旅好きおやじの日記 TOP  >  日記 >  夜の実家からの電話

夜の実家からの電話

先週の6/10土曜日、夜10時過ぎに携帯が鳴り始めた。

こんな時間に誰からだろうと思い、電話を手に取ると実家の電話番号から
である。

うちの実家の両親は、2人とも74歳なのでいつ倒れたり、亡くなったりしても
おかしくはない年なので、電話に出る瞬間、「とうとう来たか」という思い、
電話に出た。

すると、苦しそうな母の声からだった。

母の話を聞いてみると、逆流性食道炎がひどく、不整脈もおき死にそうな
ので、救急車に電話をしたほうがいいかという相談だった。

こういう緊急を要する場合、本来なら父が救急車を呼ぶかどうか判断す
るべきなのだろうが、父は我が道を行くマイペースな人間なので、母がこう
なっても我関せず、母親が相談したら舌打ちをする始末だったという。

ここまで読めばなんとひどい父親なのだろうか、と普通思うのだが、父の
気持ちもわからないでもない。母親は体が弱く50過ぎぐらいから、いつ
死んでもおかしくないと事あるごとに弱音を吐くし、几帳面すぎる母親が
キャンキャンうるさいのは私も実家にいた頃は経験していた。
そんな母なので、いつの日か父は聞く耳を持たなくなってきたのかも知
れない。

話は戻って、そんなしんどいのなら迷わず救急車を呼べと私は言い、
母親もそうすると言って、電話を切った。

救急車が出動して病院に行ったであろう30分後に、父親と話そうと、
実家に電話をかけてみると、母親が出た。
何で、救急車を呼ばないか聞くと、さっきよりましになったし、夜に救急
車を呼ぶのは近所迷惑になると言いながら、母の体調も落ち着いた
様子だったので、私は電話をしながら、ネットで検索し、大阪市の
「救急安心センター おおさか」の電話で相談するように伝えた。

さらに30分後、電話をすると救急安心センターの回答としては、救急車を呼
んだほうがいいと言われたが、結局、月曜日に病院に行くと判断したという。

月曜日に電話をして、今日は必ず病院に行くようにといったら、だいぶ
楽になったので、定期的に行っている来月の月初に行くという話になった。

私は、来月病院に行ったら必ず6/10の土曜日の話はするようにと言って
電話を切った。

父親が頼りないこと、いつも冗談半分で病気で来年は生きていないという
が夜に電話をかけてくるようになった母親のこと、などを考えると、いつ、
万が一のことがあっても、冷静に準備ができるようにしなければならないと
あらためて思った。
スポンサーサイト


最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらを押していただけると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ

openclose

プロフィール

旅好きおやじの日記

Author:旅好きおやじの日記
職業はIT関係です。
趣味は海外旅行(22カ国制覇)、読書、資格取得です。
取得した資格は以下のとおりで、半分趣味のようになってます。

・情報処理
 ・ITストラテジスト
 ・システム監査
 ・プロジェクトマネージャ
 ・アプリケーションエンジニア
 ・テクニカルエンジニア(システム管理)
 ・テクニカルエンジニア(データベース)
 ・ネットワークスペシャリスト
 ・エンベデッドシステムスペシャリスト
 ・情報セキュリティアドミニストレータ
 ・情報処理一種
 ・情報処理2種
 ・情報セキュリティマネジメント
 ・ITパスポート
・元PMP
・ITIL V3 Foundation
・Oracle Master Gold
・日商簿記1級
・建設業経理士1級
・英検2級

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブクログ
楽天
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
817位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
171位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム