04.jpg

徹夜でお待ちいただくことはできません。
20170603-05.jpg

一番乗りをしても特に何もない催し物なので、徹夜をしようとする人がいる
のであれば、何で徹夜するのか聞いてみたいところではある。


開場1時間後の10時頃に入ったが行列などはできておらず。ただし行列ができた
形跡はあったようだ。
20170603-06.jpg

会場に入る。
20170603-07.jpg

スクイーズというお菓子のレプリカ。
20170603-08.jpg

Youtubeなどの女の子向けの番組を見ると結構流行っているようである。

食器を洗うスポンジとかで作ったりするのだが、おもちゃ屋にはそれ用の
素材があり、ケーキの匂いがついたものもある。

MaBeeeという乾電池型通信端末。
20170603-09.jpg

単4電池を、この単3電池型の端末に入れてスマホで電圧を調整できるとい
うものらしい。

電圧はPWM制御で時分割的にオンオフすることで電圧を調整できる。
LEDの光とか、扇風機の強さを微妙に調節できたりするので、おもちゃの遊
び方が広がるというものである。


ボンボンTVのYoutuber。えっちゃんとりっちゃん。男の名前は忘れた。
20170603-09B.jpg

このほかにも「こーじょーちょー」とか子供に人気のYoutuberとタイアップ
したおもちゃがあちこちにあった。

だんだん盛況になってきた。
20170603-10.jpg

いきむ犬。
20170603-11.jpg

スケルトンのおもちゃ。
20170603-12.jpg

おもちゃによっては、「撮影ok」とか「撮影NG」とか書かれているが、
いちいち守っている人はいるのだろうか。

結構広いので次女も歩くのに疲れたと言ってきた。
20170603-13.jpg

食玩のつかみ取り。8個1,000円というのは結構お得である。
20170603-14.jpg

長女と次女にやらせてみた。
20170603-15.jpg

でかいくまのぬいぐるみ。
20170603-16.jpg

トランスフォーマーのジオラマ。
20170603-17.jpg

タカラトミーのおもちゃブース。
20170603-18.jpg


生まれてう~もという最近大人気のおもちゃ。去年のクリスマスで一番人気
だったという。
20170603-19.jpg

卵から孵化して、育てる外国製のおもちゃである。

ロシアのワールドカップのマスコット。
20170603-20.jpg

ロシア製にしては割といい感じのマスコットである。

今度はバンダイのブースに行ってみる。コンバトラーVの超合金。
20170603-21.jpg

おっさん世代の私にとっては非常に懐かしい。

超合金といえばコンバトラーV。

うちは貧乏なので、買ってもらえず、スネ夫的な近所のガキに自慢された
嫌な思い出を思い出す。


ウルトラマン。
20170603-22.jpg

キュウレンジャーは撮影のために40分まち。
20170603-23.jpg

キュウレンジャーというのは日曜日の朝から見ている戦隊モノである。

9人もヒーローがいるので、追加戦士というのも3人と人数が多く、12人に
なるという。

去年のジュウオウジャーよりは面白いが、トッキュウジャーやニンニンジャー
ほど熱心には見ていない。


プリキュア。最近娘は2人共プリキュアに興味を示さなくなった。
20170603-24.jpg

キン消しなどもおいていた。
20170603-25.jpg

キン消しのガチャガチャ。中1のときめちゃくちゃハマったおもちゃである。
20170603-26.jpg

他にもドローンとか、紹介しきれていないおもちゃもあった。

ドローンはタバコぐらいのサイズまで小型化され、そこに搭載されたカメラ
をヘッドマウントディスプレイで楽しむといったものまであったが、まだまだ
高かった。

多分、ドローンやカメラが高性能になったら、更衣室などを覗くおっさんが
出て、ニュースで報道されるのだろうなと、ちょっと近未来を想像してみたりした。

2時間ほど滞在し、焼きそばなどを食べて帰った。
20170603-27.jpg

最近はおもちゃそのものよりも、ハイテクやら、いままでに発想もしてな
かったローテクやら、Youtubeなどを使ったマーケティングチャネルなど、
作り方だけではなく、売り方などのほうが興味がある。

そう考えると、おっさんになったなとつくづく思う旅好きおやじであった。
スポンサーサイト


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
おもちゃショーとは直接関係ありませんが、ソニーがかつてのブランド力をもう一度復活させようと躍起になっているそうです。
私たちが中学生の頃は、ソニーと言えばとてもハイテクな何でも生み出す世界に誇れる会社のイメージでしたが、最近は若い世代を中心に知名度が大きく無いそうです。
そのソニーが新たな新商品を続々と考え、出しているのですが、購入するのは中高年層(先ほどのかつての若者)が殆どだそうで、プレステもソニーの子会社が出しているのに、プレステの名前ばかりが先行してソニーの名前は薄いそうです。
おもちゃショーとは言え、果たして子供が楽しめる子供の為のおもちゃと言うものがどれだけ出ているのか、大人のためのおもちゃショーになっているのか、毎回このショーの話題を聞くと考えています。
[ 2017/06/04 18:11 ] [ 編集 ]
Re
中高年にはソニーの熱心な信者は多いですからね。
ウォークマンやプレステのような突出した商品は少なく、テレビとかカメラといった商品が中心になり、影が薄いのですかね。
おもちゃショーに関しては、タカラトミーとバンダイがブースの面積が広くとっていましたが、いろんな玩具メーカが乱立していました。
ほとんどのおもちゃは子供向けのものでしたが、中高年をターゲットにしたもの中高年も興味を引く子供のおもちゃもありました。
少子化もひどい状況なので、単に子供向けというだけでは売れにくくなっているかもしれません。
[ 2017/06/05 06:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
674位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
142位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム